引越しでおトクなインターネット回線は?>>

お願いします。

キュービックルや分電盤等の電気製品を作る工場等で働く際に、
持っていたら有意義な資格を教えてださい。

設計や検査段階、製造現場で使える資格を知りたいのです。

よろしくお願いたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

電気工事士だけで良いと思います。



このキュービクル、分電盤は電気工事とは違い製品となるので、基本的に資格は必要ありません。
ただ実務的には、図面を読む必要がありますし、結線は手作業で行います。
この為には、電気工事くらいの知識と手の器用さは必要です。

実際は、制御回路を読めるくらいの知識があった方が良いですが、この範囲は資格取得の勉強では出てきません。
これは、職業訓練校で行っている能力開発セミナーなどで勉強できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、

なるほど、制作と工事の違いですね。
参考にさせて頂きます。

お礼日時:2013/03/16 13:38

技術士の電気電子部門



あとは少々的外れも含めて
電気主任技術者(電検)
電気工事士
機械検査技能士
電気機器組立て技能士
電気製図技能士
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます、

それぞれの資格について調べてみます。

お礼日時:2013/03/16 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html

Q制御盤の設計に有効な資格

制御盤(動力制御盤や計装盤)の設計の仕事を始めて半年ですが
キャリアアップのため資格を取りたいと思っています。
メーカーの研究所に3年いましたが資格の必要が無かったため1つも持っていません。
大学の電気工学科をでているので電気の基礎はあります。
電気工事士2級と電気主任技術者3種は取ろうと思うのですが 他に有効な資格があったら教えてください。
CADによる製図やシーケンスのプログラムもやっていますが
これらの資格は何かあるでしょうか。
1年で取れるだけとっておきたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

制御盤関連の国家資格としては技能士があります。
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1
これは制御盤を「製作する人」の技術力を国が認める資格ですから、工場で製作に携わる人が取る資格ですから、設計者に求められる資格とは異なります。ただし現場を知らなければ適切な設計は出来ないでしょう。

制御版や計装盤は15年以上まえからコンピュータによる制御になってきています。PLC,DCS、シーケンサ、DDCといったものです。これらのプログラミング言語は各メーカによる標準なので、メーカーのトレーニングに参加して覚えるものです。(資格は無く、受講証明書くらいか)
シーケンサの基本のラダー言語はリレーロジックと類似ですから自習することも可能です。オーム社からいくつか本が出ています(大浜庄司先生など)
近年はより複雑化して、データの自動収集やパソコンへの伝送などの機能もあります。このようなシステム作りには情報処理システムの開発セオリーを学ぶ必要があります。たとえば設計をどう進めるかとかの設計方法論です。プログラミングしながら仕様を決めるのか、仕様が確定してからプログラミングに着手するのが良いのかなどを知ることです。このようなことは情報処理試験(マイコン応用システム、エンベッドシステムなど)が目標になります。
http://www.jitec.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

CADの利用能力などはメーカーごとに違うので国家資格はありませんが、民間検定があります。
http://www.jpsa-nintei.com/cad/
(機械や建築CADが主な対象なのでお勧めしません)
もっとも、使いこなせる実力は転職の際に自分を高く売れます(転職しなくてもはげみになるでしょう)

もうひとつ、ユーザーの仕事(お客さんのプラントやシステム、製造方法)を良く知ることです。本から勉強するだけでなく、現場を見学したりすることもあります。またお客さんから答え(やりたいこと)うまく引き出すような会話能力も必要です。

制御盤が動かすシステムの構成要素(レベル計や流量計、ポンプやインバータ、モータの特性など)を知らないと設計できませんがこれらは電験3種の勉強で基本の2割くらいは勉強できます。それ以上はカタログや仕様書をよく読み、先輩や、メーカーの技術者に質問して教えてもらうしかありません。

電気電子の世界ではソフト半年、デジタル1年、アナログ10年の経験と精進がいります。
シーケンサのロジックなら1年もあれば1人前に書くことが出来ますが、プラントでシステムの挙動を理解したうえで安全性を考慮した設計が出来るようになるには10年かかります。

新しい仕事で最初の1年に勉強するものとしては、基本情報情報処理かマイコン、電験3種でしょう。
大学卒業程度なら技術士1次試験を取るのも良いと思います。30歳までに技術士を目標とするのがいいと思います。技術士はとったからといって何かが出来る資格ではありませんが、国があなたのことを「科学技術に関する高度な応用能力を備えている」と認定したことになります。http://www.engineer.or.jp/gijutsusi/index.html

もし対象とする業種が石油化学なら危険物、上下水道ならそれに関連した資格などもあるとよいでしょう。

参考URL:http://www.engineer.or.jp/examination_center/application_guidance/2006_first_examination.html

制御盤関連の国家資格としては技能士があります。
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1
これは制御盤を「製作する人」の技術力を国が認める資格ですから、工場で製作に携わる人が取る資格ですから、設計者に求められる資格とは異なります。ただし現場を知らなければ適切な設計は出来ないでしょう。

制御版や計装盤は15年以上まえからコンピュータによる制御になってきています。PLC,DCS、シーケンサ、DDCといったものです。これらのプログラミング言語は各メーカによる標準なので、メ...続きを読む

Q電気工事士の資格が必要でしょうか?

私の仕事の一部で受変電設備の制御回路の改修等によりDC100Vや48Vの回路の結線変更を行います。私の会社は製造業の届けですが出張してお客様の設備の改修をしたりします。これは電気工事士の資格は不要なのでしょうか?
また,制御回路ではなく主回路(AC1φ100V~3φ77KV等)を改修する場合はどうなのでしょう?
明確に区分けがあるのでしょうか?または製造業は別の資格を持っているのでしょうか?

Aベストアンサー

電気工事士の業務区分は、自家用工作物の場合は
500Kw未満の設備です。
変な話と思われるかも知れませんが、500Kw以上の自家用設備では、
主任技術者の監督下で工事(作業)が行われることがたてまえですので、電気工事士の資格がいらないのです。あなたが行う作業が500Kw以上の自家用設備の場合はどのような電気工事も電気工事士の資格は要りません。
(法規上の問題であって、実際は技能も知識もない者が施工できるとは
思いませんが・・・)
500KW未満の場合は、あなたが行う作業が、「電気工事」であるかに
よります。制御盤の中や機械装置、機器内部などは、電気工事に当たりません。おおざおっぱな解釈ですが、建屋の工事(壁や柱にコンセントやスイッチを取り付け配線する、天井に電灯を取り付配線する、壁に分電盤を取り付けるなど)は電気工事ですが、盤内の改造などは「電気工事」ではないのでの資格はいりません。・・・が、
顧客、施工者の責任で安全な施工が必要なことは当然です。
また、「電気工事士」であっても、通電された分電盤などの操作や、
通電された制御盤の試験(現場でも)などは、「低圧電気の取扱い」の
教育を受けていなければなりません。(労働安全衛生規則)
労働安全は「電気工事士」の免許とは違う役所の管轄です。
一般に盤屋は製造業に分類され、電気工事は建設業です。
盤の設計、製造には、工事士のような公的資格は不要です。
ただし、営業的には、ある程度の知識、技術を保持している証明を
顧客に説明できないといけませんので、電気工事士、配電制御システム検査技師、制御盤組立技能士、電験などの資格者が居る事が望まれます。あくまで電気工事士法では、という範囲でのことですので、何でもやっていいわけではないと思います。顧客はそのようなことを関知していないとおもいますので、施工責任があることには変りありません。
またこのような疑問が生じないように、関連法規を熟知し、違法行為を行わないことが会社運営の基本と考えます。
違法でなければ、何をしてもいいというわけではありません。法は倫理の最低限のことしか書いてありません。良心に従った施工が必要です。

電気工事士の業務区分は、自家用工作物の場合は
500Kw未満の設備です。
変な話と思われるかも知れませんが、500Kw以上の自家用設備では、
主任技術者の監督下で工事(作業)が行われることがたてまえですので、電気工事士の資格がいらないのです。あなたが行う作業が500Kw以上の自家用設備の場合はどのような電気工事も電気工事士の資格は要りません。
(法規上の問題であって、実際は技能も知識もない者が施工できるとは
思いませんが・・・)
500KW未満の場合は、あなたが行う作業が、「電気...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報