プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちわ。有限会社を一人で経営しているものです。例えば会社のお金を個人である私に貸す事は違反になるのですか?その限度などはありますか?また、返済方法について利息などはどうしたらよいのですか?例えば50万円の会社のお金を私が借りた場合帳簿上どのように書くのですか?また、月1万円づつ会社に返した場合どのように書くのですか?利息はどのように計算して支払えばよろしいのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>例えば会社のお金を個人である私に貸す事は違反になるのですか?



違反にはなりません。

>その限度などはありますか?

特に限度はありません。

>50万円の会社のお金を私が借りた場合帳簿上どのように書くのですか?

(仕訳)貸付金500,000/預金500,000
(摘要)社長への貸付

期中はわかりやすいように「社長貸付金」で処理し、期末で貸付金に含めて処理してもよいです。

>月1万円づつ会社に返した場合どのように書くのですか?

(仕訳)預金10,000/貸付金10,000
(摘要)社長貸付の返済

>返済方法について利息などはどうしたらよいのですか?利息はどのように計算して支払えばよろしいのでしょうか?

・金利についてですが
〈原則〉自由(特に決まっていません)
〈税務上〉銀行等の外部金融機関から借入れる場合の金利が上限
(市中金融機関からの借入金の平均利率を使用したりもしますが)
<注意点>上記に照らして金利が高過ぎる場合は役員に対する報酬とみなされる場合もあります。

・同族会社では、社長への貸付金は日常的に発生することが多く、また、社長貸付金は出入りが多いため、その残高も一定しないことが多いです。

従って、実務では、期中は社長貸付金の元本の増減だけを記録しておき、決算時に受取利息を計上する処理が多いです。

この場合、受取利息は期中平均残高に利率を乗じて求めます。
期中平均残高は、各月末の社長貸付金残高を合計し、その合計額を12で割って求めます。
その金額に上記の利率を乗じて受取利息を計算します。

帳簿上は下記の通りです。
(仕訳)未収入金××/受取利息××
(摘要)社長貸付金 利息計上

未収入金は、社長個人が返済していくことになります。

・この受取利息は、社長の「雑所得」となりますので、個人の確定申告が必要になります。
通常、受取利息と給与所得及び退職所得以外の所得の合計額が20万円以下である場合は申告不要になりますが、この制度は同族会社の役員には適用されませんので、確定申告が必要になります。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社が個人からお金を借りたときの仕訳

仕訳の科目について教えてください。
わたしは会社を経営しています。
起業後、いろいろと物いりで、わたしの家族の貯金から50万円ほど借りました。
この場合、仕訳はどの科目で行うのがいいでしょうか?
金融機関から借りたものではないので、借入金ではないですよね?

Aベストアンサー

1です。

いろいろ回答がでて混乱されているかもしれません。私としてはご質問に「会社を経営」とありましたので法人と解釈してお答えしましたが、

個人事業主の場合は、「事業主借」

法人の場合は、「(長期・短期)借入金」又は「仮受金」

です。(私は有限会社を経営していますが、私個人から自分の会社に貸す場合はすべて借入金にしています)

参考URL:http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-37841

Q個人と法人間の金銭消費貸借契約書について

義父が役員になっていて、義弟が社長を務める会社があり、昨年業績の悪いときに義父が自宅の土地を担保に入れて義父名義で500万円を借り、その会社に出資(?)しました。その借金は会社が毎月支払っているそうです。
その土地を分筆し、一筆を主人名義に変え(贈与)、そこに家を建てるということになりました。そこで問題になったのが500万円の借金と土地に抵当権がついているということです。
義父と相談し、私たちがなんとか500万円をかき集めてきて、そのお金で借金を全額返済して担保を解除し、分筆→贈与→家を建てるということになりました。
そしてその500万円については、今後は会社の方から主人へ、毎月現金で10万円ずつ支払ってくれるという話なのですが、私は正直ちょっと心配なんです。500万円というのは、私たちにとっては二人で一生懸命働いて、節約して節約してなんとか貯めてきたお金。これを払ったら私たちは1ヶ月の生活費を残すのみでほとんど一文無しの状態です。やはり不安が心をよぎります。
そこで、私としては借用書を作成して署名捺印してもらいたいと思い調べたら、「金銭消費貸借契約書」というものにたどり着きました。本当なら「公正証書」が一番有効なんだと思いますが、そこまではできない事情もあるので、せめて「金銭消費貸借契約書」というものを交わせればと思っています。
この契約書は、個人と法人の間でも有効なのでしょうか?

私がとりあえず作った契約書を記載します。

**************************************
金銭消費貸借契約書

貸主(主人)を甲、借主(会社)を乙として、甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

第1条 甲は乙に対し、本日、金五百万円を、次条以下の約定で貸付け、乙はこれを借受けて受領した。
第2条 乙は甲に対し、前条の借入金五百万円を、平成20年5月1日から平成24年6月1日まで毎月1日限り、金壱拾万円を50回の分割で、甲に持参又は甲の指定する銀行口座に送金して支払う。
     振込口座  ○○銀行 ××支店
           普通預金 No.*******
           △□ ☆○ (サンカクシカク ホシマル)

上記の金銭消費貸借契約を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙署名捺印の上、各々1通を所持する。

平成20年 月 日

             貸主(甲)  住所
                    氏名                 印

             借主(乙)  住所
                    氏名                 印
********************************************
この内容で問題ないでしょうか?
ちなみに利息は無しで、あまり相手を刺激するような内容にはしたくないのですが・・・。

義父が役員になっていて、義弟が社長を務める会社があり、昨年業績の悪いときに義父が自宅の土地を担保に入れて義父名義で500万円を借り、その会社に出資(?)しました。その借金は会社が毎月支払っているそうです。
その土地を分筆し、一筆を主人名義に変え(贈与)、そこに家を建てるということになりました。そこで問題になったのが500万円の借金と土地に抵当権がついているということです。
義父と相談し、私たちがなんとか500万円をかき集めてきて、そのお金で借金を全額返済して担保を解除し、分筆→贈与→...続きを読む

Aベストアンサー

>この契約書は、個人と法人の間でも有効なのでしょうか?
はい、有効ですよ。

>この内容で問題ないでしょうか?
はい問題ありませんよ。ただ、貸主の記名のところは、相手が法人の場合には、

             借主(乙)  住所
                    *******株式会社(会社名)
                    (役職名) 締結した役職者名

という形になります。住所はその法人の登記されている住所です。

>ちなみに利息は無しで、あまり相手を刺激するような内容にはしたくないのですが・・・。

まあそれはご質問者の希望であればそれで構いません。
ただ上記の契約の場合には、相手が延滞した場合にも延滞損害金の規定がないので5~6%程度になります。それはご了承下さい。

因みに会社側の印鑑は、「印」のところには契約する代表者のものを使いますが、会社として確かに契約したという証を示すために、それとは別に社印を代表者の名前のところに重ねて押すとよりよいです。(社印は通常登記されたものがあるはずです)
より厳しく言うならば社印の印鑑証明を求めるところですが、ご質問の場合にはそこまではしなくてもいいかもしれません。

社印を押す効果は、単に会社としての決定ではなく、その代表者が独断で行ったわけではないという証明の効果を持ちます。とはいえ、取締役クラスが代表者の場合には、その代表者が勝手に契約した場合でも、第三者に対する賠償責任は会社がおうことになるので、社印は絶対必要というわけではありません。

>この契約書は、個人と法人の間でも有効なのでしょうか?
はい、有効ですよ。

>この内容で問題ないでしょうか?
はい問題ありませんよ。ただ、貸主の記名のところは、相手が法人の場合には、

             借主(乙)  住所
                    *******株式会社(会社名)
                    (役職名) 締結した役職者名

という形になります。住所はその法人の登記されている住所です。

>ちなみに利息は無しで、あまり相手を...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q従業員にお金を貸す場合、利息はとる?

親子で自営をしています。職人さん(従業員)に無計画な人が居て、毎月5万とか10万貸しています。経費処理は前払いで次回の給料で天引きしていますが、車検費用などで金額が大きい場合もあります。現在は無利息で処理してますが、利息は取ったほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

利息に関しての契約がなされていなければ無理だと思います。
当事者同士で全く同じ書面の契約書を2つ作ります。
例えば、限度額や返済期日などを書き込み違反した場合の罰則についても書いておきます。
この辺はプロの意見を聞くのが一番でしょうね。

それよりも初めからお金を前借りさせないようにした方がいいですよ。
無計画なのは職人さんに学習能力がないからです。無くなったら前借りすればいいとしか思ってないでしょうね。
会社全体に給料の前借り禁止を唱えればいいと思いますよ。
それでごねるようなら然るべき処置を取った方がいいと思います。
失礼な事を言うかもしれませんが、このままですと万が一経営状態が苦しくなっても平気で前借りを要求してくるでしょうし。
もういい大人なのですから、自分の浪費は自分の責任だと自覚させるようにしましょう。
それができないとか、わかってるけど・・・と言うようなら浪費癖がなくなる可能性は低いでしょうが。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q税理士報酬の勘定科目

税理士報酬の勘定科目はなにが適切でしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

法人であれば「支払報酬」でしょう。

「支払手数料」でも悪くはないでしょうが、税理士や行政書士などの先生に支払ったものは「支払報酬」とするのが一般的です。

Q人から多額のお金を借りても税金は掛かるのでしょうか?

例えば、親や友人から1000万円ほど借りた場合、税金などは発生するのでしょうか?最近、贈与税のことに興味を持ち、調べてみると親族から貰った場合でも年に110万円以上は贈与税が発生すると知り少々驚きました。(まぁ、考えてみれば相続税でも税金がかかるので当然でしょうが)

そこで、多額の金銭のやりとりがあれば税金が発生するのでは?という考えが沸いてきました。
しかし、自分なりに「借りる 税金」「借用 税金」で検索してもそれらしい情報が見つかりません。

お金を借りるときには税金などはかからないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親だろうが友人だろうが「借りる」行為には税金はかかりません。
「借りる」ということは、その所有権があなたに移転していないからです。「借りている」以上いつまでたっても所有権は貸し手にあります。よって、期日がきて、貸し手が「返せ」と言えば、返還義務が生じます。

贈与は、所有権自体が移転するわけですでから、財産的なものを受けたということです。よって、借りる行為とは異なり、返済する義務はありません。

よって、財産が増えたことになるので、国税は相応の税金を払え、と言ってくるのです。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q社員が会社から借金できますか?

緊急の場合に、社員が会社からお金を借りることできますでしょうか?
もしできるなら、返済は給料から差し引かれますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

代表者又は経理責任者の了解が有れば可能でしょう

当社では「仮払金」の制度が有ります
20万円までは翌月末までなら借りられます
月末に返して翌月1日にまた借りる人もいるようです...(笑)。

会社によっては「従業員貸付」や「給与前払」の制度も有るでしょう

>返済は給料から差し引かれますか?

基本的には相殺は出来ません、従業員の生活保護の関係です
これが出来るとタコ部屋状態になります

別途会社に返還して下さい

従業員への貸付は住宅取得時以外では一般的では無いでしょう


人気Q&Aランキング