母親名義の土地があります。そこに既に家を新築しました。母が昨年亡くなりました。家の住宅ローンがあります。相続はしますが、土地の名義を私に変更しなければならないのでしょうか。しない場合に罰則がありますか。また、銀行にもそのことは言うべきですか。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    母親名義変更をする場合は、どの程度の費用が掛かるのでしょうか。だいたいの金額でもよいのですが。それと、業者に頼むのでなく、自分では大変面倒でしようかお分かりでしたら、お教え下さいませんか

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/01 18:05
  • どう思う?

    >銀行の方は住宅ローンに担保権
    土地が担保に入っているのではありませんが、家の住宅ローンを借りる時にどの土地に建てるかが発生しますので、母の土地に建てる時に同意書のようなものはあったと思います。ローンの一括返済を考えているので、その時に名義の変更をしていないと困ることはないですよね。ないとは思うのですが、土地は担保に入っていない訳ですから・・・・。でも少し心配なので。お教え下さいませんか。
    №5の方にも補足していることですが
    母親名義変更をする場合は、どの程度の費用が掛かるのでしょうか。だいたいの金額でもよいのですが。それと、業者に頼むのでなく、自分では大変面倒でしようかお分かりでしたら、お教え下さいませんか

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/11/01 18:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

税理士事務所(質問では相続税分野)と司法書士事務所(質問では登記・名義変更)に勤務するものです。



相続税の申告では、10カ月という期限があります。
相続税の基礎控除が下がっておりますが、昨年亡くなられたということであれば、改正前の基礎控除での計算となります。注意点としては、土地はその場所により評価方法が異なるということです。固定資産税の課税のための評価額とは異なりますので、ご注意ください。そのうえで、安易にどうせ売れそうにない土地などといって、評価はろくにないなどと考えていて、税務調査で課税される可能性もあります。無申告での追徴となると、本来の相続税のほかに無申告加算税や延滞税が加算されることとなります。試算などは必要でしょうね。

相続登記・名義変更についてですが、期限はありません。
ただ、未手続き期間が長くなるほど、相続の相続などとして、利害関係者が多数になることが想定されます。私の実家がそうだったのですが、祖父から父への相続の際に曾祖父名義の不動産があることに気付かないまま手続きを行ったため、曾祖父名義の不動産が未手続きとなってしまいました。私が気付いて手続きを行ったわけですが、祖父からの相続から数十年たってしまっていることもあり、当時の相続人がすでに亡くなり、相続人の相続人などの承諾や証明書類が必要となり、書類集めが大変だった記憶があります。
相続の相続となると、当時の相続人は事実上の放棄に理解を示していたとしても、手続き時の相続人がそのような考えと異なる場合には、権利主張されることもあるのです。
また、いざ売却したいとか、融資を受けたりする際の担保にしたいとか、目の前の道路の拡幅や地域の土地の整備などとなると、面倒なことも多いことでしょう。利害関係者が多くなれば、売却できない・担保にできず融資が受けられない、地域に迷惑がかかるなど、いろいろなことに影響されることでしょう。
私が司法書士事務所で働いており、顧客で放置していた相続手続きについてあわてて来訪されることもあります。面倒な手続きとなるほど、専門家としての報酬も多くいただくこととなります。また、子や孫が大きな負担を強いられるという事実もあります。

ですので、罰則はありませんが、放置期間に応じた自業自得の不利益を覚悟する必要があることでしょう。

手続き費用ですが、固定資産税の通知書に記載のある評価額の4/1000が法務局で必要となる登録免許税です。相続の相続などが含まれる複数代にわたる手続きであっても、まとめて申請できれば一回分で構いません。したがって、評価額がわからないと試算もできませんね。あとは証明書類などの添付が必要ですので、そちらの入手費用も必要です。

不動産登記は、司法書士(行政書士や税理士では対応できません。窓口となった場合には、外注として司法書士へ依頼することとなるでしょう)となります。弁護士も法令上扱うことは可能ではありますが、多くの弁護士は、登記分野まで取り扱うことはなく、外注に出されることが多いことでしょう。
司法書士は、あくまでも民間の専門家であり、ボランティアなどではありません。専門家としての報酬を求めることでしょう。報酬はピンきりとなりますので、信頼でき予算内の専門家を検討しましょう。

ご自身での登記ですが、法律上の原則は本人申請です。例外として第三者が行う場合に国家資格を持つ専門家でなければならないとしているのです。あなたが十分に勉強され、法務局へ何度も出向いたうえで、申請書類の作成・添付すべき証明書類等の入手などをおこなえれば、専門家への費用分安く済むことでしょう。

私が司法書士事務所に入所する前に実家の手続きを経験しましたが、基礎知識があるにしても、結構面倒で、それ相応の労力がかかったように記憶しています。
また、不動産という高額な財産の名義変更です。手続き先は法務局です。間違っちゃいましたと簡単に訂正もできませんし、本人申請で間違った場合の不利益などについては、自己責任です。専門家の利用が保険にもなりますので、検討をおすすめします。

法務局のHPなどで申請書のひな形なども用意されていますし、世の中情報が多いこともあり、相続人などが少なければ、ご自身で挑戦されることも否定はしません。

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:27

当面はしなくても問題はありませんが 最初の相続人が亡くなって 次の世代になったりすると 相続人の数が多くなって 名義変更のための書類(戸籍や印鑑証明等)集めが大変になります。


名義変更は個人でもできますし、昔と違って 登記所の係員が手続きや書類等を親切に教えてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:27

№5です。



>母親名義変更をする場合は、どの程度の費用が掛かるのでしょうか。だいたいの金額でもよいのですが
6~10万円くらいでしょう。
司法書士によっても違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:27

>しない場合に罰則がありますか


いいえ。
ありません。
そして、とりあえず今は特に困ることもありません。
ただし、未来永劫ずっとそのままというわけにはいきません。
たとえば、その土地を売りたいとなったとき、名義が変わっていなければ売れませんし、担保に入れたいとしたときもできません。
いずれ、相続登記が必要にあります。

貴方の代ならまだいいですが、子の代、孫の代までほうっておくと、相続人がどんどん増え、その人たちの印をもらうのに大変になります。
私は、遠い遠い親戚にあたる顔も名前も知らない人から、何代も前の先祖から相続した土地の相続登記をしていなかったらしく、印をほしいと言われたことがあります。
なので、すぐにやる必要もありませんが、貴方の代で相続登記をしておいたほうがいいでしょう。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:27

不動産の所有権移転登記をしなくても、罰則はありません。



なぜ罰則がないのか。
それは不動産の所有者が困るだけの話だからです。
今は「母から私が相続した」という簡単な話ですから登記も単純です。
あなたが死亡して誰かに相続されます。人は必ず死にますから、これは絶対にあります。
あなたの子が「面倒だ」と所有権登記をしないでおきます。
別に罰則はありませんから、大丈夫です。

いざ所有権登記がないと困る状態になったときが大変です。
銀行から金を借りるとか、他人の保証人になるとかで「この土地は私のものです」と証明しないとならないケースがあります。
「ややや、じいちゃんの母親の名義になってる」
「爺ちゃんの爺ちゃんの名義になってるぜ」
などとなると、相続人を調査して、その時点での遺産分割協議がされていたか確認をしていくことになります。
隣近所に親戚が全員集まってるというなら、まだ良いですが、「死んじまってるよ」「外国に住んでる」などが想定されます。
実印一つ押してもらえば良いだけの話になるのですが「そんなに簡単には行かねぇ」のが現実です。

そうすると「急いでお金を借りたいんだけど、所有権登記をする時間がかかるし、その費用も大金だ。」とか「私のものでいいですよと言う承諾書を貰うだけでも、手土産持って挨拶しないとあかん。遠い親戚で顔も知らんという人に頭を下げないと、所有権登記ができん」という話になってきます。

あなたが所有権登記をしないのは自由ですし、罰則もありません。
相続を原因にしての所有権移転登記は「さっさとしておけ」が多くの意見です。
後々に「あの糞ジジイ。名義変更登記してないまま、死んじまいやがって。費用が倍以上かかるぜ」と子孫に恨まれることになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:28

こんばんは。


相続登記はしなくても罰則とかはないと思います。
相続されるのなら相続税を支払って、固定資産税を相続人が支払うなら大丈夫なはず。

ただ、後々大変になるので相続と同時に変更しておいた方が楽だとは思います。
銀行の方は住宅ローンに担保権がついているなら報告した方がいいと思います。

参考までに…
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:28

本来、しなくてならないはずです。



しかし、友人は相続争いのため、相続する人が決まらなかったので、10年以上前に亡くなった父親名義の土地の名義を変更しておりません。
なぜか、既にいない父親名義で毎年固定資産税の納付書が届き、家族が支払っていますが、何も問題は起こっていません。

でも、これからマイナンバー制度が開始するとどうなんでしょうね・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:28

罰則がなければしないってこと?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの方々にお教え頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:2015/11/05 17:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親がなくなった後の、名義変更?(家+土地)他手続きは

父がなくなった時(母はいる)場合に、家や土地のことでどんな手続きが必要になるのでしょうか?
急いでやらないといけないことでしょうか?

