素朴な質問です。
どうして、
I explained him the matter.
というように、explain をSVOOのように使えないのでしょう。
そのようには言わないから、と言われればそうなのですが、できれば、なにか文法的な根拠を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>それで、結局、どうして、present は、SVOOで使えないのでしょう?


giveとpresentは意味が重なる部分もありますが、
No7で私が答えたように 元々の観念は違いますね。
cooloocさんも気づいていると思いますが、この動詞も
やはり フランス語かラテン語に由来する動詞です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスどうもありがとうございました。
ちょっと忙しくなって、お礼が遅くなりました。
まだ、納得できませんので、しばらく考えて見ます。

お礼日時:2003/10/14 17:16

giveって 意味が非常に広いですね。

offer,present,provide,supply,furnish,grantなど、、。では giveの核になる観念はといいますと、
to transfer one's sth to another on behalf of sb
だと思います。presentについては cooloocさんの引用された解釈がありますが、presentの核になる観念は
to bring sth in front of sb for a particular effect or purposeだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、ありがとうございます。

それで、結局、どうして、present は、SVOOで使えないのでしょう?

よろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/11 19:18

Gです。



補足を読ませていただきました.

>I explained him the matter.
の件、
How does it sound? Does it sound awkward?
ときいてみたところ、
Very awkward. Wrong in fact.
という返事もありました。

この発言は正しいでしょう. ただ、人によっては、なんですね. 日本語でも、この言い方は「俺はしないぞ! 間違った言い方だ!」と言われる表現が結構一般的に使われていると言う事はありますね.

はっきり言って、I explained him about the matterも文法的には間違いだという人もいます. 

つまり、彼らのとっては、I explained the matter to him.と言う言い方しか正しくない、というわけですね.

代名詞の件で、一般に、I explained him the matter.と言う言い方はしますが、確かにI explained Bill the matterと言う言い方はしませんね. これは、必ず、I explained the matter to Billと言う言い方をします. 

この事をcooloocさんはおっしゃっているんですね. なぜ、I explained Bill the matter.じゃいけないのか、と言う事ですね. 他の単語もそうですね.

私には考えもつきません. 文法でいくら説明できても、また英語史で説明しても、結局分からない、結局説明にはなっていない、と言う事ではないかと思います.

10年先に、I explained him the matterが一般的にも、文法的にも認められたときに、なぜ、認められたのか、なぜ、このような言い方をするようになったのか、という疑問があったときに、本当の答えは一つしかないと思います. 「そういう風に使われるようになったから」と.

全く、答えになっていませんね. ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうざいました。
>この事をcooloocさんはおっしゃっているんですね. なぜ、I explained Bill the matter.じゃいけないのか、と言う事ですね. 他の単語もそうですね.

そうです。SVOOで使われる動詞と使われない動詞にはなにか、相違があるのかということを知りたいわけです。

たしかに、文法で説明できることには限界があるのはわかっていますが、しかし、今の時点でI explained him the matter.を耳にして、非文だと感じるのは、はたして、耳慣れない言い方だから、という理由だけなのか、ということも疑問に思っています。
もう少し、この疑問、引きずってみます。

お礼日時:2003/10/11 15:07

>provide も give という意味があると思うのですが、どうしてSVOOで使われないのでしょうか?


provideは sb with sthか sth for sbを目的語に取りますね。

>provide も give という意味があると思うのですが
逆です。giveにはprovideの意味もあるんです。

そうですね、provideを fill the necesity of sth or
sbと解釈すると 上記の2つの用法も納得がいくと思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。provide については、少し考えて見ます。ようするに、コアの意味として、give という意味がないから、これはSVOOにはならないということですよね?

それでは、present はどうでしょう?
present の意味は、to give sth to sb, esp formally at a ceremony と辞書に書いてあります。明らかにコアの意味は、give です。それなのに、どうして、これも、cherry77さんが挙げられた、promise と同じく、どうして、SVOOという文型で使われないのでしょうか?
>promiseはpromise to giveという意味で使われているからでしょ

お礼日時:2003/10/11 14:58

>I explained him the matter.


というように、explain をSVOOのように使えないのでしょう。

自信はないのですが#1さん仰る様に語源が関係しているのではと思います。

explainの語源は
ex- + -plain
ex=out
plain[明白]だとはっきりさせる と云う事なので

I explained him about the matter.
I explained the matter to him.
のどちらかになるのでは。

>prepare, promise のようにおそらくフランス語起源だと思われる動詞も、SVOOをとるのはどうしてなのでしょうか?

prepareの語源は
pre- + -pare
[before + get ready]

promiseの語源は
pro- + -mise
[forward + send]

と云う事でprepareは分からなかったのですがpromiseは
sendが第4文型をとりうる動詞ですのでpromiseもSVOOとなると考えました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結局、語源といっても不規則動詞といっても、単音節語といってもほぼ同じことをしめしているような気がします。

同じ質問なのですが、どうして、provide はSVOOにならないのですか?

お礼日時:2003/10/10 19:24

アメリカに35年ほど住んでいる者です。



質問から思うに、I explained him the matterと言わない、と教わった、と言う事でしょうか.

この文章は、

I explained him about the matter,
I explained the matter to him.
I explaimed him the matter.

と3通りの言い方が、特に違ったニュアンスを待たせずに使う事が出来ます.

言わない、と言う事であれば、単なるその人の個人差でいわないと思いますよ.

確かに、ニュアンス的な違いと言う物はありますが、cooloocさんのご質問では内容に思われます.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

この回答への補足

I explained him the matter.
の件、
How does it sound? Does it sound awkward?
ときいてみたところ、
Very awkward. Wrong in fact.
という返事もありました。

補足日時:2003/10/10 20:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
学校文法では、たしか、3番目の文は間違っていると教えられると思います。しかし、実際は、おっしゃるように、SVOOの最初のOが代名詞の時は、使われるようです。ただ、John explained Bill the story.のように代名詞になっていない場合は、だめみたいですが。取り急ぎ、お礼まで。

お礼日時:2003/10/10 19:31

>prepare, promise のようにおそらくフランス語起源だと思われる動詞も、SVOOをとるのはどうしてなのでしょうか?


prepareは複雑ですね、forを使う表現が多く、forで導かれる目的語も間接目的語的だったり直接目的語だったり。
promiseはpromise to giveという意味で使われているからでしょう。prepareもpromiseの類推で使われたのだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。少し納得しました。
promise が promise to give の意味があるから、SVOOで使われるとするのなら、provide も give という意味があると思うのですが、どうしてSVOOで使われないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2003/10/10 19:21

SVOOの形を取る代表的な動詞はgiveですね。

その他に
showとかあります。これらの動詞は 英語本来の動詞で
しかも、間接目的語が欠ける場合が少ないですね。寧ろ 直接目的語が欠ける場合の方が多いくらいです。
これに対して フランス語やラテン語に由来する offerやdemonstrateもSVOOの形を取りません。explainもまた フランス語やラテン語に由来している動詞です。
また 英語でIの目的格はmeですが、古英語だと、与格、対格に分かれていました。
私もよくは分かりませんが、英語の与格と対格の一元化、夥しいフランス語やラテン語の語彙の流入なんかも関係していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに、おおむね1音節の英語本来の単語がSVOOをとることが多いのですが、例えば、prepare, promise のようにおそらくフランス語起源だと思われる動詞も、SVOOをとるのはどうしてなのでしょうか?

お礼日時:2003/10/10 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTOYの語源

英語の語源は何を見れば調べられるのでしょうか?
英語の語源辞書を検索しても「TOY」の語源については見つかりませんでした。どなたか、「TOY」の語源を知っていましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 ウィークリー『ことばのロマンス 英語の語源』岩波文庫版には以下のように記されています。
*******
 『オランダの子供たちは、英国の子供たちが壊して喜ぶものを喜んで作る』という愉快な作り話は、英語の toy(玩具)がオランダ語の tuig(道具・物・材料)の借入であることを裏書きしている。このオランダ語は、同族語のドイツ語 Zeug と同様に、道具・材料など無数の意味を表わしている。しかし、英語では toy をオランダ語 speel-tuig(玩具)の表わす特別な意味に限定してしまったわけである。(同書48-9ページ)
*******
 speel-tuig→toye(中世英語:戯れ)→toy ということでしょうか。
 真偽の程はともあれ、この『ことばのロマンス 英語の語源』という本は何とも語源に関する薀蓄が豊富で、門外漢の私にとってもとても示唆深い座右の書です。
 余談ですが、アーネスト・ウィークリーがこの書を発表したちょうどその頃、国際結婚13年目の奥さんを、後に『チャタレー夫人の恋人』の作家として高名を馳せるあのD・H・ロレンスに奪われてしまうという事件も起こっており、その意味でもどこか偏愛したくなるそんな語源の本ではあります。
 

 ウィークリー『ことばのロマンス 英語の語源』岩波文庫版には以下のように記されています。
*******
 『オランダの子供たちは、英国の子供たちが壊して喜ぶものを喜んで作る』という愉快な作り話は、英語の toy(玩具)がオランダ語の tuig(道具・物・材料)の借入であることを裏書きしている。このオランダ語は、同族語のドイツ語 Zeug と同様に、道具・材料など無数の意味を表わしている。しかし、英語では toy をオランダ語 speel-tuig(玩具)の表わす特別な意味に限定してしまったわけである。(同書48-9...続きを読む

QThat would have allowed him to ......のwouldを文法的に説明すると?

That would have allowed him to sneak into the room.
という文は文法的にどのうに説明したらいいでしょうか。
言っていることは分かるのですが。
仮定法現在完了?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカに35年半住んでいる者です。

文法的な説明はうといですが、私なりに書かせてくださいね。

まず、would have allowedと完了形の形をしているのとwouldが過去形ですから、それをあわせて、仮定法過去完了、と言う事になっていますね.

しかし、もしこの文章が、That would allow him to sneak into the room.と言う事であれば、wouldだけですので、仮定法過去とよんで言うわけです.

それだけの事です. つまり、過去完了と言う言い方をしていても、had allowedと言う過去完了形とは関係のないものなんですね.

文法用語には日本語(漢字)の持っている意味合いから離れた意味を持たせ使っているものが多いですね.、

動いているとは限らないのに動詞
完了しているとは限らない完了形
新興しているとは限らない進行形
仮定しているとは限らない仮定法
想像だけしているのに仮定法
副詞ってなぜ副なの?
命令形なのに命令していない、

などたくさんありますね. しかし、覚えなくてはバツを食うからから覚える、役に立つとは思えなくても覚えなくてはならない、と言う不満もあると思います. でも、覚えなくちゃいけないですね、学校へ行っている間は.

さて、仮定法ですが、この文章は、

That, not this, would have allowed him, not her, to sneak into, not to break into, the room, not the other room. と4つの項目を変えて文章自体を4つの違う仮定法の文章に変える事が出来ますね.

つまり、
それだから出来たかもしれない.
彼ならそれでできたかもしれない.
壊さずにこっそりとなら出来たかもしれない
その部屋なら出来たかもしれない.

と言う文章で、単語を変えるだけで、文章の構成を変える事無く、違ったフィーリングを出すことができるということですね.

それらを示すには、話し言葉では、その単語を強く言う事で意味を変えることができるわけです. しかし、その機能を持たない書いたものならどうする、という疑問があるため、普通この文章を見たときは、それを使ったから、それだから、と言う主語を重要視する、と言う一般的な理解がアメリカ人にはあるわけです.

しかし、話し言葉のように、重要な単語を、イタリック文字や太文字・大文字で表す事によって、一般的な理解との違いを出すことも出来ます.

これを条件と言うのかどうかは私にはわかりませんが、そこまで勉強しなくてはいけないのか、と思ってしまうのは私だけでしょうか.

私にはあまりにも「文法」にこだわりすぎて、言葉として英語を見ていない教育方法であると思います. だから、アメリカ人からしてみると、日本人はみんな英語教師になる為に勉強していると思われてしまうわけです. でも日本に行ったことが歩けど英語を喋れる人は少なかったな、と不思議がるわけです.

この文章は「出来たかもしれなかった」と言うフィーリングを出すために使う言い方です、と言う説明だけじゃダメなんでしょうかね. ダメなんでしょうね.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年半住んでいる者です。

文法的な説明はうといですが、私なりに書かせてくださいね。

まず、would have allowedと完了形の形をしているのとwouldが過去形ですから、それをあわせて、仮定法過去完了、と言う事になっていますね.

しかし、もしこの文章が、That would allow him to sneak into the room.と言う事であれば、wouldだけですので、仮定法過去とよんで言うわけです.

それだけの事です. つまり、過去完了と言う言い方をしていても、had allowedと言う過去完了形とは関係のない...続きを読む

Q歴史と語源

1.「政治」という言葉は秦王「政」(始皇帝)が「治める」が語源である。
2.カンボジアの首都「プノンペン」は最古の本格的国家「扶南」が語源である。
以上は正しいですか?語源辞典などのサイトでも調べたのですが、わかりませんでした。
また、歴史上の人物や出来事を語源とする言葉や、地名の語源などを調べるには、どうすればいいですか?HPや本をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

1.「政治」の語源はよく知りません。
 (「治」は「治水」を表すと聞いたことがあるような…)

2.「プノンペン」は、ペン夫人が建立したワット・プノンという寺院が由来です。
 「プノン」とはカンボジア語で丘・山を指す言葉です。
 「ペン夫人のプノン寺院」⇒「プノンペン」

インターネットで調べるのでしたら、語源辞典よりも
Google等でキーワードを「プノンペン 由来」などとして
検索したほうがたくさん出てくると思いますよ。
但し、中には間違っている情報が載せてあるサイトも有りますから
色々なサイトを見て判断されたほうが良いと思います。

QWho that has met him could help liking him? の意味

Who that has met him could help liking him?

この文の訳は「彼にあったことのある誰が彼を好きにならずにいられようか」だと思うのですが、
混乱してしまって意味がよくわからなくなりました。

会ったことのある人みんなが彼を好きになるという意味ですか?

Who that has met him coundn't help liking him?になると意味が反対になってしまいますか。

Aベストアンサー

 この who ~? は「誰が~しようか」→「誰も~なんてしない」という意味になる,修辞疑問文と言われているものです(日本語風に言うと,反語ですね)。
 したがって,「彼に会った人は誰でも」could not help liking him「彼を好きにならざるを得ないだろう」のように,cannot help ~ing の感覚で訳すことができます。who ~に not の意味合いが含まれているからです。
>会ったことのある人みんなが彼を好きになる
という意味で合っています。
>Who that has met him couldn't help liking him?
だと,反対というか,意味不明な文になってしまうと思います。

QPLAYの語源ってなんなんでしょうか?

GAMEやSPORTの語源は調べられたのですが、
PLAYの語源について気になっています。

PLAYの語源ってなんなんでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと検索したらこんなのが出てきた

参考URL:http://www.etymonline.com/index.php?term=play

QI told him to come. の him は意味上の主語?

と理解していいのでしょうか?不定詞の意味上の主語が必ず for ~という形にならないと考えられますし、そうすれば、この文型は、SVOということになりますよね?

Aベストアンサー

そもそも、tell O to 原形の不定詞の用法というのは決められません。
SVOO として名詞的用法という人もいますが、SVOC とした場合にどうするのか?
名詞的用法なら動名詞との対比が問題になりますが、そういうことにならないので、
SVO ~ing との対比は考えなくてもいいと思います。

分詞の ing で see O ~ing のような SVOC とされるものがいくつかあります。
hear, find, keep などでも同じような形になります。

remember his visiting ~のような、動名詞の意味上の主語が、
目的格 remember him visiting ~とすることが出てくるのも、
ネイティブが動名詞と分詞を区別しないせいだと思います。

だから、不定詞の用法も考えない、ing も動名詞か分詞か考えない、
とすると、ある程度 V O to 原形と V O ~ing となるものと対比ができるとは思います。

Q語源の学習方法

英単語を覚えてて、ある日
友達から語源を覚えると、多くの単語を覚えれると言われました。

語源とは何?と思い、調べてみると、日本語で言う所の、部首に相当するものと知りました。

そこで、語源を覚えようと思い本屋へ言って、それらしい本をみたり、
インターネットでそれらしいサイトを見たりしてたんですが、

今まで、そう言うのに触れたりした事なかったせいか、

語源の学習方法が良く分かりません。

皆さんは、どのような方法で語源を勉強しているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
実用的側面からお話しさせて頂きます。

(1)
「部首に相当するもの」とのことで、語源 ⇒「接頭辞・接尾辞・語根」 、、、こういったものを指しているのだと思います。旺文社の英検一級試験の最初のセクションが「語彙・イディオム25問」なのですが、ネイティブも知らないようなマニアックな単語ばかりなので、頭が辞書になっている人でないと全問正解は絶対に不可能です。出題された単語をたまたま知っていた、或いは勘が冴えていたということでないと半分正解も難しいでしょう。半分「運」であって、勉強のし様がないということですね。

