this is the way it is(こういうふうだ/こうだ)
このセンテンスが、日本語で上記の意味になるというのがどうも腑に落ちません。
特にit isが最後についているのが変な感じがしてしまうんです。
なんだか、しつこいというか、「こうだ」が英語にするとなぜisが何回も出てくるのか。

こう:"this way"
~だ:"is" "~"
→こうだ:"is" "this way"
これがなぜthis is the way it isになるんですか?

it isをつけないで、this is the wayとしたのでは
「こうだ」とは意味が違ってくるんですか?

先輩、教えて下さい、おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No1さんの回答に補足です。



前後の文を見てないので,正確なことは言えません。

しかし,質問だけからは,二通りの解釈ができます。

(1)
it is.
には,it が.以下をさす場合もあるのです。

これから言うこと(やり方や状態),(.)以下のことを指して,
言い出した言葉では?

例えば,

this is the way it is. Be silent!

それは,こういうことだな。黙ってろ!
(おれに黙ってろ,という意味だな)

強調や捨てゼリフになります。

(2)
もうひとつは,
it is
が,ありのまま,そのままの状態を指す場合使われる,ということです。

I look at the situation as it is.

その状況を,解釈抜きで,そのまんまの状態で,それを見る
(今の原発事故みたい・・)
と言った感じで使います。

こちらは,No1さん回答と同じですね。

(1)(2)から,itが前後どちらの状況を指すかによって,意味が異なることがわかります。

この回答への補足

どうもです。
なるほど、必ずしもその時の状態を指すわけでもないんですねえ。

(1)
わたし「This is the way it is.」
Earthquake「What is the way?」
わたし「Be silent.」

(2)
Iguchi_Y氏「Look at the situation as it is.」
わたし「TEPCO seem to hide something...」

こんな感じで理解しました。
OKですよね?

補足日時:2011/04/17 00:31
    • good
    • 0

This is the way. だと、前に何かのやり方が書いてあって、


「これが(その)やり方だ」
何のやり方かは、さらにその前に出ている。

This is the way it is. というのは
it で表される状況があって、
(仮に今の状況としておきます。)

the way S is で「S がそうある状態、具合」

結局、「これが、今の状況がそうある状態だ」

日本語は主語がなくてもいい言語なので
「こういうふうだ」ですみます。

この回答への補足

どうもです。
なるほど、こういう理解でOKですか?

わたし「This is the way.」
アンドリュー「What is the way??」
わたし「This is the way "it is".」
アンドリュー「Oh,it is the way!I see.」

このような感じでしょうか。

補足日時:2011/04/16 12:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qin what+S+Vの表現について

in what S+Vという表現がよくわかりませんので質問します。Daily Yomiuriの過去の記事からです。

A man and his two sons were found dead Tuesday in their house in Nemuro, eastern Hokkaido, in what police suspect was a murder-suicide.

このin whatの部分には本来ならwhichが来て前の文全体を先行詞として受けると思いますが、なぜinがあるのかわからないのです。またwhatの方もたいていの場合what=the thing whichと置き換えれば意味が通じるのですがin the thing whichとしても意味が通らずよくわかりません。
この表現は他にも何度か見ましたのでたぶんよく使われる表現なのだと思いますが、それだけに気になります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 in a case which (the) police suspect was a murder-suicide ということだと思います。
 police は複数扱いで suspect という動詞には s はついていません。複合関係詞節の形になっていて,「警察が無理心中だと怪しんでいる事件において」という感じだと思います。
 murder-suicide と断定してしまうのでなく,警察が嫌疑をかけている段階なのでしょう。
 what に含まれる先行詞を the thing だと固定して考えると,意味が通じない場合があります。

Q[no]と[not]の違いを教えてください。

NHKテレビ英会話講座より
There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?
(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?
(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

初心者です。愚問ですが、よろしくお願いいたします。  以上

Aベストアンサー

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

thanks は名詞ですから、notと言う副詞を使えません。

(質問3)noとnotを間違いなく使いこなしたいのです。どなたか易しくご指導お願いいたします。

基本的に、no は、not よりも強い否定を表します。これは、副詞と言う動詞に依存する表現よりも、名詞に依存する形容詞のほうが、印象が強いからでしょう。名詞と動詞を比べれば、名詞のほうが、ちゃんと存在すると言う意味で具体的であり、はっきりしていますから。また、動詞は、時制も表現していて、そのときそのときと言う制限がありますが、名詞は、時を超越しています。

これから、次のようなことが言えます。

He is not a fool. 彼は馬鹿じゃないよ。普通の人間さ。

He is no fool.彼が馬鹿だなんてとんでもない。実際は賢いんだ。


He does not have any friends.「友達がいない。だけど、他の場所や今後は友人が出来るかもね。」

He has no friends.「友人なんている分けない。それだけ孤立しているんだ。」

のような意味の違いが生まれます。

notは副詞です。ですから、動詞や助動詞、形容詞を否定します。noは形容詞ですから名詞につきます。

There's no getting around housework.
どう見ても家事をするのは避けられないようだ。

(質問1)noをnotに置き換えた場合、意味上、文法上どんな間違いが指摘されますか?

getting around は、ここでは名詞として使われています。There is a pen. のa pen と同じ形ですから。
そのため、notを置くことは出来ません。

(質問2)No thanksとは言うが、Not thanksとは言いません。何故でしょうか?

th...続きを読む

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

Q「There is ~」 と 「Here is ~」の違い

「There is ~」と「Here is ~」は同じなのでしょうか?調べてみたものの,その違いが分かりません。。。もし,両者の使い方が違うのであれば知りたいので,回答いただけるととても助かります。

Aベストアンサー

参考になるかどうか分かりませんが、
私は最初There is しか知りませんでした。例えばテーブルの上に本がありますは、There is a book on the table.
のように、~がありますといった場合は、全てThere isで通していました。ところが先日ネイティブにそれはHere is だよと直されました。つまり、目の前にテーブルがある場合はHere is a book on the table.となります。hereはここ。この意味がそのまま反映されるようです。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Q「come on in」と「 come in」の違いは何ですか?

すみませんが質問させていただきます。
非常にささいなことだと思うのですが
「come on in」と「come in」は何かニュアンスが違うのでしょうか?
もし何か違いがあれば教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このカテで「フィーリングを大事にしろ」と言っているものです。

つまり、日本語の訳をそのまま覚えるのではなく、挿入されたonの持つフィーリングを感じることによって、この表現を覚えやすくもしていると思いますよ。

つまり、続ける、と言うフィーリングをもったこのONによって、よくいらっしゃいました(と言いながら、玄関やドアのところまで来たことを感じているわけですね)と言って、そこでとまらないで「続けて来てください、中に(IN)」と言う感じですね。

そんなところでとまらないで、と言うフィーリング、日本語の「さあ」と言う表現で現れているわけです。 玄関じゃなんですから、と言う表現もしますね。

ですから、「さあ」と言うフィーリング表現も「そんなところにいないで」と言うフィーリング表現もこのCome on inは出てくるわけです。

英語も日本語も結局同じ人間が使う言葉である限り、相手を思う気持ちは何らかの形で同じように出しているわけです。

come inはただ、入ってください、と言う表現になり、come on inは催促すると言う感じの表現で、「どうぞ、どうぞ、入ってください」と言う表現としても訳せることになるわけです。

さあ、友達が来たときにどっちを使いたいですか? 招いていると言うフィーリングを感じてもらいたいですよね。 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このカテで「フィーリングを大事にしろ」と言っているものです。

つまり、日本語の訳をそのまま覚えるのではなく、挿入されたonの持つフィーリングを感じることによって、この表現を覚えやすくもしていると思いますよ。

つまり、続ける、と言うフィーリングをもったこのONによって、よくいらっしゃいました(と言いながら、玄関やドアのところまで来たことを感じているわけですね)と言って、そこでとまらないで「続けて来てください、中...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む

Qcould+have+p.pについて

could+have+p.pについての質問です。
これは2つの意味があると思いますが・・・
(1)実現されなかった過去の能力・可能
「(やろうと思えば)出来た」・・・この場合のcouldは「能力・可能」のcanの過去形だと思いますが、
(2)過去の出来事の可能性についての推量
「(おそらく)~だっただろう・かもしれない」・・・このcouldは「理論的可能性」のcanの過去形でしょうか?
もしそうだとすると実現されたものだから「理論的」な可能性ではなくなってしまうと思うのです。

Aベストアンサー

こんにちは!

(1)実現されなかった過去の能力・可能
「(やろうと思えば)出来た」・・・この場合のcouldは「能力・可能」のcanの過去形だと思いますが、

● そうです。整理すると...

 ア)I can do it. それができる=現在の能力
 イ)I could do it. =やろうと思えばできるだろう=仮定法過去(現実にはやらない)
 ウ)I could have done it.=やろうと思えばできただろう=仮定法過去完了(現実にはやっていない)

 ですね。

(2)過去の出来事の可能性についての推量
「(おそらく)~だっただろう・かもしれない」・・・このcouldは「理論的可能性」のcanの過去形でしょうか?もしそうだとすると実現されたものだから「理論的」な可能性ではなくなってしまうと思うのです。

●上のものより複雑ですので、例文で考えてみましょう。

 ア)It can be more dangerous. それはもっと危険でありうる=現在の可能性
 イ)It could be more dangerous. それはひょっとしたらもっと危険でありうるかもしれない=現在の可能性(仮定法過去)
 ウ)It could have been more dangerous. それはひょっとしたらもっと危険であったかもしれない=過去の可能性(仮定法過去完了)

 ・いずれも「理論的可能性」のcan だと言えるでしょう。ア)は、誰かがこれくらい危険だ、と言ったとして、いやいや、もっと危険でありうるよと反論する場合に使えそうです。イ)は同じシチュエーションで使えるでしょうが、可能性が低く非実際的なので、そのため仮定法にしているのです。(でも言い方が控えめなだけで、本人はもっと危険なことの実現を危惧している場合も十分にありえます。)

 ・ウ)は、結果が出て、危険の度合いが定まって(たいして危険でなかったことが分かって)後に言われるセリフなので仮定法過去完了になっているのだと思います。したがって話者が考えているものは、実現されたものとは別のことです。万一状況がこう変わっていたとしたら、こんな程度ではすまなかったぜ、という気持ですね。

 ですから、ウ)も「理論的可能性」の can を仮定法で使ったもの、というふうに解釈していいと考えます。

 以上、ご参考になれば幸いです。
 

こんにちは!

(1)実現されなかった過去の能力・可能
「(やろうと思えば)出来た」・・・この場合のcouldは「能力・可能」のcanの過去形だと思いますが、

● そうです。整理すると...

 ア)I can do it. それができる=現在の能力
 イ)I could do it. =やろうと思えばできるだろう=仮定法過去(現実にはやらない)
 ウ)I could have done it.=やろうと思えばできただろう=仮定法過去完了(現実にはやっていない)

 ですね。

(2)過去の出来事の可能性についての推量
「(おそらく)...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報