経理です。EMSの仕訳で、消費税区分がわかりません。免税だと思うのですが、免税という区分がないのです…非課税仕入か不課税仕入を使用しても良いのでしょうか?使用しているソフトは財務応援です。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご指摘のように、国際スピード郵便(EMS)のような国際郵便の料金は、消費税法と消費税法施行令で「輸出免税等」が適用され、消費税は免税されます。



ですから、EMSを支払う時は、「財務応援」に「免税」区分がないのであれば、非課税仕入または不課税仕入のどちらかを使用して下さい。

消費税に関しては、不課税も非課税も免税も、消費税が課税されないという点では同じことなので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ありがとうございます!
どちらを使うか決めて継続していきたいと思ってますm(_ _*)m

お礼日時:2015/07/28 23:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東レのEMSマシーン 効果があった方いますか?

メーカー:東レアイリーブ株式会社の
EMSマシーン「トレリート」を
購入しようか検討しています。

現在使用中で、効果があった方がいらしゃったら
日々の使用法と感想を聞かせてください。

Aベストアンサー

 okyoaxe さん、おはようございます。スポーツトレーナーです。

 自社で医療器機ベースのEMSを輸入しています。

 EMSはFDAでは、医療器機用、一般用に分かれています。一般用の販売規制が発行されたようですが、医療器機用は元来のままです。

 cozycube1さんのいわれる様な「全く効果がない」と言うのは、すべてのエビデンスを検証され、すべての医療器機対象品をお調べになられた上ではないと言えないと思います。特定疾患向けのエビデンスもあります。


 その上で、
- スポーツアスリートに対して、専門のトレーナーが付いた場合には、効果が出ているとの発表があります。
- 一般的な健康状態の方の使用の場合は、ある条件下によっては効果があると考えられます。
- 要介護予防の方などには、必要な方法と思われます。
- 特定の疾患の場合には、効果が現れることが多いようです。輸入業者として、「効果がある」というのは、公正取引委員会に触れるので、例えそうであっても言えません。
 

 該当器機は分かりません。
 

Q<消費税区分>対象外・非課税は消費税や法人税の申告に関係しますか?

 以前勤めていた会社で税理士による消費税に関する指導を受けていたため、
消費税区分について不明なときは本や国税のHPで確認したり、
相手先での消費税処理の有無を聞くなどして仕分け伝票を起こしていました。

 現在の勤務先では消費税区分について曖昧でとまどうばかりです。

 課税については消費税の申告納付に関係するので正確に記載するべきだと思いますが、
非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

 徹底して調べていたことがあるだけに税区分は重要だと思っているのですが、
実務ではなあなあにされているものなのでしょうか。

Aベストアンサー

>>非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

説明を始めると膨大な量の説明が必要です。本当に理解したいのであれば、消費税法の専門書を読んでください。

ポイントだけいいますと、非課税と対象外を明確に区分する必要があるのは収益に関する取引のみです。つまり、売上や受取利息や雑収入などです。これは課税売上割合というものに影響するため、明確に区分する必要があります。

一方、費用に関する取引(仕入や支払利息や諸経費等)は非課税と対象外を区分する必要はありません。課税取引のみが消費税に影響する(仕入税額控除に影響する)ものですので、課税取引だけ集中して抽出します。

こういうことですので、費用に関する取引に関しては非課税と対象外の区分は結構なあなあです。

QEMSマシーンは効果あるのか

EMSマシーンを使っている方いますでしょうか?
ぜひ、効果を教えてください。
何ヶ月で何キロから何キロまで減ったというのが一番知りたいです。あとは、一日何時間使ったとか、毎日使っているとか。
20万弱程度のものと6万のもの、雑誌の後ろの方に載っている2万程度の低周波はどれも同じでしょうか?
一番高いものだけ効果があるのでしょうか?
以前流行った腹筋に刺激をあたえるのもどうなのでしょうか。
どうして筋トレではなくEMSで筋肉が増えるのか気になるので教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと整理してお話ししますね。
1.贅肉が減る効果があるか
これは、あります。実際、自分のぶよぶよなおなかが引き締まりました。ウエスト92が84になりました。
2.筋肉が増えるか
これもあります。みぞおちと脇腹の筋肉に硬い筋肉の塊が出来ました。
3.痩せられるか(体重が減るか)
これに関しては、たぶんNOです。歩く時間を長くした事(1日約1時間以上)と食事を減らしました(肉類と食事量を大幅に減らす)ので、この2つで体重が減ったと思います。ちなみに2ヶ月で4キロ減りました。
しかし、お腹周りがすっきりして4キロ痩せた事で仕事場や仕事先では、ちょー痩せたねといわれます。

