プロが教えるわが家の防犯対策術!

旅行業の会計(仕分け)処理いついて
まったくの会計初心者の為、検討違いな質問をすることとなるかもしれませんが、海外航空券の仕分け方法についてご教授いただけます様御願いいたします。

【設定】
お客様へ50,000円の海外航空券代金(海外空港税など含む)+成田空港施設使用料2,040円にて販売し、業者より3,000円の手数料(コミッション)にて仕入れるものといたします。

1.お客様より海外航空券代金他総額を普通預金へご入金(預かり金処理)
 (借方) 普通預金 52,040円 / (貸方) 預かり金 52,040円

2.仕入れ先へ支払い、売上計上
 (借方) 預かり金 52,040円 / (貸方) 普通預金 49,040円
      ***************** / (貸方) 売上(*免税取引) 3,000円

上記だけでも良い気もするのですが、消費税などの計算のため仕入れを明確する必要があるように思えてきます。
そこで、
 (借方) 仕入れ(航空券代金*免税取引) 47,500円 / (貸方) 普通預金 49,040円
 (借方) 仕入れ(成田空港施設使用料*課税対象仕入れ) 2,040円/ *******

上記を更に記入すると言う事で理解はあってますでしょうか?

*尚、預かり金を受け取った時点では業者への支払い金額はまだ確定しておりません。(海外の空港税などが変動する可能性があるので)

消費税など含めて考えれば考えるほど、余計混乱してしまい、どなたかお力をぜひお貸しいただければと思います。

どうぞよろしく御願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>旅行業においては、お客様からの旅行代金のご入金の際は勘定科目を「預かり金」として処理する様なのです。



一般の旅行参加募集では、それは充分ありえるでしょう。
[例]
・海外旅行を募集し、お客様からの入金30万円があった
現金預金 300,000  前受金 300,000
            (または預り金)
(この時点では、最小催行人数に達するか不明、お客さまによるキャンセルがあるかもしれませんし、第一旅行自体がまだ実施されていませんから、売上を計上できません。)

・旅行が成立した時点なりに売上を計上します
前受金 300,000  売上 300,000
(または預り金)
(先ほどの前受金を売上に振り替えます)

旅行募集と航空券販売では別の処理をしているのかもしれませんね。

・お客様より海外航空券代金他総額を先払いで普通預金へご入金(預かり金処理)
  普通預金 52,040  預かり金 52,040
             (前受金)
・航空券をお客さまに発送した
預り金  52,040   売上 52,040
(前受金)

・仕入れ先へ支払った
  仕入〔課税対象外〕 47,000   普通預金 49,040
  仕入〔課税仕入〕  2,040

前述の旅行募集と同じ処理をするなら、上のようになります。

しかし、差額の3,000円をもって「手数料収入」(売上の一種)とする方法もあります。不動産業者の売上にあたるのが手数料収入だったりします。

・お客様より海外航空券代金他総額を普通預金へご入金(預かり金処理)
  普通預金 52,040円   預かり金 52,040円

・仕入れ先へ支払い、売上計上
  預かり金 52,040円  普通預金 49,040
              手数料収入3,000
              (または受取手数料)

御社はどういう方針なのか確認してください。
(売上と同じような「手数料収入」としているのか、または「受取手数料」として営業外収益という扱いなのか)

また、海外航空券自体は免税取引でも、手数料収入(売上)または受取手数料3,000円については課税売上の可能性があります。
このへんについては専門家におききください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご案内ありがとうございます。
また事例に分けて細かく設定を教えていただき大変勉強になります。

弊社では海外航空券のみを取り扱いますので、
教えていただいた

・お客様より海外航空券代金他総額を普通預金へご入金(預かり金処理)
  普通預金 52,040円   預かり金 52,040円

・仕入れ先へ支払い、売上計上
  預かり金 52,040円  普通預金 49,040
               手数料収入3,000 (課税売上)

として処理していくことにいたしました。

おかげ様で、ご助言をいただきすっきりと解決することができました。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2010/10/13 21:26

>上記を更に記入すると言う事で理解はあってますでしょうか?



いいえ、これだと売上3,000円に対し仕入49,040円
 売上利益=3,000-49,040=▲46,040円
‘超’のつく大赤字ということになってしまいます

旅行業において航空券の販売は主たる営業内容のひとつであるはずです。
お客様からの入金は預り金でなくて、売上とします
1)お客様より海外航空券代金他総額を普通預金へご入金(売上を計上)
 (借方) 普通預金 52,040円 / (貸方) 売上 52,040円

2)仕入れ先へ支払い(仕入を計上)
 (借方) 仕入〔課税対象外〕 47,000  (貸方) 普通預金 49,040
      仕入〔課税仕入〕   2,040

売上高 52,040-仕入高49,040=売上利益3,000

という考えです。

航空券販売を主たる営業品目としない場合は、52,040円の入出金は預り金処理でもいいでしょう。その場合の差額の3,000円は売上ではなくて
「受取手数料」という扱いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご案内ありがとうございます。
知識不足のため恐縮です。

私の把握できた知識では、旅行業においては、お客様からの旅行代金のご入金の際は勘定科目を「預かり金」として処理する様なのです。

教えていただいた事と上記をふまえると、
1.お客様より海外航空券代金他総額を普通預金へご入金(預かり金処理)
 (借方) 普通預金 52,040円 / (貸方) 預かり金 52,040円

2.仕入れ先へ支払い、売上計上
 (借方) 預かり金 52,040円 / (貸方) 普通預金 49,040円
      ***************** / (貸方) 受け取り手数料 (*海外航空券の為、免税取引) 3,000円

だけの記載で良いと言う事になりますでしょうか?
ご確認いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2010/10/08 22:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q【勘定科目】 代理店手数料の支払いについて

業務を委託した場合、代理店手数料として受け取った分は、
「雑収入」として処理してきました。
今回、業務提携により、代理店手数料を支払うことになったのですが
この場合、弊社の処理としては、勘定科目は何になるのでしょうか?
一応「支払手数料」として処理を行っていますが、この科目が
妥当かどうかを教えていただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

当社も支払手数料で処理しています。

予断ですが、製品や代理店別に主科目や補助科目を分けて使い分けていますが。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Qシステム使用料の勘定科目

経理初心者です。会社で楽天のシステムを使用しています。システム使用料は勘定科目は何になるのですか?このような質問ですみませんが、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は
支払手数料 楽天 現金
で起票しています。

Qゼミの課題で「旅行業界」を調べています。

ゼミの課題で「旅行業界」を調べています。

その中で、「売上高」と「出荷高」を調べて各社ごとに比較したりするのですが、
「売上高」と「出荷高」の違いは何ですか?

業界地図の本を使って調べていますが、旅行業界の場合、「旅行取扱高」というものと、「営業利益」が記載されていました。

旅行業界の場合は「旅行取扱高=売上高」なのでしょうか?

旅行業界では「出荷高」が何に当てはまるのか・・・

「営業利益=出荷高」??

売上高=出荷高??


分かる方は回答をお願いします!!

Aベストアンサー

旅行業の旅行取扱高は、旅行の総額を表すもので、P/Lに表示されない、業界独
特の表示方法です。
決算書等には、旅行取扱高は表示されません。
 ※企業によっては、参考数値として経営指標等で表示する場合もあります。
 ※業界紙においては、旅行取扱高に基づいて順位付けをしています。

https://info.edinet-fsa.go.jp/E01EW/BLMainController.jsp
有価証券報告書、近畿日本ツーリスト で検索してみて下さい。

有価証券報告書は営業収益から記載されています。
営業収益は、一般企業の粗利に相当するものです。
(売上高に相当する表示はありません)

ここで、他業種と比較するのであれば、売上高を旅行取扱高としても強ち間違
いではありません。 
  売上高≒旅行取扱高 だと考えて下さい。

ただし、製造業の連結子会社に旅行業がある場合、連結決算であれば、売上高
に合算する勘定は、旅行業の営業収益です。

この辺りを、詳しく記すと長くなるので、こんなもんだと理解して下さい。
(多分、質問者さんはそこまで回答を求めていないと思われます)

計上基準は、基本的には出発日基準です。
(これは企業会計によって定めます。発券商品は発券基準とする会社もあります)
但し、法人税法においては国際航空券、JR切符等のチケットは、発券日基準とする
事が定められています。

まず、近畿日本ツーリストの有価証券報告書を見て、勉強してみましょう。

旅行業の旅行取扱高は、旅行の総額を表すもので、P/Lに表示されない、業界独
特の表示方法です。
決算書等には、旅行取扱高は表示されません。
 ※企業によっては、参考数値として経営指標等で表示する場合もあります。
 ※業界紙においては、旅行取扱高に基づいて順位付けをしています。

https://info.edinet-fsa.go.jp/E01EW/BLMainController.jsp
有価証券報告書、近畿日本ツーリスト で検索してみて下さい。

