すみません。宿題なんですが、

・定滑車の1方の端をAさんが、他方の端をBさんがつかむ。
・2台の体重計にAさん、Bさんがそれぞれ乗る。
・2人が体重計に乗ってから、Aさんがロープを下向きに引く。

これで、Aさんがロープを引いたら、引く前と比べてAさんの体重計の値もBさんの体重計の値もどちらも小さくなるそうなんですが、何故ですか?

A 回答 (6件)

定滑車の両側に、最初からぶら下がっているとしたら、どうでしょう。

2人の体は浮きますよね。(同じ体重じゃないと、動いてしまいますが・・・)つまり、二人共、体重は0になります。

この極端な状態を考えると、滑車に両側が引っ張らられることで、体重が減ることが容易に想像できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
かなーり、わかり易いです!

お礼日時:2015/12/30 18:12

当たり前でしょうが!


Aが引っ張るんだから、Bは上の方向に力を受ける・・・Bの体重計はより小さい値を示す。
Aは、ロープからの反力で上の方向に力を受ける・・・同上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
でも、いきなり怒鳴らなくても、いいと思いますが。。。
反力って、反作用のことですか?引っ張る力の反力だったら、同じ大きさ・反対方向になりますよね。
んー、よくわかりません。

お礼日時:2015/12/30 18:16

#1 の訂正 



**********************************************************
これが成り立つ特殊な例を想像しました。

☆ ⑴ロープが短くて、AもBもロープにぶら下がった状態になって、つり合いがとれている場合。
   つまり、AもBも、バランスをとりながらも、両者共に、体重計からは、引き上げられる場合には、両者ともに、体重計に示  される重さの量は、減ることが考えられる。

★ ⑵Aの体重より、Bの体重が重く、Bの引く力とBの引く力が同じ場合、最初、AがBを引き上げた瞬間は、Bの体重計は、上に  引き上げられるので、その重さを示す量は減ることが考えられる。
   但し、その場合、一旦は、Bを引くためにかかった重力により、Aの体重は重くなるが、その後、Aが同じBの体重とBの引く  力により、体重計にかかる重さを減らす程に、Aが引き上げられ、場合には、結果、体重計にのっているAの体重の量は、一時  的に、Bの押し戻す力により、減ることも考えられる。但し、最終的にバランスがとれる状態になった時には、Aの体重が、B  より軽い場合には、Aは重くなると推測される。従って、この問いに対して、Yesとは良いがたい。

★ 但し、以下のような場合にも、体重が軽くなることはないと考えました。

  ① 上記⑵で、最終的にバランスがとれた状態。

  ② 単純に、両者AとBが、体重計にのったまま、上に引き上げられることなく、つり合いがとれている場合。

  ⓷ Aが、体をロープで縛る等、何らかの形で体重計から上に引き上げられる状態にならない限り、Aが軽くなることはないと    考えます。

  ④ 仮に、Aが自分自身を引き上げるように、以下のような仕掛けを作ったとしても、Aにかかるひっばる力には変化がありま    すが、体重そのものは、体重計から上に、Aの身体が直接引き上げられる以外には、引く力が加重され、体重計の体重     は、重くなることはあっても、軽くなることはないと思います。

 つまり、具体的には、以下の通りです。

 定滑車が、Bの上に、大きな定滑車が1台(ィとします)、イと同じ高さで、Aの頭上に大きな定滑車ロがあり、その下に小さな定滑車ハがあるとします。

Bは、Bの上の定滑車の下で、ロープの端を持ち、Aに引き上げられる時には、Bは、真上に引き上げられるようになっている。

Aは、異動する箱の上に体重計を載せて、その体重計の台にのっている。

Bのロープを、まず、ィの定滑車にかけ、そのまま、Aの上にあるロの定滑車にかけ、さらにAがのっている移動する箱に通し、さらにその紐を、Aの頭上にあるロの下の小さなハの定定滑車にかけ、その端をAが下に引っ張る。

   定滑車 ローーーーーー定滑車ィ
| |
  | ハ\ |
| /   \ |
[____A____]      B


定滑車の場合、Aの引っ張る力は、Bを引っ張られる力と同じ。

但し、Aが、自分の体重を引き上げる時には、Aがのっている箱が動滑車の役割を果たすので、Aにかかる力が軽減する。その軽減した力と同じ力で、Aは、ロープの端を下に引き下げるので、結果、

従って、Aの力は、Bを引き上げる時と同じ力がまず加わる。
次に、もう一つの定滑車を使用して、Aが自分を引き上げる時には、2本のロープにぶら下がるような格好になるので、Aの引き上げる力は、(Aの重さ+Bを引き上げる時の重さ)×1/2 
 但し、大事なことは、これは
 『Aの引くための力の量(重さ)の変化のことであって、Aの体重の変化を示しているわけではありません。』

 ですから、箱ごと、自分の体が上に移動したとしても、箱ごと移動している間、Aは、体重計から上に、Aの身体が引き上げらる状態が発生しない限り、体重は、Bを引き下げる力の影響を受けて、重くなったとしても、軽くなることはないと思います。

 #1では、忙しさのあまり、よく考えずに答えてしまい、間違えました。ここにお詫びして、訂正します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何回もありがとうございます。
とても詳しくありがとうございます。よーく考えてみます。

お礼日時:2015/12/30 18:14

何故か、といえば、滑車が天井からぶら下がっているとして、天井が「ぎしぎし」と下に引っ張られて体重計の減った分の重さを支えりからです。



もし、天井から滑車を吊るしたところに「バネばかり」を設置すれば、2つの体重計で減った分の重量が、この「バネばかり」で増えます(「もともとの滑車の重量 + 2つの体重計で減った分の重量」となる)。

もし、弱い天井なら、ドスンと抜けて、滑車が落ちて、また2つの体重計は元に戻って増えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
天井が引っ張られる力は、滑車の重力+Aさんが引っ張った力になるんですかね。

お礼日時:2015/12/30 18:09

どちらもロープの「張力」の分だけ


体重計の値は小さくなります。

「何故」かというと、ロープで引っ張られるから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、張力の分、軽くなるのですね。ちょっとわかったような気がします。

お礼日時:2015/12/30 18:07

Aさんの体重をα Bさんの体重をβ α<βとします。


定滑車ですから、そのままの時には、Bさんの引く力はαになります。

しかし、Aさんは、体重計に乗っています。
ですから、少なくとも、Bさんに引き上げられた分は、減ります。
 
つまり、Aさんの浮いた場合の重さをɤとすると
求めるɤは 1/2α≦ɤ<α ∵引き上げられるか浮いた状態で釣り合っていると考えられるから。

しかも、αよりβが重く、1/2α≦ɤ<αと釣り合うので、

∴ベータも軽くなると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。
んー、難しいです。しっかりご回答を読んで、よく考えてみます。

お礼日時:2015/12/30 18:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動滑車と定滑車

図を書けないので、少し伝わりにくいと思いますが、宜しくお願いします。
問題:定滑車と動滑車を組み合わせて、30kg重の物体を空中で静止させるためにAに加える力として正しいのはどれか。
答え:10kg重

図は、30kg重の荷物から定滑車と動滑車に紐が2本でていて、定滑車の方の紐の一端は、動滑車をを吊り上げています。また、動滑車のほうの紐の一端が力を加えるAになっています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ひもの重さが0ならば

一本のひもにかかる張力はどこでも同じです

したがって滑車の両端(2本のひも)にかかる張力は同じで、さらにつりあいの関係より、

滑車を支える1本のひもにかかる力はその2倍です。

         ___  10kg
 20kg--○___  10kg
  
という関係です。

これをもとに、図の中のひもにはたらく力を書いてみてください。滑車の重さが0の場合はこれで解けます。

A2さんの図を借用しますと、滑車の両側の力はそれぞれの滑車で同じ大きさということです。動滑車のひもの力をFとしたら、定滑車のひものちからは2Fです。

滑車の重さがある場合には滑車にはたらく重力の大きさに対応する矢印→も書いて 滑車やおもりについてのつりあいの式を作ればいいです。(張力も矢印で表してください)

この問題の場合はおもりのひものうち、定滑車のほうが20kg、動滑車の方が10kg、したがって引っ張る力が10kgとなるはずです。

Q動滑車と定滑車を1つずつ使って自分を持ち上げる

東京書籍の新編物理IP163の3で、自分自身を持ち上げる問題がありますが、
持ち上げる力が3分の1になる理屈がわかりません。
どなたか解説していただけますか>

Aベストアンサー

問題図を付けていただけると、適切な答を得られるはずです。(百聞は一見にしかず。)
想像するに図のようになっているのでしょう。
そうすると図に示した1単位持ち上げるには、その間にある3本をそれぞれ1単位短くしないといけませんね。
つまり3単位手繰らないということです。
仕事量 = 力 x 長さ です。
長さが3倍になったということは、力は1/3になるということです。

Q半径の異なる滑車における計算式

基本的な力学の問題でわからない問題があります。滑車があり、小さい滑車の半径はr、その滑車と同じ軸で同心円上にある大きな滑車の半径Rの滑車があります。半径rの滑車には荷重W〔N〕の荷物がぶら下がっており、それを半径Rの滑車にかかっているロープで引っ張る場合、どのような式が成り立つのでしょうか? 通常は動滑車2~3個で定滑車にかかったロープを引っ張る問題ばかりやっておりましたので、少々面喰っております。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一本の棒(てんびん)のモーメントで判断します
軸を支点に、
  小さい滑車は r[m]×W[N]
  大きい滑車は、R[m]×ロープ[N]
    rW=R×「ロープ」
引く力は
  rW/R[N]です。

QA(質量M)とB(質量m⑅)の物体が滑車を通じて繋がっていて Aは台にあります。 AとBがともにH

A(質量M)とB(質量m⑅)の物体が滑車を通じて繋がっていて
Aは台にあります。
AとBがともにH進んだ時の速さは??
という問題で
μMgH+½—(M+m⑅)V²=m⑅gH
という方程式でとけますか??

Aベストアンサー

それ以外にエネルギーをロスするものがなければ、それで解けます。

通常は、
(1)働く力:重力から摩擦力を引いたもの
  F = mg - μMg
(高校物理的には「張力」も考えますが、結果的に消去するので)

(2)全体の質量:M + m

(3)加速度:a

として、運動方程式 (力)=(質量)×(加速度)

  mg - μMg = (M + m)a

から求めるのが普通です。

 初速度ゼロ、初期位置を変位ゼロとして

・加速度:a = (m - μM)g / (M + m)   ①

・速度 :V = [ (m - μM)g / (M + m) ] * t   ②

・落下距離 :y = (1/2)[ (m - μM)g / (M + m) ] * t^2  ③

となります。

 質問者さんの式は、「エネルギー保存」から導き出したものですが、上記の③から「落下距離 y=H」のときの時刻 t を求め、それを②に代入したものになります。

Qセンター物理 動滑車

図1のように、なめらかで水平な台の上に質量mの物体Aと質量2mの物体Bを置き、それらを軽くて伸び縮みしない糸でつなぎ、糸を台に固定した定滑車に通して鉛直に垂らした、この糸に動滑車をかけ、それに質量mの物体Cを取り付けた、三つの物体を同時に静かに離した所、Cは鉛直下向きに動き、Aは図1の水平右向きに、Bは水平左向きに動いた、このとき、Cの移動距離はAとBの移動距離の合計の1/2倍である、ただし、運動はAとBが定滑車に衝突しない範囲で考えるものとする
また、滑車はすべて質量を無視でき、なめらかに回転する、Aと定滑車の間の糸とBと定滑車の間の糸は水平であり、定滑車と動滑車の間の糸は鉛直である、又、重力加速度の大きさをgとする、Aの加速度の大きさをa,Bの加速度の大きさをb,Cの加速度の大きさをc,糸の張力の大きさをTとする

この問題文でCの移動距離はAとBの移動距離の合計の1/2倍であるとありますが、これはこの問題に限らず常識的な事なのでしょうか?そうだとしたら何故そうなるのか是非証明の方を宜しくお願いします

Aベストアンサー

しまった。セルの数字がつぶれてた。
再掲載。

これで考えてわからないのであれば、動滑車を買え。
もしくはYoutubeが見られる所に行って動滑車を検索して見ろ。


以上、おしまい。

Q定滑車

考えていたらよくわからなくなってしまい、申し訳ありませんがお願いします。

段ボール箱に乗って、壁につけた定滑車に紐を通し自分で紐を手繰り寄せたとき(x軸方向への移動)と、天井に定滑車を取り付けて自分で紐を手繰り寄せるとき(y軸方向への移動)は考え方は全く同じでしょうか?
天井にとりつけたときには重力を考慮するだけでよいのでしょうか?
他の人に天井から自分までの距離の1/2から引っ張ってもらうのと、自分で引くのとはかかる仕事量は同じでよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

重力と張力を考えてください。
自分で引くときは、力は半分ですが長さが2倍になるから、仕事は他人が引くときと同じだと思います。

Q物理の動滑車の問題です。

定滑車の左側に3mの物体、右側に重さの無視できる動滑車がついています。この動滑車の左側にはmの物体、右側には2mの物体がついています。
この場合、3mの物体は運動するのでしょうか?

力が滑車の重さを無視できるなら、運動しないような気がするのですが。
ご教授ください。

Aベストアンサー

3mを手で止めて、右の動滑車を支える力を求めれば良いでしょう。
mと2mを繋ぐロープの張力をT、
ロープを右へ繰り出す加速度をaとすると

ma=T-mg, 2ma=2mg-T
0=4mg-3T
T=(4/3)mg

従って、右の動滑車を支えるカは 2T=(8/3)mg < 3mg

つまり、3mを手で止めない場合は 3mは下へ動くことになります。

Q[高校物理]定滑車に糸が及ぼす力とは?

今、天井から下がる丸い定滑車に、糸が∩の形でかかり、その糸の右端に
質量 m1 の物体、左端に質量 m2 の物体が下がっているとすると(ただし、m1 > m2 )、
滑車Mには下向きの力がかかるらしいのですが、力点は一体
どこなのでしょうか。
糸が滑車に力を及ぼしていると考えるのが自然ですが、
糸は滑車に対して常に平行に接しているので、
力を及ぼせるはずがないのですが・・・。

※ちなみに、運動方程式のモデルとしては、以下を考えています。
m1・a=m1・g-T
m2・a=T-m2・g
M・0=(上方向の力)-2T

何かわかる方いらっしゃいましたら、ご回答いただけると大変嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

滑車の上半分がひもに接していますので、滑車の表面(上半円分∩のところ)の至るところに滑車の中心向きにひもの力がかかっていると考えたらいかがでしょうか。図が書けないので説明がしにくいですが、自転車のタイヤが滑車、スポーク(中心に向かっている何十本かの細い鉄の棒)が力線、といった感じです。それぞれの力線を鉛直方向と水平方向の成分に分解すると、水平成分については、左右対称ですから、合力は0、鉛直方向の合力が2T です。

滑車の表面とひもの間の摩擦が0の場合(ひもが滑っているようなとき)はこれでいいと思います。鉛直方向の合力が2Tになることは、きちんとした式で証明できると思います(中心角θの部分のひもが押す力をΔfとする・・・などで。今すぐ求めろといわれたら私にはは無理です。すみません)

摩擦がある場合はもう少し複雑かも知れませんが、結論は同じだと思います。

運動方程式のモデルはwakabayashiryouさんの考えで正しいと思います。

運動方程式を立てて加速度を求めるときは、滑車の直径(水平方向)が天秤の水平棒という感じで、つまり、滑車の端っこにひもの張力が下向きにかかるとして立式して、不都合はないと思います。

滑車の上半分がひもに接していますので、滑車の表面(上半円分∩のところ)の至るところに滑車の中心向きにひもの力がかかっていると考えたらいかがでしょうか。図が書けないので説明がしにくいですが、自転車のタイヤが滑車、スポーク(中心に向かっている何十本かの細い鉄の棒)が力線、といった感じです。それぞれの力線を鉛直方向と水平方向の成分に分解すると、水平成分については、左右対称ですから、合力は0、鉛直方向の合力が2T です。

滑車の表面とひもの間の摩擦が0の場合(ひもが滑っているよう...続きを読む

Q玄関の引き戸の滑車について

家の玄関の引き戸の滑車についてなんですが、今は滑車がちゃんと起動せずものすごく重たいです。
普段引いてない反対側から滑車をもらい使ってはいたもののそれもだめになり
近くのホームセンターに部品を持って行って探しましたが三度いっても店員に聞いても全て駄目でした。

家は火事の跡地で右上の扉のシールのメーカーさえ焦げていてわかりません。新調する前に滑車だけそろえたいだけなんですがなんとかなりませんか?

Aベストアンサー

玄関の引き戸の写真と、使っていない方の引き戸の滑車を1つ外して、サッシやさんに持って行ってみてください。
修理の得意な会社と不得意な会社があるので、何軒か回ってください。
サッシやさんは電話帳で調べて、TELをして、対応がよい所に行ってください。

もし純正の滑車がない場合は、取り替え用の滑車があります、そこで部品だけを購入しても良いし、修理依頼をされても良いです。

Q定滑車につながった円盤と球

下記の問題が解けずに困っています。

図のように質量m[kg]、半径r[m]の一様な円盤に巻き付けられた糸が円盤の端から伸びており、その先端に質量M[kg]の球が取り付けられている。糸は天井に固定された摩擦のない回転する滑車に掛けられている。鉛直下向きにx軸をとり糸の質量及び空気抵抗を無視し、重力加速度はg[m/s2]とする。ただし、円盤及び球は鉛直方向にのみ運動し滑車まで到達せず、円盤と球それぞれから滑車までの間の糸は鉛直方向に伸びており緩むことはないとする。

このとき、球と円盤の両方が運動する場合、球の速さVs[m/s]を円盤の速さVd[m/s]、円盤の回転運動の角速度ωおよびrを用いて表しなさい。

この問題を解ける方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし、円盤に回転軸があって鉛直方向には固定されている
(回転は出来る)としたら、球の移動は円盤に巻きつけられた
糸がほどけて円盤が回転する分だけです。つまり、
Vs=rω
ということです。ところが円盤も鉛直方向に速度Vdで移動する
ので、上記の式は成り立ちません。

もし円盤が回転しつつ上に移動する(つまりVd<0)としたら、
Vsはその分rωよりも大きくなります。円盤が下に移動する
ならその逆です。よって、
Vs=rωーVd


人気Q&Aランキング

おすすめ情報