出産前後の痔にはご注意!

定格遮断容量 短絡電流定格の違いを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

工場などの電気設備は高圧(6,000V)や特別高圧(10,000V以上)で受電


されて、構内の受電用変圧器により低圧(100V,200,400V)に降圧して
照明や空調設備他各種の機械装置の動力源として配電されています。

1)短絡電流
この低圧の配線以降で何等かの事故が発生しますと非常に大きな電流
が流れます。この大きな電流のことを「短絡電流」と言います。
変圧器の容量(kVA)や配線のサイズ(太さ)や長さにより異なりますが
数千Aから100kAを超える大きな短絡電流が流れます。
なお、変圧器の容量(kVA)や配線のサイズ(太さ)や長さが決まります
と、計算により短絡電流を求めることができます。

2)定格遮断容量
これらの短絡電流が継続しますと、電線が焼損したり、変圧器も損傷
することになります。
このため、短絡電流を素早く検出して切り離す必要があり、この目的
で低圧配線の配電(動力)盤に「配線用遮断器」を複数設けます。

この「配線用遮断器」には、どの程度まで短絡電流を安全に遮断(*1)
出来るかが個々に決まっており、遮断器の銘板や遮断器のカタログ・
仕様書等に記載されています。
どの程度まで短絡電流を安全に遮断出来るかを示した電流値のことを
「定格遮断容量(kA)(*2)」と言います。

(*1)電源から切り離しすること。
(*2)定格遮断容量(kA)については、配線用遮断器の各メーカーが実験
  設備により短絡事故を発生させて、安全に短絡電流が遮断できる
  ことを確認しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明ありがとうございます。m(_ _)m

お礼日時:2016/12/16 13:13

違い以前に、それぞれの語が何を意味してるのか不明です。


どこに出てきたコトバですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ブレカーの性能について、調べていた際に、出て来た単語で、違いが読み取れず質問させて頂いた次第です。

お礼日時:2016/12/16 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Qブレーカの定格遮断容量てなんですか?

タイトル通りなのですが、
ブレーカの定格遮断容量てなんですか?
全くわからないので、簡単に教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>レーカの定格遮断容量てなんですか?

* 「定格遮断容量」とは、 
 
 (定格電圧における)「(そのブレーカーが)遮断できる短絡電流値」のこと。

 ブレーカーの二次側で短絡(ショート)した時に流れる大電流を遮断できる能力を表します。

 通常は、交流〇〇Vで「〇〇KA」との表示がされています。

 ブレーカーのサイズ(枠番とも言う)や遮断方法で定格遮断容量が決めれれる。


<ちなみに JIS C 8370 では>

 定格遮断容量(In): 規定の条件の下で遮断できる電流の限度をいい、
            交流の場合は規約短絡電流の短絡発生後1/2サイクルにおける対称実効値。(以下 略)
と記載されています。

(#2さんの回答は、「定格電流」の事を言われています。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング