ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

皆さんが税理士を目指した理由を教えていただきたいのです。

私は現在大学二年生で、来年の簿・財同時合格を目指し9月頃から大原などに通う予定です。
そもそも私が税理士を目指したのは、簿記をやってみたら意外と面白く、大学生の間は勉強をしようと考えていたので、
勉強のやりがいがありそうで、年収も安定して、世間に認められている資格である税理士は私にぴったりだと思ったのが理由です。

まだ税理士の勉強は始めてないですが、今はしっかりと毎日勉強して税理士に一歩一歩近づこうという気持ちがあります。
しかしこのようなきっかけで始めた勉強が何年もモチベーションを保てるのかな?という不安もあります。

そこで実際に皆さんの税理士を志した理由や、現在の状況などを教えていただいて、自分のモチベーションにつなげたり、参考にしたいと考えております。

出来るだけたくさんの意見をいただけたらうれしいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>税理士を目指した理由などを聞かせていただけますか?



私がこれを始めたのは単純な理由です。
私は経理を長年やっていましたが30代の半ばにあるセミナーでよその会社の社員とお会いした時に、他社には良く勉強している人がいると言うことに気が付いたことがきっかけです。
それから再度簿記の基礎からやり直しをし、結局簿記1級まで取りました。そこでここで辞めるのは勿体ないと言う気持ちになり、どうせなら税理士までやってみるかと言う気楽な話でした。
初めは気楽でしたがその後ではこの試験の実態がわかるほど中途半端ではいけないという気持ちになり、結局5年間は本当に真面目に勉強したつもりです。合格は42歳です。
ただ私は最初の動機が上記のとおりなので、開業のつもりはありませんでした。
でもその後は会社の申告は定年までやらせてもらえましたし、国税局の調査も自分で対応し、調査官と方の解釈をめぐって理論闘争をするなど、互角は無駄にはならなかったと思っています。
その間に中高年で転職がありましたがそのときはこの資格は十分役に立ったと思っています。
なお今は年金世代ですがまだフルタイムの現役です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の御回答ありがとうございます。
30歳以降に勉強を始められて、それで働きながら5年でとったなんて驚きです!
やはり勉強はやる気次第なのですね。

私は大学生で時間をたくさん作ることが可能ですが、その状況に甘んじないように努力していきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/17 18:49

その程度のつもりなら結構シビアですよ。


税理士は司法試験のように給料に直結してません。本気でやるなら国税徴収法と都合3科目は受けるべき。国税徴収法は消費税(増税が噂されてます)や所得税(震災復興付加税が決定済)と異なり変動しにくいので勉強が楽(滞納処分の手続法)です。ただ、他の税法と全く異質な為その点はやりにくいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

出来れば、回答者さんが税理士を目指した理由なども聞かせていただけますか?
よろしくお願いします。

お礼日時:2012/06/16 23:46

まずこの試験はかなり長時間の勉強が必要です。

それを最後までやりぬく覚悟があるのならば挑戦したらよいでしょう。
とくにあなたは来年就職活動ですね。それとこの勉強の両立は困難でしょう。就職活動をどうされるのかもあわせて考えないといけないですね。

私は難関試験は始めることも難しいのですが、辞めることはもっと難しいと思っています。
どんなにがんばっても全員が合格することはありません。実際私が受験会場でお目にかかったある受験者は本当に10年続いているそうです。
でも私には10年でだめな人が11年目に受かる可能性があるのが非常に疑問でした。
その年齢で合格してもその資格を使う年数が本当にわずかしかないですよね。
そういう意味で20代後半で合格できなければ潔く断念すると言うのが賢明だと思います。
始める前からこの忠告はは酷ですが、逆にそうならない努力をすることを進める意味でもあります。

合格には最低でも3000時間以上の勉強が必要です。実際に私は4000時間近くかったと思います。
その時間をあなたは生み出すことは可能でしょうか。
これは自由時間の殆どは勉強だけと言うことを意味します。
それを数年間以上続ける覚悟があれば挑戦しましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
実際に税理士試験に合格された方の意見のようで、参考になります。
勉強の覚悟についてはあります。(ここで文字で伝えるのは難しいし意味がないですが)
しっかりと計画を立てて勉強をします。

また、気付いたらで結構ですが
税理士を目指した理由などを聞かせていただけますか?
そこが一番聞きたいところでしたので…

お礼日時:2012/06/16 23:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税理士法人(補助的な業務)への志望動機

税理士法人(補助的な業務)への志望動機

23歳、大卒、男。税理士法人は未経験。前職は販売職。資格は日商簿記2級。

仕事内容は会計資料の点検、整理から事務所運営、庶務、雑務などです。補助的で女性を対象とした求人かと思います。この求人への志望動機で迷っています。

(1)「世の中の仕組みを学びたく、税理士法人の仕事に就きたいと思った」
…と自分はするつもりです。税理士法人での仕事はお金にかかわることであり、それを通してお金を学ぶことができる。そしてお金を学ぶことは世の中を学ぶことにつながる。ですので税理士法人の仕事に携わることでより世の中の仕組みを学び、それを通して社会の役に立てる仕事に就きたいと思った、という風にしたいと思っています。どうでしょうか?


(2)税理士を目指しているというべきか?
税理士事務所は税理士を目指している人を歓迎すると聞きました。私自身、今後も税理士事務所や企業の経理でキャリアを積んでいきたいと考えています。しかし、税理士資格に対してはそう簡単に取れる資格ではないので今現在関心が薄いです。今現在個人資産に運用に関心があり(税理士業務に直接関係のない)FP技能士のほうを勉強しています(来年5月受験)。ただし、税理士科目の簿財の2科目、もしくは日商1級は税理士に比べれば容易なので3年以内に取得したいと考えています。
志望動機で嘘でも「税理士は目指している」と言わなければならないでしょうか?、また「税理士の簿財を3年以内取得するつもり」といったほうがいいでしょうか?

女性向けの求人で不利なのは承知ですが、以上2点についてご意見、お願いします。

(お願い)
「簿記2級なんて大したことない」的な回答は極力やめてください。簿記2級と書いたのは会計事務所に勤めるためのごく最小限の資格を有しているのではということで書いています。あくまでも質問内容は上記2点の志望動機に対する意見を聞きたいということなのでお願いします。

簿記2級と書くと質問の趣旨を無視して必ず「2級を金メダルみたいに思うな」という回答が出てきて悲しいです。かといって書かなければ「簿記2級もないなら無理だ」という回答が出てきます。

税理士法人(補助的な業務)への志望動機

23歳、大卒、男。税理士法人は未経験。前職は販売職。資格は日商簿記2級。

仕事内容は会計資料の点検、整理から事務所運営、庶務、雑務などです。補助的で女性を対象とした求人かと思います。この求人への志望動機で迷っています。

(1)「世の中の仕組みを学びたく、税理士法人の仕事に就きたいと思った」
…と自分はするつもりです。税理士法人での仕事はお金にかかわることであり、それを通してお金を学ぶことができる。そしてお金を学ぶことは世の中を学ぶことにつな...続きを読む

Aベストアンサー

税理士事務所の元職員です。
立場は無資格の補助者(決算担当)で、採用時には税理士を目指しており、全経上級と税務会計検定ぐらいでしたね。

1についてですが、採用担当者や採用方針がわかりませんが、税理士業界には閉鎖的な部分もあります。私の世話になった事務所は、他の税理士事務所や業界団体との付き合いはなく、あるのは登記などを依頼するだけの付き合いの司法書士事務所ぐらいでしたね。
税理士業務は、お金を扱うのではなく、お金の動きの計算が中心です。
そして。社会の役に立つのではなく、依頼者の役に立つことが仕事でしょう。

2についてですが、単純ではありません。小さい税理士事務所や税理士法人の場合、最低限の資格者がいれば、あとは無資格者の処理である程度まかなえます。資格者を採用するということは、資格者が独立するとなると、担当顧客を持っていかれたりすることとなります。特に経営者が年配などの場合には、営業活動自体が制約されていたこともあり、固定客を手放すことを強く嫌がることがありますからね。

うそをついて採用されると、あとでつらい思いをしますよ。
私は、独立欲はないが税理士やその業務に興味があり、簿記会計を中心に好きな勉強を仕事にしたい、などの理由で採用してもらった覚えがあります。この中にもうそは含まれています。独立欲はありましたからね。独立欲はいつかは退職ですから、それを前提の応募はしないほうが良いかな、と当時は考えましたね。

FPには、相続業務や資産運用という面で、税理士業務やその付随業務に関連する知識です。アピールにはなると思います。税理士やその補助者などにも、FP資格者は多いでしょう。

正しい回答は難しいでしょうね。頑張ってください。

税理士事務所の元職員です。
立場は無資格の補助者(決算担当)で、採用時には税理士を目指しており、全経上級と税務会計検定ぐらいでしたね。

1についてですが、採用担当者や採用方針がわかりませんが、税理士業界には閉鎖的な部分もあります。私の世話になった事務所は、他の税理士事務所や業界団体との付き合いはなく、あるのは登記などを依頼するだけの付き合いの司法書士事務所ぐらいでしたね。
税理士業務は、お金を扱うのではなく、お金の動きの計算が中心です。
そして。社会の役に立つのではなく、依頼...続きを読む

Q会計事務所の志望動機・自己PRの添削・アドバイスをください。

会計事務所への志望動機を作成しています。
まだ、業界研究中で上手く纏まっていない部分がたくさんありますが、
以下の文を履歴書に書く予定の文章です。
アドバイス・添削の方よろしくお願いいたします。

<基本情報>
私=大学4年生、女、2010年新卒、経営学部、現在内定無し、日商簿記2級取得
企業(1)=税理士法人会計事務所、従業員数20人以下、事務職、正社員採用
企業(2)=公認会計士事務所、従業員10人以下、税務会計スタッフ、正社員採用
試験内容=(1)・(2)共履歴書による書類選考

【志望動機】
私は学生時代に培ったパソコンや簿記の知識を生かせる経理や事務の仕事がしたいと考えました。
貴所ならば大いにその知識を活かすことができ、また自分自身をさらにスキルアップできると思い志望しました。
会計事務所で働くからには貴所の仕事をマスターし、
実際の仕事を肌で感じながら税理士・公認会計士の資格の勉強をし知識を貴所で得て、自分の名前で事務所を開くことが夢です。

【自己PR】
私は目標を立て計画的にコツコツ物事に取り組むことができます。
私は財務会計のゼミに参加し、現在は「棚卸資産」をテーマに卒業論文を書いています。
就職活動の合間を縫って調べることは大変ですが、
自分でやるべきことに期限を作り、スケジュール帳にその日にやるべきことを書き止め、
着実に一つ一つやり遂げることで効率よく物事をクリアできています。
また、私には他にも在学中に日商簿記1級の獲得という目標があります。
貴所に入所する前に少しでも知識を多く得て御社に入社できるよう努力したいです。

______

行数が限られているので、以下のPR文に織り込めなかったものです。
( )内は理由や裏づけなどです。
これは履歴書でPR・口頭でPRするべき、言わない方がいいなどありましたら教えてください。
●家から近い(家から車で30分程度。地元なので勉強に集中でき、友達も多く住んでいるので息抜きもできる。)
●計算をすることが好き(国語より算数が好きです。早く電卓を打つのが楽しいです。)
●手に職をつけたい。(すべての人が容易くにできる仕事ではなく、
私じゃないと行えない仕事・私に任せたいと思われるような仕事がしたい。)
●仕事を身に着けることは大変だろうけど、自分自身を成長させられる。(やりがいがある。)
●丁寧な仕事を心がけたい(帳簿をつけるので、綺麗な字で相手にわかり易く記帳したい。)
●企業の経営者に的確にサポートできるような人になりたい。
●学習科目として簿記を勉強してきたので、実際にはどのように使われているのかが知りたい

↓特にチェックしてほしい点です
Q1.本日(6/26)電話で選考申し込みをしました。
「とりあえず、書類選考をするので履歴書を送ってください。」
と言われました。
これから履歴書を作成するのですが通常何日以内には送るべきですか?

Q2.公認会計士の資格を取りたい!
と書きましたが、実際仕事と資格取得勉強の両立は努力すれば可能なのでしょうか?

Q3.自分の事務所を開きたい!と書いてしまいましたが、
資格を取ったらさっさと自分の事務所作って辞めてしまうというマイナスイメージになりますか?

Q4.他にも自己PRや在学中に努力したエピソードを作成中なのですが、やはり勉強面のほうがいいですか?
色々アルバイト(正確性や迅速性をPR)や学園祭実行委員(協調性・行動力をPR)にも力を入れてきたのですが、色々書いてしまうと一貫性がなくなってしまいますか?

会計事務所への志望動機を作成しています。
まだ、業界研究中で上手く纏まっていない部分がたくさんありますが、
以下の文を履歴書に書く予定の文章です。
アドバイス・添削の方よろしくお願いいたします。

<基本情報>
私=大学4年生、女、2010年新卒、経営学部、現在内定無し、日商簿記2級取得
企業(1)=税理士法人会計事務所、従業員数20人以下、事務職、正社員採用
企業(2)=公認会計士事務所、従業員10人以下、税務会計スタッフ、正社員採用
試験内容=(1)・(2)共履歴書による書類選考

【志望...続きを読む

Aベストアンサー

あくまで私見です。
新卒募集の事務所への応募ですね。
社会経験が無い、即戦力にならない新卒を、会計事務所はなぜ募集しているのでしょうか。
経験者ではなく、新卒の方の場合、一人前になって、事務所に利益をもたらすようになるまでの期間も、給料を払い、教育をしていかなくてはなりません。それでも募集している理由としては、
(1)事務所従業員の年齢構成のバランス、
(2)色のついてない人を一から教育して、事務所のやり方にあった人材を育成し、事務所に利益をもたらしくれるようになってほしい、
などが考えられます。つまり、いったん採用したら長く勤めて欲しいのです。一人前になったとたん辞めてしまうかも…のイメージはもたれないようにしなくてはいけません。しかし、資格取得の意欲は、向上心の表れですので、前面に押し出してください。資格を取って独立するのが夢…では無く、資格をとってさらに御社に貢献…や御社の中心的な人材になりたい、と言うことにしましょう。

簿記、電卓、パソコンは、会計人にとっては、コトバみたいなものです。これらが得意だから、好きだから、活かしたいから志望しました、では説得力がありません。これらが不得意な人は会計事務所の採用に応募しないからです。
いくつか挙げられた中で、会計事務所の仕事の本質を、ややついているのは
>●企業の経営者に的確にサポートできるような人になりたい。
でしょうか。このあたりを膨らませていってはいかがでしょう。

Q1.について
中小企業の採用と言うものは、みんながスタートラインに立つのを待ってヨーイ、ドンということはありません。いい人材が来たら、その時点で終了です。急ぎましょう。

Q2.について
かなりムズカシイ。どれだけ覚悟ができるかです。資格の必要学習時間を考慮して、勤務時間、通学時間、自習時間、睡眠時間と割り振ってみてください。それに予習、復習と…  …どれくらいの期間で資格を取るか、にもよります。

Q3.について
採用においては、独立の夢は、言う必要がないのでは?リスクを冒して、得られるメリットが思いつきません。

Q4.について
あなたが「これだけは絶対人に負けない」モノを1つ紹介してはいかがでしょうか。おっしゃるように一貫性が無いと印象に残らない恐れがあります。

以上、思いつくままに書いてみました。
失礼な表現がありましたらごめんなさい。
ご健闘をお祈りします。

あくまで私見です。
新卒募集の事務所への応募ですね。
社会経験が無い、即戦力にならない新卒を、会計事務所はなぜ募集しているのでしょうか。
経験者ではなく、新卒の方の場合、一人前になって、事務所に利益をもたらすようになるまでの期間も、給料を払い、教育をしていかなくてはなりません。それでも募集している理由としては、
(1)事務所従業員の年齢構成のバランス、
(2)色のついてない人を一から教育して、事務所のやり方にあった人材を育成し、事務所に利益をもたらしくれるようになってほしい、
...続きを読む

Q税理士事務所の志望動機

こんにちは。私は現在就職活動中です。
先日求人雑誌で見かけた税理士事務所の総務全般職員に応募しようと重い履歴書を書いているところなのですが、志望動機がなかなか思い浮かばず困っています。
本来ならそんなことは自分で考えなければならないことは良く分かっています。そもそも志望動機がはっきりしないのに、受けるのが間違っているというお叱りの声があることでしょう。それは重々分かっている上で、質問します。
そもそも応募しようと思ったきっかけは、パソコンスキルを活かして働きたいということ。元々事務職を志望していましたが、事務職だけではなく来客応対などの接客があるということ。そして現在日商簿記検定3級と2級取得に向けて勉強中なので将来それを活かせて働きたいということが主な理由です。また、実家が会社を経営しているのでいずれかは自分の家の経理を出来るように実務を積みたいと思っています。
これらをうまくまとめて志望動機にしようとしているのですが、薄い志望動機になってしまいます。どうしてもそこで働きたいので、何かアドバイスを頂ければうれしいです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。私は現在就職活動中です。
先日求人雑誌で見かけた税理士事務所の総務全般職員に応募しようと重い履歴書を書いているところなのですが、志望動機がなかなか思い浮かばず困っています。
本来ならそんなことは自分で考えなければならないことは良く分かっています。そもそも志望動機がはっきりしないのに、受けるのが間違っているというお叱りの声があることでしょう。それは重々分かっている上で、質問します。
そもそも応募しようと思ったきっかけは、パソコンスキルを活かして働きたいということ...続きを読む

Aベストアンサー

簿記を勉強中だから総務のスキルアップと同時に経理の知識や経験を積みたいというような内容でいいんじゃないですか。念のため実家の経理に落ち着く話ははずしておいた方がBetterです。すぐ辞めるだろうと思われますから。
総務全般ということですが、会計事務所で経理の経験もできるチャンスがあれば、上場企業も含めた一般企業で十分対応できるかと思うので(有価証券報告書作成、連結決算、税務など)、実家の経理を勤めることになっているようですが、機会があれば一般企業でも経験を積まれると実務経験も積めるので後々とても役に立ちます。
転職活動していると以外に会計事務所経験優遇という案件も結構ありますから。参考までに。

Q会計事務所の面接の模範をお願いします。

現在、会計事務所に就職したく、活動をするのですが、
面接でどのように答えようか迷っています。
できるだけ考えてみたのですが…
もし宜しければ、模範を示して欲しいのです。


<<<<<<<<<<<<<過去に質問した内容

私の現在の状況は…

26歳、男、2001年3月に大学卒業(1浪、1休学)
資格→日商簿記2級(3級も持ってます)自動車免許
卒業して8月まで何もせず、8月から11月ぐらいまでバイトをして50万くらい
稼ぎ、それから通学で簿記1級の授業を受けていたのですが…6月の試験に落ちました。(通学中はバイト代で自分の物は買ったりしてましたが…生活費は親に負担)6月から2社ほど面接を受けましたが…落ちました。

ここまでくると何から手をつけてよいか分りません…
面接ではこの経歴で何をアピールしていいのかも分りませんし…
自信を持ってのぞもうとはしてますが…

多くの方の意見を参考にしたいと考えております。






会計事務所や経理職の面接を受けてるのですが…
志望動機や将来どうなっていたいんだ?って質問に困ってしまうんですよね…
…会計の専門家になりたいです!なんて正直に答えてしまって
それだけじゃあ動機が弱い(抽象的?)みたいなこと言われてしまいました…

…私、実務経験(就職経験)がなくて初歩的なことから始めるべきだと
考えてるのですが…実際、実務経験はないし、持ってる資格も簿記2級
程度ですし、初歩的なことからやるしかないなと思ってたんですよね。

9月から税理士講座の簿記論の勉強を始めます。


アドバイスお願いします。

現在、会計事務所に就職したく、活動をするのですが、
面接でどのように答えようか迷っています。
できるだけ考えてみたのですが…
もし宜しければ、模範を示して欲しいのです。


<<<<<<<<<<<<<過去に質問した内容

私の現在の状況は…

26歳、男、2001年3月に大学卒業(1浪、1休学)
資格→日商簿記2級(3級も持ってます)自動車免許
卒業して8月まで何もせず、8月から11月ぐらいまでバイトをして50万くらい
稼ぎ、それから通学で簿記1級の授業を受けていたのです...続きを読む

Aベストアンサー

私は簿記2級を取得後、1年ほど一般会社の経理職をし、その後会計事務所に
入り、2つの会計事務所で10数年勤めました。

いまも私は会計、経理の仕事をとても有用で、やりがいのある仕事と思っています。
で、今のあなたに必要なのは、会計、経理の仕事の意義を心から理解し、納得した上で、
その道を志向すること事ではないでしょうか。

その理解の一助に、会計事務所の仕事の一端を紹介します。
(1)担当顧問先から月次仕訳伝票を受け取り、内容を一件ずつチェックする。
  ・・・顧問先ごとの仕訳、記帳スタイルに注意。仕訳について質問を受けることも多い。
(2)記帳、月次データの作成
  ・・・手書き記帳から、オンライン入力まで、様々。補助事務員の手を借りるときは連携に注意。
(3)月次データを顧問先の担当者や経営者に説明する。
  ・・・経営指標を的確に説明する財務知識と、センスが必要。
(4)決算書の作成、税務申告書の作成
  ・・・期日もあり、顧問先との折衝もあり、不明個所の解明に苦労する。税法の知識が必要。

いかがでしょうか。このほかにも業務は多大ですが、これだけでも企業の会計のレベルを
相当上回る能力が必要なことがおわかりかと思います。そしてそれは、志の高さによって
得ることが出来るのであり、その志があればあなたにも出来るのです。

上記のうち、会計、経理の仕事としてことにやりがいを感じるのは、私の場合(3)の月次データや
決算データの説明です。このときに顧問先の気づかないデータや兆候を指摘して経営の
参考にしてもらえたなら、大きな喜びです。
「利益は上がってるのに金がない。何でや」に「売掛金が膨らんでますよ。早期回収に努力を」とか「在庫がオーバーです。仕入れの調節や在庫の見直しを」などはしょっちゅうです。
バブルのころ、大きな利益が上がった製造業の顧問先が、機械備品の原資である長期借入金を
一括返還しようとしたことがありました。「設備、運転資金は成長期にはいつ必要になるか
わかりません」といってそれに反対したところ、聞き入れてもらえました。その半年後、バブル
崩壊で銀行は一転貸し渋りに陥りましたが、その企業は無理なく成長を続けることが出来ました。
このようなことが次のやる気につながります。

もし、上のようなことが理解していただけたなら、次のようなことが心から言えるといいのですが。
「今まで会計や経理のことを勉強してきて、とてもやりがいのある仕事だと言うことが
わかってきました。一つ一つの数字が単なる数字ではなくて、会社の経営状態を反映していて、
それの正確な把握が会社の経営を左右するわけですよね。私は基礎的なことから勉強していって、
いずれは会計の専門職として、企業に正確な情報と、有用な(役に立つ)提言を出来るように
なりたいです。もちろんそのために税法も勉強して、資格を取りたいと思っています。」

私は簿記2級を取得後、1年ほど一般会社の経理職をし、その後会計事務所に
入り、2つの会計事務所で10数年勤めました。

いまも私は会計、経理の仕事をとても有用で、やりがいのある仕事と思っています。
で、今のあなたに必要なのは、会計、経理の仕事の意義を心から理解し、納得した上で、
その道を志向すること事ではないでしょうか。

その理解の一助に、会計事務所の仕事の一端を紹介します。
(1)担当顧問先から月次仕訳伝票を受け取り、内容を一件ずつチェックする。
  ・・・顧問先ごとの...続きを読む

Q31歳から税理士を目指す事・・・

毎度お世話になっております。
私、31歳にして会計に興味を持ち始め、つい先日日商簿記2級を受験致しました。・・・っが!落ちました(T_T)/~~~ しかし、簿記を勉強して大変役に立ったので、次回もまた挑戦したいと思っておりますが、こんな程度の(2級を落ちてしまう)能力で、31歳から税理士を目指すって事はどんなあんばいなんでしょうか?非常~に長い道のりになるのは覚悟しております。いろいろ情報をお持ちの方いらっしゃいましたらアドバイスお願いします。また、30歳からこのような試験などを目指して頑張られ、資格を取ったと言う方も何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の経験談です。少しでも参考になればと思います。

私は学生時代公認会計士の勉強をしておりまして、短答式は1年目、2年目とも合格したんですが、2次試験は不合格。3年目はなんと短答式が不合格となり、会計士受験をあきらめ、この間に税理士の簿記論と財務諸表論の2科目合格していましたので、目標を仕事をしながらの税理士受験に変えました。

大学卒業した秋に第2新卒として、税理士とは直接関係のない業種で仕事をしながら法人税の勉強を某資格学校に通いながら勉強しました。

簿記、財表はそれなりに頑張れば合格できるので、当時、正直税理士試験をなめていたところがありましたが、税法科目は相当きついです。

私は1年に1科目ずつ受験して、法人税は3回目、消費税は1回目、所得税は2回目でようやく合格することができました。相続税も勉強しましたがこれは途中リタイヤ。また途中転職をし、その会社の命令で社労士を受験し、税理士受験を1年間中断したこともあります。結局、簿記2級受験からだとほぼ10年かかりました。

どの国家試験もそうですが、絶対評価で合否が決まりますから、無職で受験専念している人たちと戦わなくてはなりません。 これがなかなか強敵です。ですから働きながらですと、勉強時間の確保が大変ですし、仕事が忙しいと勉強をできず、必然的に長期戦になってしまいます。

そこで重要なのは、モチベーションを保つことと、いい意味でのあきらめの悪さです。私見ですが、この税理士試験は頭のよしあしではなく、根性の有無で合否が決まるといっていいと思います。

実際、税理士を目指して、5科目合格にたどり着くのは50人に1人が現状です。

komarinnbowさんが絶対税理士になるという決意があるのであればぜひとも頑張ってほしいと思いますが、この業界の雇用情勢を考えると相当のリスクを負う覚悟は必要かと思います。

また別の角度からいえば、受験中の人の会計事務所での給与はものすごく安いです。実務経験がないのであれば、年齢にかかわらず手取り20万がいいところです。

年齢による環境の違いはあると思いますが、くどいですが、本人の強い意志がすべてです。一般論で言ってしまえば確かに厳しいとは思いますが、目標を貫いた人には必ずや道は開けますので一度しかない人生、これにかけてみるのもありではないかと思います。頑張ってください。

私の経験談です。少しでも参考になればと思います。

私は学生時代公認会計士の勉強をしておりまして、短答式は1年目、2年目とも合格したんですが、2次試験は不合格。3年目はなんと短答式が不合格となり、会計士受験をあきらめ、この間に税理士の簿記論と財務諸表論の2科目合格していましたので、目標を仕事をしながらの税理士受験に変えました。

大学卒業した秋に第2新卒として、税理士とは直接関係のない業種で仕事をしながら法人税の勉強を某資格学校に通いながら勉強しました。

簿記、財表はそれなり...続きを読む

Q現在26歳で税理士を目指そうと思っているのですが。

現在26歳会社員、高卒資格なし。妻、子供が二人います。
これから先の将来が不安、何より自分自身がこのままでいいのかと考え、転職として、税理士を目指そうと思いました。
理由は、転職に有利な事(妻が沖縄出身のため、いずれは沖縄に行く可能性有り)、独立開業できる事(人脈は少しずつ増やしています)、そして、税務のみならず、コンサルティング会社も視野に入れているためです。
そのために、今現在宅建を1日2時間勉強中です(睡眠時間は5時間ほどです)。なぜ、宅建なのかと言うと、資格の登竜門宅建も受からない奴が、税理士など受かるはずがないと思っているからです。それに、税理士とは相性がいいと聞いています。まずは、自分自身を試しています。その後に、ファイナンシャルプランナー(これも税理士と相性がいいため)、日商簿記3・2・1、そして、税理士事務所で働きながら1教科ずつクリアしながら36歳で資格を取得しようと考えています(全て一発合格の場合ですが)26歳からのこの挑戦は無謀でしょうか?

Aベストアンサー

宅建と簿記2級を同時に取得しました。
両方合わせて3ヶ月です。1日、計2時間の学習時間。
睡眠時間は8時間です。
別に自慢でもなんでもなく、これが普通だと思います。
何が言いたいかと申しますと、宅建やFPに合格しても、税理士の資格に対して適正がある、対応できる、などと判断するのはいかがなものか、と思うのです。
まず、税理士を目指すなら簿記1級もしくは大卒、などの一定のキャリアを必要とすることはご存知と思います。
と言うことは、ゴールを税理士に置くならまずは簿記1級、大卒などを目指すべきでは?
逆にFPなんかは取得しても自己満足の領域です。
ちなみに、2級+AFPを取得済みです。
もう少し詳しく書きますと、この資格は持っていてもあまり効果がありません。
私の知人で、FP取得者と保険会社&金融機関勤務経験の人が居ますが、
あきらかに後者のほうがFPの知識を越えます。
と言うことは、今、目指している資格は最終的には自己満足で終わる可能性が高いです。というより、勤務経験無しでは、雇ってもらえませんし、独立も難しいです。
さて、本題に戻りますが、今から税理士の資格をとっても、年齢的に難しいです。
今は税理士が飽和しつつありますし、年配の方と若年の方が税理士を持っていれば、他のキャリアを考慮しなければ若年の方を採用します。
理由は、安いし、体力あるし、などなど。
と言うより、その年齢であれば逆に公認会計士など、税理士を凌駕する
資格を僕はお勧めします。
2年以内に受かれば十分に需要ありますし、受験資格も無いですし、なにより高給です。初任給でも500万はいきます。最終的には1000万は軽くいくのでは?
察するに、奥さんやお子さんが居るから頑張るぞ、と感じ取れます。
その気持ちを持ってすれば、難関資格にも立ち向かう事が出来ると思います。
逆にC級の資格を寄せ集めしても、金融機関や大手不動産会社であれば
どんなに低く見ても高卒程度は要求されます。
であれば、公認会計士や司法書士など、俗に言う一発逆転資格、の取得もありなのではないでしょうか?
長くなりましたが、頑張って下さい。

宅建と簿記2級を同時に取得しました。
両方合わせて3ヶ月です。1日、計2時間の学習時間。
睡眠時間は8時間です。
別に自慢でもなんでもなく、これが普通だと思います。
何が言いたいかと申しますと、宅建やFPに合格しても、税理士の資格に対して適正がある、対応できる、などと判断するのはいかがなものか、と思うのです。
まず、税理士を目指すなら簿記1級もしくは大卒、などの一定のキャリアを必要とすることはご存知と思います。
と言うことは、ゴールを税理士に置くならまずは簿記1級、大卒など...続きを読む

Q会計事務所への転職・志望動機

初めて質問させていただきます。
当方25歳女、簿記2級、宅建、普通自動車免許を所持しています。

現在、この年で恥ずかしながら初めて就職活動をしており、
これまで税理士・会計士事務所での経理事務を希望して活動してきましたが、
このまま進んでもいいのか、方向転換をするべきなのか悩んでおります。
身近に相談できる人もおらず、色んな方のご意見が聞ければと思い投稿させていただきました。

大学卒業後、そのまま親の会社で2年ほど経理補助(伝票入力程度の簡単な雑務)として勤めましたが、
今よりもっと経理の専門的な仕事がしたいと思い、
先日ハローワークで紹介してもらった社員4名ほどの会計事務所の「経理事務」に応募し、面接まで漕ぎつけました。
そこは未経験OKとあったので、面接でやる気を見てもらおうと意気込んで行ったのですが、
突然の筆記試験でパニクってしまいほとんど記入できず。
「点数が悪い。やる気が見られない。未経験でも良いけど、財務諸表やキャッシュフローくらい読んでくれないと」
と言われてしまいました。
志望動機も「会計事務に興味がある、学びたい」だけでは不十分で、
給金を払って働いてもらうのだから腰掛けでは困る、
会計事務所がどんな仕事をするのか事前に調べて来てくれないと、
といちいちご尤もな指摘を受け萎縮してしまい、
自己PRもまともに出来ず、逃げるように帰って来てしまいました。
私としては真剣で腰掛けのつもりも全くなく、
業態も「個人事務所は先生の方針による」と聞いていましたし、具体的な仕事内容も多岐に渡るということだったので、
面接で質問しようと思っていたのですが、勉強不足で面接官の方に不快な思いをさせてしまいました。
ですが、実際の会社経営に携われるような経理・コンサルタントにはもっと興味が湧きました。

このまま会計事務所への志望を続けても、希望はあるでしょうか?
続けても、また再び同じような指摘を受けてしまわないか不安です。
もはや新卒でもないのに、指導してもらおうなんて考えが甘かったのでしょうか。
やはり新卒OK・未経験OKの他業種で、経理の仕事を見つけるべきでしょうか。
しかも先生と面接官は、くすりとも笑わない方たちでとっても怖く、
こんな雰囲気の事務所ばかりなら他業種にしたほうが良いのかも、とも思っています。
それから経理や財務に興味がある、勉強したい、という志望動機がダメならば、
ウソでも税理士を目指していると答えなければいけないのでしょうか?(嘘はつけませんが)

正直言って、「がっかりした」「就職活動したことないの?だから、そんななのよ」「これくらい出来ないの?」等々、
ボロクソに言われて履歴書を突き返されてしまい、とにかく今は自信がありません。
こんな甘ちゃんの私に、お暇なときにでも厳しいご意見頂けると嬉しいです。
長文になってしまってゴメンなさい!

初めて質問させていただきます。
当方25歳女、簿記2級、宅建、普通自動車免許を所持しています。

現在、この年で恥ずかしながら初めて就職活動をしており、
これまで税理士・会計士事務所での経理事務を希望して活動してきましたが、
このまま進んでもいいのか、方向転換をするべきなのか悩んでおります。
身近に相談できる人もおらず、色んな方のご意見が聞ければと思い投稿させていただきました。

大学卒業後、そのまま親の会社で2年ほど経理補助(伝票入力程度の簡単な雑務)として勤めましたが、
...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の文章を読んで、若かりし日の自分を思い出しました。
私もまったく世間知らずで、今思うと顔から火が出そうなことをやらかしたものです。
質問者さまの方がよっぽど、25歳にしてはしっかりと自分を分析していらっしゃいますね。

>突然の筆記試験でパニクってしまいほとんど記入できず。

就職活動も初めてなら、筆記試験も初めてなら、確かにパニクりますね。わかります、わかります。

>給金を払って働いてもらうのだから腰掛けでは困る、
会計事務所がどんな仕事をするのか事前に調べて来てくれないと、
といちいちご尤もな指摘を受け萎縮してしまい

私も、ご尤もな指摘だと思います。

>業態も「個人事務所は先生の方針による」と聞いていましたし、具体的な仕事内容も多岐に渡るということだったので、
面接で質問しようと思っていたのですが、

個人事務所は確かに、仕事の内容などは公表されるものでもなく、知りようがありません。
ただ、面接は質問をするところではありません。
すべてを納得した上で応募している、これが「大前提」です。
何をやるかも知らないのに「志望」しているのは矛盾してますよね。

>ですが、実際の会社経営に携われるような経理・コンサルタントにはもっと興味が湧きました。

ここがあなたのよくできたところ。
打たれながらも冷静に、職業への志を深めていってますね。

>このまま会計事務所への志望を続けても、希望はあるでしょうか?
もはや新卒でもないのに、指導してもらおうなんて考えが甘かったのでしょうか。

新卒でも同じです。
指導してもらうという考えはおくびにも出してはなりません。
というか、指導してもらうつもりで就職活動を続ける限り、どこにも採用はもらえないでしょう。
企業が人材を募集する時、それがたとえ「新卒」であっても「未経験可」であっても、求めるものは同じです。
「いかに自分から動いてくれるか」そういう人を求めているのです。
自分から動いて会社に利益をもたらしてくれる人ならば、教える価値もあるということです。
つまり「指導して欲しい」と思うなら、それ以上のメリットを会社にもたらす人間であらねばならないのです。

ですから、

>やはり新卒OK・未経験OKの他業種で、経理の仕事を見つけるべきでしょうか。

これは同じことです。
新卒未経験OKは、「教えてあげます」という意味ではないということです。
教えてあげることを倍にして返してくれる人を募集しているという意味です。
それだけの人材であるというアピールがないのなら、「やる気がある」というだけで採用するボランティア企業はありません。

>それから経理や財務に興味がある、勉強したい、という志望動機がダメならば、ウソでも税理士を目指していると答えなければいけないのでしょうか?

税理士を目指していれば採用にするかというと、そんなことはないですね。

質問者さま、もともと会計事務所という選択肢が間違っているのです。
会計事務所っていうのは、一般企業の経理のさらに上の決算報告まで行うものですから、先に企業での実務経験を積むことです。
親の会社で伝票入力、というのは確かに経理経験とはいえません。

>ボロクソに言われて履歴書を突き返されてしまい、とにかく今は自信がありません。

これ、あとになって本当に「宝物」になる経験ですよ。
若いうちにこの経験ができてよかったですね。
とにかくボロクソに言ってくれたおかげで、次には同じ失敗をしなくて済むわけです。
(私なんか25歳の時、途中書きかけの履歴書を出して「お帰りください」と言われたことあります(笑)。でもそのおかげで今の私があるのです。)

まずは就職マニュアルとか買ってみたり、社会で働くということを根本から考え直してみるとよいと思いますよ。
健闘を祈ります。

ご質問の文章を読んで、若かりし日の自分を思い出しました。
私もまったく世間知らずで、今思うと顔から火が出そうなことをやらかしたものです。
質問者さまの方がよっぽど、25歳にしてはしっかりと自分を分析していらっしゃいますね。

>突然の筆記試験でパニクってしまいほとんど記入できず。

就職活動も初めてなら、筆記試験も初めてなら、確かにパニクりますね。わかります、わかります。

>給金を払って働いてもらうのだから腰掛けでは困る、
会計事務所がどんな仕事をするのか事前に調べて来て...続きを読む

Q税理士になりたいのですが年齢が40歳を超えてます

税理士事務所で働いている人、又は税理士をやっている方に質問です。私は簿記1級を持っています。そこで、転職して税理士受験を考えています。しかし、年齢的に40歳を超えており、会計事務所への転職は難しいとTACのアドバイザーに言われました。やっぱり、40歳を超えると、一部科目合格していても、年齢的に会計事務所への転職は難しいですか?ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が生きるのではなく、中小企業・個人事業主の日常の処理がほとんどですので、3級合格程度でも若い体力のある方を求めます。
高度な処理は税理士がするので、これで充分なのです。一級合格40歳だと「こき使うわけにはいかんだろうな」という面もあります。
40歳、税理士試験の簿財合格という方が、知人の税理士事務所に採用されましたが、この方は外資系営業経験があり、日常英会話と、契約書を作成するレベルの専門用語を使用しての会話ができた点を買われて採用されました。
会計事務所で「それが欲しい」という別の能力があるなら、採用もあります。

仮に45歳で合格、独立したとして、少なくとも3年間は喰っていけるような収入はないと思った方がいいです。
ここで奥様がどのように協力してくださるかも考えてください。

定年退職がない仕事ですので、魅力があります。
勧めないという意見ももっともです。
仕事以外の時間をすべて学習に向けるのは、きついですよ。
私自身は「独身時代の空白の6年間」と呼んでますが、夕食時と大晦日、元旦以外はテレビを見ない6年間でしたので、その間のアイドルとか流行歌とかまるっきりわかりません。
なつかしのアイドル番組などみても「これって誰?」状態です。流行っていたドラマなど名前も知りません。
妻は「あなたの空白時代に活躍した人だよ」と笑います。
覚悟しないとできませんよ。

一級合格してるのですから、それを無駄にしないようにして欲しく思います。

1級取得は立派です。天晴れです。
しかし税理士試験の簿財は、求められるものが違うので、その知識を持ってしても難関ではないでしょうか。
年齢的に、試験に耐えられるかどうかです。
試験本番が夏であること、年齢的に暗記力・体力が落ちてること、ご家庭をもたれてるなら必要な勉強時間が持ちにくいこと、仮に持てても、その状態が数年間続くこと、など考えると、貴方の判断だけでなく、ご家族特に奥様の理解が必須だと存じます。

転職については「一級合格」だけでは不足です。
税理士事務所では一級知識が...続きを読む

Q税理士を目指すには『経済学部?』『経営学部?』

今現在、経済学部か経営学部どちらが「税理士」に向けての勉強ができるのか色々調べているのですがチンプンカンプンです・・・。
「税理士」を取得するのに大事な勉強をするのは経済学部と経営学部どちらなのか教えてください。
(自分の希望では商学部は考えていません)

Aベストアンサー

 経営学部か商学部がおすすめです。特に会計学や簿記などの講義や演習などは経営学部・商学部などに多いからです。経済学部は、「理論・政策・歴史」を中心に学ぶので、会計学や簿記などの講義が経営学部や商学部に比べて少なくなります。公務員などを目指すのであれば、経済学部や法学部へ入学するのが一般的です。あと、経営学部=商学部と考えて結構です。商学部は経営学部に比べて流通系・会計系の講義が多くなりますが基本的なベースは経営学部と変わりません!!
 
 どちらかというと、「商学部」「経営学部」に入学して会計系のゼミなどに入ることです。また、大学で資格取得講座などを開講しているので簿記検定などを受検してそのあとに税理士試験の「簿記論」「財務諸表論」などの会計科目を受験するのが一般的です。そのあとに、税法3科目受験するといった感じです。
 あと、リクルートの進学系サイトのURLを載せておくので「商学部」「経営学部」「経済学部」などの違いなど確認してみると良いと思います。

 関東の私大なら「早稲田・慶応・中央・明治・法政・専修」あたりがお勧めです。個人的には、中央の商学部をお勧めしたいです。余談ですが、大学内で会計士講座などを中央などでは開講しているようです。また他の大学でも専門学校(大原)や資格スクール(TAC)などの講師を派遣して会計士や税理士講座をやっているので各大学のパンフレットや大学HPの在学生向きの就職関係のサイト(資格取得やキャリアセンター)などのページを確認することなどお勧めします。

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 経営学部か商学部がおすすめです。特に会計学や簿記などの講義や演習などは経営学部・商学部などに多いからです。経済学部は、「理論・政策・歴史」を中心に学ぶので、会計学や簿記などの講義が経営学部や商学部に比べて少なくなります。公務員などを目指すのであれば、経済学部や法学部へ入学するのが一般的です。あと、経営学部=商学部と考えて結構です。商学部は経営学部に比べて流通系・会計系の講義が多くなりますが基本的なベースは経営学部と変わりません!!
 
 どちらかというと、「商学部」「経...続きを読む

Q会計事務の志望動機について

過去に同じような質問があったらすみません。
明日、会計事務所に履歴書を持って行きます。その後書類選考で通れば面接です。
会計事務所での一般事務で応募をする予定です。
今までしていた仕事が医療事務で、もともと医療事務を中心に勉強をしてきました。医療事務を勉強する傍ら会計事務や簿記、電卓、パソコンなどの勉強もしていたので資格も持っています。
会計事務所への仕事を希望した理由は資格をもっと生かしてスキルアップしていきたいというのが理由です。
しかし、どうしてもうまく志望動機が書けません。書類選考があるので履歴書の志望動機を上手に書きたいです。
わけが分からない文章になってしまってすみません。
みなさんのご意見よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「会計事務所での一般事務」というのは、顧客相手に会計事務をやるのではなくて、あくまでも会計事務所の総務、人事、場合により経理ということですか?
どちらであっても考えは、同じです。
スキルアップしたいという考えが、根底にあるのであれば、今まで自分がしてきた仕事の発展型で文を書きます。時々、全く別の業種、別の仕事の人が応募してきて、志望理由を聞くと、明確、具体的なことを言えず、傍から見ていておもしろそうだったからと言うのがありますが、勿論、駄目です。たとえ経験が無くても接点を持つように書きます。
発展型の文と言うのは、今の仕事が、応募の仕事に関係しているのであれば、「仕事を通じて、その仕事に興味を持ち、更にレベルの高いところまで、自分を高めたい」とか、また、直接関係の無い仕事をしてきたというのであれば、「・・の職種には、今までの経験を・・・の面で生かせる」と書きます。意外と、相手の求めているものが、会計が中途半端に出来るよりも事務能力が高くて大量の事務を早く片付けてくれることである場合には、関係の無い業種から採用されることが多いです。


人気Q&Aランキング