人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

建設事務所に働く経理初心者です。
わからない点があるので教えていただければと思い質問します。

通常ですと、売り上げがあると請求書を送ってからお金をいただく、という形ですが、
お客様によっては、お客様側で請求書を送ってきて、
印をして送り返すだけ、という場合があります。

通常はコピーしてから送り返すのですが、
たまにコピーし忘れてしまうことがあります。
そうなると、請求書も、データもない状態に・・・。
作業終了書、見積もりもありません。
(売り上げは振り込まれるので通帳には金額は記載されています)

税務署が入ってきたときにデータも紙もないとつっこまれるかも、と心配です。
対策として今から請求書を弊社が作成・発行・保存してもOKでしょうか。
それとももっとよい対策はありますでしょうか。

どなたか詳しい方がいましたら、ぜひとも教えていただけますか。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

原則を言えば、請求書は揃っていたほうがよいでしょう。


もし、控えをとり忘れたなら、先方にはあるはずなので、先方にコピーかファックスしてもらうほうがいいでしょう。
対策に挙げられた
> 今から請求書を弊社が作成・発行・保存
は先方が保管する請求書と違ってしまいます。裏付けを取ることもあるので避けた方がいいでしょう。

裏技というか乱暴な言い方ですが、請求書がなければないで押し通す事もできます。
税務調査は、税金の脱税や計算ミスから税金を持っていくのであって、帳簿の不備に対して税金を持っていくことは出来ません。
ですから、悪意やごまかしがあってそろっていないなら別ですが、コピーのとり忘れ程度なら、なくても大丈夫だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>裏技というか乱暴な言い方ですが、請求書がなければないで押し通す事もできます。
>税務調査は、税金の脱税や計算ミスから税金を持っていくのであって、
>帳簿の不備に対して税金を持っていくことは出来ません。

ああ、これ聞いて安心しました(笑)
つっこまれても最終的にはなんとかなるんですね。
税金の支払いは担当の税理士さんに
「ここまできちんとごまかさず(節税等一切せず)税金を払っているのはお宅くらいだよ」
とある意味太鼓判を押されるほどなので大丈夫だと思います。

今更先方にコピーをもらうのも気が引けるので、
なんとか押し通したいです・・・(本当はよくないのでしょうが)

今後は請求書などきちんとコピー、忘れたと気付いた時点で早めにコピーもらいます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/15 10:41

建設事務所なら注文書と請書は無いですか?


それがあれば税務署は文句も少ないでしょう。
注文書が無いと瑕疵や中断など訴訟で非常に不利になりますので
与信対策として注文書類の授受に気を配った方がいいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

注文書はもしかしたらみつかるかもしれませんが、
全部はなさそうです・・・・

私が入社した数年前、社内が諸事情で非常にばたばたしており、
その時期の書類がみあたらない、というのがよくあるからです・・・・。
(もちろん今はきちんととっています)

いざという時に注文書・請書はとても重要なんですね。
教えてくださってありがとうございます。

わからない点が多くてパニックの毎日でしたが、
最近ようやく周りがみわたせるようになってきましたので、
書類管理、今後はさらに力を入れていきます。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/15 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の控えの保存について

経理関係の知識が全く無い人間です。ですが、このたび、母から個人経営の月極駐車場の管理を任されることになりました。
店子さんから賃料を領収した際に、領収書を渡しているのですが、複写式になった控えのほうはどのような形で保管するればよいのか教えてほしいです。領収書の冊子につけたまんまにしておかないといけないのでしょうか。それともその控えを台紙からはずして、ファイルなどに保存するほうが紛失もないかと思うのですが。
ご教示お願いします。

Aベストアンサー

>領収書の冊子につけたまんまにしておかないといけないのでしょうか。

法人税法施行規則59条3項
取引に関して、相手方から受け取つた注文書、契約書、送り状、領収書、見積
書その他これらに準ずる書類及び自己の作成したこれらの書類でその写しのあ
るものはその写し

つまり、領収書を発行して控えがある場合には控えを取っておくこと。と定め
られています。(控えが元々無い場合には、保存する必要はありません)

この規則がありますので、領収書控えが無いからと言って罰せられる事はあり
ません。

但し。税務署が望む管理方法(詳しくは所轄の税務署にご確認下さい)
 ◯領収書番号は連番であること
 ◯領収書は複写式であり、冊子式であれば冊子を崩していないこと
 ◯間違えた領収書、未渡しの領収書は、控えに貼付しておくこと
 ◯領収書は、宛先・受領金額・受領日を明確に記載する事

以上を満たしていれば、税務調査時に文句を言われることはありません。

>それともその控えを台紙からはずして、ファイルなどに保存するほうが

税務署は控えを冊子から外した時点で、改竄の疑いを持ちます。
このようにした場合であっても法律には触れませんが、領収書控を丁寧に調べ
る事になります。
(わざわざ、税務署に疑いをもたれる行為をする必要はありません)

>領収書の冊子につけたまんまにしておかないといけないのでしょうか。

法人税法施行規則59条3項
取引に関して、相手方から受け取つた注文書、契約書、送り状、領収書、見積
書その他これらに準ずる書類及び自己の作成したこれらの書類でその写しのあ
るものはその写し

つまり、領収書を発行して控えがある場合には控えを取っておくこと。と定め
られています。(控えが元々無い場合には、保存する必要はありません)

この規則がありますので、領収書控えが無いからと言って罰せられる事はあり
ませ...続きを読む

Q請求書、納品書はコピーでも大丈夫?

支払日が迫るにつれて「本当はどうなんだろう?まあいいや」
で済ませているのが、請求書と納品書のことです。
社内の人間が仕入先の納品書をなくすことが割とあり、
その場合はいつも相手方に、納品書控えをFAXで入れてもらっています。
後日税務署の人が来たときにそれで問題にされることがあるのでしょうか?

また先日請求書が不着だったことがあり、相手方が
「絶対に送った」と譲らなかったため、仕方なく請求書のコピーをFAX
してもらいました。請求書がただのFAX用紙(コピー用紙)でもいいのでしょうか?
アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>後日税務署の人が来たときにそれで問題にされる…

昨今話題になっているような二重計上、五重計上であったり、日付や金額を改ざんしたものでない限り、別に問題ありません。
用紙、様式がどうのこうのでなく、その買い物が事業用途であることに間違いがなく、現金出納帳その他関係帳簿に齟齬が生じていなければ、税務署は何も言いません。

>請求書がただのFAX用紙(コピー用紙)でもいいのでしょうか…

それはあなたの会社が決めればよいことです。
支払い担当が、FAX用紙などではダメと決めている会社もあるでしょうね。

Q領収証発行に控えはいるのでしょうか?

領収証発行時のことで教えていただきたいのです。
期日・宛名・金額・但し書きのみ未記入の領収証を大量に作成し、複写等はせず控えの残らない形で、その都度期日・宛名・金額・但し書きを記入して渡すという方法は法律上どんな問題がありますか。
領収証というものは控えをとるというのが常識とも聞きますが。

Aベストアンサー

どのような商売、事業をされているのかわかりませんが。
たとえば、質問者さんの会社で、商品販売代金として5000円の領収書を発行したとします。
後日、そのお客さんが「万」の桁のところに「1」を書き加えた15000円の領収書を持ってきて、「先日5000円の商品を買ったら15000円も払わされたので返金しろ」とか言ってきたらどうしますか?
相手との取引で、おなじ内容の書類(正・副、本・控、まったく同じものに割印)をお互いが持っておくということは自己の権利を守るためにも非常に重要です。契約書、注文書、請求書、送り状、検収書、領収書などなんでもそうですよね。
複写による控え、連番管理など、自己の権利を守るため考え出された先人の知恵です。

Q税務調査 追徴課税500万! いくら脱税したわけ?

