大成建設が秒読みです。昨夜細かい情報まで社内の上層部連中から聞きました
なにかしてあげたいができることは何か!

助けてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

あまり指定した会社名などこういったところでいわないほうがいいと思います


モラルがないです
そこの社員の方やその家族の方が見たらどんな思いをするのですか?

事実があっても名を明かすのはどうかと思います
    • good
    • 0

「できることは何か」



今すぐ お近くの警察に出向き「風説の流布」の罪で自首して下さい。
死刑にはなりませんし、死ぬまでには出て来れます。
    • good
    • 0

400億ほど融資してあげてください

    • good
    • 0

これまで下請けを散々泣かせてきた報いです。

大企業の驕りって奴でしょう。我々にはどうにも出来ませんよ、正直言って。ただ、破産だけは避けなければなりません。民事再生を申請するなら話は分かります。しかしもしも破産なんて事になったら、大成の一次下請け・二次下請けは正月を迎えられなくなります。その辺は上層部も解かっているとは思いますが。これで破産を適用したら、本当に「鬼」です。

大成は俺の目の黒いうちに潰れると思ってましたよ。だって現場なんて凄いですもん。現場監督は殿様気分だし、人の名刺を目の前で平気で破ってゴミ箱に捨てるし。大成は助からなくて良いから、下請けに助かってもらいたいですよ、本当。
    • good
    • 0

こんなところの、こんな話で 株が動くとも思えんが・・・



何が目的?
    • good
    • 0

こういう情報をリークしたらとどめを刺すってわからんか?



してあげられる事?

債務の肩代わり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【大成建設と暴力団の関係性】大成建設が暴力団と付き合っていたという報道が出てますが、どこの暴力団と付

【大成建設と暴力団の関係性】大成建設が暴力団と付き合っていたという報道が出てますが、どこの暴力団と付き合いがあったのでしょう?

沖縄の独立系の暴力団ですか?広域暴力団の下位組織ですか?

山口組系と繋がりがあったのか?稲川組ですか?

1700万円と沖縄開発に暴力団の建設会社を使うように大成建設の部長が脅されてた事件です。

Aベストアンサー

旭琉會と言う沖縄の独立系で沖縄唯一の暴力団のようです。
詳しくは、以下のWikipediaの記事を参照して下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E7%90%89%E6%9C%83

Q民事再生法をした場合の保証人について

こんにちは。知り合いが今、民事再生法の手続き中なのですが保証人のところに一括返済の通知が来ました。
この場合、保証人は相手が手続き中に債権を支払わなくてはいけないですか?
それとも再生認定が降りて残りの債権を保証人が支払うのですか?
知り合い本人は保証人に迷惑をかけたくないので自分が支払いといってるのですがその場合どうなるのですか?
保証人も自分の生活だけで精一杯だそうです。
また、保証人に何回も催告書が届くのでしょうか?
一人の保証人はそれがとても苦痛らしく止める方法があれば教えてください。
いっぱい質問して申し訳ありません。

Aベストアンサー

>保証人は相手が手続き中に債権を支払わなくてはいけないですか?
手続き中の如何にかかわらず、返済の催告があれば支払わなければなりません。

>再生認定が降りて残りの債権を保証人が支払うのですか?
認可決定と保証人の返済時期は関係ありません。認可決定後であっても全額一括返済義務はあります。

>知り合い本人は保証人に迷惑をかけたくないので自分が支払いといってるのですがその場合どうなるのですか?
それは本人と保証人の関係で、対債権者との間では何らの意味もありません。

>保証人に何回も催告書が届くのでしょうか?
支払わないならその可能性があります。

>保証人はそれがとても苦痛らしく止める方法があれば教えてください。
保証人から回避するためには全額返済するか、又は、債権者が承諾しない限り逃れることはできません。

実は私の友人もpiyo-piyoさんの友人と同様な「事件」で困惑しています。
私の例では、Aと云う者が個人民事再生法の申請し認可決定が確定しマイホームは競売から免れたのですが、Aの保証人のBのマイホームがAの債権者によって差し押さえられました。これを免れる方法をさまざま検討しましたが、Aの債権者がBのマイホームに抵当権設定登記してあったので「打つ手がない」ようです。
なお、私もkyaezawa同様「保証人の別途民事再生の申立」を考えましたが、もともと民事再生法の趣旨は支払い条件の変更なので保証人が特定の債務保証だけ対象とすることは困難と云う弁護士の意見でした。私の場合は抵当権の実行と云うこともあって、そうだと思いましたが、他に債務のある者ならkyaezawaさんの云うとおり別途申立ができると思います。

>保証人は相手が手続き中に債権を支払わなくてはいけないですか?
手続き中の如何にかかわらず、返済の催告があれば支払わなければなりません。

>再生認定が降りて残りの債権を保証人が支払うのですか?
認可決定と保証人の返済時期は関係ありません。認可決定後であっても全額一括返済義務はあります。

>知り合い本人は保証人に迷惑をかけたくないので自分が支払いといってるのですがその場合どうなるのですか?
それは本人と保証人の関係で、対債権者との間では何らの意味もありません。

>保証...続きを読む

Q施工中に下請業者さんが指名停止になった場合について

公共土木工事において(自分は元請業者です)、
工事途中で下請業者さんが、指名停止処分になった場合どのような対処をすればよいか
対処等の記載文献等ご存じの方ご教授ください。

※自分の解釈は、指名停止処分以降も指名停止前に契約した内容については仕事してもらっても
問題なく、指名停止処分以降は新工種等の追加契約はアウト(当初内容の数量増はセーフ)
と、思っているのですが.....

Aベストアンサー

指名停止前の契約はそのまま履行、というのは書いていらっしゃる通りです。
ただし、指名停止は官公庁と元請の契約に対しての話ですので
指名停止中の会社であっても民間契約(下請)には問題はありません。
民間契約もアウトなのは営業停止の場合ですね。

Q民事再生法と連帯保証人について教えてください

お恥ずかしい話しですが、
事業経営をしている実家の両親がが多重債務に陥っています。
返済がいよいよ苦しく、民事再生法などが適用できるか考えています。
しかし、母は実弟の(彼も多重債務者です)信用保証協会からの借入1100万円の連帯保証人になっています。
両親が民事再生法を利用すると、この連帯保証人の件はどうなるのでしょうか?
消滅してくれないのでしょうか?
私は長女なのですが、結婚して実家を離れており、
今まで両親を助けられなかった分、何とかならないか調べているところです。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、
教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民事再生法が適用されても、連帯保証人には影響がないので、連帯保証人としての責任は残ります。
信用保証協会が、実弟の連帯保証人が民事再生法の適用を受けて、連帯保証人としての資格がないと考えたら、実弟に対して、新たな連帯保証人を立てるように要求してきます。
弁護士会で、30分5000円で法律相談を行なっていますから、相談されたらいカがでしょうか。
法律相談の申込先は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html

Q行政機関の指名停止について

町の公共工事に関わる贈収賄事件でA社の社長が逮捕され、その結果A社は1~3ヶ月の指名停止処分を受け、既に満了しています。当該社長はその職を辞任し、判決を待っている所です。そこで質問ですが、結審して有罪が確定した場合、A社に対して再度行政機関による指名停止の処分が下るのでしょうか。

Aベストアンサー

指名停止基準は色々あると思うので絶対とは言えませんが、その事案に対して、「逮捕」されたことを理由に指名停止処分をすでに受けたのであれば、判決が出るということは一連の流れの中に入りますから、そのことで再度処分を受ける、ということはないと思います。(参考URL参照)

例えば、逮捕、起訴で「当面、指名停止」として、判決で「取消」といったことなら考えられますが、一旦指名停止して、処分が解けている訳ですから、再度不利益処分を課す理由にはならないでしょう。

もっとも指名停止基準をよく確認された方がよろしいかとは思います。

参考URL:http://www.suidou.amagasaki.hyogo.jp/nyusatu-joho-file/shimeiteishi-kijun-beppyo.htm

Q民事再生法

得意先が民事再生法を申請しました。今後、売掛金の回収はできるのでしょうか?また、銀行で割り引いてもらった手形決済はどうなるのでしょうか?期日がきたら、落ちないのですか?倒産とは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

民事再生法の申立=倒産と考えてよいでしょう。
お取引先がどこの地方裁判所に申立をしたか、またいつ(午前/午後/裁判所が閉まる間際など)申立をしたかによって多少差異はありますが、
一般的には当日若しくは翌日に、裁判所から保全命令が出ます。
保全命令が出た後は、商品の引揚げや特定の取引先への支払など、
倒産した会社の財産を目減りさせるような行為は一切禁止されます。

売掛金の回収は、再生手続きの中で、銀行などの担保を持つ債権者と
それ以外の債権者(一般債権者)に分けて支払われますが、
一般債権者の場合は「債権は9割カット、残り1割を10年弁済」等という条件はザラにあります。
もし100万円の売掛金残高があると仮定した場合、
債権9割カット=90万円は支払を免除される
残り1割を~=残り10万円を10年かけて支払っていく
という、債権者にとっては耐え難い結末になります。
また9割の債権弁済を免除してもらって、新たにやり直している間に、
やはり資金繰りに詰まり破産してしまう場合もあり、そうなれば当然
分割弁済分も、以後は支払ってもらえません。

全ては法律に則って、粛々と行われます。債権者には説明会の通知が来ると思いますよ。
また貴社が割引に回した当社振出しの支払期日未到来の手形は当然不渡りです。

民事再生法の申立=倒産と考えてよいでしょう。
お取引先がどこの地方裁判所に申立をしたか、またいつ(午前/午後/裁判所が閉まる間際など)申立をしたかによって多少差異はありますが、
一般的には当日若しくは翌日に、裁判所から保全命令が出ます。
保全命令が出た後は、商品の引揚げや特定の取引先への支払など、
倒産した会社の財産を目減りさせるような行為は一切禁止されます。

売掛金の回収は、再生手続きの中で、銀行などの担保を持つ債権者と
それ以外の債権者(一般債権者)に分けて支払われま...続きを読む

Q指名停止中の法人との契約について

 現在A社は、例の橋梁談合により指名停止中です。
 ところが、当方で使用中のA社製特殊機械が故障してしまい緊急に大規模な修理が必要となりましたが、これはA社の特許製品でA社以外に修理が不可能なものなんです。今の状況では、指名停止期間が終了する12月まで修理契約ができないため、その対策に苦慮しています。
 当方では、苦肉の策としてA社と現在契約している当該機械の保守点検契約を変更して契約できないか検討していますが、これは問題あるでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様の自治体の指名停止措置要綱の是非は別問題として、直面している問題ですが、保守点検契約の中で大規模修繕を抱き合わせることは、指名停止の実効を失わせるものとして疑念を抱かれる可能性があります。保守点検業務委託契約の中で行われる修繕は小規模なものに限るべきと考えます。
元々の契約の目的が相違してしまいますし予算科目も違ってきます。

正攻法ではないのでお勧めはできませんが、
今回の指名停止を受けている会社は、大手メーカーであり、これらの会社にはメンテナンス系の子会社があると思います。こちらへ発注することで急場しのぎするということも考えられますが。

いずれにしましても、指名停止中の業者が絡む契約は、透明性・客観性をもった理由を付して事務処理をしておかないと、監査や決算審査はもとより、市民や議会から業者との癒着とか疑念を抱かれる元となり得ます。

一段落したら、契約事務担当部署に相談して指名停止措置要綱の見直しも検討されたほうがよろしいかもしれません。
(1) 他自治体が指名停止したらウチもやるっていうのは主体性がありません。他自治体の措置はあくまで参考とすべきでしょう。
(2) 随意契約の制限の規定に「ただし書き」を追加して、「ただし、やむを得ない客観的な事情がある場合はこの限りでない。」旨を加え、逃げ道を作っておく必要があると思います。

質問者様の自治体の指名停止措置要綱の是非は別問題として、直面している問題ですが、保守点検契約の中で大規模修繕を抱き合わせることは、指名停止の実効を失わせるものとして疑念を抱かれる可能性があります。保守点検業務委託契約の中で行われる修繕は小規模なものに限るべきと考えます。
元々の契約の目的が相違してしまいますし予算科目も違ってきます。

正攻法ではないのでお勧めはできませんが、
今回の指名停止を受けている会社は、大手メーカーであり、これらの会社にはメンテナンス系の子会社があ...続きを読む

Q民事再生の別除権債務

民事再生計画の認可済み案件で
(1)民事再生で別除権の保全額2億の土地・建物を1億2千万で売却した場合、担保不足の8千万円は、一般債権へ新たに追加するという考え方でよろしいでしょうか?
(2)その場合、一般債権の配当率が20%で再生計画が認可されていた場合、8000万円の20%の1600万円の弁済で良いということですか?
(3)民事再生認可後の実務について参考になる書籍等はないでしょうか。
ご教授願います。

Aベストアンサー

別除権の担保清算不足額は、「一般債権」ではなくて「再生債権」になります。再生計画で認められた弁済率で支払われる対象となる債権は「再生債権」です。
「一般債権」は、債権届けから漏れた債権等で事後に認められるもので、再生債権が完済された後で支払われる(もちろん弁済率適用)債権のことだったと思います。

認可後の実務は、事業運営に関しては認可前と殆ど変わりません。一応建前としては普通の会社の扱いで事業ができますから、粛々と再生計画を履行するのみです。
認可決定が確定してから3年間が経過した時に、返済が計画通り実行されていれば、完済していなくても自動的に民事再生手続きが終結して文字通り普通の会社に戻ります。
この間の裁判所への定期報告事項(事前届出事項はなくなり定期報告事項だけとなります)認可決定時に、書面で指示されます。


参考書籍については、ご自分で本屋さんで探した方が良いと思います。
「民事再生」は所轄の地裁によって扱いが違う内容がありますし、法案ができた当初の不十分な部分の解釈が変遷してきているようですから、できるだけ発刊日の新しい本で、所轄の地裁に近いところの内容のものを選択された方が良いと思います。

別除権の担保清算不足額は、「一般債権」ではなくて「再生債権」になります。再生計画で認められた弁済率で支払われる対象となる債権は「再生債権」です。
「一般債権」は、債権届けから漏れた債権等で事後に認められるもので、再生債権が完済された後で支払われる(もちろん弁済率適用)債権のことだったと思います。

認可後の実務は、事業運営に関しては認可前と殆ど変わりません。一応建前としては普通の会社の扱いで事業ができますから、粛々と再生計画を履行するのみです。
認可決定が確定してから3年間...続きを読む

Q理工学部 就職 大成建設

私は理工学部物理科に所属しています。大学に入る前は就職について考えていなくて、物理が好きだからこの学部を希望しました。しかし最近建築関係の仕事に興味がわいてきました。そこで、もう少しで専門に入るのですが、建築関係でもやっていける物理の分野を教えてください。
ちなみに目指している建設会社は大成建設です。

Aベストアンサー

こんばんは。

そんなことはこんな所で聞かないで直接会社に聞きましょうよ
どんな人材が欲しいのか。
はい。会社訪問や(OBが入れば)OB訪問ってやつです。
直接行くワケだから確実に需要を確認できるし、自己アピールにもなる。
その上、会社の雰囲気も確認できて一石二鳥どころか三鳥ですよ?

ではでは、頑張って下さい

Q民事再生法申請後の手形について

民事再生法のことでお尋ねします。

うちの会社の得意先が民事再生法を申請しました。
うちはその会社から約束手形を数枚受け取っていて、いずれも申請後の支払期日のものです。

そこで質問なのですが、この手元にある手形は取り立てに出しても支払ってもらえないことが分かっていますよね?
ということはそのまま手形を手元に持っておいていいのでしょうか?

実はある金融機関の人に「支払ってもらえなくても、取立てに出して不渡の付箋を貼ってもらわないと、債権放棄したことになる」と言われました。

債権額は債権届出書に「約束手形金 ○○万円」と明記しますので、それでいいと思っていたのですが
取立てに出して付箋を貼ってもらわないと、債権として認められないのでしょうか?

以前にも他社が民事再生法の申請をしていますが、そのときも手形の取立てはしていません。
でも、まだ債権額の調査中なので債権放棄と思われたらどうしようと、とても不安です。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>金額の裏づけは当社発行の納品書・請求書では証明
その売掛先との間で継続的売買契約にかかる何らかの基本契約書があり、それに基づいて発注書(先方が出してきた発注書)、納品書があれば十分可能でしょう。

>これまでの手形についてもし異議が出された場合
あまり異議は出ないかと思われますが、債務者サイドが債務の認否をする段階で異議が出るとすれば、それは裁判所が事前に定めた債権調査期間内の話です(民事再生法101条1項、102条2項)。否認されないまま書記官作成の再生債権者一覧表に載り、再生計画が提出されて認可決定までいけばもう大丈夫でしょう。
その上で、調査期間内の反論ですが、正攻法で行くなら105条の再生債権査定の申立をすることになります。曰く、取立てに出さなかったのは民事再生手続き開始を把握したことにより裁判外での回収を断念したというべきなのに留まる、そもそも満期後も手形債権が存在していることは手形法に手形債権の消滅時効が規定されていることからも明らかであり右異議は主張自体失当、云々と。ただ、売掛債権の存在を疎明する書類を確認してみて問題が無いなら、裁判所が手続き上認めれば、届出事項の変更に準じた補正により)約手による手形債権から売掛債権に変えてしまったほうが簡単でしょう。

いずれにしても、事態が具体的に発生しうるのならば、ここは弁護士に頼まれたほうが適切ではないでしょうか?

>金額の裏づけは当社発行の納品書・請求書では証明
その売掛先との間で継続的売買契約にかかる何らかの基本契約書があり、それに基づいて発注書(先方が出してきた発注書)、納品書があれば十分可能でしょう。

>これまでの手形についてもし異議が出された場合
あまり異議は出ないかと思われますが、債務者サイドが債務の認否をする段階で異議が出るとすれば、それは裁判所が事前に定めた債権調査期間内の話です(民事再生法101条1項、102条2項)。否認されないまま書記官作成の再生債権者一覧表に載り、再生計画...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報