ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

お世話になります。

個人事業主です。
昨年から青色申告をしており、今年二回目です。
さて、昨年の1月に原付バイクを16万円で買いました。
仕事以外にも日常でもつかっているので家事用:事業用の割合を50%:50%で按分するつもりです。
ガソリン代、オイル代も50%:50%で按分するつもりです。

さて10万円以上の品を買った場合は買ったその年に全額経費計上することはできず、償却計算をしなくてはなりません。
しかし、この原付バイクは16万円であり、家事用:業務用=50%:50%で按分すると8万円になります。(消費税込)

この場合、今年、車両運搬具として8万円を計上すればいいのでしょうか?

詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

16万円の原付バイクは、30万円未満ですから、全額をその年の必要経費に算入することができます。

(租税特別措置法28条の2 中小企業者の少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例) この規定は平成24年3月31日取得分まで適用されます。

この規定を適用する場合は、業務用50%:、8万円を例えば消耗品費に計上するだけです。

この規定を適用せず資産計上して減価償却する場合は、16万円全額を車両運搬具に計上します。そして青色申告決算書3ページ目の減価償却費の計算で事業専用割合を50%として計算します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/14 20:30

原付自体は、会社のお金で買った場合は計上は16万円になります。



原付の使用権を個人と分けるカタチが最適と考えます。

月々ガソリン代が1万円かかったとする場合に、5千円を個人からもらう形にするかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/02/14 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原付バイクの科目は?

個人事業の青色です。
原付バイクを購入しました。
総額14万円で、
半分の7万円を必要経費にします。
科目は、何になるのでしょう?車両費?消耗品?

自賠責が14万円になかに含まれているのですが、
損害保険として、科目を分けなければダメ?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10万円以下の場合は一度に経費に出来ますが、10万円を超えて20万円以下のものは固定資産に計上して3年間で償却します、20万円を超えるものは固定資産に計上して、規定の耐用年数で減価償却をします。
この金額の判定は、家事費と分ける前の総額(保険料をなどを含まない金額)で判断します。
減価償却については、参考urlをご覧ください。

ご質問の場合は、購入価格から保険料を引いて3分の1づつ3年間で経費にします。

具体的には、バイクが12万円で保険料が2万円の場合、次のようになります。

購入時の処理
保険料   10.000    / 現金 140.000
事業主貸し 10.000
車両    120.000

年末の決算の時の処理
(この処理を3年間続けて、3年後には車両は0になります)
減価償却費 20.000  / 車両  40.000
事業主貸し 20.000

決算書の減価償却の明細にも記入します。

既に、消耗品で処理して有るのは取り消します。 

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM

10万円以下の場合は一度に経費に出来ますが、10万円を超えて20万円以下のものは固定資産に計上して3年間で償却します、20万円を超えるものは固定資産に計上して、規定の耐用年数で減価償却をします。
この金額の判定は、家事費と分ける前の総額(保険料をなどを含まない金額)で判断します。
減価償却については、参考urlをご覧ください。

ご質問の場合は、購入価格から保険料を引いて3分の1づつ3年間で経費にします。

具体的には、バイクが12万円で保険料が2万円の場合、次のようになります。

...続きを読む

Q減価償却の終わった二輪の処遇

個人事業主で青色申告をしています。

仕事の移動手段にバイクも使うので事業用のバイクを持っています。
中古車を使っていたので、色々とガタがきていて買い替えを考えています。
この間、このバイクの減価償却期間は終了しましたので、再度経費になるようなバイクが欲しいというのもあります。

現在のバイクは今後も乗っていくか、店に飾っておくかしたいので手元に置いておきたいと思っています。
自分の個人所有にするのが良いのではないかと考えています。
そして、新たな事業用バイクを購入して、そちらを事業専用で使うつもりです。

このような場合、元々のバイクの仕訳はどうしたらよいのでしょうか。
私が幾らか出して買い取るような形になるのか、減価償却が終わっているので価値0としてもらう形にしても良いのか分からないで悩んでいます。

新しい事業用バイクを購入するのに節税になるようないい方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

事業用のバイクと云う事は事業所の資産と云う事になります。未償却残高(残存価格)が1円固定資産台帳に記載されているを老朽化著しく処分して,長い付き合いなので飾っておきたい。
先ず固定資産台帳から除去し,売却または廃棄処分します。台帳から抹消するに当たり,仕訳処理は下記のようにします。

減価償却期間が終了しても未償却残高が1円残っているはずです。この1円を台帳から除却し売却また廃棄処理しなければなりません。私は廃棄の仕訳処理を書きます。

例を書いておきます。
(借方)             (貸方)
減価償却費累計99,999/車両運搬具取得価格100,000
固定資産廃棄損     1

これで台帳から除去され抹消されるのです。売却でも廃棄処理でも済んだ後はどうにでも扱ってよいのです。

Q減価償却について

確定申告の時期ですね。
毎年会計士に頼んで、申告書を提出していました。
経費削減の意味も含めて今年は自分で作成中です。
昨年2月に原付バイクを購入して、【減価償却】をしたいのですが、定率法で計算をしたいと思いますが、耐用年数は何年で見たらいいのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

原付バイク(二輪)の耐用年数は、3年
参考 減価償却耐用年数表
http://www.rakucyaku.com/Koujien/I/I010000/I010500
勘定科目 車両・運搬具
ご参考まで

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q短期借入金と長期借入金の違いについて

経理初心者です。短期借入金と長期借入金の違いについて質問したい
のですが、社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが
(理由については詳しく聞いてないので、聞いてみます。)
今のところ返済している様子がありません。
私は今月から経理を任されているのですが社長からこれはおかしいですか?と質問されました。
あまり長く貸し付けていると『長期借入金』になってしまうと思うのですが
どうなのでしょうか?このまま期をまたがってしまうと問題でしょうか?
『短期借入金』が膨らんでしまうので心配です。
『短期借入金』と『長期借入金』の性質なども教えて頂けると
ありがたいのですが...。このような質問で恐縮ですが、よろしく
お願い致します。

Aベストアンサー

社長が自らの給与を毎月『短期借入金』として一部会社に
貸し付けています。おそらく運転資金の目的だとは思いますが

短期と長期の違いは1年を超えるかどうか(ワンイヤールール)ですが
借入には返済が伴うし、利息も伴います。返済どころか利息も取っていない
と粉飾決算になってしまうし、返済計画のない借入はありえないことです。
現象についての質問に対する答えを出すことはできますが、はっきりいって
自分の経験とか、ネットで検索して探すような無責任なやり方でしか出せません。というのも、これによってお金を貰っているわけではありませんから。
あなたの質問は、簿記検定の問題を質問するようなものでなく、現在の実務
上の問題を聞いています。税理士を頼んでいないようですが、こういう傾向のものついては、ぜひとも専門家に金銭を支払って聞くべき問題だと思われますので税理士、会計士を頼むことを検討するほうが先決ではないでしょうか。

Q自営業者ですが、確定申告において、自家用車の税金と自賠責保険料は経費に計上できますか?

去年から自営業を営んでいます。事務所まで自家用車で通勤していますが、この車の税金と保険料は、確定申告において経費として計上できるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

按分は必要です。
ただ、毎回距離を測らずとも大丈夫です。
妥当な割合でしたらOKです。

万全を期するのでしたら、一週間から1ヶ月程度運行記録をつけて、その割合で按分しとけば大丈夫だと思います。そして、その記録簿を保存しておくようにしておけば完璧ですね。(税務調査の時に見せるためです)
ただ、ここまでしている人はあまりいませんが。

実務的には、通常は全額経費計上しておいて、決算時点で家事分を按分してはずすのが、一般的です。
最も重要なのは、自動車税や保険料、ガソリン代等まですべて同じ割合で按分することです。つじつまが合わなくなりますから。

Q個人事業の労災費・組合費

建設業で個人事業主です。
先日、土建組合なるものに加入しました。
それにあたり、
健康保険料・組合費・組合加入事務費
労災保険料(特別加入)・労災加入事務費
を支払いました。

健康保険料は、家計より負担するのはわかるのですが
そのほかの組合費・労災費等は事業費(経費)となるのでしょうか?なる場合の仕訳は、どのようになるのでしょうか?教えてください。よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

 こんにちは、遅くなりした。♯1の者です。
 帳簿で考えるのでしたら、保険は事業費でいいのではないですか。確定申告で経費又は控除の対象になる物をすべて事業費とみなしておくと、正確な損益が常に帳簿で確認出来ますよ。

Q建設連合の組合費について 確定申告では・・・

お尋ねいたします。
個人事業の一人親方で、建設連合の健康保険に加入した際に
組合費と医療保険料を納付することになり
合計金額が引き落としされることになりますが
確定申告の場合は、組合費まで社会保険料としても
いいのでしょうか。

組合費のみ、経費で計上しなければならない場合は、
勘定科目は何で処理したらいいでしょうか?
回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告の場合は、組合費まで社会保険料としても…

だめだめ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

>勘定科目は何で処理したらいいでしょうか…

租税公課。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2013/pdf/36.pdf

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q預託金とは何か&仕訳の方法。自動車リサイクル料金

今回、車検時に自動車リサイクル料金を支払いました。
http://www.misawa-cpa.co.jp/01/kaikei17.3.htm
などで仕訳の仕方はなんとなく分かったのですが、
私の使っている会計ソフト(弥生会計)では預託金という
科目がありません。
1.どのような方法で処理すれば良いか。
2.預託金とは何か。

を教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

預託金とは、自動車を廃車にする時にかかるリサイクル費用を使用者が前もって預け入れ、廃車時のリサイクル費用の負担逃れを避けるものです。

従って、新車登録時、若しくは車検時にリサイクル預託金を支払った場合は、その金額を資産計上する必要があります。本来はリサイクル預託金との勘定科目を新設するのが望ましいと思いますが、それが難しい場合には前払費用に計上すべきと考えます。

ちなみに、当該自動車を廃車にするため業者に引き渡す時に、この預託金は費用処理する事になります。
また、この自動車を中古車として販売する場合には、車両代と別にこの預託金部分の代金を回収し、金銭債権の譲渡を記帳します。

尚、預託金は消費税法上の不課税取引になります。


人気Q&Aランキング