マンガでよめる痔のこと・薬のこと

物理学の計算式など わかりませんが。
【神の数式】見ていて 素粒子の重さは0だけど ヒッグス粒子で重さが生まれる…て 全く意味不明なので どんな事。


1キロの米 も 10キロの米 も 0だけど ヒッグス粒子で重さの解明 形の解明とか 解りやすく教えて。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No4です(^^)


その気持ちというか、考えというか・・・よ~く分かります(^^;)
一体全体、この世界って、どーなってんの?って、考えれば考えるほど分からなくなります(~~;)ウー
しかも、実はこの世は10次元だとか11次元だという説もあってりしますね(^^A)
・・・今のところ、”そんなこと、絶対に信じないぞ!!”って気分です(^^;)
もしかしたら、神様に走った方が頭はスッキリしそうですが、
やっぱり、宗教に鞍替えするは嫌だなぁ~(^^A)
でも、謎が多い方が面白いって言えば、そうですよね(^^)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

宇宙の果てまで考えるのは 捨てました。
てか 主さん 変人て言われませんか?
自分 変人て言われます。

お礼日時:2017/04/09 20:37

>>なら 鉄 押さえつけるの 辞めた…てなったら軽くなる?


そういう事ですよ。
鉄とかなお区別は付けないから、平等なんだけど・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるけど。
なら 東京タワー大丈夫ですか?^_^

お礼日時:2017/04/09 19:49

No2です(^^)


ああぁ~、そういう事ですね(^^;)
説明のためには、「重さ」と「質量」をキチンと分けておく必要があるかもです。
「重さ」は重力の別名で、地球とか太陽とかが物体を引っ張る力の事です・・・これは「万有引力」と呼ばれています(^^)
ですから、無重力状態では「重さ」は0です。
「質量」の説明は分かりにくいんですけど、物体の動かしにくさを表しています。
ですから、無重力状態でも質量が大きい物の方が動かしにくいんです。
例えば、宇宙飛行士がドライバーやなんかの道具を動かすのは簡単ですよね。
でも、宇宙飛行士が宇宙船を動かす・・・そんなのは考えにくいですよね。
これは、道具と宇宙船の質量の違いによっています(^^)

今回は「重力場(ようするに重力が働く場所)」と「ヒッグス場」を比べてみます。
「重力場」は地球に住んでいれば、身近なものですよね(^^)
地球上で1キロの米と10キロの米は、どちらが重いか・・・当然10キロの米ですね。
なんで?て聞かれたら、もちろん10キロは1キロの10倍の量があるからですね。
じゃあ、同じ大きさの鉄の玉と発泡スチロールの玉では?
もちろん鉄の玉の方が重いです・・・理由は?・・・「密度」という言葉を使われていましたが、そう密度が違うからです(^^)

じゃあ、「ヒッグス場」の場合は?
やっぱり、重力場の場合と同じで、密度が違うから、同じ大きさの鉄の玉とアルミ製の玉は質量(動かしにくさ)が違うんです。
これを素粒子レベルで考えると、同じ大きさでも、鉄の玉の方が素粒子がいっぱい詰まっているって事になります。
1キロの米と10キロの米では、10キロの米の方が10倍あるから重いんですよね・・・それと同じで素粒子の数が多い方が質量が大きいって事ですね(^^)

参考にならなかったらスミマセン(-人-)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやいや ありがとうございます。
実は宇宙は真空では無い説もありますが。
身の回りの 倒れる原理とか 橋梁 や 建物の物理は 理解しますが。【アナログでは】
なら 素粒子が 絡むと 宇宙とか 宇宙の果てとか 意味不明。
マトリックスですかね?

お礼日時:2017/04/09 19:46

難しいですねぇ。

ヒッグス場を、水の抵抗や水飴に見立てる解説が多いですが、まったくおかしいと思います。質量っていうのは、慣性の法則があり、動き出すときは抵抗ですが、動き始めればむしろ逆に止まらない。抵抗のイメージだけをもって、粒子が絡みつく・・・などと、ヒッグス場を説明するのは、誤解をあたえる、悪い比喩だと思います。

素粒子は、本来質量を持たないんだけど、ヒッグス場との相互作用で質量を得る。そのヒッグス場が存在する証拠として、場のゆらぎとしてのヒッグス粒子が観測された。

って覚えるしかない。
興味があるなら、素粒子の専門の勉強をするしかないですね。歴史的にみると、超電導などの仕組みで、ミクロでなにが起こっているのかを勉強すれば、感覚がつかめるかもしれませんが・・・

余談ですが、1キロの米云々は、これまた新聞とかの解説で多くの人が勘違いしていますが、間違いです。ヒッグス場との相互作用で質量をもつのは素粒子です。我々がマクロに感じる質量の99%は、強い力によって原子核の中に閉じ込められたエネルギーが由来で、素粒子の質量はチリ程度。ヒッグス場は無関係です。ヒッグス場は、この世の質量が生まれる仕組みではなく、素粒子の質量が生まれる仕組みなので、マクロにはほとんど影響のない、とても小さな世界のことなのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

素粒子に抵抗があるて事ですかね?
むしろ原子に対してですね?

てか もっとみじかな 飛行機の原理。
波の原理。
に 素粒子を持ってきたら 尚更 難解です。^_^

てか 本当に 自分達 存在するんですかね?
【宗教】になるか マトリックス^_^

ちなみに こんな事を 理解したり 考えたりする 主さん。

変人とか?
洞察力?…とか 言われませんか?
自分言われます。

お礼日時:2017/04/09 19:00

私も「神の数式」は見ましたよ(^0^)


やっぱり、説明はややこしくなると思います。
ヒッグス粒子ってのは、ヒッグス場が生み出す粒子の事です。
う~ん、この「ヒッグス場」ってのが分かりにくいんですけど、
例え話で、「ヒッグス場」を空気みたいなものって考えて、
「ヒッグス粒子」を空気の塊・・・風みたいなものって考えてみて下さい(^^;)
確か、「神の数式」でも出てきたと思うんですが、
理論上は全ての粒子の質量(・・・まあ、”重さ”と表現しておきます)は0のはずなんですが、
光子なんかを除いて、何故だか粒子には質量がある・・・何で?って事になったんですね(~~;)
で、「神の数式」にも出てきたみたいに、南部陽一郎氏の「自発的対称性の破れ」をきっかけにして、
「ヒッグス場」つーのがあって、それと相互作用する物に”重さ”が生まれるってことじゃねぇ~のって説が出てくるわけです。
先ほど「ヒッグス場」を空気で例えましたが、空気中を車で走ると空気抵抗を受けますよね・・・それに相当する物が”重さ”ってわけです(^^)
でも、光が空気抵抗を受けるなんて話は無いですよね・・・それと同様に、光(光子)はヒッグス場から力を受けないから”重さ”0だって事ですね。
「神の数式」では、ヒッグス粒子が見つかりそうだとか、見つかったとかいう時だったので「ヒッグス粒子」ってのを出したんだと思います(^^;)
まあ、「ヒッグス場」でなくて「ヒッグス粒子」でも嘘ではないので、そうしたんだと思いますよ(^^A)

サイエンス・ライターの竹内薫氏がヒッグス場と相互作用して”重さ”が生まれる仕組みを磁石を使って説明していましたね。
まず、板の上でパチンコ玉(?)を動かしてみる・・・力を受けないからスーッと動く
次に、板の下に磁石を置いておく・・・すると磁石によって、今度はパチンコ玉が力を受けて動けなくなる
このパチンコ玉に磁石が力を及ぼす範囲は「磁場」って呼ばれる”場”の一種なんですが、
これと同じ仕組みで、ヒッグス場から粒子に”重さ”が生まれるんだって事です。
この例えで言えば、アルミ製の玉は磁石にくっつきませんから、”重さ”は生じない・・・これが光子にあたるものですね(^^)

やっぱり、竹内薫氏の説明の方が分かりやすいかな?(^^;)

参考になれば幸いです(^^v)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

よく噛み砕いて 味が出るまで噛み砕いてみます。

てか 人混みを歩くと疲れるけど 人混みでないと 楽て 説明があったのですが。【ううん?】
同じ大きさの 鉄の玉 と アルミなら 何故違うの。
密度てなるけど。
素粒子で例えると うん?…となり 意味不明。

お礼日時:2017/04/09 18:31

ヒッグス粒子も今は未だ仮設の段階で、自身の質量の事では無くて、質量(慣性)と言う概念を与える粒子と言った方が良いかも。


粒子と言うよりは「場」と言った方がわかり易い。
「磁場」とか「重力場」「電場」とか・・・・。

これは、エネルギーを持った「ヒッグス場」が、質量をもっている物が動くのを邪魔しているからだと考えられています。

水飴のようなヒッグス場の中で、物が動こうとしたときに抵抗するイメージを想像すると近いかもしれません。

1キロの米も10キロの米も0では無く、ヒッグス場の中で米が振舞うと1キロと10キロの違いが観測される訳だ、と言う理論です。


この「抵抗」に相当するのが「質量」。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ようは こいつは 押さえつけてやれて概念ですか?

なら 鉄 押さえつけるの 辞めた…てなったら軽くなる?^_^

お礼日時:2017/04/09 18:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュートンのような近代の物理学者は 物理法則が根本的に対称的であることを純粋に信じていた、 というイ

ニュートンのような近代の物理学者は
物理法則が根本的に対称的であることを純粋に信じていた、
というイメージがあるのですが、

だとしたら、現に身の回りの物質の位置が全然対称的でないことをどのように理解していたのでしょうか?

Aベストアンサー

対象の意味がわかっていませんね。物理の思想を、日常の感覚で置き換えて質問しても無意味です。

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Qレーザー核融合

日経サイエンス 2010年6月号に「核融合炉は本当に可能か?」というタイトルで以下の記事が載っています。
この核融合はどうなったのでしょうか?


世界最大・最強のレーザー装置,米国立点火施設(NIF)の192本のレーザービームがコショウ粒ほどの燃料ペレットにエネルギーを集中する日が,1~2年内にやってくる。
これらレーザーのエネルギーはすさまじい力でペレットを押しつぶし,内部の水素同位体に核融合を起こしてエネルギーを放出させる。


http://www.nikkei-science.com/page/magazine/1006/201006_102.html

Aベストアンサー

詳しいことは知りませんが、実験室レベルで「コショウ粒ほどの燃料ペレット」で核融合を一瞬起こすことはできていると思います。

課題は、
(1)それを安定して持続すること。
(2)外部にエネルギーを取り出せる規模で核融合を起こすこと。
(3)それを安定して閉じ込めておくこと。(核融合のエネルギーに打ち勝って)
などだと思います。

どんな技術でも、「原理レベル」「実験室レベル」「実用レベル」「産業レベル」の間には、相当大きなギャップがありますから。

Q量子論についての質問です。 人によって見解が別れると思うのですが、回答お願いします 1 高校の教科書

量子論についての質問です。                                    
人によって見解が別れると思うのですが、回答お願いします

1 高校の教科書と辞書を漁って考察してみましたが、コンプトン効果とド・ブロイ波をつじつまが合うように考えると、「粒子でも波でもない状態がミクロの世界では存在し、両者とも、エネルギーへと変わるにはこの状態に一度ならないといけない。」という考えに至りました。
これは正しいのでしょうか?違うのであれば実際どうなっているのでしょうか?

2 電子の二重スリット実験において、観測するのとしないので粒子性を持ったり波動性を持ったりするそうですが、どうしてそうなるのでしょうか?
現段階でわかってる範囲までで教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

まともに答えると、それが量子論や、場の量子論そのものになるので、不可能。イメージだけ。

粒子であり、波動でもある・・・・って表現が誤解を与えるのかもしれませんね。

素粒子は、力を伝えるもの(光子とかグルーオンとか)と、物質を作る要素になるもの(電子とかクオーク)がありますが、どちらも、空間の至る所になぜか場が存在し、その場がエネルギーで励起し振動しながら波のように伝わる。だから、力も、物質も、もとは全部波なのです。その波というかエネルギーの塊が、相互作用なしで空間を飛んでるのを観察すると、まるで粒子のように見えるってことですね。不思議なことですが、全ては波って考えるってことなのです。

位置と運動量を同時に決められない不確定性も、波って考えるとわかりますね。波は空間に広がっているんで、ある場所だけを見ていると、ある時間経過しないと全体の挙動がわからない。一瞬にして挙動を知りたい、ある空間の広がりを同時に観察しなければならない。不確実性も波の性質そのものです。

人間はもともと、物質を粒子だと思っていたので、波動性、粒子性の2面性とかいいますが、そうではなくて、すべて波動なものを、たまたま粒子と見ていると考えれば、不思議ではないってことなのです。

それじゃあ、そのへんの机とか、車とか、人間の体とか、物質ってなんなの?ってことになりますね。実は、そのマクロな物は、その波というか、エネルギーの塊が、ある力の相互作用によって、中性子や陽子内部に閉じ込められ、さらに、電磁気力で原子内に電子を閉じ込めた、原子というものが基本にあります。ミクロに見れば、原子内部では、波に近い現象がずっと起こっているんだけど、起こったとて、まわりから見たらそれなりに安定している。日常においては、化学反応と、一部、原子核反応を除けば、粒は安定して存在するので、いかにも物質としての粒があるかのように考えても差し支えないってことになります。

実際、そこらへんの板や鉄も、人間の体も、ミクロに見れば、原子核は点みたいに小さい。電磁力で電子を通じてかたまりになっているだけなのです。つまり、中はスカスカですね。水素原子で考えれば、東京駅に1mの原子核があれば、電子の軌道は100kmはなれた水戸や高崎や宇都宮や箱根です。関東地方の空間は何もない・・・・。でも、力によって結びついて、物質に感じる。ものの硬さは、電磁力の反発力ってことですね。

マクロな物質を分解した延長上には、素粒子はないってことだと思います。

まともに答えると、それが量子論や、場の量子論そのものになるので、不可能。イメージだけ。

粒子であり、波動でもある・・・・って表現が誤解を与えるのかもしれませんね。

素粒子は、力を伝えるもの(光子とかグルーオンとか)と、物質を作る要素になるもの(電子とかクオーク)がありますが、どちらも、空間の至る所になぜか場が存在し、その場がエネルギーで励起し振動しながら波のように伝わる。だから、力も、物質も、もとは全部波なのです。その波というかエネルギーの塊が、相互作用なしで空間を飛んで...続きを読む

Q【ガリレオ】の 湯川学て。 物理学者だけど 工学やってるのは 何故??

【ガリレオ】の 湯川学て。
物理学者だけど 工学やってるのは 何故??

Aベストアンサー

作者が文系なので、理工系なら何でもいいや、と並べたからです。

Qアインシュタインの相対性理論について、説明するならばどのように説明しますか? 簡単に教えてください!

アインシュタインの相対性理論について、説明するならばどのように説明しますか?

簡単に教えてください!

Aベストアンサー

俺には、

https://blogs.yahoo.co.jp/astraysheep2

の説明が、一番わかりやすい。

Q一般相対論 アインシュタイン方程式を解く

趣味で物理を勉強中です。
これまで幾度か質させていただきます。

専門的に勉強した方からすれば、くだらない質問カモですが。

アインシュタイン方程式を解くことは、

計量、(計量テンソル?) を求めることと同義なんでしょうか?

シュヴァルツシルト計量、ロバートソンウォーカー計量 云々。

なんか今ひとつピンとこないのですが。

Aベストアンサー

>あまりにも理想化されて、単なる数学のお遊びに見えてしまうのです。
という貴方の感覚は、物理学はもちろん、化学・生物学・経済学などに現れる数学モデルを扱う上で、とても貴重なものだと思う。というのも、研究者の中には、理論の美しさに惚れ惚れするあまり、それがどれほど現実を反映したものなのかという肝腎な問題に無頓着な人がしばしばいるのである。超弦理論など、いつもそこを突かれ批判されてきたものだ。経済学などはどうやらもっとひどい状況で、全然経済活動の現状を表現できていないまま、政党や企業の御用学者ばかりが幅を利かしているというように、話には聞くのだが…。
閑話休題。もっとも一般相対論は、先に説明した天文学上の理由で、ほぼ正しいと見なされている理論である。それを一旦は(より正確な理論が現れることも考え、程々に)信じて、教科書を読み進めて頂ければと思う。今はピンとこなくとも、学び続ける内に、心の底から納得することはできずとも、少なくとも妥協ならできるようになるのではないだろうか。

Q【サイエンス】を 見る限り 変人=物理学者がいる。 物理学者は 数字で あらゆる 物質を 徹底的に探

【サイエンス】を 見る限り
変人=物理学者がいる。
物理学者は 数字で あらゆる 物質を 徹底的に探求する。
天文学者でさへ 【宇宙の果て】でさへ 解明していない。
物理学者は物質は 全て 【素粒子】で 出来ていると解明。

なら
本題 【麻原彰晃】が 宙に 浮いて見せた。

オウム信者は 彼の 何に 共鳴して 周りの 科学者や医者は 無能なの??

物理学者や天文学者からみたら 宙に 浮くとか 宇宙人やUFOが いても 何でもありのようにしか 感じないけど。

【宇宙の果て 】 【素粒子】から みたら。

Aベストアンサー

人間もまだその程度ということですよ。

Q高校物理 場という概念がなぜ必要なのかを教えて下さい!

今電磁気学を勉強しているのですが、唐突に場という概念がでてきて困惑しています。なので、どのような経緯で場という概念ができたのかを教えて下さい。

自分なりに整理してみた考え方は、以下の通りです。
ニュートン力学では、粒子間相互作用が相対位置ベクトルの関数として瞬間的に定まるとしてきたが、現実世界では、情報伝達速度は有限であることから、瞬間的に相互作用が定まると考えることが難しい?場合がある。この情報伝達のタイムラグを補正する概念として、粒子だけに性質を持たせるだけではなく、空間に何らかの性質を持たせた場が考え出された???そうすることで、電磁気学の諸現象を綺麗に説明できるようになった。。。?

場を考え出すことで、なぜタイムラグを補正できるのかがいまいち掴めていないし、そもそも上記の考え方が合っているのかも分かりません。。。

ご回答宜しくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

近接作用の考え方では
電荷や質量はそのすぐ近くの「場」を作り、
場はそのまたすぐ近くに場を作りながら「伝わってゆく」
と考えます。当然場が出来てゆくのにタイムラグが生じます。

ゴム膜の中央を押すと周辺が歪むが、歪みが伝わるのに
時間がかかるのと一緒です。

きわめて荒っぽい説明ですがこれでわかりますかね。

ニュートンやクーロンはこうした考え方は認めず
物体と物体が直接力を及ぼしあうと考えました。
真空に力が伝わることを認めたくなかったからです。

現在は、場を介して力が真空を有限の速度で伝わることが
認められていますし実証もされています。

Qアインシュタインは、なぜ、相対性理論によっては、ノーベル賞を受賞できなかったのでしょうか?

アインシュタインは、光電効果の理論的解明により、1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。
しかし、相対性理論によっては、受賞しておりません。
相対性理論を提唱した当時は、この理論は評価がはっきりしていなかった、とは思います。しかし、しだいに評価が高まり、彼は世界的に知られるようになりました。
したがって、後年になれば、彼はノーベル賞の受賞に値する、と思います。
なぜ、アインシュタインは、相対性理論によっては、ノーベル賞を受賞できなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

「相対性理論」は一つの「仮説」であって、実験的事実によって「検証」されることでその正しさが認められます。

アインシュタインの相対性理論は、1905年に「特殊」、1916年に「一般」が発表され、その理論から得られた結論の一部が1919年の日食の「光の曲がり」として観測されたりして「検証」されつつあったものの、1921年の時点ではまだ「賛否両論」が残っていて、選考委員からは全体の「検証」がされているとはみなされなかったのでしょうね。(重力波が観測されたのはやっと2016年のことですから)

現代でも「相対性理論は間違っている」というトンデモ反相対論があちこちに見られるぐらいです。


人気Q&Aランキング