小さい塾経営をしている、経理初心者です。
通常、月末締めの翌月5日にお給料支払いをすることにしており、
「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいましたが、

H25年に途中入社したA先生に関し、
H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。
同様に、H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。
一貫性をどこかで持たせるべきだったのだろうと反省していますが(発生月一本でいくか、振込日を絶対に変えず振込日最優先でいくか)今回はどのように処理したらいいのかを教えていただけると助かります。

12月に未払い金として計上しない場合は決算書の給料内訳のページも1~11月分にしないと決算書と合わず、すると源泉徴収票や徴収簿とも合わなくなります。
こういった場合は、H27年分を1~11月の給料として損益計算書にも反映させるべきなのか、
また未払い費用として計上した場合は源泉所得税等(預り金)も含めた総額を未払い費用として計上するのか(決算書の給料内訳のページにも関わってきますが)わからないので教えてください。

質問者からの補足コメント

  • Hinode22様、ご指導ありがとうございました!
    12月の賞与はなしのため、
    1.今後は年末調整は12/5の給料支払日に12月~11月分の給料(1月~12月に支払った分)に対して
      行い、還付・徴収も12/5に行う
    2.源泉徴収票・源泉徴収簿に記載の給与総額は12月~11月分(1月~12月に支払った分)の
      給与総額を記入
    3.決算書の損益計算書は1~12月分(2月~翌年1月に支払った分)を記入するか、上記2の内容を
      そのまま入力し12月分に関しては「源泉徴収簿より」と記入
    そして、12月分給料(翌年1月に支払い)分は
    4. 12/31に給与手当/未払い費用(預り金含めた総額)
      1/5 に未払い費用/普通預金
               /預り金
    とするよう、今後気を付けます。

      補足日時:2016/03/06 23:10
  • つらい・・・

    ちなみに、2014年6月から雇用した人なのですが、今までは間違ったやり方で、
    2014年6~12月の給料(支払いも6~12月)で昨年2015年の確定申告時は提出してしまい、源泉徴収票もそれで提出してしまいました。今年2016年1月には2015年1~12月分に対して年末調整分の差額を還付&納税をし、源泉徴収票もそれで発行してしまいました。(年末調整の資料を勘違いして読んでいたため、12月分給料は12月に払った給料ではなく12月に働いた分の給料だと思っていました)
    今回2016年の申告時は2014年12月分を含めると重複してしまうので2015年1~11月分の給料とし、既に済んでしまった源泉徴収票や納税との差異は無視して次回2017年の申告時(2016年分)から2015年12月~2016年11月分の正しい記入をした方がいいのでしょうか?
    ちょっとパニックになってきました…

      補足日時:2016/03/06 23:10

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

hinode22です。



おはようございます。

>今回2016年の申告時は2014年12月分を含めると重複してしまうので2015年1~11月分の給料とし、既に済んでしまった源泉徴収票や納税との差異は無視して次回2017年の申告時(2016年分)から2015年12月~2016年11月分の正しい記入をした方がいいのでしょうか?

はい。それで結構ですよ。
今までのやり方を変えるのだからパニックになるのも当然です。頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!これでモヤモヤがすっきりして、確定申告に間に合いそうです。
本当に、本当にありがとうございました!!

お礼日時:2016/03/07 22:14

No.1です。



No.1で、

>この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。
これはOKです。

と書きましたが、次のように訂正します。
~~~~~~~~~~
>この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。

あなたの塾の場合、その年最後の給料日は12月5日ですが、12月の賞与はないのですね。

それなら今後は、年末調整は12月5日支給の給与で行なうようにして下さい。法律で、その年最後の給料日、または賞与日に年末調整を行うように決められているからです。還付がある場合は、同じ日に還付してあげるのが良いですね。
【根拠法令等】所得税法第百九十条(年末調整)
~~~~~~~~~~

ところで、No.1では、

>H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、
あなたの塾の場合は、1~12月分の給料を合計するのは誤りで、12~11月分の給料を合計するのが正解です。

と書いたからびっくりされたと思います。でも、法令等のルールによれば、あなたの塾のやり方は誤りなのです。


所得税法第三十六条第一項に、
「  その年分の各種所得の金額の計算上、収入金額とすべき金額は、別段の定めがあるものを除き、その年において収入すべき金額(略)とする。」 という主旨の文があります。

そして、

所得税法基本通達36-9(1)には、
「 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、契約又は慣習・・により支給日が定められている給与についてはその支給日」とするという主旨の文があります。

難しい日本語ばかりが並んでいますが、分かりやすく書けば、「源泉徴収票と源泉徴収簿に記載する給与総額(=年収)は、その年の1月の給料日から12月の給料日までの合計額(賞与があれば賞与を含む)である」ということになります。

ですから、あなたの塾の場合は、前年の12月分の給料を含み、当年の12月分の給料を含まない、のが正しいわけです。

以上、分からないところがあれば再質問して下さい。
    • good
    • 0

No.1です。

回答が不足していたので補足しておきます。

>12月に未払い金として計上しない場合は決算書の給料内訳のページも1~11月分にしないと決算書と合わず、すると源泉徴収票や徴収簿とも合わなくなります。
こういった場合は、H27年分を1~11月の給料として損益計算書にも反映させるべきなのか、

決算書の損益計算書は、発生主義の経理で作成されます。ですから、給料内訳のページも発生主義で記入するのが一般的です。つまり、1~12月分の給料を記入します。その結果、当然ですが、源泉徴収簿とは合いません。それは、万が一、税務署に聞かれたら、そのように説明すれば納得してくれます。

ただ、給料内訳のページに、源泉徴収簿の内容をそのまま記入する方法もあります。その場合は給料内訳のページのどこかに、「源泉徴収簿より」と注意書きしておきましょう。


>未払い費用として計上した場合はを未払い費用として計上するのか(決算書の給料内訳のページにも関わってきますが)わからないので教えてください。

No.1では詳しく書きませんでしたが、12月分給与を

12/31
〔借方〕給与手当☆☆☆/〔貸方〕未払費用☆☆☆
【摘要欄】12月分給与

と、源泉所得税等(預り金)も含めた総額を未払費用に計上し、

それを支給する時に、

1/5
〔借方〕未払費用☆☆☆/〔貸方〕普通預金◇◇◇
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕預り金◎◎◎
【摘要欄】12月分給与

と仕訳します。預り金は給料日に仕訳、計上することになります。
    • good
    • 0

こんばんは。




>「H27年12月分給料(H28年1月5日に支払い)は12月に未払い費用として計上しなくていい」と商工会で教えてもらいました

商工会は大間違いです。質問者が抱える問題の根本は商工会の指導の誤りにあります。

まず、H27年12月分給料は12月31日付で未払費用として計上しなくてはなりません。同様に、11月分給料は11月30日に未払費用に計上しなくてなりません。

11/30
〔借方〕給与手当☆☆☆/〔貸方〕未払費用☆☆☆
【摘要欄】11月分給与

12/5
〔借方〕未払費用☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆
【摘要欄】11月分給与

12/31
〔借方〕給与手当☆☆☆/〔貸方〕未払費用☆☆☆
【摘要欄】12月分給与

1/5
〔借方〕未払費用☆☆☆/〔貸方〕普通預金☆☆☆
【摘要欄】12月分給与


>H26年の12月分給料はA先生の要望で(お金がなかったようで)1月まで待たずに12月中に支払った為、H26に関しては1~12月で計上し、源泉徴収票も同様に1~12月分で作成しました。

H26年の源泉徴収票は、H26年1月の定例給料日の分からH26年12月の定例給料日までの分を記載するのが正しいです。ということは、あなたの塾では翌5日が定例給料日なのですから、H26年12月分の給料は、H26年の源泉徴収票に含めてはならないのです。
【根拠法令等】所得税基本通達36-9(1)

だから、仮に、事情があって1月5日支給予定の給料(12月分の給与)を、12月に繰り上げて支給したとしても、H26年の源泉徴収票に含めてはなりません。またH26年の源泉徴収簿にも、12月に繰り上げて支給した給与を記入してはなりません。

以上は、絶対に守って下さい。これを守らないと、一貫性が保てなくなり、ゴチャゴチャになってしまいますよ。


>H27年に関しても、H27年12月末の時点で確定した1~12月分の給料を合計し、その金額を源泉徴収票にも記入していますが、

あなたの塾の場合は、1~12月分の給料を合計するのは誤りで、12~11月分の給料を合計するのが正解です。

>この12月分の支払とH27年還付は1月5日に行いました。

これはOKです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算時にリース代を未払い金で計上したが翌年度に未払い処理を忘れてしまった

H25/12の決算時にリース代を未払い金で計上していたが、H26/1で未払い金の処理をせずに通常支払いの処理をして今日に至ります。
私は個人事業主でやよいの青色申告ソフトを使用してますが、経理については非常に苦手で多々間違いが生じることがあります。
今回、集計で調べてみて見つかりましたが、過年度分の修正の仕方がわからないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正面切って、税務署で相談するのもいいかもしれません。

「資料を全部見せて」と言われるかもしれませんけど、その結果として「ミスはあるけど、このままでいいですよ」と言う結論が出ることもあります。

私も商売を始めて5年目くらいの頃に税務署の職員の方が来ました。
2日くらいかけて、資料をチェックして、一部は持ち帰って検討したようです。

売上や経費の計上漏れや、処理の仕方のまずさを全部指摘されましたが、結局はお構いなしで、修正申告は不要となりました。

修正申告をされても、そこそこの追加の納税とか還付が発生しなければ、修正申告にかかる手間、税務署側でのチェックの手間の費用にもなりません。
その結果としての判断だろうと思います。

Q4月分の給料未払いについて

はじめまして、いつもお世話になっております。
今回初めてご質問させていただきます。
よろしくお願いします。

給料についてなのですが、本来例えば、
3月1日~3月31日まで勤務したものを4月1日までに会社に勤務表として送り、4月25日に支払われるとします。

私は、4月20日付けで退職いたしましたが、4月1日~4月20日までは会社の自宅待機ということで拘束されていました。

なので、本来5月25日に上記の日付分が支払われると考えておりましたが5月25日に届いた給与明細書には0円となっていました。

退職する当日に、会社は20日締めなので、4月20日~5月20日分は出ないと仰っていましたがこれは会社締めが関係しているため給料が今回支払われなかったと考えてよいのでしょうか。
(会社に上記の内容で、給料が振り込まれていないと問い合わせたのですが、給与明細を見てくださいの一点張りでした。)

わかりづらいかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

某会社の給与担当です。
1月~月末までの勤務内容が翌月25日に支払われるのでしたら、給与の形態としては「月末締めの翌月25日支払い」ですよね?
会社が言う「20日締めなので・・・・」というのと食い違っているので、そのあたりがよく分からないのですが・・・・・。

たしかに4/1~4/20は在籍していたと思われますので、給与の対象期間になると思われますが、No.1さんがおっしゃるように会社によって規定があります。
4/1~4/20は勤務区分でいうと、どういう扱いなのでしょうか?
有休や会社都合による自宅待機なら、それに相当する日給を支払うべきですが、「自宅待機ということでで拘束」というフレーズから察するに、単純に「給料が出ないお休み」の様な気がします。

我が社の場合でもこのような時は「在籍はしているけど支払いは0円」という事で、給与明細票は作成しますが実際の支払いはありません。
給与明細票にどのようなお休みの扱いになっているか書いてありませんか?

Q月2回給料の支払いがある場合の源泉徴収

派遣会社に登録して働いている友人からの依頼なんですが、通常月1回給料が振込まれるところを、友人は
派遣会社に頼み込んで月2回、つまり半月分ずつ振り込んでもらっています。この場合の源泉徴収額は、月額として計算されるものでしょうか。


ちなみに給与は時給制で、社会保険加入はなく、月額にして約16万円の収入があります。それを月2回に分けて振り込んでもらっているのですが、約8万円振り込まれる都度、5000円近く引かれていると言うのです。しかし、16万円くらいで扶養家族ナシの場合、月額表で見ると源泉徴収額は6000円ほどですよね。ならば月2回に分けて振り込まれるにしても1回に引かれる源泉徴収額は3000円ほどじゃないのでしょうか。
どなたか詳しい方、お教え戴ければ助かります。お願い致します。

Aベストアンサー

下記所得税法第185条1項1号ロにより、扶養控除等申告書を提出した者に半月毎に
支給する場合、その支給額の2倍相当額により別表第二の甲欄で求めた税額の
1/2に相当する税額を源泉徴収します。



所得税法
(賞与以外の給与等に係る徴収税額)
第百八十五条 次条に規定する賞与以外の給与等について第百八十三条第一項
(源泉徴収義務)の規定により徴収すべき所得税の額は、次の各号に掲げる
給与等の区分に応じ当該各号に定める税額とする。

 一 給与所得者の扶養控除等申告書を提出した居住者に対し、その提出の際に
   経由した給与等の支払者が支払う給与等

    次に掲げる場合の区分に応じ、その給与等の金額(ロ、ハ、ニ又はヘに
    掲げる場合にあつては、それぞれ当該金額の二倍に相当する金額、当該
    金額の三倍に相当する金額、給与等の月割額又は給与等の日割額)、
    当該申告書に記載された控除対象配偶者及び扶養親族(二以上の給与等
    の支払者から給与等の支払を受ける場合には、第百九十四条第一項第六号
   (給与所得者の扶養控除等申告書)に規定する控除対象配偶者及び扶養親族。
    以下この章において「主たる給与等に係る控除対象配偶者及び扶養親族」と
    いう。)の有無及びその数に応ずる次に定める税額

   ロ 給与等の支給期が毎半月と定められている場合
            別表第二の甲欄に掲げる税額の二分の一に相当する税額

下記所得税法第185条1項1号ロにより、扶養控除等申告書を提出した者に半月毎に
支給する場合、その支給額の2倍相当額により別表第二の甲欄で求めた税額の
1/2に相当する税額を源泉徴収します。



所得税法
(賞与以外の給与等に係る徴収税額)
第百八十五条 次条に規定する賞与以外の給与等について第百八十三条第一項
(源泉徴収義務)の規定により徴収すべき所得税の額は、次の各号に掲げる
給与等の区分に応じ当該各号に定める税額とする。

 一 給与所得者の扶養控除等申告書を提出した...続きを読む

Q確定申告/1月分から12月分ですか?

確定申告の初心者です。
ものすごく初歩的でお恥ずかしいのですが
今回申告するのは2004年1月から12月分の
収入でいいんですよね?

Aベストアンサー

>今回申告するのは2004年1月から12月分の
>収入でいいんですよね?
その通りです。

以下の控除対象があれば証明書や領収書、ローン残高証明書などで、一定額または全額の控除が受けられます。
生命保険、住宅火災保険、個人年金保険、10万円以上の医療費(扶養家族の分も含む)控除、住宅ローンがある場合はローン残高に対する控除(控除は収入)、国民年金など、

控除とは税引き前の収入から控除合計を差し引いた収入に対して税額表に基づいた税金がかかります。
つまり控除により払いすぎの税金が数万円~10万円程度税金が還付されるようですね。

Q金額の合わない源泉徴収票・届かない源泉徴収票

今年から青色申告をはじめている超初心者です。
よろしくお願いいたします。

届いた源泉徴収票に、実際の金額との誤差があるものがあるんです。
ひとつは
記載の支払金額6500円→実際は6000円
もうひとつは
記載の支払金額148720円→実際は147472円

どちらも実際より多く支払われていることになっています。

どちらも大した金額ではないので、先方に問い合わせるほどでもないと
思っているのですが、

このまま確定申告をしてしまってはまずいのでしょうか?
また、こういう場合の処理の仕方があるのでしょうか?

そして、これとは別にまだ源泉徴収票が届かない会社があるのですが、
こちらから請求してもいいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。「お礼」を読みました。
それだったら完全に会社のミスですね。実際より多く記入されていると言うことは、mi_a_noさんが、必要以上に税金を払わなければいけなくなります。
少々の金額ですけれど、正しい金額の源泉徴収票を請求しても良いと思います。(というか、本当は請求しなければいけないんでしょうね。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報