「資格」のコーナーにしようか迷ったのですが、こちらに載せました。

簿記一級を勉強中なのですが、なぜ子会社株式に限って、株価の回復の見込みがないことを理由に評価損を計上するのでしょうか?
区別する必要なく、他の有価証券のように時価で評価すればいいと思うのですが・・・。

暗記するのは簡単なのですが、何故そうなっているのかその背景を知りたいのです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


簿記1級の試験、がんばってくださいね。(^^)

さて、子会社株式と普通の有価証券となぜ、わざわざ区分するかということですが、
たとえば、有価証券である株式なんかは、
通常、売買取引するのがあたりまえで、会社としては、
その配当目的とか、売却益目的とかで保有しますよね?
それに売買取引が多いため時価の把握も容易です。

でも、子会社株式は、あくまでも、その会社を支配したいために持っている株式です。
ですから、子会社株式を売るということは、特別な理由がある限り、あまり売買することがないのです。
普通の株式なら、株価が下落しそうだったら、さっさと売却すればいいですが、
子会社株式は、下落したとしても、支配目的のため、さっさと売却することもできず、それでも保有しつづけることになります。
しかも、取引がほとんどないため、時価を把握するのが困難な場合もあります。


こういった理由から、有価証券と子会社株式を分けていると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
所有の目的によって評価の仕方が違うんですね。
納得です。

お礼日時:2001/05/18 10:52

 こんにちは、ghq7xyです。


 まず、新しい会計基準で有価証券は以下の4種類に分類することとなりました。
(1)売買目的有価証券
(2)満期保有目的の債券
(3)子会社株式及び関連会社株式
(4)その他有価証券
 
 さて、子会社株式についてですが、前でusa-chanさんがおっしゃっている通り、子会社株式は会社支配の目的だからです。会社支配で保有するということは、長期的にずっとその株式を持ちつづけることが確定しているということであります。最初から長期で持つことが分かりきっているにもかかわらず、株価の変動による時価で評価して、取得原価との差額を当期の損益として認識することは、今日の会計目的である適正な期間損益計算を達成する上で馴染まないものになります。よって、子会社株式の場合は、原則として取得原価のままで評価します。特に、閉鎖会社などのような市場のない株式ですと、時価がそもそも存在しないので、取得原価でしか評価のしようがありません。
 しかし、子会社株式は何が何でも取得原価で評価するのかというと、例外があります。それが、強制評価損です。この強制評価損は子会社株式に限らず、満期保有目的の債券以外は全て、下記の場合は該当します。
 まず、市場のあるものについては、時価が取得原価より著しく下落して(概ね時価が取得原価の半分以下に下がった場合が多いです。)、且つ回復する見込みがない又は不明な場合は子会社株式であろうとも、時価にまで評価を切り下げて差額を評価損として、特別損失に記載しなければなりません。また、市場のない株式については、株式を発行している会社の純資産額から割り出した実質価額が著しく下落した場合は相当の減額という形で強制的に評価損を計算します。
 これら、強制的に時価(実質価額)に切り下げられた子会社株式の帳簿価額はその後の取得原価と看做され、たとえ、洗替法で有価証券の評価を行っている場合でも評価損分を戻し入れることはしません。これは、保守主義の原則によるものです。この点は、売買目的有価証券やその他有価証券の評価が洗替法を採用している場合に会計期間が変われば、戻し入れて取得原価に評価を戻すのとは大違いです。
 有価証券の評価は最初取り付きにくいかもしれないけど、パターンなので少し慣れれば簡単です。がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
納得しました。

お礼日時:2001/05/18 10:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

大手100%子会社に新卒就職することのメリット・デメリットを教えて

今年、就職活動を行ない、大手メーカーの100%子会社二社を含めた四社より内々定をいただきました。
しかし、どこへ入社するべきかで迷っております。
そこでお尋ねしたいのですが、大手メーカーの100%子会社に新卒で就職するメリット・デメリットを分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
又、当該100%子会社の事業規模は年間売上高で400億、従業員数1000名程度です。

Aベストアンサー

短期間ですが、あるグループ会社の子会社におりました。

・メリット
どこの会社にいるのか尋ねられた時に、自信を持って答えやすい。

・デメリット
一定以上の役職に就けるのは、親会社から舞い降りてきた人のみということが多い(プロパーではいくら努力しようとも出世し辛いらしい)
組織にもよるのかもしれませんが、常に、親会社の人の顔色を伺った行動を取らざるを得ない。

・総評
「○○グループ」ということで、一見、知名度が高くて良さそうに見えますが、デメリットのほうが多いかもしれません。まさに「牛の尻尾よりも鶏の鶏冠」とは、このことではないかと。

親会社の人間にとって子会社はありがたい存在かもしれませんが、その逆のケースは考え辛いと思います。ありがたい存在というのは、親会社で業績不振などにあった場合、即クビではなく、子会社や孫会社などの関連会社に流してもらえることがあるからです。

Qキャッシュ・フロー計算書(間接法)における商品評価損・固定資産評価損

間接法で営業キャッシュ・フローを計算する際、なぜ、
商品評価損や固定資産評価損を足し戻さないのでしょうか?

減価償却費などの非資金項目は、P/L上は費用ですが
キャッシュが出ていったわけではないので、
間接法においては足し戻すことになっています。

そういう意味では、商品評価損や固定資産評価損も
減価償却費と同様に非資金項目だと思うのですが、
なぜ足し戻さないのかが分かりません。

アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、商品評価損については「棚卸資産の増減額」で調整されているので、別途の足し戻しは不要です。

商品評価損については、商品評価損×××/商品××× と仕訳されます。

この仕訳により棚卸資産は減少しますが、この減少額はキャッシュフロー計算書の「棚卸資産の増減額」に減少額(キャッシュフローとしてはプラス)として反映されるので、税引前当期純利益に含まれるマイナスと相殺され、結局、営業キャッシュフローには影響しないことになります。言い換えれば「棚卸資産の増減額」に足し戻しが含まれていることになります。

これと同じことが売掛金の貸倒についても云えます。貸倒損失も税引前当期純利益にマイナスとして含まれますが、売掛金の増減額に減少額(キャッシュフローとしてはプラス)として反映されるので、税引前当期純利益に含まれるマイナスと相殺され、結局、営業キャッシュフローには影響しないことになります。したがって、別に足し戻しの必要はないのです。

一方、固定資産評価損は、非資金項目ですから足し戻しが必要です。ただ、この項目が作成基準等のひな型として例示されていないので、質問者さんの誤解が生じたのでしょう。

まず、商品評価損については「棚卸資産の増減額」で調整されているので、別途の足し戻しは不要です。

商品評価損については、商品評価損×××/商品××× と仕訳されます。

この仕訳により棚卸資産は減少しますが、この減少額はキャッシュフロー計算書の「棚卸資産の増減額」に減少額(キャッシュフローとしてはプラス)として反映されるので、税引前当期純利益に含まれるマイナスと相殺され、結局、営業キャッシュフローには影響しないことになります。言い換えれば「棚卸資産の増減額」に足し戻しが含まれている...続きを読む

Qのれんの計上は、完全子会社化した場合のみなのでしょうか?

のれんの計上は、完全子会社化した場合のみなのでしょうか?
それとも、発行済み株式総数に占める取得株式の割合で(たとえば80%)負債を割り、それが取得金額を上回った場合にも計上されるのでしょうか?

Aベストアンサー

のれんというのは超過収益力を表すものです。
例えば時価100万の機械を120万で買ったら、その差額はのれんにはなりません。20万円分は単に相手企業に対する贈与になりますね。つまり100万円で機械を購入し、それとは別に20万分の現金をあげたことになります。

しかし仮に時価10億円の企業を11億で購入した場合はどうでしょうか。
等価交換を前提とすると、この場合1億円余分に払っているから損をしたということにはなりません。
なぜなら、企業の価値は、個々の資産、負債の時価を単純に足し合わせただけの10億円ではなく、それぞれの資産が有機的に結合した結果10億円以上の価値を生み出すこともあるからです。
この場合、資産が単独で存在している場合の10億円とそれらが組み合わさった結果、新たにに価値が増大した11億円との差額が超過収益力であり、のれんということになります。

質問の答えですが、のれんは相手企業を完全子会社化していなくても、持分比率に応じて計上されます。詳しくは連結会計を学べば分かります。

あとtaisetuさんへのコメント、簿記でものれんという勘定を使いますよ。

のれんというのは超過収益力を表すものです。
例えば時価100万の機械を120万で買ったら、その差額はのれんにはなりません。20万円分は単に相手企業に対する贈与になりますね。つまり100万円で機械を購入し、それとは別に20万分の現金をあげたことになります。

しかし仮に時価10億円の企業を11億で購入した場合はどうでしょうか。
等価交換を前提とすると、この場合1億円余分に払っているから損をしたということにはなりません。
なぜなら、企業の価値は、個々の資産、負債の時価を単純に...続きを読む

Q子会社株式消却損について

今球団新設で話題になっている楽天について、前に、ライブドアの社長が3年も当期利益が赤字だといっていたので気になって、IR情報を見て見たのですが、経常は黒字続きでしたが特別損失を3期にわたり計上しています。その中で「合併による子会社株式消却損」というのが売上に迫るくらいかなりの額を出していますが、この損が一体どういうものなのか分かりません。この損から楽天がどうしてこの損を出したのか、何をしたのか、何をしようとしているのか分かるんでしょうか?どなたかお詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