こんな感じです。EMSを買わなくても、腹筋や背筋のトレーニングで筋肉は出来ますが、腹筋をやってると頭に血が上りフラフラになっちゃってあまり好きではないので、こういう機械を使ってますよ。

Q弥生会計・仮払消費税と仮受消費税の税区分について

当方、経理の初心者で、会社で弥生会計を使用しております。
仮払消費税の科目設定の税区分では「課対仕入」、仮受消費税では「課対売上」が設定されていますが、そもそもなぜ税区分が設定できるようになっているのでしょうか?
消費税に対して税区分の設定ができることの意味がわからず困惑しております。

たとえば、
仕入 / 買掛金
の仕訳において、仕入に「課対仕入」と設定してあれば、自動的に仕入の金額から仮払消費税が算出されることから、仮払消費税の税区分は「対象外」(つまりは不課税)としておけば良いように思うのですが、どうなのでしょうか?

社内の人間にも聞いてみたのですが、なぜ仮払消費税、仮受消費税に各々「課対仕入」「課対売上」を設定しているのか分からないとのことでした。

初歩的な内容かもしれませんが、ご教授いただけると幸甚です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

消費税の申告書の説明を読むとわかりますが、
仮受消費税-仮払消費税=申告納付消費税額 ではありません。
税込み売上金額÷1.05=消費税課税標準額(1000円未満切り捨て)
ア)消費税課税標準額×4%=消費税額
イ)税込み仕入額×4/105=仕入控除消費税額
ウ) ア)-イ)=差引納付すべき消費税額(100円未満切り捨て)
エ) ウ)=地方消費税の課税標準額
オ) 地方消費税課税標準額×25%=地方消費税(100円未満切り捨て)
カ) ウ+オ=納付すべき消費税等の額

消費税を正しく計算するためには1年間の税込み売上金額、税込み仕入金額が必要なのです。
弥生会計の計算ロジックはわからないですが、仮受消費税=課税売上、
仮払消費税=課税仕入としておかないと計算が正しくできません。
例えば、 売掛金 210 / 売上 200
              仮受消費税 10
と仕訳して、仮受消費税を不課税としてしまうと
システムとしては、おそらく
200÷1.05=190 と課税標準額を計算してしまいます。
仮受消費税を課税売上として集計すると
210÷1.05=200 と正しく計算されます。
仮払消費税についても同様です。
年間を通しての税込み売上金額、仕入金額を把握するために
「課税売上」「課税仕入」としておくのです。

仮払消費税、仮受消費税を不課税取引として処理するのは
決算時での仮払消費税と仮受消費税の相殺仕訳、未払消費税への振替仕訳等だけのはずです。

消費税の申告書の説明を読むとわかりますが、
仮受消費税-仮払消費税=申告納付消費税額 ではありません。
税込み売上金額÷1.05=消費税課税標準額(1000円未満切り捨て)
ア)消費税課税標準額×4%=消費税額
イ)税込み仕入額×4/105=仕入控除消費税額
ウ) ア)-イ)=差引納付すべき消費税額(100円未満切り捨て)
エ) ウ)=地方消費税の課税標準額
オ) 地方消費税課税標準額×25%=地方消費税(100円未満切り捨て)
カ) ウ+オ=納付すべき消費税等の額

消費税を正しく計算するためには1年間の...続きを読む

QEMSって効果ありますか?

この商品が気になっています。
http://www.torelete.jp/products/pro_001.html

こういうEMS機器は効果ありますか?

Aベストアンサー

どのような効果を期待されてるか解りませんが、低周波治療器と同じ類で血流をよくする事で筋肉の張りや凝りには効果的です。

Q免税事業者と課税事業者の買掛金の消費税と仕訳について教えてください。

免税事業者と課税事業者の買掛金の消費税と仕訳について教えてください。

免税事業者の事業年度の間に、数回、掛けで商品を仕入れました。

その合計金額がH20年度(免税事業者)期末で、例えば139,578だとして、
仕入/139,578/買掛金 (免税事業者なので税込処理ですよね?) 
の仕訳になっています。

H21年度(課税事業者)で一部(20,000)のみ支払った場合、
買掛金/20,000/普通預金
となるのですが、消費税はどのようになるのでしょうか?

また、仮払消費税を計上するときの
合計残高試算表を作成したとき、ちょっとわからなくなりました。

期末一括税抜処理の方法にしているのですが、
  借方|摘要 |貸方
×××|消耗品|△△(仮払消費税額)
      ・
      ・
      ・
20,000|買掛金|○○(仮払消費税額)

と、なるのでいいのでしょうか?

H21年度に別の掛けで購入した商品(10,000)があった場合、
その金額は貸方にきますよね?

すると、貸方欄には、
○○(仮払消費税額)+10,000でいいのですか?

それとも、
そもそものやり方が違っているのか・・・

合計残高試算表は、提出するものではないのでしょうが、
自分なりに納得しておきたいので、
よろしくお願いします。

独学で簿記をしているもので、
言葉が伝わりづらくて恐縮ですが、
できれば、わかりやすくご教示いただけると大変助かります。

免税事業者と課税事業者の買掛金の消費税と仕訳について教えてください。

免税事業者の事業年度の間に、数回、掛けで商品を仕入れました。

その合計金額がH20年度(免税事業者)期末で、例えば139,578だとして、
仕入/139,578/買掛金 (免税事業者なので税込処理ですよね?) 
の仕訳になっています。

H21年度(課税事業者)で一部(20,000)のみ支払った場合、
買掛金/20,000/普通預金
となるのですが、消費税はどのようになるのでしょうか?

また、仮払消費税を計上するときの
合計残高試算表を作成し...続きを読む

Aベストアンサー

>H21年度(課税事業者)で一部(20,000)のみ支払った場合、
買掛金/20,000/普通預金
となるのですが、消費税はどのようになるのでしょうか?

消費税は発生しません。
この部分の消費税は免税事業者であった時の139,578円の時に課税されてるからです。
ただ免税事業者であったため消費税を認識していないだけです。
もし前期が免税事業者ではなく課税事業者だった場合は仕入時に次の仕訳が起きます。
仕   入  132,932 / 買掛金  139,578
仮払消費税    6,646 /
一度消費税を認識しているのに支払いの時にまた消費税を認識すると二重になっちゃいますよね?

Q白筋を赤筋に…EMSは効果的ですか?

私は白筋が多いといわれた肥満体(男)です。
赤筋を増やすには有酸素運動が必要だとこちらの回答で検索しましてわかりました。
ウォーキングなどをしていくつもりですが、
EMSを併用すれば、さらに赤筋を増やして脂肪燃焼が可能でしょうか?

Aベストアンサー

ワタクシ,実は,EMSを毎日愛用しています。
EMS以外にも,1日60分ほど,ジムで汗を流しています。

EMSを使った目的は,なかなか筋肉がつきにく腹筋をつけて,痩せたように見せたいということでした。

使用し始めて早3カ月が過ぎ,赤筋がついたのかどうなのかは分かりませんが,確実に,腹筋がついてきました。それに,新陳代謝も良くなったように感じます。全く汗をかかなかったお腹に汗をかくようになってきたからです。

それに,体重や全体の見た目的にも,確実にダイエット効果があらわれています。

だから,ワタクシ自身は,EMSの効果は大きいと思いますし,これからも使い続けるつもりです。

あくまで体験談として。

Q経理実務の上での消費税課税区分のシステム入力について

経理担当者の方にお聞きしたいのですが、非課税と不課税は区別されて会計システムへ入力されていますか?

区別しなくても税額に影響はなく、申告の際の記入が若干不正確にかるという点に問題がある程度だと思いますが。

Aベストアンサー

経理担当者ではありませんが、少し書き込んでみます。

仕入や費用等にかかる課税仕入関係については、非課税でも不課税でも申告書の計算上も違いはありませんので、必ずしも区別されなくても良いと思います。

ただ、課税売上の方は、簡易課税であれば関係はありませんが、本則課税であれば、非課税売上と不課税売上は申告書計算上の取扱いもちがってきますので、きちんと区別すべきだと思います。
要するに、課税売上割合が95%未満の場合は、全額を仕入控除できずに、個別対応方式や一括比例配分方式により仕入税額を計算しなければなりませんので、この課税売上割合を計算する際、非課税売上は分母を構成しますが、不課税売上は分母を構成しないので、やはり区別する必要が出てきます。

もちろん、明らかに課税売上割合が95%以上であれば区別しなくても良さそうではありますが、「課税売上割合が著しく変動した時の調整」等の関係もありますし、申告書にも課税売上割合の計算を記載するようになっていますので、あくまでも本則課税であれば、売上に関してはきちんと非課税と不課税を区別すべきだと思います。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6401.htm,http://www.taxanser.nta.go.jp/6421.htm

経理担当者ではありませんが、少し書き込んでみます。

仕入や費用等にかかる課税仕入関係については、非課税でも不課税でも申告書の計算上も違いはありませんので、必ずしも区別されなくても良いと思います。

ただ、課税売上の方は、簡易課税であれば関係はありませんが、本則課税であれば、非課税売上と不課税売上は申告書計算上の取扱いもちがってきますので、きちんと区別すべきだと思います。
要するに、課税売上割合が95%未満の場合は、全額を仕入控除できずに、個別対応方式や一括比例配分方式に...続きを読む

QEMSマシーン ヒートビート・Xターボの効果

通販のディノスで販売されているEMSマシーン ヒートビート・Xターボを実際に購入して使用された方、効果の是非を教えて下さい。 購入を検討しているのですが、価格が8万円強で高額なので迷っています。取り扱っているのがディノスなので信頼性はある様な気もしますが、こういった類の商品は概してインチキが多いので判断できません。

Aベストアンサー

 ヒートビート・Xターボですね。
 私は購入を見送りましたが、知り合いは買ってみて効果があって良かったと言ってます。
 ただ、ヒートビート・Xターボを使うだけじゃ駄目なのだそうです。

 使った時間の分の数の2倍の回数の腕立て伏せ・腹筋・スクワットをして(ゆっくりがいいらしい)、それから使った時間と同じだけの時間ジョギングをしないと(これもゆっくりでもいいらしい)、効果が出ないそうです。

 その知り合いの話では、ヒートビート・Xターボで効果が出た人は、みんな、そうしたらしいです。そうしなかった人は逆に太ってしまったそうです。怖いです。

 もし、買う勇気を起こされたのでしたら、がんばってください!

Q中間決算での「仮受消費税」「仮払消費税」の仕訳処理

私の会社は期首が11月初めで期末が10月末なのですが、
「今年から中間決算を始める」とのことで今中間決算処理に追われています。

経理は初心者の私一人で過去の前任の方が作成したデータを参照しながら何とか日々の経理業務をこなしているのですが、この前見つけた仕訳が理解できなくて困っています。

その仕訳がこれです。

仮受消費税 15141666仮払消費税 15241414
雑損失    99748
仮受消費税 5178700未払消費税 5178700

「仮受消費税」のうち、(1)「未払消費税」に振替えられる部分と(2)「仮払消費税」と相殺される部分に分解されていますがこの仕訳は何を意味しているのでしょうか。
また「雑損失」はどういう意味の「雑損失」なのでしょうか。

前任の方は私が入社するのと交代で辞めてしまわれたので
詳細をご存知の方が周りにいません。

わかる方いらっしゃいましたらお教えください。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どないな目的で中間決算をするんかね?

中間申告目的とか株主向けとかなら、原則として期末と同様の処理をする必要があるで。他方、社内向けなら、会社で自由に決めてええ。

その仕訳は、消費税の申告書をつくって、それに基づき仕訳をしたものやろな。仮受消費税と仮払消費税は期中に積み上げておくものやんか。リクツではその差額を税務署に納めることになるけど、実際に納める金額(申告書の金額)はこれとピタリ一致するものではないんよ。せやから「仮」。

未払消費税は実際に納める金額やんか。雑損失は、仮受消費税と仮払消費税との差額と、実際に納める金額とのズレ。

今回の中間決算が中間申告目的とかなら、原則として同様の処理をする必要があるで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報