小さい塾経営をしている、経理初心者です。
通常、月末締めの翌月5日にお給料支払いをすることにしており、
「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいましたが、

H25年に途中入社したA先生に関し、
H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。
同様に、H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。
一貫性をどこかで持たせるべきだったのだろうと反省していますが(発生月一本でいくか、振込日を絶対に変えず振込日最優先でいくか)今回はどのように処理したらいいのかを教えていただけると助かります。

12月に未払い金として計上しない場合は決算書の給料内訳のページも1~11月分にしないと決算書と合わず、すると源泉徴収票や徴収簿とも合わなくなります。
こういった場合は、H27年分を1~11月の給料として損益計算書にも反映させるべきなのか、
また未払い費用として計上した場合は源泉所得税等(預り金)も含めた総額を未払い費用として計上するのか(決算書の給料内訳のページにも関わってきますが)わからないので教えてください。

質問者からの補足コメント

  • Hinode22様、ご指導ありがとうございました!
    12月の賞与はなしのため、
    1.今後は年末調整は12/5の給料支払日に12月~11月分の給料(1月~12月に支払った分)に対して
      行い、還付・徴収も12/5に行う
    2.源泉徴収票・源泉徴収簿に記載の給与総額は12月~11月分(1月~12月に支払った分)の
      給与総額を記入
    3.決算書の損益計算書は1~12月分(2月~翌年1月に支払った分)を記入するか、上記2の内容を
      そのまま入力し12月分に関しては「源泉徴収簿より」と記入
    そして、12月分給料(翌年1月に支払い)分は
    4. 12/31に給与手当/未払い費用(預り金含めた総額)
      1/5 に未払い費用/普通預金
               /預り金
    とするよう、今後気を付けます。

      補足日時:2016/03/06 23:10
  • つらい・・・

    ちなみに、2014年6月から雇用した人なのですが、今までは間違ったやり方で、
    2014年6~12月の給料(支払いも6~12月)で昨年2015年の確定申告時は提出してしまい、源泉徴収票もそれで提出してしまいました。今年2016年1月には2015年1~12月分に対して年末調整分の差額を還付&納税をし、源泉徴収票もそれで発行してしまいました。(年末調整の資料を勘違いして読んでいたため、12月分給料は12月に払った給料ではなく12月に働いた分の給料だと思っていました)
    今回2016年の申告時は2014年12月分を含めると重複してしまうので2015年1~11月分の給料とし、既に済んでしまった源泉徴収票や納税との差異は無視して次回2017年の申告時(2016年分)から2015年12月~2016年11月分の正しい記入をした方がいいのでしょうか?
    ちょっとパニックになってきました…

      補足日時:2016/03/06 23:10

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

hinode22です。



おはようございます。

>今回2016年の申告時は2014年12月分を含めると重複してしまうので2015年1~11月分の給料とし、既に済んでしまった源泉徴収票や納税との差異は無視して次回2017年の申告時(2016年分)から2015年12月~2016年11月分の正しい記入をした方がいいのでしょうか?

はい。それで結構ですよ。
今までのやり方を変えるのだからパニックになるのも当然です。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!これでモヤモヤがすっきりして、確定申告に間に合いそうです。
本当に、本当にありがとうございました!!

お礼日時:2016/03/07 22:14

No.1です。



No.1で、

>この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。
これはOKです。

と書きましたが、次のように訂正します。
~~~~~~~~~~
>この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。

あなたの塾の場合、その年最後の給料日は12月5日ですが、12月の賞与はないのですね。

それなら今後は、年末調整は12月5日支給の給与で行なうようにして下さい。法律で、その年最後の給料日、または賞与日に年末調整を行うように決められているからです。還付がある場合は、同じ日に還付してあげるのが良いですね。
【根拠法令等】所得税法第百九十条(年末調整)
~~~~~~~~~~

ところで、No.1では、

>H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、
あなたの塾の場合は、1~12月分の給料を合計するのは誤りで、12~11月分の給料を合計するのが正解です。

と書いたからびっくりされたと思います。でも、法令等のルールによれば、あなたの塾のやり方は誤りなのです。


所得税法第三十六条第一項に、
「  その年分の各種所得の金額の計算上、収入金額とすべき金額は、別段の定めがあるものを除き、その年において収入すべき金額(略)とする。」 という主旨の文があります。

そして、

所得税法基本通達36-9(1)には、
「 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、契約又は慣習・・により支給日が定められている給与についてはその支給日」とするという主旨の文があります。

難しい日本語ばかりが並んでいますが、分かりやすく書けば、「源泉徴収票と源泉徴収簿に記載する給与総額(=年収)は、その年の1月の給料日から12月の給料日までの合計額(賞与があれば賞与を含む)である」ということになります。

ですから、あなたの塾の場合は、前年の12月分の給料を含み、当年の12月分の給料を含まない、のが正しいわけです。

以上、分からないところがあれば再質問して下さい。
    • good
    • 0

No.1です。

回答が不足していたので補足しておきます。

>12月に未払い金として計上しない場合は決算書の給料内訳のページも1~11月分にしないと決算書と合わず、すると源泉徴収票や徴収簿とも合わなくなります。
こういった場合は、H27年分を1~11月の給料として損益計算書にも反映させるべきなのか、

決算書の損益計算書は、発生主義の経理で作成されます。ですから、給料内訳のページも発生主義で記入するのが一般的です。つまり、1~12月分の給料を記入します。その結果、当然ですが、源泉徴収簿とは合いません。それは、万が一、税務署に聞かれたら、そのように説明すれば納得してくれます。

ただ、給料内訳のページに、源泉徴収簿の内容をそのまま記入する方法もあります。その場合は給料内訳のページのどこかに、「源泉徴収簿より」と注意書きしておきましょう。


>未払い費用として計上した場合はを未払い費用として計上するのか(決算書の給料内訳のページにも関わってきますが)わからないので教えてください。

No.1では詳しく書きませんでしたが、12月分給与を

12/31
〔借方〕給与手当☆☆☆/〔貸方〕未払費用☆☆☆
【摘要欄】12月分給与

と、源泉所得税等(預り金)も含めた総額を未払費用に計上し、

それを支給する時に、

1/5
〔借方〕未払費用☆☆☆/〔貸方〕普通預金◇◇◇
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕預り金◎◎◎
【摘要欄】12月分給与

と仕訳します。預り金は給料日に仕訳、計上することになります。
    • good
    • 0

こんばんは。




>「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいました

商工会は大間違いです。質問者が抱える問題の根本は商工会の指導の誤りにあります。

まず、H27年12月分給料は12月31日付で未払費用として計上しなくてはなりません。同様に、11月分給料は11月30日に未払費用に計上しなくてなりません。

11/30
〔借方〕給与手当☆☆☆/〔貸方〕未払費用☆☆☆
【摘要欄】11月分給与

12/5
〔借方〕未払費用☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆
【摘要欄】11月分給与

12/31
〔借方〕給与手当☆☆☆/〔貸方〕未払費用☆☆☆
【摘要欄】12月分給与

1/5
〔借方〕未払費用☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆
【摘要欄】12月分給与


>H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。

H26年の源泉徴収票は、H26年1月の定例給料日の分からH26年12月の定例給料日までの分を記載するのが正しいです。ということは、あなたの塾では翌5日が定例給料日なのですから、H26年12月分の給料は、H26年の源泉徴収票に含めてはならないのです。
【根拠法令等】所得税基本通達36-9(1)

だから、仮に、事情があって1月5日支給予定の給料(12月分の給与)を、12月に繰り上げて支給したとしても、H26年の源泉徴収票に含めてはなりません。またH26年の源泉徴収簿にも、12月に繰り上げて支給した給与を記入してはなりません。

以上は、絶対に守って下さい。これを守らないと、一貫性が保てなくなり、ゴチャゴチャになってしまいますよ。


>H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、

あなたの塾の場合は、1~12月分の給料を合計するのは誤りで、12~11月分の給料を合計するのが正解です。

>この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。

これはOKです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の読み方

日本語は一文字で一つの読み方でわかりやすいのですが英語には読み方の決まりはあるのでしょうか?あるのであれば読み方を詳しく書いているサイトや本、もしくはここに書いてくれると嬉しいです

Aベストアンサー

「えいごのよみかたの」でグーグル検索しかけたら「英語の読み方のルール」の検索結果がたくさんヒットしました。これなんか、どうでしょう。
http://www.uda30.com/bay/Spell-Yomi/Spell-Yomikata.htm

Q月末締め翌月払いの給与源泉について

こんばんは。
私は小さな会社の経理を担当しています。
長文になりますがご回答よろしくお願いいたします。

いつも経理のことで分からないことがあると、
相談に乗ってもらっている方がいるのですが、
今日急に「それは税務上問題があるから直してくれ」
と言われた仕訳があります。

指摘されたのは給与の
預り金(所得税、住民税)の仕訳です。
私の会社では給料を「月末締め、翌月10日払い」の給与形態をとっています。

今までは以下のように仕訳していました。

●毎月末の仕訳

給与○○○,○○○円/未払い給与○○○,○○○円
          /社会保険料 ○○,○○○円
          /所得税    ○,○○○円
          /住民税    ○,○○○円

●支払った時
未払い給与○○○,○○○円/普通預金○○○,○○○円

これを、「月末に預かり金を立てるのではなく、
支払った時(10日)に預り金を立ててくれ」
と指摘されました。

そうすると、月末に立てる「未払い給与」は
預り金を除いた社会保険料だけ控除した金額を計上することになりますよね。

●毎月末
給与○○○,○○○円/未払い給与○○○,○○○円
          /社会保険料 ○○,○○○円

●支払時
未払い給与○○○,○○○円/普通預金○○○,○○○円
             /所得税  ○○,○○○円
             /住民税   ○,○○○円

指摘された通りに直せば、こういうことですよね。

私が疑問に思ったのは、
所得税は「社会保険料を控除した金額から徴収する」ものなのに、
どうして預り金だけを支払った日に計上するのかが分かりません。

また、今まで行っていた月末の給与仕訳はどんな問題が
あるのでしょうか。
教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんばんは。
私は小さな会社の経理を担当しています。
長文になりますがご回答よろしくお願いいたします。

いつも経理のことで分からないことがあると、
相談に乗ってもらっている方がいるのですが、
今日急に「それは税務上問題があるから直してくれ」
と言われた仕訳があります。

指摘されたのは給与の
預り金(所得税、住民税)の仕訳です。
私の会社では給料を「月末締め、翌月10日払い」の給与形態をとっています。

今までは以下のように仕訳していました。

●毎月末の仕訳

給与○○○,○...続きを読む

Aベストアンサー

今まで通りでもなんら問題無いと思いますが?
ただ単に預か金が2ヶ月分残高に残るのがその人が許せないだけなのでは?
(源泉所得税は実際に支給された翌月10日に納付の為)

はっきり理由を聞いてみたらいかがでしょう?
私もその理由を聞いてみたいです。

Q英語の読み方をカタカナで書くことについて

英語の単語の読み方をカタカナで読み方を書く人がよくいますよね?
たとえば

run ラン

こういった行為はよくないといわれていますなんででしょうか?

またカタカナで読み方を書くのではなくアルファベッドのローマ字読みで読み方を書くという行為もありますがこれはいいのでしょうか?

Aベストアンサー

少し、私も知っていることを言わせていただきます。
ソシュールの教えの中に、「シニフィアン」と「シニフィエ」という言葉があります。
「シニフィアン」とは、表記されたものという意味で、「シニフィエ」とは、その意味を持つ概念を表します。

>run ラン

>こういった行為はよくないといわれていますなんででしょうか?

そんなことは、誰が言ったのしょうね。単に、英語学習の権威付けだけではないでしょうか。
一部の人は、メディアによる吹き込みで、誤解があるのでしょう。

ソシュールの理論からすれば、おかしな話なのです。発音記号で?って、音声学の専門教育を受けた人が、国際音声記号(IPA)で書けるならともかく、別に、一般の発音記号などで表記しても、厳密性などはありませんね。日本人には違う音に聞こえても、英語ネイティブには同じに聞こえるらしいのですが、国際音声記号では、絶対に違う表記になります。

日本語でも、「ん」の表記はされていても、様々な音声を持っています。その違いを日本人自身は、特別な訓練をしなければ、認識できません。当然、ローマ字表記でもカバーすることはできません。私は、英語の発音を何度も調べてみましたが、違う音声なのに、同じに表記される発音記号は多くありますから、何を以って、カタカナ表記が悪いとするのか分かりません。場合によっては、カタカナ表記の方が正確かもしれません。

Wyswyg (what you see is what you get)という言葉がありますが、これをもじって、Wylwyg(what you listen [for] is what you get)ではないでしょうか?あなたの聞いたものが、本当なんだろうと思います。
つまり、音声言語である限りは、どんな表記であろうが、表記自体に何の罪もありません。聞いたことがないものは、発音記号であろうが、国際音声記号(IPA)であろうが、フォニックスであろうが、ハングルであろうが、再現できなければ何の役も立ちません。

究極的には、相手に、自分の意味している音声が通じるかどうかの問題で、有名な同時通訳の人の本でも、英語のカタカナ表記はされています。それが、結構、通じるのです。

「上杉謙信」が、" West Kensington"として通じたでも、それは、それで、Communicable なら良いのだと思います。日本語の発音で何が悪いのでしょう。相手が意味が取れないとなって、始めて、相手とのコンセンサスが取れる発音をするわけで、表記(シニフィアン)に問題があるわけではありません。表記を限定するということには、何か、英語教師の欺瞞が隠されているように感じます。

神経質な英語ネイティブの教師にあたれば、意味は通じていたのに、あれこれ上から目線で文句を言われるかもしれませんし、『なんで英語をやるの』の著者の中津燎子氏のように、英語そのものの有効性を無視して、自分が認める範囲の発音でない生徒なら、即刻ダメだしして、もう教えないという教師もいるかもしれませんが、本当に、英語をコミュニケーションのツールとして考えるなら、そのような配慮はいらないはずです。一方では、英語はグローバルな言語と位置づけながら、もう一方で、米国発音を強要するというのは、矛盾しているように思います。そうした、米国による英語至上主義はやめたほうがよいと思います。

少し、私も知っていることを言わせていただきます。
ソシュールの教えの中に、「シニフィアン」と「シニフィエ」という言葉があります。
「シニフィアン」とは、表記されたものという意味で、「シニフィエ」とは、その意味を持つ概念を表します。

>run ラン

>こういった行為はよくないといわれていますなんででしょうか?

そんなことは、誰が言ったのしょうね。単に、英語学習の権威付けだけではないでしょうか。
一部の人は、メディアによる吹き込みで、誤解があるのでしょう。

ソシュールの理論からすれば、...続きを読む

Q月末締め月末払いとは?

お世話になっております。
9月より正社員で入社が決まっております。

賃金支払いに関してなのですが、採用条件通知書には
「月末締め月末払い(毎月25日)」との記載があります。

給与は年俸制になる為、年額が決まっております。
という事は、例えば今度の9月の給与としては、
9/1~9/31の労働賃金を、9/25に(ちょっと早めに)支払う
という認識で正しいのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありません。
ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

「当月末締め、当月25日口座振込み」何ですよね
それなら9/1~9/31の労働賃金を、9/25に(ちょっと早めに)支払うで間違いないです
年俸制なので出来る事です
年俸の12分の一が毎月支払われるという事ですね

Q英語の読み方

英語の読み方を説明や教えてくれるホームページなどがあったら、教えてください。               
もしない場合は「palaces」の読み方だけでも教えてください。

Aベストアンサー

「フォニックス(phonics)」で検索すると、色々出てくるんじゃないでしょうか?

日本語には50音表があり、基本的に全ての単語が50音表の音だけでできています。他の音は使いません。

他の言語も同様で、英語の場合、フォニックスとか42 SoundsとかPV法とか言い方は色々ありますが、全ての単語がその音だけでできています。他の音は使いません。

(言語学で言うと「音韻」と言います。)

例えば、方言にもよりますが、一般米語の母音はこの表の13(14?)母音だけです。他の音を使ってはいけません。
http://www.americanaccent.com/vowel_chart.swf


又、英語のつづりは日本人が思っているほどめっちゃくちゃではありません。しっかりしたルールがあるます。

母音なら、
a,e,i,o,uの5文字にそれぞれ2種類の読み方があります。これで10通り。
加えて、oi,ou,ooの二重音字(2文字で1音)が3つ、計13母音です。

例えばaという字は[ei]か「ae]の2種類の読み方があります。つづり字でaを見たら、まずこの二つのどちらかを疑います。
例:[ei]で読む単語はmake、take、hate等
[ae]で読むのはapple、bad、dad、stand等

ただ、日本語も英語も、「アクセント」の位置が重要な言語ですが、日本語と英語の決定的な違いは、英語は基本的に「アクセントのある母音だけつづりのルール通りに読んで、
アクセントが無い部分は、つづりがなんであろうとuの発音(bus等のu)を弱めに発音したものになる」ということです。

日本語は例えば「赤」と「垢」のアクセントの違いは、「音程」ですが、英語は音程は別に変えなくてもいいです。でもこの「母音の読み方」を変えることが重要です。


palacesは、
アクセントの位置は1つ目のaです。
ということは、1つ目aだけルール通り[ei]か「ae]で読み(この単語の場合は[ae])、2つ目のaとeはアクセントが無いので、つづり字に関わらずuの発音になります。

読みどおりにつづると、
PAL-uh-suz
となります。

(uhはbusのu)。

「フォニックス(phonics)」で検索すると、色々出てくるんじゃないでしょうか?

日本語には50音表があり、基本的に全ての単語が50音表の音だけでできています。他の音は使いません。

他の言語も同様で、英語の場合、フォニックスとか42 SoundsとかPV法とか言い方は色々ありますが、全ての単語がその音だけでできています。他の音は使いません。

(言語学で言うと「音韻」と言います。)

例えば、方言にもよりますが、一般米語の母音はこの表の13(14?)母音だけです。他の音を使ってはいけません...続きを読む

Q月末が休日のため 翌月に振り替えられた費用の計上方法

帳簿記入について教えてください。
8月の末日が日曜日だったために翌日の9月1日に
銀行口座からの費用が何件か引き落とされています。
販売管理費としては8月に入れ込みたいのですが
日にちのくくりで〆てしまうと銀行預金の残高が
末日の通帳残高と違ってしまいます。
8月帳簿に9月1日に振り替えられた費用を計上するには
どのように記入すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず8月末に販売管理費を未払費用として計上します。

販売管理費/未払費用

そして9月に未払費用を払います。

未払費用/普通預金(など)

すると8月末で費用が発生し(費用は発生したけど払ってはいない=借金)、9月に借金を返したことになります。

Q英語の読み方(分数)

英語の読み方(分数)


京都大学の2005年度の過去問で、

Surprisingly,the answer turns out to be the number 2/π.

という文がありました。

2/π(π分の2)は英語でどのように読むのか教えて頂けませんか。


よろしくお願いします

Aベストアンサー

分数の読み方で融通が利くのは「分子 over 分母」.
分母が整数の時には分母を序数で読むこともできて 1/3 = one third, 2/3 = two thirds となったりします. もちろん 1/2 = one half とか 1/4 = one quarter, 3/4 = three quarters は押さえておいてほしいところ.

Q仕入計上が翌月になった場合の月末在庫金額について

私の会社では、月末近くに発注した商品が月内に入庫されても、
仕入先の都合により伝票が翌月扱いになることがある上、
月内に出庫され売上が計上されることがあります。

例:
1/28 @1,000円の商品を100個発注(仕入計上は翌月)
1/29 100個入庫
1/31 オーダーが入り30個出庫し売上計上

この場合、1/31時点の在庫数は70個ですが、1/31時点の在庫金額と
1月分の売上原価はどのように計算するのが一般的でしょうか?

Aベストアンサー

No.3、4です。会社によって経理の方法はさまざまでしょうが、御社の経理方法には問題があると思います。
質問を読み直して思ったのですが、仕入先から送られてくる伝票というのは請求書のことではないですか?その日付は仕入とは関係ありませんよ?仕入先からの書類を活用する場合には請求書ではなく、商品に添付されてくる納品書の日付で計上するのが一般的ですが、その日付が実際の納品日と異なる場合には入庫日を記入するなどして実際の仕入日がわかるようにする必要があります。納品書に拠らず、自社で入庫時に入庫伝票を作成する場合もあります。いずれにせよ、自社で管理すべきことです。
後から仕入先から送られてくる請求書は金額を確認するためのものであり、その日付は請求書を作成した日のことですから入庫のタイミングである仕入日とは関係ありません。

>1月で入出庫と売上計上を行うなら、仕入先に1/29で伝票を発行してもらうか
上記のとおり御社が入庫日を確認すべきなのであり、仕入先を巻き込むことではありません。

>それができないならば、伝票に従って2月で入出庫と売上計上を行うべきということでしょうか?
計上はあくまで実際の取引日で行わなければなりません。伝票に記載された日付が実際の取引と異なるなら伝票の方を補正すべきであって、間違った伝票にあわせることは経理の責任放棄となります。間違っている伝票の日付に計上をあわせて売上を繰り延べるなら、最悪脱税といわれかねません。「仕入先の都合により伝票が翌月扱いになることがある」というのは、仮にその伝票が納品書のことである場合、仕入先が脱税を図っている可能性が高いです。

No.3、4です。会社によって経理の方法はさまざまでしょうが、御社の経理方法には問題があると思います。
質問を読み直して思ったのですが、仕入先から送られてくる伝票というのは請求書のことではないですか?その日付は仕入とは関係ありませんよ?仕入先からの書類を活用する場合には請求書ではなく、商品に添付されてくる納品書の日付で計上するのが一般的ですが、その日付が実際の納品日と異なる場合には入庫日を記入するなどして実際の仕入日がわかるようにする必要があります。納品書に拠らず、自社で入庫...続きを読む

Q英語の文字の読み方についてお願いします。図々しいのですが、英語の読み方

英語の文字の読み方についてお願いします。図々しいのですが、英語の読み方を全て書いていただけませんか(サイトがあれば教えて下さい)。例:ja=ヤ,ジャ の用にjaで「ジャ」や「ヤ」と発音するみたいにお願いします。

Aベストアンサー

フォニックスやるのがいちばんいいんじゃないですか?

フォニックスって何?
http://allabout.co.jp/children/kidsenglish/closeup/CU20020620a/index.htm
http://www.genkienglish.net/phonicsj.htm

Q英語で言うと?「20日締め翌月15日支払い」

「20日締め 翌月15日現金払い」を英語で言うとどうなるのでしょうか?教えてください!!!

Aベストアンサー

Excite翻訳サイトで英訳すると、No1さんの回答が出てきますが、これは完全な迷訳(誤訳)です。"Tighten"は、、強化する(タイトにする)の意味で、日本特有の「締め切る」の意味はありませんし、単語の並びも、めちゃくちゃです。翻訳ソフトの実力もまだまだですね。

・丁寧な言い方:
Invoices will be cut off on 20th every month and the payment will be made on 15th in the following month.

・省略的な表現:
(Invoice) Cut-off date: 20th every month, the payment: 15th in the following month.

なお、どんな局面でご使用になるか存じませんが、海外では、日本流の「月〆」の習慣がない国が多く、省略した言い方をいきなり言っても、理解できないかもしれませんよ。その場合は、もっと丁寧に、例えば、以下のようです。
We will pay on 15th in the month next to the following month for total amount of all your invoices which we receive for the period from 21th every month to 20th in the following month.

Excite翻訳サイトで英訳すると、No1さんの回答が出てきますが、これは完全な迷訳(誤訳)です。"Tighten"は、、強化する(タイトにする)の意味で、日本特有の「締め切る」の意味はありませんし、単語の並びも、めちゃくちゃです。翻訳ソフトの実力もまだまだですね。

・丁寧な言い方:
Invoices will be cut off on 20th every month and the payment will be made on 15th in the following month.

・省略的な表現:
(Invoice) Cut-off date: 20th every month, the payment: 15th in the following mo...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報