このたび、9月に結婚する事になりました。
現在、夫の年収は700万、私の年収は280万(正社員)です。
私が扶養に入れば夫の会社から毎月1万円の家族手当が支給されます。
この場合、私が今の仕事を辞めてパートで年間103万円の所得に抑えるのか、
このまま正社員で働き続けるのがいいか(正社員で働いていても年収の増加はほぼ見込まれません)、どちらのほうが得なのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>私が今の仕事を辞めてパートで年間103万円の所得に抑えるのか、このまま正社員で働き続ける…どちらのほうが得なのでしょうか?



「このまま正社員で働き続ける」ほうが得です。

なぜかと申しますと、「仕事を辞めてパートで年間103万円の所得に抑える」と、19900925ayaさんの収入が【177万円】減ってしまいます。(税金や保険料を考慮しても【約120万円】の減少になると思います。)

一方で、ご主人の収入は、「家族手当12万円」と「配偶者控除による減税分約11万円」を合わせても、【約23万円】しか増えません。

※なお、ご主人の「厚生年金保険料・健康保険料」は、「第3号被保険者・被扶養者」がいても【変わりません】。

---
上記のように、【約100万円】ほど「夫婦合わせた手取り」が減ることになりますが、さらに【19900925ayaさんが受けられる社会保障】も少なくなります。

これは言うまでもなく、「19900925ayaさんの社会保険料の負担が減るから」です。(納める保険料が減れば、保障も減ります。)

具体的には、以下のような違いがあります。

◯公的年金保険

・「国民年金第1号被保険者」と「国民年金第3号被保険者」への年金支給額は原則として同じです。(老齢【基礎】年金、障害【基礎】年金、遺族【基礎】年金、その他の給付)

※「厚生年金保険」は条件を満たした人の【基礎年金】に上乗せされる年金です。

◯公的医療保険

・「被扶養者」は、「傷病手当金」「出産手当金」などの給付を受けられません。

◯労働保険

・「労働保険」は、「第3号被保険者」「被扶養者」も要件を満たすと被保険者になります。

ただし、賃金(≒保険料)が少なければ「休業や求職活動」の際に受けられる保障も少なくなります。

(参考)

『第1号被保険者|日本年金機構』(と関連リンク)
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …
『~年金が「2階建て」といわれる理由|厚生年金・国民年金web』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
---
『公的医療保険の適用対象者―被扶養者―健康保険の場合|WEBNOTE』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_69.html
『保険給付の種類と内容|協会けんぽ』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3170/s …
---
『労働保険とはこのような制度です|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/howtorou …
『[PDF]雇用保険に加入していますか~労働者の皆様へ~|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf …



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『所得税・住民税簡易計算機|Mikoto Works LLC』
http://www.zeikin5.com/calc/
※【給与所得以外に所得がない場合】の「目安」です
『保険料計算ツール|総務の森』
http://www.soumunomori.com/tool/
---
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
『所得金額から差し引かれる金額(所得控除)|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320. …
『住民税の控除|葛飾区』
http://www.city.katsushika.lg.jp/18/66/14976/ind …
『所得の種類と所得金額の計算方法|松戸市』
http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/zeikin_ …

***
『公的医療保険の分類・種類(体系)|WEBNOTE』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/_1_22.html
『自分が加入している健康保険組合がわかりません。どのように調べればよろしいですか?|けんぽれん』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml
※業界で設立したものも含め「健康保険組合」は1,400以上あります。
---
『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何|日経トレンディネット』(2008/10/02)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/2008 …
『健康保険(協会けんぽ)の事務と手続等|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
※「保険者(保険の運営者)」によって「被扶養者の基準」は微妙に(場合によっては大きく)異なりますのでご留意ください。

***
『国民年金第2号被保険者が、配偶者を扶養にするときの手続き|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

***
『休職中の給与・手当金の各種手続き|庶務 総務のお仕事』
http://soum.boy.jp/keiri-teatekin.html
『雇用保険手続きのご案内|ハローワークインターネットサービス』
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_ …
『労働基準行政の相談窓口|厚生労働省』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/kijyunga …

***
『各種相談窓口|全国社会保険労務士会連合会』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person …

***
『「家族手当」とは、どういう意味ですか?|エン・ジャパン』
http://employment.en-japan.com/qa_1094_1010/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください
    • good
    • 3

>私が今の仕事を辞めてパートで年間103万円の所得に抑えるのか、このまま正社員で働き続けるのがいいか(正社員で働いていても年収の増加はほぼ見込まれません)、どちらのほうが得なのでしょうか?


そのまま働いていたほうが得です。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。
ただ、通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

なので、通常、おおむね160万円以上で働けば手取り収入は増えるし、厚生年金に加入なら将来もらえる年金の額も増えるので(今後、年金の仕組みがどうなっていくのかわからないということはありますが)、働けるのならそうしたほうがいいでしょう。
ご主人の所得の多さや手当1万円を考慮したとしても、おおむね年収180万円以上稼げるなら世帯の手取り収入は増えます。
    • good
    • 2

 まずは結婚おめでとうございます。


子供が出来るまでは今のまま仕事を続けて、妊娠して産休をとるときにやめるのが一番良いと思います。
それまでは二人でしっかり貯金しておいた方がいいです。
 子供が出来たら大変ですよ。その時にしっかり話し合われてください。
    • good
    • 0

単純に得かどうかは、社保料や所得税を引いた手取り金額と、夫の家族手当、年12万円との差額だけの問題です。


ただ、仕事量を減らす事による時間の余裕などは生まれますね。
また逆に、自身が社保に入らないと、出産手当金は出ません。出産しなければ意味はありませんが。また、傷病手当金も社保だけの保障なので、国保や配偶者の扶養に入った場合は出ません。
育休手当は雇用保険なので、週20時間を割るようでなければ出ます。短期間雇用だと対象外ですが。
    • good
    • 0

>私が扶養に入れば…



何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ税金のカテなので 1.税法の話かとは思いますが、税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
扶養控除は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

しかも、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
夫が会社員等ならその年の年末調整で、夫が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「配偶者控除」は、配偶者の「合計所得金額」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円未満なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>私の年収は280万(正社員)です…

9月で辞めて 200万ほどだとしても、今年の「合計所得金額」は 130万ほど。
38万はおろか 76万さえも軽くオーバーします。
どうあがいても今年の夫は「配偶者控除」もちろん、「配偶者特別控除」も論外です。

>夫の会社から毎月1万円の家族手当が…

それは、3. 給与 (家族手当) の話。
税金とは関係ありません。

>今の仕事を辞めてパートで年間103万円の所得に抑えるのか…

まず、税の話をするとき、「収入」と「所得」は意味が違うのです。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額 ( = 収入) から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

したがって、「年間103万円の収入に抑えるのか」の意味かとは思いますが、280 - 103 = 177万の減収です。
家族手当が年間 12万あったところで、165万の減収です。

>どちらのほうが得なのでしょうか…

あなた自身の所得税と住民税、夫の所得税と住民税、さらにあなたの社会保険料等を考慮しても、165万の減収を補えるのかどうか、ちょっと考えれば分かるでしょう。

これまで 280万もの給与をもらっていたとのことですが、そのうち税金や社会保険料で百何十万も取られていましたか。
他人に聞くまでのことでないですよ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

どう考えても、今のまま働き続ける方が良いかと。


旦那さんの配偶者控除や社会(健康)保険の扶養、家族手当を合計しても、差額の177万円には到底届かないからです。
それにあなたが厚生年金に加入していれば、将来貰える年金額も増えるというのもあります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年までは103万円未満で働いていましたが、来年から120万円ぐらい働

今年までは103万円未満で働いていましたが、来年から120万円ぐらい働こうと思っていますが、調べてみると損みたいに思ってきました、扶養手当は毎月5000円もらっていましたが、103万円を超えるともらえなくなります、教えてくださいよろしくお願いします、主人の年収は620万円ぐらいです。

Aベストアンサー

ご主人の年収が620万円くらいとのことですので、所得税率は10%。
所得税の配偶者(特別)控除の38万円が21万円になり、
17万円課税所得が増え、所得税は17000円増えます。
住民税率は10%で、同様に控除の33万円が21万円になり
12万円課税所得が増え、住民税が12000円増えます。

家族手当は5000x12=60000円の減。

質問者様自身の税金は収入が増えた分に対して、
所得税が5%、住民税が10%かかかり、
8500円+17000円=25500円
雇用保険料も0.6%、1000円程度増えます。

したがって差し引き世帯手取りは
170000-17000-12000-60000-25500-1000=54500円の増です。

時給が1000円で変わらないとすると、労働時間は170時間の増になり、
増えた労働時間に対しては実質手取り時給は320円程度で、
あまり得な働き方とは言えないかもしれません。

配偶者特別控除の年収103万円~141万円の間では、
普通、大雑把に言って30~35%の税金がかかります。
また、家族手当の減が6万円あるので、
余計に働いたわりには実入りが少なくなります。

ご主人の年収が620万円くらいとのことですので、所得税率は10%。
所得税の配偶者(特別)控除の38万円が21万円になり、
17万円課税所得が増え、所得税は17000円増えます。
住民税率は10%で、同様に控除の33万円が21万円になり
12万円課税所得が増え、住民税が12000円増えます。

家族手当は5000x12=60000円の減。

質問者様自身の税金は収入が増えた分に対して、
所得税が5%、住民税が10%かかかり、
8500円+17000円=25500円
雇用保険料も0.6%、1000円程度増えます。

したがって差し引き世帯手取りは
170000-17000-...続きを読む

Q正社員で働いてますが派遣で働きます

現在正社員として働き、月15、6万程度の収入があります。
いろいろ引かれて手取り11万くらいになります。
時間があるので、会社公認で派遣で働くことになりました。
派遣の給与は月24、5万くらいになりそうです。
保険類はこちらでは入らないことにしました。
(当然ですね^^;)

この場合、確定申告する際気をつけるところが何かありますでしょうか?

あくまでも副収入が派遣の方になるのですが、
派遣の方が収入が大きいので今まで経験したことがない状況になるので、何か勘違いしているようなことがあっては大変だと思い、質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気を付けることは無いでしょう。

交通費や経費を計上できるようになりますので、領収書やレシートを取っておくこと位でしょう。

Q103万未満で働くと夫の税の増額は?

以前、97万未満(私の市では)・103万未満・130万未満で働くと何が変わるかは教えて頂いたので、97万未満でと思ってたのですが無理そうなので103万未満と考えています。
それにより、私が市県民税(年額12000)を払う事になるとおもうのですが、夫の国保・市県民税・納税は増える事になるのですか?
納税額は申告の時、夫の収入で計算するので関係してこないと思ってるのですが、間違いでしょうか?
国保・市県民税は年額(地域で違うとはおもいますが)だいたいどれくらい変わりますか?  103万未満にすると、夫・私トータルでみると損しますか?
130万未満の場合でもお時間あればお願いします。
知識が無さ過ぎですので、分かりやすい言葉で簡単に教えて頂けるとたすかりますのでお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
扶養控除等申告書を会社に提出すれば、年末調整をやってくださるでしょうから、あなたは何もすることはありません。年末調整をやれば自動的に市役所の方へ回され、市民税も課税されるなら賦課通知が来ます。
会社で年末調整をやれば、税金は精算されますので出なかったり多ければ還付され、確定申告の必要はありません。
所得税も市民税も、年末調整でも確定申告でも、算出税額は同じです。

Q正社員で働いている場合の、副業の収入と税金、のことがよく分かりません。

タイトルの通り、今までに何度か回りが話しているのを耳にしたことがあるのですが、いまいちよく分かりません。

それと、今まで自分はアルバイトで働いていたため、他人事だと思って軽く聞いていたのもあるのですが。。。

この度正社員で働くことになって、副業で少しやりたい仕事があります。
在宅でやるつもりなので、どういう契約になるか?などは働く先によって変わってくるものなのでしょうが。

よく、自分の副業での収入がばれてはいけない(正社員での勤務先、また、国に?)と言いますが、
どのような場合にどういう風にバレるのでしょうか?

また、税金対策を副業の会社側にしてもらっているかどうか、などが関係してくるようだと思っているのですが、間違っていますか?
確定申告をするしない、しなければならない、なども分かりません。

とにかく全体がぼやけていて、よく分からないのでお願いします!

また、副業の会社と契約する時に、気をつけた方が良いこともあれば教えてください。
出す書類とかに関して。

それから、正社員で働いている会社にはもちろん、副業先にも、他で正社員でやっていることは話さない方がいいのでしょうか。

間違ったことを言っているかもしれませんが、一度はっきり知りたいので、お時間のある方、どうぞよろしくお願い致します。

タイトルの通り、今までに何度か回りが話しているのを耳にしたことがあるのですが、いまいちよく分かりません。

それと、今まで自分はアルバイトで働いていたため、他人事だと思って軽く聞いていたのもあるのですが。。。

この度正社員で働くことになって、副業で少しやりたい仕事があります。
在宅でやるつもりなので、どういう契約になるか?などは働く先によって変わってくるものなのでしょうが。

よく、自分の副業での収入がばれてはいけない(正社員での勤務先、また、国に?)と言いますが、
ど...続きを読む

Aベストアンサー

 No.4です。

>そもそも会社との契約書に、「他で仕事をしてはいけません」といった内容が書かれていないのですが。。。。
これはバイトしても良いってことなんでしょうかね。。。

 契約書だけではそうとは言い切れないと思います。主な事項しか書かれていないケースが多いからです。

 一番良いのは、会社が定めている「就業規則」や「労働協約」を確認されることです。

Q昨年3月まで個人事業主として事業を行い、その後は企業の正社員として働い

昨年3月まで個人事業主として事業を行い、その後は企業の正社員として働いています。

昨年末、勤め先の年末調整を行い、今度は事業所得の確定申告を行うのですが、ここで質問があります。

?年末調整を行った給与所得も確定申告しないといけないのでしょうか?
?年末調整の際、控除を行った生命保険などは、確定申告書に記載してはいけないでしょうか?

以上、ご回答の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末調整を行った給与所得も確定申告しないといけません。
確定申告とは「一年間の総収入を申告するもの」ですから、年末調整を受けてる給与を省くのは正しくありません。

年末調整の際、控除を行った生命保険などは、確定申告書に記載します。
一年間の合計所得に対しての税金を計算する上で生命保険料控除を受けますので、記載が必要です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報