会計士試験合格者(高齢)の監査法人の就職について教えてください。
私は32歳(今年)の男性で現在、大手化学メーカー子会社で経理職に就いております。

過去、大学時代に公認会計士の勉強をした経験があり、一度は断念したものの、昨年の米国公認会計士取得を機に会計専門職に就きたいと思い、今一度、公認会計士にチャレンジしようと考えています。

あくまでも働きながらの学習を望んでおり、無職で勉強に専念するつもりはありません。長期間での合格を目指しているので、目標としては35-36歳での合格を目指しております。

しかしながら仮に合格しても監査法人に就職できなければ意味がありません。
一般的に高齢の方の監査法人への就職は厳しいとされています。

就職は経済環境等によって左右されると思いますが、下記の私のスペックを踏まえまして、35-36歳時点での監査法人の就職は可能でしょうか。監査法人の規模につきましては大手・中小問いません。また、昨今の厳しい監査法人就職状況下の中で高齢で監査法人に就職できる方とはどのような方でしょうか。


大変お手数ではございますが、ご回答いただければ幸いです。
長文失礼致しました。よろしくお願い致します。


※下記が現在の私のスペックとなります。

1、学歴

日東駒専大卒レベル(卒業後に会計士試験勉強専念期間あり)

2、職歴

中小企業経理(翻訳業):2年間
大手化学メーカー子会社経理(建設業):5年2カ月~

※月次・年次決算、連結決算、税務申告(法人税・消費税)、
監査対応、原価計算等の経験があります。

4、資格

日商簿記2級
建設業経理士1級
米国公認会計士
IFRS Certificate(IFRS検定)
TOEIC800点

※今年の6月に日商簿記1級、7月に全経簿記上級を受験します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちょっと前まで監査法人に勤務してましたが、正直、厳しいんじゃないかなと。


J-SOXは確かに「特需」みたいなもので監査法人は売り手市場になりましたが
IFRSはJ-SOXほどのインパクトは殆どの人が感じておらず
内部でも単なる通常業務の延長という感じでした。

もしも監査法人を取り巻く状況が大きく変わって
売り手市場になっても、まずは経験者や若手優先じゃないかな。
他に何か人とは違う能力とかがあれば別だと思いますが。

監査法人って、他の監査法人にいたとか
会計コンサルファームにいたとかでない限り、
過去の職歴なんてほぼ考慮されないですよ。
監査部隊は特に。アドバイザリー系の部門は良く分かりませんが。
もちろん年齢給なんてものもありません。

でも監査法人に勤務したいってことは監査部隊を念頭に置いているのかと勝手に予測しました。
違っていたらすみません。

その場合、要するに前職が他の監査法人であれば、それ相応の年次からスタートとなりますが、
そうでなければ、たとえ35歳だろうが40歳だろうが一年生です。

以前と違って、初任給はかなり減っていますし、
大幅な収入減となることはほぼ確実でしょう。
結婚、子供とかを考えると、お金が必要と思われる時期なのに。

それに自分が35歳でもたとえば22歳くらいの上司にも従うわけです。
若くして受かった人の中には40歳になる前にパートナーになっている人もいます。
年齢はたいして変わらないのに自分は一年生です。

本人が耐えられるかという問題もありますが、年上の部下を使う方も気を使います。
実際、私はだいぶ年上の後輩と同じチームで仕事をしていましたが
年下の後輩には雑用みたいな仕事でも依頼しやすかったのですが
そんな仕事を年上の人に頼むのはなんか気が引けたりして。

昇給昇格しないことはあっても飛び級なんて滅多にありません。
むしろ年齢xx歳以上のスタッフ、xx歳以上のシニア、xx歳以上のマネージャー、
滞留している人、という切り口でリストラ対象になったりもするわけです。

昔のように黙っていても順番に昇格できてゆくゆくはパートナーになれるなんて
時代はもう終わっています。
パートナーになれなければ、退職金だって信じられないくらい微々たるものですよ。
一般事業会社のような福利厚生もほとんどありません。

わざわざ監査法人に入らなくても、
一般事業会社でも職務内容次第で会計士の実務要件は満たせます。
会計専門職って別に監査人のことじゃないし、
監査法人に勤務できなければ意味が無いってのは違うと思います。
監査は確かに会計士特有の業務ですが、監査をやらない会計士だっています。

合格しても、たとえば社内の会計周りをコントロールするような立場になるまで
社内会計士として一般事業会社にいたほうがいい気がするなー。
一流企業の経理部の人の方が会計士資格を持っていなくても
監査法人の会計士よりはるかに会計に詳しかったりもしますよ。

社内会計士で経理関係の実務もマネジメント経験等も十分積めば
他の会社にCFOクラスで転職の可能性もあるし
ある程度の待遇での監査法人への転職(おそらく監査部隊以外)も可能性はありますよね。

監査法人に転職できそうかという質問とは、ちょっとずれてしまった感がありますが
ご参考になれば。

会社を辞めて受験勉強に専念するわけではないとのことですので、
まずは受かることを目標にして、受かった後にまた考えてみてください。
取らぬ狸の話をしていてもあまり意味ないし。。。
TPPで海外の会計士の力が日本でも強くなる可能性もありますし
数年後の状況なんて誰にも分かりません。

会計士を目指すという目標を立てたのであれば、
今は最大限に努力されるのがいいのではないでしょうか?
    • good
    • 6

2012年の春まで大手監査法人に勤務していた者です。


私が所属していた部署は、監査業務と非監査業務を半々ぐらいで行っており、30代後半や40代で他社から転職してくる人もいました。ただ、そういった人達は上場企業の部長などの比較的上位の管理職経験者や、コンサルティングファームで年収1000万以上の給料を稼いできた人達です。
以上の例から考えると、会計士の資格がなくても、30代後半~40代で大手監査法人に転職することは可能ですが、例えば質問者様の場合ですと、今の会社で経理部長になるぐらいの経歴が必要かもしれません。
    • good
    • 9

こんにちは。


どなたもお答えにならないようですので、答えにはならないと思いつつもコメントいたします。

>私のスペックを踏まえまして、35-36歳時点での監査法人の就職は可能でしょうか。
そのときの就職状況しだいです。つまり、貴方の合格時期までに今の待機合格者がどの程度掃けるか、そのときの需要はいかほどか、に依存すると思います。

個人的・直感的な感想でいえば、今のご経歴で5~7歳若ければ、勝負にはなると思います。ただ、現状では、業務経験にカウントできないにも関わらず、税理士法人(それも4大監査監査法人系以外)にも、公認会計士受験者が殺到するとさえ聞いています。監査法人系列の税理士法人やコンサルティング会社も含めて検討された方がよいかもしれません。

貴方がお勤めなのが上場企業又は会社法上の大会社の子会社なのであれば、そこでの財務諸表の作成・分析業務等に携わっているのであれば、公認会計士登録のための業務経験にカウントできるよう検討が進められています。
貴方の希望にそぐわないかもしれませんが、企業内会計士としてのキャリアは選択肢の一つとしてお考えではありませんか?

参考URL:http://www.fsa.go.jp/ordinary/kouninkaikeisi/ind …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q監査法人に対する尊敬語

ビジネス文書を書く際、「会社」に対する尊敬語として「御社」「貴社」を使いますが、「監査法人」に対する尊敬語として何と書けばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

「人」は自然人(人間)か法人(会社)に分類されます。
その観点から言うと、監査法人は「法人」に分類されますので、貴社御社で問題ないと思います。
また、それほど大きくない監査法人であれば、公認会計士事務所の延長という事で、貴事務所とかでも言いと思います。

Q私が30歳までに公認会計士試験に合格した場合、大手監査法人に就職できる可能性はあるでしょうか?

 私は現在27歳で、フリーターです。少し長くなりますが、質問にお答えいただくため、まずこれまでの経緯を並べます。
 
 (1)大学は京都大学(総合人間学部)に現役で入学しました。
 (2)大学時代、フランス関係に関心があったことから、大学卒業後の8月に外務省専門職員試験という試験に一度目で合格し、外務省の内定をいただきました。
 (3)が、色々と考えるところもあり、その内定を辞退し、司法試験の勉強を始めました。勉強開始からおよそ3年半が経過し(この間フリーター生活)、現在にいたります。残念ながら試験には合格できていません。

 平成17年ころから司法試験の論文試験は、(信じてもらえないかもしれませんが)筆記速度が相当重要なものとなりました。ところが、勉強開始当初まったく考えてもいなかったのですが、私は尋常でなく筆記速度が遅いことが分かりました。私が思うに、京都大学の入試や、専門職試験という程度では、考える力か作業力のいずれかがある程度優れていれば合格可能です。これまで筆記速度の遅さはまったく気にもならなかったのです。ネットでの情報収集、ペン習字教室の受講、筆記速度の速い知人への聞き込み・観察等々、相当行いましたが、筆記速度は改善されませんでした。筆記速度が敗因の全てだとはさすがに思いませんが、最低限度の筆記速度がない以上、土俵にも立てません。受験科目の理解の向上は毎年感じますが、筆記速度の向上は全く目処が立ちません。

 つきまして、司法試験はあきらめようかと考えています。そして、業務内容や将来性といった点から、司法書士試験ではなく、公認会計士試験の受験を検討するに至りました。

 受験勉強自体は不得手ではないと思います。司法試験の短答試験は、勉強開始から半年の猛勉強で合格点の1点下まで達し、翌年には無事合格しました。
 そこで、とりあえず1年間は集中して勉強できるだけの資金を集めることに専念し、1年間~2年間での合格を目指そうと考えています。
 そうすると、仮に計画通りに試験に合格できたとして、合格時の私の年齢は29歳~30歳になるわけです。
 つきまして皆さんにお尋ねしたいのですが、私のようなものが仮に29歳~30歳で試験に合格できたとして、大手監査法人に就職できる可能性はあるのでしょうか?正社員の経験もありませんので、厳しいだろうとは思っています。
 司法試験をあきらめ公認会計士試験を選択するという選択自体にもご批判はおありでしょうが、その点については度外視した上でご回答いただければと思っています。よろしくお願いします。

 私は現在27歳で、フリーターです。少し長くなりますが、質問にお答えいただくため、まずこれまでの経緯を並べます。
 
 (1)大学は京都大学(総合人間学部)に現役で入学しました。
 (2)大学時代、フランス関係に関心があったことから、大学卒業後の8月に外務省専門職員試験という試験に一度目で合格し、外務省の内定をいただきました。
 (3)が、色々と考えるところもあり、その内定を辞退し、司法試験の勉強を始めました。勉強開始からおよそ3年半が経過し(この間フリーター生活)、現在にいたります。...続きを読む

Aベストアンサー

特に問題はないと思います。

私は今年論文式試験を受け、現在合格発表待ちです。
すでに内定ももらっております。

ご存知かとは思いますが、会計士は、8月の論文式試験が終わったらすぐに就職活動をし、9月には内定をもらい、合格発表後受かっていたら12月から働きはじめます。

というわけで、論文式を受けた人はほとんどみんな就職活動します。
私はまだ20代前半ですが、友達には28歳の人や31歳、32歳の人と、色んな年齢層の人がいます。
あくまでも今年(平成20年度)の就職状況では、それらの人はみんな内定もらってました。全員大手4大監査法人です。
逆に、もっと若い人でも、内定をもらえない人もいました。
私が面接等受けた印象では、社交性や協調性のある人材、そして目標や考えなどがしっかりしていて、合格可能性のある人が優先的に採用されていました。(面接で、模試の成績などを聞かれたりしたので。)
学歴や年齢はあまり関係ないと感じました。
社交的な高卒、27歳の友達も内定出てたので。

また、東京の方が地方よりも就職状況が若干厳しく感じられました。
やはり人がたくさんいるせいだとは思いますが。
ですので、、単に「大手監査法人」に就職したいのであれば、つまり地方でもどこでも良いのであれば、きっと問題なく就職できるかと思います。質問者様がコミュニケーション能力に長けた方であればさらに可能性は高まるでしょう。

ちなみに去年は就職天国でした。
ほぼ全員が内定もらえる勢いでした。
今年は去年に比べて若干厳しくはなりました。
来年以降がどうなるかはわかりませんが、それだけの学歴をお持ちで、「就職できないかもしれないから」で諦めるのでしたら辞めておいたほうがいいとは思います。
「何が何でも受かって、就職してやる」という気迫があれば、多分就職できると思いますよ。そういう熱意を伝えられるような面接はしてくれますから。話はちゃんと聞いてくれます。

余談ですが、論文式は、書く「量」はありますけど、書くスピードはそこまで重視されないと思います。もちろん1文字1文字丁寧に書いてる時間はありませんけどね。
電卓の速さはそれなりに必要だとは思います。
おまけですが、電卓は左打ちの練習を初期からしたほうがいいですよ。
私は電卓も書くのも右手で、論文前に腱鞘炎になりましたから。

特に問題はないと思います。

私は今年論文式試験を受け、現在合格発表待ちです。
すでに内定ももらっております。

ご存知かとは思いますが、会計士は、8月の論文式試験が終わったらすぐに就職活動をし、9月には内定をもらい、合格発表後受かっていたら12月から働きはじめます。

というわけで、論文式を受けた人はほとんどみんな就職活動します。
私はまだ20代前半ですが、友達には28歳の人や31歳、32歳の人と、色んな年齢層の人がいます。
あくまでも今年(平成20年度)の就職状況では...続きを読む

Q有限責任監査法人について

今10の監査法人が有限責任監査法人に移行しています。
有限責任監査法人には財務内容の公表が義務付けられてると思うんですが、その財務内容はどこに掲載されているのですか?
調べてみた所、新日本有限責任監査法人しか見つけられなかったのですが、詳しく知っている方ご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ホームページに掲載されていない、ということでしょうか。各有限責任監査法人のホームページを閲覧した限りでは、そういうことかな、と推定しております。

有限責任監査法人を含む監査法人は、業務及び財産の状況に関する説明書類を、同法人の事務所に備置し、公衆に縦覧することが義務付けられています(公認会計士法34条の16の3第1項)。これに替えて、電磁的記録を用いるときは、ホームページに掲載するなどの電磁的方法でも構わないとされています(同3項)。

従って、ホームページに掲載されていないときは、その監査法人に問い合わせれば、縦覧方法や縦覧場所が分かると思いますよ。

Q公認会計士についてです。今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士の

公認会計士についてです。
今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士のお仕事の魅力を教えてほしいです(>_<)

Aベストアンサー

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょう。問題を洗い出して指摘されるわけですからね。しかし、監査により関与企業が正しく評価されることで、その企業の発展につながるかもしれませんし、監査の業務の中で経営者などから信頼を得られる仕事かもしれません。

友人の公認会計士は、企業合併における業務に携わり、提携の弁護士とタッグを組んでの業務を行っていました。当然関与企業からの依頼に沿った実現を目指すわけですから公認会計士としての信頼から成り立つ業務となることでしょう。

嫌われることを嫌う人は厳しいかもしれませんが、正しいことを正しいという評価を行う、これらのためのアドバイスを行うというような立場としてもやりがいがあることでしょう。

私の友人は公認会計士業務の中で、公認会計士として学ぶべき法律関係が多く、将来独立などを視野に入れることで、弁護士や司法書士などと対等な関係でビジネスを行うという意味で、公認会計士として監査法人に勤務しながら司法書士試験を学び、合格するという結果につなげたようです。

友人は、普段の業務以上に将来の独立に対して気持ちを持っていたようです。最近は連絡を取ることが少ないですが、20年近く同じ監査法人で勤務しているようです。
お分かりだとは思いますが、公認会計士は、無試験で税理士と行政書士の登録が可能であり、一定範囲の社会保険業務や商業登記業務を行えます。こちらに司法書士資格を含めることで、独立後に顧客と慣れうであろう中小零細企業の事業承継や相続などについてもワンストップで受けたいと言っていましたね。
ただ、無試験で税理士となることができる、公認会計士試験に租税科目もあると言っても、すぐに税理士業務を通常の税理士と同等に能力を持っているわけではないという理解をしていました。可能であれば監査法人の提携の税理士法人に移籍して経験を積みたいとも言っていましたね。

社会的評価や将来性のあるのが公認会計士だと思います。
私の友人以外の知り合いの公認会計士は、公認会計士登録の要件と実績のための監査法人勤務後、独立して税理士事務所中心の事務所運営をされている方が多いように思います。

頑張って下さい。

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょ...続きを読む

Q企業が監査法人に監査を依頼することについて

企業が報酬を払い監査法人に監査をを依頼する制度に疑問を感じています。

監査法人は、企業の財務諸表を粉飾すればするほど仕事、報酬がもらえることになると潜在的にもしくは顕在的にわかっていると思います。国が監査法人に仕事、報酬を出し、依頼する方がまだ公平に監査が行われると思います。

何故監査をする監査法人を企業が選べるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会計監査の制度は戦後GHQが持ち込んだ経緯もあり、談合がまかり通る日本の風習になじまない点があり、質問者のおっしゃるとおりの疑問を誰もが抱くところです。
しかし、監査法人は信用を売る営利企業なので、いったん粉飾に加担したことがバレれば、契約を打ち切られることもありえますし、商法等で会社、株主などの利害関係者に対し無限の責任を負っています(損害賠償請求され、それにつき責任があるならば 資本の額にかかわらず、賠償額を払うということ。たとえ法人がつぶれても、社員が個人的に負担します。)
この無限責任があるため監査法人側には、積極的に粉飾に加担することのメリットが少ないです。
また、企業が監査法人に対し報酬を払うことにより、監査法人も企業に対し適正な財務諸表の開示の指導をおこなうことが期待されます。

Q高校生で『司法試験・公認会計士』試験に合格した人はいますか?また中学生でも『司法試験・公認会計士』試験に受験できますか?

高校生で、『日商簿記1級』に合格するのは、新聞に載るくらい珍しいと聞いたことがあります。

ここからが質問なのですが、高校一年生で、『司法試験』『公認会計士』試験に合格した人っているのでしょうか?
また、『司法試験』も『公認会計士』試験も、受験資格は「誰でも受験可能」とか「特に無し」と書いてあります。
と言う事は、中学生でも、極端に言えば小学生でも受験可能と言う事でしょうか?
とても気になるので、知っている方は是非教えて下さい。

Aベストアンサー

<司法試験について>
旧制度の司法試験では、年齢や資格等による受験の制限は特にありません。
ただし、高校生の場合には短答式試験および論文式試験からなる教養試験の第一次試験は免除されません。
この第一次試験については、過去に高校生が合格したことが新聞記事になりました。

旧制度の司法試験制度廃止までは、極端なことをいえば中学生でも、小学生でも受験可能です。

2011年以降の新司法試験からは法科大学院課程を修了することが必須条件になるため、法科大学院を修了せず新司法試験を受験するには予備試験の受験および合格が必須となります。


<公認会計士試験について>
2006年度から公認会計士法の改正により、試験制度が変更になり受験者資格が原則廃止になったため、司法試験と同じく高校生、中学生でも受験可能です。

Q新規株式公開における監査法人の選び方

新規に株式公開を狙って会社の方針を決めたばかりの会社です。

ベンチャーキャピタル等からは、この監査法人が良い、といったような意見を頂くことは出来ているのですが、

1.監査法人によってどんな違いがあるのか?
2.やはり有名な監査法人を使ったほうが良いのか?

といったあたりが今ひとつよくわかりません。

詳しい方がいらっしゃいましたら、監査法人の選び方についてアドバイスを頂けますと、大変嬉しく思います。

Aベストアンサー

> 1.監査法人によってどんな違いがあるのか?
・海外に事業展開している場合、有名な大手監査法人は海外の監査法人と提携していてノウハウを持っているけれど、
中小では対応能力の弱いところがある。

・有名な大手監査法人は監査に来社するのは新人中心で監査責任者はほとんど来ないけれど、
中小では監査責任者がメンバーを率いてくることが普通。
この結果評価損を計上するかしないかなど決算上の判断について、中小の監査法人ではすぐに相談でき調整がつくけれど、
有名な大手監査法人では責任者との連絡が悪い所も一部に見られ返事がなかなかもらえないケースも見受けられる。
と言う程度の違いは見受けられますね。
この辺をどの程度重視するかですが・・・

Q監査法人の公認会計士が企業の会計士となれるか?

私は経理をやっていますが、ふと疑問に思ったことがあります。
監査法人に勤務する公認会計士が、一般の関係ない会社の会計士の仕事を兼務できるものなのでしょうか?
また、もし可能であった場合、何らかの制限はあるものでしょうか?
ネットで探した限りはそのような禁止事項はないみたいですが、もしご存じの方がいましたら教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

一般の関係ない会社の会計士の仕事って、何なのでしょうか?

会計士の業務は、監査業務でしょう。
一個人として、監査法人の利害関係者にない会社に就職して、一社員として会計士の知識を生かした決算や財務などの業務を行う分には、監査法人の就業規則などに反しない限り問題ないのではないですか?

Q監査法人の中途

会計士として大手監査法人に就職後退社し、公務員などの他の業種に就職したとします。

その後、再び監査法人に再雇用されるとしたら、また新人として採用されるのでしょうか?
それとも、監査経験のある人用に中途採用のような制度が監査法人に存在するのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

辞めるとしても実務経験2年と補習所に3年勤めなきゃ公認会計士じゃないですからまずはそこまではしないと。それにその後他業種に就くならそれなりの待遇だしもどる必要はないんじゃないですか?公的な仕事に就きたければ監査法人の中の公会計の分野に進んでみたらどうですか?ちなみに今年は合格者多数で、来年も同じくらいの合格者数って言われてるので売り手市場から買い手市場に移るみたいですよ。

Q会計士の就職先(大手監査法人以外)

 私は将来公認会計士になりたいと思っています。
 けれど、中学で病気になってしまい通信制高校に通うことになりました。
 もちろんはじめは大手の監査法人に行きたいと思っていましたが、大手は非常に忙しいと聞き、病気持ちの私には厳しいのではないかと最近感じ始めました。
 しかし、会計士という職業を諦めることは出来ません。
 会計士の資格を取得をしたら大手監査法人に就職する以外に、どのような道があるのでしょうか?
 また、通信制高校で時間に余裕があるので大学へ向けた勉強の他に簿記などの勉強をしておいたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

大手監査法人以外にも、普通の会計事務所、税理士事務所などは大歓迎してくれるでしょう。
また、普通の会社でも、経理事務の専門家としての求人はいくらでもあると思います。

公認会計士の資格は難しいかわりに評価の高い資格ですから、頑張ってください。

時間があれば、簿記の勉強をしておくことは良いことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報