これからの季節に親子でハイキング! >>

今、中学2年で、理科の自由研究に悩んでいます。
今年は、「色を分ける実験」というのをしようと思っています。

水性ペン一色に、どの色が使われているのかを調べる実験なんですが、
「ペーパークロマトグラフィティー」という方法を使うようです。
              ↓
 http://suntory.jp/kids/mizu-iku/study/research/0 …

・この実験は、中学生にふさわしいでしょうか・・・幼すぎますかね??

・それと、実験に使うペンは、「マッキー」の水性ペンでも良いのでしょうか?

提出日まで一週間もないので、他の実験の方がよいなら、
早く終われそうなものをお願いします><;!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

単順に色をわけて終わりでは少々貧弱な気がしますが、なぜその組み合わせが必要なのかなどを調べてまとめれば、これはもう十分立派な研究といえるでしょう。

なぜ一色のインクで作らないのかやこの色の組み合わせでどうして目的の色になるのかなど、いくらでも深く研究できるでしょう。同じ黒の水性ペンでもメーカーが違えば色の組み合わせや割合が違うかもしれませんし、水性の黒ということであれば墨はどうでしょうか?インクとは違うかもしれませんね?

研究はテーマを決める事も大切ですが、どこまで深く掘り下げられるかがもっと大事なんですよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

すごく助かりました。ありがとうございます<(_ _)>

そうですね、水性ペンといっても沢山ありますね!
墨も面白そうです!やってみます。
さまざまなヒントを下さり、とても参考になりました^^
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/08/12 18:27

回答させていただきますm(_ _)m



その自由研究のテーマ、全然ありですよ!


私は高校の化学の実験でそれをやりました。

その時は水性のマッキーペンだった覚えがあるので、大丈夫だとおもいますよ?

その高校での実験で結構盛り上がり、
ペーパークロマトグラフィティーの存在を知らなかったのもあってか、結構楽しめました\(^o^)/

上手く纏めれば、クオリティーは高くなると思います。
自由研究頑張ってください!
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありですか!良かった~...。
マッキーペンでいいんですね!安心しました。
実験楽しみになってきました^^頑張ります。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2011/08/12 18:23

いいんじゃないかい。

確かに「小学生中学年~高学年」向きだけど、中2でもOKでしょう。ただ大人の目(一応専門家)から言わせてもらえば「色を分ける実験」とういうタイトルより「色分解についての実験」の方が「難しそうで」良いかも。水生ペンならOKだけど二度と使えなくなるので、こずかいと相談の上、実行する事。がんばれよ。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

確かに!タイトルは変えたほうが大人っぽくていいですね!
二度と使えなくなるんですか~...知りませんでした!
危なかったです(汗
大事なことに気づかせて下さり、ありがとうございました!!

お礼日時:2011/08/12 18:19

サイト丸写しでなければいいのでは、


それとついでにハーブティーを使った、酸とアルカリによる色の変化など。
a.マローブルー(紫)
b.ローズヒップティ(赤)
リトマス試験紙を上記お茶に付けて色を見る。

それぞれのハーブティーを透明なプラスチックコップかペットボトルを切った即席の容器にいれて、
これにスプーン一杯の重曹を少しずついれる。
色はどうかわるかな。

そして、酢(食用の米酢)を水で希釈したものを作り(酢1に対して10くらいの水)。
同じよう気に少しづつ入れてみる、色はどうかわる?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ハーブティを使ったものもあるんですね!!
結果が気になります・・・!
少し難しそうですが、時間があればやってみたいです^^
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/12 18:16

時間がないのであれば、とりあえずその実験をして、


レポートをまとめましょう。

その上でもし時間が余ったら、
どうしてそうなったのか? 理論理屈を調べあげましょう。
なんとかキットとかの題材にとらわれず、
疑問が湧いたら、自分で新しく何かを実験して、また考察しましょう。
基本的にこの繰り返しで、いくらでも深い世界に入り込むことができます。
中学生なら、その感覚をなんとなく分かって欲しいかな。

表面上は小学生レベルでも、「何故そうなるのか?」を突き詰めれば、
余裕で大学生レベルまで発展出来ると思います・・・。

ちょっと「クロマトグラフィー」でググってみましたが、
はっきり言って私には手におえません(笑)

要はどのくらい深く考察するかが大事なのですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですね!まずはやってみます。

確かに、奥が深そうですね...!
 かなり納得できました~!!!
ご回答ありがとうございました(T∀T

お礼日時:2011/08/12 18:12

別にその実験でいいんじゃない?

    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですか!安心しました^^
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/08/12 18:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水性ペンのインクの色が分離する理由について

中2です。今、自由研究で水性ペンのインクについて
「ペーパークロマトグラフィー」という方法で実験しています。

そこで、実験を終えて、考察を書いているんですが、
インクの色が分離した理由がわかりません(汗

検索しても、検索の仕方が甘かったのか、理由が出てきません。

宿題の提出期限まで3日しかありません!!

何故、インクの色が分離したのか理由を教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

 インクはいろいろな色素が混ざってできていて,色素により水に吸い上げられる力の大きさが異なるからです。

Qペーパークロマトグラフィーについての実験の考察の書き方、教えてください。

私は、中学3年生の女子です。
夏休みの理科の宿題で、自由研究が出ました。
それで私は、ペーパークロマトグラフィーで、色素の分離をしてみる事にしました。
実験は、簡単にできるのですが、どう考察を書いたらいいのかがわかりません。
どなたか、お詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

ペーパークロマトグラフですか。
化学の定性測定(何が入っているか?)の基礎ですね。原理などはしっかり押さえて下さい。(教科書や参考書もいいけど、できたら図書館に行ってみるなど。できるだけネットは使わない)

実験レポートは「目的・予想」→「方法・原理」→「結果」→「考察」の構成で行われ、考察で気付いた点(疑問点・改良点)があればそれを解決するために、新たな実験を行います。

というわけで、考察とは結果を通じて…
何故このような結果になったのか?
予想と違ったのはなぜか?
もし失敗であれば何がいけなかったのか?
それを解決するためにはどうした良いか?
もっと簡単な方法はないか?
分量や手法を変えたらどうなるか?(予想も含めて)

ヒントとしては…
様々なペンの色を試す。
油性ペンは?水性ペンは?
紙の種類は?
展開溶媒(紙の下に浸す液体)は水を使ったり、お酒を使ったり、消毒アルコールや除光液では?
本当に混ぜたらその色になる?
それぞれについて、あなたは結果をどう予想する?
予想が違ったら、なぜ違うか考える→考察

予想をしない化学者は失敗を繰り返し、最悪の場合は事故を起こします。
「とりあえずやる」のではなく、自分なりにいろいろ考えてみてくださいね。

ペーパークロマトグラフですか。
化学の定性測定(何が入っているか?)の基礎ですね。原理などはしっかり押さえて下さい。(教科書や参考書もいいけど、できたら図書館に行ってみるなど。できるだけネットは使わない)

実験レポートは「目的・予想」→「方法・原理」→「結果」→「考察」の構成で行われ、考察で気付いた点(疑問点・改良点)があればそれを解決するために、新たな実験を行います。

というわけで、考察とは結果を通じて…
何故このような結果になったのか?
予想と違ったのはなぜか?
もし失敗で...続きを読む

Q★この実験は中学でも適切?

連続すいません。
前のスレではたくさんの御返答ありがとうございました!
とても参考になりました。

別の実験を考えてみたのですが、
「ペーパークロマトグラフィー」は
中学生がやる実験としては適切ですか?
小学生の時にやったような記憶が
あるような無いような…といった感じです。

ちなみにこんな実験です↓
http://www2.tokai.or.jp/seed/seed/minna6.htm

お願いします。

Aベストアンサー

適切というのはどういういみでしょうか?

「中学生でも安全にできる」という意味でしたら、薬品(アルコールや有機溶媒を必要とします)の使い方さえしっかり指導を受ければ問題ないと思います。

自由研究にしたいということでしたら、「色分けできてキレイ」という作品を作るのが目的ではないので、研究、結果、考察次第だと思います。

クロマトグラフィーは質問者さんの思っている以上に重要な手法で、最先端の研究でも重要な実験技法の1つです。
せっかくなので、それについても調べて見てはいかがでしょうか。

Q自由研究について(色の三原色&光の三原色)

こんにちは。今、夏休みの宿題に科学研究(自由研究)が出ていて、悩まされています。
色々考えた末、課題は「色の三原色」について調べようと思っているのですが・・何をしようとかは決まっていません。
結構学校側も厳しくて、実験はもちろん数量化してまとめなさいとの事です。(普通かな?)
「色の三原色」について、インターネットで調べていてもあまり良いものは出てきませんでした。
調べていると、この課題は中学生には少し難しいとも書いてありました。(余談になりますが、実は最初「光の三原色」と対比して考えようとも思ってました。)
何か色の三原色について(光の三原色についても何か有りましたら)良い実験方法などがありましたら教えてください。ちなみに自分は中3です。
少しの情報でも何でもいいので・・・。宜しくお願いします。
分かりにくい文ですいません。

Aベストアンサー

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売されたものがいいと思います。
秋葉原か、通販がいいと思います。

実際の実験としては色を実際に混ぜて比率をかえてみるとかでしょうかね。ここはアイディアしだいですね。

ただし、LEDは豆電球と違ってただ電池をつないだだけでは光りません。というか光ることは光るのですが、許容できる電圧のはばがかなり狭く、電流による何らかの制御が必要になってきます。ちょっと電圧をこえちゃったらすぐに切れてしまうし、下回るとうんともすんともいいません。そのため、適正電圧より高い電源を用意し、それを抵抗などを使って、20mA以下の電流が流れるような回路を作らなければいけません。この計算は中学校のオームの法則で求められます。ただし、この実験にはLEDや抵抗の他にやはりテスターが必要です

もし、がんばって回路を組みたいというのなら協力しますが、難しいと思うのならLEDの利用はあきらめた方がいいと思います。もちろん他にも様々な実験があると思うので探してみて下さい。

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売された...続きを読む

Q自由研究を1日でおわらしたい

明日、提出らしく今日1日で終わらせれるような
自由研究のサイトなどおしえてくれませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

1日で出来そうなものもありますよ。

http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/

参考URL:http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/

Q夏休み自由研究 中3

夏休みの自由研究で
インクの色の成分を分ける
「クロマトグラフィー」の実験を考えているのですが
中3がやるには少し簡単すぎますか?
もし、ほかにいい自由研究があれば教えていただきたいです。
ちなみに、理科の自由研究のみです(^-^;

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単純に色インクを分けるだけなら、小学校の自由研究。

これに例えば、「インクメーカーを変えてみる」「展開材を
(水・エタノールなど)変えてみる」「展開材の温度を変え
てみる」などして、時間によってどういう状態になるかを
計測してグラフ化すれば、中学のレベルになります。
http://www2.tokai.or.jp/seed/seed/minna6.htm

更にこいつを何回もやって、ずれを統計分析すると、高校
のレベルになってきます。

Q水性マジックを濾紙につけて水で濡らすと、なぜ色が別れるのですか?

例えば、黒のマジックを濾紙に付けて濡らすと、色が滲んで青や緑や紫や黄色の縞が出来ますが、これはどうしてでしょうか?緑のマジックだったら青と黄色になるのは混ぜるとそうなるからというのではなく、なぜ紙の上に色が別れて縞ができるかを知りたく思います。ご教授願えませんか?

Aベストアンサー

こんばんわ。
まず、水性マジックの着色剤はほとんどの製品が顔料ではなく染料を使用しています。
2番目に染料には黒色の物がほとんどありません。従って、黒マジックは油性、水性を問わず赤系、青系、黄系の染料を混ぜて作り出しています。
次に濾紙の上での色の分離は、他の方が答えているように紙の繊維に吸着された染料が吸着の難易によって水の広がりに従って拡散していく段階で分離するものです。この原理を利用した分析方法がペーパークロマトグラフと呼ばれる分析方法です。ペーパークロマトでインターネットで検索すると色々な情報が得られると思いますよ。

Q自由研究(どの色が一番光を吸収するか)

私は中学2年で、今自由研究をしています。その自由研究の内容はまず透明なプラスチックコップに黒、白、赤、緑、青、なにもはってないもの、の6つを用意し同じ量の水をいれ太陽の光がよくあたる場所(外)におきました。そして30分後と1時間後にそれぞれのコップの水の温度をはかりました。そしたらこんな結果になりました。

       赤   青   黄  黒  白  なし
30分後  35,5  35,8  35  36,3 34,5 36
1時間後  35,8  36   35,5  37  35,2 36,2

こんな結果になりました。
この結果からは『白→黄→赤→青→なし→黒』
となりますが、一番黒が光を吸収し白が一番光を吸収しないとゆうことであってるのでしょうか?
『白→黄→赤→青→なし→黒』何故このような結果になったのでしょうか?色の濃さが関係しているんでしょうか。

Aベストアンサー

>一番黒が光を吸収し白が一番光を吸収しないとゆうことであってるのでしょうか?

水温が光の吸収のみに依存しているのでしたら実験結果をみるとそういうことになりますね。


>色の濃さが関係しているんでしょうか。

色の濃さが関係しているかもしれませんし、そうでないかもしれませんね。
色の濃さが変化に関係しているかどうかを実験で確かめてみてはどうでしょうか?

自由研究ですし、まだ時間は2週間あります。こうかくと失礼ですが質問文に書かれている実験だけですと下手をすると小学生にも負けてしまいそうな内容です。色々な因果関係を考えて色々な条件のもとで実験をしてみると充実する思います。

Qペーパークロマトグラフィーで分離しない

夏休みの自由研究でペーパークロマトグラフィーしています。
ティッシュペーパーとコーヒーフィルターはほとんど分離しませんでした。
失敗の理由にはどのようなことが考えられるかわかるかた教えてください。
回答でなくても、こうではないかという意見でも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ペーパークロマトグラフィーは試料(測定したいもの)の親和力の差を利用したものです。

うまく展開できない理由としては、試料とティッシュペーパーやコーヒーフィルターの親和力が高く、展開溶媒(水だと思いますが)との親和力が低いことが考えられます。
よって、展開溶媒に焼酎やホワイトリカー、除光液や燃料用もしくは消毒用アルコールを(薄めて)使ってみてはどうでしょう?
なお、アルコールを使う場合は必ず大人の立会いの下、換気をよくして行ってください。

Q自由研究で色について実験しようと思うのですが

自由研究で色について実験しようと思うのですが
内容は、
(1)色と熱の持ちやすさの関連
(2)光に含まれる色
(3)色と心理的な効果
をしようと思います。

そこで、(2)の実験方法と道具が思いつかないので、わかる方がおられたら教えてください。
また、(1)に触れると温度がわかる温度計があればいいのですが、あるということでしたら教えてください。
(3)について詳しい方はよろしければ教えてください

どれかひとつだけでも答えられたらお願いします。

Aベストアンサー

おもしろい研究だと思いますのでコメントします。


表面温度となると難しいかもしれません。私であれば、ペットボトルに色を付けた水を入れて、その温度を測ります。
ペットボトルは熱を逃がしにくいので多少は実験精度が上がるかも知れません。


プリズムがあれば一番いいのですが理科室とかから借りるのができればいいと思います。ちょっと難しめの実験かもしれません。

あと、絵の具で適当に色を作って、それをくらい部屋で調べるとかもいいかなと思います。セロハンとかで赤いライトとか青いライトを作ってそれぞれでどのように見えるかを調べると。


はっきりいうとこの中では段違いに難しいです。
人間を調べる時は条件をそろえて複数の人間でやらないといけないのです。
やってみるのはいいのですが、説得力に欠けてしまうことが多いです。

簡単そうなのは、白黒の写真と色のある写真とかを準備して、それぞれの印象をアンケートするというのがあります。
コメントを書いてもらうのではなくて、印象の対を用意してどっちに近いかを書いてもらいます。例えば重いー軽い、明るいー暗い、楽しいーつまらない。
基礎実験ではありますが、結果はちゃんと出ると思います。

あとは色を使った錯覚とかもあったと思うので興味あれば調べてみて下さい。

おもしろい研究だと思いますのでコメントします。


表面温度となると難しいかもしれません。私であれば、ペットボトルに色を付けた水を入れて、その温度を測ります。
ペットボトルは熱を逃がしにくいので多少は実験精度が上がるかも知れません。


プリズムがあれば一番いいのですが理科室とかから借りるのができればいいと思います。ちょっと難しめの実験かもしれません。

あと、絵の具で適当に色を作って、それをくらい部屋で調べるとかもいいかなと思います。セロハンとかで赤いライトとか青いライトを...続きを読む


人気Q&Aランキング