【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型)を運用しています。
相当連続で下がり続けています。
今後上昇する可能性はあるのでしょうか?教えて下さい。
下がり方がひどいので質問しました。
乗り換えたほうが良いのか、否かも合わせて教えて下さい。
よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

初めまして、投資アドバイザーです。


「ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型)」について、ご質問にお答え致します。

<Q>
「相当連続で下がり続けています。
今後上昇する可能性はあるのでしょうか?教えて下さい。
下がり方がひどいので質問しました。」

<A>
結論としては、短期的な上昇期待は厳しいです。
中長期(5~10年)であれば、景気サイクルの波もあるので上昇可能性はありますが、ただそれ以前に現在のファンドの運用状況が芳しくないので今後も益々厳しい運用環境にあると思います。

まずは月次レポートでファンドの運用状況をご確認下さい。
基準価額  :6,824円
純資産総額 :約5,566億円
分配金累計額:7,000円

次に直近のファンドの運用状況ですが、為替差損(カナダドル/日本円)による基準価額のマイナス要因が大きく響いています。
また月々のパフォーマンスが上がっていないにも関わらず、毎月分配金の80円を出すことで更に基準価額の下落に繋がっています。運用報告書で確認できる直近の分配金の60%は過去のリターンからの取崩し(元本払戻金=特別分配金)になっています。

<Q>
「乗り換えたほうが良いのか、否かも合わせて教えて下さい。」

<A>
売却(損切り)をオススメします。
乗り換え?については、質問者さんの現在の運用資産との兼ね合いや資産内容の重複、目標リターン、運用期間などがあるので一概には言えませんが、安易な乗り換えや目先の分配金だけで短期的な運用はされない方が良いと思います。


※URLについては、あくまで情報提供で載せております、ご了承下さい。
また、投資は自己責任ですので、最後の判断はご自身でお願いします。
少しでもお役に立てますと幸いです。

参考URL:http://www.daiwa-am.co.jp/funds/doc_open/fund_do …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴重な御回答ありがとうございます。
期待したファンドでしたが、下がりがひどいので慎重に検討したいと思います。

お礼日時:2014/06/14 10:51

為替の基本常識で考えればカナダドル債の期待リターンは円金利と等しいと考えて良いでしょう。


信託報酬は年2.16%となっていますから、日本国債10年債の利回りは今日で年0.60%なので・・・
期待リターン≒0.60%-2.16%=-1.56%となります。

つまり、実質的にはコスト負けしているので、「コストを払って毎月お金を返金してもらっているだけ」。
理論上はそう言う事なんです。

為替の基本常識は「高金利通貨は長期的に下落していく」って事です。
つまり「世の中には美味しい投資話なんて存在しない」。

これだったら、円定期預金の方が確実にリターンが得られますよ!

最終的な判断は自己責任です質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。
    • good
    • 0

投資信託の場合手数料の金額で危険度の目安とされるといいと思います。


(手数料利率)
【1%台】ローリスク【2%台】中リクス【3%台】ハイリスク
ore100さんがお持ちの「ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型)」は
手数料が2%台の中リスクですので、今の所、大きな値動きは少ないかと。(6千円台で推移しそうです)
分配金は毎月受け取られていますか?分配金の名目で運用状況を見ることが出来ます。
【普通分配金】ファンド運用が黒字で運用利益のみで支払われている分配金
分配金受取額の20%余りを所得税として差し引かれます。
【特別分配金】ファンド運用が赤字もしくは運用利益だけでは普通分配金が
支払いきれない場合、不足分を預り金を取り崩して支払われる分配金
この分配金には税金は掛かりません。
(結論)
1万口あたり80円(税引後63円)の普通分配金がある事、運用が無期限ですので
分配金を目的として持ち続けられたほうが良いと思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

貴重な御回答感謝申し上げます。
このファンド下がり続けているので、不安になりました。

お礼日時:2014/06/13 12:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大和高格付カナダドル債オープンという債券の見通しはどうなりますか?

ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型)は最近数ヶ月連続に特別分配(元本戻し金)になっていますが、今後の見通しはどうなりますか?詳しい方のご分析を聞きたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここ数日のゴタゴタで円高が進みました。
夏枯れ相場です。

どの海外債券投信も円高影響で基準価額は
だいぶ落ちている状態です。
そこは一時的なものと思っていますので、
9月になるとどういう方向となるかは、
よく見えません。

>UBSオーストラリア債券オープン(毎月分配型)
>とは優良債券と言えるでしょうか?
それ自体は全く問題ないでしょう。

但し中国の経済動向が気になるところです。

オーストラリアに限らずですが、
オーストラリアの通貨や経済は
現状では中国の経済に引きずられがちです。

私見では、現状オーストラリアは先進国の中の
資源国として安定して利益を出せる国ではあると
思っています。

この所の利下げで通貨安傾向が続いてきましたが
そろそろ買い時ではあると思い、検討しています。
つまりこのあたりで基準価額は底打ちかと見ています。

しかし、お持ちの投資信託については、どれも
分配金出し過ぎの感は否めません。

それだけリスクヘッジはできているとは思いますが、
下げ止まったら、お持ちの投信は見直した方が
よろしいかもしれないですね。

Q騙されているのでしょうか?

大和証券のカナダドル債権について
100万の投資して月々1万ぐらい配当ご入ってくる。AAAだから安心と銀行に勧められました。
パンフレットを見てもよくわからないのですが、どこを見れば月々1万ぐらい配当があるって分かるんですか?本当に1万なら10年ほおっておけば元金割れどころか0円になっても極端な話元とれますよね?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> 100万の投資して月々1万ぐらい配当ご入ってくる
問題ありません

> AAAだから安心と銀行に勧められました。
1つの格付けなので問題ありません

> どこを見れば月々1万ぐらい配当があるって分かるんですか?
投資信託なら分配金をみてください。



たぶんこれかな。
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Distribution.do?fnc=2003052002

分配金が80円なので月々9791(税引き前)8812円(現在の税引き後)です。
来年は税金上がります。詐欺民主党のせいで。

これが永久に続けば10年放置すれば元は取れます。
ただそう思っているのはあなたですよね?
銀行員?勧誘された人にそういわれたんですか?
最悪でも10年で元は取れますよ。なんて言われたら金融法違反です。
銀行ならそいつはクビが飛びます。

過去の分配金をみてください。
余力がどんどん減っています。

たこ配なんです。

つまり
100万円預けます。
毎月1万払います。
すると払うごとに基準価格は下がります。
自分の貯金を定期引き出ししているような感じです。
1万円中7000円は自分の預金から出していると思ってください。。
3000円ぐらいが、債券の配当です。金利で言うと3000(仮)*12=3.6万 3.6%(仮)です。
日本の銀行よりはいいですが、為替差益も考えると、ゴミ同然と考えてください。

それでもまあ結局定期預金なんかよりはいいですけどね。

この変は自分で勉強しましょう。
他人に聞いているだけではヤバイですよ。

投資信託が手数料高いとかいう意見もありますが、自分でいろんな債券、株などの
取引ができない、暇がない。知識がないならいいと思いますよ。

> 100万の投資して月々1万ぐらい配当ご入ってくる
問題ありません

> AAAだから安心と銀行に勧められました。
1つの格付けなので問題ありません

> どこを見れば月々1万ぐらい配当があるって分かるんですか?
投資信託なら分配金をみてください。



たぶんこれかな。
http://www.morningstar.co.jp/FundData/Distribution.do?fnc=2003052002

分配金が80円なので月々9791(税引き前)8812円(現在の税引き後)です。
来年は税金上がります。詐欺民主党のせいで。

これが永久に続けば10年放置すれば元は取れます...続きを読む

Qダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型)を売却すべきですか?

この半年余ずっと元本払い戻しの特別分配で利益が半減しましたが、ついに先月から特別分配の額も減少してしましました。これだったら売却するべきかと考えているところですが、優良債券と言う人がいれば、運営の会社が無理にしているためだめだと言う人もいますので、売却すべきか、持ち続けるべきか迷っています。この債券の見通しがどうですか?この債券に詳しい方の見方を聞かせて頂ければ、参考になります。

Aベストアンサー

まず、この商品は債券そのものではなく、債券を投資対象とした投資信託です。
投資対象としている債券は「高格付」をうたっているため、基本的には破綻リスクは低い「優良債券」と考えていいものでしょう。
特別分配は、運用実績からはその収益から分配金は出ないため、元本を払い戻しする形で分配金を出しているということで、「運営の会社が無理にしている」をとも言えます。
解約した方がいいかどうかは、ご自身の投資スタンスによります。
ただ、分配金の有無によって投資を継続するかどうかを判断するのは適当なのか?。
私でしたら、販売手数料、信託報酬が高く、分配金から税金を差し引かれるこの投資信託はそもそも購入しません。
信託報酬はずっとかかってくるものですから、長期投資になればなるほど、そのコスト負担の金額は大きくなることになります。

Q友人が1千万円で、ブラジル国債を買ったら、「この、

1年間、毎月、130,000円も振り込まれているから、お前もどうだ」と言われています。
私が、リスクが高いのでは?、と言ったら、
「今、ブラジルは、オリンピック開催国。一晩で、崩壊しない。そうなる前に信託銀行が、知らせてくれるから大丈夫」
と言います。その友人も私も、共に68歳。、株・投資の知識はゼロです。
その友人は、親戚の人から私のように言われて始めたそうです。

信託銀行がちゃんと教えてくれるから、大丈夫。というのだから、心配はないでしょうか?

骨がきしむようなきつい仕事で、月10万円のアルバイトの身には、非常に関心があります。

Aベストアンサー

実は労働収益は低リスクでお金が確実に稼げる利点があるのです。
はっきり言いますが「世の中には美味しい話はない」事を理解する必要があります。
ブラジルレアルの金利の高さは誰もが知っていますし、ブラジルに限らず日本円とスイスフランを除けばほとんどの通貨は高金利通貨になっている場合が多いです。
ただし、高金利通貨の特徴は「高金利国の通貨は低金利国の通貨に対して長期的に下落していく」って事なのです。
つまり、高い金利と引き換えに長い目で見ていけばブラジルレアルの為替レートは長期的に下落する事で元本が目減りしていくのです。
では何故、ブラジルレアルは高金利なのか?ですが、一般的には高金利国ではインフレ率が高い特徴があるのです。
インフレ率が周りの国に比べて高ければ長期的には為替レートは下落していきます。

>信託銀行がちゃんと教えてくれるから、大丈夫。というのだから、心配はないでしょうか?
通貨が大暴落したら、信託銀行が教えてくれた段階では大きく元本が割れる事もあります。
新興国の通貨は1日で数十パーセントの下落なんて当たり前のように起きます、だからその時になったらお終いです。

ちなみに、期待リターンは高金利ブラジル国債でも日本円金利並みです。
結局は労働収益の方がブラジル国債よりも高いリターンを提供してくれます(これは本当です)。
それから、こんな変な商品よりももっと高いリターンをとる方法があるのです。
参考URLには最近、外国債券に関するQ&Aに回答したものがあるので、こちらを読んでみてください。
折角、過去のQ&Aがあるのに利用しないなんて勿体ないですよ。

投資は最終的には自己責任です、したがってここに書かれた事も質問者様の方でも調べた上で慎重にご判断ください。
分からない事があればご質問ください。

参考URL:http://okwave.jp/qa/q6675811.html

実は労働収益は低リスクでお金が確実に稼げる利点があるのです。
はっきり言いますが「世の中には美味しい話はない」事を理解する必要があります。
ブラジルレアルの金利の高さは誰もが知っていますし、ブラジルに限らず日本円とスイスフランを除けばほとんどの通貨は高金利通貨になっている場合が多いです。
ただし、高金利通貨の特徴は「高金利国の通貨は低金利国の通貨に対して長期的に下落していく」って事なのです。
つまり、高い金利と引き換えに長い目で見ていけばブラジルレアルの為替レートは長期的に下...続きを読む

Q投資信託の継続か解約かご意見お願いします。

お世話になっております。

数年前に住友銀行から勧められて投資信託をはじめました。
アメリカの住宅バブルもあり、好調でしたがリーマンショック以来下落の一方。
いつも「今が底」と念じて持ち続けましたが、先行きが見えず精神的に疲れてきて先日リートを手放しました。基準価格が半値以下となり数十万円の損でした。

銀行はプロだから、といつも頼っていたのですがやはり「営業」ですので100%信用するのも・・・
今更ですが、他の方のご意見も伺いたくご相談させていただきます。

グローバル好配当株オープン、 基準価格約1万円で購入して現在は3600円で、解約すれば-93万円です。
今は毎月「再投資」せずに分配金をもらっています。
今後基準価格が4500円くらいまで上がる見通しはあるでしょうか?

今すぐに現金が必要なわけではありませんが、ゼロになったらどうしようもありませんので、すぐに解約したほうがいいでしょうか?

損した分を取り戻すために、ブラジルやヨーロッパに新たに投資するという考えはどうでしょうか?

