会社都合で退職しました

退職金をもらいましたが、明細書をみると賞与になっており
所得税が引かれていました

賞与って所得税高いし
退職金は税金引かれないのでは?


本当はどうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何年お勤めになられたのか分からないですが 退職金にも税金はかかりますよ


退職金は分離課税なので普通の所得(給与とか)とは別に計算されます

会社都合ってことですので退職金と言うか慰労金って感じでわたされたんですかね?
この場合退職金としてでも賞与としてでもどちらでもOKなんですよ
っで一般的には退職金としたほうが節税は出来ますが
前月給与とか勤務年数によっては賞与としたほうが安くなる場合もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございました

納得しました

お礼日時:2011/04/28 12:36

下記のページが参考になりそうです。



退職金の税金早分かりガイ
http://taishokukintax.sblo.jp/

退職金を受け取ったとき|所得税|国税庁
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto308. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございました

調べてみます。

お礼日時:2011/04/28 12:39

以下に書いてあります、賞与より課税額は少ないようですね。


http://taishokukintax.sblo.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございました

調べてみます

お礼日時:2011/04/28 12:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賞与計算時の社会保険料控除について

賞与計算時の
社会保険料控除についてご教示ください。


6月10日が賞与支給日で

6月2日に育児休職をした方は
社会保険料は控除されるでしょうか。
それとも免除となりますでしょうか。

初歩的なご質問で申し訳ございませんが
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仮にその社員をAさんと呼びましょう。
当然の前提条件ですが、Aさんに関する育児休業の届出は済んでいますよね。

育児休業期間の社会保険料ですが、ご質問の場合には徴集する必要は御座いません。
理由としては、今更説明するまでも無いのですが・・・育児休業期間として届けられている月の保険料は免除するという基本的なルールだからです。
尚、育児休業期間であると届け出ている月に出勤し、それに対する給料であれば、社会保険料の徴収は必要です。

私も資格者ですが、念の為に、専門家が書いているHPのURLを付けておきます。
http://hoken-tetsuduki.com/index.php?%E8%B3%9E%E4%B8%8E%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82

Q会社都合退職による、給料と退職金の扱い

会社都合退職による、給料と退職金の扱い

近々、雇用条件の一方的な変更に伴い、会社都合として退職させて頂く予定です。
そもそも会社からは、会社都合は困るので、自己都合にしてくれないか?と言われていますが・・・

6月から、固定給なしの完全歩合にしてくれとの事で、その条件は全く無理なので、
退職させて頂く方向で話をしています。

給料が20日締めなので、20日付けで辞める場合、6月分(25日支払)の給料は、前月までの
固定給同様、基本的には支払われるのでしょうか?

また、若干の退職金(1ヶ月分以上)を出すと言っていますが、
「6月の給料を払うのであれば、その部分は引かせてもらう」
とか言ってくる可能性があるのですが、その辺りはどう対処したら良いでしょうか?
私としては、ただでさえ急な話で困惑しているので、一度言ったのであれば(前例の)固定給+退職金を頂かないと納得できません。

詳しい方、お教え下さいますよう、お願い致します。

Aベストアンサー

当方、三十路既婚女性です。

1.20日〆で辞める場合の給与はどうなるのか
>6月から、固定給なしの完全歩合にしてくれ
>6月分(25日支払)

5/21~6/20が6/25に支払われるのでしょうか。
もし、これだと複数受け取れますね

・完全歩合は6/1からと仮定した場合
5/21~5/31は固定給の日割。6/1~6/20は
歩合で6/25支払

・完全歩合は6月支払分からと仮定した場合
5/21~6/20は全て完全歩合で6/25で支払

の可能性があります。前月5/20までの勤務分が
6/25に支払われるなら固定給かもしれませんが。

歩合制だと固定給とどれくらい差がでるもの
なのかは、質問内容だけでは、よくわから
ないです。質問者さんが歩合のほうが給料高い、って
可能性もありますし。

2.退職金からの控除について
>6月の給料を払うのであれば、その部分は引かせてもらう

なんだかんだ言って、退職金に控除入れる会社は
存在します。
まぁ、6月の給料そっくり控除されたら、納得
できませんね。就業規則とか会社規定に退職金に
関する規定も入っていませんか。

労働基準法だと退職金は相対的記載必要事項
なんで載ってないかもしれません。
引かせてもらう、ってなったらどこで規定
されているのでしょう?くらい聞いてみるのも
手かもしれませんよ。

できるだけ円満退職できるよう、頑張ってください!

当方、三十路既婚女性です。

1.20日〆で辞める場合の給与はどうなるのか
>6月から、固定給なしの完全歩合にしてくれ
>6月分(25日支払)

5/21~6/20が6/25に支払われるのでしょうか。
もし、これだと複数受け取れますね

・完全歩合は6/1からと仮定した場合
5/21~5/31は固定給の日割。6/1~6/20は
歩合で6/25支払

・完全歩合は6月支払分からと仮定した場合
5/21~6/20は全て完全歩合で6/25で支払

の可能性があります。前月5/20までの勤務分が
6/25に支払われるなら固定給かもしれませんが。

歩合制だと...続きを読む

Q給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、

給与計算の質問なのですが、賞与から引かれる社会保険料というのは、
月々の給与から引かれる保険料の保険料を見る表(健康保険厚生年金保険料額表)
からおなじようにみればいいのでしょうか?それとも賞与にかかる社会保険料は
別の計算方法があるのでしょうか?あと配偶者特別控除申告書の必要経費のところに
65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

賞与の健康保険料
http://www.matsui-sr.com/kyuyo/2-2shouyo.htm

配偶者特別控除申告書の必要経費のところに
65万という金額が載っているのですが、これは何の金額なのでしょうか?
>>課税対象額から65万円余分に控除して所得税を下げます。。と言う意味です。

Q退職時の有給消化、賞与、退職金について

どなたか適正なアドバイスいただけますと助かります。法律知識に乏しいので具体的な法規条文等お知りでしたらあわせてお願いします。

先月の30日に退職の意を伝えました。約9年間勤務しましたが、別の会社から内定をもらったため転職します。同業といえば同業ですが扱う商品がまったく異なるので競合会社等ではありません。

引継ぎ等で今月の17日までと職場内で合意し、内容も決めました。会社の代表者は月末まで現実に引継ぎの為に出勤し、有給消化を認めようとしませんでした。有給は30日以上あり、消化を認めると、社内の締めの関係から賞与と、2か月分の給与を支払うことになります。これまで退職してきた人間は面倒くさいのかそのあたりのことは言ってこなかったようです。要は働くだけ働かせて賞与は払わず、勤務分の賞与に抑えようという意図にそのまま従うのは我慢ならず、本日、折衷案のつもりで具体的な計画を話したのですがまるで感情論で話になりません。ですから行使できる権利は全て行使することを宣言して物別れ状態になり終えました。

仕事の内容はかなり専門的で自分以外に同僚がいますが結果を出すために自分だけで請け負ってきた部分もあります。引継ぎは素人同然の人間に業務が行なえる人間にまですることではいと思いますがそのあたりのことは経営者には理解できないのでしょう。

それで社内規定上問題はないという前提でご質問します。有給を全て消化し給与も休暇の分も含めてもらい、ボーナスも退職金も通常通りもらってから退職したいのですが問題ありますでしょうか、難癖をつけられるとすればどのように対処すればいいでしょうか。
よいアドバイスをお願いします。

どなたか適正なアドバイスいただけますと助かります。法律知識に乏しいので具体的な法規条文等お知りでしたらあわせてお願いします。

先月の30日に退職の意を伝えました。約9年間勤務しましたが、別の会社から内定をもらったため転職します。同業といえば同業ですが扱う商品がまったく異なるので競合会社等ではありません。

引継ぎ等で今月の17日までと職場内で合意し、内容も決めました。会社の代表者は月末まで現実に引継ぎの為に出勤し、有給消化を認めようとしませんでした。有給は30日以上あり、消化を...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
>同業といえば同業ですが扱う商品がまったく異なるので競合会社等ではありません。
これについては、責任のある地位の方や余程の技術・知識等、それに対する代償が支払われていなければ大丈夫でしょう。
また職業選択の自由等もありますので、そちらの方との兼ね合いもありますね。

>有給消化を認めようとしませんでした。
有給休暇の使用については、会社の許可は必要ではなく、ただ休む日を申し出るだけで足ります。
会社ができることは、休暇取得の時期を変更することだけしかできません、
それも、事業の正常な運営を妨げる場合のみです(労働基準法第39条第4項)し、退職予定日を超えての時期変更は行えません。
つまり退職を前提とした人が、有給休暇行使の申し出をしたときは、時期変更権を行使することはできません。

ただ、完全に有給休暇を消化すると、2つの会社に所属することになりますが、そのあたりは如何がお考えでしょうか?
形はどうあれ会社によっては、兼職を禁じているところもあります。
ただ、今の会社はすべて休むことになりますので、認められるケースが増えると思いますが、
新しい会社に承諾を取る必要があるかもしれませんね。

>自分だけで請け負ってきた部分もあります。
これについては、会社にも万が一のことを考えて、jin1968さんに代わる人材を育てる必要があったはずです。

こんばんは。
>同業といえば同業ですが扱う商品がまったく異なるので競合会社等ではありません。
これについては、責任のある地位の方や余程の技術・知識等、それに対する代償が支払われていなければ大丈夫でしょう。
また職業選択の自由等もありますので、そちらの方との兼ね合いもありますね。

>有給消化を認めようとしませんでした。
有給休暇の使用については、会社の許可は必要ではなく、ただ休む日を申し出るだけで足ります。
会社ができることは、休暇取得の時期を変更することだけしかできません...続きを読む

Q賞与の社会保険料の計算方法

6月にボーナスが支給され、本人負担分を控除しておいたのですが、今月、社会保険事務所から請求書がきたのと照らし合わせてみたのですが、金額があいません。
1円の違いなので、どこかで計算が間違っているのだと思うのですが…。

そこで質問なのですが、
1、賞与は千円未満を切り捨てて、標準賞与額(仮に988,000円)とする。
2、それに、保険料率をかける。(介護該当の健康保険の場合94.5/1,000など)=ここで93,366円の保険料が決定
3、93,366÷2=46,683 で、本人・事業主の負担額46,683円が決定

3で、1円以下の端数が出た場合は、5捨6入だと記憶しているので、そのようにしています。

この私の計算方法に、どこかミスはありますか?
なお、率は、健康保険82/1000、(介護該当者94.5/1000)、厚生年金139.34/1000で計算しています。

Aベストアンサー

端数整理するタイミングの問題ではないでしょうか?専門家ではないので、ちょっと自信ないのですが・・・。

保険料の計算結果に端数が生じた場合、事業主および被保険者の間に端数整理に関する特約がない限り『通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律』の第3条(債務の支払金の端数計算)により取り扱うこととなります。
保険料を源泉控除する場合には、源泉控除した後の給与等の支払いが債務の弁済となることから、この給与の支給時点で端数整理(50銭以上切上げ、50銭未満切捨て)することになります。

上の文は、私の手許資料の受け売りで、今ひとつピンとこないので例題で考えてみると、次のとおりです。

賞与額988,000円、賞与標準額988,000円とします。
 (1) 健康保険料(介護保険料込み)・・・988,000円×94.5/1000=93,366円
  ⇒被保険者負担分 93,366円÷2=46,683円
 (2) 厚生年金保険料・・・988,000円×139.34/1000=137,667.92円
  ⇒被保険者負担分 1367,667.92円÷2=68,833.96円
 (3) 保険料差引後の賞与=988,000円-(46,683円+68,833.96円)=872,483.04円【ここで端数整理!】⇒872,483円
 (4) 被保険者の負担する保険料=988,000円-872,483円=115,517円
 (5) 事業主の負担する保険料=(93,366円+137,667.92円)-115,517円=115,516.92円(ここでは小数点以下切捨)

となります。

この手順で試してみてはいかがでしょうか?

端数整理するタイミングの問題ではないでしょうか?専門家ではないので、ちょっと自信ないのですが・・・。

保険料の計算結果に端数が生じた場合、事業主および被保険者の間に端数整理に関する特約がない限り『通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律』の第3条(債務の支払金の端数計算)により取り扱うこととなります。
保険料を源泉控除する場合には、源泉控除した後の給与等の支払いが債務の弁済となることから、この給与の支給時点で端数整理(50銭以上切上げ、50銭未満切捨て)することになります。

上...続きを読む

Q自己都合退職から会社都合退職へ

会社を自己都合で退職したのですが、(退職日は12月2日です)それを会社都合の退職に変更してもらうのは可能でしょうか?すでに雇用保険被保険者証や、離職表はもらってあります。

Aベストアンサー

退職した理由が下記に記載の内容に該当すれば、可能
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_h3a2.html
該当した場合は、ハローワークで失業給付の申請を行う際に、離職理由についての意義申立てを行います
貴方の言い分(及びそれを証明する書類等の証拠が有れば尚良い)を聞いて、会社にその件について問い合せ、双方から事情を聴取して、ハローワークが判断して、その通りなら離職理由を変更してくれます

Q賞与の社会保険料を計算ミスしてしまいました

12月賞与の健康保険料のことなのですが
個人負担額掛け率を0.4715%のところを0.4725%で計算してしまった結果謝って36円多く徴収していまいました。

本日、社会保険事務所からの請求書兼受領書を見て金額を確認したところミスに気がつきました。

 (1)この場合36円は1月の給料の中の健康保険料で調整してかまわないでしょうか?
 (2)まったく同じことを17年12月の賞与でもやっていました。
 (3)本人に返金できるものなら、17年度分もお返ししたいのです・・・

社会保険には、(2)正規の金額で自動引落されている。
会社負担はマイナス36円で(福利厚生費)計上している。
3月決算なのですので、17年度はすでに終了しています。

何か方法がありまでしょうか?

Aベストアンサー

OKです。収支に影響が出るほどの金額ではありません。雑費に計上してかまいません。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yanhome/souron_2_8.htm

Q退職金でますか? 会社都合の退職だけど、規定なし

こんにちは。

先日、3月いっぱいで会社を退職するよう上司に言われました。
経営不振でやむなし、ということでしたし、
すがっても受け入れ先はないものと思い、受け入れました。

そこで、会社都合であるのですが、この場合、退職金は出ますか?

入社した際の雇用契約書に、退職金の規定はなく、出ないものと思っていましたが、知人から、給与一か月分くらいは出るのではないかと言われました。

退職金は支払わなくて良いものなので、規定がない以上、会社都合でも自己都合でもでないのでは・・・と思いますが、どうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>入社した際の雇用契約書に、退職金の規定はなく
 ・その会社に退職金の規定が無い場合
 ・退職金の規定はあるが、貴方の契約が退職金支給の規定に該当しない場合(契約期間等で)
 のどちらかだと思います
・どちらにしろ、退職金の支給は無いと思いますが

>知人から、給与一か月分くらいは出るのではないかと言われました
 ・解雇予告手当の事かもしれませんね
 ・解雇する場合、会社は解雇日の、1ヶ月以上前に通告する必要があります(3月末日なら2月中に)
 ・直前に解雇を通告した場合、1ヶ月に満たない分は手当として支給しなくてはなりません
 ・今日で解雇なら、1か月分支払う必要がある事になります

Q未払賞与に伴う社会保険料の戻入の時期について

期末決算時、翌期に支給するであろう、未払賞与を計上します。同時に、未払賞与に伴う社会保険料も計上しています。

予算上は、上記の「未払賞与」、「未払賞与に伴う社会保険料」ともに、翌期末で洗替を行うように見込んでいます。

しかし、「未払賞与に伴う社会保険料」は保険料の納付じに、戻しいれするのが正しい処理だと指摘されました。

これって、本当ですか?

もし本当ならば、「未払賞与」は期末毎に洗替するのに、
「未払賞与に伴う社会保険料」は違った処理をする理由があれば、教えていただきたいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どなたに指摘されたのでしょうか?公認会計士ですか?

戻し入れ処理の意味は特別利益、営業外収益などに計上するということなのでしょうか?特別利益や営業外収益に計上している例は私は見たことありませんし、私はそのような指導はしていません。

未払賞与に伴う社会保険料の処理(より正確には表示)に関して、特にはっきりと決まった正しい表示の仕方というものは公式文書としてはどこにも出てこないと思います。

なので、どう処理してもかまわないとは思いますが、通常は洗替処理だと思いますよ。論理的にも洗替処理でしょう。特別な利得ではないですし、営業外の収益でもないですから。

それとも、戻し入れ処理の意味は未払賞与に伴う社会保険料から法定福利費勘定の貸方に振替えるという意味なのでしょうか?そうだとしたら無意味な指摘です。
経理自由の原則から、月次決算など会社の都合によるのでもない限り、どのように処理することも自由だからです。最終的な表示(財務諸表)で正しく処理されていればいいのです。

と言うことで、結論は、「洗替処理で正しい」ので特に変更の必要はありません。

どなたに指摘されたのでしょうか?公認会計士ですか?

戻し入れ処理の意味は特別利益、営業外収益などに計上するということなのでしょうか?特別利益や営業外収益に計上している例は私は見たことありませんし、私はそのような指導はしていません。

未払賞与に伴う社会保険料の処理(より正確には表示)に関して、特にはっきりと決まった正しい表示の仕方というものは公式文書としてはどこにも出てこないと思います。

なので、どう処理してもかまわないとは思いますが、通常は洗替処理だと思いますよ。論...続きを読む

Q自己都合退職か会社都合退職か

某外資系企業に勤める会社員です。
来月(6月)で退社予定なのですが、その際に自己都合退職か会社都合退職を選択できる状態にあります。
何故なら、営業成績の不振の為、「社内規定内の降格および昇格規定」に抵触する退社理由になるからです。早い話が成績査定をクリアできなかったのです。

会社都合退社であれば、失業保険給付が大変有利になる事は知っております。次の就職先が現在決まっていない中ありがたいのですが、
会社曰く『その場合(会社都合)は次の会社から退社理由の問い合わせがあれば”成績不振が原因です”と伝えざるをえない』との事です。要は会社都合にすれば、次の就職において不利になる可能性があると言われております。

そこで質問です。
1.会社間において、上記の『退社理由確認』は恒常的に行われていることでしょうか?

2.もし行われているとしたらそれは違法ではありませんか?会社側にすれば懲戒解雇等、重大な過ちを犯した人間を雇うのを避けたいのは理解できますので、違法でも黙認されているのが現状ですか?

3.退社日は末日付けが通常ですか?社会保険の関係上そうするのが望ましい等レベルなら、早くの退社を希望しております。

現在、会社との信頼関係があまりなく、自己都合退社へ誘導するが為の言動と勘ぐってしまいます。先輩に聞くと「よく分からない重大な事だからノーコメント」でした。確かに後で恨まれてもイヤだったんでしょう。
しかし、ここでは色々な意見を頂戴したいと思ってお
ります。最終決めるのは自分ですからね。よろしくお願い致します。

某外資系企業に勤める会社員です。
来月(6月)で退社予定なのですが、その際に自己都合退職か会社都合退職を選択できる状態にあります。
何故なら、営業成績の不振の為、「社内規定内の降格および昇格規定」に抵触する退社理由になるからです。早い話が成績査定をクリアできなかったのです。

会社都合退社であれば、失業保険給付が大変有利になる事は知っております。次の就職先が現在決まっていない中ありがたいのですが、
会社曰く『その場合(会社都合)は次の会社から退社理由の問い合わせがあれば”成...続きを読む

Aベストアンサー

離職票を次の転職先へ提出することはあり得ません。よって自ら退職理由を言わない限り知りえないことです。また次の職場が前の会社に問い合わせるケースは稀ではありますがあるようです。(無い方が多い)

なお成績不振が理由で安易に解雇することは外資ではままあることと聞き及びますが、これは我が国では違法行為であると認識下さい。
なお成績不振と言うのは本人だけの問題ではなく管理者の指導能力の問題でもあり、まともな企業であればむしろそちらの方を問題とするのが一般的です。

よって次の就職先がまともな企業であるなら例え以前の勤務先へ問い合わせしてもその会社の姿勢を疑問視こそすれ貴方に対する評価(経験、人物像、他)をそのまま前職の評価基準に照らして安易に判断してしまうことは少ないと考えます。
但し不正行為によって解雇された場合は例外なく撥ねられるでしょう。

私なら“成績不振が原因です”と言う様な企業であれば人の使い方を知らない非常識な企業であると判断します。良識があればその様なことは言わないのが通例ですから。不正行為を行ったのでなければ本人のことを悪く言っても何ら利益にはなりませんし、むしろ企業評価を落とすだけです。

退職日はあまり関係無いと思いますが、便宜上会社の締め日に合わせるケースが多い様に思います。

以上ご参考まで

離職票を次の転職先へ提出することはあり得ません。よって自ら退職理由を言わない限り知りえないことです。また次の職場が前の会社に問い合わせるケースは稀ではありますがあるようです。(無い方が多い)

なお成績不振が理由で安易に解雇することは外資ではままあることと聞き及びますが、これは我が国では違法行為であると認識下さい。
なお成績不振と言うのは本人だけの問題ではなく管理者の指導能力の問題でもあり、まともな企業であればむしろそちらの方を問題とするのが一般的です。

よって次の就職...続きを読む


人気Q&Aランキング