自分の敬語での文章が合っていないのではないかと、思っているのですが・・・

指示のあったものに対して、自分が作製して、それをみていただくという形です。
文章でのやり取りで、相手は教授ということでお願いします。

以下の文章をどう直せばいいのでしょうか?


「いつもお世話になっております。
指示のありました○○を作製いたしましたので、よろしくお願い致します。」

A 回答 (4件)

いつもお世話になっております。


ご指示を頂いておりました○○を作成致しました。
ご多忙中のところを誠に恐れ入りますが、
ご確認くださいますようお願い申し上げます。
    • good
    • 0

 


病理の診断をしていただくのなら「診断をお願いします」とする
「よろしく」を書きたいなら「診断をよろしくお願いします」と書く
  
    • good
    • 0

「いつもお世話になっております。

指示のあった〇〇を作製いたしましたので、よろしくお願い致します。」
この文章を教授相手に敬語に直すなら
「お忙しいところ、誠にお手数をお掛け致しまして申し訳ございませんが、先日ご指示頂きました〇〇が出来上がりましたので、ご評価を頂けませんでしょうか。」と、あくまでも『依頼する』気持ちが大切です。
要するに、敬語を用いる以前に教授の手を煩わすのですから「申し訳ございません、お忙しいところ誠にお手数をお掛け致します。」または「恐れ入ります、大変お忙しいところお手数をお掛け致します。」のような謙虚な態度を言葉で示すのが敬語です。
    • good
    • 0

 


ご指示の○○を作成しましたので確認をお願いします。

「よろしくお願い致します」何がよろしくなのか、あいまいな表現は止めよう。
 

この回答への補足

ものを作るので作製として。

教授が診断の補助として、追加で標本をほしいと言われます。
病理の診断をしていただくので、診断してもらうことに対しての よろしく
になるのですが、どうなのでしょうか?

補足日時:2011/04/12 21:30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Q目上の人(敬語を使うべき人)から目上の人への指示を

目上の人(敬語を使うべき人)から目上の人への指示を中間にいる自分が述べる場合、どんな風に敬語を使うのでしょうか?

尊敬語+謙譲語?
例も一緒にお願いします。

Aベストアンサー

二人の上司が絡む場合、一応3つほどの考え方があるようです。

1.自分(課長)にとって立てるべき相手(部長)であっても、話す相手(社長)にとって立てる必要がなければ敬語表現は不要、という考え方。
(ex)
社長に対して「部長がこのように申していました」

2.話す相手(社長)にとって立てる必要はないが、自分(課長)にとって立てるべき相手(部長)を立てることによって話す相手(社長)を結果的に立てることになるので敬語表現すべき、という考え方。
(ex)
社長に対して「部長がこのようにおっしゃっていました」

3.
2のように敬語表現をする場合でも、あまり大げさにならない程度の敬語を使うべき、という考え方。
これは1と2の中間的考え方になると思います。
(ex)
社長に対して「部長がこのように言われていました」

個人的には、3の考え方が一番なじみます。
その場の状況によっては、「部長がこのようにおっしゃっておりました」などでも良いと思います。
ご質問の「尊敬語+謙譲語?」が、どのようなシチュエーションを想定していらっしゃるのかわかりませんが、たとえば、部長に対する指示を課長であるわたしが社長から受けた、といったような場合でしょうか。
社長に対して言う場合には、
「おっしゃったことを部長にお伝えいたします」
などと表現できるでしょう。
この場合、
お伝えー謙譲語I。
いたすー丁重語(謙譲語II)。
ということになります。
もう少し状況を教えていただくと他の例をお示しできるかもしれません。
  

二人の上司が絡む場合、一応3つほどの考え方があるようです。

1.自分(課長)にとって立てるべき相手(部長)であっても、話す相手(社長)にとって立てる必要がなければ敬語表現は不要、という考え方。
(ex)
社長に対して「部長がこのように申していました」

2.話す相手(社長)にとって立てる必要はないが、自分(課長)にとって立てるべき相手(部長)を立てることによって話す相手(社長)を結果的に立てることになるので敬語表現すべき、という考え方。
(ex)
社長に対して「部長がこのようにおっしゃ...続きを読む

Q単元指導計画と学習指導案の違い

導入・展開・まとめがあるのは学習指導案でしょうか?
単元指導と学習指導の違いがそもそも分かりません。
教育実習にたくさん書くには学習指導案でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにするということも多々あります。

このようなコンパクトな指導案を「略案(りゃくあん)」と言います。

略案の学習過程を「導入・展開・まとめ」と区切る学校も多いと思いますが、その形にこだわらない学校もあります。

教育実習は、指導の基本を一通り勉強する必要がありますから、「単元指導計画」を含む「細案」を書かされることが多いと思います。

通常は、実習の初日に教務主任や研修主任または指導教官からその学校の形式が示されると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%B0%8E%E6%A1%88

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにすると...続きを読む

Q敬語を使った文章に自信がありません。一文添削をおね

相手は目上の先生です。

「先日講堂でお話された際、12月までに良く考えてくださいとおっしゃっていらっしゃったので、やはり12月まで考えさせてください。」

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

講堂での話が先生から多数に対する講演形式だったのか、先生とあなたの対話だったのかで多少異なると思います。

・講演の場合:
「先日講堂でお話しされた際、12月までに良く考えてくださいとおっしゃっていたので、やはり12月まで考えさせてください。」

「おっしゃる」は敬語なので、この部分にさらに「いらっしゃる」と敬語を使うと二重敬語になり不適切です。

・対話の場合:
「先日講堂でお話しした際、12月までに良く考えるようおっしゃったので、やはり12月まで考えさせてください。」

対話の場合、「お話しされた」は一方的で変です。
「考えてください」という自分への敬語をなるべく避け、間接話法で述べた方が自然ではないでしょうか。
(「ください」は尊敬語ではなく丁寧語なので、絶対にこうしなければならないというわけではありませんが、実際、自分への丁寧語を自分で反復することはあまりありません。講演の場合は、聴衆が全員先生の目下か、先生の目上もいるかで区別したほうが良いでしょう。)

より丁寧にするには、「考えさせてください」という命令形(丁寧語ではあるが命令形)ではなく、「考えさせていただけませんでしょうか」等と疑問形にします。

講堂での話が先生から多数に対する講演形式だったのか、先生とあなたの対話だったのかで多少異なると思います。

・講演の場合:
「先日講堂でお話しされた際、12月までに良く考えてくださいとおっしゃっていたので、やはり12月まで考えさせてください。」

「おっしゃる」は敬語なので、この部分にさらに「いらっしゃる」と敬語を使うと二重敬語になり不適切です。

・対話の場合:
「先日講堂でお話しした際、12月までに良く考えるようおっしゃったので、やはり12月まで考えさせてください。」

対話の...続きを読む

Q教育実習で、研究授業の指導案を間違えてしまったとき

明日、研究授業があります。昨日指導案を作成し、全員の先生の机に配布しました。昨日の時点で指導教諭と何度も見直しをしたのですが、今日、指導案に間違いを発見してしまいました。

研究授業の指導案を既に先生方に配布した後に間違いが見つかった場合、どうすればよいのでしょうか?もう一度回収し、修正すべきですか?ただ、明日の1時間目に研究授業なので、回収し修正するとしたら明日の朝になります。それに、回収できない先生もいるかもしれません。

どなたか経験のある方お願いいたします。

Aベストアンサー

 間違いの種類にもよると思うのですが、以下のように考えてはどうでしょうか。
(1)展開上の問題ならば、あくまでも「指導案」は「案=プラン」ですから、授業中に変更してはいけないということはありません。授業の展開はむしろ、児童・生徒の応答に応じて変更し、臨機応変に対応することが望ましいと考えます。指導案通り授業が進めば、それはそれで素晴らしい授業ですが、指導案を金科玉条の如く固定的に捉えるのは如何なものかと思います。
(2)誤植、明らかな誤りの場合は、できれば訂正版を配布した方がよいと思います。その場合、回収するのが困難であればせず、破棄してもらうよう依頼し、新しいものを「訂正版」として全職員に配布すればよいと考えます。明日は指導教官にお願いして早めに出勤して、印刷をする位の態度は必要だと思います。そのくらいのことは、指導教諭ならばOKしてくれると思いますよ。
とにかく、明日の研究授業自信をもって頑張ってください。

Q教育目的の自分のHPで固い文章を柔らかい文章に直して載せた場合について

多くの人に読んでもらいたい論文があったとします。
しかし、その文章は大学生向けにかかれた文章でかなり読む人を選ぶものであった場合、高校生や中学生。
または、専攻している分野が違う人たちにも是非読んでもらいたく思い、その論文を、自分なりの言葉に直し硬い文章を柔らかく、読みやすいものに表現を変えたとしても、主張している内容と、それを支えている根拠が同じであるならば、それを自分のHPやブログなどに載せるのは営利目的でなくても盗作ということになってしまうのでしょうか。

ちなみにその論文は市販されている論文集です。

Aベストアンサー

「その論文を、自分なりの言葉に直し硬い文章を柔らかく、読みやすいものに表現を変え」ることは、著作権法では「翻案」と呼ばれるそうです。著作権法第43条第3項によると、翻案は、要約のばあいにかぎり許可されます。なので、論文を全体的に言い換えるだけでは、法上では著作権法違反であるようです。(私は法には詳しくありません。)

論文集であれば、寄稿者の所属が書いてあるページがあると思います。専門の学術雑誌でないかぎり、電話番号やメールアドレスまで載っていることは期待できないので、そのページの情報から当該著者の所属している機関のウェブサイトを探し、著者の連絡先を調べます。

また、論文集ということは、先だって学術雑誌に発表したものの転載でしょうか。もしそうなら、雑誌によっては、著者でなく雑誌を編纂している学会が著作権をもっている場合があります。

Q新任の先生も指導案を全部作るのですか?

ご回答者さま こんばんわ。

タイトルの件について、質問をさせてください。

現在、小学校教員を目指しております。

試験に合格し教壇に立った場合、
いきなり全教科、全コマ数の指導案を作成するのでしょうか。

それとも、指導案は予め用意されており、
数年の経験を経て自作の指導案を作成するのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

これは、通常週末に管理職に提出します。その時、新卒の人はそれなりに細かく見られ、「指導」が入るものです。

指導案は、人に公開する授業の場合に書きます。通常ですと、研究授業ですとか公開授業(学校公開=授業参観も含む)くらいしか書く機会はありませんが、新卒の場合ですと、初任研がありますから、人に授業を公開する機会は年に数回あります。その都度授業案は必要となりますから、ベテランよりは書く機会は多くなるでしょう。

日常の授業自体は、通常、教科書の他に教師用指導書、赤本(教科書に赤字でポイントが書いてある本)を使って「教材研究」をした上でノートや先ほどの週案簿にメモ書きをする程度の場合が多いですね。

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

こ...続きを読む

Q敬語で、質問する時に書く文章を教えてください。

こんにちは、

私は、現在質問する時に、

「皆様にご相談があります。」という一文を入れてから質問をしていました。

 実はこれは、誰だか憶えていないのですが、誰かの質問文を真似たものなのです。

 私の場合人生相談カテゴリーではなくて、学問&教育カテゴリーで質問したい事があるのですが、良い言葉が思い浮かびません。

 それとも、どのカテゴリーでも、「皆様にご相談があります。」の文章から始めておかしく無いでしょうか?

 なんだか、良い一文が思い浮かびません。

 ご教示ください。

Aベストアンサー

学問&教育カテゴリで、最近、頻繁に回答している者です。

「皆様にご相談があります。」という枕詞は、
教育問題、学習方法など、限定された種類の質問にのみに使われるべきと思います。
つまり、学問の内容についての質問で、その枕詞があるとすれば、違和感があります。

学問の内容についての質問ならば、
「よろしければ、教えてください」
「よろしければ、ご教示くださいませ」
などで書き始めるのがよいのではないかと思います。

しかし、まあ、そのような丁重な書き方をしている質問は滅多に見かけませんので、
あなたもあまり気にしなくても良いのではないかと思います。
それよりも、お礼欄のほうが大事かも。

なお、
文末に
「以上です。よろしくお願いいたします。」
と書くのは良いと思います。

Q学習指導案の書き方

私は来月、英語科の教育実習にいくのですが、学習指導案の書き方、何を、どう書けばよいのかが、よくわからなくて困っています。大学では指導案の書き方の指導がなく、本や参考書を読んでもいまいちわかりません。実際に自分で書いてみましたが、独善的な気がします。例えば、単元の目標等はあらかじめ設定されているのでしょうか。それとも、自分で設定して決めるものなのでしょうか?わからないことが多くて困っています。

Aベストアンサー

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生徒は』とはつけなくていいです。

それから『学習過程』。ここでは1時間の授業で実際なにをするか、時間のわりふりも含め、表で書きます。
表の項目は、『学習内容(先週までの復習・Lesson5・等小タイトルを書く)』、『学習活動(生徒が具体的に何をするか、生徒主語で書く)』、そして『支援と評価』ここでは考えられる支援と評価を具体的に書きます。たとえば英語だったら『朗読させ、よく読めた生徒をほめる』『文法が飲み込めていない生徒には、このようにアドバイスする』などです。これを授業の『導入』『展開』『まとめ』に区切って、わりふっていきます。

長くなってしまいましたね。さらに、分かりにくいかも・・・。この指導案はあらかじめ作っていかなくてはならないものなのでしょうか? 研修をしてから作っていいものであれば、教習先の担任の先生に相談してもいいかと思います。

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生...続きを読む

Q敬語についてです<文章が長いですがお許しください>

敬語についてです<文章が長いですがお許しください>

高校一年の男子です。敬語についての質問です。自分としては自分より目上の者に対しては敬語を使うようにしています。しかし、学校で周りの人たちは先生や先輩に敬語を使っている人が少ないような気がします。先輩にも敬語を使うようにしていますが正直1・2歳しか年が離れていないのに先輩に敬語を使うのが馬鹿らしく感じてしまうこともたまにあります。

少し話が変わりますが僕は後輩が大好きです。なので中学校にる後輩の男子とメールや電話、実際に会って良く話をする機会があります。自分が先輩と話をしているときは敬語で話をしていますが、後輩と話すときは相手がため口で話をしてきても全く気になりません。むしろため口の方がいい気がします。後輩の中には敬語で話してくれる後輩とため口で話してくれる後輩がいます。敬語を使ってくれている人には「敬語じゃなくて良いよ」といった事もありますが変わらず敬語で話をしてくれます。
正直、後輩とは後輩と思いなくないという部分がります。敬語ではなくため口の方が同級生のようにより仲良くなれている気がするという事もありますが。
実際に僕の通っている塾の講師の先生からも「敬語じゃなくて良いよ」よ言われた事がありますが敬語で話をしています。

高校生でも先輩、先生に敬語を使った方が良いのでしょうか。

学校の先生、塾の先生などから回答を頂けると嬉しいです。

敬語についてです<文章が長いですがお許しください>

高校一年の男子です。敬語についての質問です。自分としては自分より目上の者に対しては敬語を使うようにしています。しかし、学校で周りの人たちは先生や先輩に敬語を使っている人が少ないような気がします。先輩にも敬語を使うようにしていますが正直1・2歳しか年が離れていないのに先輩に敬語を使うのが馬鹿らしく感じてしまうこともたまにあります。

少し話が変わりますが僕は後輩が大好きです。なので中学校にる後輩の男子とメールや電話、実際に会っ...続きを読む

Aベストアンサー

 敬語をいつ使うかにルールはありません。好きなときに使って下さい。

 ただ、社会人になれば、きちんとした敬語は大きな武器になります。言葉によって人の印象は大きく変わります。人とかかわる仕事ならば、断然違うでしょう。
 しかし、「いままでは適当にやってきたけど、今日から敬語をきちんと使おう」とは、簡単にいかないと思います。特に口頭では難しいと思います。慣れが必要です。

 敬語をいつ使うかにおいて、自分が相手をどう思うかは関係ありません。相手に自分をどう見せたいかが問題です。話し方がぞんざいで多少損をしてもいいというなら、敬語のような面倒な言葉を使う必要はありません。ただし、言葉のために仕事や恋愛がうまくいかなくても、それは仕方がありません。なぜなら、自分の言葉に責任を持つのは当然のことだからです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報