教えて! goo のコンテンツに対する取り組みについて

今年の3月に購入しました。
購入当初は調子よく、6速でも11500回転まで回り、90kmぐらいは出てました。
ゆう一アイドリングが不安定だったのでくさって底に落ちていたエアクリのスポンジを取り除いて新しいスポンジに変え、エアクリの内部を掃除機で掃除したぐらいです。
しかし、それから2週間ほどたった4月の初旬ある日、高いギアでいきなり9500回転以上がまわらなくなりました。
とりあえず、その問題は放置して乗っていたのですが、ついにはすべてのギアで9500以上回らなくなりました。
でも低いギアでしたら9500回転でタコメータの針がグワングワンなっていても上り坂でない限り、アクセルを思い切り開けてるとなんとかレッドゾーン手前まで回ってくれます。
また信号待ちの時にギアをニュートラルに入れて止まって待っているとエンジンが止まるというような症状もたまに出てくるようになり、始動性もかなり悪くなりました。


そこでプラグを見ると真っ黒になっており、さらにはオイルが付着しているだけでなくギャップが開いていたので、すでに取り付けてあったngk製のbr9esと同じ熱価のプラグを購入し取り付けました。
しかし直りません・・・
どうやら不完全燃焼しているみたいで、走っているとガソリン臭くプラグもやはりくすぶっていてオイルが付いています。

そこで次はハイオクガソリンを入れてみました。
下のほうのギアではなんとかレッドゾーンのほうまで回るようになったのですが、一度回転数を落とすとまた9500回転で息付きしたようになり、あまり意味はありませんでした。


その後、レギュラーガソリンを入れると5000回転以上回すとエンジンの回転数が下がってきてエンジンが止まるというようなことがあり、プラグコードを交換すると5000回転以上回すとエンジンの回転数が下がるというようなことはなくなりましたが、やはり9500以上回りません。

ですが長い時間乗った後、コンビニなどで一休憩をしてバリバリに温まったエンジンを再始動させバイクを走らせると最初の5分ぐらいは快調に走れます。5分ぐらいたつとまた9500以上回らなくなります。
もしかして燃料コックかどこかつまっているのでは?と思い燃料コックのつまみをoffにしてキャブレターにある燃料だけで走るとなんのストレスもなくめちゃくちゃ快調に走れました。そのような事があったので燃料コックを洗浄し、キャブレターも洗浄しましたが・・・・・・・・・・・・



だめでした・・・・

だれかこのような症状が出た方がいましたら対処法についてアドバイスをください。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

>底に落ちていたエアクリのスポンジを取り除いて新しいスポンジに変え、エアクリの内部を掃除機で掃除したぐらいです。



>もしかして燃料コックかどこかつまっているのでは?と思い燃料コックのつまみをoffにしてキャブレターにある燃料だけで走るとなんのストレスもなくめちゃくちゃ快調に走れました。

この2点から、燃料が濃いと思われます。
中古で購入されているようですから、キャブレターのジェットの番数を前のユーザーが上げていた可能性があります。
エアクリが脱落していたときは、空気と燃料のバランスが取れていたのが、正常に戻した為、今度は燃料が濃い目になったと思われます。
ジェットの確認をお願いします。
フロートレベルも気になりますが、NS-1は調整できるタイプかどうか不明です。
これも確認してください。
エアクリーナーも再度確認。変形とか脱落したスポンジがまだ残ってたりしてないかも確認してください。
あと、チョークをかけっぱなしとかにはしてないですよね?

この回答への補足

番数は見てないのですが、エアクリを正常に戻してもしばらくは走れました。
エアクリーナも再度確認し、チョークもかけっぱなしというようなことはないです。
とりあえず番数だけ見てみます。

補足日時:2012/05/12 11:13
    • good
    • 5

燃調が"濃い"状態になっていると思います。


濃い状態では、回転数の頭打ちが早くなり、レッドゾーンまで回らなくなる事があります。
また、不完全燃焼でプラグが塗れていたり、黒っぽいススが付きます。

ガソリンの吐出量に対して、エアの吸入量が少ないのでしょう。

・寒い季節
・エアフィルターが外れている、二次エアを吸い込んでいる
・燃料コックをOFFにして、キャブに溜まったガソリンだけで走る
・ガス欠の直前

これらは、燃調が"薄く"なるファクターです。
"薄く"なった状態で調子が良かったと言うことは、現状は"濃い"のだと思います。


もし、吸気系、排気系共にノーマルのままで、"濃く"なっているのだとしたら、#1さんが書かれているようにエアの吸入経路に何か問題があるのでしょう。

もし、吸気系、排気系をノーマル以外に変更しているのであれば、"薄く"なる方向へセッティングしてみてください。

試しに、エアフィルターを外してみて調子が良くなるようであれば、
("薄く"することで調子が良くなるようであれば)
現状が"濃い"状態であることが分かると思います。

この回答への補足

エアフィルターを外すということはスポンジだけたちまち取り除いて走るということですかね?

補足日時:2012/05/12 11:15
    • good
    • 1

キャブは単に洗浄だけではだめです。


不完全燃焼=空気不足。
メインジェットから噴き出す前に、すでにエアブリードでガソリンにエアを混ぜています。
そこへ、エアを供給する直角に曲がりくねった細い穴があります、小さいごみが詰まるとエアの供給ができません。
高圧エアで、この通路のごみを吹き飛ばす必要があります。
直角に曲がっているため、細い針金等は使用不可。
キャブに真鍮のピンが埋め込まれています、あれは外から穴をあけて、キャブ内部で交差させたあと、不要な外側の穴をふさいでいます。

この回答への補足

そのような物があったのですか(ー_ー)!!
わかりました
やってみます。

補足日時:2012/05/12 11:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング