いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

塩野七海さんがアレキサンダー大王のセリフとして『戦闘とは、激動の状態である。ゆえに、戦場でのすべての行為は、激動的に成されねばならない』を引用していて有名ですが、これの出典をご存じの方がいましたら、教えてください。古代ギリシアの文献の、何かの文献だと思っているのですが、みつかりません。塩野さんの本の参考文献を見ればよいのでしょうが、それをする自由が制限されている身なのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答番号1,2のplapotiです。



森谷公俊『アレクサンドロスとオリュンピアス』ちくま学芸文庫

といふ本を見てゐたら書いてあつたのですが、これまでに挙げた文献以外にも、以下のものがあるさうです。ネット上に日本語訳がありました。そのうち詳細な註をつけて出版されるとのことです。

ディオドロス・シクルス『歴史叢書』「アレクサンドロス大王の歴史」
https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/kmoritan …
https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/shigaku2 …
https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/shigaku2 …

ほかにも、ヨセフス『ユダヤ戦記』『ユダヤ古代誌』、アイリアノス『ギリシア奇談集』、アテナイオス『食卓の賢人たち』、スエトニウス『ローマ皇帝伝』など、いろいろあたつてみたのですが、わかりません。
    • good
    • 2

回答番号1のplapotiです。

コメントを拝見し、熱意に驚嘆いたしました。偉人の名言とされる言葉には、「でつちあげ」が多く、ネット上には、ガセネタを真に受けての名言集サイトが乱立してゐます。ほたてやまさんの、出典確認の姿勢には、感心させられます。

もう1冊以下の書物も見たのですが、探し出すことができませんでした。

ポンペイウス・トログス ユニアヌス・ユスティヌス抄録『地中海世界史』合阪學訳 京都大学学術出版会
[ラテン語]
http://www.thelatinlibrary.com/justin.html

アレクサンドロスは有名人ですから、さまざまな書物で言及され、しらみつぶしに探してゆくのは、きはめて困難です。図書館で塩野七生さんの本を見てきました。回答番号1の3冊について記述してありましたが、質問文の言葉の出典については、記載がありません。塩野七生さん御本人にお尋ねになるのがいちばんだと思ひます。
    • good
    • 1

回答がつかないやうですので、塩野七生さんの著作をほとんど読んだことのない、アホが投稿します。

アレクサンドロスについて記述された古典文献といへば、主として以下の3冊だと思ひます。日本語訳の手持ちがあるので、該当しさうなところを開いてみたのですが、見つけることができませんでした。塩野七生さんが文献から引用なさつたのか、御自身の創作なのか、それすら私ではわかりません。何か判明しましたら、追加回答いたします。下記文献をもとに、検索上手な方が、見つけてくださることを希望します。

プルタルコス『プルタルコス英雄伝』「アレクサンドロス」井上一訳 ちくま文庫
[ギリシャ語]
http://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Per …

アッリアノス『アレクサンドロス大王東征記』大牟田章訳 岩波文庫
[ギリシャ語]
http://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Per …

クルティウス・ルフス『アレクサンドロス大王伝』谷栄一郎・上村健二訳 京都大学学術出版会
[ラテン語]
http://www.thelatinlibrary.com/curtius.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
この3冊の中でわたしも探します。
理想は元の言語の、この1行、という所まで
突き詰めたいものです。

言われてみれば、創作説もありますよね。
そして、大王の名言なんて、
どれも誰かの創作な気もします。
とはいえ今の目標は古典文献の記載の箇所なんです。

何か発見がありましたら、
ご連絡のほどよろしくお願い致します。

よろしくお願いします。

お礼日時:2015/04/24 15:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『アレキサンダー』にでている俳優さん

『アレキサンダー』に出ているとても美しい俳優さんの名前をだれかご存知ではありませんか?

ペルシャの王室の中にいた美青年でダレイオス追跡の旅にお供し、アレキサンダーのお世話をしたり、宴で踊ってアレキサンダー役のコリン・ファレルにキスをされたり、その美青年をコリン・ファレルが布団に誘うような場面があったりといった

あの美しい俳優さんの名前をだれかご存知ではありませんか?

Aベストアンサー

こんにちは。

自信ないのですが妖艶な美しい踊りを披露していた
バゴアス役の方のことでしょうか?

そうでしたら#1さんと同じくフランシスコ・ボッシュ(Francisco Bosch)さんだと思います。
今作がスクリーンデビューのようです。
振付師やらバレエダンサーという噂があります。

情報が少なく参考URLが#1さんと同じですがすみません・・・。

参考URL:http://www.imdb.com/name/nm1492209/

Qアレキサンダー大王が世界征服を達成していたら

”アレキサンダー大王が世界征服を達成していたら、地中海・近東・アジアにおいては「ヘレニズム的仏教」が世界の基軸思想となり「キリスト教」の出番は無かった。”
以上の様な言説をアーノルド・トインビー氏がしたらしいのですが、その「出典・著書」を何方かご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

'If Alexander the Great Had Lived On', in Toynbee (ed.): Some
Problems in Greek History (Oxford University Press, 1969):early steam engines are combined with early rail tracks to allow the Greeks to form a mighty empire.Arnold Toynbee considered what might have happened if Alexander the Great had not drunk himself to death in 323 B.C. at the age of thirty-three. … The world religion he envisions under a global empire ruled by a continuous succession of Alexanders is a hellenized version of Buddhism, highly plausible given the extraordinary similarity between the teaching of the popular Greek philosopher Pythagoras and those of the Buddha.

これじゃないかな 出典が
http://alternatehistory.net/discussion/showthread.php?t=60801
で、サイトが、もしかしたら、これもあった歴史かも というサイトなので、本当の出典にあたる必要がありますが、トインビーが書いているから、それもありだね、なんて感じで、トインビーの文章を引用しているので、これかも。

'If Alexander the Great Had Lived On', in Toynbee (ed.): Some
Problems in Greek History (Oxford University Press, 1969):early steam engines are combined with early rail tracks to allow the Greeks to form a mighty empire.Arnold Toynbee considered what might have happened if Alexander the Great had not drunk himself to death in 323 B.C. at the age of thirty-three. … The world religion he envisions under a global empire ruled by a continuous succession of Alexanders is a he...続きを読む

QAlan Alexander Milneの伝記

今学校の授業でAlan Alexander Milneについて調べています。
彼の伝記や年譜を見ると、「The house at Pooh corner」を出版した1928年から体調を崩す1952年までの間の詳しい記述がなかなかありません。その間の彼の動きについて、本の出版の有無に関わらず何か知っている方はいらっしゃいますか??
返答お願いします。

Aベストアンサー

英語版Wikiは参照されましたか? "1929 onwards"以下にかなり詳しく書かれていると思われますが、これではご不満ですか?
http://en.wikipedia.org/wiki/Alan_Alexander_Milne
日本語の年譜では次のようなものがあります。
http://www13.ocn.ne.jp/~m-room/milne-note.html

Qアレキサンダー大王の墓について

こんにちは。
アレキサンダー大王の墓についてお伺いします。

1.アレキサンダー大王はアジア遠征を終えた直後の紀元前323年バビロンにおいて熱病のため死去しましたが、その後同大王の遺体はどのように処理されたのでしょうか。当時エジプトではミイラ処理、ローマでは火葬、ペルシャでは風葬とさまざまな方法がとられていたようですが、同大王はいかなる方法によって埋葬されたか記録や伝承はあるのでしょうか。

2.大王の遺体は、バビロンからマケドニアに搬送される途上、部下のプトレマイオス将軍によって奪取され、エジプト・アレクサンドリアに移された後に陵墓がつくられたとされていますが、アレクサンドリアの具体的にどのあたりに墓が作られたのか記録や伝承はあるのでしょうか。

3.大王の陵墓の形状や大きさについて記録や伝承はあるのでしょうか。

4.大王の陵墓については、ローマ帝国のアウグストゥス帝やカラカラ帝が参拝したことが判明しているものの、その後の記録はないと聞きました。大王の墓はいつ頃誰によって破壊されたのか、現代ではどのように推測されているのでしょうか。

こんにちは。
アレキサンダー大王の墓についてお伺いします。

1.アレキサンダー大王はアジア遠征を終えた直後の紀元前323年バビロンにおいて熱病のため死去しましたが、その後同大王の遺体はどのように処理されたのでしょうか。当時エジプトではミイラ処理、ローマでは火葬、ペルシャでは風葬とさまざまな方法がとられていたようですが、同大王はいかなる方法によって埋葬されたか記録や伝承はあるのでしょうか。

2.大王の遺体は、バビロンからマケドニアに搬送される途上、部下のプトレマイオス将軍に...続きを読む

Aベストアンサー

1、マケドニア人の葬儀は土葬らしいです。死の間際にはマケドニア兵たちによる最後の別れが延々と行われていたようで、何の処理もされてないと思われます。葬儀はペルシャ流の喪の風習に従ったらしいですが、とにかく遺体をマケドニアの首都アイガイに運ぶことになったようです。詳しい記録はとくにありません。

2、アレクサンダー大王の墓は、複数あり、どれが本当かわからなくなったというのが実像です。プトレマイオス1世は320年に大王が神官からエジプトの正統な王と認められ地メフィスに最初の墓をつくりましたが、彼は後に自分の王国の首都としたアレクサンドリアに第二の墓をつりました。さらに百年後、プトレマイオス4世は、第三の墓を作り、その周りに歴代のプトレマイオス朝の王の遺体を集めて集団墓地にしたとされます。
その後、ローマ時代からその終わりにかけて、歴史が隔絶し、いくつもの間違った説が登場します。特にサン・マルコ教会の近くとか、ナビ=ダニエルのモスクと同じ場所という説などは、その後の歴史家を大いに混乱させ、このローマ後期の別の墓がアレクサンダー大王の墓だと信じれていたのです。1991年にアルバトルの墓がアレクサンダー大王の墓とする説が主張されましたが、このプトレマイオス時代の墓は時代的にはあうものの、碑文等がないので仮説は不明のままです。
ちなみにシリア砂漠のあるオアシスにある墳墓がアレクサンダーの墓だというような主張もあります。

3、アレクダンドリアの図書館には記述がある図書があったかもしれませんが、それらは失われています。

4、アレクサンドリアは度々、地震に襲われていて、また都市も荒廃しました。ローマが撤退して以後は、イスラムの侵出と、大型船の時代に合わない港湾設備のために交易も衰退し、誰かが壊したのではなく、忘れされれていったというだけです。また長年つかわれた都市というのは、時代を経るごとに古い時代の上に新しい町ができていきます。アレクサンダー大王の墳墓も地下墳墓とみられているので、上に別の建物ができたということです。

1、マケドニア人の葬儀は土葬らしいです。死の間際にはマケドニア兵たちによる最後の別れが延々と行われていたようで、何の処理もされてないと思われます。葬儀はペルシャ流の喪の風習に従ったらしいですが、とにかく遺体をマケドニアの首都アイガイに運ぶことになったようです。詳しい記録はとくにありません。

2、アレクサンダー大王の墓は、複数あり、どれが本当かわからなくなったというのが実像です。プトレマイオス1世は320年に大王が神官からエジプトの正統な王と認められ地メフィスに最初の墓をつく...続きを読む

Q影山ヒロノブが歌っている忘れかけた Fairy Taleって言う曲があ

影山ヒロノブが歌っている忘れかけた Fairy Taleって言う曲があるCDを教えてください。←これは仮面ライダーSDのEDでした。

Aベストアンサー

影山ヒロノブ エタニティ 20周年記念BOXというCDに入っています。

Qアレキサンダー大王は東へ

 意味のない質問かもしれませんがアレキサンダー大王は東へ行き次々と征服していきましたが西の方、つまり古代ローマの方には関心がなかったのでしょうか?

 その時代ローマよりも東方のペルシャの方が魅力があったとは思いますが西のローマの方も簡単に征服できたのではと思ってしまいます。なぜ東の方を選んだのでしょうか? 

 西にローマという国があったのは知っていましたよね?

Aベストアンサー

ローマの存在は知っていたでしょう。しかしイタリアは当時のギリシア世界から見れば、辺境、未開の地。対するペルシアはもともとギリシアの宿敵でもあり、ギリシアからみてもなお古代の文明を保つ先進国であったわけです。
またアレクサンドロスはマケドニアの王ですが、まず父王とアレクサンドロスの2代でギリシアを統一します。したがってこの後のペルシア征服は逆に見ればギリシア連合軍による第4次対ペルシア戦争なわけです。ただし今度は受けてたつのではなく、侵略ですが。

Q日本一チャラ男アレキサンダーて何者?

日本一チャラ男アレキサンダーて何者?

Aベストアンサー

現状は判りませんが、奥さんにお金を出してもらって自主出版のCDを作ってもほとんど売れず赤字、コンサートなども多分赤字だと思います。

Qアレキサンダー大王の目的は?

アレキサンダー大王の行動パターンは織田信長と通ずるように思いますが、彼は宿敵ペルシャに復讐する為にペルシャに侵攻しますが、ペルシャ征服後も進撃をやめずインドまで進んでいます。

この間に度々本国から増援を得て兵力の回復を図っていますが彼の飽くなき征服欲に部下の兵や指揮官の反乱が度々起こっているにもかかわらず、強圧的に鎮圧して進撃を続行しています。

勿論ペルシャ侵攻後次第に心境が変化したことは承知していますが、彼がそこまで進撃に拘った理由は何でしょうか?

単なる征服欲、病的な偏執狂だったのでしょうか?

Aベストアンサー

部下の兵や指揮官の反乱はアレキサンダーの「支配地との同化政策」にありました。

つまり、
「征服しに来たのか?征服されに来たのか?わからん。」
「勝利した旨みが無い。」
という非常に現実的な不平不満です。

一方、アレキサンダーを突き動かしていたのは
「世界は統一できる!」
という、古代ギリシア的な世界観でしかわからない「夢とロマン」であり、
軍事的天才、超人的強者というイメージだけでは捉えられない「別の理由」です。

むしろ「宗教的価値観と現実的価値観は別」と考えていた織田信長とは対極をなす人物だ、と思いますよ。

「私は冷たく湿ったエレメントから火へと突入しなければならない、インドへの進軍を行なわなければならない!」

この言葉の意味は参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.bekkoame.ne.jp/~topos/steiner/weltgeschichte/weltgeschichte4.html

Q英語:Alexander Popeという人の誌

お世話になります。
どうしても翻訳しなければならないものがあるのですが、下の詩の意味が分かりません。すみませんが、助けてくださいませんか。

Vice is a monster of so frightful mien
As to be hated needs but to be seen;
Yet seen too oft, familiar with her face,
We first endure, then pity, then embrace.

いろいろ調べてみて、どうやらAlexander Popeというイギリスの詩人の作ったものであることは分かったのですが、どのように翻訳して良いのかわかりません。
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Alexander Pope (1688 - 1744)の詩集に1711年に
書かれた『An Essay on Criticism』が有ります。

その中の『To err is human, to forgive divine』
過ちは人の~、許すは神の~とあります。

このような考え方を持っていることを前提に
且つ脚韻(mien seen, face embrace)を踏むために
faceに相当する文章語のmienを使い擬人法に留意すれば

悪徳は、見るからに恐ろしい顔立ちをしてる。
だから、一瞥しただけで、それを憎悪する。
でも頻繁に目にするので、それに慣れて
人は皆、初見の忍耐から憐憫へと
そして、ついにはそれを甘受する。

人は誰でも悪徳(短所)を持っているもの
それに目くじらをたてるより、それと共に
生きるほうが、良いとしたのではないでしょうか。

Q艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機..夜間戦闘機とはなにか?

第二次大戦中の軍用機の本を読んでいると、「夜間戦闘機」なるカテゴリの一群の飛行機についての説明に目が止まりました。

艦上戦闘機・水上戦闘機・局地戦闘機 などは名前からして大体の用途は想像がつきます。でも、夜間戦闘機なるものの定義がわかりません。これらの機体はナニヲモッテ「夜間」戦闘機なのでしょうか?

1)「何らかの夜間でも戦闘ができる装備」を持っている?
 強力なサーチライトやレーダー等?
 とてもそんな風には見えないけれど..
2)夜間でも離着陸できる工夫がある?
 飛行場の管制官と会話ができたり、グライドパスを確認できたりできる?
 戦争中にそんなのんきな事が許されるか?
3)夜目が効く乗員専用シートがあった
 そんなバカな... 

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>斜め銃と夜間戦闘と何の関係があるんでしょうか?

(B-29は爆弾搭載時でも1万m以上で飛行可能なので、例外ですが、)「B-17のような重防御の大型爆撃機相手の空戦の際には、前方に向けた機銃を装備した通常の戦闘機では、射撃チャンスが短く、昼間でも撃墜が困難であり、視界の悪い夜間は尚更である」と主張した、第251航空隊司令の小園安名中佐が、胴体に斜銃を装備した機体で、敵爆撃機の後ろ下方にぴったり張り付いて、敵機と(上下方向に)平行に飛行しながら、敵機を打ち捲くるために考案したものです。

昭和18年春、第251航空隊が『二式陸上偵察機』2機を現地改造して、後部胴体に斜め上方30度に向けて20mm機銃2丁を装備した機体で、同年6月、ブーゲンビルにおいて、B-17の夜間空襲を迎撃して戦果を上げたことから、『二式陸上偵察機』を三座から複座に改造した上で、斜銃を装備した機体に対し、丙戦(夜間戦闘機)『月光』と名付けて制式採用したのが日本における斜銃装備機の始まりです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報