ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物の合成で、触媒として加える活性炭を加えなかった場合、どういった反応がおこるのでしょうか?別の化合物ができるのらしいのですが。ちなみに実験では、塩化コバルト六水和物に塩化アンモニウムを加えて合成を行いました。
また、ヘキサアンミンコバルト((3))塩化物を同定するにはどのような方法があるのでしょうか?
塩化コバルト六水和物の結晶は赤色で、水に溶かすと紫色になったのですが、コバルトはコバルトブルーって色だだった気がするのは気のせいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

rei00 です。



「コットン・ウィルキンソン 無機化学 下」(培風館)の p.786 によると,

・・・・活性炭が存在しないと,通常は置換体たとえば [CoCl(NH3)5](2+), [CoCO3(NH3)4](+) などが得られる。・・・・

とあります。

参考まで。
    • good
    • 5

MiJunです。


inorganicchemistさん、rei00さん同様に「活性炭の触媒活性」に興味があったので、少し素人発言させてください?

木炭(炭素材料)関連の文献を少し集めてますが、その中で
・石原茂久;「機能性炭素材料としての木炭」、材料、48(5)、473-482(1999)
があります。
この中で「触媒特性」の項に
======================================
・活性炭にラジカル、表面官能基の存在
・活性炭自体の「電子移動触媒」としての働き

・酸化還元
・ハロゲン化
・脱ハロゲン化
・脱水素
・分解
・異性化
・重合
などの触媒機能を有する。
--------------------------------------
一般に木炭化する温度が600℃以上である場合は、生成した木炭は「塩基性」を示します。

木炭では、
・酸性官能基:カルボキシル基、芳香族系水酸基、ラクトンなど
・中性官能基:カルボニル基、環状過酸化物など
・塩基性官能基:クロメン構造、ピロン構造
これらが焼成温度で生成・反応・消滅を繰り返す
==========================================

ここから素人発想で、inorganicchemistさんにご教示頂きたいのですが・・・・。

系内で一部の反応で、活性炭の存在により
[CoCl(NH3)5](2+)
⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化
⇒NH3の脱離
⇒[Co(III)Cl2(NH3)4](+)

これは考えにくですね・・・?

あるいは
⇒NH3の脱離←木炭(?)
⇒遷移状態としてCo(3+)(?)←活性炭による酸化

やはり、暴論でしょうか?

ご教示ください。

蛇足ですが、Coと言えば昔研究室の同僚がCo錯体を研究してました。
私の方はFe(II)錯体ですが、その後Pt(II)錯体も興味を持ってウオッチしてました。

でも、基礎的なことはほとんど忘れました(泣き)。
    • good
    • 1

norinori3 さん,すみませんが inorganicchemist さんにお礼を言わせて下さい。



inorganicchemist さん,ありがとうございました。

> 反応場を提供する不均一触媒とか呼ばれるたぐいかもしれません。

 なるほど。こういう種類の触媒もありましたね。言い勉強になりました。今後とも,よろしくお願い致します。

 しかし,別質問の回答もそうですが,錯体の色の話になると楽しそうですね。読んでるこちらまで楽しくなってきます。
    • good
    • 0

norinori3さんごめんなさい。

すこしだけスペースをお借りします。

rei00さん。
その件については私も興味があったので、少し調べてみたのですが、
今のところはっきりした理由は見つけられておりません。ので、以下は
あくまで私の類推でしかありません。

まず、コバルトは(III)に比べて(II)の方が圧倒的に置換活性です。つまり、
一度(III)になってしまうとそれ以上は配位子置換反応を受けないと言うことです。また、NH3の方がCl(-)よりも置換不活性であるため、一度NH3が配位すれば、Cl(-)に置換されることはないと考えられます。

活性炭表面の細孔についての専門的な知識はないのですが、
もしもその表面が、陰性であれば、Cl(-)が近寄りがたく、
CoとNH3のみが反応し、そのあと、外圏にカウンターとして
Cl(-)が接近すると考えられます。活性炭表面には
水酸基やキノン構造が存在するため、塩基性条件では
特に陰性を帯びるのでしょう。これにくわえて、
活性炭表面では(空気)酸化を受けやすいという可能性があります。

これらの要因が存在しなければ、静電的な話で、Co(II)のまわりには中性
であるNH3よりも陰性なCl(-)が存在する確率が高く、[Co(III)Cl2(NH3)4](+)や
[Co(III)Cl(NH3)5](2+)のクロロアンミン錯体の方が優勢に生じるのだと
考えられます。

いずれにせよ、今回の系で、主反応と副反応の速度に差を付ける、特定の
反応だけを加速(減速)するという広い意味での触媒でしょうね。
もしくは反応場を提供する不均一触媒とか呼ばれるたぐいかもしれません。

以上、私の拙い知識から導いた仮説です。
    • good
    • 3

充分な回答が inorganicchemist さんから出ているようですので,おじゃまなんですが。

inorganicchemist さん,1つ教えて下さい。

この反応で活性炭は何をしているんでしょうか?触媒とは言っても,通常の触媒とはチョット違いますよね。反応を加速しているわけではないですから。

お願いします。
    • good
    • 0

活性炭を加えずに合成を行うと目的物のヘキサアンミン錯体のほかに


ペンタアンミンクロロコバルトイオン[CoCl(NH3)5](2+)が生成するようです。
実際に活性炭触媒なしで合成したことはないのですが。

コバルトアンミン錯体は錯体化学の原点です。そのため
あらゆる測定結果が報告されているはずです。
しかし、一番、人間の感覚で捉えやすく、理論的に解釈がなされているのは
その色、すなわち吸収スペクトルです。吸収スペクトルだけで数種類ある
コバルトアンミン錯体の異性体がほぼ完全に同定できます。

色の話。錯体の醍醐味ですね。
コバルト(II)は、溶液中に共存するイオン、分子によって
その構造が変化します。
塩化コバルト(II)を水に溶かしたときは
[Co(H2O)6](2+)の形で存在しています。
これは赤系統の薄い色で、コバルトまわりは六配位八面体構造です。
一方、塩化物イオンが過剰に存在するか、水が極端に少ない
状態では[Co(Cl)2(H2O)2]が生成します。
これは濃い青色になります。炭素のような四面体構造をもちます。
塩化コバルト(II)を使って、先生の目を盗んで遊んでみてください。
1)水溶液をろ紙に付けて乾かす。
2)エタノール(アセトン)に溶かす。
3)濃塩酸に溶かす。

これら三つのどの方法でも青色に変化するはずです。
ただし、2)の廃液は捨てると怒られるので、少量で
試してみて、終わったらいらない紙にしみこませて可燃ゴミに
捨ててください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際会議について

国際会議で発表するんですけど
いきなりsession chair(座長)になってしまいました。何をすればいいのですか?
まだ博士の学生なのに初めての国際会議なのに正直おどろいています
発表の順番は何か関係(意図的に)あるのでしょうか?

Aベストアンサー

座長のすること
多分、会議事務局から、座長の役割についての事前メモが送られてくるとは思いますが、

・セッションの開始アナウンス
・講演ごとに講演タイトル、講演者の紹介
 (会議によっては、講演者の略歴を紹介することも)
・講演時間(質疑応答時間を含めて)の管理
 (タイムキーパがいる場合もあれば、いない場合もあります。いないときには座長が担当することも)
・講演終了後の質疑応答の司会
 (質問者の指名、質問コメントが会場から出ない場合には、ひとつふたつ質問コメントをすることも。このため、前もって発表論文が渡されることも多いです。あとは質疑応答が過熱して、時間がなくなったときに、以降の質疑応答はセッション後にしてもらうように言って、講演を代わるとか)
・全部の講演(質疑応答)が終了したら、セッション終了のアナウンス
といったところでしょうか。
(会議によっては、セッション当日、朝などにSpeakers meatingがあることもあります。ここで、講演者の確認などを行うことも、、。)


発表の順番
たまに、関連のある発表が(発表者の意向もあって)順番に並んでいることもありますが、通常は無作為に並んでいると思ってよいかと思います。

国際会議だと、Session chairが2名いることが多く、セッション前に作業分担をすることも多いかと思います。(たとえばセッションを前半後半に分けて、それぞれ司会とタイムキーパを分担するとか)

座長のすること
多分、会議事務局から、座長の役割についての事前メモが送られてくるとは思いますが、

・セッションの開始アナウンス
・講演ごとに講演タイトル、講演者の紹介
 (会議によっては、講演者の略歴を紹介することも)
・講演時間(質疑応答時間を含めて)の管理
 (タイムキーパがいる場合もあれば、いない場合もあります。いないときには座長が担当することも)
・講演終了後の質疑応答の司会
 (質問者の指名、質問コメントが会場から出ない場合には、ひとつふたつ質問コメントをすること...続きを読む

Q塩化コバルト(II)六水和物の合成

塩化コバルト(II)六水和物の合成を教えて下さい。

Aベストアンサー

吸湿性なので簡単ではないです。
まず日本化学会編、丸善刊の「実験化学講座」シリーズを探して下さい。第四版、第五版、「新実験化学講座」の無機物の合成の部分を読んで下さい。
理・工学部のある大学、化学系の部門のある研究所、研究センター、等には必ずそろっています。

Qパシフィコ横浜・国立横浜国際会議場までの所要時間

こんにちは。
今度パシフィコ横浜・国立横浜国際会議場に行くのですが、横浜駅からみなとみらい線・みなとみらい駅行きます。
そこで、横浜駅から、国際会議場に到着するまでどの位かかるかを教えていただきたいです。
また、逆算してこれくらいに横浜に待ち合わせればいいなど教えてください。
このあたりは全くわからないもので・・・
宜しくお願いします

Aベストアンサー

みなとみらい線の横浜駅ホームからみなとみらい駅までは約3分。ホームから改札まで1分半。改札から国際会議場までは迷わなければ5~8分ほど。国際会議場に着いてから会議場内の目的のところまで約5~6分くらいは最低でもみた方がいいですね。
まあ、迷わず目的のところにつければ横浜駅からだと約15分くらいですかね。初めてで迷うんならその倍は見ておいた方がいいですよ。

Q塩化コバルト六水和物の入手方法は?

今年の年賀状はあぶり出しに挑戦しようかと思っています。
火にあぶる一般的な方法だと少なからず危険をともないます。
そこでいろいろ調べた結果、塩化コバルト六水和物を使うと
ドライヤー程度の熱であぶり出しができることを知りました。
しかし、いくら調べてもこの塩化コバルト六水和物なるものの
入手方法がわかりません。
具体的な入手先、および金額等を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

どれくらい必要か解りませんが、試薬で100g 4000円くらい。

薬局注文で駄目なら一般人に売ってくれるかは解りませんが、試薬販売業者の販売代理店にご相談下さい。

なお、余った試薬及び廃液、(器具に付いた薬品を洗い流すときに生じた廃液も)は例え少量でも水道水に流すことは出来ません。

タンクに貯めて処理を専門の産業廃棄物処理業者に依頼する事になります。
薬品は買って使って終わりではありませんので、そこまでのコストをかける必要性があるかどうかも十分ご検討下さい。

Q査読付き国際会議プロシーディングから国際論文へ拡張

情報工学系の学生です。

教授から,以前受理された査読付き国際会議の内容に実験をもうひとつ足す,
もしくは,まだ解析してないデータを付け加えて国際論文へ投稿するように言われました。

しかし,国際論文は学会に論文を提出するときに,メールで「この論文は過去に一度も
投稿したことのない内容です」的なことを書かなければいけません。今回のケースの場合,
「過去に国際会議用に投稿したことはあるが,今回はその内容を元に追加実験をし,
問題点を追求したものです」的ことを書けばベストでしょうか?それともいつもどおり,
一度も出してことないですということを言えばよいのでしょうか?

以前,国際会議の内容と比較して30%以上違いがあれば問題ないと聞いたことがあるので
そういったことも含めて,どなたか経験された方からご意見頂ければ幸いです。

以上,よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

国際論文がジャーナルのことなら、国際会議のプロシーディングと内容がかぶっても構いません。

ただ、同じ内容を複数のジャーナルに投稿してはいけません。
同じ内容を複数の国際会議に投稿してもいけません。

ジャーナルのほうが格上なので、プロシーディングを数本まとめるか、発展させてジャーナルに投稿するケースが多いと思います。

分野や学会によって違ってたらあしからず。

Q硫酸銅はなぜ5水和物3水和物1水和物になるのか?

銅は配位数が4なのになぜですか?

Aベストアンサー

結晶水の多くは実際に金属に配位して錯塩を形成しています。

CuSO4・5H2Oの場合、Cu2+の周りには6つのO原子が、
正八面体構造(長2短4)で配置されます。
Cu2+に対して4つのH2Oが平面4配位で配位し、
SO4(2-)の2つのOが、軸方向にイオン結合で2つのCu2+を架橋する形で、
結晶構造に収まっています。
残りの1つのH2Oは、配位していないSO4(2-)の2つのOと
水素結合しています。

CuSO4・3H2Oの場合も、Cu2+の周りには6つのO原子が、
歪んだ正八面体構造で配置されます。
Cu2+に対して3つのH2Oが配位し、2つのSO4(2-)由来の3つのOが、
イオン結合2つと配位結合1つ(実際は両者を
明確に区別できるわけではないのですが)で結合しています。
SO4(2-)自体は2つのCu2+に3つのOで結合していることになり、
残りのOは、配位したH2Oと水素結合を形成しています。

CuSO4・H2Oの場合も、Cu2+の周りには6つのO原子が、
正八面体構造で配置されます(全部同じです)。
Cu2+に対して2つのSO4(2-)由来のO原子4つが、
イオン結合2つと共有結合1つで結合しています。
軸方向には二つのH2Oが配位しているのですが、
H2Oは2つのCu2+を架橋する形で配位しています。
(水は不対電子対を2つ持っているので、
最大で2個の配位結合を形成できます。)
丁度5水和物と比べ、H2OとSO4(2-)の立場が逆になっています。

結晶水の多くは実際に金属に配位して錯塩を形成しています。

CuSO4・5H2Oの場合、Cu2+の周りには6つのO原子が、
正八面体構造(長2短4)で配置されます。
Cu2+に対して4つのH2Oが平面4配位で配位し、
SO4(2-)の2つのOが、軸方向にイオン結合で2つのCu2+を架橋する形で、
結晶構造に収まっています。
残りの1つのH2Oは、配位していないSO4(2-)の2つのOと
水素結合しています。

CuSO4・3H2Oの場合も、Cu2+の周りには6つのO原子が、
歪んだ正八面体構造で配置されます。
Cu2+に対して3つのH2Oが配位し、2...続きを読む

Q学術論文と国際会議プロシーディング

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうすると、特にステップアップのために多くの業績が必要な、助教、准教授などは
プロシーディングより学術論文の方をバンバン数多く出してそうなイメージがしたのですが、
実際は、上記のようにそうではありませんでした。

これはなぜなのでしょうか?

もしかして実は国際会議プロシーディングと学術論文に、業績価値としての差は
あまり無いからなのでしょうか?
(もしそうならば、プロシーディングは査読期間が短く一回の審査だけで採否が決まるので、
プロシーディングを数多く出そうとするのが理解できるのですが。。。)

ほとんどの研究者が、学術論文数よりプロシーデング数の方が多い一番の理由は何なのでしょうか?

工学系の学生です。

学術論文と国際会議プロシーディングについて質問があります。

いろんな大学教員の方の研究業績を見ると、
学術論文の数より、国際会議プロシーディングの数が多い人がほとんどでした。
(例えば、学術論文数:プロシーディング数=1:3など)

(大学によると思いますが、)一般には、学術論文(特に英文ジャーナル)の方が
国際会議プロシーディングより、業績の価値が高いと思うのですが、
(もちろん、論文は同じ一報でもIFによって価値が全く異なることも承知してはいますが)

そうす...続きを読む

Aベストアンサー

個々の学会によって違うでしょうが、国際会議のプロシーディングでは、オリジナリティが求められないことが多いと存じます。
プロシーディングの数が多いのは、ほぼ同じ内容を発表しているからでしょう。
業績を論文などの数で表すという風潮には合点がゆきませんが、
それはともかくとして、
会議のプロシーディングの価値は、“無いよりはあった方がまし”という程度だと思います。

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Q【神戸ポートアイランド、国際会議場近くで桜】 神戸ポートアイランドの国際会議場から歩いていける範囲で

【神戸ポートアイランド、国際会議場近くで桜】
神戸ポートアイランドの国際会議場から歩いていける範囲で桜の綺麗なところはありますでしょうか?
目的は、弁当を広げてのお花見ではなく、桜をバックに入学式の写真を撮りたいと思っています。

Aベストアンサー

南公園は隣かな。

神戸の公園には、桜があるはず。新しく作った公園にはとくに。

南公園にもあるはずと調べてみました。

http://kurashi-la.com/archives/2373.html

そんない華やかな木はないかも。
街が、新しいからね。

Q陽イオンの系統的分離について。 塩化銀にアンモニア水を加えると、ジアンミン銀イオンと塩化物イ

陽イオンの系統的分離について。

塩化銀にアンモニア水を加えると、ジアンミン銀イオンと塩化物イオンが生じます。
その後、強酸である硝酸を加えると白色沈殿が生じるのは分かるんですが、同じ強酸の塩酸を加えては意味がないのですか?もしジアンミン銀イオンに塩酸を加えたらどのようになるのでしょうか?
反応式も一緒に答えていただけると助かるのですが…

Aベストアンサー

すぐ解答しようと思ったのですが、混乱しました。しばらく数あわせをしていなかったので。^^;
先に塩酸を加えても意味が無い方から行きます、分かり易いから。
(NH3)2Ag^+ + HCl → 2(NH4)^+ + AgCl↓ + Cl^ー
つまり塩化銀はちっとも解けない、塩酸はほぼ完全解離してプロトンと塩化物イオンになってしまうから、では硝酸だったらどうなるか、
(NH3)2Ag^+ Cl^ー + HNO3 → 2(NH4)^+ + AgCl↓ + NO3^ー
つまり塩酸より硝酸の方が強酸なので、塩化物イオンが出来てしまい、塩化銀の沈殿が出来る。
こんなところでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報