色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

こんばんは。
電磁気の問題で分からないものがあったので質問させてもらいます。

図のように、厚さ2dのx、y平面に無限に広がった導体板に、電流密度jの一様な電流がx方 向に流れている。(紙面で表現すれば、手前方向)
アンペールの法則を使い、導体板の中と外にできる磁束密度Bを求めよ。
それぞれの場合における閉回路Cの方向はどうなるか。

という問題です。
回答お願いします。

「電磁気の問題」の質問画像

A 回答 (1件)

参考URLの1.4.2に同類の問題を扱っています。


同問題では磁場(磁界)Hを導出しでますが、導体板の中と外の磁束密度Bはそれぞれの透磁率(問題に与えておかないと求まりません)を掛ければ出ます。
なお、閉回路Cはyz平面に平行な面内に長方形にとればいいでしょう(電流に対して右ねじの回転方向にCの方向をとる)。
閉路に沿っての磁界Hは、無限平板導体に電流密度一定の電流が流れていることから、y成分のみ存在し,その磁界Hはzのみに依存します(説明は参考URLをご覧ください)。

参考URL:http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~maeno/em2008/em2 …
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング