50代の男性会社員です。
前立腺癌を宣告され、6月に入院して前立腺全摘出手術を受ける予定です。
担当医に確認をするのを忘れていたのですが、手術後趣味であるロードバ
イクに再び乗ることが出来るのでしょうか?
手術の経験者の方の経験談お待ちしております!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。


手術の経験者ではないのですが、参考になればと思い書かせて頂きました。
私の父が前立腺癌で前立腺全摘出手術を受けました。
手術後、尿失禁で一時悩まされたようですが、
(*これは執刀医の腕と関係があるようなので、経験を積んだ医師なら
心配は少ないと思います。)
一年経った現在は、以前より随分元気になりました。
父はロードバイクは乗ってないので確かな事は言えませんが、
普通の生活が送れていると言う事は、質問者様も大丈夫なのではないでしょうか。
(*ただ、主治医には、気がかりな事はお聞きになっておく事をお勧めします。)

お大事になさって下さい、手術の成功を心からお祈りしています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国人からの謙譲語についての質問です

日本語を勉強中の中国人です。謙譲語についてお伺いします。謙譲語は敬語のなかで一番難しい内容でしょうか。謙譲語はなぜ謙譲語Iと謙譲語IIに分けられていますか。これは以前からすでにあった分類でしょうか。それとも近年謙譲語を理解しやすいため、新しく作った分類なのでしょうか。ちなみに、普通の日本の方は、謙譲語がIとIIに分けられていること、ご存知でしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.謙譲語は敬語のなかで一番難しい内容でしょうか。

おそらくそうだと思います。

2.謙譲語はなぜ謙譲語Iと謙譲語IIに分けられていますか。

<敬語の指針>18~20ページに詳しく、わかりやすく述べられていますので、一読されることをお勧めいたします。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/pdf/keigo_tousin.pdf
ここでは、その内容をかいつまんで述べておきたいと思います。
まず、謙譲語の定義について、多くの辞書では、「話し手が聞き手や話中の人に対して敬意を表すために,自分または自分の側に立つと思われるものや動作などをへりくだって言い表すもの。」のように説明されています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/70039/m1u/%E8%AC%99%E8%AD%B2%E8%AA%9E/
謙譲語の1と2を分けていないのがほとんどでしょう。
「先生のところに伺います」の「伺う」は謙譲語1です。
「先生のところに参ります」の「参る」は謙譲語2です。
上記辞書では、どちらも「先生に敬意を表すために、自分の動作をへりくだって言い表しているもの」なので、「謙譲語」と呼んでいるわけです。
それは、ある意味で間違っていません。
「先生のところに伺います」は正しいが、「弟のところに伺います」は、弟に敬意を表す必要が無いので間違いである、という論理が成立します。
しかし、辞書の説明だけなら、「伺う」も「参る」も謙譲語なのに、なぜ、「弟のところに伺います」は正しくて、「弟のところに参ります」が間違いなのか、という説明がつきませんよね。

このように同じ謙譲語なのに、一方は正しくて一方が間違いになるのは、「敬意を表す相手」が違うからです。
つまり、「伺う」は、「行く」という自分の動作の向かう先に対して敬意を表しています。
「参る」は、自分の話している相手(聞き手)に敬意を表しています。
謙譲語1と2を一緒にしてしまうと、こうした区別ができなくなります。
それで、前者を謙譲語1、後者を謙譲語2と呼ぶことにしたわけです。
このように分けないと、「弟のところに伺います」が間違いだから、「弟のところに参ります」も間違いだ、と勘違いする人が出てくるでしょう。
因みに、デジタル大辞泉のように分けている辞書もあります。
http://kotobank.jp/word/%E8%AC%99%E8%AD%B2%E8%AA%9E%E2%85%A0

3.
これは以前からすでにあった分類でしょうか。それとも近年謙譲語を理解しやすいため、新しく作った分類なのでしょうか。

わたしの知っている範囲では、最初に提唱されたのは、2006年11月の「文化庁文化審議会国語分科会報告案」で、翌2007年2月に文化審議会答申としてまとめられた<敬語の指針>だと思います。

4.
ちなみに、普通の日本の方は、謙譲語がIとIIに分けられていること、ご存知でしょうか。

以前は3分類(尊敬語・謙譲語・丁寧語)でしたが、最近は、5分類(尊敬語・謙譲語1・謙譲語2・丁寧語・美化語)も浸透してきたように思います。
全くの推測ですが、半々か、それより若干少ないぐらいの人が知っているような気がします。
ただ、3分類の辞書でも5分類が登場したことを辞書に明記するなどしていますから、今後は5分類が主流になっていくでしょう。
なぜなら、そのほうが、誤解・勘違いを減らすことができ、敬語を理解しやすくなるからです。

5.
今回のご質問文の内容は、ほぼ完璧でしょう。
ただ、タイトルは、「外国人から謙譲語についての質問です」とするほうが自然です。
  

1.謙譲語は敬語のなかで一番難しい内容でしょうか。

おそらくそうだと思います。

2.謙譲語はなぜ謙譲語Iと謙譲語IIに分けられていますか。

<敬語の指針>18~20ページに詳しく、わかりやすく述べられていますので、一読されることをお勧めいたします。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/pdf/keigo_tousin.pdf
ここでは、その内容をかいつまんで述べておきたいと思います。
まず、謙譲語の定義について、多くの辞書では、「話し手が聞き手や話中の人に対して敬意を表すために,自...続きを読む

Q胃全摘手術前の起き上がり訓練について

胃全摘手術前の起き上がり訓練の方法について学んでいます。
しかし調べてもこの起き上がり訓練の方法について全く分かりません。
どなたか分かる方教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

以前に看護学校の教員をしていた身としては、看護学生さんには回答をほいっと差し上げるわけにはいかないので学校の図書館で調べてください…というのは冗談で、起き上がりの方法としては
1)一般的にはまず起き上がりたい側に側臥位になり、上になる手でベッドを押すようにして上体を起こします。こうすると腹筋を使わないので比較的痛みが少なく起きられるので、あとはベッド柵をつかんでゆっくり足をおろして立ち上がります。
2)昨今は電動ベッドが多いので、リモコンで上半身をいっぱいまで上げて(とはいえ本人の様子を見ながらです。ときどき頭を上げた瞬間意識が遠のいたり冷や汗をかいたりすることがあります。その場合はすぐに止めて下げます)、ベッド柵につかまって足を下ろして立ち上がります。
いずれの場合も事前に必ず患者さんに創は簡単には離開しないこと、また初回離床時は必ず看護師が付き添うことなどを伝えておきます。

離床計画は、臨床ではけっこうアバウトです。手術のオリエンテーションの時点で手術の翌日から離床を行うことを必要性とともに伝えておき、1PODの午前中、術後全身状態が落ち着いているのであれば全介助で全身清拭をして創部を含め様子を窺いつつ「今日から起きますからね~」と理由も軽く添えて心の準備をしてもらい、清拭が終わってしばらく休んでいただいてから「では」と始めることがわたしのところでは多いと思います。

ただ病院によっても違うので、ひとつの例として考えてください。患者さんを受け持つときには説明だけでなく絵も添えたパンフレットで理解できるようにして差し上げてくださいね。

勉強がんばってください。看護学校の勉強は無駄に見えると思いますが、実際に勤務をするとそのありがたみがわかります。

#1です。

以前に看護学校の教員をしていた身としては、看護学生さんには回答をほいっと差し上げるわけにはいかないので学校の図書館で調べてください…というのは冗談で、起き上がりの方法としては
1)一般的にはまず起き上がりたい側に側臥位になり、上になる手でベッドを押すようにして上体を起こします。こうすると腹筋を使わないので比較的痛みが少なく起きられるので、あとはベッド柵をつかんでゆっくり足をおろして立ち上がります。
2)昨今は電動ベッドが多いので、リモコンで上半身をいっぱいまで...続きを読む

Q「かしこまりました」は謙譲語なのでしょうか

「かしこまりました」は謙譲語なのでしょうか。
 個人的には謙譲語だろうと考えていますが、手元の資料では決定打が見つかりません。
 辞書やサイトで、謙譲語か否かを明記しているものがあったら教えてください。
 少し前に書いた文章から引用します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 で、謙譲語性が感じられる言葉には、2種類あるような気がする……ってのが本題。
 ひとつは「ごめんなすって系」。
 いろいろある。
「申し訳(が)ございませんが~」「失礼ですが~」「おそれいりますが~」「恐縮ですが~」
「申し訳(が)ございません。」「失礼(しました)。」だと謝罪の言葉だろう。これに「が~」がつくと、正体不明の前置きになる。「失礼」の語尾変化?に関してはスルーしておく。
「おそれいります。」「恐縮です。」だと感謝の言葉だろう。これも「が~」がつくと、正体不明の前置きになる。
 ヌエ的なものに「済みません。」がある。単独で使うと、謝罪のニュアンスが強いが、感謝の言葉として通用しなくはない。
 これらの言葉は謙譲語性をもっていると思うが「謙譲語」かと言うとNOだろう。謝罪の言葉や感謝の言葉は、「謙譲語」とは異なる系列なのかもしれない。もし「謙譲語」としている辞書類があったら教えてほしい。

 で、もうひとつが「よくわからない系」。
「承知する」あたりがこれ。「承諾する」「承認する」「承服・承伏する」にどの程度の謙譲語性があるのかは言葉の神様に訊いてください。
 もっと微妙なのが「かしこまりました」。
 意外なことに、これを謙譲語とする根拠が見当たらない。
 さまざまなところで、「了解いたしました」「承知いたしました」よりも謙譲語性が高い言葉として扱われている。個人的な感覚では、謙譲語だと思う。しかし、あれほど敬語の話を網羅している菊地本(『敬語』『敬語再入門』)がいっさいふれていない。
 ちなみにWeb辞書を見ると、「謙譲語」とは言っていないが、ほぼ謙譲語って気がするが……。

http://kotobank.jp/word/%E7%95%8F%E3%81%BE%E3%82%8B?dic=daijisen&oid=03205500
■Web辞書『大辞泉』から
================引用開始
かしこま・る 【▽畏まる】
[動ラ五(四)]

3 命令・依頼などを謹んで承る意を表す。承りました。「はい、―・りました」
================引用終了

■Web辞書『大辞林』から
================引用開始
かしこまる【畏まる】

( 動ラ五[四] )
〔形容詞「かしこし」と同源〕

(2)(目上の人の言葉を)つつしんで承る。(依頼・指示などを)承諾する。 「はい,-・りました」 「太刀を持って来い。-・った/狂言・入間川」
================引用終了

 気がかりなことがが2つある。
 まず、『大辞林』の記述。「(目上の人の言葉を)つつしんで承る」なら謙譲語だろう。しかし「(依頼・指示などを)承諾する」だと謙譲語とは言いきれない。
 もうひとつの気がかりは、過去にいくつも例をあげたように、Web辞書の敬語に関する記述はあてにならないこと。だから菊地本を頼りにしているのだが、今回は……。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「かしこまりました」は謙譲語なのでしょうか。
 個人的には謙譲語だろうと考えていますが、手元の資料では決定打が見つかりません。
 辞書やサイトで、謙譲語か否かを明記しているものがあったら教えてください。
 少し前に書いた文章から引用します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 で、謙譲語性が感じられる言葉には、2種類あるような気がする……ってのが本題。
 ひとつは「ごめんなすって系」。
 いろいろある。
「申し訳(が)ございませんが~」「失礼ですが~」「おそれいりますが~」「恐縮ですが~」 ...続きを読む

Aベストアンサー

大石初太郎「敬語」(ちくま文庫)においては謙譲語B(「聞き手に敬意を表する要素」)に仕訳されています。
「謙譲語B マイル<行く・来る> 申ス イタス 存ジル カシコマリ(マシタ) (見)テマイル」(「同書」102頁)

ちなみに菊池康人は注釈の形で「(<謙譲語A><謙譲語B>という呼び方は、大石初太郎が行われたもの。氏は便宜的なものとはことわらずに、この呼称をとられる。)」(「敬語」280頁(講談社学術文庫))としています。

Q高齢者の胃の全摘手術について

父の胃癌の手術のことで相談いたします。父は現在、76歳ですが、前回の手術で既に胃を三分の二ほど摘出しています。一年後、癌が再発し、今度の手術では胃の全摘になるそうです。それでお尋ねしたい内容というのは、
(1)76歳という年齢ですが、胃を全摘するような手術に父の身体は耐えられるでしょうか?
(2)もし、手術に成功したとして、余命はどれくらいでしょうか?
(3)たとえば高齢者が胃の全摘をしたケースについて、その寿命を調査した統計資料などはあるのでしょうか?
(4)また、手術をせず、癌と共生する方法はあるのでしょうか?
もし、身近にご高齢の方で胃の全摘手術をした方がおられましたら、是非ともご教示頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 まずご本人の状況(合併症,体力,病状への理解など)と病気の進行度で話が全く違ってくることはご承知下さい。

 一般的に健康な76才であれば胃全摘にはたえられます。一般的な外科医である私でも80代の人への胃全摘は経験があります。もちろん無事退院なさいました。逆にもっと若くても手術できない人も,術後合併症を起こす人もいます。

 余命については,病気の進行度によります。早期癌であれば胃癌は寿命と関係しなくなる可能性の方が高いでしょう。手術でとりきれない場合は極端な場合は数ヶ月ということもあります。

 高齢者胃癌の治療法,予後の研究はかなりされています。残念ながら各施設ごとの集計が多いですし,癌自体様々な状況が関与するので,なかなかはっきりこうだといえる資料はあまりないでしょう。
一般的には,根治的な手術が可能であればやった方が寿命が延びる。ただし,体の負担が大きくなりすぎる手術(他臓器の合併切除など)はやってもあまり寿命に関与しないという意見が多いようです。

 癌との共生という場合,早期癌をもっていても癌がゆっくり進行するばあいと進行癌に無理に手術をしないというのは意味が違います。後者の場合最近は癌の休眠療法というのが注目されているようです。検索するとかなりヒットすると思います。ただし怪しげな食品の話のこともありますのでご用心を。

 繰り返しますが癌に限らず病気とそれに対する治療は人ごとに違います。主治医とよくご相談なさって下さい。

参考URL:http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/55koza_3.html

 まずご本人の状況(合併症,体力,病状への理解など)と病気の進行度で話が全く違ってくることはご承知下さい。

 一般的に健康な76才であれば胃全摘にはたえられます。一般的な外科医である私でも80代の人への胃全摘は経験があります。もちろん無事退院なさいました。逆にもっと若くても手術できない人も,術後合併症を起こす人もいます。

 余命については,病気の進行度によります。早期癌であれば胃癌は寿命と関係しなくなる可能性の方が高いでしょう。手術でとりきれない場合は極端な場合は数ヶ...続きを読む

Q「ご・・・する」「お・・・する」は謙譲語ですか?

1)「ご・・・する」「お・・・する」は謙譲語ですか?
2)「ご請求致します」は日本語として正しいですか?
請求するのは自分でその動作に「ご」をつけるのはおかしいと思います。尊敬語は動作の為し手を敬い。謙譲語は動作の対象を敬う。と聞きました。

特に外国の方に日本語を教える時どのように尊敬語と謙譲語の違いを教えればいいですか?
私自身謙譲語と尊敬語の違いが良くわかりません。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「お・・・する」は謙譲語ですよ。

例:「おいとまします」
  「お察しします」

尊敬語と謙譲語を概念だけで説明するなら、階段がよいですよ。
国語の教科書にもありますが。

自分が主語のときは自分が一段下がって、それが謙譲語。
相手が主語のときは相手を一段上にやって、それが尊敬語。
ちなみにどちらも同じ段にいるのが丁寧語です。

いかがでしょう??

特に古文では動詞だけで主語が分かる、という話をするとおもしろいですよ。
例えば「奏す」と言えば天皇や殿様など最高位限定ですから。

源氏物語などは、「主語が全くないのに読者には誰が主語か分かる」ということに感動していた外国人の学者さんがいました。
日本語ってすごいですね。

Qホルモン治療の効果 (前立腺癌)

父(69歳)が前立腺癌の為、ホルモン注射と薬で治療中です。

先日の結果値がPSA0.008>という数値になっていて、先生はかなりいい状態だと言っていたそうです。

そこでお聞きしたいのは、この治療は長く続けられる治療なのでしょうか?効き目は数年で終わってしまうのでしょうか?

このままこの治療のみで過ごす事ができるのか気になりましたので質問させていただきました。

Aベストアンサー

乳がんでホルモン療法中なので ちょっと興味が…

某サイトに~
ホルモン療法は一般には体への負担の少ない治療でありきわめて有効な治療法です。その効果が永遠に続けばよいのですが平均5年(2年から10年の巾)位で前立腺癌がホルモン療法に効かなくなることがあります。
~とありました。
でも効かなくならないこともあるという風にも読めます。

ちなみに乳がんで骨転移までしてもホルモン療法で(ホルモンの種類が違いますけど)ガン組織が消失することもあるらしいです。
今 そうなってほしいとホルモン療法中です。

Q「考える」の謙譲語は?

おはようございます。至急教えていただきたいのですが、

「考える」の謙譲語は「おもんばかる」でも間違いでは
ないでしょうか?

謙譲語=自分の行為をへりくだって言う らしいのですが・・・

急に気になってしまって、落ち着きません。
どなたか「考える」の謙譲語、ないしはそれが載っている
サイトを教えていただけないでしょうか?!

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 「考え」の謙譲語は「愚考」ですので「考える」の謙譲語は「愚考する」ではないかと思います。

Q教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術で

教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術での金額はいくら位でしょうか?だいだいでいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮化させます。

植皮は極力避けたいと思っていられるのでしたら、先日このサイトで、同じような低温火傷での植皮の質問に、2回連続で詳しく回答していますので、参考にされると良いと思います。

http://okwave.jp/qa/q5820150.html

現在は、偶然にも受診した病院が湿潤療法を行っていたり、ネット等で調べて湿潤療法の病院へ転院された方はラッキーで、医師の言われるまま「ガーゼ治療は痛いのが当たり前なので我慢して続ける事」を正しいと信じて受けている方はアンラッキーといった状況です。
正しいと思っていた治療が間違っていた事がわかっても、大きな病院や熱傷専門病院は各種の事情ですぐに湿潤療法に切り替えられず、医療の現場も混乱しているくらいです。

何年か後には、湿潤療法が主流になりますが、その時には植皮の痕はもう戻りません。

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮...続きを読む

Qお約束してくださいましたは尊敬語?謙譲語?

「○○さん、××さんがお約束してくださいました。」
この言い方は尊敬語ですか?謙譲語ですか?
ただし××さんが約束してくれたのは、まったくの厚意です。
でも「お約束する」は、「お待ちする」「ご連絡する」のように謙譲語ですよね。
たとえば、「ここでお待ちしてください」は、謙譲語を相手(動作の主)に使った誤用だと思うので、この例文も間違いということになりますか?

Aベストアンサー

私も質問者さんと同じく
「お約束してくださる」=「お約束する」(謙譲語)+「くださる」(尊敬語)
となり、間違った敬語であると考えます。
ちなみに、「して」を省いて「お約束くださる」にすれば尊敬語でOKだと思います。
(ついでに、「お約束いただく」にすれば謙譲語ですね)

#2さんは「お約束する」「お待ちする」「ご連絡する」を丁寧語と書いておいでですが、動詞「○○する」を「お(ご)~する」に変えるのは謙譲語だと思います。
丁寧語というのは、例えば「お○○する」を「お○○します」に変えるなどですね。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~minnami/link12.html

Q父が前立腺癌になりました。

父が前立腺癌になりました。
お医者様からはいくつかの治療法を提案されているようなのですが、
素人ゆえどのような判断基準で決めれば良いかわかりません。
お力をお借りできれば幸いです。
 父は72歳です。
検査の結果グリーソンスコアで○+△=7でした。(私の記憶ですので
違うかも知れません。○と△は今データがないのでわかりません。)
最初別の病院でも検査した時は5段階で評価で4でした。
(これはグリーソングレイディングシステムというのでしょうか?)

(1) 私としては歳も歳だし、手術により体を傷つけると治りも悪いのではないかとか、
手術は成功しても、体のバランスとか悪くなって別の不健康が発生したりしないかとか
とか不安です。手術で癌を取り除くという場合癌細胞を100%取り除けるのか
取り除けないものなのか? とり除けなかった癌細胞は今後どうなるのか? などの
心配があります。

(2) 放射線治療は前立腺の重さ(確か47g)から内照射はできないそうですが
外照射なら7週間毎日通う事になりそうです。
私としては7週間我慢して直るなら一番ダメージが少なそうで良さそうに思えるの
ですが、
疑問点としては7週間治療をしたら、もう完治なのでしょうか?
完治じゃないとしても心配は少ないのでしょうか? 放射線治療がうまく
いかない場合もあるのか、うまくいかなかった場合は別の療法は出来るのか?
もしくはまた放射線療法に頼るのか?

(3)ホルモン療法というのもあるそうですが、
かりに癌が治ったとしてもホルモンのバランスが崩れて別の不健康の心配は
あるのでしょうか?

(4)なにもしないで観察してるだけの選択もあるようですが、
大丈夫でしょうか?父の年齢からしたら、そういう選択も有りなのでしょうか?

素人の勝手な思い込み、過剰な心配、的外れな事も書いているかもしれませんが、
どうぞ詳しい方、よろしくお願いいたします。お知恵を貸して下さい。

父が前立腺癌になりました。
お医者様からはいくつかの治療法を提案されているようなのですが、
素人ゆえどのような判断基準で決めれば良いかわかりません。
お力をお借りできれば幸いです。
 父は72歳です。
検査の結果グリーソンスコアで○+△=7でした。(私の記憶ですので
違うかも知れません。○と△は今データがないのでわかりません。)
最初別の病院でも検査した時は5段階で評価で4でした。
(これはグリーソングレイディングシステムというのでしょうか?)

(1) 私としては歳も歳だし、手...続きを読む

Aベストアンサー

私は泌尿器科外来に勤務している看護師です。お父様の治療法について悩んでいるようですが、お気持ちはお察しします。質問4項目の全てについてですが、担当医師に聞いてみる事が一番よいです。但し、病院によっては実績を過度に求めるあまり、強引に手術を勧めてきたり又は放射線治療を勧めてくるかもしれません。疑問に思うことは医師に確認したほうが良いです。あくまでも治療方針を決定するのはお父様ですから、場合によってはセカンドオピニオンで他院にて意見を聞くのもよいですね。今回検査時のPSA値がわかりませんし、癌の細胞の程度(高分化とか、低分化とか)わかりませんから滅多な事言えませんが、前立腺がんの進行は比較的緩やかなのであせらずに治療方針を決定しても良いと思います。(この病気はいくつかの治療があるからそれを選び決定するのも大変なんですよね。でもそれだけ余裕があるんですよ)あせらずあせらず考えて決定してくださいね。


人気Q&Aランキング