ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

契約書や見積書等で、『角印』と『丸印』双方が押されているものと、片方のみの場合があります。
本来どうすべきものなのでしょうか、お教えください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まず、前提として、一般の契約書や見積書等に「印」を押さなければならないという法律はありません。

契約書や見積書等は、「印」がなくても原則として法律上有効です。ただし、契約書であれば、その契約書が正当な会社の代表者により作成されたものであることを「証明」するために、丸印(代表社印)を捺印するのが「一般的」であり、また、見積書等であれば、会社が発行したものであることを相手に「推定」させるために角印(一般には社印といいます)を押すのが「一般的」です。契約書等で代表社印と社印の双方が押されているものがよくありますが、あれは、あくまで慣例によるものであり、双方捺印することには特段法律的な意味はありません。本来、丸印(代表者印)のみあれば十分ですが、契約の相手方が社印まで押している場合には、自分の方でも社印を押してあげるのが礼儀といったくらいのものです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

皆様、とーーってもよく分かりました。有難うございます。
基本が分かっていないと、分かってないもの同士であーでもない、こーでもないと悩んだ結果、過去がそうだからと落ち着かせていました。
今後は自信を持って印をつきます。

お礼日時:2001/07/02 17:01

角印でも丸印でも効力を持つのは


【会社の場合】会社の登記をしている登記所に代表者の判として登録をしたもの
【個人の場合】自分の住民基本台帳がある区役所に実印登録をしたもの
に限られます。
それ以外の判はいわば認め印のようなもので
あったからと言って効力が強くなったりするものではありません。
ですからその登録印であるかどうかだけを確認すればよいでしょう。
    • good
    • 4

丸印は、代表取締役社長○○○○のような場合に押印します(その人物の印鑑であることを示します)。

単に、○○株式会社となっていれば、角印だけになります。丸印を押す場合、多くは角印も押します。これは、そのほうが重みがあるように見えるからです。大した意味はありません。
    • good
    • 5

通常、角印は認印としての効力しかもたないものが多いでしょうネ。

個人でいえばシャチ●タのゴム印程度の重みです。これが押されているということで、一応は会社として認めましたヨ、程度の意味を持つようになります。
丸印は代表者個人印が多く、いわば、個人の実印のようなものです。
ですから、両方が押されている場合は会社も代表者も正式に認めた証を示しているのであり、丸印のみの場合も、それに準ずるものと捉えてよいでしょう。
個人印のない領収書が経理で認められない場合があることを考えると、角印だけでは重みがないことがわかると思います。
以上kawakawaでした
    • good
    • 7

「角印」は、四角い印なのでこう呼ばれますが、正式には「社印」と云います。


通常は請求書や領収書などに押しますが、代表者印のような強い効力はありません。

「丸印」は正式には「代表者印」のことで、会社にとって最も重要な印鑑です。
一般に丸い形をしているので「丸印」と呼ばれ、重要な契約の時に使います。

他にも、丸印には 実印 銀行印など、用途により幾つか有ります。

参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.ipc-tokai.or.jp/~k-matsui/page4.html
    • good
    • 2

実際には、角印、丸印というのはそれぞれ、会社の認め印、実印のことじゃないですか?


刻印されているところをよくみてみましょう。
代表取締役社長の印 とだけなってれば、丸印でも認め印でしょうが、会社名と代表取締役の印となってれば実印だったりしますので、実印が必要である書類(印鑑証明を必要とする契約書とか)ならば、押印に実印を使用します。
内容次第ですね。
角印は「会社名」の印ってなってませんか?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の印鑑は角印か実印か?

私はホームページの制作の会社を設立したばかりです。制作を依頼されたので契約書を作成しました。
場所が遠かったので、クライアントに契約書を2通お送りしました。そして、2通とも署名捺印をして頂いて、私に送り返して頂くように伝えました。
送られてきた契約書2通ともに、住所の欄、名前の欄にも、「会社のゴム印」が押されていました。印鑑も実印ではなく「角印」でした。そして「割印」はありませんでした。
今度は私が署名捺印し、1通をまたクライアントにお送りするのですが、「直筆でなく実印もない契約書」で有効なのですか?
私だけが直筆で署名し、実印で押印し、割印をすればきちんとした契約書になるのですか?
すみませんが、どなたか分かる方教えて下さい。お願い致します。

Aベストアンサー

勤務先の場合、丸印は社長印のみ、事業部長印は角印となっています。
なので、基本的に契約書印は丸印で押印しています。
丸印押印を求められるのが普通なので。
会社名等はゴム印です。

但し、相手先が事業部長等である場合、責任者レベルを相手と合わせて角印を押印する場合もあります。
又、手続の都合上相手が角印を承諾した場合や、丸印押すほどの必要性がないと事業部で判断し場合も角印を押印している場合があります。

どちらにしろ契約書が物を言うときはトラブルの時ですから、相手の会社が通常その押印をしているならそれで問題ないと思います。

Q角印と実印(代表社印)の使い分け

法人の場合、法務局に登記した実印の他に、角印(登記してない)、銀行印等複数の印鑑がありますよね。
で、当社は請求書・領収書などは角印を使用しています。しかし、ある取引先から「領収書に代表者印がないと正式な書類にならない」と指摘がありました。
社長の指示で作成しなおして、差し替えしましたが、今後は全て実印を押せというのです。
実印は今まで経理で管理してないし、管理するのも大変です。ここや、他のサイトで調べて、一般的に角印で十分らしいと社長に進言したのですが、「掲示板や印鑑屋の話で、法的根拠がないな」と言われました。
何か法例文書や通達などもっともらしい文書ってありませんか?あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になります。ですから請求書はだいたい角印になります。(担当者は代表ではないので)
そして、大事なのは、法人であっても、「代表」個人の意思をはっきりさせるものは、会社印になります。
組織としての印が角印という感じです。ですから角印のほうが軽い感じです。
銀行印:これは、悪用されると、資金全部抜けますので、実印並みに厳重管理が必要です。
業務印:これをもう一つ作ると良いでしょう。一般的な書類は、これにします。角印よりは少し大事な書類に押します。領収書は、大事なお金を頂いたという、すごく大事な書類なので、実印とは言いませんが、代表の意思が必要なのです。
各、印鑑の使用規定(何に使うか)と、権限規定(誰がOKすれば押せるか)を規定しておくと良いでしょう。特に権限規定は、代表が権限委譲する形になりますので、最終責任は代表にいくことになります。

HP日経さん程度でもだめでしょうか。
http://www.gifu-gif.ed.jp/school/seika-j/2001/bijutsu_naganuma/inkan.htm
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/soumu/media/index.cfm?i=s_siten047

参考URL:http://www.i-partners.jp/soumu/109.htm

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になり...続きを読む

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q社印の『角印』と『丸印』について

他社提出承諾書の押印について
会社の住所・社名(代表者名不要)の為押印する印は『角印』と思っていた(住所・社名・印と各種枠組みされております)のですが、社内の人に
角印は社名の“上”に押印する物
丸印は社名の“横”に押印する物
だから、『丸印』が正しい
と言われました。
私的には代表社名が記載されていないので『角印』を押印するものだと思い込んでいたのですが、この場合は『丸印』を押印するのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

角印、丸印の違いはeightman33さんがおっしゃっている通りです。
丸印=代表者印
角印=認印
これは会社の内規ですので会社ごとに違いますね。
なので「これじゃなきゃいけない!」っていうのは社内のルール、上司の判断です。

その他に役所に届けていれば届出印、銀行届出印が別にあることもあります。
これは法律や銀行の規則ですので厳密に管理されなければいけません。
(一部欠けたり、印象がはっきりしていないと書類出し直しになります。)


>住所・社名・印と各種枠組みされております
これは印刷スペース・レイアウトだけの関係ですから。
「住所・社名・代表者」と印刷されていようと問題ではないのです。
どのように印刷されているかは問題でありません。

>他社提出承諾書
ですので他社の社内の決裁を通る書類を作らなければいけません。
「代表者印が必要でしょうか?角印で大丈夫ですか?担当者の印でよろしいですか?」
と確認してください。

うちの会社は本社が東京にあって、私は支店勤めなので、
社長印がいる時は東京まで書類を郵送しなければいけません。
大きな会社だと上の人の承認を取るのに日数がかかったりします。
書類がいるまでにいるか・誰の印鑑でいいのか、
これが確認すべきポイントです。

>余白に「担当:担当者名(苗字のみで可)」と書き添えて
>「印」の上に「担当者の認め印」を押しましょう。

こういうのを「自分ルール」といいます。
社外では通用しません。

角印、丸印の違いはeightman33さんがおっしゃっている通りです。
丸印=代表者印
角印=認印
これは会社の内規ですので会社ごとに違いますね。
なので「これじゃなきゃいけない!」っていうのは社内のルール、上司の判断です。

その他に役所に届けていれば届出印、銀行届出印が別にあることもあります。
これは法律や銀行の規則ですので厳密に管理されなければいけません。
(一部欠けたり、印象がはっきりしていないと書類出し直しになります。)


>住所・社名・印と各種枠組みされております
こ...続きを読む

Q契約書に貼る印紙の位置を教えて下さい

契約書に印紙を貼り先方へ提出します。
貼りつける位置は正式に決まってますか?
割り印の位置も教えてください。

Aベストアンサー

> 貼りつける位置は正式に決まってますか?

貼付位置については、法令の中で「様式」として定まっていない限り、法律上の決まりはありません。一般的な契約書については、法令上の「様式」は存在しないものです。

法律上の決まりがないときは、左上または右上に貼り付けるのが一般的です。契約書フォーマットに貼付位置が指定されている場合もあります。


> 割り印の位置も教えてください。

印紙に押す消印のことでよろしいでしょうか。

印紙の消印の位置については、法律上は、「課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に」消印しなければならず、またそうである限り位置を問いません(印紙税法8条2項)。共同作成の契約書に貼り付けた印紙について、契約当事者の片方のみが消印をしても構いません(印紙税法基本通達64条)。

慣行としても、私の知る限り、特にこれと定まったものは無いようです。

Q建設業の安全書類に押印する印鑑って代表者印で無いとダメなの?

建設業の安全書類に押印する印鑑って代表者印で無いとダメなの?

社名変更に伴う印鑑の作り直しをするのですが、印鑑屋さんから「代表者印はめったやたらに使うものではない。何か別の印鑑で対応したら?」と言われました。
確かに安全書類は、契約書のような印鑑証明が必要な最重要書類ではないと思いますが、建設業の下請としては結構重要な書類です。でも、現場での扱いは・・・です。
印鑑屋さんだからかなぁ~とも思うのですが、人柄的にも商売のみで発言しているわけではなさそうに思います。
今までは代表者印を押していたのですが、みなさんどうされていますか?
情報をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

当社では、登記されている代表者印はめったやたらには押しません。
使用するときは、銀行等からの融資の時か、登記事項の変更等の申請くらいです。
その他の役所への提出書類や見積書、決算書類等の日常に使用する印鑑は、印影としてはいわゆる代表者印と書かれていますが、いわゆる印鑑証明が出る印鑑ではありません。

こういうことは、役所でも税務署でも知っていますし、なんら問題になたことはありません。

通常、印鑑証明での代表者印(登記された印鑑)と日常業務用の代表者印、と銀行取引用(通帳用印鑑)と当社では3つの印鑑を使い分けています。

印鑑の偽造なんて簡単に出来るご時世ですから、そういう時のための対策でもあります。

Q会社の代表者印と会社印の使い分け

普段何気なく使用している会社の印鑑についてはたして押印する印鑑の
意味を知っていて使用していたかなとフッと思いました。
代表者印と会社印のハッキリした使い分けは皆さんどうなされてますか?
代表者印は契約書、領収書、役所関係に提出する書類等に
会社印はゴム印の会社横版の上に押印しているようです。
私も含めて。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約書や銀行口座など、「代表取締役○○」と書いてあったら、代表者印を押す必要があります。押す場所は、代表者の氏名の最後の文字に一部かぶさるように押すのがいいと思います。(改竄防止のため)
会社名だけなら、四角い会社印でいいでしょう。これは社名の上に押します。
代表者印と銀行印は兼用してもいいと思います。実際私の会社では同一のものを使っています。

Q官公庁に提出する請求書に会社の代表者印と会社印を押す理由

官公庁が、”請求書に会社の代表者印と会社印を押すこと”と要望するのは、どうしてなのでしょうか。

どのような事象(法律?規則)に基づいて、このような要望がでるのでしょうか。

ご存知の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。
お住まいの県の県庁ホームページから確認できるのではないかと思います。
私の勤務先の場合ですが、「県庁ホームページ(県トップページ)」→「行政情報」→「県例規全集」→「財務」→「県財務規則」の順でたどれました。

Q社印(角印)は必要?

基本的な質問になりますが、よろしくお願いします。

見積書や発注書を発行する場合、社印(角印)は必ずしも必要ではないものなのでしょうか?

今の会社に入って、このように言われ、戸惑っています。

小さな会社なので、詳しい人がいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、法的にいえば、契約を証する書面については、原則として署名または記名押印を求められます。このいずれかを欠くときは、証拠とならないか、または証拠としての力が著しく弱いものとなってしまいます。

したがって、契約を証する書面については、代表者の署名が入っていれば社印(角印)は不要、入っていなければ社印は必要といえます。もちろん、代表印(丸印)が入っていれば、社印は不要です。

ただし、官公庁相手の場合、法的に押印を必要とする場合があります。

他方、実務上は、契約を証する書面に代表者の署名が入っていても、押印を求められることが少なくありません。また、契約を証するものでない書面についても同様に、押印を求められることが少なくありません。

以上は紙ベースの話であって、メールやWebでやり取りするときは、押印不要です。


そうすると、「見積書」「発注書」という紙ベースの書面が「契約を証する書面」に該当するのかどうかが問題となります。

契約は、契約の申込と承諾とで成立します。そのため、契約を証するには、申込のあったことを証する書面と、承諾のあったことを証する書面との両方が必要になります。

この点、発注書は、発注請書が発行されるときは「申込」を表す書面となります(発注請書が「承諾」を表す書面)。そのため、発注書には、署名されていなければ、法的に何らかの押印が必要といえます。「何らかの押印」ですので、社印でなく代表印でも構いませんが、押印なしというのはマズいといえます。

他方、見積書は、発注請書が発行されるときは申込を勧誘(誘引)する書面です。そのため、原則として、押印は法的には求められません(実務上は、前述のとおり押印を求められることが少なくありません)。ただし、発注書などに「発注請書は発行しない」と定められているときは、見積書が「申込」を表す書面、発注書が「承諾」を表す書面となります。このとき法的には、例外的に、見積書に何らかの押印が必要となります。

まず、法的にいえば、契約を証する書面については、原則として署名または記名押印を求められます。このいずれかを欠くときは、証拠とならないか、または証拠としての力が著しく弱いものとなってしまいます。

したがって、契約を証する書面については、代表者の署名が入っていれば社印(角印)は不要、入っていなければ社印は必要といえます。もちろん、代表印(丸印)が入っていれば、社印は不要です。

ただし、官公庁相手の場合、法的に押印を必要とする場合があります。

他方、実務上は、契約を証する...続きを読む

Q注文書が角印のみの時の、印紙割印のハンコは?

どうぞ宜しくお願い致します。

建設業の事務をしております。
元請けより注文書がきましたが、
会社名が印刷されている箇所に
角印が押されています。
その場合、注文請書には社判、角印、
では印紙割印のはんこは何を使用すれば
良いのでしょうか。
自分の三文判の印鑑でも良いのでしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

三文判でも大丈夫だ。

税法では、印紙の印刷部分とその印紙を貼った紙との両方にかかるよう、押印するかまたはサインを自署しなければならないこととなってるんだよ(印紙税法施行令5条)。印鑑の種類については問われていないから、三文判で大丈夫だ。

もちろん、見た目が気になるなどであれば、角印を押しても構わない。


なお、
>印紙の彩紋とにかけ、判明に印紙を消さなければならないだけなので
との回答があるが、印紙税法は明文で「政令で定めるところにより」と定めているのだから、「印紙の彩紋とにかけ、判明に印紙を消さなければならないだけ」の話ではなく、印紙税法施行令に従う必要がある。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報