参考に自宅(東京で一戸建て所有、土地は国有地を借りてます)
(相続、名義変更関係ですし、どんなこと、書類準備とか、どこに聞きに行くとかですね、)
この関係の知識はさっぱりなので、ご存知の方、わかりやすいサイトなど教えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 今回は名義変更(贈与?)ではなく、所有者が死亡されたことによる遺産相続の手続きということになります。
すでに回答がある事を実行すればよろしいです。
 基本的には妻が半分、残りを相続人が均等に分配するだけです。
いとも簡単な事なのですが・・、当事者同士ひざを突き合わせてじっくりお話することが先決です。
 そして遺産の分配をどのようにするかを文書(遺産分割協議書)にして、相続人それぞれの・・確か戸籍抄本と印鑑証明と実印を添えて最寄の司法書士さんに持っていけば法定で定められた手数料をお払いすると
すべて代理人として法務局で手続きしてれます。
 当方、遺産相続・土地贈与・土地売買に係わる所有権抹消の手続きなどでお願いしたことがあります。 とても簡単で親切にやってくれます。 

>急いでやらないといけないことでしょうか?
  特に急ぐ必要はありませんがいずれ必ずしなければならないことです。 今出来ないことは将来も出来るわけがありません。 人間というのはそういうものです。 わたしは急いでやるべきだと思いますよ。
 相続は必ずしも法定どおり分配しなけらばならないわけではないということを最後に申し上げます。
 

 今回は名義変更(贈与?)ではなく、所有者が死亡されたことによる遺産相続の手続きということになります。
すでに回答がある事を実行すればよろしいです。
 基本的には妻が半分、残りを相続人が均等に分配するだけです。
いとも簡単な事なのですが・・、当事者同士ひざを突き合わせてじっくりお話することが先決です。
 そして遺産の分配をどのようにするかを文書(遺産分割協議書)にして、相続人それぞれの・・確か戸籍抄本と印鑑証明と実印を添えて最寄の司法書士さんに持っていけば法定で定められた...続きを読む

Q土地を共有名義に変更した場合の贈与税は? 父名義の土地を自分名義に変更するか、自分・妻・娘・息子のう

土地を共有名義に変更した場合の贈与税は?

父名義の土地を自分名義に変更するか、自分・妻・娘・息子のうちだれかとの共有名義にしたほうがよいか下記の点で悩んでいます。
ちなみに、路線価は74,000円、敷地面積は136.18㎡です。

①土地を共有名義にしたときの将来的なデメリットは?
②妻などと共有名義に変更する場合、特例の計算表にあてはまるのか?
③共有名義にした場合の確定申告はそれぞれで行うのか?

Aベストアンサー

所有権移転の原因は何でしょうか。
売買、相続、贈与などがあります。
所有権者が今生きておられるならば、売買や贈与です。
一番の大前提が決まってないと、答えは出ませんが、とりあえず一つ言えるのは「兄弟姉妹の共有名義」は、いずれ所有権を一つにしないとめんどくさくてしょうが無くなります。
というのは、兄が家に住み着いていて結婚して子ができたとします。
それから、ずっと経って兄が死亡した時には、兄の所有権分だけが嫁さんと子に相続されますが、共有名義ですから、ウダウダになります。
 共有権者の誰かが金融機関でお金を借りようと担保に差し出そうとしても、共有者全員の承諾が必要です。
リンゴのように「等分に切って食べてしまえる」ものではないので、後々の処理はものすごく大変になります。その大変さを子孫に残して死んでいっていまう事になります。

相続が発生した時に「と、と、とりあえず法定相続分で遺産分割して、後で考えよう」と不動産を法定相続分で、つまり共有で所有権登記してしまうと、「後で考える」とした事を後悔することが、非常に多いです。

Q土地の名義変更手続きを個人でやることはできますか?

数年前祖父が亡くなり、その際現預金は母が、不動産はおじ(母の弟)が相続しました。最近になっておじから、その土地を私の名義に書き換えたいと言ってきました。理由はおじ夫婦には子どもがいないので相続させる者がいないこと、数年間寝たきりだった祖父の介護をした母へのお礼の気持ちだとのこと。そこで、この名義変更手続きをしたいのですが、田舎のことで近くに司法書士等おりません。すこし調べた範囲ではほとんど「複雑なので専門家に依頼しましょう」と書いてありましたが、遠くまで出かけていって見ず知らずの司法書士さんに依頼するのなら、もし可能であれば自分でやってみたいのです。何から手をつけていくのか等教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは、贈与をする不動産の登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書というものになりますが、
その現在事項証明書で良いでしょう)を、法務局(登記所)から取り寄せてください。
これは郵送でもできます(交付手数料は、必要な額の登記印紙を同封します)。
が、この請求には、土地なら所在と地番、建物なら所在と家屋番号が必要です。
住所とは違っていたりしますので、権利証などで調べてみてください。

謄本が取得できたところで確認です。
ちゃんとおじさんの(単独)名義になっているか、
そのおじさんの住所氏名は、現在のものと一致しているか(一致していなければ変更登記が必要です)、
抵当権などの第三者のための登記がされていないか、などです。
(別に抵当権などがついていても所有権移転登記はできます。
そういった負担が付いた不動産であることを、受贈者である質問者が確認する意味で、です)

問題がなければ、必要な書類などを用意します。
受贈者である質問者の住民票(正確には「住民票の写し」です)とハンコ、
贈与者であるおじさんの権利証(謄本を見て、それが有効な権利書であるか確認してください。
「所有権登記名義人表示変更」の登記済証は権利書ではありません)、
印鑑証明書(有効期限は3ヶ月)、実印、固定資産評価証明書(年度内有効)、
それから、登記原因証明情報として、
贈与があったことを証する書面(贈与証書など)です。

登記申請書の書き方は、次のリンク先を参照してください。
http://info.moj.go.jp/manual/1220/PAGE001.HTM
(オンライン庁は少ないので(全国で20庁程度?)こちらを)
印影(特に実印)は、はっきり判別できるように押してください。
不鮮明、ダブりなどでは再押印が要求されることになります。

登記申請書類の提出は、郵送でも可能になりました。
が、登記済証の受領に関しては、やはり管轄法務局へ出向かなければなりません。
また、補正(申請書、添付書類の不備など)があった場合にも、
法務局に出向かなければならないことがあります。

と、こういったことが必要になります。
結果的に時間と手間のかかる作業になってしまうかもしれませんが、
できないことではないと思います。


ちなみに、やっぱり司法書士に依頼を、とお考えの場合、
別にその不動産の所在地の司法書士に依頼する必要はありません。
たとえばおじさんが受けた相続登記に司法書士が関与していた場合、
その司法書士でもいいのです。
各都道府県に司法書士会もありますので、
そこで紹介してもらっても良いと思います。

まずは、贈与をする不動産の登記簿謄本(コンピュータ庁では登記事項証明書というものになりますが、
その現在事項証明書で良いでしょう)を、法務局(登記所)から取り寄せてください。
これは郵送でもできます(交付手数料は、必要な額の登記印紙を同封します)。
が、この請求には、土地なら所在と地番、建物なら所在と家屋番号が必要です。
住所とは違っていたりしますので、権利証などで調べてみてください。

謄本が取得できたところで確認です。
ちゃんとおじさんの(単独)名義になっているか、
...続きを読む

Q亡くなった父の土地 名義変更書類に関して教えてください。相続について

父名義の家があり、母の名義に変更し家の売却をすることになりました。
3人兄弟共に母とは不仲です。そのような事情から母の老後の面倒をみたくなく、売却資金を母の老後資金にあてることには兄弟全員一致で賛成です。
そこで、名義を母の名前にするために、住民票、印鑑証明、謄本を送ってと言われているのですが、母に自宅住所を知られたくないのです。
今まで母には散々迷惑をかけられてきました。やっと疎遠になり平和に暮らしていたのに、母に住所を教えることでまた家族に迷惑が及ぶのが心配です。何か良い方法はありましたら教えてください。

Aベストアンサー

遺産分割協議書の作成と相続登記だね。

合法的に行うなら、質問者や兄弟の方で遺産分割協議書を作成し、登記手続きを行う。
母が協議書を作成するので、質問者兄弟の住民票などが必要になるわけで、作成を質問者兄弟側で行えば母に住所等を知られる事はない。

①母に遺産分割協議書のひながたを作成させて、署名と捺印と捨印をさせて母の証明書類等と一緒に母の家の近くの郵便局留めで郵送させる。
②質問者兄弟が郵便局まで取りに行き、協議書に自分たちの署名捺印をして、必要書類を添えて登記所で相続登記。
③全て完了したら、遺産分割協議書の兄弟たちの住所の部分を表と裏から油性ペンで黒塗りして、差出人住所未記載で母へ郵送。
 できれば消印も母の近所の郵便局になるようにする。
 更に念入りにするなら、黒塗りする油性ペンで住所を書いておくとでまず確実に解読できなくできる。



これでOK。

Q土地の名義変更は どういう手続きをすればいいですか?

現在 97歳の祖母名義の土地に 家を建住んで10年です
名義を主人する事になりましたが
手続き
手続きにかかる資金
又は自分で手続きできるのかなど
教えていただけませんか?
後 固定資産税なども 200坪ぐらいですが
毎年 何月くらいに いくらぐらいひつようですか?
宜しくお願いします

Aベストアンサー

 不動産の登記名義が移れば100%税務署の知るところとなります。

 土地の購入代金はどうなさったのでしょう? どうやって資金を確保し、キチンとおばあさまに支払ったのかどうか、問い合わせが来ますよ。大丈夫ですね?

 登記は・・・ 最近やっていないのと、一昨年の12月頃でしたか制度がかなり大きく変わったんで私もよくは分からないのですが、素人でも可能なはずです。法務局(地方法務局)へ行くと、丁寧に教えてくれます。

 固定資産税なども、もともとの土地の評価額が分からないとなんともいえません。おばあさまの所へ請求が行っているはずですので、おばあさまか税務を担当していらした方にお尋ねになるのが一番簡単です。

 そのほか、不動産取得税がかかりますし、くどいですけど、代金を払わなければ、贈与と認定されて贈与税がかかります。贈与税は、「じゃあ、いらない」と言いたくなるほど高額だったりして・・・ (^o^;

Q親戚の叔父に亡き父の土地を譲りたいのですがまだ名義を母、兄弟へ変更していません。 叔父は姓が異なりま

親戚の叔父に亡き父の土地を譲りたいのですがまだ名義を母、兄弟へ変更していません。
叔父は姓が異なりますが父とは兄弟です。
自分達も財産を放棄したいので譲渡するときに掛かった金額は全て支払ってもらうつもりです。実際に手続きしようと思ったら誰かに頼むようになるのでしょうか?必要な手続き教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらが参考になるでしょう。

http://hikari-souzoku.com/souzoku-meihen/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%90%8D%E7%BE%A9%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AB%E3%81%8B%E3%81%8B%E3%82%8B%E8%B2%BB%E7%94%A8%E3%81%A8%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%92%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F

Q相続の手続きについて(遺産分割と土地、家の名義変更)

今月初めに父が他界し、特に大きな財産もないので、保険や相続についての手続きを自分なりに勉強しながら進めています。
相続人は母と私と弟の3人で遺言書もなく、基礎控除額以内で遺産総額がおさまりそうなので、相続税の申告はしなくてもよさそうなのですが、これから遺産分割協議書を作成しようと思います。
そこでいくつか質問なのですが、

1.父名義の20万円以下の預金がいくつかあるのですが、それについても明記しなければならないものなのでしょうか?また、これは1,000以下は切捨て表記にするのですか?

2.父の会社での財形 約900万円も遺産のひとつとして考えて協議書に明記するものなのでしょうか?(父は正社員として働いていた時に亡くなったので、会社で財形貯蓄がありました)

3.土地と家の名義を【土地:父→母、家:父、母半分ずつ→父の分を弟に】変える手続きは、素人がやるにはやはり難しいのでしょうか。また、登記し直すのに費用はどれくらいですか?

ちなみに、一通りの流れと必要書類は自分なりに調べてみて、うちの父は生まれた時から本籍は変わっておらず、引越しもしていないので書類もわりと簡単に集まるのかと簡単に考えてしまっています。
でも、本やネットを見てみると、行政書士さんに頼むのが懸命とあり、迷っています。
素人の質問で質問するには足りない言葉もあるかと思いますがよろしくお願いします。

今月初めに父が他界し、特に大きな財産もないので、保険や相続についての手続きを自分なりに勉強しながら進めています。
相続人は母と私と弟の3人で遺言書もなく、基礎控除額以内で遺産総額がおさまりそうなので、相続税の申告はしなくてもよさそうなのですが、これから遺産分割協議書を作成しようと思います。
そこでいくつか質問なのですが、

1.父名義の20万円以下の預金がいくつかあるのですが、それについても明記しなければならないものなのでしょうか?また、これは1,000以下は切捨て表記にする...続きを読む

Aベストアンサー

相続による所有権移転登記について、私は、自分でやリました。
私はたいしてできないけれど<下手な横好き?>とか、<好奇心が旺盛?>のような悪い癖がありまして・・・(汗)。

とりあえず、本屋さんで登記関係の本を買い、法務局の窓口に出向きました。そこの受付(おばさん)の方から、記入用紙(複写でした)の販売店から教えていただきました。そして、「役場の税務課に行って名寄せ帳を見て、土地・宅地などを確認し・・・。」と、一から教えていただきました。そして、遺産分割協議書、父の原戸籍・・など、自分なりに書き、準備して窓口に持って行きました。しかし、教えられたようにやったつもりですが、窓口のおばさんは、行くたびに、「ここはこうで、あそこはああで・・・。」という具合に、かれこれ、10回ぐらい法務局へ足を運んだかも(汗)。
でも、何ヶ所か訂正印を押して修正し、「これでよろしいでしょう。」と言って受理され、試しに登記簿謄本をとって登記された箇所を確認したときは<やったぁ!>と思いましたね。
登録印紙税で30万円以上かかりましたが、おそらく司法書士さんへ依頼するとさらにこのぐらいかかるのではないでしょうか(あくまでも推測ですが)。
なお、父名義の預貯金(遺産)は多少なりともすべて協議書に記載すべきと、私は思いますね。

確かに時間はかかります(素人ですので)が、ご自分でやられてみるのも面白いかも?と思いますよ。
そうそう、なくなった日から6ヶ月以内に<準確定申告>というものもありますよ。
ちなみに、私は平凡な小学校の一教師ですが、この登記関係であちこち出向き(法務局・役場・市役所・・・)、有給休暇を結構使いましたよ(笑)。

相続による所有権移転登記について、私は、自分でやリました。
私はたいしてできないけれど<下手な横好き?>とか、<好奇心が旺盛?>のような悪い癖がありまして・・・(汗)。

とりあえず、本屋さんで登記関係の本を買い、法務局の窓口に出向きました。そこの受付(おばさん)の方から、記入用紙(複写でした)の販売店から教えていただきました。そして、「役場の税務課に行って名寄せ帳を見て、土地・宅地などを確認し・・・。」と、一から教えていただきました。そして、遺産分割協議書、父の原戸籍・...続きを読む

Q父親名義の土地・家屋の相続(名義変更)について

認知症の父親が脳梗塞を発症して1年近く入院中です。

万が一の場合は法定相続人である母親と姉、弟(共に既婚)の了解の上で、長男である私が、母親を含めた家族が現在居住している土地・家屋を相続(名義変更)する予定でいますが、単純に口頭による「了解」だけで済ませるということでいいのでしょうか?。(既に了解は得ています。)

法的に必ず「遺産分割協議書?」を作成する必要があるのでしょうか?。

その場合相続開始の時点で、文字が書けない、痴呆が始まる等、母親の身体上の理由で、遺産分割協議書を作成することが困難になる可能性も否定出来ませんので、私が相続することを明確にさせておきたいと思っているのですが・・・。

世間のほとんどの世帯で「普通に長男が相続する」が当然のように行われているのではないのでしょうか?。

※ちなみに父親の財産としての土地・建物の固定資産税評価額は100万円以下、現金については預貯金等が数十万円程度あるのみです。

ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO2です。

 生前贈与の契約が認知症・脳梗塞だからできない・・ことはありません。

 ぶっちゃけた話し、契約書は代筆と押印で作成すればいいのです。

 痴呆症の方の契約が有効となるかならないかは、その契約について
 無効であると主張する人がいるかいないかが問題になります。

 質問者様以外の法定相続人となる方々が、異議を述べない限り、
 契約は有効となります。

 世間的には、家長となるべき人が居住の目的となっている不動産を
 相続するのが一般的ですので、前段で述べました通り、質問者様
 以外の方が、後からグダグダと意義を述べないように念を押しての
 生前贈与の手続きが必要と思われます。

Q土地の名義変更の手続きについて

両親が他界し、兄弟4人が土地の相続をしていません。
その段階で土地が公道になるということで、兄弟全員の実印と印鑑証明などが必要になると思われます。
その際、長男側から充分な説明を行われず、土地が公道にかかるから、実印を借りたいと言われ後でちゃんと説明があると思い、実印を貸せたそうです。本人の実印だけを貸せた場合、売買契約書のサインは長男が行い、印鑑証明も長男が取り提出した場合、後からその契約を無効とすることが出来るのでしょうか?もし出来るとしたら何年前までさかのぼり無効とすることが出来るのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

3人そろって、無効を主張する必要はありません。民事訴訟法上、無効の主張(無効確認の訴え)は、共同訴訟人(兄弟)の一人からでも無効は主張できるのですから、固有必要的共同訴訟(全員でしなければならない訴訟)ではありませんので、誰がしても無効ですから、一人からでも出来ます。それから、基本的に、契約書の真偽は、特に筆跡を重視するような特段の事情が無い限り、通常、印鑑と印鑑証明書が正当ならば、正当に成立したものとされます。つまり、印鑑と印鑑証明書が正しければ、取引相手は筆跡が違うからと言って、契約が成立していないとは思わないからです。筆跡は似ている場合もあり、それにより真偽を判断する事は危険だからです。それだけ、印鑑と印鑑証明書は取引には重要なものなんですよ。ですから、いくら親兄弟であっても、使い道をキチンと聞かないで、実印や印鑑証明書を渡すのは、後でトラブルの原因となりますので、絶対に慎むべきです。

Q相続 母親の内縁の夫が7年前に入籍で氏名を変え去年母が亡くなり母の財産を搾取されて困ってます

去年の11月に母親が糖尿病の合併症で60歳で亡くなりました
母の再婚相手(おっさん)は10年以上内縁の夫でいましたが7年程前に私長男に何の相談も無く妹夫婦に婚姻届のサインを申し出してある日突然こちら側の苗字を名乗り、私長男夫婦がなぜこちら側の苗字にと聞くとおっさんはお前たちに関係ないと逆ギレするので母に聞くとええねんだけしか言わずでしたが
亡くなる前には何で籍を入れたのだろうと母は嘆いてました。そして母が19年前に私に家を建てるのだったら母側の父(おじいちゃん)の土地に家を建てたらと言われ建てました。工事が進むに連れてある日突然母親が私たち夫婦も一緒に住む条件でおじいちゃんはこの土地に家を建ててもいいと言ったと言いだし私は断りましたが、半ば強引におっさんと母は住み当時は言い返せず今に至りまだ母が亡くなった後もおっさんは住んでます出て行ってほしいと言いいましたが1年後に出るからとごまかします
多分1年後も居そうなのでどうにかしたいです。切れると息の根とめてやると暴力を振ったので警察も呼んだことがあります私がやり返すと多分死んでしまうと思うので警察にお願いしました。
今思えばおじいちゃんが母親たちと同居したら建てていいと
母親の言ったことを鵜呑みにしてしまい おじいちゃんが本当にそういうことを言ったのか聞けず母親に騙されたのかと思います。おじいちゃん側にも母が違うことを言ってたんだろうなと思います
今思えば当事母達が住んでいた家の隣人に嫌がらせされて、おっさんがキレて自分の家から隣の家に壁ドンし穴を開け壁を壊したりしてました
おっさんは昔車を購入したが支払えず買った所に置き逃げする様な人なので住宅ローンが通る身分では無いので母が私長男に家を建てさせ家だけが長男のもので住宅ローンを長男が支払いしている状態です。土地はおじいさんが亡くなったので母のものになりました。それと1千万円通帳の相続がありましたが母が生前おっさんに見つかったら、盗られて会社辞めるから隠してると言ってました
母親が入院中おっさんが通帳を見つけて母の看病を理由に退職しました。
まだまだ話は聞いていただきたいのですが本題は
おっさんは通帳を相続するのでお前達で土地を分けたらと言います
私はいくら残ってるのと聞くと入院費用でだいぶ使った領収書はあると言うが見せてくれずとりあえず話を切り替えて逃げます
私にしたら何でおっさんの物でも無く他人のお前に何故指図されなくてはいけないのかと腑に落ちません挙句の果てにはお前の親父に聞けとか意味不明なことを言い話をそらすのに必死です
やはりこちら側の氏名を名乗った以上戸籍上は夫なので相続権は発生するのでしょうか
また噂でおっさんの田舎に船の修理費用を出したと聞きました
また母親名義で買ったスペーシアも相続の対象なのに勝手に名義変更したようです通帳も名義変更できたのか、銀行はストップしなかったのが不思議です
もう遅いのですが弁護士にお願いしないといけないのかなと思いますが
こんな複雑な内容をお願いしたら費用はいくらかかるのか 土地30坪約800万円と残った通帳の財産で弁護士に相談する内容じゃ無いのかなと思い泣き寝入りなのか弁護士の諸経費をかけてまでのかちのある財産内容なのか踏み切れません窃盗罪で出したいくらいですが家族のことと母もいないので無理だと考えてます 親戚と妹はもう電話にでません係わりたくないのでしょう
アドバイスをお願いいたしますパソコンに慣れてないのと教養のない文章で申し訳ないです

去年の11月に母親が糖尿病の合併症で60歳で亡くなりました
母の再婚相手(おっさん)は10年以上内縁の夫でいましたが7年程前に私長男に何の相談も無く妹夫婦に婚姻届のサインを申し出してある日突然こちら側の苗字を名乗り、私長男夫婦がなぜこちら側の苗字にと聞くとおっさんはお前たちに関係ないと逆ギレするので母に聞くとええねんだけしか言わずでしたが
亡くなる前には何で籍を入れたのだろうと母は嘆いてました。そして母が19年前に私に家を建てるのだったら母側の父(おじいちゃん)の土地に家...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問が感情的なこともあり、わかりにくい部分がありますが、書かせていただきます。

母親がその男と婚姻したことにより、その男はあなた方の義理の父親(継父)という扱いとなるでしょう。
その男は、母親の夫、配偶者なわけですから当然相続権は発生します。
しかし、配偶者といえども、相続人全員の了承がなければ、相続財産を自由にすることは認められません。ただ、預金口座が凍結されておらず、暗証番号を知っていてカードで引き出すことは可能となります。

相続人は、法律上の法定相続分というものがあったとしても、優劣はありません。ただ、財産の内容を知っている配偶者などが強い立場になりがちではあります。

以前私は、祖父の相続の際に同居していた叔父が使い込みをしている疑いを感じ、相続人である私の親の了解(委任)に基づき、預貯金などの財産を調べ上げたことがあります。
調べることは、相続人ほとり一人の権利ですので、何の問題もありません。
金融機関の凍結を安易に考える人がいますが、金融機関が預金名義人が亡くなった事実を手続き上確認しない限り、簡単に凍結することはありません。ですので、あなたがたが預金のありそうな金融機関において、相続人として亡くなった親の取引の有無の調査や残高・取引履歴などの確認をすることは認められます。この手続きを行うのには、母親の戸籍などにより亡くなった事実やあなた方が相続人であることの確認を行いますので、これにより預金は凍結されることとなります。

口座の解約等には、相続人全員の実印の押印が必要となります。凍結させてしまえばよいと思います。さらに使い込みが法定相続分を超えるようであれば、残りのすべてをあなた方が相続することも可能でしょう。法定相続分を超える使い込みの部分は、当然あなた方は請求する権利もあることでしょう。

弁護士の敷居を高く感じているようですが、弁護士はほとんどすべての法律事案において代理行為の出来る法律専門家です。裁判などとなった場合には強い見方かもしれませんが、裁判まで求めないとなれば、弁護士への依頼までは不要かもしれません。遺産分割の法的措置としては、まずは話し合いである調停です。調停では弁護士がいなくても進めることは可能です。審判や裁判となっても、知識さえあれば弁護士なしでの対応も可能でしょう。

私の身内で争いとなった際には、まずは司法書士へ相談しました。
司法書士は、不動産登記などが中心と思われがちですが、裁判書類作成とその相談も対応が可能です。相手との交渉などはできませんが、法的なアドバイスは可能でしょう。
私の身内の際には、相手方は弁護士を付けての理論武装をしてきましたが、私の身内は法律上の原則論のみの権利を求めているだけであり、相手方が無理難題を言っているだけであったため、司法書士の用意した書類とアドバイスに従って調停などを進めることで、相手にすべてを認めさせることができたようです。

あなた方の家に住んでいることについては、別途考える必要があります。
家があなたの名義であったとしても、土地は、まだあなたの名義ではないでしょう。土地の名義などもあなた方にしたうえで、出て行ってもらうための法的な措置を専門家のアドバイスで行動すべきです。
暴言や暴力などがあれば、すべて記録に残しましょう。家庭内暴力(DV)として警察の助けを得ることにつながります。警察も証拠がないと動きにくいですからね。
大きなけがの場合には、診断書などを出してもらえるように病院で治療を受けることも重要です。大きなけがであればあるほど、暴力をされたときに警察を呼ぶことが重要です。
DVの被害として警察が納得できれば、あなた方があなた方の家から追い出されることはないでしょうから、その男を追い出すことが可能となるでしょう。
ただ、男の復讐などにつながる恐れがありますので、防衛は十分に行いましょう。自宅は警備会社と契約して守り、あなた方家族は防犯ブザーや防犯スプレーなどを持ち、明るい道を歩くことです。

最近は弁護士保険というものもあります。
保険ですのですでに発生した事案は対象となりません。
ですので、相続としては取り扱いはできません。しかし、その男の暴力などについては対応が可能かもしれません。行動をする前に保険に加入しておけば、暴力などであなた方を押さえようとする男の行動次第では、弁護士による刑事事件などとして対応してもらえるかもしれません。

相続は、多くの人が思っている以上に労力も時間もかかるものであり、感情が強いほど争いが強くなるものです。弁護士以外への相談も視野に入れ、検討されるとよいでしょう。

ご質問が感情的なこともあり、わかりにくい部分がありますが、書かせていただきます。

母親がその男と婚姻したことにより、その男はあなた方の義理の父親(継父)という扱いとなるでしょう。
その男は、母親の夫、配偶者なわけですから当然相続権は発生します。
しかし、配偶者といえども、相続人全員の了承がなければ、相続財産を自由にすることは認められません。ただ、預金口座が凍結されておらず、暗証番号を知っていてカードで引き出すことは可能となります。

相続人は、法律上の法定相続分というも...続きを読む


人気Q&Aランキング