友人の個人事業の会社の話なのですが
税務調査での追徴課税で500万の請求がきたそうです

内容は仕事を他の会社にまわしていて
まわしたことでの手数料を帳簿につけていなかったそうです

その分が3年ほど追徴課税できたとのことでしたが
他の知り合いに話をしたところ「個人事業での500万の追徴課税は大きい脱税だったんでは?」
と言っていました

この場合には友人の個人事業はいくらの脱税をしたことになるのでしょうか?
おおよその金額でいいので教えてください

Aベストアンサー

税務調査の判断基準がありますので、税額で500万円追徴課税されたということであれば、5000万円~3000万円の脱税となります。

過去3年間で、税額500万円であれば、加算税・延滞税・市県民税・健康保険税、総額で800万円を超える追徴税額ということになります。

たぶん、今後事業継続は不可能かと思われます。

税務署によってある程度基準がありますが、1年間に2000万円以上所得をごまかしたりすれば、その個人事業主は、永久管理対象者とされます。

Q税務調査で自宅に税務署のかたがきます。。。

21日に税務署のかたがきます。

「税務調査の協力をお願いします。」っと言われました。
「資料を用意して欲しい」と言われました。

きっと領収書、通帳などかなって思いましたが
領収書は捨ててしまい、通帳も記帳が終わっていたので捨ててしまいました。
帳簿?っというのも全くつけておりません。

どなたか詳しい方はいらっしゃいますでしょうか?

確定申告は、2年前からやっておりますが、自己流で間違っていることが
多いとおもいますが。。。

間違えていた場合は、税金を多く支払うことで許してもらえるのでしょうか?

補足白色申告、個人です。昨年は1000万円はありません。700万円でした。
前回、申告した領収書も捨てております。
通帳は銀行に行って、記帳したものをいただいてきたほうがいいでしょうか?
その場合、22年度のものだけでいいのか、もっと前のものからの記帳があったほうがいいのかわかりません。

Aベストアンサー

はじめまして。

回答では無いのですが、私も先日の14日に税務調査がありました。(白色 個人)

1000万円以上の売り上げ除外(その分の仕入除外や経費の未算入がある状態)を指摘され、過去7年間の銀行取引の明細を提出するように言われて、向こうからの連絡待ちです。

自分が悪いのは重々承知ですが、生きた心地はしないです。


自分も初めてだったので、何をされるか分からない恐怖心で、税理士の方に立ち会ってもらいました。

他の方も仰っている様に、余計な事は言わずに、聞かれた事だけ話すのがベストだと思います。

ネットで、人当たりの良さそうな調査官だと注意と書いてありましたが、来た調査官も人当たりが良く、指摘箇所を見つけて人が変わってました。

キチンと申告していなかった自分を猛省し、命までは取られない、家族を守らないといけないと、思いながら、少しでも前を見るようにしています。

21日なので明日ですね。がんばって下さいという言い方も変ですが、頑張ってください!!!

Q納品書(仕入・売上)に保存義務がありますか?

従来、売掛帳や買掛帳に加えて、販売時の納品書控や仕入先から発行された納品書までダンボールに入れて保管してきました。近年、取引量が増加したこともあり、上記書類の保管スペースの確保が困難になってきました。
販売の納品書については月に一度、得意先に請求書を発行してお客の承認も得て入金されます。
仕入の納品書は仕入先からの請求書の内容と照合し、相違なければ支払いをします。
そのような運用の中で、何年も納品書を自社で保管する必要がありますか?

過去の取引の中で取引先から問い合わせがあれば、コンピュータの記録を参照して、それで納得できなければ保管してある請求書控や仕入先の請求書を確認する事で問題は解決できています。
税法や商法では納品書の一定期間の保存義務がありますか?
知り合いの会社(複数)では、納品書の保管はしていないという事ですが、違法でなければ当社でも不要な納品書は廃棄したいと考えています。

Aベストアンサー

原則は5年間の保存義務があります。

タックスアンサーより
「■帳簿等の保存
 収入金額や必要経費を記載した帳簿のほか、取引に伴って作成した帳簿や受け取った請求書・領収書などの書類を保存する必要があります。

【帳簿・書類の保存期間】
・帳簿  収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿) 7年
・業務に関して作成した上記以外の帳簿(任意帳簿)   5年
・書類 決算に関して作成した棚卸表その他の書類 5年
 業務に関して作成し、又は受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類 」
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm

ただ、請求書、領収書等で確認できる納品書等の書類については、
破棄できるという風に言われることもあります。
(と、自分も税理士に確認をとったことはありますが、
あくまでも、税務署の公式な見解が最も適切とはいえます。)

Q税務調査の内容・範囲について

昨日、税務署から連絡があり、約二ヶ月後に税務調査(調査期間は3日)に来るとの事でした。
当方は始めての経験であり、とても不安ですので、皆様にご質問いたします。

(1)税務署からの調査告知は、二ヶ月前に行われるのが通常でしょうか?

(2)調査期間3日というのも通常なのでしょうか?(当方は、今年初めて税務調査を受ける個人事業主で、去年の年間売上は6000万円くらいです。)

(3)税務調査の調査範囲として、帳簿と領収書が照合するのか1枚1枚精査するのでしょうか?

(4)また、振込書等控え(ネットバンクから印刷したもの)があっても、その振込先を銀行に一件一件照会したりするのでしょうか(年間約200回位の振込をしています。)?また、紛失している場合は必ず照会するのでしょうか??

以上のことですので、ご回答よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

>(1)税務署からの調査告知は、二ヶ月前に行われるのが通常でしょうか?

早い告知だと思われます。
概ね1ヶ月~1.5ヶ月前程度が多いと思われます。
税務調査の指定日が御社の繁忙期等、よんどころ無い事情があれば時期を前後
させてくれます。(営業の邪魔をする事はありません)

>(2)調査期間3日というのも通常なのでしょうか?

一般的には3日を指定する場合が多いと思われます。
御社の会社規模からして、何も指摘事項がみつからなければ1日~2日で調査が
完了する場合もありえます。(勿論、それ以上長い場合もあり得ますが・・・)

>(3)税務調査の調査範囲として、帳簿と領収書が照合するのか1枚1枚精査するのでしょうか?

一概には言えません。税務調査は調査官(統括官)が事前に机上調査を行った
上で来社しますので、調査の要点は事前に決めています。
(会社によって、調査の内容は異なります)

調査官は、帳簿や領収書、請求書(控)、等々をサンプル調査すると思われま
す。サンプル調査で不明事項(調査官が分からない事項)があれば、全期間調
査する場合もあります。サンプル調査で何も発見されなければ帳簿調査は一旦終了。
在庫がある場合は、在庫管理の方法や、在庫のサンプル調査。実際に倉庫を歩
いて、置いてあるメモ類などを見られる事もあります。
(落ちているメモ等、重要な内緒の話が書かれている場合もあるので・・・)
在庫等をサンプル調査して問題があれば、帳簿と照合する事もあります。

また、調査は3日間であっても、”宿題”として、後から提出して欲しい旨の
資料請求をされる場合もあります。

>(3)出張旅費や交際費等をやはり調べるのでしょうね。

一般的な会社は、交際費(交際費隣接勘定)を調べられる可能性が高いです。
交際費が少ない会社は会議費や交通費に交際費が紛れ込んでいないかを調べます。

>(4)また、振込書等控え(ネットバンクから印刷したもの)があっても、その振込先を銀行に一件一件照会したりするのでしょうか

上記(2) (3) の調査結果で、不明事項が多数あれば、全件調査をする可能性が
あります。また、上記に不明事項が無い場合は、数件のサンプル調査をするだけ
の場合もあれば、全く調査を行わない場合もあります。
(調査官の調査方法により異なります)

>(4)振込先の住所等が記載された一覧表を予め作成しておけば良いのでしょうね。

取引先一覧等の資料が完備されている場合は、調査官の心証が悪くなる筈があり
ません。事前に作成しておきましょう。
(提出を求められるかどうかは、調査の状況次第です)


基本的に税務調査は、”名目上は”正しい申告がされているかを調査し、誤
った点があれば指導する事ですが、実際は税務署には国税庁から”徴税予算”
が配賦され、その予算を調査によって徴税しなければならないのです。
限られた時間内で効率よく徴税をしなければなりません。

よって
   順法意識(納税意識)の高い
   帳簿がしっかりつけてある
と調査官が感じれば、1日で調査が終わる可能性もあります。
(時間をかけても、過少申告等が発見できない可能性が高い場合)

サンプル調査で、不明事項が散見されると3日間みっちり調査されます。

>(1)税務署からの調査告知は、二ヶ月前に行われるのが通常でしょうか?

早い告知だと思われます。
概ね1ヶ月~1.5ヶ月前程度が多いと思われます。
税務調査の指定日が御社の繁忙期等、よんどころ無い事情があれば時期を前後
させてくれます。(営業の邪魔をする事はありません)

>(2)調査期間3日というのも通常なのでしょうか?

