素朴な質問です。
どうして、
I explained him the matter.
というように、explain をSVOOのように使えないのでしょう。
そのようには言わないから、と言われればそうなのですが、できれば、なにか文法的な根拠を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>それで、結局、どうして、present は、SVOOで使えないのでしょう?


giveとpresentは意味が重なる部分もありますが、
No7で私が答えたように 元々の観念は違いますね。
cooloocさんも気づいていると思いますが、この動詞も
やはり フランス語かラテン語に由来する動詞です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスどうもありがとうございました。
ちょっと忙しくなって、お礼が遅くなりました。
まだ、納得できませんので、しばらく考えて見ます。

お礼日時:2003/10/14 17:16

giveって 意味が非常に広いですね。

offer,present,provide,supply,furnish,grantなど、、。では giveの核になる観念はといいますと、
to transfer one's sth to another on behalf of sb
だと思います。presentについては cooloocさんの引用された解釈がありますが、presentの核になる観念は
to bring sth in front of sb for a particular effect or purposeだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、ありがとうございます。

それで、結局、どうして、present は、SVOOで使えないのでしょう?

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/11 19:18

Gです。



補足を読ませていただきました.

>I explained him the matter.
の件、
How does it sound? Does it sound awkward?
ときいてみたところ、
Very awkward. Wrong in fact.
という返事もありました。

この発言は正しいでしょう. ただ、人によっては、なんですね. 日本語でも、この言い方は「俺はしないぞ! 間違った言い方だ!」と言われる表現が結構一般的に使われていると言う事はありますね.

はっきり言って、I explained him about the matterも文法的には間違いだという人もいます. 

つまり、彼らのとっては、I explained the matter to him.と言う言い方しか正しくない、というわけですね.

代名詞の件で、一般に、I explained him the matter.と言う言い方はしますが、確かにI explained Bill the matterと言う言い方はしませんね. これは、必ず、I explained the matter to Billと言う言い方をします. 

この事をcooloocさんはおっしゃっているんですね. なぜ、I explained Bill the matter.じゃいけないのか、と言う事ですね. 他の単語もそうですね.

私には考えもつきません. 文法でいくら説明できても、また英語史で説明しても、結局分からない、結局説明にはなっていない、と言う事ではないかと思います.

10年先に、I explained him the matterが一般的にも、文法的にも認められたときに、なぜ、認められたのか、なぜ、このような言い方をするようになったのか、という疑問があったときに、本当の答えは一つしかないと思います. 「そういう風に使われるようになったから」と.

全く、答えになっていませんね. ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうざいました。
>この事をcooloocさんはおっしゃっているんですね. なぜ、I explained Bill the matter.じゃいけないのか、と言う事ですね. 他の単語もそうですね.

そうです。SVOOで使われる動詞と使われない動詞にはなにか、相違があるのかということを知りたいわけです。

たしかに、文法で説明できることには限界があるのはわかっていますが、しかし、今の時点でI explained him the matter.を耳にして、非文だと感じるのは、はたして、耳慣れない言い方だから、という理由だけなのか、ということも疑問に思っています。
もう少し、この疑問、引きずってみます。

お礼日時:2003/10/11 15:07

>provide も give という意味があると思うのですが、どうしてSVOOで使われないのでしょうか?


provideは sb with sthか sth for sbを目的語に取りますね。

>provide も give という意味があると思うのですが
逆です。giveにはprovideの意味もあるんです。

そうですね、provideを fill the necesity of sth or
sbと解釈すると 上記の2つの用法も納得がいくと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。provide については、少し考えて見ます。ようするに、コアの意味として、give という意味がないから、これはSVOOにはならないということですよね?

それでは、present はどうでしょう?
present の意味は、to give sth to sb, esp formally at a ceremony と辞書に書いてあります。明らかにコアの意味は、give です。それなのに、どうして、これも、cherry77さんが挙げられた、promise と同じく、どうして、SVOOという文型で使われないのでしょうか?
>promiseはpromise to giveという意味で使われているからでしょ

お礼日時:2003/10/11 14:58

>I explained him the matter.


というように、explain をSVOOのように使えないのでしょう。

自信はないのですが#1さん仰る様に語源が関係しているのではと思います。

explainの語源は
ex- + -plain
ex=out
plain[明白]だとはっきりさせる と云う事なので

I explained him about the matter.
I explained the matter to him.
のどちらかになるのでは。

>prepare, promise のようにおそらくフランス語起源だと思われる動詞も、SVOOをとるのはどうしてなのでしょうか?

prepareの語源は
pre- + -pare
[before + get ready]

promiseの語源は
pro- + -mise
[forward + send]

と云う事でprepareは分からなかったのですがpromiseは
sendが第4文型をとりうる動詞ですのでpromiseもSVOOとなると考えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結局、語源といっても不規則動詞といっても、単音節語といってもほぼ同じことをしめしているような気がします。

同じ質問なのですが、どうして、provide はSVOOにならないのですか?

お礼日時:2003/10/10 19:24

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



質問から思うに、I explained him the matterと言わない、と教わった、と言う事でしょうか.

この文章は、

I explained him about the matter,
I explained the matter to him.
I explaimed him the matter.

と3通りの言い方が、特に違ったニュアンスを待たせずに使う事が出来ます.

言わない、と言う事であれば、単なるその人の個人差でいわないと思いますよ.

確かに、ニュアンス的な違いと言う物はありますが、cooloocさんのご質問では内容に思われます.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

この回答への補足

I explained him the matter.
の件、
How does it sound? Does it sound awkward?
ときいてみたところ、
Very awkward. Wrong in fact.
という返事もありました。

補足日時:2003/10/10 20:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
学校文法では、たしか、3番目の文は間違っていると教えられると思います。しかし、実際は、おっしゃるように、SVOOの最初のOが代名詞の時は、使われるようです。ただ、John explained Bill the story.のように代名詞になっていない場合は、だめみたいですが。取り急ぎ、お礼まで。

お礼日時:2003/10/10 19:31

>prepare, promise のようにおそらくフランス語起源だと思われる動詞も、SVOOをとるのはどうしてなのでしょうか?


prepareは複雑ですね、forを使う表現が多く、forで導かれる目的語も間接目的語的だったり直接目的語だったり。
promiseはpromise to giveという意味で使われているからでしょう。prepareもpromiseの類推で使われたのだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。少し納得しました。
promise が promise to give の意味があるから、SVOOで使われるとするのなら、provide も give という意味があると思うのですが、どうしてSVOOで使われないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/10 19:21

SVOOの形を取る代表的な動詞はgiveですね。

その他に
showとかあります。これらの動詞は 英語本来の動詞で
しかも、間接目的語が欠ける場合が少ないですね。寧ろ 直接目的語が欠ける場合の方が多いくらいです。
これに対して フランス語やラテン語に由来する offerやdemonstrateもSVOOの形を取りません。explainもまた フランス語やラテン語に由来している動詞です。
また 英語でIの目的格はmeですが、古英語だと、与格、対格に分かれていました。
私もよくは分かりませんが、英語の与格と対格の一元化、夥しいフランス語やラテン語の語彙の流入なんかも関係していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、おおむね1音節の英語本来の単語がSVOOをとることが多いのですが、例えば、prepare, promise のようにおそらくフランス語起源だと思われる動詞も、SVOOをとるのはどうしてなのでしょうか?

お礼日時:2003/10/10 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qintroduce はなぜSVOOにならないの?

専門学校にて英語を教えております。
TOEICの授業で、テキストの中に、

He introduced (us / to us) the new system.

というような問題がありました。
(カッコ)の選択肢、どちらかを選ぶというものです。

答えは、introduce TO us と、toを必要とする後者なのですが、
授業の中で、

「“introduce(紹介する)”とは、誰か相手がいてはじめて成り立つ行為であるのに、なぜ、SVOO(誰に、何を紹介する)の形にならないのか???」

と納得できない学生がいました。

「そう覚えなさい」ではなく、学生が納得できるよう解説をしたいと思い、その後職員室に持ち帰り、ネイティブ講師や講師仲間と話しあったのですが、うまい解説を見いだすことができませんでした。

確かに、「紹介する」とは誰か相手がいてこそ成立する行為かと思います。
introduce がSVOOにならない理由がおわかりになる方がおられましたら、
ぜひお知恵を拝借いたしたく思います。

どうぞよろしくお願いいたします!

専門学校にて英語を教えております。
TOEICの授業で、テキストの中に、

He introduced (us / to us) the new system.

というような問題がありました。
(カッコ)の選択肢、どちらかを選ぶというものです。

答えは、introduce TO us と、toを必要とする後者なのですが、
授業の中で、

「“introduce(紹介する)”とは、誰か相手がいてはじめて成り立つ行為であるのに、なぜ、SVOO(誰に、何を紹介する)の形にならないのか???」

と納得できない学生がいました。

「そう覚えなさい」ではな...続きを読む

Aベストアンサー

>introduce がSVOOにならない理由がおわかりになる方がおられましたら、ぜひお知恵を拝借いたしたく思います。

 敢えて言えば、「語源」の違いとしか言えないでしょう。ゲルマン系の語は「SVOO」の文型を取ることができますが、ラテン系やフランス系の語は「SVO+to ...」という形を取ります。

(1) I'd like him to explain his decision to us.
   (×)... explain us his decision.

(2) Can you suggest a good dentist to me?
   (×)... suggest me a good dentist.

(3) Please describe you wife to us.
   (×)... describe us your wife.

(4) A friend of mine recommended this album to me.
   (×)... recommended me this album.

 「recommend」については、ある英々辞典に「You do not say 'recommend someone something' • What wine do you recommend (NOT recommend us)? 」という記述があります。

 上記の「explain」、「suggest」、「describe」、「recommend」や、お尋ねの「intruduce」はすべてラテン系かフランス系の単語であることが共通点です。

 これに対して「SVOO」の文型を取る「give」、「teach」などはゲルマン系の単語です。

 物事の現象に対して理由づけを求めることは決して無意味なことではありません。しかし、今回のご質問に関しては意味で分類しようとしても無理ではないかと思います。生徒さんには「語源」という説明で理解を求めてはいかがでしょうか。ご参考になれば・・・。

>introduce がSVOOにならない理由がおわかりになる方がおられましたら、ぜひお知恵を拝借いたしたく思います。

 敢えて言えば、「語源」の違いとしか言えないでしょう。ゲルマン系の語は「SVOO」の文型を取ることができますが、ラテン系やフランス系の語は「SVO+to ...」という形を取ります。

(1) I'd like him to explain his decision to us.
   (×)... explain us his decision.

(2) Can you suggest a good dentist to me?
   (×)... suggest me a good dentist.

(3) Please descr...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q関係代名詞と分詞の違い

こんにちは。
今中3で、関係代名詞を習っているのですが、その前に習った分詞との違いがわかりません。
[分]I know the boy swimming in the river.
[間]I know the boy who is swimming in the river.
この二つの文ってどちらも「私は川で泳いでいる男の子を知っています。」ですよね?
違いも使い分けもわからないのですが、どう違うのか教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
英文、間違っていたらすいません。

Aベストアンサー

これまでのみなさんのご回答は、すべて完璧だと思いますが、質問者であるanna825さんは、「もう少し手前」のことで悩んでいるような気がしますので、参考までに私なりの回答をしてみます。

まず、anna825さんがあげられている文章を前提にしましょう。
[分   詞]I know the boy swimming in the river.
[関係代名詞]I know the boy who is swimming in the river.
この2つの文の意味は、同じです。
使い分けとしては、どちらを使ってもかまいません。
確かに、若干とはいえ表現に違いがあるのですから、「ニュアンス」としては、多少の違いがあることもあります。しかし、伝えている「事実」に異なるところはありません。
1つの事柄を伝えるのに、複数の表現方法があることは、どの言語でも同じです。そうですね、たとえば、「私は川で泳いでいる男の子を知っています」という内容を日本語で伝える場合、「川で泳いでいる男の子がいるでしょう? 私は彼を知っているんですよ」といっても、同じことが伝わりますよね?
同じことを伝えるのに、文法的に、あるいは状況によって、はたまた話している相手との人間関係によってなど、さまざまな理由で少しずつ違う表現をすることがあります。
その表現の違いが、ある種の特徴を持っている場合に、文法学者が違う文法構造だと考え、違う文法用語がつけられることがある、その程度のことだと思ってよいと思います。

今回の文例で言えば、「分詞表現」のほうが短くて簡単ですね? 簡単な表現は、簡単な内容を伝えるのに便利です。話し手と聞き手が、男の子が川で泳いでいる状況を同時に見ていて、「おれ、あいつのこと知ってるよ」という時には、the boy swimming in the riverで十分に意味が伝わります。
ところが、#2さんが出した例のように、「昨日川で泳いでいたあの男の子、僕は彼のことを知っているんだ」と言いたい場合は、伝える内容が少し複雑になりますね。「彼を知っている」のは現在の話なのに、「男の子が川で泳いでいた」のは過去の話ですから。
このように、ちょっと複雑な内容を伝えたい時は、簡単な表現である「分詞表現」では対応しきれないこともあるのです。その場合は、より幅の広い内容を伝えられる「関係詞表現」を使えばよいのです。その答えは、#2さんのとおりで、
I know the boy who was swimming in the river yesterday.
となります。これは、「分詞表現」では伝えきれない内容なのです。
学校では、「より簡単な内容を伝えられる簡単な表現方法」を先に教えたいのだと思います。その結果、関係詞よりも分詞を先に教えるのでしょう。
ですから、関係詞を学んだ時点で、「実は、前にならった分詞表現は、関係詞を簡略化した(省略した)表現だったのだ」と思えばよいのです。

ここまでがわかった時点で、#4さんのおっしゃることを、次の文例で考えてみましょう。
「私には、英語を上手に話す弟がいる」
→[○:関係詞]I have a brother who speaks English well.
→[×:分 詞]I have a brother speaking English well.
上記のような日本語の内容を表現するには、分詞を使った第2文ではダメで、関係詞を使った第1文が正解となります。

こうした例まで含めて考えると、関係詞表現と分詞表現が「完全互換」ではないことがわかると思います。
むしろ、anna825さんがあげた例文のような場合には、関係詞表現でも分詞表現でも、同じ内容を伝えることができるのですが、それ以外では互換性がないことも多いのです。
日本の英文法の教科書は、異なる文法事項を説明するのに同じような例文を提示して、その違いを説明しないことが多いので、混乱するのもムリはありません。似たような表現形式を教える時に、「どこまで同じでどこから違うのか」ということをきちんと教えてほしいものですね。
こうした疑問が生まれてきたときには、似たような例文を眺めて「これとこれはどこが違うんだろう?」と悩むだけでなく、もっと多くの例文を自分で考えてみて、それぞれを比較してみると、納得できることがあります。
とはいえ、中3ではまだまだ自分で例文を思いつくこと自体が難しいと思いますので、積極的に先生やこういった場所でお聞きになればよいと思います。

これまでのみなさんのご回答は、すべて完璧だと思いますが、質問者であるanna825さんは、「もう少し手前」のことで悩んでいるような気がしますので、参考までに私なりの回答をしてみます。

まず、anna825さんがあげられている文章を前提にしましょう。
[分   詞]I know the boy swimming in the river.
[関係代名詞]I know the boy who is swimming in the river.
この2つの文の意味は、同じです。
使い分けとしては、どちらを使ってもかまいません。
確かに、若干とはいえ表現に違いがあるのです...続きを読む

Q「その書類は絶対に必要ですか?」英語に;;

**

その書類は絶対に必要ですか(提出しなければなりませんか)?

彼らは用意するのに時間がかかると言っています。

**


本当にお願いします><

Aベストアンサー

Must I submit that document?

They tell me that they should take a long time to prepare.

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報