人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

主人の土地である(ローン返済中)現居住地ですが、隣の土地が売れそうなため
水道管を我が家の庭を通したいと地主さんから相談がありました。
庭に水道管を通すから、迷惑料としていくらか払うと話がありました。
いくらくらいもらえるものなのでしょうか?
相場がわからず、お知恵を拝借したいと思います。
この土地に家を建てた時のハウスメーカーさんにも相談してみようと思っていますが、
同じような境遇の方、似たような事例がある方、教えていただければと思います。

我が家の庭を隣家から宅地外まで水道管を入れるとなると、距離にして20メートルほど。
水道管を通すなら 地下1メートルは掘るそうです。
迷惑料として2~30年分くらいまとめて支払ってくださるそうです。

我が家を通す場合の工事手数料というものは我が家も負担しなくてはいけないのでしょうか?
何はともあれ、工期も何も決まっていない状態で、迷惑料というのもどうかと思いますが、
相場なるものがあるのでしたらお聞きしたいと思います。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

補足拝見いたしました。



非常識な要求は断るのが当然で、悩んでおられる
「お人好し馬鹿」は今時は珍獣です。

敷設を認めると既得権ができますので、どんな契約に
しようと、貴方の土地の価値は低下し、後日に問題が
起きる地雷を埋めた様なものです。

地主の人も土地を売りたいなら、その土地を買手に
とって問題がないように整備するのが当然です。
整備していない土地は宅地としては無価値です。
(買手が整備する場合を除く。)

水道の他に、下水道と電気。全て貴方の敷地を当てに
しているのですか?

断れない事情は見受けられない様に思いますが、
もし何らかの特殊な事情があるなら前途多難です。
敷設敷地を、ローン残額を返済できる額で売却することを
お勧め致します。少なくとも、購入地価の3倍は取りましょう。
    • good
    • 1

>他にどんなところに相談するのが良いのでしょうか?



他の方への回答、拝読いたしました。
ご事情からは、断固拒否なさったほうが賢明かと思います。
拒否できないような理由は無いでしょう。
水道は生死に関わる最後のインフラなので、何があろうと使用者の権利が尊重される傾向があります。
一度受けてしまったら、覆すのが困難になりかねませんし、
万一の場合に売却できないか、売れたとしても相場より相当安値になるとか、
ヘタするとそれを理由に隣家に買い叩かれるおそれもあります、これは冗談ではなく
いわくつきの不動産売買ではよくあることです。

私どもの場合はお世話になっている税理士事務所に弁護士や司法書士を紹介してもらいました。
アテが無い場合は法テラスか地域の弁護士会などでも紹介してもらえます。
断るにしてもはやり専門家に相談した上でキッチリ断っておくのが安心だと思います。
    • good
    • 0

No5回答への補足読みました。


>ただ そちらにひくとなるとかなり高額になるらしく、うちの土地を通してほしいと
いうことみたいです。
「道路から引込みできるが、高くつくので、それより安い迷惑料を払い
貴方の土地を通って引き込みたい。」
こんなわがまま、絶対拒否してください。
他の回答にもあるように、ご主人またはご子孫と隣地とのトラブルの種になる可能性が高いので、世間一般では、そのような引き込みは通常していません。
ご主人がその土地を買った時に不動産屋から、重要事項説明書に、「隣地のためにの水道管を通すこと」などの書類があると、簡単に拒否出来ないかもしれませんが、
市役所の水道課に、
「この申し入れを拒否したいが、拒否出来ないような地域の特殊事情でもありますか?」
と聞いてみたら如何ですか。
    • good
    • 0

 水道を引くのって「1m当り1万円を見込め」と不動産屋さんから言われたことがあります。


 おそらく質問者様の土地を通せばかなりの節約になるのでしょう。その金額を提示して御覧なさい。諦めて正常な?場所を通すと思います。(笑)
    • good
    • 0

出来る限り 今後 貴家の工事の時に迷惑にならない所に管は通す事です 庭はイケません 出来るなら


道路か通路に通す事
最悪でも建物(境界)から一メートルは離れて配管を敷設する事を条件にしないとダメ
お金が貰える事に 喜んでいると将来 大変な事になりますよ 無料で通して 此方の好きな時に
その配管は撤去する事を承諾させて置く 勿論 書面にして
    • good
    • 0

隣の土地が宅地として売れるという事はいずれかの道路に隣接しているという


ことですね。

その道路から水道を引く事が可能な場合は、いくら工事代が高くても隣家の
土地を通って水道を引く正当な理由には成りません。従って拒否できます。
またその道路が接続する幹線道路から引ける場合でも同様です。

下記URL
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
のwamcoolさんの回答の
<その水道引込管がなくなった場合に、ほかのどこからも水道引込管を通すことができない
場合は、裁判にて【地役権】が認められるかもしれません。>
は逆の立場からこの関連を説明したものです。

後々まで問題を残さないように、さらっと拒否してかわしましょう。
例えば、先方の水道管敷設希望地にあなたがたの増築予定があるとかです。

相手は強く出られない立場です。水道工事費が高すぎると、その土地が売れないとかです。

以前、土地を売却しました。
買い手が新築工事を始めたら、昔在った離れへの水道管が出てきました。
売買契約完了後でしたが、売主責任と云うことで当方が撤去費用全額を負担しました。

この回答への補足

隣の土地は道路に面しています。
その道路沿いには3軒のお宅もあります。
なので 水道管はそちらの道路からもひけるはずなんです。
ただ そちらにひくとなるとかなり高額になるらしく、うちの土地を通してほしいと
いうことみたいです。

水道管敷説希望地がどこなのかも決まっていません。

地主さんは早々にその土地を売りたいみたいでかなり焦っているみたいなんですよね。。
ハウスメーカーさんにも一応問い合わせしましたが、調べてみますと言われたきり。。
後々の土地の売買に関係してくるのならしっかり話をしたい所でありますが…

拒否出来るものなら拒否したいです。

補足日時:2013/07/18 19:46
    • good
    • 1

はじめまして



自分の敷地に、他人の、水道管を通すことを簡単に説明します。

その配管の権利は他人にあるが自分の敷地の中にある為に、様々な制限がかかってくる事に成ります。

給排水管の権利の為に、自分の家を売りに出しても売れなかったり、建物を建て替えするときに邪魔になったら自分の費用で動かさなくてはいけません。

また、事故があった場合の責任は誰が責任を取るなど、数えればキリがないくらいに問題があります。

通常、血縁関係でもない限りは、話がまとまることは無いのですが、断れない理由があるのでしょうね。

敷地は道路に接道していないと建物は作る事は出来ませんので、給排水管は通常の場合は、自分の敷地の道路部分を通しますが、他人の敷地を通さなくては成らない事は、通常ではありえない理由があると思いますので、注意された方が良いと思います。

まあ、私の手がけた物件の話です。

道路より奥に入った敷地の人が、前の人に、自宅を建築するので了解の認印を押して下さいと書類を持ってきた物に、軽い気持ちで捺印してしまったら、庭の部分の権利が奥の家の道路と認定されてしまい、自分の敷地でありながら、他人の権利がある土地になってしまいました。

お金の問題ではなく、後々の大きなトラブルに発展する可能性があるので、よく検討された方が良いと思います。
    • good
    • 2

水道管埋設部分は死んだ土地になるのも同然ですよ。


水道管がある限り自由にできないし、大きな木ひとつ植えれません。
また、水道管の交換や水漏れの際は、再び掘り返されることになります。
質問者さんには何のメリットもありませんよ。
私なら、いくら貰っても絶対に許可しませんね。

万一、土地の買い主が変人だったりしたら後悔すること間違いないでしょう。
どうしても断れないなら、その部分を相応の価格で買い取ってもらうことです。

>我が家を通す場合の工事手数料というものは我が家も負担しなくてはいけないのでしょうか?

そんな馬鹿な話しはないです。
入ってくる金はあっても、出て行く金はビタ一文ないです。

そもそも”迷惑料”という名目が気に食わないですね。
やる前から迷惑を掛けるつもりなんだろうか?と疑ってしまいます。
普通は使用料ですよ。

この回答への補足

今度地主さんと〝迷惑料〟の名目で話があると言われています。
もううちの土地を通すというのは、なから決まっている状態。。。
水道管を通すというのは いまいち理解していません。。
隣の空き地の畑を挟んだ両隣にも民家はあり、水道は使用しているはず。
なのに うちの土地を通す?とわからないことだらけで。。

ただ水道管を通す場所ですよね。きっと。
庭の端っこを通す分には土地の権利を売ればいいのだろうけど、庭のど真ん中を通しますと言われたら
さすがに困ります。
みなさんもおっしゃっているとおり、いずれ子孫へ残す遺産。
売れなくなるのであれば、庭の端を売った方がいいということですよね。
庭は 子どものためにと、5×20メートルほどあります。
なので 1×20メートルの分を譲渡すると思っていればいいのでしょうか?
↑端っこに水道管を通してくれる場合ですが、、、

土地を買う人がどんな人かも気になりますが、嫌な人だったらと思うとどうしようもない気持ちになります。

補足日時:2013/07/18 11:10
    • good
    • 0

私有地を通さないと、水道管や下水管を引けない土地が、私の住んでいたマンションの隣にもありました。


不在地主がいたりして、私有地の権利関係がややこしいことになっていて、空き地のまになっています。
不動産は自分の代だけでなく、大げさに言えば子子孫孫末代まで相続していくものになりますから、後々ややこしいことになるようなことは避けたほうが良いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そうですよね のちのちややこしいことになることは避けた方が良いですよね。
たぶんそれが 地主さんのおっしゃってる゛迷惑料〟なんでしょうけど。

土地の権利とか難しいですね。

お礼日時:2013/07/18 11:27

貴方の土地なので、水道管を通す場合、土地の使用料としてお金をいただくのは、普通のことです。


しかし、使用することを許しているので、それだけで自分の土地の使用には制限がかかります。
水漏れがあった場合そこを掘り起こす場合もあります。
庭や、コンクリートをはっているところを、掘り起こされるのは嫌ではありませんか?
1メートルも掘れば、周りの物に影響を及ぼします。
塀などがあれば傾いてしまいます。

土地の持ち主は、水道管を引く費用を安くするために、言っているだけです。
貴方が、その犠牲になる必用はありません。
水道管を通すのは拒否しましょう。
隣同士は、利害関係が発生して、もめ事が多いので、止めた方がよいと思います。

この回答への補足

水道管を拒否することはできない感じです。
いまいち私は理解しておりませんが。。
庭は まったくの手つかずなので、コンクリートも打ってないですし、更地のようなものです。
土地の境界線?(コンクリ)はありますが、庭の前の畑のおうちの方がよく腰掛けておられたり、
荷物を置かれたりしてます。なので 柵を付けようとかそんな気もさらさらないです。

ただ一つ気になるのは 工事のたびに確かに迷惑はかかるなと。
それなら先に地主さんのおっしゃる通り 迷惑料をいただくべきなのか?と。

補足日時:2013/07/18 11:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私有地での水道管布設承諾について

今度新築で家を建てることになりました。
私道に面した土地なので水道管布設工事に関して
お向かいの方の承諾が必要だと水道局に言われ
承諾をもらいに行ったところ断られてしまいました。

管が細いのであなたが水道を引くと水圧がさがるので、
それでも構わないという近隣住民の判子をもらってから
もう一度で直して来いと言われました。

しかし、水道局では水圧に関しては問題が無いと回答を
いただいているのでその点は問題ないとお伝えしたのですが
分かっていただけません。

さらに、30年以上前に私道の水道管を引き込む時に
みんなでお金を出し合って引き込んでいるのであなたも
払ってくださいと金銭を要求されています。



[要点]
・布設工事を認めないという条件は水圧が下がるからと言っている
(根拠は不明)
・水道局では水圧には問題はでないと言ってくれている
 
・その問題とは別に水道を引くのであれば30年前に共同で引き込み
 工事した代金の一部を払ってほしいといわれている。

・私と同じように後から入ってきた別の住人には金銭を要求していない。
 (後日みんなからももらうようにすると言っている)

[疑問点]

・向かいの住人がサインをしない以上は工事を進めることはできないのか
・私道とは言え、市で管理している水道管に対して個人が金銭を要求するの は正しいのか。

だまって要求を飲み込むしかないのでしょうか・・。
もう工事も始まってしまっていて、後には引き返せない状況でして
心配で仕方がありません・・・。

アドバイスをいただけたら幸いです・・。

今度新築で家を建てることになりました。
私道に面した土地なので水道管布設工事に関して
お向かいの方の承諾が必要だと水道局に言われ
承諾をもらいに行ったところ断られてしまいました。

管が細いのであなたが水道を引くと水圧がさがるので、
それでも構わないという近隣住民の判子をもらってから
もう一度で直して来いと言われました。

しかし、水道局では水圧に関しては問題が無いと回答を
いただいているのでその点は問題ないとお伝えしたのですが
分かっていただけません。

さらに、30年...続きを読む

Aベストアンサー

 水道管を他人の土地に埋設する際には土地所有者の同意が必要になります。理由はどうであれ同意書や承諾書は必要でしょう(役所への工事申請でも同意書が添付されていなければ許可が出ない)。
 また、私道の共同管の場合は、布設費用は地主または使用者同士の折半になり、、工事後の管理も個人で行う自治体が多い様です(公道との境界に第一止水栓が設けられているハズで、それ以降は個人管理)。稀に、維持管理の面から、工事完了後に水道局で配管を管理する場合があります。

 今回の場合ですが、
 >向かいの住人がサインをしない以上は工事を進めることはできないのか
 出来ません。個人間の話しなので役所でも対応してくれるか疑問です。
 >私道とは言え、市で管理している水道管に対して個人が金銭を要求するの は正しいのか。
 市で管理しているとすれば、施工時は個人の費用負担で、維持管理(修繕)まで個人負担では問題があるので寄付採納の形をとったのでしょう。この場合、配管は市の所有物なので金銭要求は出来ません。ただし、土地の使用料・掘削料と考えてしまえば成立するかも知れません。
 水圧に関しては配管が市の所有物であれば理由になりません。

 水道管を他人の土地に埋設する際には土地所有者の同意が必要になります。理由はどうであれ同意書や承諾書は必要でしょう(役所への工事申請でも同意書が添付されていなければ許可が出ない)。
 また、私道の共同管の場合は、布設費用は地主または使用者同士の折半になり、、工事後の管理も個人で行う自治体が多い様です(公道との境界に第一止水栓が設けられているハズで、それ以降は個人管理)。稀に、維持管理の面から、工事完了後に水道局で配管を管理する場合があります。

 今回の場合ですが、
 >向かい...続きを読む

Q水道管の所有者が分岐を認めてくれません(T_T)/

困りました(T_T)
土地を購入し、これから、建築工事着工のこの時に!
前面道路(私道(道路位置指定されている))に入っていた水道管本管が、個人所有の水道管だとわかり、所有者に分岐を求めた所、断られました。水道が引けなければ、住めませんし、何の為に土地を買ったのか(T_T)/~
 しかし、所有者までに、5件も家が存在し、皆、分岐を認めています。なぜ、今回だけ?しかし、私道で今回私が購入した土地をまたがって通過しなけば、その所有者は家にたどりつけません。理不尽では、ありませんか?他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、分岐を認めないなんて!!
 皆さん、いったいどうすればいいのですか??
 

Aベストアンサー

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してください。

>理不尽では、ありませんか?
>他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、
>分岐を認めないなんて!!
お気持ちは大変わかるのですが、
(私も自宅を建てる時隣の家に嫌がらせされましたから。職場まで電話が来ましたからね。)
お話しのような人物と話すだけ時間の無駄ですし、
こじれると新築工事の時、役所にあること無いこと言われるなどされると
面倒なのでご自分で給水管を引くのが私の経験上ベストと思います。

自費で給水管を引くことにもメリットがあります。
数十年後、漏水や赤水(錆びの混じった水)の多発で
私有管の敷設替えが必要なときが必ず来ます。
その時所有者は分岐させている世帯全員に費用負担を求めてくるからです。
でもあなたが独自に敷設すればそれに協力する義務はないんです。

また、可能であれば市有管から分岐する給水管の材質は
HI-VP(塩ビ)かポリエチレン等の腐食しない材質を
お使いになるといいでしょう。
赤水は出ませんので漏水が多発するまで数十年間もちます。
鋳鉄管やライニング鋼管での施工は極力避けましょう。
事前に水道業者に申し入れておくと良いです。

また先に別の回答者が述べられておられますように
将来あなたの家までの途中で土地開発があれば分岐を求めてくる方が
いるでしょうから、その方から分岐費用をもらうことができます。
(ただし、費用をもらうと責任が付いてきますからその辺は注意してください)

感情的になりますと住んでいて嫌になりますので、
「自分の家なのだから自分のことは全て自分でやろう。」と
発想を転換したほうがストレス無く暮らせます。
将来このことについて協力しなくていいと考えれば
怒りも少しはおさまりませんか?

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してく...続きを読む

Q自分の土地(更地)に、隣の新築の家が勝手に水道管をひいている事が分かりました。

隣人が勝手に、私の土地を通して水道管を使用する工事をしている事が分かりました。とても困っています。
助けて下さい。

私の持っている土地(とても遠方)を現在売却しようとしております。
●仲介会社より本日連絡があり、隣接する新築住居から私には何の連絡も無く、無断で「水道管を私の土地を通してひいている」事を水道局より確認したそうです。
この為に、私の土地は価値が無くなるし、業者以外の取引が困難であると言われてしまいました。

●隣地と私の土地は、元々一つの土地で、相続で文筆した土地です。(裁判にて土地の分筆を確定しました。)
その為、元々隣地用の水道管は通っていませんでした。

●隣地は土地を売却済みで、現在は新しい所有者が建物を建築中で、まだ上物は出来ていない状態です。

●この状況で、即「勝手に水道管をひく」事をを中止させる方法はありますか?
●また、勝手に水道管をひかれた場合はどう訴えることが出来ますか?

どうしたら良いのかとても困っています。
誰に相談すれば良いのか(弁護士?土地家屋調査士?)すら分かりません。
どうか、お知恵をお貸し下さい。

隣人が勝手に、私の土地を通して水道管を使用する工事をしている事が分かりました。とても困っています。
助けて下さい。

私の持っている土地(とても遠方)を現在売却しようとしております。
●仲介会社より本日連絡があり、隣接する新築住居から私には何の連絡も無く、無断で「水道管を私の土地を通してひいている」事を水道局より確認したそうです。
この為に、私の土地は価値が無くなるし、業者以外の取引が困難であると言われてしまいました。

●隣地と私の土地は、元々一つの土地で、相続で文筆した...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業で開発等水道の許可申請等も経験ある者です。私のエリアの水道局の場合の見解ですが。基本的に民地に埋設する場合は土地所有者の許可を必要とします。書面での署名押印です。また本管から引き込みされる枝管は私有管の場合もあります。土地所有者の何の許可も無く水道局が引き込みを許可するのは考えにくいので、あなたが遠方な事もあり、許可の書類を捏造したのではないでしょうか?住所氏名と認印を押印するだけなので非常に簡単です。まずは水道局に申請図やその他の書類を閲覧して見ることです。御自分で行かれるのがむずかしいなら不動産業者でしょうね。但しその類に関して詳しい担当者でないとただ役所の言っていることを伝えるだけの役割になってしまいます。最低図面は入手できますので、そこに申請した設備業者が書かれていますからまずは、その業者に経過を問うのが一番です。
引き込みを中止するのは上記で状況がわかり、不正な点があれば、水道局への申し立てで工事はストップするでしょう。
最終的な保証や損害賠償は弁護士となりますが、その間は不動産業者が良いと思います。当てが無いのならその物件の県の不動産協会をネットで調べて無料相談会等がある日に電話等で概要を話し、売却を依頼する前提で調査もお願いしたいのでそのような事に明るい業者さんを紹介してほしい旨聞いてみれば良いと思います。仕事が出来るかどうかはわかりませんが少なくとも背任行為や虚偽の報告はないと思い案ます。基本的に仲介業を専門にやっている大手などの業者は駄目です。知識もありませんし、面倒なことはやりません。各自売り上げを死守するのに精一杯です。どちらの地域でしょう?また水道管がどの様に宅地に埋設されているのでしょう?それ自体で価格が下がるというよりは物件として問題ありなので早く解決されたほうが良いです。

不動産業で開発等水道の許可申請等も経験ある者です。私のエリアの水道局の場合の見解ですが。基本的に民地に埋設する場合は土地所有者の許可を必要とします。書面での署名押印です。また本管から引き込みされる枝管は私有管の場合もあります。土地所有者の何の許可も無く水道局が引き込みを許可するのは考えにくいので、あなたが遠方な事もあり、許可の書類を捏造したのではないでしょうか?住所氏名と認印を押印するだけなので非常に簡単です。まずは水道局に申請図やその他の書類を閲覧して見ることです。御自...続きを読む

Q隣家の地下の下水配管が越境しています。

隣家の地下の下水配管が越境しています。
土地を購入し建築工事をしています。基礎を掘るときに隣家の地下配管が私の土地の方に越境していることが判明しました。隣家は50年前から住んでいます。この場合、隣家は、この越境状態を解消する義務があるのでしょうか? 法的に、この工事費用は、相手が負担するのでしょうか?それとも私が負担すべきでしょうか? また、有効な解決方法はあるのでしょうか? (泣き寝入りするしかないのか。。。?)

Aベストアンサー

下水道は「下水道法」という法律があって、そこには隣地使用の規定があります。
第十一条(排水に関する受忍義務等)  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。

ですからあなたの土地を通すことに↑に基づく合理性があれば違法ではなく、撤去の強制もできません。
また、あなたの敷地を通さなくても下水本管に通せる場合でも前所有者が埋設許可したのでしょうからその負担は継承されます。

建築が困難であれば話合いをするしかありませんが、↑のような法律や事情がありますからあなたの土地所有権が全てに優先されるわけではありませんので相手が移設を拒否する可能性もあります。
その場合には工事の兼ね合いから裁判とかまどろっこしいことはできないでしょうから、設計を一部変更するか、移設負担をお互いに折り合うしかないと思います。

あなたが負担したお金については、前の所有者と仲介不動産に請求できるかも知れません。
徹底的に白黒はっきりさせたいのであれば法律の専門家に相談したほうがいいと思います。

下水道は「下水道法」という法律があって、そこには隣地使用の規定があります。
第十一条(排水に関する受忍義務等)  前条第一項の規定により排水設備を設置しなければならない者は、他人の土地又は排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難であるときは、他人の土地に排水設備を設置し、又は他人の設置した排水設備を使用することができる。この場合においては、他人の土地又は排水設備にとつて最も損害の少い場所又は箇所及び方法を選ばなければならない。

ですからあなたの土地を通...続きを読む

Q隣の家の敷地内にうちの排水管が通っています

先日、隣の家の方が引っ越しました。
隣の家をある建築会社が買い取り新築の家を建てる計画をたてているのですが、我が家の排水管がとなりの敷地内を通っていることがわかりました。
業者が来て配管を切断しますと言ってきました。
工事費はこちら側が負担でやってくださいとのことでした。
我が家は築40年以上たっています。
私といたしましては、いきなり言われて納得できないところがあります。
どなたか法律にくわしいお方がいらっしゃいましたら、どういう対応をすればいいかアドバイスをいただけたらと思っています
よろしくお願いします

Aベストアンサー

少なくとも、私が仕事を始めた30年前から15年くらい前までの間に、
「建築主Aが土地Bに住宅を建築するにあたり、住所Cの敷地に、Aだったか、Bだったかの排水路を設ける事を承諾します。/住所C土地所有者D・印」という様な内容の「隣地承諾書」だったか、「排水承諾書」なるものを作成し、確認申請時に添付して建築した記憶があります。法が整備された1950年以降は隣地の貸し借りは口約束では建築の許可が取れませんので、隣地承諾を取っていると思います。
確認申請の副本がとってあれば、役所に提出した確認申請の正本に添付した「隣地(排水)承諾書」のコピーが挟み込んであるはずです。

それが見つかれば、回答者No.2さんのご回答に準ずると思います。

Q上下水道 引き込み工事の相場は

公道(市)から、2mで宅内に上下水道を同時に引き込む工事で、見積もり50万円は高くないですか?水道局納付金は含まれていません。
口径20mm、市道は4m幅の砂利敷きで、細かい見積もりを見ると申請手数料、材料費、ガードマン代など30項目もあり、市中の大工事の有様。施工費もカット代、接続代など細かく分かれていて、半日で終わる作業が計30万円位になってます。
材料代もホームセンターなどの小売価格の5倍くらいに書かれてます。
材料費も人件費も何人が何日とリーゾナブルに見積もれば20万円くらいと思われますが、指定業者さんは皆こんな感じでしょうか?
隣町の業者は出来ない工事で、競争が全くないためこうなのでしょう。
危険と責任を伴う工事とはいえ異常ではないでしょうか?

ホームページで各地に支店をもって安くやっているなんて会社ありましたら教えて下さい。

上記は千葉県千葉市の例ですが、安くやった方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

4,6です。

確かに、ここまで諸経費を取って商売をしているのは日本くらいでしょ
うね。私も確かにそこの部分に関しては思うところがあります。

商品を買うにしても、メーカーから直接購入する事が出来ず、商社,
販売代理店を経由して、工事業者へとやってくる流れなのでしょう。
2~3社が間にかんでいる分値段も高くなってしまいます。

しかし、工事は専門家に任せなければいけないのが現実です。
金額、施工業者に納得がいくまで検討、協議して下さい。
各地に支社を持っているような会社であれば、安く材料費を調達
しているでしょう。でも考えてみてください、大手HMでも
大量に資材を調達しているのは間違いないと思われますが、坪単価
は高いですよね。会社が大きくなれば資材とは逆に人件費がかさんで
来てその分を工事に上乗せせざるを得ないのです。
(私は中小の建設会社ですので、経費は少ないですが材料費は
それほど安くは入りません)

難しいですね・・・

Q下水道管が他人の土地を通る

先日「建築・リフォーム」のカテゴリで「新築の下水道工事トラブル発生」という質問させて頂きました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6574758.html

本日、下水道局に相談に行ったところ「他人の土地を通り、現在ある公共マスへ接続する方法もある」という話を聞きました。ただし「土地所有者の承諾をもらい将来のトラブル回避のため覚書などを交わしておくべき」とのことです。

早く入居したい事情があるため、この方法も考えようと思っています。その土地は現在 空き地です。
具体的にはどんなトラブルが発生すると予想されますか?

無知な私が考えられるのは、土地の所有者が変わり、新しい所有者に下水道管の撤去や使用を拒否される!?程度なのですが・・・

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

業者です。

私の地域では非常に多いトラブルでして、先日など、上下水道の引き込みに50メートルの距離を掘り返したツワモノもいましたね。工事費は350万円。でもそれ位出してでも他人の土地は通りたくないという思いがあり、態々私道と公道を迂回して接続されました。

問題は下水道法の11条です。多くの場合No,2の方の回答通り、転売後にも有効な覚書を交わす事で防げます。そうした覚書があれば、業者は「重要事項説明」としてその覚書の存在と同意の必要性を新しい買主に伝える義務を持ちますので。

それでもトラブルは起きます。嫌なのは下水道法11条4項の拡大解釈です。
「当該使用により他人に損失を与えた場合においては、その者に対し、通常生ずべき損失を補償しなければならない。」

軟弱地盤のため、その空地に家を建てる方が地盤改良をしようとした時に、その下水道管が邪魔で改良に制限が出た、あるいは建築工法や基礎工法の変更を余儀なくされた、あるいは建設位置を変更する、あるいはGLを変更せざるを負えなくなった、という例が実際に存在しています。
当然、土地の持ち主には損害が出ます。余分な地盤改良費や盛土費用、酷い場合は日照時間の短縮…。それを11条4項を盾に損害賠償請求をしてくる輩がいるのですね。はっきりいってそれは拡大解釈ですが、法律は玉虫色なので大概は解釈の違いで揉めますから。

もちろん考えすぎかもしれません。事実、隣地を経由して排水している家は数多く存在し、特に問題になっていない方が圧倒的に多いですから。
しかし人は弱みを持つ人の頼まれると、大きな態度に出る悪い所がありますので、下手をすれば未来永劫支払う必要がある借地料や、高額な一時金を要求される可能性もあるので、私が思うには痛み分けが必要な気がします。150万円かかるのであれば、重説不備の仲介業者、工務店、売主、そして出来れば買主の貴方で折半し、将来に不安の無い状態で工事された方が良いように思います。

業者です。

私の地域では非常に多いトラブルでして、先日など、上下水道の引き込みに50メートルの距離を掘り返したツワモノもいましたね。工事費は350万円。でもそれ位出してでも他人の土地は通りたくないという思いがあり、態々私道と公道を迂回して接続されました。

問題は下水道法の11条です。多くの場合No,2の方の回答通り、転売後にも有効な覚書を交わす事で防げます。そうした覚書があれば、業者は「重要事項説明」としてその覚書の存在と同意の必要性を新しい買主に伝える義務を持ちますので。

それでも...続きを読む

Q水道管が隣地を通過していました!

親が数十年前に建てたアパートについての質問です。水道工事の予定があり図面を取ると前面道路から引き込まれておらず、隣地の地中を通っていることがわかりました。

当地と隣地は同時に売買された土地で売主(法人)が同じですが既に存在していません。隣地はその当時からずっと更地のままです。

しかしこのままでは将来かならず問題になるように思えます。法的な問題の指摘と解決方法を知りたいです。

画像を添付しました。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 お書きの通り、必ず隣人戦争が勃発しますね。

 質問者さんの利益を損なわないようにしようとすれば、隣地所有者は土地の使い道が制限されます。例えば水道管の上に建物を建てるわけにいきませんし、池も掘れない、木も植えられない・・・ から。

 断りもせず代金も払わずに他人の土地を使っているのは間違いないので、戦争になると質問者さん側に不利です。


 図面によると、「当地」の前までは水道の「本管」は届いていないのですよね?

 とすると、我が家のあたりなら、「私有地の中のことについて、市は関知しません」「"当地"の前まで本管を引いて(延長して)、その分の本管を市に寄付してください」と言われますので、そうとう高額な費用(道路を掘り起こすので100万円単位)がかかりますね。

 いまはどこでも太い本管が通っていますので、もうずっとそう言われる体験をしておりませんが、30年くらい前までは確実にそう言われていました。

 (ちなみに東北電力からも、建物まで延々と電柱を建てて寄付しなさい。そしたら電線を張って電気を供給しますと言われてました)

 質問者さんもそう言われそうに思います。市も質問者さん一軒のために大工事するわけにはいかないでしょうから。

 となれば、そのようにしなさい(本管を延長して寄付し、そこから自宅へ直接水道管を引け)と言われるのを覚悟の上で、市の水道局へ相談されるのが最初の一手でしょう。

 市でも、近々延長する計画があるかもしれませんから。あるいは市が延長してくれる可能性もゼロではありませんから。

 もう1つは、一か八か、隣地側に「隣地地中に当家の水道管が通っています。当家敷地と隣地の両方を持っていた所有者がそうやったものです」とか書いた看板を出す。

 うまく行けば水道管を通す地役権が主張できるかもしれません。

 少なくても、「知っていて買ったんですよね」とは言えると思います。そうすれば、「すぐ移動しろ」とか言われず、それなりの猶予期間が確保できることでしょうから。
 

 お書きの通り、必ず隣人戦争が勃発しますね。

 質問者さんの利益を損なわないようにしようとすれば、隣地所有者は土地の使い道が制限されます。例えば水道管の上に建物を建てるわけにいきませんし、池も掘れない、木も植えられない・・・ から。

 断りもせず代金も払わずに他人の土地を使っているのは間違いないので、戦争になると質問者さん側に不利です。


 図面によると、「当地」の前までは水道の「本管」は届いていないのですよね?

 とすると、我が家のあたりなら、「私有地の中のことについて、...続きを読む

Q私有地に下水道管通す場合

上記の件で質問いたします。
市役所が、実家私有地に下水道管を埋設して近隣家(全部で4軒分)の下水を流したいようです。
まだ、下見段階ですが・・・その場合
  ・工事費は市が負担するのか(私有地部分)?
  ・承諾した場合、配管など管理は私有地名義人なのか?
  ・減免など、申請できるか?(事情があり余り承諾はしたくない)
今のところ、決定ではないのですが・・・・、分かりやすく説明して頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 不動産賃貸業を営んでおります。

 地下に下水管などが通っていれば、土地の値段が安くなりますので、お断りになることをお勧めします。

 なぜ安くなるかというと、例えばその部分には地中杭を打ち込めません。となれば、ビルなどが建たないか、向きを妙に変えなければなりません。

 工事するについても下水管に対する配慮が欠かせなくなります。例えば、大型重機は使えなくなり、小型で何日も作業しなければならなくなったりするかも知れません。その分、何を工事するにしても高額になります。

 また将来地盤沈下などで管が折れたり、穴が空いた場合、悪臭がしたり、漏れた水の威力で地下の土が流れ出したりする(大穴が空く)などの危険があるからです。

 市は、下水管が原因だという証明がなければ動かないし、ましてやその4軒は知らんぷりします。

 デメリットばかりで、メリットは一つもありません。


 うちの土地で、四角い形状で、四方を他人の土地に挟まれていた土地がありました。120坪くらいあったのでかなり広かったのです。

 下水道が整備されるとき、その土地にも高額な「受益者負担金」が課されましたのでクレームを付けたのですが、担当部門は頑として抗議を受け付けませんでした。

 で、戦術を変えて「公共下水道に接続する申請書」を別な課に出したのです。

 トンチで有名な一休さんの「屏風の虎退治」?と同じで、この土地まで公共下水道管を引いてこい、接続して受益してから払おう、というわけです。

 結局、その土地を囲む他人の土地に公共下水道管を設置することはできなかったらしく、受益者負担金の納付は「停止」されました。

 また、うちの貸し物件の前の小路に下水管を設置するについて、市に対して設置要望書を出したのはその小路に面した店々の主人で、要望を受けて市が工事することになったのですが、「通路(私道)の権利者全員の同意のハンコをもらってこい」という条件がつきました。

 ところがその一部がすでに倒産した会社の名義だったので、その人たちは四苦八苦してました。

 そんな具合ですから、そちらの市にも、質問者さんの土地を勝手に掘り返したり管を敷設したりする権利があるとは思えません。

 断ってかまわないと思います。


> 工事費は市が負担するのか(私有地部分)?

 上記の、私道に敷設するケースでは、受益者が十数軒あり、店の下水使用量は住宅などよりも多くなるはずなので、住宅数十軒相当。

 下水道使用料がかなりになるせいで、そこは市が工事費を負担したようですが、4軒程度ではどうなのでしょうね。採算に合うのかな。

 あるいは、当地の"上"水道管延伸の例で考えると、その4軒が自費で下水管を敷設して、管を市に寄付する(その後市が管理)可能性もあると思います。


> 配管など管理は私有地名義人なのか

 「それはない」と思いますが、当然、誰が管理するのか確認すべきでしょう。

 なにか異状があったとき、対処してもらわなければならないのですから、「うちが管理しなくてもよかった。あーよかった」で安心していられません。


> 減免など、申請できるか

 当然、減免でも補償でも申請すべきですが、上記に書いた通り、課税などをする担当部門と工事する部門は無関係ですので、知らんぷりされることもあります。

 上記の受益者負担金で、実際に工事しろと言ってから、工事できなかった担当部門が課税部門に連絡し、ようやく「停止」になったケースを考えると、1度や2度拒否されても、あちこちの部門に言ってみる必要が有ると感じます。


 結局、私だったら、敷設を断ります。

 その4軒との関係で断れない場合は、地役権を設定するなりして、市から地代をもらいます。

 当然、固定資産税より高い値段を付けますよ。上記に書いた通り、土地全体の使用方法などが著しく制限されるのですから。
 

 不動産賃貸業を営んでおります。

 地下に下水管などが通っていれば、土地の値段が安くなりますので、お断りになることをお勧めします。

 なぜ安くなるかというと、例えばその部分には地中杭を打ち込めません。となれば、ビルなどが建たないか、向きを妙に変えなければなりません。

 工事するについても下水管に対する配慮が欠かせなくなります。例えば、大型重機は使えなくなり、小型で何日も作業しなければならなくなったりするかも知れません。その分、何を工事するにしても高額になります。

 また将...続きを読む

Q水道管敷設にかかる費用は・・・

安い土地を購入したいのですが、そこは悲しいかな水道がありません。水を引くためには少なくとも「公道」と「私道」をそれぞれまたぎ20mは必要かと思われます。

水道管敷設にかかる費用はおおよそどのくらいでしょうか?

また、何か良いアドバイスなどございましたらお知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

まず、質問者の方の購入希望の土地が、下水道を引ける地域で、下水道の公設桝が無い場合、市町村が、公費で設置してくれます。
その場合、ご自分での設置費の負担はありません。
その場合、下水道分担金が必要になります。
ただし、役所がその分の予算を使い切っていた場合、翌年に回されるか、ご自分で費用負担し、かかった費用を、下水道分担金から引いてもらいます。

購入希望の土地が、既に下水道が敷設された土地から、分けられた土地であれば、下水道分担金は不要ですが、ご自分で下水道敷設費を負担しなければなりません。

下水道地域でなく、下水道を引く場合、敷設費と分担金の両方が必要になります。
この場合、浄化槽を設置すれば、補助金が出る場合が多いと思います。
(ただし予算枠が有り、予算が無いと、翌年にまわされます。)

下水道公設桝設置にかかる費用は、下水道本管の深さ、取り出したり通かかる道路の交通量、距離などによって違います。
その場合、舗装の復旧費なども含め、150万程度は、必要になるでしょう。
下水道分担金は、通常土地の広さにかかります。
市町村によって大きく異なりますので、市町村の下水道課などにお尋ねください。

給水の場合、一定金額の負担金(市町村、メーター口径により異なる)と、給水管敷設費が、必要になります。
下水道と、同じところから取り出せれば、掘削費と交通管理費、舗装復旧費は、共用できます。
メーターボックス、止水栓なども、個人負担となります。
市町村により、設置基準が異なりますので、どれくらいかかるか言えませんが、私の地域では、50万程度(取り出し距離10m程度)かかります。

質問者の言われる「私道」と「公道」ですが、本管が「公道」を通っていて、そこから「私道」を通ってご購入したい土地まで行く場合、給水、下水とも、取り出しは、「私道」の中1mまでが、取り出し位置となり、それより内側は、宅内の扱いになります。

宅内工事は、住宅設計と密接にかかわってきますから、住宅を建てる時に、見積もってもらってください。

まず、質問者の方の購入希望の土地が、下水道を引ける地域で、下水道の公設桝が無い場合、市町村が、公費で設置してくれます。
その場合、ご自分での設置費の負担はありません。
その場合、下水道分担金が必要になります。
ただし、役所がその分の予算を使い切っていた場合、翌年に回されるか、ご自分で費用負担し、かかった費用を、下水道分担金から引いてもらいます。

購入希望の土地が、既に下水道が敷設された土地から、分けられた土地であれば、下水道分担金は不要ですが、ご自分で下水道敷設費を負担...続きを読む


人気Q&Aランキング