一般的には3日を指定する場合が多いと思われます。
御社の会社規模からして、何も指摘事項がみつからなければ1日~2日で調査が
完了する場合もありえます。(勿論、それ...続きを読む

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q領収書があれば請求書はいらないでしょうか?

会社で経理の仕事をしています。ネットバンキングと銀行窓口で個人・法人に支払いをしました。
ネットバンキングと銀行窓口の支払いを証明する書類はあるのですが、請求書と領収書がありません。支払額が高額であることもあり、請求書を支払相手からいただきたいと思っているのですが、個人の支払先の場合、こういうことに慣れてるか不透明なこともあり、請求書をしっかりと発行してもらえるかどうかわかりません。
過去に個人事業主にしっかりとした請求書を発行してもらうのに、1か月かかったとこがありました。たとえば、請求書の日付を支払日より後で振られてしまったり、ということがありました。
また、支払先とのやり取りが非常にデリーケートで頻繁に連絡がでる相手ではなく、支払は半年前のことです。
一層、領収書を支払日で作成してもらい、取引の内容を細かく領収書の但し書きに書いてもらえばよいかと思うのですが、経理の処理上、請求書が必要でしょうか。領収書があれば請求書は不要というのは無理でしょうか。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>請求書を支払相手からいただきたいと思っているのですが…

その前に、なんでそんな支払いをしたのか第三者に説明できますか。
ふつうは請求書が来てから支払うものです。

請求書に代わる詳細な見積書や契約書があるのなら、それでも良いですけど。

>取引の内容を細かく領収書の但し書きに書いてもらえばよいかと思う…

ふだんから現金商売の店ならそういうこともあるでしょう。

そうではなく掛けでの取引が主体の会社なら、なんかの裏金を払って、こじつけに明細を作ってもらったみたいですね。

>領収書があれば請求書は不要というのは無理でしょうか…

あくまでも社内の問題ですから、上司や監査人らがそれで良いというなら良いですが、一般的な商慣習としてはノーです。

Q一般収集資料せん…提出しなかったら?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…と感じました。

そこで、国税局のHPやフリーソフトなどでパソコンを使って簡単に作れる方法を模索してみたのですが、ありません。
グーグルで検索してみたところ、名古屋国税局などでは入力フォームがあったのですが、東京国税局管内の為、便利な入力フォームなどはないとのこと…。

正直言って、一枚一枚手書きで作成するのはイヤです。
所轄税務署に問い合わせたところ、これはあくまで出来る範囲でご協力いただくものですので…と曖昧な感じでしたが、要は出さなくてもいいものなんでしょうか?

社員10数名の会社で、経理担当を一人でやっています。
二年に一度の割合で、税務署から「売上、仕入、リベート、費用などに関する資料」の提出の協力依頼が来ます。(一般取引資料せん、とその用紙には書いてあります。)
今年もその書類一式が来ました。

この仕事について6年目ですが、今までは取り上げる件数もさして多くなかったため、当然のように作って提出してきました。
ところが今年は作成範囲が細かくなったのと、業績好調で取引件数自体も多く、今までのようにすべて手書きで、作成するのは無理…...続きを読む

Aベストアンサー

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった、という話も聞きます。
ですから、それからすると、数枚でも提出さえすればその税務署の提出実績にカウントされますので、それ以上何も言われる事はありませんが、ただ、適正な課税のためには極力協力した方が良いとは思います。

フリーソフトについては、下記サイトで公開していますので掲げておきます。
(この中の、メニューから「オリジナルフリーソフトウェア」をクリックして、その中から選んでダウンロードされて下さい。)

参考URL:http://www7.ocn.ne.jp/~yukisaki/Homepage/mitu.html

他の方も書かれているように、資料せんは法律に基づくものではなく、任意での協力になります。
そもそもは、資料せんの相手方の調査等の資料とすべきもので、提出しなかったからといって何らペナルティーはありません。

聞いた話によれば、国税局単位で、1ヶ所に提出された資料せんを集めてCP処理するそうで、その際、税務署単位で提出実績みたいのものがあるそうで、その数字が悪いと税務署が言われるみたいで、その関係から、提出しない場合は催促が言ってきますが、そのまま無視していたら来なくなった...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング