埼玉県に住んでいるものです。
先月11日の地震で、この地域も震度5強を計測したようです。

寮のような住居のため、同じ建物にはたくさんの人が住んでいるのですが、
どの部屋もものが落ちたり、倒れたり、テレビが壊れたりしていました。

私の部屋はほどんどのものが定位置のまま、あまりにも元通りで、大丈夫と思っていたのですが、
テレビの上が白っぽく粉がかったような感じで、小さな石のような欠片も落ちていました。
よくよく部屋中をチェックすると、一部の壁紙にたくさんのしわが寄ってたるんでいたり、
ひどいところはそれがいくつも亀裂になっていました。(石の欠片は壁紙の中身?)
地震の前には全く何もなかったのに…、です。

被害状況は部屋によってまちまちで、全く無傷だった部屋と、
私のほどひどくないですが、少し亀裂が入った部屋もあるようです。

鉄骨造3階建てで、築約15年くらいだそうですが、
まだ大きな余震もありますし、このまま住み続けて大丈夫か不安になりました。

どなたか詳しい方がいらっしゃったら、お答えいただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

内部の白い粉はクロス貼りの下の石膏ボードです。

鉄骨造り 3階建て  外壁は大丈夫ですか。
こわれていませんか? 基礎に亀裂等はありませんか? 床に傾斜はありませんか?
ボールが一方向にころがりませんか? この変ところ確認してみてください。
たぶん大丈夫だと思いますが。5強程度ならたぶん問題ないと思いますが。
ちなみに私が住んでいるところは最初3.11 震度6強  2回目 震度6弱でした。
2回目の地震でこの地域の建物被害がでています。2回目の地震での被害をみるように依頼されみましたが、
屋上の機械基礎のアンカーが垂直に引きぬかれていました。このような現象ははじめてみました。
結構屋上機械基礎等が基礎やアンカーが破壊されている状況です。
    • good
    • 4

余震が続く中、だれもが不安を抱え大変な世の中だなぁと実感しております。


築15年の当該建物は1981年に制定された、いわゆる新耐震基準によって建てられており、巨大地震(M8~)震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような耐震基準を満たしているものと考えられます。鉄骨造なので鉄筋コンクリートに比べ建物の変形が大きいため、内装の石膏ボードがこすれて白い粉が出たり、壁紙にシワがよったりしているだけです。壁を触ってみてベコベコしていなければ心配いりません。
建物が大丈夫でも、タンスが倒れたり、照明が落ちてきたりするので、その点は見直しておきましょう。
日本は地震国なので、どこに住んでいても絶対の安全はありませんが、備えておけば安心は得られます。
    • good
    • 0

下地の石膏ボードのかけらでしょうか。



崩れるか心配なんですね。全く大丈夫ですよ。
    • good
    • 4

>寮のような住居


そこの管理者に聞かないと正確な回答は出ないと思いますよ、
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地震の前兆?

最近日本海側で、ダイオウイカやリュウグウノツカイなどめったに見られない深海生物が浜に漂着するケースが相次いでいて、これらの深海魚は海底変化の影響を受けやすいため、いま海底で何かが起きていて、漂着は地震の前兆ではないかというニュースを見ました。

☆地震の前兆ではないとすると、ほかにはなにが考えられますか

☆地震の前兆だと仮定した場合、地震がおきるのはそれらの漂着がみつかった浜の近辺ということなのでしょうか

Aベストアンサー

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・
一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が溶けて、深海の海流に異変があるのも事実です。
結局のところ生態系も何も謎に包まれているので何ともいえないのですが、
獲れた近くの人は用心をした方がいいという当然の帰結に落ち着くでしょう。

話は変わりますが、オーストラリアの地質学者が今後50年以内に東アジアで
プレートの異変があると警告しています。
主にヒマラヤの造山運動に関することらしいですが、その過程で中国内陸部に
多くの巨大地震がおこると警告しています。

まあ、世界的に活動期に入ったようで、それを象徴するように巨大地震が
立て続けにおきているのは不気味ですね。

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・
一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が...続きを読む

Q姉歯建築士の設計したマンションが、今年の震度5強の地震に耐えられた理由

今年の夏、東京で最大震度5弱の地震があって、JRもメトロもみんな止まりましたよね。
首都圏一帯、ほぼ震度5弱だったようです。
http://www.shizushin.com/feature/jisin/jisin_kiji/20050724000000000008.htm

私は都心部にいましたが、とっさに爆弾が至近距離に落ちたのかと思ったほどです。

例の偽装マンションのうち、最も弱いものは、「震度5弱の地震でも倒壊する危険あり」と判定されたとのこと。

でも、今年の夏はもう建っていたか建築中だったはずなのに、一棟も倒壊したり壊れたりしていません。
どういう説明がなりたつのでしょうか?

ちなみに、震度5程度の地震は日本全体だと年に100回ぐらいあるそうですが、同じ地域(例えば東京)に限ると、何年に一回ぐらいなのでしょうか?

彼も、地震がおきて自分の偽造がばれるという危険については、考えてみたはずだと思うのですが。。。

Aベストアンサー

まず、世間で言われている震度5弱という地震と現行の建築基準法との因果関係は一切ありません。
震度5弱で倒壊というのは素人目に見てわかりやすい表現なだけで、実際に5弱の地震で建物が倒壊するかどうかなんてことは、地震の種類(加速度の大きさ、速度の大きさ、変位の大きさなどは地震動に因って異なり、さながら、人間の指紋と同じように同一の条件は現実的にありえません。)によって異なります。
世の中の構造の専門家は今の世の中の報道が正確なものだと思っている人は一人もいないと思います。あくまで、素人にわかりやすい余裕を持った表現方法の一つに過ぎないと思われます。

で、現行の基準法は最下階の設計せん断力係数が0.2というのが一般とされ、これは、最下階の地震時の水平加速度が200gal(200cm/sec2)というレベルが標準となっています。
この水平加速度は、震度5弱では80gal~200gal程度とされており、先の地震も水平最大加速度がこの範囲に入っていたため震度5弱と公表されています。で、一般の建物の倒壊のレベルはおよそ1000gal以上(設計せん断力係数で1.0以上)ですので、世間の公表数値を見る限りでは相当耐力に乏しい建物ということは伺えますが、地震という来てみなければわからない自然現象に対してはどこまでが真実をあらわすものかはわかりません。

さらに付け加えると、局大地震の設計せん断力(1.0)に対して各部材は終局強度以内に収まるものとされており、終局強度目いっぱいということはありません。ある程度の余裕のばらつきは入ります。で、さらに云うと、材料強度のばらつきや施工精度、施工誤差などでそれらの余裕が変動し、それでも最低限度の耐震性能が確保されるように構造設計がなされるように規定されています。

つまり、現状建っている建物は、世間で言われる建築基準法の終局強度が最低限の値であってそれのさらに2割増3割増しで余裕があり、地震の性質によっても震度5弱を超える地震が来て初めて現行基準に設定されリレベルを超えることと成ります。

あまり過剰に余裕を持ちすぎると過剰設計といわれますが、生産性、経済性を考えると一番クリティカルに成る部材で最低限の耐震性能が担保されはするものの、他の部材は余裕を持たせ、部材の形状をそろえた合理的な形で建物は存在することになります。

いろいろ書きましたが、震度5弱の地震で倒壊する危険性はあるものの震度5弱の地震で倒れると断言はしていませんので、怪しい建物が倒れなかった現実と矛盾はしません。

ちなみに、震度5強程度の地震は100年に1回有るかないか程度の頻度となります。

同業者としては、正直なところ、ありえないことを彼はしたと思います。構造設計の道に踏み込んで今に至るまでに、良い上司、良い先輩にめぐり合えなかったのかと不憫でなりません。
(構造計算という技術を身に付ける以前に構造設計者のモラルや思想を身に染み込ませ、その精神にだけは忠実に生きるののが、構造設計者を生業とする者に他ならないはずだからです。その道を外れたらこの仕事は出来ない、そういう世界なはずなのに。。。)

まず、世間で言われている震度5弱という地震と現行の建築基準法との因果関係は一切ありません。
震度5弱で倒壊というのは素人目に見てわかりやすい表現なだけで、実際に5弱の地震で建物が倒壊するかどうかなんてことは、地震の種類(加速度の大きさ、速度の大きさ、変位の大きさなどは地震動に因って異なり、さながら、人間の指紋と同じように同一の条件は現実的にありえません。)によって異なります。
世の中の構造の専門家は今の世の中の報道が正確なものだと思っている人は一人もいないと思います。あくまで...続きを読む

Q近畿地方に大地震の前兆現象!?

先日、夕方のニュース番組で、近畿各地に地下水の異常現象があり、これは大地震の前兆現象の可能性があるという特集がありました。もし、これが本当に前兆現象だとしたら、もうすぐ近畿地方に大地震があるということでしょうか??

Aベストアンサー

前兆の可能性はありますが、前兆でない単なる地下水の変化という可能性も高いです。

現在地震学では、観測可能な前兆現象として前駆スリップが挙げられています。これはGPS、傾斜計、歪計などで観測されます。(ただし大地震の前に必ず観測されるとは限りません)
地下水とかラドン濃度はこうした前駆スリップから生じる二次的な現象であり、かつ観測精度やノイズの大きさなどもあり、これらから前兆現象と断じるのはかなり難しいと言われています。

プレート型大地震の前には道後温泉などの温泉や井戸の水位が急激に下がる現象は広く知られています。ただしここでも注意すべきは、
大地震が起こった→その前に水位変化がある(ほぼ必ず当てはまる)
水位変化があった→大地震が起こる(必ずしもそうとは限らない)
と言うことです。

Q湿気に強い、強風に強い、地震に強い家

もう、いくつかHMさんの候補は決まっているのですが、気になることがあり質問しました。

当方の地域の気候は

冬は、雪は降らないが霜は降りる。気温はマイナスにはなりませんが、当方非常に寒がりなので、部屋の温度は23度くらいにしてます。
夏は、気温は30~36度、湿度は今のアパートで70~80%くらいです。毎年、家具にカビが生えます。
強い風が吹き、突風や、竜巻も発生し、黄砂も飛んできます。
東海地震(東南海地震?)が発生する地域です。

こんな感じなのですが、オススメの工法やHMさんはどこでしょうか?

大工や工務店は考えておりません。
理由は、私が入院してしまうかもしれず、工務店だと、大変な作業になりそうなのと、うちの隣の地元でちょっと大きな工務店の倒産から家族がバラバラになる様子を見てきてしまったため、とても不安があります。

入院前には決めたいので、今月中には契約します。
土地はあります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

軽量鉄骨の場合、鉄は非常に熱を伝えやすく熱橋になりますので断熱性能の確保、また、地震力を柔でこなしますが、この時に気密シートが破けずに追従、地震後も気密維持出来るかといった、気密性能維持に注意した方が良いかと思います。

>私が第一候補に挙げているHMさんのかべは、内側から、石膏ボード12.5ミリ・防湿シート?ミリ・グラスウール100ミリ・通気層・外壁16ミリとなっておりました。

断熱材を性能の良いものにする(グラスウール10k→高性能グラスウール16k)、ぎりぎりまで厚みを上げるなどの変更を強くお勧めします(壁、床、天井、土間)。
次世代省エネ基準程度では、省エネにならないだけでなく、寒い家になってしまいます。
断熱材の変更は、わずかな部材コストのアップだけで、冷暖房コスト削減の大きな効果が見込め、すぐに元を回収出来るだけでなく、快適な住環境につながります。

>全館空調には惹かれてますが、場所をとりますか?そこが気になります。また、予算が足らず、そこまで手配できなさそうです。

非暖房室を設けることは、結露の原因となりますし、ヒートショックを引き起こすこともあります。また、寒い部屋は使えないため、家を狭くしてでも、全室暖房を考えることをお勧めします。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/368
http://blog.smatch.jp/dannetu/category_5/
http://plaza.rakuten.co.jp/kitam/diary/200801270000/
http://plaza.rakuten.co.jp/kitam/diary/200801300000/
今やQ1住宅や無暖房住宅などの超高断熱住宅も出てきています。あと10年もすれば、日本でも全室が寒く無い家というのが当たり前となるのではないでしょうか。

全館空調の室内機は、通常、小屋裏空間に設置されますので、必要なのは、ダクトスペースです(当方はメインテナンス重視で1F床置きしています)。
HMによっては、半額割引も行っていたりしますし、NEDOの助成金なども調べてみると良いでしょう。
また、高気密・高断熱とすると、間取りにより、エアコン2台程度でも全室暖房は可能となりますので、そういった工夫もあるかと思います。
ちなみに、高気密・高断熱での全館暖房で最も快適なのはパネルヒーターです。全館空調の冷房は文句ありませんが、暖房はパネルヒーターの輻射熱の心地よさと比べると70点といったところでしょうか(それでも春・秋より、全館空調を使用している夏・冬の室内の方が快適かも)。

なお、木造の場合、材だけで耐久性が決まるものではありません。
ヒバ・ヒノキの辺部より加圧注入土台の方が耐久性は上です。一般的にHMでは、土台に加圧注入材を使用しており耐久性は確保されていますので、材にこだわる必要はないでしょう。
http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-2/se-0202.htm
http://www.ehimewoodpage.com/manual/C012.htm
http://www.ml3.jp/acq/boufu_syori_1.htm

ヒバ・ヒノキでもシロアリに対しての対策にはならないのです。
http://www.sinfonia.or.jp/~isoptera/myhtm/question.htm#hinoki
http://www.sinfonia.or.jp/~isoptera/index.htm

シロアリに対しては、土壌の薬剤処理以外では、物理バリアとなるターミメッシュというステンレスメッシュシートをベタ基礎に施工が相当有効だと考えます。
http://www.termimesh.co.jp/termimesh/point6-2.html
当方採用しましたが、5年おきの薬剤散布費用を考えると簡単に元はとれることでしょう。
(自分でターミメッシュジャパンにコンタクトをとり、その後、ビルダーとやり取りしてもらう必要があります)

軽量鉄骨の場合、鉄は非常に熱を伝えやすく熱橋になりますので断熱性能の確保、また、地震力を柔でこなしますが、この時に気密シートが破けずに追従、地震後も気密維持出来るかといった、気密性能維持に注意した方が良いかと思います。

>私が第一候補に挙げているHMさんのかべは、内側から、石膏ボード12.5ミリ・防湿シート?ミリ・グラスウール100ミリ・通気層・外壁16ミリとなっておりました。

断熱材を性能の良いものにする(グラスウール10k→高性能グラスウール16k)、ぎりぎりまで厚みを上...続きを読む

Q最近関東で地震が相次いで起きてますが、 大地震の前兆でしょうか?

最近関東で地震が相次いで起きてますが、
大地震の前兆でしょうか?

Aベストアンサー

前兆とも言えるし前兆では無いとも言えます。
今の地震学では判らないと言う所であって、実際に想定している規模に近い首都直下地震が起きた後に事後検証で
前兆だったとか前兆ではなかったとかと言う事に為るでしょう。
今起きて居る震源と実際に大きな地震が起きた地震の震源などによっても見解が違ってきますからね。
一つ言えるのはいつ起きても不思議では無いと言う事で有り、この回答を読んでいる最中に起きるかも知れませんし
1年後かも10年後かも知れません。
今出来るのはいつ起きても対処出来る様に準備はしっかりと行っておく事です。

Q室内の壁の種類について質問です。触るとざらざらしていて、ピカピカ光る粉を含んだ壁の名前を教えてく

室内の壁の種類について質問です。触るとざらざらしていて、ピカピカ光る粉を含んだ壁の名前を教えてください。

Aベストアンサー

古い建物なら繊維壁でしょうか。
最近は漆喰や珪藻土が主で、無いと思います。

Q地震、津波は、2012年の前兆的現象でしょうか。

地震、津波は、2012年の前兆的現象でしょうか。

Aベストアンサー

 前兆とか予兆とか、自然のサイクルとか周期とか
全て人間の尺度であって、地球規模の災害について人間には
まるっきり関連が無い訳です、結果は別として。
 例えれば、休火山や死火山は人間の幻想、それは人間の
尺度に過ぎない話です。
 地球規模の尺度を測れないのに、なんで2012年なんですか、
現代の人間がなぜそれを気にしなくてはいけないんですか?
 あなたは2012年に何があると思うのですか、
私は確実に2歳年を取るだけです。10歳若返りたい。

Q室内の部屋のひび割れ

2003年に新築で入居した総130戸ほどのマンションにすんでいます。
そちらの部屋の1室のクロスとその下のボード?に縦にまっすぐ50センチほど、ひび割れがあります。窓枠の下の角から下に向かっています。
その壁はマンションの共用廊下に面した壁になります。
気づいたのは1~2年前なのですが、不安が大きくなってきました。

管理人に聞いたところ、他の住民でそのような事になっているのは聞いた事がないそうで、一度このマンションえお建てたところに聞いてみたほうがいいといわれました。

マンションの強度的に問題があると不安なので、見てもらいたいのですが、自分の会社が建てたマンションが危ないですとは言わないだろうなと思います。
また我が家だけ何故、そのような事になったのか不安です。

このような事はよくある事でしょうか?
築8年ほどたっていると、このひび割れを無償で直してはいただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ひび割れているところは、石膏ボードの継ぎ目です。
石膏ボードの下地の材木が、湿度で伸び縮みした時に石膏ボードと石膏ボードの隙間が開いたり閉じたりします。
その時に表面に貼られているクロスが破れます。

その場所の修理はクロスの張り替えだけです。
同じクロスがないために、部屋の壁全体の張り替えになります。

この修理は、1年か2年の補償です、8年たっていればお金は払う必要があります。
マンションの強度とはなんの関係もありません、ほっておいても大丈夫です。

将来部屋の模様替えをするときクロスを張り替えてください。

Q初投稿です。 ホントに怖いです。。 僕は地震の前兆とか予言を信じてしまいます。 先日、メガマウスとい

初投稿です。

ホントに怖いです。。

僕は地震の前兆とか予言を信じてしまいます。

先日、メガマウスというサメが捕獲されました。

メガマウスが捕獲されると大地震が起こるってネットに書いてありました。

それがものすごく怖いです。ホントに起こったらどうしようなど考えてしまいます。

みなさんは、地震の前兆や予言など信じますか?

それと、予言などを信じてしまうせいか分かりませんが、精神疾患を持っています。

この精神疾患がちょっとでも楽になる方法もありましたら、アドバイスよろしくお願い申し上げます。

長文失礼致しました。

Aベストアンサー

メガマウスが捕獲されるとなぜ大地震が起こるのでしょう?
じゃあ捕獲しなかったら絶対地震は起こらないってこと?
海の中を泳いでいる数億の魚の中のたった一種の捕獲が、地震という自然現象とどうつながっているのか教えてほしいです。
メガマウスならどの個体でも地震が起こるの?そうでないなら起こる個体と起こらない個体の差は?
ミツクリザメを捕獲したら何が起こるの?シュモクザメは?

たいていの予言は「必ず起こること」と「日常にあること」をさも関係あるかのように結びつけているだけです。その証拠に、範囲も時期も限定していない。
「ハミガキをすれば火事が起こる」←こんな風にもっともらしく書いても予言になるのです。あなたのように考える前に信じてしまう人がいるから。

>ホントに起こったらどうしようなど考えてしまいます。
みんなそう考えてますよ。逆に、この先日本列島に絶対地震が起きないなんて考えている人はいないでしょう。みな「どうしよう」と考えて、次にそのための「行動」を起こしています。
地震が起こるという予言を信じて、対策を何も練っていないならアタマがどうかしているとしか言いようがありません。
対策を十分にしているならそれ以上心配する必要がありません。
重要なのは、予言→怖い→誰か何とかして!となるのではなく、予言→怖い→安全率を上げ恐怖心をおさえるために行動しよう となることです。

精神疾患を楽にする方法はお医者さんが知っています。だいたい病院というところにいるので落ち着いた気分のときにでも一度行ってみてください。

メガマウスが捕獲されるとなぜ大地震が起こるのでしょう?
じゃあ捕獲しなかったら絶対地震は起こらないってこと?
海の中を泳いでいる数億の魚の中のたった一種の捕獲が、地震という自然現象とどうつながっているのか教えてほしいです。
メガマウスならどの個体でも地震が起こるの?そうでないなら起こる個体と起こらない個体の差は?
ミツクリザメを捕獲したら何が起こるの?シュモクザメは?

たいていの予言は「必ず起こること」と「日常にあること」をさも関係あるかのように結びつけているだけです。その証...続きを読む

Q壁量?壁倍率?地震係数?

お世話になります。
『壁倍率・存在壁量・風圧係数・地震係数・必用壁量・充足率』
建築する際に使うものなのでしょうが、全く意味が分かりません。
タイトルに書きましたがどのような意味なのでしょうか?
この数値が基準より高ければ高いほど、構造的に安全だと考えれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.megasoft.co.jp/3d/kozou/index.html
基本的な考え方は、ここの「第1話」を読んでみてはどうでしょうか?

http://www.ads-network.co.jp/seinou/se-5/jiku/se-j-02.htm
少し専門的になりますが、実際の設計ではこんな感じです。

存在壁量÷必要壁量=充足率です。基本的には高ければ高いほど安全でしょうが、基準法の考え方というのは最低限、ぐしゃっと潰れて押しつぶされたり、脱出出来なくなったりを防ぐという考え方ですので、阪神淡路クラスの地震だと、「人は助かるけど、家の再使用は無理かも」という程度は容認しています。壁だけ強くしても、地盤、基礎、内外の仕上材や屋根なども損傷を受けますので、基準より高くしたから大地震にも無傷でいられるとは限りません。基準を満たした上できちんと施工されていれば、それ以上余り心配されくても大丈夫だと思います。


人気Q&Aランキング