これを少しでも克服しようということで、旺文社「英検一級教本」の当該セクションのところに「接頭辞・接尾辞・語根」の章があります。これらの例が50個ほど掲載されています。例えば:
・duc/duce/duct ⇒ 「「導」を表し、abduct(誘拐する)、seduce(誘惑する)、deduce(結論を導き出す)、aqueduct(送水管)」
・am ⇒ 「「愛」を表し、enamored(魅惑される)、amiable(気立ての良い)、amorous(好色の)」

(2)
これらはこれらで有効であって、試験に出た単語を知らなければヒントになるものもあるとは思うですが、では「duc/duce/duct(=導)」から、もっと一般的に実用される reduce(減らす)、deduction((税額)控除)などの単語が連想できるか?、或いは、「am(=愛)」と amortization(減価償却)、amateur(素人)などの単語を関連付けられるか?というと、僕はちょっと???だという印象があります。その前の過程として、am は amore、amour(それぞれ伊語、仏語で「愛」)が語源だと何となく分かっても、duc/duce/ductが「減少する」ではなくて「導」が語源になっているとは、僕にはちょっと解釈し難いところがあるのです。

或いは、接頭辞で有名なのは Pro と Con、すなわち「賛成と反対」ですが、progress(前に進む)や contradict(矛盾する)などは察しが付いたとしても、procrastinate(先延ばしにする)とか concrete (具体化する)なんていう単語は、「賛成と反対」とは反意的な意味あるとさえ感じられます。

(3)
多分、もともとは「接頭辞・接尾辞・語根」もそれっぽい使い方をされていたのだろうと察しますが、それぞれから派生?して現代で使われる英単語は、必ずしももともとの「接頭辞・接尾辞・語根」の意味を含蓄しているとは僕には思えません。「なるほど」と思えるのは、まあせいぜい半分くらい?でしょうか。なので、「この接頭辞なら、絶対にこの類の意味であるハズだ」と思ってしまう方がよっぽど危険である気がします。

ちょっとご質問の主旨とは違うのかも知れませんが、英語が長い者(ちなみに英検一級です)の中にも、こういう意見もあるというご参考までに。

こんにちは。
実用的側面からお話しさせて頂きます。

(1)
「部首に相当するもの」とのことで、語源 ⇒「接頭辞・接尾辞・語根」 、、、こういったものを指しているのだと思います。旺文社の英検一級試験の最初のセクションが「語彙・イディオム25問」なのですが、ネイティブも知らないようなマニアックな単語ばかりなので、頭が辞書になっている人でないと全問正解は絶対に不可能です。出題された単語をたまたま知っていた、或いは勘が冴えていたということでないと半分正解も難しいでしょう。半分「運」であ...続きを読む

QShe kissed him.が、「彼女は唇を押し付けた」と訳せるようになるには?

こんにちは、洋書を日本語訳の本と読み比べていたのですが、

その中で、

She kissed him.が、「彼女は唇を押し付けた」になっていました。

男がグダグダ言っている最中に女性がしたキスなので、なるほど「押し付けるような、唇でだまらす様なキスだったに違いない!」と流石プロの訳だな~!と思ったのですが。

私は英語中級者で、原文からは「彼女は彼にキスした。」しか分かりませんでした。

こんな訳ができた翻訳者は、英語力もすごいのですが、それ以上に欧米の文化にも深い理解があったのでしょうか? それとも作者にどんなキスだったのか聞いたのでしょうか? 兎に角翻訳者の方っていったいなんでこんなすごい訳ができるんでしょうか?

『素人の素朴な疑問』ですので、翻訳者になる為のアドバイスではなくて、『翻訳者ってのは、こういう知識を基本的に持っている。 』又は、『いや、翻訳者じゃなくてもそれくらい思いつく、』(私の想像力が足りないだけで、普通の人は「唇を押し付けた」という訳にできるのでしょうか?)など教えてください。

よろしくお願い致します。

こんにちは、洋書を日本語訳の本と読み比べていたのですが、

その中で、

She kissed him.が、「彼女は唇を押し付けた」になっていました。

男がグダグダ言っている最中に女性がしたキスなので、なるほど「押し付けるような、唇でだまらす様なキスだったに違いない!」と流石プロの訳だな~!と思ったのですが。

私は英語中級者で、原文からは「彼女は彼にキスした。」しか分かりませんでした。

こんな訳ができた翻訳者は、英語力もすごいのですが、それ以上に欧米の文化にも深い理解があったのでし...続きを読む

Aベストアンサー

#4欄にいただいたお礼を拝見しました。

回答を楽しんでいただけて何よりですが、いろいろと誤解なさっているようで、まず私、文章を短くするの下手なんですよ。明確な回答がないご質問に対しては、つい、長い回答を書いてしまうんです。それに、英語力が乏しい有名な翻訳家たちの中に私は含まれていないので、謙遜ではないのです(笑)。あ、いやいや、自分の英語力が乏しくないと言っているのでは決してなく、自分は有名でないので。

それはさておき、「調査力」に感動していただけたようですが、翻訳作業の大半は「調査」です。なので、いくら英語が堪能で、いくら有名作家なみの日本語が書けても、調べ物をまめにできないと、原文の背景に即した訳を作れないんです。ノンフィクションの場合は特にそうですね。その代り、作家ほど創造性がなくても翻訳はできます。

余談ですが、文脈によっては「彼女は唇を押し付けた」のような訳文も“作りすぎ”と言われる場合があります。例えば、前後の文章などから明らかに「唇を押し付けた」のだと判断できれば問題ないわけで、今回、「文脈から『彼女は唇を押し付けた。』があまりにもピッタリくる」とおっしゃっているからには、訳者は原作者に問い合わせるまでもなく、文脈を自分で読み取ったのではないかと想像します。しかし、そうでない場合、「She kissed him」という英語だけを読んだ読者たちは「これって軽いキスだよね」「いや、ブチューって感じでしょ」という議論を楽しめますよね。でも日本語訳しか読んでいない読者は「ブチューとしか考えられない訳文ですけど」ってことになるわけです。世の中には、「日本語版だけを読むと美しくて読みやすい物語に仕上がっているが、原語版と内容が食い違う」という翻訳作品が少なくありません。それはそれでいいのかもしれませんが、私は「日本語版を読んだ人と、原語版を読んだ人とが、同じ目線で語り合えるような訳文」が好きなんですよね。

#4欄にいただいたお礼を拝見しました。

回答を楽しんでいただけて何よりですが、いろいろと誤解なさっているようで、まず私、文章を短くするの下手なんですよ。明確な回答がないご質問に対しては、つい、長い回答を書いてしまうんです。それに、英語力が乏しい有名な翻訳家たちの中に私は含まれていないので、謙遜ではないのです(笑)。あ、いやいや、自分の英語力が乏しくないと言っているのでは決してなく、自分は有名でないので。

それはさておき、「調査力」に感動していただけたようですが、翻訳作...続きを読む

Q語源に関する「読み物」

語源辞典や、語源で覚える単語帳、というよりも語源をテーマに書かれたエッセイ的な読み物を探しております。
有益性よりも、「語源って面白いなぁ」と思えるもの、特に下記サイトのようなアプローチの書籍があればベストです。

http://www.alc.co.jp/eng/vocab/etm-cl/index.html

ご存じの方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

渡部昇一著「英語の語源」は如何ですか。  数十年前ですが興味深く読んだのを覚えています。  「英語の歴史」か「英語の語源」だったか、題名を忘れていたのでwww.google.comで検索して思い出だしました。    

余談ですが、著者は日本、日本語にも造詣が深く、「日本語の語源」、「日本の歴史」についても著述があります。  その時分は渡部氏(氏と言うより、今では博士かもしれません。)の本を発売される度に買い求めて読んだものです。

Qno matter what

高校生です。whatever 何が(を)~しても は no matter whatと同じとなっていますが、 no matter ってなんですか?文法的にはどのように解釈すればいいのでしょうか?教えてください。 

Aベストアンサー

 It is (of) no matter what ~.
「何が~であるのか(何を~するのか)ということは問題ではない」という形式主語構文がもとの形でしょうか。
 もちろん,形式主語構文の場合は名詞節ですが,「問題ではない」という表現といっしょになって,「何が~であろうと問題ではない」→「何が~しようとも」という副詞的(譲歩的)な意味になるということでしょう。


人気Q&Aランキング