割り引いた手形が不渡りになりました

  不渡手形/普通預金 でいいのでしょうか
 
あと、先月今月の未入金分は決算時に雑損で処理していいでしょうか

また、この様な状況になった時の対処方法を教えて下さい。
取引銀行の債権者への振り分け処理に恣意的要素が含まれるようなことを聞きましたが,,,,,

A 回答 (3件)

>交換所から遡及された手形は、一応起票していても差障


>りないでしょうか?
はい、一旦は不渡手形に振替えておいて、入金が有ったときに不渡手形の入金として処理します。
    現金/不渡手形   です。

>それから もし入金無き場合でも決算まではそのままに
>ジ~っと待ってても経理上、問題は無いってことです
>ね。
経理上は特に問題ありません。

貸倒損失の処理については、下記のページを参考にしてください。

http://www.taxanser.nta.go.jp/5320.HTM

http://www2s.biglobe.ne.jp/~kigawa/taxnews/houji …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

=貸倒損失の処理について=
早速 図書館に走らねば!と思ってましたところ、
参考URL:教えて下さり、ありがとうございました。

先方が この不況を乗り越えて立ち直れる事を、切に願ってますし
我が社も この荒波に呑み込まれぬようと,気ばかりが空回りして・・・

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/04 18:46

>割り引いた手形が不渡りになりました


不渡り発生時には 不渡手形/普通預金 で良いです。

>先月今月の未入金分は決算時に雑損で処理していいでし
>ょうか
税法上、貸倒処理については、色々な規定があり、不渡りが発生しただけで即時に貸倒処理は出来ません。
貸倒処理をするには、要件が規定されています。

要件を満たして、貸倒として処理出来る場合は、先の不渡手形と合わせて、貸倒損失として処理します。
仕訳は  貸倒損失/売掛金
     貸倒損失/不渡手形  と、なります。

>この様な状況になった時の対処方法を教えて下さい。
まず、相手方の管財人からの債権金額の問い合わせには返事を出して、債権者集会の通知が来たら出席された方がよいでしょう。
最終的には、相手方の残余財産を債務に比例して配当することとなります。
ただ、残余財産の額によっては、配当が0の場合も有ります。
また、貴社で納品した商品がまだ、相手方に残っている場合は、引き上げをできる場合も有りますから、交渉の余地はあります(あまり期待はできません)。

>取引銀行の債権者への振り分け処理に恣意的要素が含ま
>れるようなことを聞きましたが,,,,,
その様なことは、通常はあり得ません。

この回答への補足

いつもありがとうございます。
その後 先方から連絡がありまして、今月中に全額支払って下さるとのこと...
交換所から遡及された手形は、一応起票していても差障りないでしょうか?
      
それから もし入金無き場合でも決算まではそのままにジ~っと待ってても
経理上、問題は無いってことですね。
決算は9月ですので貸倒処理の件はその時に気をつけます。

補足日時:2001/06/03 15:06
    • good
    • 0

>割り引いた手形が不渡りになりました


>不渡手形/普通預金 でいいのでしょうか

とりあえず現在の処理としてはこれで良いでしょう。
決算時は、貸倒れ損失等の処理が必要になります。

>あと、先月今月の未入金分は決算時に雑損で処理していいでしょうか

これは、当該取引先に対する売掛金等のことでしょうか?
とすれば、貸倒れ損失です。
上記の分も含め、税法上は貸倒れ損失の損金算入には要件がありますので、ご注意ください。
(質問文からだけでは、確実な判断はいたしかねます。)

>また、この様な状況になった時の対処方法を教えて下さい。

当該相手先や、貴社の状況にもより、対処の仕方はケースバイケースだと思いますが、債権者集会が行なわれたり、管財人から債権額の確認が来たりしたら対応しておいた方が良いでしょう。

>取引銀行の債権者への振り分け処理に恣意的要素が含まれるようなことを聞きましたが,,,,,

銀行自身が債権者へ振分処理をするということ自体ないと思います 。

参考URL:http://hiroishi-zei-ac.hoops.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご享受くださり、ありがとうございます。
不渡りをだしたにもかかわらず、ご本人が全額支払ってくださるようで
ありがたく思ってますが...

ご回答いただいたきました
>管財人から債権額の確認が来たりしたら対応しておいた方が良いでしょう。

このような事にならず、一応安堵してはいるもののどうもいまいち?
ってところです。1度目の不渡りってことでしょうか?

>銀行自身が債権者へ振分処理をするということ自体ないと思います 。
銀行関係者のお話なのですが、私が聞き違えたのかもしれませんね(笑)
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/03 15:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不渡手形と貸倒金

不渡手形と貸倒金の違いはなんですか?
不渡手形は貸倒金の一歩手前ですか?
回収できない訳ではないけど受取手形は回収できなくなった場合は不渡手形で
不渡手形が回収できなかったら貸倒になるということですか?
混乱しているのでご回答お願いします!!!!

Aベストアンサー

手形の不渡りの要件は法律で定められており、その判断を会社が恣意的には判断できません。
手形小切手法に基づく不渡事由があります。
(1)0号不渡事由
形式不備や裏書不備、引受の無い手形小切手等。破産法等による事由
(2)1号不渡
資金不足(手形が呈示されたときにおいて当座勘定取引はあるがその支払資金が不足する場合)
取引なし(手形が呈示されたときにおいて当座勘定取引のない場合)
(3)2号不渡
0号不渡事由および第1号不渡事由以外のすべての不渡事由
契約不履行、詐欺、紛失、印鑑(署名鑑)相違、偽造、変造、取締役会承認等不存在、金額欄記載方法相違等
参考にしてください。
なお、手形の不渡り手形への振り替えと債権に対する貸倒引当金の設定とは別に考えてください。貸倒引当金の設定は企業がその判断で設定します。
一度貸倒処理した手形が後日再生手続きの中で弁済を受けることもあります。

Q不渡手形になった場合の手形について

銀行に取り立てていた手形について、銀行より不渡りの連絡をもらいました。先方に確認したところ、今日入金予定になるものが明日に変更になったために、今日付けの残高がたりなかった為といっております。
ただ、明日には入金予定があるので残高がたりるそうです。
こうした場合、その取り立てている手形で明日付で銀行から引き落としてもらえることは可能でしょうか?また無理の場合は、その不渡手形は銀行経由で返却され、入金に関しては振り込みでしてもらう以外方法はないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>先方に確認したところ、今日入金予定になるものが明日に変更になったために…

それは、ただの言い訳に過ぎない可能性を否定できません。
明日入金される保証はどこにもないのです。

>明日付で銀行から引き落としてもらえることは可能でしょうか…

小さな銀行で支店長と振出人がコロコロとでも言うなら、そんな融通が利くこともあるかも知れませんが、一般には門前払いです。
もう一度不渡りを出したら、銀行はその振出人が倒産したと見なし、取引停止の処置を執ります。

>入金に関しては振り込みでしてもらう以外方法はないでしょうか…

現金で持ってきてもらう、あるいは集金に行くという道もありますけど。

Q手形が不渡りになったときの仕訳は「不渡手形/受取手形」ではないのでしょうか?

京浜商店より売掛金の決済のために受け取り、
過日、港北銀行で割引に付していた、
同店振り出し、当店宛の約束手形\600.000が満期日に支払拒絶されたため、
同銀行より償還請求を受け、小切手を振り出して決済した。
また、期日後利息\2,000は現金で支払い、手形金額とともに京浜商店に対して請求した。

答え
(借)不渡手形 602,000(貸)当座預金 600,000
               現金  2,000

ですが
私は不渡手形が発生した場合は
「不渡手形/受取手形」と暗記していたため
(借)不渡手形 602,000(貸)受取手形 600,000
               現金  2,000
と回答してしまいました。

でもこの場合
「小切手を振り出して決済した。」はどうなるんだろう?とは思いましたが。

質問は
なぜ「受取手形」ではなく「当座預金」なのでしょうか?
問題文に「小切手を振り出して」と書いてあるからですか?

教えてください。

Aベストアンサー

下の方が書かれているように手形割引時に
(現預金)/(受取手形)
の仕訳がされていますので、不渡となったときに貸方に受取手形はきません。
手形割引は銀行に譲渡した手形が決済されることを前提として前受しているので、振出人が不渡を出した場合には受取人が代わりに一旦銀行に払います。
このとき、受取人から振出人への求償権が発生しますので
(不渡手形:振出人に対するもの)/(現預金:銀行への支払)
となります。

Q約束手形(不渡手形)を決済される基準は?

こんにちは。どなたかご存知でしたら、ぜひ教えてください。

支払手形の決済日に当座預金に資金を用立てできなかった場合は、当然不渡となりますが、例えば一部は支払可能な資金がある場合は金融機関が判断をして決済されると聞いたことがあります。
それは本当でしょうか?また、本当ならばや判断基準や慣習を教えていただきたいのですが・・・。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前聞いた話では、複数枚の手形が有り、一部しか決済できない場合は、銀行の判断で任意の手形を決済します。

このばあい、金額の少ない手形から決済して、不渡りの枚数を少なくするとのことでした。

Q不渡手形【貸倒損失か貸倒引当金どちら?】

貸倒れ引当金の残高があり、売掛金が回収不能になった場合、
(1)その売掛金が前期に発生したものならば貸倒引当金を充当
(2)今期発生分なら貸倒損失 になりますよね。

不渡手形の場合に、どう処理するのが正しいのか悩んでいます。

(例) 貸倒れ引当金の残高があり、受取手形が不渡りになった場合

不渡手形 XX 受取手形 XX
           現金等 XX

 【回収できなかった場合】
 (A)貸倒損失 XX 不渡手形XX
   OR
(B)貸倒引当金 XX 不渡手形XX

 【回収できた場合や間に裏書人が入っていた場合】
 現金等 XX 不渡手形XX



貸倒引当金残高がある場合、(A)、(B)どちらが正しいのでしょうか?
(売掛金の場合と同じく不渡手形が発生したタイミング等で異なるのか否か、、etc)

できれば理由も合わせて教えていただけると助かります。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 売掛金の場合と同じく不渡手形が発生したタイミング等で異なるのか否か
貸し倒れ引当金を計算する際に対象となる債権に含まれていたのであれば『貸倒引当金』。その後に発生したものであれば『貸倒損失』。
ですから、3月決算法人だとすれば
・3/31現在所有していた手形
・3/31現在の売掛金
・3/31現在の売掛代金に対する手形
この3つに対しては『貸倒引当金』となりますが、4月以降に発生した売上代金に対する手形が不渡りになったのであれば、『貸倒損失』です。

QRe 不渡り手形の処理について

6月2日(No.84409)に質問した者ですが

不渡手形及び売掛金の未収金 全額を今月半ば頃に支払って下さると、先方から連絡があり、安堵していたところ、今日 債権者数や負債額を記入した、代理人と称する弁護士(2名連名)の方からの連絡書が届きました。

文面は: 破産申し立てを行うことになり、今後は同人に対し個別の請求はしないようにして下さい。本件についての問い合わせは、全て当職ら宛にされるようお願い申しあげます。

とのことです。

その後 先方からの連絡が何度かあり、ご家族をよく知ってるだけに
心配も然る事ながら、回収できると思っていたのですが・・・突然の通知で

ご回答いただいた

>まず、相手方の管財人からの債権金額の問い合わせには返事を出して、
>債権者集会の通知が来たら出席された方がよいでしょう。

この前兆ということでしょうか?まだ対処の予知が......
連絡書とは?法的強制力があるのでしょうか。

Aベストアンサー

破産の申し立ては裁判所で行いますが、申し立て代理人
つまり弁護士に通常は依頼します。
この段階で弁護士である申立代理人から通知書が来ます。勝手に取り立てなどしないようにとかの文面で・・。
つまり不渡手形の発生ではなく、裁判所に申し立てた日からです。
しかし弁護士の段階ではまだ準備中の事が多く、裁判所に申立が行われているかどうかは解りません。混乱を避けるための方法として通知書を出すようです。
貸倒事故は商売をやっている限りさけられない事かもしれません。このことに負けないで頑張りましょうよ。
pontyan負けるな!

Q不渡手形の仕訳が分かりません。

約束手形¥300,000が不渡りになり、満期日以降の利息¥12,000とともに、当座預金から引き落とされた。
不渡りとなった手形は、ただちに得意先秋田商事へ償還の請求をした。
不渡手形312,000/当座預金312,000
(この仕訳は理解できました)
不渡手形で処理されていた受取手形¥300,000が償還され、満期日以降の法定利息¥15,000とともに、本日当座預金口座に振り込まれた。
当座預金315,000/不渡手形312,000
              受取利息3,000
2つともつながりがあります。どうしてこうなるのかさっぱり分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

質問の内容からすると
秋田商事から受け取った受取手形を、"A社に対して裏書譲渡してる"
という取引が前提にあるはずです。

<手形の流れ>
秋田商事(支払人)→ 当社(裏書人)→裏書譲渡→ A社(受取人)

参考URL
http://www.jusnet.co.jp/business/siwake4.html
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/hirokida/boki3/2text/conttextb01.html

上記、参考URLを見てもらえるとわかるかと思いますが、支払人が
不渡を出すと、
(1)裏書人である当社に支払義務が生じるので、支払を行う。
(2)当社は支払人に不渡の償還請求(遡及)を行う。(今回の場合入金された)

という順番になります。 従って、

(1)不渡手形312,000/当座預金312,000(内利息12,000)
 ※A社に対する仕訳

(2)当座預金315,000/不渡手形312,000
               受取利息3,000
 ※秋田商事(支払人)に対する仕訳

という仕訳になります。

<まとめ>
秋田商事から受け取った手形を"A社に裏書譲渡した"が、その手形が不渡
となったため、当社に支払義務が生じ、A社にその金額を支払った。
当社は、不渡に対して、支払会社である秋田商事に償還請求を行い入金された。

以上、こんな感じです。 疑問点があれば補足してください。

質問の内容からすると
秋田商事から受け取った受取手形を、"A社に対して裏書譲渡してる"
という取引が前提にあるはずです。

<手形の流れ>
秋田商事(支払人)→ 当社(裏書人)→裏書譲渡→ A社(受取人)

参考URL
http://www.jusnet.co.jp/business/siwake4.html
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/hirokida/boki3/2text/conttextb01.html

上記、参考URLを見てもらえるとわかるかと思いますが、支払人が
不渡を出すと、
(1)裏書人である当社に支払義務が生じるので、支払を行う。
(2)当社は支払人...続きを読む

Q手形、不渡手形について教えてください

手形の期日がきたときなど、銀行は、会社の貯金から払うということですか?
また、不渡りってどうゆうことですか?会社の貯金がないから、手形と現金を交換できないということですか?
不渡りが6ヶ月以内に2度あると倒産なんですか?
それと、小切手と手形はどっちが便利ですか?

Aベストアンサー

銀行は支払期日に振出人に変わって支払いを代行するだけです。
その際、振出人の預金に残高がないと不渡り処分になります。それは小切手も同様です。
半年以内に2度不渡り処分を受けると銀行取引停止になります。取引停止は全金融機関に適用されます。
取引停止は2年間適用されます。取引停止は倒産はイコールではありません。
といっても、実際取引停止に追い込まれた支払人は倒産に追い込まれます。
というより、不渡りを1回出しただけで債権者が殺到しますのでその時点で倒産というケースが多いです。

最後に小切手と手形ですが、両者は全く違うものです。
小切手は現金と同じです。受取人が銀行に行った時点で現金化できなければ、不渡りです。
たまに、先付け小切手といって振出日を当日以降にしているものがあります。
先付け小切手は実は、支払人と受取人の間の信頼関係によって成り立ちます。
受取人が振出日前に銀行に行っても換金してもらえます。その際預金が足りなければ不渡りとなります。
手形は、○月○日に支払うという約束をするものです。受取人がその日の前に銀行に行っても支払ってもらえません。
手形割引といって、その手形を担保に銀行から借り入れすることはできます。その際、金利を引いた分の現金が支払われます。
ただし、その手形が不渡りになった場合、その現金は銀行に返済しなければいけません。

このように小切手と手形は全く違うものです。すぐに現金になるものと、現金化するのに待たなければならないものの違いです。

当然、支払う側は手形、受け取る側は小切手の方がいいです。

銀行は支払期日に振出人に変わって支払いを代行するだけです。
その際、振出人の預金に残高がないと不渡り処分になります。それは小切手も同様です。
半年以内に2度不渡り処分を受けると銀行取引停止になります。取引停止は全金融機関に適用されます。
取引停止は2年間適用されます。取引停止は倒産はイコールではありません。
といっても、実際取引停止に追い込まれた支払人は倒産に追い込まれます。
というより、不渡りを1回出しただけで債権者が殺到しますのでその時点で倒産というケースが多いです。
...続きを読む

Q不渡手形の時の仕訳

弊社では 売掛金を受取手形で回収し、その受取手形を裏書し、買掛など支払っており、そのときの仕訳は
 買掛金/裏書手形 にしています。
その後、手形の期日に  裏書手形/受取手形 と仕訳しております。

先日 取引先が不渡りをおこし、弊社がその会社からもらっていた受取手形を全て、買い戻しました。
その場合 裏書してしまっていた場合は、(期日はまだ)
 不渡手形/普通預金 と 裏書手形/受取手形の
両方 仕訳すればいいのでしょうか?

また裏書していない場合は
 不渡手形/普通預金 とだけ仕訳したら、
受取手形は 何で減らせばいいのでしょうか?

初歩的な質問ですみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

◆裏書手形を買い戻した時の仕訳:

裏書手形/普通預金


◆受取手形の処置:
(1)期日到来のものは;
不渡手形/受取手形

(2)期日未到来のものは;
そのまま、何もしません。期日未到来の受取手形勘定はそのまま残しておきます。期日未到来の手形が期日に不渡りになるとは限らないからです。

Q手形の不渡り

手形が不渡りになるときは手形の決済日の何日か前に銀行から連絡が来るのでしょうか?それとも手形の決済日まで分からないのでしょうか?もし取引先A社から手形をもらってその手形を銀行で割り引いたりしている場合、そのA社が二回不渡りを出したら、手形決済日前でもその時点で銀行から連絡があるのでしょうか?

Aベストアンサー

一回目であろうが二回目であろうが
決済日以前に金融機関から連絡が来ることはありません。
決済日当日、金融機関が「資金不足による不渡り」と決定した以降に
タイムラグはありますが割引先金融機関から連絡が入ると思います。
不渡りになった場合、その手形に他社の裏書がある場合は自社より前の裏書人に対して支払を求める権利、
つまり「遡及権」があります。

それとは別に受取手形を割り引きをし、その手形が
不渡りになった場合は割引先金融機関からは割引約定書の規定により貴社へ手形の買戻しを求めてきます。
早急に手形額面の金額を準備する必要があります。
とはいっても金融機関に対する貴社の信用度によっては借入組み直し交渉の道も
あるのではないでしょうか。

不渡り手形を掴まされるのは大変なことですし、額によっては死活問題にもなりかねません。
他社裏書のない手形振出人からの回収手法や今後のなすべき事の優先順位も時間との勝負の面が多々あります。
口コミも含めどんな些細な情報もですが、出来れば倒産前に一早く相手の正確な情報を手に入れることです。
それら全てを上司に報告をし、会計士、顧問弁護士と共に早急に且つ冷静に対処なさってください。

9.手形Q&A(二度めも不渡り)
http://www13.ocn.ne.jp/~daikou/html/QandA.html

一回目であろうが二回目であろうが
決済日以前に金融機関から連絡が来ることはありません。
決済日当日、金融機関が「資金不足による不渡り」と決定した以降に
タイムラグはありますが割引先金融機関から連絡が入ると思います。
不渡りになった場合、その手形に他社の裏書がある場合は自社より前の裏書人に対して支払を求める権利、
つまり「遡及権」があります。

それとは別に受取手形を割り引きをし、その手形が
不渡りになった場合は割引先金融機関からは割引約定書の規定により貴社へ手形の買戻しを...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報