gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

|k>=(1/√2π)∫dx・e^(ikx)|x>   範囲[-∞,∞]
と基底ケット|k>を定義する。この時、|k>が規格化直交条件を満たす事を示せ。ただし<x'|x>=δ(x'-x)__(1)と、(1/2π)∫dx・e^{i(k-k')x}=δ(k-k')__(2)の関係を利用してよい。

上の問題を解く場合、|k>のエルミート共役は<k'|=(1/√2π)∫dx'・e^(-ik'x')<x'| だから
<k'|k>=(1/2π)∫dx'・e^(-ik'x')<x'|・∫dx・e^(ikx)|x>
となり、計算すると<k'|k>=(1/2π)∫dx・e^(ikx-ik'x') となりました。しかし本当なら(1/2π)∫dx・e^{i(k-k')x}となって(2)式の関係を使って答えへ導くのだと思います。こういう時は勝手にx'→xとおいて良いのでしょうか。そもそもエルミート共役をとる時にダッシュ記号(')を付けて区別する理由がよく分かりません。また教科書は完全性条件では∫dx・|x><x|=1とダッシュを付けていないのに対し、規格化直交条件では<x'|x>=δ(x'-x)とダッシュを付けているという違いにもピンときません。

どなたかご教授お願いします。

A 回答 (3件)

siegmund と申します.


大学で物理の研究と教育をやっています.

> デルタ関数の性質より ∫δ(x'-x)dx'=1 だから (1/2π)e^(-ik'x')∫e^(ikx)dx
> ここでx'→xとおくと(2)式を使って答えになるため、こういう計算で良いように思えます。

ここらへんが間違っています.
任意の(適当に性質のよい)関数 f(x) に対して
∫dx f(x) = f(0)
がデルタ関数の最も重要な性質の一つです.
変数変換すれば
∫ dx' f(x'-x) = f(x)
です.
質問で f(x) に対応するのが
(1/2π) e^(-ik'x') ∫dx e^(ikx)
になっていますから
<k'|k> = (1/2π)∫dx・e^{i(k-k')x}
になります.
ここが間違っているので,積分したはずの変数が残るということになるのです.

> そもそもエルミート共役をとる時にダッシュ記号(')を付けて区別する理由がよく分かりません。

エルミート共役をとるからダッシュがつくのではなくて,規格化直交条件を調べるから片方はダッシュにして
区別しないといけないのです.
同じ基底ベクトルの内積は1で(今は連続バージョンだからデルタ関数ですが),
違う基底ベクトルの内積はゼロ,が規格化直交条件.
<k|k> では同じベクトルの内積しか調べたことになりません.
eatern27 さんのおっしゃるとおりです.

> また教科書は完全性条件では∫dx・|x><x|=1とダッシュを付けていないのに対し

こういう疑問を持たれるのは,多分線形代数の知識があやふやなのだと思います.
簡単に2次元平面に例を取りましょう.
x 方向の単位ベクトルを |e_x> = (1,0)^t,y 方向の単位ベクトルを |e_y> = (0,1)^t とします.
^t は転置を意味します.つまり上の |e_x> と |e_y> は縦ベクトル.
規格化直交条件は
<μ|ν> = δ_{μν}
ただし,μ,ν = e_x,e_y で δ_{μν} はクロネッカーのデルタ.
質問の話は連続バージョンなのでクロネッカーデルタがデルタ関数に化けています.

完全性の方は2次元平面の任意のベクトル A = (a,b)^t が e_x と e_y で表現できるということです.
実際,μ = e_x,e_y として
Σ|μ> <μ|A>
= |e_x> <e_x|A> + |e_y> <e_y|A>
= a |e_x> + b|e_y>
ですね.
質問の話は連続バージョンなので和が積分になっているのです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デルタ関数の積分が窓関数のようになってe^(-ik'x)が出てくるのですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2015/01/05 07:13

いや、私はexp(-ik'x')の項が消えてなくなるなんて事を言っている訳ではなく、一般論として積分変数が積分後に残る事はない、と言っていたのですが、補足を拝見する限り、exp(-ik'x')も(x'での積分の)被積分関数(の一部)になっているんだと言った方がいいのでしょうか。



つまり、一般には∫f(x)g(x)dx≠f(x)∫g(x)dxであって、xに依存する関数f(x)をxでの積分の外に出す事はできません。従って<x'|x>はxに依存するのでxでの積分の外には出せないし、exp(-ik'x')はx'に依存するのでx'での積分の外には出せません。


>この問題の解答はありませんが、別の本の似たような問題では普通に最後の方でx'→xやk'→kのように置いて答えへ導いています。
きちんと積分を計算すればx'にxを代入する形になるのであって、何の理由もなく「置き換えよう」などとやっている訳ではありません。

この回答への補足

>つまり、一般には∫f(x)g(x)dx≠f(x)∫g(x)dxであって、xに依存する関数f(x)をxでの積分の>外に出す事はできません
それは分かっていました。
ただ他の似た問題の解答では最後の方でうまくx'→xと置き換えていたので、∫δ(x'-x)dx'=1の部分だけでx'の積分を実行したことにして、最後にx'→xと置いてxの積分をすれば一応答えの通りにはなるので、こんな感じで良いのかどうか質問しました。
原点に戻って関数の積の積分で計算をしてみましたが、積分値が発散してしまうような気がします。具体的な途中計算式が欲しいです。

補足日時:2015/01/04 17:15
    • good
    • 0

><k'|k>=(1/2π)∫dx'・e^(-ik'x')<x'|・∫dx・e^(ikx)|x>


>となり、計算すると<k'|k>=(1/2π)∫dx・e^(ikx-ik'x') となりました。
この途中でx'についての積分を実行しているはずですから、x'が残る事はあり得ません。

>そもそもエルミート共役をとる時にダッシュ記号(')を付けて区別する理由がよく分かりません。
異なるk同士が直交しているという条件を考えたいと思っている時には、何らかの方法で区別できるように書かないと不要な混乱を招くだけです。

この回答への補足

前回に引き続き回答有難うございます。

途中計算で(1/2π)∫<x'|x>dx'・e^(-ik'x')∫e^(ikx)dx となります。<x'|x>=δ(x'-x)であり、
デルタ関数の性質より ∫δ(x'-x)dx'=1 だから (1/2π)e^(-ik'x')∫e^(ikx)dx
ここでx'→xとおくと(2)式を使って答えになるため、こういう計算で良いように思えます。なのでx'について積分はしましたが、ここでx'の部分(というかe^(-ik'x')の部分)が消えると答えに辿り着かない気がします。
この問題の解答はありませんが、別の本の似たような問題では普通に最後の方でx'→xやk'→kのように置いて答えへ導いています。特に条件や仮定もしていませんが、他の問題の解答のようにこの場合もx'→xとして良いのでしょうか。

補足日時:2015/01/04 14:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運動量演算子とエルミート演算子

証明の仕方が全くわからないため質問させていただきます。

運動量演算子が-ihバー∂/∂xであるとき、-ihバー∂/∂xがエルミート演算子であることを示せ。

上述の問題を解いていただけたら幸いです。
できれば詳しく論述もお願いします。

Aベストアンサー

A =-i∂/∂x として、

<f|A†|g>=<g|A|f>*=<f|A|g>

となることことを証明すれば良い訳です。ただし、hバーは定数なので省きました。それ故、f(x)とg(x)はヒルベルト空間に属する任意の関数として、

(1) <f|A|g>= ∫dx f*(x)(-i∂/∂x)g(x)

一方、

(2) <g|A|f>*= [ ∫dx g*(x)(-i∂/∂x)f(x) ]*

ですから、(2)を変形して、それが(1)に等しいことが言えれば証明終わりです。この証明は部分積分をすれば出来ます。ただしその時、f(x)とg(x)がヒルベルト空間の要素であるという条件から、積分の境界でそれらがゼロになるという事実を使います。

以上。

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。

Q変位電流ってなんですか!!!???

現在マクスウェルの方程式を勉強しています。

そこでアンペール・マクスウェルの方程式で、変位電流というものがでてきました。しかし、その教科書ではその名前のことしか教えてくれず、調べてもこれと言ったいいものがありません。

式の導出はいいから、結局変位電流ってなんなの?といった具合です。


教えていただけませんか?具体的にどういうものなのか、どういったときに見られる現象なのか?教えていただきたいです。

ちなみにいくつか調べた結果、変位電流は「実際には存在しない電流である」や「コンデンサで交流を流したときにでるものである」という情報を入手しています。


矛盾していて困っています。

Aベストアンサー

 平行板コンデンサーがあって交流電流が流れているとします。コンデンサーにつながる導線には電流(=電荷の移動)があり、導線の周囲には変動する磁場が生じます。コンデンサーの極板の間には移動する電荷が存在しないので電流がありませんが、では、極板間の空間(の周囲)には磁場は生じないのでしょうか。

 そこだけ磁場が発生しない、というのは不自然で、やはりそこにも磁場が生じるはずだと考え、磁場を生じる原因として電場の変化があると考えられたのだと思います。

 磁場を生じるので電流と同じ働きをするが、電荷の移動である普通の電流とは違う、ということで「変位電流」というような呼び方をするようです。
 ※なぜ位置の変化を表す「変位」という言い方をするのかは私にはよくわかりません。識者の回答を待ちましょう。

http://www.cqpub.co.jp/dwm/Contents/0083/dwm008301420.pdf

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Qテンソル積の計算を具体的に教えて下さい

|b><a| の計算方法は、わかります。
テンソル積|b>|a> の計算方法を調べてみて、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E7%A9%8D_%28%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%29
を読みましたが、|b><a| と違いがわかりません。
そもそも、テンソル積|↑>|↓> の結果は、状態ベクトルではないのでしょうか?
(例えば、系全体の状態=|↓>|↑>+|↑>|↓> と言う場合)
結果が行列なら、状態ベクトルではなく 密度行列と思うのですが、、、
|a>が縦ベクトル


で、|b>が縦ベクトル


の場合、テンソル積|b>|a>は、どうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1に対する質問として

>計算例、ありがとうございます。
1x3, 1x4
2x3, 2x4
と思いますが、これは 横ベクトル(1,2)と(3,4)のテンソル積
でよいでしょうか?
縦ベクトルの場合、
1
2

3
4
のテンソル積では、(1,2)*(3,4)T となり
1x3,2x3
1x4,2x4
で合っているでしょうか?

が通常の記法でいえば間違いです。

2つのベクトルA↑、B↑からテンソル積Cを作る場合、C=A↑◎B↑と記すとすれば(◎はテンソル積の演算)

演算上A↑は縦ベクトルB↑は横ベクトルであることが必要です。

(1,2)*(3,4)Tでいえば、(1,2)は横ベクトル、(3,4)Tは横ベクトル(3,4)を転置したものとして縦ベクトルです。よって(1,2)*(3,4)Tはスカラーしか作れません。2*2テンソルを作るためには縦ベクトル*横ベクトルであることが必要です。


人気Q&Aランキング