[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

【刑務所】「受刑者には、一人当たり約300万/年 経費が
掛かっています」

これが本当のことなのかどこを見れば分かりますか?

A 回答 (4件)

下記のP6あたりです。


http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002fjp …

だいたい283万/年といったところです。

このコストの考え方は、
子供を育てるために世帯の支出が
どれだけかかっているか?
といった考え方と似ているかな
と思います。A^^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2016/06/24 10:54

刑事政策上、犯罪者が大幅に減らせない限りは圧縮できなそうな費用なので、それは受刑者の経費というよりも政策上必要な社会のための経費として、1536×365で56万円/年程度が個々の受刑者が受益を得ている部分であり、受刑者が減ればコストダウンになる可能性のある部分ってことですかね。



なので、一人当たり300万円っていうのは、ミスリードだなと資料3を読んで感じました。

あと、光熱費一人当たり375円って月額1万円くらいですが、共同生活の割に高いですね。
    • good
    • 2
    • good
    • 0

たとえば胸に手を当てて見る。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刑務所で使用される税金はどれぐらい?

今度学校でディペートをやるのですが、そのための資料を探しています。 
調べてるのですが、なかなか見つからないので知っている方教えてください。
刑務所で使用される税金はどれぐらいなのですか?
また、死刑制度がなく終身刑がある国ではどれぐらいお金が使われていますか?
お願いします。

Aベストアンサー

「刑務所で使用される税金」というのがどの範囲まで含めるのか,いろいろ切り口はあろうかと思いますが,平成14年度政府一般会計予算を基にすると

収容費といって収容,矯正教育の実施にかかる費用は約390億円
(刑務所約346億円,少年院約32億円,少年鑑別所約12億円)
収容費のうち,被収容者食糧費(食事代だね)約140億円となってます.

収容費とは別に刑務所の一般事務の経費が約1284億円(いわゆる人件費はこちらに入ってます)
少年院の一般事務の経費が約194億円
少年鑑別所の一般事務の経費が約102億円.

だいたいこんな感じです.

Q【刑務所運営で税金が掛かりまくっている本当の理由は】刑務所の受刑者は服役中に時給300円で仕事をして

【刑務所運営で税金が掛かりまくっている本当の理由は】刑務所の受刑者は服役中に時給300円で仕事をしている。

受刑者に最低賃金法が適用されない謎。

なぜでしょう?

で、最低賃金の780円として、受刑者は毎日8時間労働を時給300円で1時間に480円なぜか天引きされて、1日に480×8で3240円なぜか搾取されている。

受刑者に食事を税金で与えるべきではないと怒っている人がいるが、もしかしたら彼らは自分たちの食費を税金からではなく自分たちの給料から天引きされているのでは?

で、刑務所運営に多額の税金がかかる理由は受刑者ではなく、刑務所で働く刑務官の給料が高すぎるからというのが真実でその事実を消すために受刑者は自腹で食事代を払っているのになぜか世間からはタダ飯を食っているというイメージになっている。

Aベストアンサー

どこからそのガセ情報を入手しました?

受刑者には労働賃金という物はありません、あるのは作業報奨金と呼ばれるもので
労働賃金のように時給などで計算されるものではなく、
階級によって日給月給の単位で支払われます。

また、金額についても、時給300円なんて高額な物ではありません。

初めにも言った様に、階級によって違うのですが、
はじめは1か月で700円程度の金額です。
1年ぐらい真面目に生活してても1か月2千円程度の報奨金しかもらえません。
何年も真面目に生活をして階級が上がって行けば、
1か月間で最高1万数千円という報奨金が貰えるようもなりますが、
喧嘩をしたり誰かに嵌められたりして懲罰を受ければ、
また1からのやり直しで、1か月700円程度しか貰えなくなります。

また、受刑者というのは、ほとんどが懲役刑ですが、
懲役というのは、刑務所で与えられた仕事をする事を意味するので、
本来は、タダ働きさせられるのが懲役刑となります。

※ ちなみに、禁固刑という物もありますが、
禁固刑の場合は、刑務所に監禁させられる刑なので
刑務所で働く必要はありません。

したがって、我々の常識を当て嵌めようとしても通用しない世界の話となる訳です。

実際問題としては、懲役刑の人達が働く作業内容は、
刑務所の運営に関わる作業の他に、
社会にある企業から仕事を貰ってやっている部分もあり、
その報酬が企業から国に流れているのは事実です。

そして実際に働いた人達(受刑者)へは先ほど言ったような、
数百円から数千円のお金しか渡っていないので、
事実上、彼らが働いて得たお金で刑務所は運営されていると言っても過言ではありません。
さすがに全額とまではいきませんが。

しかし、社会で報道されている内容は、
そういう仕事で得たお金(収入)は計算せずに、
食費などの出費部分だけを計算している為に
おかしい数値が報道されているだけです。

おそらく、質問者さんが言いたい事もこれなのではないでしょうか?

どこからそのガセ情報を入手しました?

受刑者には労働賃金という物はありません、あるのは作業報奨金と呼ばれるもので
労働賃金のように時給などで計算されるものではなく、
階級によって日給月給の単位で支払われます。

また、金額についても、時給300円なんて高額な物ではありません。

初めにも言った様に、階級によって違うのですが、
はじめは1か月で700円程度の金額です。
1年ぐらい真面目に生活してても1か月2千円程度の報奨金しかもらえません。
何年も真面目に生活をして階級が上がって行け...続きを読む

Qさつきとつつじの違いについて

「さつき」は「つつじ」の花を小さくしたような花ですか?

Aベストアンサー

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言われる方には常緑樹が多いようです。

ツツジは4~5月頃紅色、ピンク、絞りなどの花をつけ、俳句の季語は[春]なのに対し、さつきの季語は[夏]なのです。

サツキの名前は陰暦五月皐月に咲くところからきていますが、こちらはツツジよりやや遅く5~6月頃、真紅、淡い紅色、ピンク、

絞りなど多様な花をつけ、たしかにnekomusumeさんのご質問のように、小さい花で特に真紅の色はサツキらしい色だと思います。


ツツジ・サツキとも低い植え込みや他の樹種と一緒に[大刈り込み]などにしますが、山野に自生するツツジなどは、木の高さが10m位

までなると聞きましたが、サツキの方はどの位まで成長するのか知りません。

一般人の目に付く所で有名なのは、箱根芦ノ湖、湖畔の[山のホテル]の庭園ですが、つつじの花のシーズンには、戦後植えたつつじの

植え込みが園内通路をアーチのように蔽い、たしか宿泊客以外にも開放していると思いますが、ぜひ見ていただきたい光景です。

   *ここは三菱財閥岩崎別邸の跡に、戦後アメリカ進駐のために作られたホテルですが、4万坪以上の庭園に
    3000本以上のつつじというのが[売りの一つ]で人工的ですが見事なものです。

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言わ...続きを読む

Q鮭の「ハラス」というのは?

「サケハラス」というのは、鮭のどういう部分を指すんでしょうか?

それと、そのように呼ばれる由来についても、よろしくお願いします。

--

Aベストアンサー

こんばんは。

鮭のハラス部分の画像はこちらです。

○ 秋鮭ハラス醤油干
http://www.himonoya.net/himono/ht-050.htm
写真手前が表側 (皮側) 、奥が内側 (内臓側) です。

○ 鮭のハラス焼
http://city.hokkai.or.jp/~rbzs45/ben_01.html
こちらは内側 (内臓側) です。

由来について
「大根にすが入る」と言いますね。
鮭のハラ (腹) にも、大根の「す」の様に、脂が入るので、
腹す→ハラスになった。と、私は習いました。
ただ、これについては全く自信がありませんが・・・

ご参考程度に。

参考URL:http://www.himonoya.net/himono/ht-050.htm,http://city.hokkai.or.jp/~rbzs45/ben_01.html

Q逮捕や服役中の税金(住民税・健康保険)は支払うの?

確定申告後に住民税や国民健康保険料の納付書が届いた後に、逮捕され拘置所などに身柄を拘束されたり、服役したりした場合には、その土地に住んでいない状態になると思うのですが・・・全額支払わなくてはならないのでしょうか?
裁判って時間がかかるらしいし、執行猶予がついて拘置所から出られたとしても半年近く不在になると思うのですが・・・
どなたかご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

>その土地に住んでいない状態になると思うのですが・・・全額支払わなくてはならないのでしょうか?

住民税は後払いです。つまり1/1から12/31までの所得に対して翌年1/1現在居住している自治体が課税する(通知は6月)という仕組みです。
去年の分ですから今住んでいるかどうかは関係ありません。
去年住んでいたから支払うのです。

なので当然全額です。

国民健康保険税については、上記とは事情が変わってきます。
国民健康保険自体はそもそも日本に居住する限りは加入が義務なので、どの自治体に加入するかはともかくとして加入はするこになります。服役中でも医療を受けられないわけではありませんしね。
ただ、当然保険料納付は困難なので、こちらについては服役期間中は全額免除という仕組みが自治体によって存在します。

Q日本にもう景気回復は二度とないのでしょうか?

バブル崩壊以降・・・よく質問するといえいえ!
日本は戦後最長の好景気の連続だったのです!
とかよく答えが帰ってきます。が・・・・・
教えて頂きたいのはそのような机上の論理では
なくて、実際の市場とか実際の家庭生活とかに
おいてのお話です。現在もう現在と言うかもう
10年以上いや20年以上かも知れませんが・・・
働けど働けど好景気を実感できないこの現実!?
がエンドレスに続いているように思われます。
もう「日本に景気回復は二度とないのでしょうか?」

Aベストアンサー

> 働けど働けど好景気を実感できないこの現実!?

どうなったら実感できるんだろう? という素朴な疑問があります。
単にGDPが増加するというだけなら、リーマンショック前までは増加していました。
しかしながら、これを「机上の論理」といっていますから、これではないのでしょう。

例えば年率3%で経済が毎年成長したら、25年ほどで給料が倍になります。5%では15年ほどです。
高度経済成長からバブル期までは、現実にこういう経済成長率でした。
こういった成長を指して「好景気」と呼ぶのであれば、もう一度焼け野原になるくらいでなければ無理でしょう。


家計の世帯一人当たり可処分所得が、平均値よりも実感に近いといわれる中央値で増加する、という意味だとしましょう。
国民生活基礎調査の世帯人員一人当たり平均所得を見ましょう。残念ながら中央値はありませんが、上位20%、20-40%・・・という5分位が公開されています。第3分位が丁度50%±10%になるので、これを使うことにします。
これによれば、04年-07年はわずかに増加傾向にあるものの1999年には及ばず、あまり好景気を実感できない原因となったことがうかがえます。その後、自民党政権が下野した2008年には10万円近く落ちています。
一世帯の人数を考慮しないならば、中央値は1999年から横ばいから下落傾向にあり、07年まで年平均5万円程度下落し、08年に18万円近く下落しました。等価可処分所得の中央値も、平成9年をピークに下落傾向が続いており、上記と整合的です。

ただし、個人的には07年までの下落には高齢者世帯の増加の影響が少なからずある(資産はあるが収入は少ないため、可処分所得を下げる影響がある)ようですので、小回復程度はあったと考えています。


もちろん、08年の下落はリーマンショックと世界的な景気後退の影響もあるでしょうけれども、民主党政権の経済政策が無策だったこともかなり大きな原因でしょう。



> 日本に景気回復は二度とないのでしょうか?

小さな回復は、経済政策によってはあるでしょうけれども、少なくともマトモな経済政策を行わない民主党政権が続く限りは無理でしょう。
また、経済的な重石となっている高齢化が一段落する15~20年先には大きく回復すると思われます。

> 働けど働けど好景気を実感できないこの現実!?

どうなったら実感できるんだろう? という素朴な疑問があります。
単にGDPが増加するというだけなら、リーマンショック前までは増加していました。
しかしながら、これを「机上の論理」といっていますから、これではないのでしょう。

例えば年率3%で経済が毎年成長したら、25年ほどで給料が倍になります。5%では15年ほどです。
高度経済成長からバブル期までは、現実にこういう経済成長率でした。
こういった成長を指して「好景気」と呼ぶのであれば、もう一...続きを読む


人気Q&Aランキング