連結決算のほうでは「連結調整勘定償却」で571億円もの特別損失を計上してますから、恐らく「のれん代」として多額の金額で買収した会社を本体に吸収合併する際、当該子会社の決算書上の純資産額が買収金額(子会社株式)よりも小さいため、差額を消去損として計上したのではないでしょうか。詳細分析した分けではありませんが、ライブドアも楽天も活発なM&Aで事業拡大を行っており、買収金額に見合う相応の事業利益が上がらなければ、損ギリ・リストラによる特別損失は今後もありえると思われます。もっとも、楽天が前期に一括償却したのは、相応の利益が上がる自信があるので、今後の負担(赤字計上を繰り返す)を軽くするために一気にやったとも思われ、前向きに捕らえることも出来ると思います。
最後に個人的には、ライブドアよりも楽天のほうが本業がしっかりしているという評が多いですが、所詮、売上200億弱、連結従業員800名前後?の企業ですから、ユニクロぐらいに実績を上げてくれないとビジネスモデルとして本当に賞賛されるものなのか確信が持てません。株式市場は成長性を評価していますがITバブルの可能性だってあると思います。

連結決算のほうでは「連結調整勘定償却」で571億円もの特別損失を計上してますから、恐らく「のれん代」として多額の金額で買収した会社を本体に吸収合併する際、当該子会社の決算書上の純資産額が買収金額(子会社株式)よりも小さいため、差額を消去損として計上したのではないでしょうか。詳細分析した分けではありませんが、ライブドアも楽天も活発なM&Aで事業拡大を行っており、買収金額に見合う相応の事業利益が上がらなければ、損ギリ・リストラによる特別損失は今後もありえると思われます。もっと...続きを読む

QFラン大学について

城西大学は所謂Fラン大学ですが薬学部医療栄養の評判はどうなんですか?

私は管理栄養士を目指していて4つの大学を受けたのですが、
第4志望の城西しか受かりませんでした。

Fラン大学しか受からなかったことは自分の努力がたりなかったということです。

ですがFラン大学に通うことになったらとてもはずかしくて知り合いに言えません。

それにFランなのにかなり学費が高くてびっくりしました。

学費が高いということはそのくらいの価値のある授業をしてくれるのでしょうか?

現在、おとなしくFランで頑張るか浪人してもっとましなところにいくか迷ってます。

意見を聞かせてください!!

Aベストアンサー

>城西大学は所謂Fラン大学ですが薬学部医療栄養
まずFランでは有りませんよ。
そこが間違い。
医師にせよ薬剤師にせよ管理栄養士にせよ
国家試験に合格し医療人としての資格を取れば
出身大学は関係ありません。
いかに勉学に励み研修を積み誇りを持って仕事をするかに
かかっていると思います。

私は医学部しか詳しく無いですが同じだと思います。
医学部と言うのは医師を育てる専門学校、職業訓練所みたいなもので
大学によってカルキュラムはたいして変わらず、ヤブになるか名医になるかは
勉学に励み研修を積み患者さんのために努力出来るかにかかっております。
東大や京大の出身者が必ずしも名医ではなく、むしろ理IIIに合格して
天才や受験のカリスマとおだてられ鉄緑会などでのバイトに明け暮れ
ろくに医学の勉強もせずCBTにさえ合格しない学生がたくさんいます。
京大に至っては国家試験合格率はワースト3が指定席で国家試験の
合格率が京大に負けたら恥と言われてます。

>薬学部医療栄養の評判
評判など気にせず管理栄養士の資格を取り、
研修を積み患者さんのためにすぐれた管理栄養士になることを
目指しましょう。

>城西大学は所謂Fラン大学ですが薬学部医療栄養
まずFランでは有りませんよ。
そこが間違い。
医師にせよ薬剤師にせよ管理栄養士にせよ
国家試験に合格し医療人としての資格を取れば
出身大学は関係ありません。
いかに勉学に励み研修を積み誇りを持って仕事をするかに
かかっていると思います。

私は医学部しか詳しく無いですが同じだと思います。
医学部と言うのは医師を育てる専門学校、職業訓練所みたいなもので
大学によってカルキュラムはたいして変わらず、ヤブになるか名医になるかは
勉学に励み研修を...続きを読む

Q非上場の子会社の株式評価

例ですが、非上場の子会社が債務超過になっている場合、株式を評価すると出資額ほとんどが評価損になると思います。その場合税務上の損金として計上可能なのでしょうか?税務の手引書などでは支配下にある会社の株式でも算入可能のように記載があります。本当にみとめてもらえるのでしょうか?(親会社も非上場です)

Aベストアンサー

子会社の債務に親会社貸付金があると、微妙な判断にならざるを得ないと思います。
また、子会社の売上先が親会社のみなどと言った場合も微妙です。

顧問税理士が子会社だから難しいと言っているのは、
債務超過ではあるが親子関係の取引が多い過ぎるからではないでしょうか?

QプラントのJV

道路業界で働いてます。
先日合材の伝票を確認したら共同企業体と書いてありました。一般の工事でいわゆるJVは聞いたことはありますが、プラントのJVというのは知りませんでした。
何故プラントにJVが必要なんでしょうか。

Aベストアンサー

建築や土木工事と同様にプラント工事でもJVはありますよ。
理由も道路工事と同じようなものです。

Qなぜ子会社株式は時価評価しないのですか?

子会社株式といえど、有価証券ですし金融資産なので、他の有価証券と同じように時価評価すべきではないのでしょうか?そうでなければ財務諸表を見ても、企業の適正な財政状態や企業価値が把握できなくなるのではないでしょうか?子会社株式が値上がりしたならば、時価で表示し利害関係者に報告するべきなのではないでしょうか?どうか解る方がおられましたら、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>?@仮に保有と売却を天秤にかけている状況を厳密に開示するにはその
>他有価証券として時価評価するのかなと思います。とはどういう意味
>なんでしょうか?
どうしても時価評価するなら、子会社株式では無理なんでその他有価証券にでもするのかなといった程度の意味です。あまりつっこんじゃいけません。

>?A取得原価評価にどれほど積極的な意味があるのかという問題が残る
>というのは、やはり取得原価で評価するということは専門家達に、あ
>まり良いとは思われていないのですね。
専門家に聞いてください。

税効果の回答もまとめて書かせてもらいますが、BS重視の傾向はおっしゃる通りと思います。

会計士受験生ですか?私は人より長めに会計士補やっていますので新試験受直しです。3次試験を受けるのが趣味だったのに・・・。予備校行ってないんですが、授業はどんな感じでしょう?監査論は相変わらず基準の丸暗記が必要なんですかね?今の職場は監査法人ではないので情報欲しいなあ。

QVIPカーって?

VIPカー?VIP系?と言うのを時々聞きますが、
見てみるとそれらしい車が見当たりません?
VIPといえば、RRやベントレーを思い浮かべますが(100歩譲ってS600、XJ12)
最近ではヴェイロンやヴァンキッシュSもデリバリーされてるようですが。
VIPカーって、今は違うのでしょうか?

Aベストアンサー

VIPカーって書いてあったら、頭の低そーな人が乗ってるウィング付けたり、やたら金メッキのモールが付いてたり、一見するとヤンキー?と思うような車です。

http://www.car-total-advisers.com/vipstile.html

Q株式交換による子会社株式の受入価額について

当社は当社が51%の株式を保有する子会社を完全
子会社とする株式交換を行いました。
この場合、この株式交換に伴う当社の子会社株式の
受入価額は子会社株式の時価? または、子会社の
簿価純資産価額をベースに算定した価額?
のどちらになるのでしょうか?
個人的には、同一グループ内の組織再編に該当
するので、子会社の簿価純資産価額をベースにした
価額となると思うのですが・・・
どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたら、
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

会計の勉強をしている者でやっつけの知識ですが、

企業結合会計基準によると、お尋ねの場合、御社株式もしくは完全子会社となる会社の株式の時価のうちどちらか合理的なものを取得原価とするようです。(企業結合に係る会計基準三2(2)1)
時価を取得原価とする趣旨は、商法上の時価以下主義を利用した任意の益出し処理を封じ、子会社を時価評価する連結財務諸表との整合性を図るためのようです。

気にされている同一グループ内の組織再編の点については、言い換えると、経済実態に変化がない場合は会計処理も変化させないということだと思いますが、これを考慮するのは完全子会社となる会社の少数株主のほうではないでしょうか?具体的には、子会社株式の代わりにもらった御社株式の取得原価を従来の子会社株式の取得原価で評価するかだと思います。(この場合でも、子会社の純資産簿価が取得原価の算定にあたって問題となることはないのではないでしょうか。)

すでに子会社であっても、第三者から株式を追加取得したのですから、その受け入れ価額は取得時の時価によるが自然かなと思います。

意味不明な点があるかもしれませんが、指摘してもらえれば私自身のためにもありがたいです。

会計の勉強をしている者でやっつけの知識ですが、

企業結合会計基準によると、お尋ねの場合、御社株式もしくは完全子会社となる会社の株式の時価のうちどちらか合理的なものを取得原価とするようです。(企業結合に係る会計基準三2(2)1)
時価を取得原価とする趣旨は、商法上の時価以下主義を利用した任意の益出し処理を封じ、子会社を時価評価する連結財務諸表との整合性を図るためのようです。

気にされている同一グループ内の組織再編の点については、言い換えると、経済実態に変化がない場合は会計処...続きを読む


人気Q&Aランキング