英文の集計表を作っているのですが、よく右上に(単位:百万円)と書いたりしますが、英文の場合どのように表記するのが一般的ですか?Million¥ だと変ですか?ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1の者です。



英文財務諸表作成マニュアルを参照したところ、
Millions of Yenと書いてありました。

#1で書いたのでも問題ないと思いますが、
マニュアル(私共で作成した英文財務諸表が多くの企業で公表されます)のとおりのほうがいいと思います・・・。

すいません。
    • good
    • 0

Millions of yenとなっていましたが、これは日本人向けの英文財務諸表ならいいと思いますが、通常通貨の単位には国名をつけるものだと思います。



Millions of JPYen ,Millions of Japanese yen

とするほうが世界の人たちに見せるには親切だと思いますがどうでしょうか?
    • good
    • 3

上か下の端に



In millions of Yen

とか

Yens in million

なんて書いてあります。
    • good
    • 0

Unit : 1 million



1 million Unit
で良いのでは?
    • good
    • 0

(Unit: million yen)ではいかがですか。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「単位:万」を英語で書きたいのですが

元は日本語で書かれたグラフを元に、
「単位:万」を英語で書きたいと思いますが、どのよう表現すればよろしいでしょうか?
実際は、「万件」と書かれています。

グラフの軸には 70,60,50...とあってこれは「70万件、60万件、50万件」ということになります。
なるべく元のデータをいじりたくないので、単位はそのままで、英語話者向けに表現したいと思いまして。(※ちなみにこれは特許の出願件数のデータです)


"(Caces: 10 thousand)"みたいな感じでよろしいのでしょうか、これだと若干誤解を生むような。。。(苦笑)。

英語圏だと、区切る単位が違うと思いますが、どうも慣れなくて・・・。
どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

UNIT:10K (Cases,Incidents,等)でよいと思います。

QMMって何の略?

ミリオンは百万の単位ですが、百万ドルの表示の時には
1$MMとするように聞きました。
この場合のMMは何を略したものか
教えてください。

Aベストアンサー

ここに参考になる情報がありました。

参考URL:http://www.masahiko.info/it/archives/000663.html

Q英語で「予算」「計画」「見込み」はなんと言いますか

海外の工場にメールを書いて、表の入力を依頼することになったのですが
英語で「予算」「計画」「見込み」などをどう表現したらいいかわかりません。

(1)あるものを作ったり、購入した調達金額。
・(当初)予算(金額)---年度予算時など、まだ形がわからない状態での予測に基づいた金額
・見込金額---外から調達する場合は見込金額=見積金額=実績金額だと思いますが、
社内で作っているものがあるので、見積もりと見込み、実績が違うものがあります。
・実績金額---actuals でいいですか?

(2)(1)を調達できる時期。
・予定(あるいは計画)
・見込み
・実績---actualsでいいですか?

皆様、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の認識不足でした。今、Wikipedia 等を検索してみましたから、らしきものが一杯出てきました。私の知らない世界でした。以下のリンク先をざっと読んでみました。

おそらくお手持ちの所には、計画シートがあるのでしょうけれども、二種類に分かれているのですね。まだ、勘違いしている部分もあるのではないかと思いますが、ざっと以下のリンク先を読みながら作ってみました。

//Project Management プロジェクトの管理

会計側(Cost estimate) Estimating

description 名称
(あ)estimated cost/budget 予算
(い)(actual) cost estimate (実際の)見込み費用
(う)expense /construction cost 費用/工事(設営)費

プロジェクト側(Project schedule) Planning

(え)(initial) planning date 計画(開始)日
(お)prospect completion date 見込み完成日
(か)actual completion date 実際の完成日

以下のリンク先を見ると、ここにはありませんが、もうひとつ resource (通常はプロジェクトの要員)が入るそうですね。ご質問者さんは、専門でしょうけれども、とても易しい英語で書かれています。ほとんどの用語がそのまま使えるように思います。

http://www.epmbook.com/planning.htm

そこには、こんな言葉もありますね。
required completion date 要求される完成日

project's achievements  計画の達成

Wikipedia には、Cost Estimate などがありました

http://en.wikipedia.org/wiki/Cost_estimate

こんにちは。

私の認識不足でした。今、Wikipedia 等を検索してみましたから、らしきものが一杯出てきました。私の知らない世界でした。以下のリンク先をざっと読んでみました。

おそらくお手持ちの所には、計画シートがあるのでしょうけれども、二種類に分かれているのですね。まだ、勘違いしている部分もあるのではないかと思いますが、ざっと以下のリンク先を読みながら作ってみました。

//Project Management プロジェクトの管理

会計側(Cost estimate) Estimating

description 名称
(あ)estimated co...続きを読む

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Q英語で表記する人の数とお金の単位がわかりません

こんにちは

どの様にタイトルをつければいいのかわからず・・・

英語の人を表す時と、お金の単位を表す時について質問です。
質問1
ある新聞記事を訳そうと思って読んでいると4万5800人にという言葉ありました

・4万5800人=45thousand800people でいいですか?
         45,800

では、同じように
・4万5800円=45thousand800yen ですよね・・・
         45,800yen

でも、アメリカ人の方にそのお金の価値を感じてもらうためにドルで表現すると
・4万5800円=458$  でいいですか?

私が言いたい事は、人等の単位を表す数字はお金の価値(円をドルで言う時)とは同じではない。 という事間違いありませんか?

質問2
あと、1億円は ドルでは1ミリオンですよね?

バカみたいな質問ですみません、お時間がある時で構いませんので教えてください!

Aベストアンサー

 
>人等の単位を表す数字はお金の価値(円をドルで言う時)とは同じではない
人は世界中、どの国でも「人」で数えて、最小の数は1人です。
お金は、国毎に数え方が異なり、
100円は、1ドルであり、1000ウオンであり、60元であり、50ペソであり、0.7ユーロです。
単位が違うのだから数値が変わって当然。

2人も「カップル」と言う単位で数えると
2人=1カップル

 

Q「なお、~」の英語表現

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with
」というように)。

どなたかご教示下さい。

なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。法律関係は別ですが。
例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that (or, please note), in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。
単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多...続きを読む

QK円、M円とは?

2,350.5(M円)とは、いくらと読めばいいのですか?

Aベストアンサー

Kはキロ。つまり0が3つことを省略しています。Mはミリオン=百万円単位(0が6つ付くことを省略)。
つまり23億5千(とび)5十万円のことです。

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報