有価証券報告書は営業収益から記載されています。
営業収益は、一般企業の粗利に相当するものです...続きを読む

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。

Q仕訳について

輸出運賃の仕訳について教えて下さい。
請求書には以下が記載されております。
・取扱手数料(免税)
・通関料(免税)
・保険料(非課税)
・書類作成料(課税)
・航空運賃立替金
これらの項目は何費で計上したらよろしいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

経理規定ではどうなっていますか?
以前の輸出の時の処理は?
このような費用にについては「適当な科目に分類して営業損益区分に記載し」と規定されているだけで、
企業が適切な科目を決め、常に同じ処理を行うことが要請されています。
企業外部者では
通常、販売費及び一般管理費の
・取扱手数料(免税)・通関料(免税)・書類作成料(課税)
は「支払手数料」「業務委託手数料」等
・航空運賃立替金
は「荷造運賃」「運送料」「発送費」等
・保険料(非課税)
「保険料」等

が使われますが、これが特殊な業務でめったに行われず
企業の勘定科目設定に適切な物がなければ「雑費」と言う選択肢もあります・・・としか言えません。

Q関税の仕訳教えてください!!

輸入した際にかかる関税についての仕訳なんですが・・

立替金 運賃 94,930
    ターミナル 4,044
    保険料  4,482
    関税   77,400
    消費税  82,400
    地方消費税  20,600

通関諸掛  通関料 11,800  
      取扱料 6,000  
      貨物配達料 5,500

支払い合計 307,731円

なのですが、仕訳が解りません・・

輸入運賃なのか?輸入仕入なのか?宜しくお願いします。

    

Aベストアンサー

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取得価額)
第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第一項
(棚卸資産の特別な評価の方法)の規定による棚卸資産の評価額の計算の基礎となる
棚卸資産の取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に
応じ当該各号に定める金額とする。

一  購入した棚卸資産   次に掲げる金額の合計額

 イ 当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、
   関税(関税法 (昭和二十九年法律第六十一号)第二条第一項第四号の二
   (定義)に規定する附帯税を除く。)その他当該資産の購入のために
   要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

 ロ 当該資産を消費し又は販売の用に供するために直接要した費用の額

下記法人税法施行令により、棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を
含みますので、仕入勘定で処理すればよいでしょう。

お使いの会計ソフトでの消費税の処理を適切に行いましょう。


(商品仕入高) /(現金預金) 180,856 ・・・輸入課税仕入

(仮払消費税等)/(現金預金) 103,000 ・・・輸入課税仕入

(商品仕入高) /(現金預金)  17,800 ・・・通関手続き等の役務は免税

(商品仕入高) /(現金預金)  5,500 ・・・課税仕入


法人税法施行令
(棚卸資産の取...続きを読む

Q異業種交流会やビジネス交流会 参加費の勘定科目

異業種交流会やビジネス交流会に参加したときに発生する参加費は、会計上どのような勘定科目にするのがよいのでしょうか?
交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。

会議費でしょうか?
採用教育費でしょうか?
広告宣伝費でしょうか?
販売促進費でしょうか?
それとも、それ以外の科目でしょうか?

他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。
絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社を宣伝するために出席されるのが主たる目的であればこの勘定が妥当
  だと思われます。
 販売促進費
  御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと
  思われます。
 会議費
  会議の体裁をとっているのであれば問題ないと思います。しかし社内の会
  議費用と一緒になってしまいますので、注意が必要です。
 交際費
  税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、
  申告時に便利です。
 雑費
  この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管
  理する必要はありません。管理する必然性のない勘定は雑費で処理します。

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社...続きを読む

Q入会金と会費の勘定科目を教えて下さい。経理税務

お世話になっております。
質問させてください。
一般社団法人の経営○○支援センターに、
入会金50000円、会費70000円を支払う事に
なりました。
勘定科目はどのように処理すれば良いでしょうか?
入会金は繰り延べ資産に計上しなければいけないので
しょうか?
少額ですし、共に会費で処理して問題ないでしょうか?
ご指導の程、よろしくお願いいたします。

お世話になっております。

Aベストアンサー

その支出の性格が不明ですが、仮にその性格が繰延資産に該当する内容であっても20万円未満であれば支出時の損金とすることができます。(法人、個人とも)

したがって、会費でも雑費でも問題ありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング