プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

学校にある文献を見ても載っていません。
もし知っておられる方は、よろしければ参考文献の
名前もお願いしますm(。。)m

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

CUBIC-Bさん、こんにちは。


安息香酸の溶解熱について、検索してみました。
参考文献としては、

☆基礎薬学 物理化学 桐野豊 編集
☆薬学生の物理化学 第2版  馬場茂雄 監修

などがあるようです。

この実験では、安息香酸の、水に対する溶解熱を、温度を変えて測定し
それより安息香酸の水に対する溶解熱を求めています。

溶媒1000gに溶ける物質の物質量をもって、溶解度とし、
これを分子溶解度Sとすると、
ファント・ホッフの式から
R:気体定数、T:絶対温度とすると、

dLnS/dT=ΔH/RT^2

となるそうです。これを積分すると、

lnS=lnC-(ΔH/RT)
さらに
logS=logC=(ΔHΛ9.15T)

となるようです。
これについては参考URLを見てください。
ファント・ホッフの式が分からなかったのですが
気体の状態方程式から導き出せるのでしょうか。

さて、実験は安息香酸1.5gを500mlの三角フラスコに入れて
沸点近くまで熱し、次に放冷して30℃まで下げ、25℃の恒温層につけ1時間振とう。
50mlピペットで溶液50mlをとり、100ml三角フラスコに入れます。
これを、フェノールフタレインを指示薬、0.1mol/l NaOH溶液で滴定します。
VB ml要したとすると、安息香酸50mlに含まれる物質量mは、

m=NBVB/1000 (mol)

です。ただし、NB:0.1mol/l NaOHの正確なモル濃度 とします。
これより、mに安息香酸の分子量122をかければ、
50ml 飽和溶液に含まれる安息香酸のグラム数w=122m(g)
が分かります。

50mlの飽和溶液の質量をWとすると、この中の溶媒W0は
W0=W-w

水1000gに溶けている安息香酸の物質量から、分子溶解度は

S=1000(m/W0)=1000(m/(W-w)) 単位(mol/1000g)

飽和溶液の比重はほぼ1なので、とみなし、
50ml飽和溶液=50gであるから、W,m,wを代入すればSを得ます。

同様に、25℃、35℃、45℃における分子溶解度Sを求めて
横軸に(1/T)
縦軸にlogS
としてグラフを描くと、
ΔH=2.45×10^4(J/mol)

という値が求まったそうです。
ただ、参考文献では、実験結果は
ΔH=2.72×10^4
という数値になっており、この誤差は考察に書かれているとおりです。

大変難しい実験だと思います。
ご参考になればうれしいです。頑張ってください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8845 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございますm(_ _)m
頑張ってレポート書きます^^

お礼日時:2003/07/17 20:17

ネット検索したら,こんなページ見付かりました。



  ◎ 溶解熱の測定

同じ実験かな?

参考URL:http://bigjohn.ce.fukui-nct.ac.jp/butsuka/DT-15/ …
    • good
    • 0

化学便覧や理化学辞典に載っていたと思うのですが・・・

    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング