公認会計士、行政書士、税理士、宅建、弁護士、難易度どれくらい違う?

質問者からの補足コメント

  • 上の資格に簿記2級も入れてください

      補足日時:2015/11/13 22:08

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

分野の異なる資格試験の何度は比較するものではないと思います。


参考までに、あるサイトの情報で学習時間を比較していましたので、そちらを例にして記載したいと思います。

①弁護士     3000時間・3年以上
①公認会計士   3000時間・3年以上
③弁理士     3000時間・3年以上
④税理士     2500時間・2年半以上
⑤行政書士    1000時間・1年以上
⑥宅地建物取引士  500時間・6か月以上
⑦簿記2級     300時間・3か月以上

このように記載されていましたよ。
最大国家資格として有名なものに弁護士(司法試験)と公認会計士は常に含まれていると思います。3つ目は時代や考え方によって医師・不動産鑑定士・弁理士のいずれかを含めるようですね。
これらのことから、弁護士と公認会計士を同列としました。
弁理士を③としたのは、弁護士は弁理士業務を当然扱える資格であるという点や考え方などによって三大国家資格に含まれないこともあるためです。

ちなみに簿記1級が1000時間・1年以上とされております。簿記検定は、主催する団体で級ごとのレベルが異なります。日商簿記の級として判断しましょう。1級は国家資格試験の受験資格となることからも、準国家試験のようなものですが、2級は商業高校の学生でも合格者が多い内容です。他の資格と比較するレベルの話ではないことでしょう。

お求めの内容かどうかはわかりませんが、上記の学習時間などを参考にしたサイトが下記になります。
http://www.studytime1.com/

上記は、合格レベルに達するための最低限の学習時間だと思います。私は税理士試験のために上記学習時間以上の学習を行いましたが合格に至りませんでしたね。
上記の学習時間の2倍3倍の学習時間を割いても合格できない人も多いですし、学習の容量がよく能力も高いというような人は、上記の学習時間を下回る時間数でも合格できることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/25 18:45

弁護士>公認会計士>税理士>行政書士>宅地建物取引士

    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
公認会計士より行政書士の方があれなんですね。

お礼日時:2015/11/13 22:12

分野も違うし、何ともいえないね。



宅建士は半年あれば十分で、
これだけは取り組みやすいよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうがざいます。

お礼日時:2015/11/13 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の勉強法について質問です

宅建の勉強法について質問です

今年宅建の勉強を目指しているものです。

独学で勉強をしようと考えており、
現在参考書で勉強しています。

独学の勉強法として、おすすめの参考書やサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

十分時間があり、じっくり学習に取り組めるのであれば「住宅新報社」
の「パーフェクト宅建」シリーズをお勧めします。基本書(テキスト)
は非常にボリュームがありますが、これを8割程度理解できる様にな
れば、合格ボーダー近辺の35問は十分取れるようになるでしょう。
あと、「過去問10年間」と「一問一答」、特に一問一答の方を十分
こなせば相当な力が付きます。あと、学習に役立つサイトとしては、
十影響さんのものが非常に有効です。1000本ノック等で沢山の演習問
題に取り組めるのが良いですし、試験では必ず1問出る「統計問題」に
もシッカリ考察を加えながら対応しているのが素晴らしいです。

参考URL:http://tokagekyo.7777.net/

Q税理士と公認会計士、難易度はどれくらい違う?

感覚でかまいません。ざっとでいいので、税理士を「1」とした場合の公認会計士の難易度を経験者の方教えてください。

僕は文学部卒で経済・法律系課目を一科目も履修していなかったので税理士の受験資格がありません、そこでどうせなら公認会計士を考えたらどうかなと思っています。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会計士ですけど、なんとも言えないなあ。僕にとっては、税理士試験の方が難しそうです。だって、科目合格だから、全科目完璧にしないと駄目でしょ。理論の暗記とか凄く大変そうだし。7科目総合判定の会計士の方が、アバウトで簡単そうな気がします。苦手科目あっても、得意科目でごまかせます。正直、人によりけりだと思いますよ。

ちなみに、両者は業務内容が全く違うので、その辺りも十分考慮された方がいいですよ。

Q宅建のおすすめ勉強法

私は2009年度の宅地建物取引主任者の
試験を受けるつもりでいます。

基本書に「らくらく宅建塾」
問題集としてニンテンドーDSのソフト、
「LECで合格るDS宅地建物取引主任者」
を使用するつもりでいるのですが(購入はまだこれから。)
もっと効率的な勉強法があるような気がします。

宅建の試験の経験者の方、
自分はこういった勉強法(教材)をして
受かったなど、体験談を聞かせてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

私が宅建に合格した時は、テキストは「らくらく宅建塾」を、問題集は過去10年分の過去問が掲載されている物を使用しました。
またそれに加え、合計3回模擬試験を受け、試験直前には、直前対策問題集もやりました。

DSソフトは現物を見たわけではないので、何とも言えませんが、通勤途中などの時間を利用して勉強するのでしたら、結構活躍しそうですね。

ただNO.1の回答者様もおっしゃるように、基本は何と言っても過去問を繰り返しやることだと思うので、DSだけでなく、過去問集も購入した方が良いかもしれません。

また、独学で勉強されるのでしたら、模擬試験を受けておくのも良いですよ。
普通は本番試験と同じような形式で模試が行われますので、試験に慣れしておく点でも有効ですし、また模試結果で、自分が現在どれくらいの実力があるのかも確認することができます。
中には模試の後に、回答の解説を実施しているところもありますが、さすが専門学校だけあって、ポイントをついた良い解説も多かったので、私はそれも勉強になりました。

Q公認会計士と税理士の試験の難易度

今会社員で将来的に公認会計士か税理士を目指しています。
そこで質問なのですが、公認会計士と税理士とでは試験の難易度はどのくらい違うのですか?
公認会計士を取ると税理士の資格も取れるので公認会計士を取ったほうが良いと聞いたことがあるので。

Aベストアンサー

専門性が違います。
会計の専門家=会計士
税務の専門家=税理士
会社でどっちにも絡んでると思うのでどっちがやりたいかじゃないでしょうか。

難易度は税理士5科目と会計士なら同じくらいだと思います。
むしろ会計士のほうが早く受かると思います。
免除があれば税理士のほうがかなり楽になると思います。
ただ、会社員だとまとまった勉強時間確保できないでしょうからそうなると多科目を1回で受ける会計士は時間的に厳しいかなと思います。
その点税理士は1科目づつ受けれます。
その反面みんなが1科目に集中してくるのでなかなか受かるのは厳しかったりします。僕も何回か受けていますが結局受かってるかどうか結果が来るまでわからないんですよね。部分点次第みたいな僅差で合否わかれるんで運もありますからね。合格率12%前後の試験5回受かるってやっぱ厳しいですよ。しかも、次の科目に移る毎にまたゼロから勉強ですから。

会計士とって税理士になっても会計士試験の税知識では税理士としてやってくのは厳しいかと思います。
僕の知り合いは会計士合格後、独立するに際し、税理士の専門学校に入りました。
資格だけあってもってこともありますよね。だけど持ってると幅が広がりますし、同じ努力するなら会計士のほうがいい気もします。

結局はどっちがやりたいかじゃないでしょうか?

専門性が違います。
会計の専門家=会計士
税務の専門家=税理士
会社でどっちにも絡んでると思うのでどっちがやりたいかじゃないでしょうか。

難易度は税理士5科目と会計士なら同じくらいだと思います。
むしろ会計士のほうが早く受かると思います。
免除があれば税理士のほうがかなり楽になると思います。
ただ、会社員だとまとまった勉強時間確保できないでしょうからそうなると多科目を1回で受ける会計士は時間的に厳しいかなと思います。
その点税理士は1科目づつ受けれます。
その反面みんなが1...続きを読む

Q宅建資格ですが、費用をあまりかけずに効果的な勉強法が有れば

宅建資格ですが、費用をあまりかけずに効果的な勉強法が有れば
教えてください。
例(○○というテキストで勉強すればいい)等
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まずは市販のテキストを項目ごとによく読み、テキストを見ながら問題集を解いてください。問題を解くときに、その問題について覚えている知識があれば、どこがどう違うのか(正しいのか)を書き込むと知識が定着しやすいと思います。
問題集は1冊だけでなく何冊か用意するといいと思います。ニンテンドウDSがあれば宅建DSというソフトが持ち歩いて気軽にできる問題集としてお奨めです。

宅建は難しいと言われていますが、出題傾向がわかればとても簡単な試験です。独学でも十分に合格できます。

頑張ってください!

Q公認会計士 米国公認会計士 税理士

転職を考えています。
(背景)
私は、今年の春から証券会社に勤務し始めました。
現在会社が事業転換の時期に当たり、社内が正直とてもぐらぐらしている状態です。半年後の自分さえ見えない状況なので、転職・資格を考えています。

(今後の方向性)
業務内容は財務諸表などを見て審査をする部門です。
現在、簿記2級、外務員一種、民法などを勉強中ですが、会社を辞めて資格を取るなら会計士、税理士を考えています。英語もできるので、米国公認会計士も考えています。

ただ、相当ハードな資格なので、もっとこれらの資格について知った上で結論を出したいです。

(質問)
(1)これらの資格を持ってる人は、この職業のやりがいとか、ハードな勉強を乗り越えられたモチベーションになったものを教えてください。

(2)今、審査部で学んでいること(財務諸表を読めるように簿記、民法などを勉強し始めました)を、これらの資格に結びつけるには、どのような勉強の仕方をしたらいいですか?

教えてください。

Aベストアンサー

(1)
リクルーターなどをしていてもよく聞かれる質問です。そして答えも十人十色でしょう。ただ、試験に合格する人間全員に共通していることは最初に決めたことは必ず成果を出す形でやりとげようとする意気込みや気迫のある人間ばかりだということです(それができたから合格しているので当然ですが)。どちらかというとモチベーションよりこちらの方が重要だと感じます。これを持たない方は、よほど勉強面での優れた才能を元々有していない限り合格することなく散っていきます。
やりがいはいろいろあるでしょうが長くなるので他の方に任せます。


(2)
おそらく個人で行う勉強は、これらの試験に照らして考えると勉強のレベルにおそらく入らないものです。だからと言って勿論重用性がないというわけではありません。
個人的には1ページ学習をすすめるのにどんなに時間がかかってもいいので、その結論の背景や結論に至る過程をたとえ文字になって示されていないものであっても、読み取って理解していくような勉強をすれば先につながると思います。またそのような姿勢がないと合格してもなかなか仕事についていけないと思います。

(1)
リクルーターなどをしていてもよく聞かれる質問です。そして答えも十人十色でしょう。ただ、試験に合格する人間全員に共通していることは最初に決めたことは必ず成果を出す形でやりとげようとする意気込みや気迫のある人間ばかりだということです(それができたから合格しているので当然ですが)。どちらかというとモチベーションよりこちらの方が重要だと感じます。これを持たない方は、よほど勉強面での優れた才能を元々有していない限り合格することなく散っていきます。
やりがいはいろいろあるでし...続きを読む

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

Q公認会計士についてです。今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士の

公認会計士についてです。
今公認会計士の資格の勉強をしているものなのですが、監査法人での公認会計士のお仕事の魅力を教えてほしいです(>_<)

Aベストアンサー

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょう。問題を洗い出して指摘されるわけですからね。しかし、監査により関与企業が正しく評価されることで、その企業の発展につながるかもしれませんし、監査の業務の中で経営者などから信頼を得られる仕事かもしれません。

友人の公認会計士は、企業合併における業務に携わり、提携の弁護士とタッグを組んでの業務を行っていました。当然関与企業からの依頼に沿った実現を目指すわけですから公認会計士としての信頼から成り立つ業務となることでしょう。

嫌われることを嫌う人は厳しいかもしれませんが、正しいことを正しいという評価を行う、これらのためのアドバイスを行うというような立場としてもやりがいがあることでしょう。

私の友人は公認会計士業務の中で、公認会計士として学ぶべき法律関係が多く、将来独立などを視野に入れることで、弁護士や司法書士などと対等な関係でビジネスを行うという意味で、公認会計士として監査法人に勤務しながら司法書士試験を学び、合格するという結果につなげたようです。

友人は、普段の業務以上に将来の独立に対して気持ちを持っていたようです。最近は連絡を取ることが少ないですが、20年近く同じ監査法人で勤務しているようです。
お分かりだとは思いますが、公認会計士は、無試験で税理士と行政書士の登録が可能であり、一定範囲の社会保険業務や商業登記業務を行えます。こちらに司法書士資格を含めることで、独立後に顧客と慣れうであろう中小零細企業の事業承継や相続などについてもワンストップで受けたいと言っていましたね。
ただ、無試験で税理士となることができる、公認会計士試験に租税科目もあると言っても、すぐに税理士業務を通常の税理士と同等に能力を持っているわけではないという理解をしていました。可能であれば監査法人の提携の税理士法人に移籍して経験を積みたいとも言っていましたね。

社会的評価や将来性のあるのが公認会計士だと思います。
私の友人以外の知り合いの公認会計士は、公認会計士登録の要件と実績のための監査法人勤務後、独立して税理士事務所中心の事務所運営をされている方が多いように思います。

頑張って下さい。

私は公認会計士ではありません。
税理士試験挫折者ですので、税理士でもありません。
しかし、会計業界に在籍し、公認会計士の友人もいるなかで見聞きした話です。

公認会計士が監査法人に勤務したとしても、すべての公認会計士が監査業務に携わるものでもありません。大企業などのM&Aなどの業務もあります。さらには、監査の専門家として、ISOとかの認定業務にかかわったりすることもあるようです。

監査などであれば、監査対象の企業の経理や総務などの部署の人たちからは嫌われる存在となることでしょ...続きを読む

Q宅建の効率的な勉強法&安い学校を教えてください。

宅建で効率的に合格する方法、安い学校を教えてください!

記憶力はかなり低下しましたが、宅建でも取りたいなと思いました。
しかし仕事も忙しいので、通信教育ではまったく勉強しませんでした。。。
5年前に1級建築士を取ったので勉強の苦しみはわかってます。。。。

そんな中で勉強するには学校に行くのが一番かなというのが
思うところですが、さほどお金をかけたくないので
いい勉強法、安い学校があったら教えてください!
(新宿・吉祥寺・立川くらいなら通えます)

Aベストアンサー

一級建築士を取得できる程の能力があれば、宅建は独学・短期間で
取得できると思いますよ。資格予備校に行く必要はないと思われます。
それより、いいテキスト1冊(またはシリーズもの1組)を十分精読
し、あとは過去問を出来るだけこなす、直前に大手の模試を2つくらい
受けて弱点を潰しておく・・など、オーソドックスなやり方で十分でし
ょう。因みに、5問免除の問題で建築関係の問題も出ます。febgreenさ
んには大変有利な問題といえるでしょう。細切れの時間の活用&少しで
も毎日継続して学習すること、これが忙しい社会人が受かるための方法
だと思います。通信教育は忙しい人には不向きだとも思います。

 初学者には「らくらく宅建塾」が人気、広範囲を万全にという向きに
 は「パーフェクト宅建」がテキストとしてはお勧めです。どちらも、
 姉妹書に連動した問題集がありますので、使い勝手も良好です。

Q日商簿記1級、国税専門官、税理士、公認会計士の難易度

私は、日商簿記2級を持っています。

日商簿記1級、国税専門官、税理士、公認会計士の中で、2つ以上受験された方に聞きたいのですが、難易度は

易  日商簿記1級<国税専門官<<税理士<<<公認会計士  難

という感じで合ってるのでしょうか?

Aベストアンサー

現状では公認会計士の合格率は上がってます。
完全な比較は不可能ですが
税理士=公認会計士という意見が最近は多くなってきています。
税理士<<<公認会計士というほどの差は現在無いですね。

自分の地頭に自信がある人なら明らかに公認会計士の方が楽ですし
地頭に自信無いけど仕事しながら10年でも受験生活を続けられる覚悟がある人は税理士の方が楽でしょう。

求められるポテンシャル 公認会計士>税理士
合格までの年数 税理士>公認会計士
この2つは間違いないところかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング