整体師は無資格で名乗れて施術しますよね。擦ったり、揉んだり、指圧したりするには資格が必要だと思うのですが、これって法律上禁止だと思うのです。按摩等の国家資格保有者が整体師を名乗って施術するのは分かりますが。
また、妻が通う整体師から「痩せるには、朝食を抜いたほうが良い」「お腹に電極を流してウエストを引き締める」とか「?」と思う事を教えられたり施術されているみたいです。
以上、無資格で揉んだり出来るのは何故か?意味不明だが助言し施術するのは可能なのか?教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずは法律を確認してみましょう。



あん摩マッサージ指圧師、はり師きゅう師に関する法律
第一条 医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅう
を業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許
又はきゅう師免許を受けなければならない

とあります。では “あんまマッサージ指圧” とはどのように定義されているでしょうか。以下のような説明があります。

あん摩とは、人体についての病的状態の除去又は疲労の回復
という生理的効果の実現を目的として行なわれ、かつ、その効
果を生ずることが可能な、もむ、おす、たたく、摩擦するなどの
行為の総称

と言うことになります。整体術やカイロ術(スラストやストレッチ)自体に対しては法律がありませんので、法律違反にはなりません。厚労省も整体術に関しての施術は認めていますので、法律違反にはなりません。

しかし、多くの無資格治療院はマッサージを行っていますね。この実態は何も整体やカイロに限ってではありません。ソフト整体、癒し、アロマ、英国式、タイ古式、エステ、クイック、ボディケアなどなどで、挙げ出せばきりがありません。要するにあんまマッサージ指圧以外は全て無資格だといっても過言ではありません。大手リラクゼーションサロンのラ○ィネでは 「我々は医療としてのマッサージでは無いので資格は不要」 と言っていました。当然法律によれば、医療か慰安かの区別は無く、マッサージ行為自体に資格が必要なのは明白です。コンプライアンスのかけらも無い企業体制にその資質を疑ってしまいます。

以下に書く内容は私の本意ではありませんが、事実なので明記します。私は実際に厚労省に次のような確認を取りました。 「無資格者のマッサージ行為は法律違反にならないのか、無資格者が容認されるのであれば鍼灸師などほかの国家資格者のマッサージ行為も認められるのか」 回答は 「健康上重大な被害が無ければ問題ない」 と言うような回答でした。ここまではっきりした言葉では回答しませんが、要約するとこのようなものでした。

恐らく無資格者の既得権や憲法の関係があるのだと思います。実はあんまマッサージ指圧師とは視力障害者の職業保護的な側面を担っており、養成学校などは清眼者に門戸を大きく開かれていません。憲法では職業選択の自由や法の下の平等など謳われていますので、清眼者の整体やカイロなど無資格を黙認してきたのだと思います。

国は業界の実情を広く周知徹底はしてませんし、制度変える努力も全くしていません。これで一番の被害者は患者さんです。国に状況の改善を求めても無駄骨に終わりそうですし、改革に手をつけても成果が出るには何年もかかるでしょう。ですから自分のみは自分で守る必要があるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急かつ詳細な解答、本当にありがとうございました。胸のつっかえがスッと取れました。早速、妻にも話したいと思います。

お礼日時:2011/02/21 13:04

>「痩せるには、朝食を抜いたほうが良い」「お腹に電極を流してウエストを引き締める」



厚生労働省は以下のような通達で整体・カイロを警告しています。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anze …

その中でこんな文章があります。

================================
カイロプラクティック療法については、従来よりその有効性や危険性が
明らかでなかったため、当省に「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研
究」のための研究会を設けて検討を行ってきたところである。今般、同
研究会より別添のとおり報告書がとりまとめられたが、同報告において
は、カイロプラクティック療法の医学的効果についての科学的評価は未
だ定まっておらず、今後とも検討が必要であるとの認識を示す一方で、
同療法による事故を未然に防止するために必要な事項を指摘している。
================================

要するに「整体カイロが体に良い根拠は今のところ無く、良いか悪いかは分からないがとにかく危険性はある」ということです。

彼らの意見は医学ではありません。セールストークです。例えば彼らやマスコミがよく言う 「骨盤・骨格矯正」 は何の根拠もありません。例えば矯正するにはどの骨が、どの方向に、どのくらい歪んでいるか、関節に異状はないか、骨の形はどうか、背骨に異状が無いか、矯正後は正しく矯正されたか、などは最低必要な情報です。体表から触れられる骨などごく僅かですから、これらを知るには絶対にレントゲンが必要になります。法律によりレントゲンとは病院でしか撮れませんので、無免許である彼らには、骨の矯正など端から無理な芸当なのです。レントゲンを検査しての結果であれば間違いないとおもいますが、たいていの人は検査など一切せずになぜかそう思い込んでいるようです。

背骨と背骨の間に椎間板というクッションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認されています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪化します。私は実際にある患者さんを例に、一年前と一年後のレントゲン画像を調べました。私も最初見た時はビックリしました。明らかに普通の生活で劣化するレベルの域を超えています。非常に恐ろしいですから、整体やカイロをはじめとする、無資格治療院は治療と位置づけず、あくまでもリラクゼーションと捉えるべきです。

ここからは私の持論になります。実はマッサージ師の視力障害者の職業保護的な役割は昔ほど薄れているようです。ご指摘の通り整体カイロ師は法律にも平気で違反している人が大勢いるでしょうから、資格はあんまマッサージ指圧師と鍼灸師に集約し(←健康保険の不正請求を業界として行っている整骨院・接骨院の柔道整復師もいらないと思います)、整体カイロは一切認めないほうがいいと思います。ただ術の廃止は無理ですから、鍼灸師、マッサージ師などの国者が整体カイロをすればいいと思います。

これが無理なら整体カイロの開業権を奪って、レントゲンの取れる整形外科勤務のみにすればいいと思います。医師の監督下に置けば患者さんは安心して整体カイロを受けれますし、われわれも整体カイロを自信を持って薦められます。

長文、乱文失礼しました。分かり難いところ、更にご質問があればおきください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読んでいますと解答者様の言われる通り憤りを感じます。私は無知でした。妻の体を無知識な整体師に預けている事も含め怖さを感じます。質問をして良かったと思いました。

お礼日時:2011/02/21 13:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング