ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

こんにちわ。

私は情報処理の専門学校に通ってる19歳の者です。

私はまだ応用はおろか、基本情報も取っていないのですが、今年4月の基本に受かれば次に応用情報技術者試験を受けるつもりです。

そこで質問なのですが、応用情報技術者を持つ事のメリットを教えてください。

例えば、IT企業では就職に有利とか、他の資格の一部の試験が免除とか。

なんでも良いのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんにちは。



皆さんの回答が社会人からの的確な回答ばかりで、
19歳の若者が引いてしまうのも夢がないなと思い、
回答します。

私は情報処理試験の高度と一種(現在の応用情報)、
二種(現在の基本情報)に過去合格しています。

私は会社の就職活動の面接官を担当したことが
あり、そのため学生の履歴を多数見てきました。

他の方の回答にあったとおり、基本情報を学生時代に
合格した新人にはたまに会います。

ですが、学生時代に応用情報に合格した新人には
まだ会った事がありません。

それは応用情報は難しいからでしょう。

単に保持資格という点では、応用情報の資格は、
就職活動は有利にならないでしょう。

でもですね、、papapoponさんのそのやる気は
面接官には評価されます。

合格したらなおされですが、試験に合格しようと
勉強している姿勢は、企業が求めている、継続して
努力を続けられる、勤勉な人材に当てはまります。

私からの回答は、そのまま真剣に勉強して、合格してください。
就職活動の面接の時には、そのやるきを面接官に伝えてください。

きっと良い結果につながると思います。

参考までにアイテックの合格体験記に似たような学生の
体験記が載っていましたので、お伝えします。
http://www.itec.co.jp/recommend/comment.html
→ハンドルネームが「ミッションポッシブルさん」です。

試験と就職活動、がんばってください!
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

応用情報はここまで希少価値のある(新卒学生にとって)ものだったのですね!

やる気がわきました!!!!

将来のためにも、必ず基本にも応用情報にも受かるよう精進します。

URLありがとうございました。

大変参考になりました。

お礼日時:2012/02/20 02:58

会社によっては資格手当が出ます。


上級資格の場合は国・地方自治体の入札条件として資格保持者であることが指定されることもあります。
私も最難関と称される情報処理技術者試験の資格を持っていますが、
実務上役に立つというよりは、自己啓発及び社会的信用を維持するために
持っているという感じで、実務に直結するかどうかは微妙かもしれませんね。

内容的に、実務に通じていないと分かりにくいところがあるかと思いますが、
学生のうちにとることができれば、珍しい事例になりますので、本が一冊かけるでしょう。
かなり難しいですがチャレンジする価値はあります。

本気でやりたいなら支援しますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
学生のうちに情報処理の最難関の資格は取れなさそうですが、絶対に応用情報までは取ろうと思います。

資格が実務に直結しないかもれませんが、社会的信用や自己啓発、資格手当、これだけの理由があるのなら私にとっては充分です!


必ず応用情報を取ろうと思います!

お礼日時:2012/03/01 00:40

SI企業で働くものです。



ITパスポート、基本情報は、それほど、勉強しなくても合格できます。

応用となると、かなり勉強しないと合格できません。

SI企業では、ITのことだけでなく、顧客のことも勉強をしなければ、
仕事として成立しませんから、継続的に勉強するスキルが求められ
ます。

応用に合格しているってこと、すなわち、合格レベルは、どこで、
自分は、いま、どれくらいで、その差は、これくらいあって、
試験日まで、この期間しかないから、毎日、このくらい勉強しよう
ってやって、やっと、合格に到達です。

合格したことも評価されますが、それより、合格するために努力したこと
の方を、採用は評価してくれると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

応用情報そのものではなく、その試験に受かった努力を評価されるのですか!

俄然やる気が出てきました。

これからも試験に受かるよう精進します。

お礼日時:2012/03/01 00:29

>応用情報の資格を取得するだけでこれほどの資格の試験の一部が免除されるのですね。



免除されるといっても、資格によっては逆に不利になることもあります。

例えば、免除される科目も含めてすべての科目の平均点で合否が判定されるような科目の場合、免除されるような科目は平均よりできるので逆に点を稼げる科目だったりします。

一概に免除されるのが有利とは限りませんので、ご注意ください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。

成程、免除というだけでメリットがあるということしか頭にありませんでした。

そういう場合もありうるのですね。知りませんでした。

免除がある試験の場合、それらを考慮にいれて受験します。

お礼日時:2012/02/20 03:01

専門学校については、そもそも資格取得を目指して勉強させているから、基本情報は必須でしょうね。


「情報処理推進機構」(=情報処理技術者試験の運営団体でもある)が調査、作成した『IT人材白書 2011』に次のように書いてあります。

http://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/about.html
==============
「IT企業全体として最もニーズが高いのは、情報系の大学学部卒の学生であることがわかる。全体の約6割の企業が、情報系の大学学部卒の学生を今後重点的に採用したいと回答している。
 情報系大学学部卒(59.7%)の学生に続き、理系の大学学部卒(44.5%)、情報系の大学院卒(24.2%)、情報系の専門学校卒(24.0%)の学生が続いている。情報サービス産業には、文系出身のIT人材も多いことが知られているが、IT企業側は情報系・理系の人材を重点的に採用したいという意向を持っていることが、この結果に示されていると言える。」
==============

IT企業の採用枠の多くは大卒以上で、専門卒の枠は少ないのが現状です。特に大企業になるほど、大卒採用に重点を置いています(大卒しか採用しない大手のIT企業も多い)。

専門卒を採用するのは中小IT企業が中心で、少ない採用枠を専門学校生どうしが取り合う形になりがちです。同じ情報系の専門学校生から1人採用したいと思ったら、上位の資格を持っている方が有利には違いないです。応用情報は情報系の専門学校でも合格者が少ないと思うので、専門学校生どうしの就職競争で有利になるでしょう。ただ、いくら資格を持っていても、大卒との学歴差は埋められないという、厳しい現実もあります(希望を失うことはないですよ)。

いろいろなIT企業の新入社員研修を担当しましたが、大卒では入社前に基本情報を持っている人は少数派です。まして、応用情報を持っている人となると、めったに見かけません。それでも入社後に実務経験を積みながら勉強すれば、すぐに合格していきます。いま資格を持っているかどうかより、教えたら理解できる将来性のある人を採用すればよいからです。


-----
他資格の科目免除について
科目免除になる資格には、中小企業診断士や弁理士などがあります。それらの免除科目は応用情報より易しいレベルです。応用情報に合格できるなら、免除せずに受験してもふつうに合格できる内容です。免除のためだけに応用情報を受験するなら、あまりメリットがありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

まず少ない専門卒の枠では、絶対勝ちたいので、俄然応用情報技術者試験を取得する意欲がわきました。(応用情報を取得すれば、他の専門卒に少しでも有利になるという解釈であって、勝てるという解釈はしてません。)

やはり大卒との差は埋められないことがあるのですね・・・・

しかし、だからといってあきらめるわけにもいかないので、今は応用情報取得を、そしてそのあとの色々な高度情報処理の資格取得に向けてに精一杯頑張っていきます!

お礼日時:2012/02/20 02:56

某SI系(社員:1000名以上)の社員です。



定期採用の場合は、ほとんど有利にならないでしょう。
(学部以上しか採用していない)

中途の場合、業務経験が全てですが、なかなか経歴だけでは
本人の実力が判らないので、高度の合格があれば、最低レベルは
判るので、大幅なはずれになる可能性が低い・・程度のメリット

他の方も書かれているように、IT企業では、自主的に勉強することが
大事なので、入社後に取得すると報奨金だ出る企業は多いです。

私は情報処理で7つ資格がありますが、手当てや一時金として
もらった額の合計は100万以上だと思います。
#それ以外のメリットは感じない・・
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

高度で最低ラインの実力が判るって、相当レベルが高いような気がします。

応用情報を取得すれば、高度も取る予定ですが実際私の力量ではそこまでいけるか分かりません。

だから、情報処理の資格以外の資格取得も考慮に入れようと思います。

お礼日時:2012/02/15 04:56

 私が受けていた頃は二種・一種の時代でした。


 私は二種を持ってソフト会社に就職活動をしましたが、企業の採用担当者の感触は良かったです。
 あの頃は一種は秋の試験でしたから内定後に一種を取得したら、人事部長が大学へ来ました。他社へ逃げられる事を恐れたようです。
 無資格者より有資格者の方が就職には有利でしょう。

 私が就職した会社は有資格者に手当が出ていました。ところが手当というものはくせ者で、本給を大きく減額すると問題になりますが手当はいつでもカットできますので、手当は次々に切られました。
 情報処理技術者の手当は大幅に減額され、住宅手当も条件により減額または全面カットになりました。手当が多い会社はこういう事があります。

 同期入社には四年制大学卒と専門学校卒と高卒の人がいましたが、専門学校卒の人にとって大卒との待遇差は不満だったようです。情報処理技術者を取得しても学歴の差を逆転できるとは限りませんので、資格を取れば全てが変わるという過度な期待は持たないで下さい。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


大卒の人との給料での待遇は承知済みです(他に質問して、回答して下さった全ての人から大卒には勝てないというコメントを頂いたので・・・)。


資格手当がカットされるということがあるのですね。残念です。

しかし、無いよりはマシだし、他の専門卒の人に負けてく無いので資格取得頑張ります。

お礼日時:2012/02/15 04:51

うちの会社は報奨金が出ます。


一時金として20万。
ただし、入社前に取っても報奨金は1円も出ません。
なので、入社してから取った方がいい場合もあります。
(全部が全部そうではないので)

それ以外に、メリットはありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

入社前にその資格を取得していれば、報奨金はでないなんて事があるんですね(汗)

驚きました。

しかし、私は情報の専門学校に通ってるので、報奨金が出るかどうかよりやっぱり少しでも周りより先を行っていたいし、向上心があることを認められたいし、・・・・・と他にも取りたい理由があるので、やはり報奨金が出ないから応用情報をとらない事は無いです。

それに、基本情報に受かれば、その後はほぼ応用情報の授業で埋め尽くされますので。

お礼日時:2012/02/15 04:46

・就職に有利


それなりの知識があるもの、向上心があるものと判断される

・金銭的なメリット
合格一時金や資格手当が給付される会社もある

・高度区分(情報処理技術者試験)の科目免除
合格から2年間、午前1が免除される

・その他の試験の科目免除および任用資格
弁理士試験の科目免除
中小企業診断士試験の科目免除
技術陸曹・海曹及び予備自衛官補(技能公募)の任用資格
警視庁特別捜査官の3級職(巡査部長)のコンピュータ犯罪捜査官の任用資格
日本測量協会の空間情報総括監理技術者試験の受験資格
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%9C%E7%94%A8% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

応用情報の資格を取得するだけでこれほどの資格の試験の一部が免除されるのですね。

知りませんでした。

今は応用情報を合格を目指して、その後に上記の資格の取得を考えようと思います。

お礼日時:2012/02/15 04:31

メリット



・一応「向上心」は有ることが判る。
・「基本情報」→「応用情報」なら、そこそこ「理解力」は有る。

基本的にメリットは無い。自己満足。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

基本的にメリットは無いのですか・・・・

そうですか、応用情報を目指していただけに残念です。

お礼日時:2012/02/15 04:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本情報と応用情報の違い

実務歴2年未満のネットワークエンジニアです。
今年中に基本情報試験と応用情報試験の取得を目指しています。

一つ疑問があるのですが、基本情報試験を飛ばして
応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?

今年度で言うならば、
4月に基本情報を受けて、10月に応用情報を受ける…のではなく
4月から応用情報に挑戦、失敗したら10月に再挑戦という事です。

ちなみに現在の私のレベルは、
ITパスポート以上
初級シスアド(旧)以上
基本情報試験未満(いまの段階で受けたとしても受からない)
開発経験無し
プログラミング経験無し
です。

Aベストアンサー

旧1種にCASLが必須だった頃を知っている昔ながらのエンジニアです。

>応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?
ありえる、という語彙をどのようなニュアンスで使用していますか?
※このような「流行の若者言葉」を使うのは年配の回答者に対しての配慮がたりません

可能かどうか、という意味でしたらもちろん可能です。
多数派か、という意味でしたら違います。
こっちの方が近道か、と言われればなんともいえません。来年から情報処理技術者試験は新制度に移行され、プログラムそのものの問題数が減ります。また、プログラム言語でなくとも表計算で試験を受けることもできます。よって、適性が分かれるともいえるプログラム部分が少なくなる関係上、上位試験から合格した方が簡単とはいえない状況です。
文系の大学生あたりでしたら、シスアドの次はセキュアドかソフト開発か、という流れもありましたけどね。今はなんともいえません。応用開発でもアルゴリズムが必須でなくなり、文系SE向けになったともいえます。

>いまの段階で受けたとしても受からない
というのはどの段階でしょう?午前で落ちているのであれば、応用を受けても無駄です。午前の積み重ねというのは応用情報も基本情報も同じ。
午後であれば、まだ望みはあるかも。でも、0ではないというレベルです。

春試験は練習だと思って、基本情報を受ける事をお勧めしますね。

旧1種にCASLが必須だった頃を知っている昔ながらのエンジニアです。

>応用情報試験から挑戦するという事はありえるでしょうか?
ありえる、という語彙をどのようなニュアンスで使用していますか?
※このような「流行の若者言葉」を使うのは年配の回答者に対しての配慮がたりません

可能かどうか、という意味でしたらもちろん可能です。
多数派か、という意味でしたら違います。
こっちの方が近道か、と言われればなんともいえません。来年から情報処理技術者試験は新制度に移行され、プログラムそのも...続きを読む

Q秋季の情報処理試験、何を受けたらいいでしょうか

文系学部出身の、若手SEです。
春季の情報処理試験で、応用情報にやっと受かりました。
これから2年間、高度情報処理試験の午前試験が一部免除になるので、
早めに対策をして、合格をしたいと思っています。

実務はかなり特殊なことをしており、COBOLで金融システムを構築しています。
COBOLということもあり、転職は、考えておりません。

(前提)
・私の会社では、情報処理技術者試験を一番重く見ています。
高度情報に一つは受かっていないと、主任級になれない決まりがあります。
・私の職場では、DBは一切触りません。DB専門のチームの方がすべて作られ、それを簡単なツールで触る程度です。
・COBOLということもあり、情報処理試験以外に取れそうな資格がありません。
・去年、簿記2級を取得しました。
・応用情報では、ストラテジ、マネジメント系を選択しました。どちらも点数に偏りはありませんでした。

秋の試験は
1.ITストラテジスト試験 (ST)
2.システムアーキテクト試験 (SA)
3.ネットワークスペシャリスト試験 (NW)
4.情報セキュリティスペシャリスト試験 (SC)
5.ITサービスマネージャ試験 (SM)

ですが、実務経験的にも、1は絶対に太刀打ちできないと思います。
2,5も難易度が高く、論文もあるのでちょっとしんどいかもしれません。
となると、残るはネットワークかセキュリティなのですが、どちらも自分のスキルに全くひもづかない気がして・・・。
何を受けようか、真剣に悩んでいます。もう、次の試験まで2か月しかないし、早く参考書を買って勉強したいのですが・・・
「試験を受けるのではなく、新聞を読んだりしたほうがいいよ」といった感じのご意見も、もっともだと思います。自分も本当は、もっと汎用的な知識を身に付けたいのですが、会社の方針にある程度従うことも、大切かと思っています。

よろしければ、一緒に次の試験、何を受けるか相談に乗ってもらえないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

文系学部出身の、若手SEです。
春季の情報処理試験で、応用情報にやっと受かりました。
これから2年間、高度情報処理試験の午前試験が一部免除になるので、
早めに対策をして、合格をしたいと思っています。

実務はかなり特殊なことをしており、COBOLで金融システムを構築しています。
COBOLということもあり、転職は、考えておりません。

(前提)
・私の会社では、情報処理技術者試験を一番重く見ています。
高度情報に一つは受かっていないと、主任級になれない決まりがあります。
・私の職場では、DBは一...続きを読む

Aベストアンサー

NWとSCを勉強したことがある・・・とは、どの程度かとのことですが、

NWなら、ネットワーク階層の概念(OSI基本参照モデルとTCP/IP)を、ひととおり何も見ずに説明できるレベルと言っておきます。
その上で、物理層からアプリケーション層まで、よく使われるプロトコルについては、基本的な仕組みを理解していること。

SCは、ネットワークやデータベースの知識を前提とした応用的な分野です。NWを勉強せずにSCだけを理解できることはありえないです。NWとSCのどちらを受けるかといえば、NWが先であろうと思います。

SAのUMLやオブジェクト指向は、業務分析の図で使われる程度なので、クラス図やシーケンス図の見方が分かるというレベルで十分です。SAはプログラマではないので、オブジェクト指向プログラミング自体について問われることはないです。

Q基本情報技術者試験を取っても対して使えない資格ですか?

基本情報技術者試験を自分でこっそり受験し、資格を取得しました。

そこで実は合格したんだと先輩に言ったところ
「そんなもの業務に何にも使えない。必要ない。」と罵声を浴びました。
しかし、先輩は基本情報技術者の資格を持っていないどころか資格すら持っていません。

本当に必要ないものですか?

仮にあまり使えないとしても資格取得を目標として勉強した経緯が重要だと思うのですが、、

飲み会をした際に言われた事が気になり投稿しました。
皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

 飲み会で、どのような経緯で、どのように合格を
発言されたかわかりませんが、
先輩には、自慢話として受け止められたのでしょうか?
それとも、後輩に追い越された、先輩の焦りでしょうか?

 今の上下関係が続く限り、現在の職場では、
資格取得した能力・肩書きは、無用です。
( 会社規模では、資格がないと、上級職に
 あがれない会社もありますので、先輩を
 追い越す可能性はあります。)

 また、同一業種に転職時は、回答者の方々通り
有用ですが、仕事には、やはり無用です。

 あなたが、今後 主任・マネージャまたは、起業する可能性が
あれば、客先挨拶・打合わせでの、名刺交換で、
重要な意味を持ちます。
 ・客先が大手であれば、資格の肩書きは、有用です。
 ・客先が中規模であれば、資格の肩書きは、微妙です。
 ・客先が小規模であれば、資格の肩書きは、ほぼ無用です。

資格は無駄にはなりませんので、取得されてください。
また、発言は状況をよく見極めないと、痛い目・辛い目に
あいます(特にアルコールの席での発言は要注意です)。

 飲み会で、どのような経緯で、どのように合格を
発言されたかわかりませんが、
先輩には、自慢話として受け止められたのでしょうか?
それとも、後輩に追い越された、先輩の焦りでしょうか?

 今の上下関係が続く限り、現在の職場では、
資格取得した能力・肩書きは、無用です。
( 会社規模では、資格がないと、上級職に
 あがれない会社もありますので、先輩を
 追い越す可能性はあります。)

 また、同一業種に転職時は、回答者の方々通り
有用ですが、仕事には、やはり無用です。

 ...続きを読む

Q文系大学生ですが応用情報技術者に挑戦する価値はあるでしょうか。

文系大学生ですが応用情報技術者に挑戦する価値はあるでしょうか。

現在就職活動中の大学3年生です。
IT業界への就職を希望しております。
諸事情により今年の就職活動は中止し、
来年に向けて準備をしているところです。

そこで質問なのですが
私のような者でも今年11月の応用情報技術者に合格できるものでしょうか。


【状況】
・応用情報の勉強の開始は5月から。
・基本的に大学の授業は無いので、ある程度の時間は資格の勉強に費やせる。
(1週間のうちに8時間×4日程度)
・基本情報は無いが、ITパスポートは保有。(950点/1000点、勉強期間2ヶ月)
・資格の専門学校に通う予定(LECや大原等)
・プログラミングの経験はゼロ


とても厳しいという事は承知しているのですが
なんとか取得し、来年の就職活動に生かしたいと考えております。

社会人の方でも大学生で取得した方でも
ご自身が受験された感想でも何でも良いので
ご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

いきなり基本情報処理技術者試験を飛び越えて応用情報処理技術者試験を受けることは可能です。
しかし、応用情報処理技術者試験を合格するのは、そう簡単ではないですよ。それにある程度の実務経験がないと、ピンと来ない問題が多いです。経営に関する問題、セキュリティ関係問題がです。幅広い知識が要求されます。(人は得意、苦手があるので、どうしてもひっかかる)
1発では合格しづらいことも知っておいてください。

まず応用の過去問題を見て、勉強すれば合格できるかどうか、判断した方がよいです。自信がなければ、基本情報処理試験を受けた方がよいです。それでもIT業界の就職に有力な資格になりますから。

Qネットワークスペシャリスト試験は難しいですか?

はじめまして。

基本情報の勉強を始めたばかりの者です。
少々、早いですが、今後のために教えて頂きたく、質問しました。

基本情報の取得後に目指す資格として、「ネットワークスペシャリスト」は
難易度が高いでしょうか?(基本情報程度の知識しかない人には無茶でしょうか)

他の方の意見を伺いたいです。

私は、平日+土曜日は仕事があり、1日に勉強可能な時間は1時間程度です。
(平日の睡眠時間は4、5時間あります)


また、基本情報の次にオススメの資格がありましたら、教えてください。

お願い致します。

Aベストアンサー

>基本情報の取得後に目指す資格として、「ネットワークスペシャリスト」は
>難易度が高いでしょうか?(基本情報程度の知識しかない人には無茶でしょうか)

近年のネットワークスペシャリストは、一昔前の同資格よりも、さらに広範囲な
知識を求められるため、高い難易度と受け取られているようです。

現実のIT技術者との比較でも、
所謂NE(ネットワークエンジニア)の職務範囲を超える場合が多く、
ネットワーク以外の分野、
サーバ、ストレージ、システム基盤の各分野に苦労している話を聞きます。

また、試験に、時事的な問題、流行の技術問題が取り込まれる速度も速く、
「3年前は知らなくても合格できた、今は知らないと合格無理。」
といった話が午後II試験にあることも、試験対策を難しくしている一因のようです。


>また、基本情報の次にオススメの資格がありましたら、教えてください。
・IT業界との付き合いが短い方
・自身の専門以外の知識を広げようとしている方
であれば、応用情報技術者試験(AP)を目標にするをオススメします。

・ある程度の経験をお持ちの方
であれば、職務内容に合わせた高度試験を受けることをオススメします。

目的によっては、IPA以外のベンダー資格の取得も有効かもしれません。
会社等による試験費用の補助がある場合、
 ネットワークスペシャリストは分野が広範囲なので、
 個々の専門分野をベンダー試験で補完しつつ、
 ネットワークスペシャリストを目指す。
といった方針もありかと思います。

>基本情報の取得後に目指す資格として、「ネットワークスペシャリスト」は
>難易度が高いでしょうか?(基本情報程度の知識しかない人には無茶でしょうか)

近年のネットワークスペシャリストは、一昔前の同資格よりも、さらに広範囲な
知識を求められるため、高い難易度と受け取られているようです。

現実のIT技術者との比較でも、
所謂NE(ネットワークエンジニア)の職務範囲を超える場合が多く、
ネットワーク以外の分野、
サーバ、ストレージ、システム基盤の各分野に苦労している話を聞きます。

また、...続きを読む

Q応用情報技術者の難易度と必要性

 PCを軽く使える程度の知識しかないのですが、SEやプログラマーに興味があり、基本情報技術者という資格を考えています。
 ただ、基本情報技術者というのは難易度があまり高くないと聞きますので、時間の関係上、一気に応用まで・・・なんてのは甘いんでしょうか?

また、応用技術者のほうは実用性はあるんでしょうか?
会社側のニーズと評価、実務上で役に立つか等教えていただければ光栄です。

学生なので時間はあります。

Aベストアンサー

会社側のニーズと評価については,毎年恒例の「日経ソリューションビジネス」誌の特集記事「いる資格,いらない資格」を参照。ソフトウェア開発技術者という旧称で記されているのが現・応用情報技術者です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081204/320699/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081204/320702/

実務上で役に立つかについては,役に立っていると言う人もいるでしょうし,役に立たないと言う人もいるでしょう。合格者だからすぐプログラミングができる,サーバ構築ができるという性質のものではないのは確かですね。

基本情報技術者試験はすべてマークシートだからでしょうか。「ITの仕事をやらせてみたらこんなニブい理解力なのに,基本情報って合格できてしまうんだなあ」と訝しく思ってしまうような人には何人か出会ったことがあります。
でも,ソフトウェア開発技術者(現・応用情報)取得者ではそれはなかったです,私の経験上では。理解の早さという点ではやっぱり頭がいいんだなあと思います。ただ,性格的・精神的に難があったりすると実務上では使いづらいですけれど。

>一気に応用まで・・・なんてのは甘いんでしょうか?

そういう挑戦をして失敗してきた若者を何人も見てきました。

でもまあ,過去問題は公開されているわけですし,難易度があまり高くないとご自分でも勝算がありそうなのであれば,最初から応用情報に挑戦なさってもいいんじゃないですか。
http://www.jitec.jp/1_04hanni_sukiru/_index_hani_sukil.html

会社側のニーズと評価については,毎年恒例の「日経ソリューションビジネス」誌の特集記事「いる資格,いらない資格」を参照。ソフトウェア開発技術者という旧称で記されているのが現・応用情報技術者です。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081204/320699/
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081204/320702/

実務上で役に立つかについては,役に立っていると言う人もいるでしょうし,役に立たないと言う人もいるでしょう。合格者だからすぐプログラミングができる,サーバ構築が...続きを読む

Q情報処理の資格で就くことができる就職先

こんにちわ。

私は今年19歳になる19歳の者です。

私は今情報処理の専門学校にいて、再来年には就活が始まる予定を持つ者です。


そこで、今迷っていることがあります。

それは、情報処理の資格を取り、一般企業に就くかIT企業に就くかということです。

IT企業につくと重労働でうつ病になりかねないほど忙しいが、その代り技術を磨けるうえ給料の待遇もいいと聞きます。

一般企業では、IT企業程忙しくはないが、給料は安くあまり技術を磨けないと聞きます。

私的には、給料よりも会社の環境や雰囲気、人間関係を重視しますので一般企業に就きたいと考えているのですが実際はどちらの方がいいのでしょうか?

今有している資格と取得予定の資格と現状は↓です。


・基本情報技術者試験(まだ受かってるかどうか分からない)
・応用情報技術者試験
・高度情報処理(データベースか、情報セキュリティ)
・日商簿記検定3級(只今勉強中)
・日商簿記検定2級
・情報処理の専門学校に在学している1年生(←やはり専門学生は高度情報処理資格を有していないと、大卒に負けますでしょうか?)

ベンダ資格については、何を取得するか検討中。

今の現状はこの通りです。

私は営業職ではなく、技術職に就きたいので高度情報処理の資格は必ず取りたいと思っております!

どなたでもかまいませんので、返答お願いします(できれば、情報処理の資格を保有して、一般企業についた方だと、助かります。)

あと、その他取っといた方がいい資格や、今からやっておくべきこと、経験になったことなど、何でも良いので、どうか未熟な私にアドバイスをお願いします。

こんにちわ。

私は今年19歳になる19歳の者です。

私は今情報処理の専門学校にいて、再来年には就活が始まる予定を持つ者です。


そこで、今迷っていることがあります。

それは、情報処理の資格を取り、一般企業に就くかIT企業に就くかということです。

IT企業につくと重労働でうつ病になりかねないほど忙しいが、その代り技術を磨けるうえ給料の待遇もいいと聞きます。

一般企業では、IT企業程忙しくはないが、給料は安くあまり技術を磨けないと聞きます。

私的には、給料よりも会社の環境や雰囲...続きを読む

Aベストアンサー

>IT企業につくと重労働でうつ病になりかねないほど忙しいが

まわりの噂とかネットの書き込みを鵜呑みにしているのではないでしょうかね。
世の中にIT企業より重労働の仕事はいくらでもあります。

企業には自社製品を売り込むための営業担当者がいます。営業担当者は、真夏でもスーツを着込んで、猛暑の中を外回りします。
建設業なら建設作業員はもちろんですが、設計担当者のような人でも建築現場に出向かなくてはなりません。建設中のビルの上だったり、掘削中のトンネルの中だったり、危険な現場もたくさんあります。
一般消費者相手の仕事なら、土日は休めなくて平日に交代で休みますし、シフト勤務で深夜勤務になることもあります。理不尽なクレームを付けられて、身の危険を感じる場合もあるでしょう。

その点、システム開発担当者なんか、危険な場所に行くことはないし、エアコンの効いた場所で快適に仕事ができるし、原則として土日休みです(多忙なときは休日出勤はありえますが、年から年中そんな状態ではない)。企業間の取引が多いので、理不尽なクレームを付ける人もいません(クレームを言うとしても、ビジネスマンとしての礼儀はわきまえています)。

個人的にはIT企業で鬱病になる程度なら、他の仕事は務まらないと思います。


>一般企業に就くかIT企業に就くかということです。

一般企業にもIT部門、情報システム部門があります。
たとえば、銀行の内部には、銀行で使うシステムを開発・導入・運用・管理するために、情報システム部があります。鉄道会社だろうが流通企業だろうが同じです。一般企業に入社して情報システムの仕事に携わる道もあります。

一般企業のIT部門、IT企業のいずれを目指すにせよ、新卒なら基本情報を持っていれば十分評価してもらえます。
もちろんそれ以上持っていれば、それに越したことはありません。
応用情報を持っていれば「なかなかできるな」、高度を持っていれば「すごいな」と思ってもらえるでしょう。

高度については、IT企業が仕事を受注する上での条件になっていることがあります。
官公庁の仕事に入札するとき、「○○スペシャリストの資格所有者を置いて担当させること」のような条件が付いているものがあります。
そういう場合、高度の資格を持っていることで、企業自身が有利になりますし、その仕事をあなたに任せてもらえる可能性も出てきます。役に立たないとか、取っても無駄ということはありません。

>IT企業につくと重労働でうつ病になりかねないほど忙しいが

まわりの噂とかネットの書き込みを鵜呑みにしているのではないでしょうかね。
世の中にIT企業より重労働の仕事はいくらでもあります。

企業には自社製品を売り込むための営業担当者がいます。営業担当者は、真夏でもスーツを着込んで、猛暑の中を外回りします。
建設業なら建設作業員はもちろんですが、設計担当者のような人でも建築現場に出向かなくてはなりません。建設中のビルの上だったり、掘削中のトンネルの中だったり、危険な現場もたくさ...続きを読む

Q「情報処理技術者試験なんて無駄」

私は高校からITの専門学校に入って、ソフト開発会社に就職しました。
現在、2年目です。

自身の知識の無さに危機感を覚え、基本情報技術者試験を勉強し合格しました。
周りからは「そんな資格は持っていない」「必要ない」と言われ、
上司からも「そんなの取る暇があったら会社のためになることをしろ」と言われました。

就職した会社は、人を他の会社に送り込む(派遣とか常駐)ことで稼いでおり、この会社での将来に不安を覚えています。
極一部の先輩からは取得すべきだと言われましたが、部長からは「業務の役に立たない」と言われました。

現在、応用情報技術者試験も勉強しているのですが、この資格は無意味なんでしょうか?
国家資格なのに・・・。

IT業界の方は情報処理技術者試験をどのように思われているのでしょうか?
教えて頂けたらうれしいです。

Aベストアンサー

取得したのが少々昔の話になるので基本・応用でなく二種・一種・アプリケーションエンジニアとかの今は無きカテゴリの資格持ちの人間ですが…。

基本情報処理(旧二種)が無意味かと言われたら「全くの無意味ではないけど大した意味はない」というとこでしょうか。
「資格」としてはほとんど意味ないですね。
あれは持ってて当たり前程度のレベルの試験なので、持ってたからって全く何の自慢にもならないです。
その資格を持ってたからといって何かが有利になったりお金がもらえたりすることも(バブル時代ならともかく今は)まず無いでしょう。

ただ、より上位の資格を目指すなら持ってないと話にならないので、所有にも意味はあるでしょう。
実務レベルで評価されるのはスキルレベル4(高度情報処理技術者)と呼ばれるプロジェクトマネージャやスペシャリスト系の資格以上からです。
そこまで頑張って取得できれば、評価してくれる会社は多いですし、転職でも有利になることが多いと思います。

正直、応用情報処理以下は、新卒で持ってたら評価してもいいけど中途採用では大して意味はないかな…。
(会社によっては「(履歴書によると)就業中に取得してる」=「妥協せず努力できる人なのだ」と性格的評価はしてくれるかもしれないけど、それ以上のものではないと思う)


あと、資格のレベル自体は大したことなくても、資格試験を受けるために勉強することには大きな意味がありますよ。
基本情報処理はレベル自体は決して高くは無いですが、出題範囲はそれなりに広いので幅広い知識と理解が必要とされます。
それは、(今やってる業務には直接役には立たなくても)今後やっていく新しい業務や他の人の業務に対する理解につながります。
広い視点でモノを見れる人、多ジャンルの知識があり応用力のある人、というのはプロジェクトリーダーやマネージャーといった上位職に付いたときに役立つものです。
目先の業務だけでなく今後も見据えて、そういった勉強を重ねておくというのは悪いことではありません。
基本情報処理なんて持ってて当たり前と言っても、大半の人は「自分の業務範囲ではそのレベルは当然知ってるけど他のことは一切知らない」ものだったりしますから。
(もっとも、いっとき勉強したけど数年後には全部忘れてしまった、という程度の理解では意味ないですが)

まぁ、派遣・常駐がメインの会社では、幅広く最低限のことだけできる人より一極集中のスペシャリストの方が使いでがありそうではありますけどね。
転職でも地味にスペシャリストの方が有利だったりするし…。

けど、よほど道を極めた人でもなければ派遣・常駐に特化したスキルなんて将来に続かないですし、転職でも就業後には広い見識の持ち主の方が結局は有利になると思うので、広い知識・理解を持つことが無駄だとは決して思わないです。
強いて言えば、そういった幅広い知識を、資格試験だけでなく実務経験として得ることができればなおいいだろう、と思うくらいです。

取得したのが少々昔の話になるので基本・応用でなく二種・一種・アプリケーションエンジニアとかの今は無きカテゴリの資格持ちの人間ですが…。

基本情報処理(旧二種)が無意味かと言われたら「全くの無意味ではないけど大した意味はない」というとこでしょうか。
「資格」としてはほとんど意味ないですね。
あれは持ってて当たり前程度のレベルの試験なので、持ってたからって全く何の自慢にもならないです。
その資格を持ってたからといって何かが有利になったりお金がもらえたりすることも(バブル時代ならともか...続きを読む

Q応用情報技術者はIT業界に従事しない限り無意味でしょうか? 私は、基本

応用情報技術者はIT業界に従事しない限り無意味でしょうか? 私は、基本情報技術者を取得しているのですが、延長線上として学習して取得したいと思い応用情報技術者を学習しているのですが、

応用情報技術者は、例えば営業職、事務系総合職に従事する場合取得していても無意味でしょうか?
また、就活上、上記のような職種ではアピール材料として効力をなさないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 応用情報技術者は、例えば営業職、事務系総合職に従事する場合取得していても無意味でしょうか?

そんなことはありません。他の回答者の方の回答の通りです。
試験内容もプロジェクトの進捗管理の手法などがあり、ITに限らない知識を持つことが出来ますので、役に立たないということはないです。
学習→合格という目標を達成する行為そのものにだって価値があるわけですし、現状に行き詰った時に、ジャンル外の知識が役に立つこともあります。業務に直結しなくても広く学んでおくことは大事なことだと思います。


> アピール材料として効力をなさないのでしょうか?

残念ながらこちらはちょっと…。
あまり期待しない方が良いでしょうね。資格に価値がないからではありません。
非IT業界の採用担当が、この試験の中身を知らない可能性が高いからです。
基本情報だろうが、応用情報だろうが、その他のITっぽい名前の資格だろうが同じに見える可能性があります。
もちろん、応用情報技術者試験の内容までを知っている採用担当に偶然出会えればプラスでしょうけど、これは運次第としか…。

Q【CCNA】という資格は、就職に役立ちますか?

再就職の為に、Office系は(Excel,Powerpint,Access)を使いこなせるようにと思い、パソコン教室に行きました。
求人はIT関連企業が多いので、できれば最終的にはネットワークも理解できるようになりたいと希望を伝えたところ、【CCNA】の取得コースを進められました。
ブラインドタッチの受講やらなんやらで、全コース合計料金が、約60万近くになりました。果たして【CCNA】の資格は再就職に役立つのでしょうか?

Aベストアンサー

CCNAはネットワーク機器最大手のシスコ社が主催するネットワーク系資格では一番メジャーな資格です。

但し、事務系のオフィス系とは全く異なった資格です。
謂わば、ルーターやスイッチの設定を行ったりLANケーブル引いたり、サーバーの管理したり。

ネットワークエンジニアとして働くのであれば、最低必須資格として認識され、これが無いとはじまりません。無くても働ける会社もあるでしょうけど。

ネットワークエンジニアとしては登竜門的な資格な訳で、他に上位資格も存在します。一昔前までは非常に簡単な資格だったのですが、年々難易度が上がり、代わりにCCNAの下位の資格もできました。

個人的に、あまりお勧めできる資格ではありません。

理由としては以下

・3年で資格が失効し新たに更新取得しなければならない(新製品、新技術の発展がITは速いので致し方ないにしても費用対効果が非常に悪いですね)。

・シェアの大きな資格であるが故にシスコ社は受験料を大幅値上げしたり(今は3万円程です。国家試験じゃあるまいし・・・決して安いとは言えませんね。しかも3年で失効するし)。
謂わば殿様商売やりたい放題。と言った印象を受けます。

・他にもこの資格検定試験は委託されたスクール内PCで行うのですが、資格検定プログラムのバグが毎度毎度、どの試験にも非常に多くプログラムが物凄く粗末です。大袈裟ではなく大多数の受験者がバグを体験する始末(プログラムの操作性も視認性も非常に悪い)。
3万払って、こんなクオリティの試験なのかよと激怒する事間違い無しです。

・アメリカの資格が故に、試験内容の日本語訳が稀に変な箇所があり論外。



以上、私としてはネットワークエンジニアの資格は業界にとって必要だと思う半面、以上で述べた問題点によりCCNAの資格の存在儀意に疑問を感じます。国産の代替資格の普及が望まれます。

また、スクール受講料ですが、60万円は取り過ぎです。
CCNAは確かにシュミレーション問題といった実機の設定を擬似的に行う試験があり、その配点が非常に高い事もあり、独学での受験は難しいかと思いますが、60万円はあまりにも高過ぎです。

ネットの取得体験者や評判としては、シスコ社の下位資格で登竜門的な資格に間違いはありませんし、簡単な方だと言った意見が多数を占めますが、Office系、ブラインドタッチのような資格と比較した場合、断然に難しい資格(特に昔のCCNAとは違い)だと理解して下さい。

そのスクールは考え直した方が良いかと思います。

CCNAはネットワーク機器最大手のシスコ社が主催するネットワーク系資格では一番メジャーな資格です。

但し、事務系のオフィス系とは全く異なった資格です。
謂わば、ルーターやスイッチの設定を行ったりLANケーブル引いたり、サーバーの管理したり。

ネットワークエンジニアとして働くのであれば、最低必須資格として認識され、これが無いとはじまりません。無くても働ける会社もあるでしょうけど。

ネットワークエンジニアとしては登竜門的な資格な訳で、他に上位資格も存在します。一昔前までは非常に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報