スライサ回路とは、リミッタ回路のひとつなんでしょうか?
基本的に、出力波形はどうなるのでしょうか?
また、動作理論を教えてくださいm(__)m
是非、お願いいたしますm(__)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スライサ回路はある一定の電圧以上の信号をクリップさせる訳ですからリミッタ回路の一つです。

よく利用されるのは±Xvより振幅の大きな信号をXに固定する際に使用します。
出力波形はスライス電圧以下の時は線形に、スライス電圧以上になると一定電圧になります。
動作理論の意味が不明ですが、
if vi*G>k1, Vo=k1
if vi*G<=k1 and vi*G=>k2, Vo=Vi*G
if Vi*G<K2, Vo=K2

但しK2は負の値、Gはゲイン ですかね。

クランプ回路もリミッタ回路もスライサ回路も基本動作は同じです、目的によりクロスオーバー点がシャープな場合とブロードな場合があります。(高調波を少なくするため?)
    • good
    • 0

なんの参考にもならないと思いつつ、


数十年前のノートを開いて見てみたのですが
スライサ回路って信号を加工する回路ですよね。
でもフィルター回路って来る信号を選別する回路だから
同じではないような気がするのですが・・・。

ノートには正弦波の上の部分を切った波形が
書いてあったけど・・・。

間違えだったらごめんなさい。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

vi 意味」に関するQ&A: ガッデムの意味

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q微分回路の理論式 画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

微分回路の理論式

画像の積分回路の理論式の導出手順を参考にした微分回路の理論式を求めてほしいです。

Aベストアンサー

回路? 単なるコンデンサーの電圧と電流の関係式ですよ。

オペアンプの入力側に抵抗 Rs が、出力側に静電容量 C のコンデンサーを接続した積分回路なのではありませんか?

微分回路を作りたければ、静電容量 C のコンデンサーを入力側に、抵抗 Rs を出力側にすればよいのです。
↓ こんな構成に。
http://www.nteku.com/opamp/opamp-differential.aspx

そうすれば、
 Vout = -Rs * Ic = -Rs * dQ/dt = -Rs * d(C*Vc)/dt = -Rs * C * d(Vin)/dt
です。

Q全波整流回路の出力波形

全波整流回路での出力波形で、
∧∧∧∧∧∧∧∧
            ではなく、 ∨∨∨∨∨∨∨∨
という風に出る場合はあるのでしょうか??

分かる方、教えて頂きたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

1. テスタを用意し、DC V の最大電圧に設定する。
2. 全波整流回路出力 (2 端子) にテスタのプローブ (2 本) をあてる。
3. テスタの針が正方向に触れれば、マイナスのプローブをあてた端子がグランド側、他の端子がプラス側。
4. テスタの針が逆方向に振れれば端子はそれぞれ逆。
5. グランド側の端子にオシロスコープのミノムシクリップを接続。プラス側端子にプローブの針を接続。

上記で上向きの波形が見えるはずです。まだ逆になっていれば INV ボタンを押してください。

Qスライサ回路について

スライサ回路の動作原理を教えていただけませんか?

一定の電圧以上の信号をクリップさせるのはわかってるんですが、
どこをどうしたらクリップされるのかを詳しく知りたいです。

Aベストアンサー

実際の回路構成を知りたいと言うことでしょうか?

        V1 
        │
        │
        ▲D1
        │
IN──∧∨──┼── OUT
    R   │
        ▲D2
        │
        │  
        V2 

普通はこんな回路を使います。ただしV1 > V2とします。
ダイオードによる電圧降下をVoとすると(通常のシリコンダイオードなら約0.7Vです)
入力側電圧がV1+Voより大きくなるとD1が導通し、R,D1を通じてV1側に電流が流れるので
出力部分の電圧はV1+Voで一定になります。同様に入力側電圧がV2-Voより小さくなると
D2が導通してD2,Rを通じてV2側から電流が流れこむので出力部分の電圧はV2-Voで一定になります。
こうして出力側にはV1+VoとV2-Voでクリップされた波形が現れます。

Q図の回路は繰り返し動作回路ですがこれはPB1を押すとR1が励磁されGNランプが点灯、T1が入り、T1

図の回路は繰り返し動作回路ですがこれはPB1を押すとR1が励磁されGNランプが点灯、T1が入り、T1が入った後R2が励磁されGNランプが消灯してRDランプが点灯して、T2が切れるという感じでまた繰り返しな感じで最後にPB2を押すと全消灯するというのであっていますか?
そこで今度は逆でPB1を押すとR1が励磁されRDランプが点灯、T1が入り、T1が入った後R2が励磁されRDランプが消灯してGNランプが点灯して、T2が切れるという感じで最後にPB2を押すと全消灯するという回路を同じ回路図を作ってもらえませんか?
答えを貰っただけなのであまり理解できていません。
お願いします。

Aベストアンサー

もう一つの質問の方に動作順序を書いておきましたが、お望みのことをするには、単に「GN」と「RD」の電球を入れ替えればよいだけです。電球だけを変えることができないなら、回路の「GN」と「RD」が入れ替わるように配線してください。
ただそれだけでできます。

Qアナログ波形とデジタル波形の違い

アナログ波形とデジタル波形の違いを教えてください。詳しくお願いします。

Aベストアンサー

アナログ:時間的に連続、値が連続などの条件を満たす波形
デジタル:時間的、値が不連続(離散的)などの条件を満たす波形
みたいな感じです。よく見る例がPCM(パルス符号変調)です。
#1の方が書いているURLにありますよ。
ただ波形となるとステップ波形とsin波を思い浮かべるといいとおもいます。
デジタルでもっとも注意すべき点は量子化をしてしまうと元の波形に戻せないことです。標本化(サンプリング)の段階では標本化定理により、元の波形に
戻すことができます。(これは数学的に証明されています)
たぶん、ノイズの影響などについては知っていると思うので省略します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報