今回の大地震大津波で引き起こされた事故で 東電は”法律上”どんな罪をおかしたのでしょうか
原子力ほど多くの基準 規格 規制などがある分野は無いと思います
 どの法律等の何に違反し何に過失があって賠償責任を負わされているのでしょうか どうも良くわかりません お教えください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

原子力事業者は、「原子力損害の賠償に関する法律」の第3条で無過失責任を負うことが規定されています。

この無過失責任は、第3条1項但し書きの「その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によつて生じたものであるときは、この限りでない」という免責要件が設けられておりますが、政府は今回の事故はこの免責要件には該当しないと判断しているのです。

つまり、福島原発事故が天災によるものか、人災によるものかの検証は今後なされるでしょうが、いずれにせよ事故発生原因が「異常に巨大な天災地変」によるものではないから、原賠法3条によって東電に賠償責任があるのです。

ちなみに、平成10年の原子力委員会の原子力損害賠償制度専門部会報告書において、原賠法の免責要件については次のように結論付けられています。

以下報告書から転載

4.免責事由(異常に巨大な天災地変)

(1)国際的動向
 パリ条約及び現行ウィーン条約では、異常に巨大な天災地変が免責となっているのに対して、昨年採択されたウィーン条約改正議定書においては、従来免責とされていた異常に巨大な天災地変が免責とされなくなったため、我が国原賠法がこの点について改正を要するかどうかの検討を行った。

(2)現在の免責事由の取扱い
 原子力事業者は原子力損害に対する無過失賠償責任を負っているが、原賠法第3条第1項但書では、異常に巨大な天災地変による原子力損害については原子力事業者を免責としている。異常に巨大な天災地変とは、一般的には日本の歴史上例の見られない大地震、大噴火、大風水災等が考えられる。
 我が国原賠法の考え方としては、被害者保護の立場から、原子力事業者の責任を無過失賠償責任とするとともに、原子力事業者の責任の免除事由を通常の不可抗力よりも大幅に限定し、賠償責任の厳格化を図っている。
 また、免責事由の内容は、責任制限、保険条件、国家補償を含む損害賠償制度全体及び地理的条件等との関連において総合的に検討されるべきものである。

(3)我が国における免責事由の検討
 我が国は原賠法制定時に無過失・無限の賠償責任及びいわゆる責任の集中を制度として採用し、更に事業者の免責は単なる天災地変でなく、異常に巨大な天災地変に限定しており、このような場合にまで事業者に賠償責任を負わせることは妥当ではないと考えられる。
 また、異常に巨大な天災地変による原子力損害が生じた場合には、法第17条で、国が被災者の救助及び被害の拡大の防止のため必要な措置を講じて被害者保護に遺漏なきを期すこととしている。
 以上の点を踏まえ、現行原賠法において異常に巨大な天災地変による原子力損害については国の救済措置が別途講じられることとなっていることから、国際的水準との関係においては、改めて法改正を要しないと考えられる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おぼろげながら分かりました。なぜ原子力だけが免責事項のスレッシュホールドレベルがずば抜けて高いのか分かりません。戦争などのほうが(原爆などを使えばなおさら)ずっとひどい損害を与えると思っていますのに何故?の疑問は残ります。でも有難う御座いました。

お礼日時:2011/05/09 08:45

5月1日 東電の副社長が、「人災」であることを認めた。


これで、東電が全責任があることになる。

政府が支払う義務のある金額以外、(1200億円と言われている金額は不明)
東電が倒産しない限り、すべて賠償責任があることになる。

支払えなければ、倒産して責任を負うことになる。
    • good
    • 0

特に罪状はないと思います。

 違反も無いのでは?
結局は、賠償責任問題かと思われます。あくまでも被害者に対するものでしょう。 
前出のように、被害補償過程は、法律に規定されています。法律に従うしかないでしょう。
    • good
    • 0

法的なことは既出の通りです。

ただ、質問者さんの疑問が解決するには時期が
悪いと思いますね。

魚釣島で中国漁船が暴れた時にも、船長の釈放には政府が判断しなかったと
強弁していました。東電幹部たちが「想定外の、、、」と語っているにも関わらず、
今回の事故は想定されるべき震災であったと政府が判断できるわけがありません。
内閣総理大臣でも、法解釈は司法に委ねるのが日本の憲法です。東電の取締役会
で過半数の意見が、無限責任を負うべきだ、安全管理に瑕疵があったと認めない
限り、判断は司法の場にいく可能性さえあります。人事担当役員や火力発電担当
の役員、営業担当の役員まで、全員が株主代表訴訟で自己破産する覚悟がないと、
早期の無限責任確定はないと思いますが、、、。

一番現実的なのは、賠償責任云々が全部うやむやのパターンだと思います。
福島原発の安定感とそれに伴う周辺住民の移転費用だけでも巨額な負担になって
しまい、公的インフラを支える部門と政府が支払う賠償金の返済をする部門に
解体整理される想定です。おそらく、そのようにならざるを得ないと予想して
ます。これは回答でなく予想ですが、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。結局は法的責任の有無は法廷で最終的に決める(法治国家では当然ですが)ことですね。巨額の費用は考えることなく、ポリシーをはっきりさせて、国民全体のコンセンサスを得た上で最終的に決めるようになると良いなと思っています。

お礼日時:2011/05/09 09:00

どれほど厳しい規制があっても


壊れてしまっては意味がありません。
規制があるから、壊れて放射性物質をばら撒いても良い
なんて法律はありません。
壊れて、迷惑を掛けた以上、
土地の工作物(原発)の所有者は無過失責任を負うのです。
民法では瑕疵の存在が必要ですが、
津波時に発電装置がとまり給水できなくなったことからも
予備電源の想定すらしなかったことは、
瑕疵がないと言い逃れする事は難しいと思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島原発事故は本当に「想定外」だったの?真実は?

福島県に住む者です。冬はセシウム降下量が多くなるので冬休みに入るとすぐ子供達を連れて沖縄へ被曝疎開しました。放射能に怯えないですむ日々を過ごせたのはよかったです。でも、福島に帰ると目に見えない放射能との戦いが待っています。終わりがちっとも見えません。当然、被曝疎開は自費ですし福島原発事故からもうすぐ3年、夫婦の貯金は合わせて300万円以上減りました。先のことは考えないようにしています、でも考えてしまうと涙しかでません。
この悲劇の原因となった福島第一原発…福島原発事故は本当に「想定外」だったのでしょうか?東京電力は福島に原発を作ってからというものローカルテレビ局で四六時中原発は安全だというCMを湯水のようにお金を使って垂れ流していました。そのお金でもっとしっかりした防波堤を作ってくれていれば、非常用ディーゼル発電機を高台に設置してくれていれば、こんな事故にはならなかったはずです。
なのに昨年末に当時の東京電力の幹部や政府の高官がみな刑事責任を問えない想定外だと不起訴処分になりました。本当に想定外だったのでしょうか?真実が知りたいです。想定外は嘘だとわかる何かがあれば証拠があれば教えてほしいんです。

福島県に住む者です。冬はセシウム降下量が多くなるので冬休みに入るとすぐ子供達を連れて沖縄へ被曝疎開しました。放射能に怯えないですむ日々を過ごせたのはよかったです。でも、福島に帰ると目に見えない放射能との戦いが待っています。終わりがちっとも見えません。当然、被曝疎開は自費ですし福島原発事故からもうすぐ3年、夫婦の貯金は合わせて300万円以上減りました。先のことは考えないようにしています、でも考えてしまうと涙しかでません。
この悲劇の原因となった福島第一原発…福島原発事故は本当に「...続きを読む

Aベストアンサー

1975年の裁判の記録があります。福島原発事故は想定内の出来事でした。

http://www.sting-wl.com/fukushima-nuclear-disaster-105.html

↑の福島第二原発設置許可取消訴訟」の裁判記録からの引用が載ってます。当時、弁護団長務めた安田純治弁護士が解説しています。

政府は地震や津波を過小評価して「仮想事故」と読んでいました。しかもその「仮想事故」にもちゃんと対応できる構造なんだという当時の答弁書がしっかり残っています。

「地震及びこれに伴う事象(津波)が、本件原子炉施設における大きな事故の誘因となることはないものと判断された。…」

それでもしらを切り続ける東電と自民党にはあきれて物も言えませんね。

参考URL:http://www.sting-wl.com/

Q地元住民が福島原発の東電を訴えたら勝てる?

原発は絶対安全とうたっていたのに、放射能でまくり状態。
地元にとっては大変な被害です。
「想定外」で逃げようとしていますが、震度6、津波は7mは想定内でしょう。
電源が被害を受けることは当然想定されていたわけで、
もっと強固な設計にすべきでした。
津波は、明治の三陸地震、奥尻島地震で30mを超えています。
宮古の田老堤も10mを想定していました。
5mしか想定していななどという言い訳は通じないでしょう。

と、素人は思ってしまいますが、
もし訴えたら裁判ではどのように判断されることが考えられますか?
原発停止や慰謝料もらえる可能性がありますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今さらではありますが、福島の原発は以前から耐震性への疑問や検査漏れ(実は11年間点検していない機器があった等)があったようですね。
決定的なのは、共産党による「福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ」でしょうか。津波への対応ができないないことがはっきりとうたわれ、正にそこで指摘されていたことが現実となっており、腹立たしい限りです。

ただし、裁判となると法的にどうかというところが視点となるので、どうでしょうね。
まあ、共産党に津波への対応が不十分なことが指摘されていますので、裁判になったら、「津波については認識してませんでした」の一言では逃れられないでしょう。

何ら回答になってなくてすみません。

参考URL:http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html

Q福島原発事故の真実

19日現在、電源確保や放水方法の確立で落ち着きを取り戻し始めている印象の福島原発事故ですが、一方でホウレンソウや牛乳からの「微量」の放射性物質検出も出てきています。


チェルノブイリを幼いころ経験したウクライナ出身の友人の話では、炉心周辺の放射能がチェルノブイリの150万分の1といわれる福島原発の事故も、都内の人にまで白血病のリスクが増えたりする影響が出るとのことで、できれば国外に退避するように忠告されました。


実際諸外国の外交官や留学生が続々と出国しており一部では単なる気分的な行動とも言われておりますが、逆に我々日本人が楽観視し過ぎているということは無いのでしょうか。
何ミリシーベルトなら危なくて、そうでなければ被害がないというのは、実験結果も確認せずに信じてよいものなのでしょうか。


場合によっては会社を休んで妻と暫く外国で過ごすことも検討しています。


これが果たして心配しすぎなのかどうか、皆様のご理解を教えてください。
できれば会社に帰って仕事したいですが、少しでも健康被害のリスクを蒙るのは絶対に避けたいです。
航空券を押さえたいので、早急な回答をお待ちしております!

19日現在、電源確保や放水方法の確立で落ち着きを取り戻し始めている印象の福島原発事故ですが、一方でホウレンソウや牛乳からの「微量」の放射性物質検出も出てきています。


チェルノブイリを幼いころ経験したウクライナ出身の友人の話では、炉心周辺の放射能がチェルノブイリの150万分の1といわれる福島原発の事故も、都内の人にまで白血病のリスクが増えたりする影響が出るとのことで、できれば国外に退避するように忠告されました。


実際諸外国の外交官や留学生が続々と出国しており一部では単なる気分的...続きを読む

Aベストアンサー

官邸の発表はすべて「ただちには」という但し書き月です。ということは、時間がたてばわからないと言うことです。チェルノブイリでも、WHO等の数年後の大きな影響は見られなかった、という発表の後、何年かたってがんや、白血病の増加が見られた(NHK報道映像は探してください)ことからも、長期的なものが重要です。

このとき問題となるのが、内部被爆です。放射性ヨウ素について、半減期は7日などと、それほど危なくないような報道もあるようです。同じ方が、浴びる放射能は放射線源から距離の2乗に比例して弱くなるから大丈夫と言っています。これは、体内に取り込まれると、距離が限りなくゼロに近いところに放射線源があることを意味し、その影響度は、非常に大きくなることがわかります。ですから、短期間でも危ないのです。しかもその影響は、10年後ぐらいに現れるのです。

たとえば、原発北西部でIAEAが、避難勧告レベルであるという発表をしました。これは放射性ヨウ素によるものです。ということは、そのレベルの放射性ヨウ素は上空から降ってきたわけで、それをすった人たちはすでに放射性ヨウ素に汚染されています。そこが問題なのです。

外国からは、ヨウ素材を飲むべきだと言われているのもこれを防ぐためです。政府は、避難レベルではないという根拠に、空中放射線量や、地中を掘り返した全体の放射線量が少ないから大丈夫だと言っているようですが、これは、その場に長期間住む場合の外部被爆の問題なら議論の対象になりますが、今問題なのは内部被爆です。

どのような放射線源となる核種がどのくらい空中から降ってくるのか、それをどの程度吸い込んでしまう可能性があるのかが問題なのです。ですから、今の時点で大切なのは草の表面に落ちている放射線源がどのくらいあって、今後どのくらい落ちてくる可能性があるのかという情報であるべきです。IAEAの発表は事後的ではありますが、この情報を含んでいるのです。ヨウ素がこのレベルで継続的に落ちてくる可能性があるのなら直ちに避難すべきでしょう。

むろん、食物から摂取される放射線源も問題です。
チェルノブイリでは、汚染された牛乳などをとりつづけたことが問題を大きくしたとされていますが、直接すったものの影響と、食物からの摂取によるものとの影響がどちらがどの程度健康被害に影響したか、科学的に分析したものを私は知らないので、何ともいえません。(何しろ放射性ヨウ素は半減期7日です。長期的に食物からとったものの影響がそれそれほど長く続くのでしょうか。)また外部被爆との関連も、きちんと化学分析されたものを知りません。

というわけで、リスクをどのように考えるかですが、わからないので避けると言うことなら、海外脱出、九州方面旅行が適当でしょう。特にお子さん妊婦は当然と思います。

官邸の発表はすべて「ただちには」という但し書き月です。ということは、時間がたてばわからないと言うことです。チェルノブイリでも、WHO等の数年後の大きな影響は見られなかった、という発表の後、何年かたってがんや、白血病の増加が見られた(NHK報道映像は探してください)ことからも、長期的なものが重要です。

このとき問題となるのが、内部被爆です。放射性ヨウ素について、半減期は7日などと、それほど危なくないような報道もあるようです。同じ方が、浴びる放射能は放射線源から距離の2乗に比例して...続きを読む

Q東日本大地震による津波被害ですが。

気仙沼の知り合いが今回の大津波で行方不明になり今だ発見されていません。聞くと従兄弟は市が決めた津波等の災害避難所にいち早く避難したのにも関わらず、押し寄せた津波が避難所を壊し流されてしまったとの事です。このように行政が指定した従兄弟はそこが安全だと信じて避難所に避難して津波などに遭い亡くなった場合、行政に責任を追求できるものなのでしょうか。参考の為お教え願います。

Aベストアンサー

私も今回の件でその点を考えていました。


結論から言うと、行政の責任が認められる可能性もあります。


「予想し得ない規模」だったことが原因で
指定避難場所で被害に遭ったのであれば行政に責任はありません。

しかし今回、多くがチリ津波の6mまでしか想定しなかったことがわかっています。

津波観測システムでは10mまで想定していますし、
世界各地の津波の例を見ても10mまでは想定すべきだったと考えられます。


ですから、その避難所が例えば高さ20m以上の場所で、
それでも津波に飲まれたというのならそれは予測できない事態として
行政に責任が無い可能性が高いです。

しかし6mの津波までしか防げないような避難所だったのであれば、
想定が甘かったとして行政の責任が認められる可能性が高いでしょう。

Q土壌の中の有害化学物質は、盛り土をすれば本当に安全か? 福島原発事故の除染作業は、水で放射性物質をま

土壌の中の有害化学物質は、盛り土をすれば本当に安全か?
福島原発事故の除染作業は、水で放射性物質をまるで風で埃を飛ばすのと同じことをやってた。
こんな誰にでも分かる様な、デタラメな事ばっかやってる。
化学者は何故声を上げ無いんでしょうか?
真実を言うと、国から科学予算が貰えなくなるからですか?

Aベストアンサー

他に有効な手立てがない。国に楯突けばその後の自分の立場が悪くなる。どうせ他人が棲む土地だからどうでもいいし、今まで原発予算でいい思いをしていたのだから仕方がない。国民だって、報道しなければ直ぐに忘れるし、適当に時間を過ごしていれば放射線は少なくなっていくのだから適当でいい。そう考えても不思議ではないし、誰もそんなこと気にしていません。そこに近寄らなければいいだけで、原発問題はもう風化しています。

Q福島原発事故の外国人国家賠償請求について

福島原発事故の法務処理が今後の課題になる思います。現在、日本政府は、CSC(原子力損害の補完的補償に関する条約)加盟を検討していますが、そもそも日本を居住所をする外国人には取消訴訟や国家賠償訴訟をする権利はあるのでしょうか。国内法で起訴が難しい場合、外国法を適用し外国から損害賠償請求するには、どのような要件があれば可能なのでしょうか。判例(マクリーン事件、森川キャサリーン事件)では憲法上の基本的人権の保障は外国人は対象外とありますが・・

チェルノブイリ事故では、旧ソ連は賠償を拒み国際法は機能しませんでしたが、第五福竜丸水爆事故では、アメリカは7億2000万円の慰謝料を払い政治決着しています。IAEAはウィーン条約を採択してますが、CSCに加盟すれば、当然、日本政府/企業の外国人に対する福島原発事故被害賠償は避けられないものかもしれません。ちなみに、相互保障主義は国連原則の内政不干渉の原則もあり、分野により高度な政治力が働くと思います。

Aベストアンサー

まず、取消訴訟について、一般的に外国人も提起する権利はあります。あくまで一般的にです。
一般的に権利があっても、今回の原発事故の何について取消訴訟を提起するかが次の問題であって、その問題如何によっては外国人かどうかにかかわらず、提起する資格がないことがあります。
また、今回の事故について何を取り消すのでしょうか。そこが明らかでないと現実的には答えが出ないと思います。

次に、国賠訴訟については、相互保証主義により外国人に提起する権利があるかどうかが決まりますね。

基本的人権の保障について、マクリーン事件も森川キャサリーン事件も、原則論としては外国人の人権保障を認めています。外国人の人権が原則保障されているのは判例実務で定まっています。性質上日本国民を対象としたものでないかぎり外国人の基本的人権が保障されます。
保障されるといっても、これは日本国民もそうですが、人権は必ずしも無制約に保障されるわけではないので、事案によっては否定されたような結論が出ているのです。

外国法適用で、外国からということですが、これは諸外国の法律によって決まるので、一概には言えないですね。ただ、通常の先進諸国のバランスの良い法制度では、他国の企業の不法行為で、他国に居住する自国民が他国で経済的な損失を負ったことについて、自国で裁判するというのは通常考えにくいと思います。

当然、この裁判上の手続による賠償と政治的に賠償することとは別ですよね。

まず、取消訴訟について、一般的に外国人も提起する権利はあります。あくまで一般的にです。
一般的に権利があっても、今回の原発事故の何について取消訴訟を提起するかが次の問題であって、その問題如何によっては外国人かどうかにかかわらず、提起する資格がないことがあります。
また、今回の事故について何を取り消すのでしょうか。そこが明らかでないと現実的には答えが出ないと思います。

次に、国賠訴訟については、相互保証主義により外国人に提起する権利があるかどうかが決まりますね。

基本的人権の...続きを読む

Q福島原発事故の問題点

商業高校に通うものです。

夏休みの課題に
福島県の原発事故についてのレポートがあるのですが、問題点をあげ、原発が日本に必要か否かを書きなさい。とあります。

そこで福島の原発事故の問題点なんですが
なにかしらの問題点があるのは
わかってるんです。
けどその何かがいまいち分からなくて困ってます。


他の皆様は福島原発事故の問題点とはなんだと思いますか?

Aベストアンサー

ズボラしてスミマセン。

このサイトの 社会>政治 「中学生ですが、今の自民党について質問です。」の中でのno.2とのQ&A。

直接ではないかも知れないけど、かなり参考になると思うので覗いて見て下さい。

Q福島原発事故と業務上激発物破裂過失罪

刑法117条の2は、業務上必要な注意を怠ったこと又は重過失でボイラーなどの激発物を破裂した場合に、業務上激発物破裂(重)過失罪が成立する旨を定めます。

3月11日午後2時40分頃に地震があってから、3月15日に福島原発が爆発するまで、東京電力は一体、何をしていたのでしょうかね?

冷却システムが稼働しない場合には、中性子を吸収する制御棒を作動させたり、中性子を吸収するホウ素を注入して、原子炉中のウラン燃料棒の核分裂反応を停止させることは、原子炉の常識です。原子炉の内部では、ウラン等の核分裂反応により熱が発生するのですから、核分裂反応を早急に停止させる必要があるのは明らかです。

ちなみに、火力発電所は、石油又は天然ガスを燃焼させて、水を沸騰させているのに対して、原子力発電所は、ウラン燃料の核分裂反応により、水を沸騰させていることが異なります。また、ウラン燃料は一端、臨界に達すると、核分裂反応が持続し、放射線及び熱を常時、放出するので、石油、天然ガスと異なって、燃料の補給を持続する必要がありません。

地震発生後に原子炉にホウ素を注入するという基本的な作業を怠ったのは、刑法117条の2に規定する「業務上必要な注意を怠ったこと」に該当すると考えます。

放射性物質を大量に飛散させたり、放射性物質で汚染された水を海に廃棄したりすることは、
刑法117条1項の「公共の危険を生じさせた」に該当すると考えます。

皆さまはどのように判断なさいますか?

刑法117条の2は、業務上必要な注意を怠ったこと又は重過失でボイラーなどの激発物を破裂した場合に、業務上激発物破裂(重)過失罪が成立する旨を定めます。

3月11日午後2時40分頃に地震があってから、3月15日に福島原発が爆発するまで、東京電力は一体、何をしていたのでしょうかね?

冷却システムが稼働しない場合には、中性子を吸収する制御棒を作動させたり、中性子を吸収するホウ素を注入して、原子炉中のウラン燃料棒の核分裂反応を停止させることは、原子炉の常識です。原子炉の内部では、...続きを読む

Aベストアンサー

>国が超法規的措置などと言い出すかもしれないですね。

私は、そのことを言っています。

法なんて上からのかたがたが勝手に良いように変わって変えていきますから

権力、お金持ちを守るのが法だと思っています。

自然災害時におけるとかあった気がしましたけど

それを持ち出すんじゃないでしょうか?

電気事業法とか

告発するにしても原告者は、被災者団体が国と東電に・・・

長い裁判になりそうです

私の質問に3月14日に原発に関する質問をしています。

回答がすごかったです・・・

ECCSも問題だけどICとベント開放など対応のまずさが目立ちます。

そもそも非常用発電機の設置場所から台数まで・・・

責任はあると思いますけど

今後の対応もどうなることか・・・

Q福島原発事故の風評被害の意味が良くわからないのです

が、教えてください?

福島原発事故においては、私が思う風評被害と違った風評被害が存在していると思うのですが?
いかがなものなのでしょうか?

私が思う風評被害とは、福島原発事故の影響で日本の製品が売れなくなるのが風評被害だと思っていましたが、
岡山産の桃の輸出が海外にできなくなるのは風評被害だと思いますが、福島産の桃が売れなくなるのは風評被害では無いと思いますが?
また福島と名前が似ている、福井や福岡そして福江や福山や福浦産の農畜産物や水揚げされた水産物や加工品が売れなくなるのが、風評被害だと思っていましたが、違うのですかね?
中国でも福建省や福州で収穫された作物が売れなくなるのも風評被害そのものだと思いますが、福島の生産物が売れなくなるのは風評被害ではありませんよね。

しかし、私の思惑とはどうやら違う意味合いの風評被害もあるようですね。
原発事故の放射性物質を起因とする犠牲者が出た証拠もないし、科学的根拠や証拠もはっきりしないし測定数値が基準値を下回っているというのに、福島の農蓄水産品が売れないのは”誰かが福島の環境レベルが危険レベルだとデマをまきちらしているから福島産が売れない”、それが風評被害だそうです。
果たしてこの主張は風評被害なのでしょうかね?
全く根拠の無い嘘っぱちやデマにちかいレベルの噂程度のものもあるでしょうが、福島原発事故においての事象は、全てデタラメデで根拠の無い絵空事でも無い主張だとも思いますがね?現に福一の原発事故現場では防護服無しでは人間は被曝しますし高濃度の汚染水は垂れ流し状態ですよね。
”危ないと主張する科学的根拠や証拠を示せ!”と感情的に言い張る向きも少なくありませんが、現在の科学技術レベルでは示せない危険レベルに福島原発事故は達していると思いますがね。

そもそもの福島の作物が売れなくなった原因はやはり原発の名前に福島という名前は付いていたからではないでしょうか?”東京電力原発”とか言う名前だったらどうだったでしょうか?あるいは、存在するスポットの地名の”双葉町原発”だったらどうだったでしょうか?もしくは”もんじゅ”とか”ふげん”のように場所が特定できない、イギリスやアメリカのようなニックネームや愛称の名前だったらどうだったのでしょうかね?
”毘沙門天”とか”阿弥陀如来”とかの名前だったら、福島への深刻なバッシングは無かったのでは?

が、教えてください?

福島原発事故においては、私が思う風評被害と違った風評被害が存在していると思うのですが?
いかがなものなのでしょうか?

私が思う風評被害とは、福島原発事故の影響で日本の製品が売れなくなるのが風評被害だと思っていましたが、
岡山産の桃の輸出が海外にできなくなるのは風評被害だと思いますが、福島産の桃が売れなくなるのは風評被害では無いと思いますが?
また福島と名前が似ている、福井や福岡そして福江や福山や福浦産の農畜産物や水揚げされた水産物や加工品が売れなくなるの...続きを読む

Aベストアンサー

私は質問者様と全く同じ考えです。
で、少し考えました。
風評被害とは実害があっても無くても受ける側からすると風評被害になるんですね。
例えば海外の方が日本の静岡産の野菜を輸入しようとしたとき、安全なオーストラリア産に変更された風評被害。
これは私たちに日本人は原発事故は静岡までは影響ないから、静岡産は安全であると考えているからです。
福島産はこれと全く同じなんです。
福島の人たちから見れば、人体に影響あるほど害はない、実際に食べているが問題ない、放射能より醤油の方が危険だという専門家もいる。安全なのに風評被害で売れない。
静岡産と全く同じです。

Q今回の地震でスーパーの駐車場にて車同士の接触事故

うちの嫁がスーパーで買い物をしてるときに(3/11)地震がおこりました。外にでてみると、自分の車だけが(当方ステップワゴン)駐車線の枠からはみ出しており、後ろに駐車してあった車に接触していました。(当方の車はAT車でサイドブレーキは引いていなかったらしい)その後、後ろの車の持ち主が現れ『あなたの車はサイド引いてないから動いたのでしょう』といわれ後日請求しますといわれて帰ってきたらしいのですが、こういう時はどう対処したほうがいいのでしょうか?もし支払いを断れるときにはどういった言葉で断ればいいのか、詳しく教えてください。

Aベストアンサー

>あなたの車はサイド引いてないから動いたのでしょう』といわれ…

一理あります。
通常取り得る十分な注意を払った上で動いたのなら、天災によるもので過失はなくお互い様となります。
しかし、周囲の車は何ともないのにあなたの車だけが動いたのは、サイドブレーキのかけ忘れと十分な因果関係があるでしょう。

運転者として通常取らなければならない十分な注意に欠けていた、つまり過失があったということになります。

>こういう時はどう対処したほうがいいのでしょうか…

対物保険にでも入っているなら、保険会社と相談してください。
入っていないのなら、素直に払うか裁判所で決着させるか、どちらかの選択です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報