自分のことは欲がでますので、冷静な判断ができません。
ご意見よろしくお願いいたします。

お世話になっております。

数年前に住友銀行から勧められて投資信託をはじめました。
アメリカの住宅バブルもあり、好調でしたがリーマンショック以来下落の一方。
いつも「今が底」と念じて持ち続けましたが、先行きが見えず精神的に疲れてきて先日リートを手放しました。基準価格が半値以下となり数十万円の損でした。

銀行はプロだから、といつも頼っていたのですがやはり「営業」ですので100%信用するのも・・・
今更ですが、他の方のご意見も伺いたくご相談させていただきます。

グローバル好配当株オープ...続きを読む

Aベストアンサー

NO12です、補足します。
>毎月分配されるものよりも年1回のもの方がいい、ということになりますか?
>すると、この儲けは基準価格によるのでしょうか?
原則、年1回分配の方が税金のロスは少ないです。
ただし、分配は儲けではありません、「分配=自動解約」とお考えください。
分配とは投信会社の判断で信託財産を換金して現金化しているだけです。
儲かったかどうかは質問者様が買った時の基準価額から分配金を差し引いて、それでも現在の基準価額の方が上回っていれば、その分は利益(含み益)と言えます。
儲かったかどうかは、投資家が買った基準価額や実際に貰った分配金によるので、投資家により全て損益は異なります。

>「PCAインド株式オープン」というものをもってます。基準価格16000円で購入して現在は8541円です。
>銀行はインドものは孫の代までもっていて大丈夫、というのでもってます。
>まったく利益を生まないのに・・・方や、同じく年1回のニュー・チャイナ・ファンドに対しては、
>いつでも解約してください、といいます。基準価格は買ったときより少し低くなっています。
>インドは半値になってるから大損だから、でしょうか?
銀行が何を意図して言っているのかは不明ですが、「PCAインド株式オープン」を孫の代まで持てば利益が出るかどうななんて誰も分かりません。
「ニュー・チャイナ・ファンド」についても今の時期に解約した方が良いかも何とも言えません。
そもそも、相場の見通しが分かる奴なんていません。
確実に言える事は信託報酬は確実に基準価額下落要因になる事だけは間違え有りません。
また、分配金を払いだす時に証券の売却手数料を信託財産の中から負担をしているので、その分だけ基準価額下落要因になります。

>ブラジルにオーストラリアはバブルなんですか・・・基準価格があがらなくても関係ないんですね。
私の言っているのは、通貨が強すぎると言っています。
要は高金利通貨バブルだと言っているのです。
仮に、ブラジル株式に投資をしても為替レートが暴落すれば、それだけでも大損害になり危険があるから注意が必要です。
ブラジル株式に投資する場合は、基準価額は「ブラジル株式の株価x為替レート」になります。
これも、海外のサイトで調べれば何故、今のブラジル、豪州の為替レートが極めて危険な強さになっているのかは分かる状況です。

今の質問者様の状況では投資の事を理解されているとは思えません、悪い事は言いません、資産を全て現金化して投資から全撤退した方が良いですよ。
どうしても投資をやりたいのならば、基本的な事を勉強して相場の状況を的確に把握して質問者様自身が判断して投資できるようにする必要があります。
どうしても投資をやりたいのならば、以下の本を読んで理解した上で投資をする事をお勧めします。
「ウォール街のランダムウォーカー(バートン・マルキール著作)」
「これから10年外国為替はこう動く(国際通貨研究所編)」

「ウォール街のランダムウォーカー(バートン・マルキール著作)」は誰もが知る株式投資の不滅の心理が書かれている物です。
「これから10年外国為替はこう動く(国際通貨研究所編)」は外国為替の基本常識が書かれています。
これらの基本となる知識をベースに、質問者様の状況を考えてどうやって投資をやっていくのかを決めた方が良いでしょう。
ただし、ここに書かれている事は必要最小限に過ぎません、実際には日本で投資をやる場合は大震災リスク、火山現象リスク、気象災害リスク、公的年金のマクロスライド、質問者様のリスク許容度などを考える必要があります。
例えば、リスク許容度の考え方についてはダイヤモンドオンラインに面白いのがあります↓
http://diamond.jp/articles/-/13808
今は台風12号が岡山県に再上陸するなど、今は川や海に近付くのは危険な状況であるのは分かると思います(既に死亡者や土砂崩れ、浸水で被害が出ているなど経済的なダメージが大きい)。
実際には、色んなリスクに対して臨機応変に対処するなど、上記の本だけでは捕捉できない所まで投資の責任は及びます。
結局のところ、リスクは包括して考え、質問者様の状況にあった投資活動が必要です。
それができないのならば、投資はやらない方が良いでしょう。

NO12です、補足します。
>毎月分配されるものよりも年1回のもの方がいい、ということになりますか?
>すると、この儲けは基準価格によるのでしょうか?
原則、年1回分配の方が税金のロスは少ないです。
ただし、分配は儲けではありません、「分配=自動解約」とお考えください。
分配とは投信会社の判断で信託財産を換金して現金化しているだけです。
儲かったかどうかは質問者様が買った時の基準価額から分配金を差し引いて、それでも現在の基準価額の方が上回っていれば、その分は利益(含み益)と言えます。...続きを読む


人気Q&Aランキング