公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>一次相続


>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

返済が進むと立場が逆転するご指摘、ありがとうございます。

お礼日時:2017/04/14 23:35

Bがそう思った場合は、請求はあり得るでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 23:32

[マンションを建て、課税評価を0円]???


土地上にマンションを建てても、土地の評価額はゼロにはならない。
また、建てたマンションそのものの評価額がある。

疑問点はわかるつもりですが、思考過程の計数に齟齬があるように感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 23:36

法定相続をしたのなら、


母親 1/2 6000万円
A  1/4 3000万円
B  1/4 3000万円
事業用は関係なく、持分を受け取ったと見なされますし、AとBは、課税対象になります。
相続土地に、マンションを建てたのなら、その借入をする際も、持分で分割されます。

もし、上記通りの相続なら、遺産分割協議書で割合を決めるか、Bは相続放棄をする事になります。
Bが異議申し立てをするかどうかは、Bしだいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 23:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母の二次相続で兄に辞退してほしい

 お世話になります。
 両親と子供3人(姉、兄、自分)家族でした。
 以前、父の一時相続の際、父の財産(仮に自宅4000万相当、現金預金4000万円、計8000万円)を、子供3人のうち兄に自宅4000万、母に預金等4000万とし、遺産分割協議書を作りました。
 その際、母の二次相続の時には、母の預金等4000万円は兄を除く子供二人(姉と私)が相続すると言うことで、話がまとまりました。
 でも、あとで人から聞いたところでは、二次相続の際、もし兄が法定相続分を欲してきた場合に対処できないと言われました。仮に母が兄を除く二人に「全財産を相続させる」と遺言を書いても、兄が遺留分を請求してきたら勝てないらしいのです。
 母が生きていれば、兄も母の意見を無視できないので、今のうちに二次相続では相続を放棄すると言うような法的に有効な書面でも作っておきたいのですが、無理なのでしょうか。
 兄はかなり強欲です。
 何かいい方法を教えてください。

Aベストアンサー

2次相続とか言う場合は、遺産分割協議が整う間なく、相続人が死亡したときに使う用語です。亡父遺産分割狭義が成立したのですから、将来起こるであろう母遺産は別個の話です。あなたが取らなかった以上、亡父遺産が母のものとなっても、紐をつけられるわけがないのです。

よって、母が遺言をのこしても、兄に遺留分があるので、減殺請求されるので無理。母存命中に限り、遺留分放棄を家裁で兄が申述すれば、許可されるでしょうが、兄が進んで手続していただかねばなりません。

保険会社がくんでくれるなら、契約・被保険者:母、死亡保険金受取人:あなた、姉の2口の保険契約を締結する手があります。保険金請求権は受取人固有の財産だから、遺産分割や遺留分の対象とならないのです。

Q不動産の相続について5年前に父が亡くなり母と3人兄弟で預金関係は相続しました。実家は母が住み続け

不動産の相続について
5年前に父が亡くなり母と3人兄弟で預金関係は相続しました。
実家は母が住み続けるので、父の名義のままでも母が亡くなった時に相続すればいいと思っていましたが、万が一母より先に兄弟の誰かが亡くなった時にその子供までも相続手続きに関係してくるという事に気づきました。

今からでも名義は母に変えておいた方がいいですか?

それとも兄弟の誰かの名義にしておくというのは税金上何か問題がありますか?

Aベストアンサー

>母より先に兄弟の誰かが亡くなった時にその子供までも…

そうなりますね。

>今からでも名義は母に変えておいた…

その方が良いです。

>兄弟の誰かの名義にしておくというのは税金上何か…

むしろ現状では、故人宛の固定資産税を母が代理で払っているわけでしょう。
それがこれからは、母宛の固定資産税が母に、あるいは子どもの誰か後の固定資産税がその子どもに来るようになるわけで、これで正常な状態に戻るわけです。

相続税は、その建物だけではなく、5年前に相続した現金類その他あらゆる遺産を合計して、5年前のことなので
5,000万 + 1,000万 × [法定相続人数]
を超えなければ発生しません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

一部の遺産 (家) について名義変更が遅れていたとしても、新たに相続税や贈与税がかかることはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q遺産相続 遺産分割協議書の記入例について

先日母が他界し少し残った土地、古い家屋、預金を私が引き継ぐことになりました。
何分田舎なので土地や家屋の財産としての価値は殆どなく、今後の管理の問題もあるので兄弟全員(4人)に相続放棄は納得してくれるようになっています。行政書士等に依頼すると随分お金もかかるようで、公的機関に相談しながらやっていこうとは思っています。相続人の一人が遺産のすべてを取得するケースの場合です。兄弟五人のうち二人が遠方にいるため、一枚の紙で回し書きしていると一人がミスした時に全部やり直しの可能性があります。一人一人にそれぞれの用紙に記入するやり方のサンプルのHPがあれば教えて下さい。1枚の紙に全員の署名や印鑑が必ずいるのなら諦めます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一人一人にそれぞれの用紙に記入するやり方
最終的に、その数枚の用紙を1冊に綴じて、全員の割り印が必要となります。

http://www.moj.go.jp/content/000123426.pdf

Q母70代よりも子40代が先に死んだ時の遺産相続はどうなりますか。

私40代独身、母70代の二人家族。嫁いでいる姉が二人です。
私が一番先に死んだ場合、遺産相続はどうなるのでしょう。私は定期預金あり(8行の銀行に分けています)、土地あり、家はまだ母名義かな? 店舗のない銀行、たとえばソニー銀行など、どうするのでしょう。母はインターネットできません。 また、私が遺言書を書いた場合、それは忠実に実行されるのでしょうか?

Aベストアンサー

真面目に、あなたが任意後見制度を利用して、成年後見制度、ともいう、誰かを後見人に選任して、その方に、財産すべての管理方法、銀行のパスワード、隠し金庫の番号、などを伝えるために、資料を残し、公証人役場などで証書にしておけばいい。
もう、70なので、病気があれば特養にも入れるし、金が唸っておるなら、早めに、
私的ホーム、高いけど、ソー言うところに入れておけば、特養などなら、後見人が管理している人、割といますよ。成年後見制度は市役所にパンフが置いてあります。

Q亡くなった父が20台程度の駐車場を所有し管理会社と契約をしています。 相続人は母と子2人。 駐車場以

亡くなった父が20台程度の駐車場を所有し管理会社と契約をしています。
相続人は母と子2人。
駐車場以外に自宅があります。

遺産のほとんどが不動産であるため、分割が困難であり、法人化を検討しています。

法定相続する場合と法人化する場合とで費用的なアドバイスをお願いいたします。

参考、仮に土地評価額を駐車場1億円、自宅5000万円でお願いします。

Aベストアンサー

法人化もよいですが、単純ではありません。
相続開始前に法人化したのであれば、株式などの相続としてわかりやすく分割もできることでしょう。

しかし質問ではお父様がすでに亡くなっているとのことですので、まずは、あなた方が一度不動産を相続することとなります。誰か代表者が相続のあと法人化する際に株式で按分するなどとすると、相続手続き後に贈与手卯月となってしまい、相続税を取られ、贈与税を取られるなどと言う流れにもなりかねません。

できることは、法定相続分かお母様が中心に相続し、その相続財産を現物出資として法人を設立することとなります。
ただ、現物出資には、色々な要件や制限があります。現物出資する不動産の評価をどうするかという問題になるのです。不動産鑑定士による評価などが必要となると思いますので、鑑定評価の費用がそれなりに高額となる恐れがあります。費用対効果は人それぞれ判断も異なりますし、不動産の構造・形・状況によって、鑑定費用も大きく変わる可能性もあります。売買相場はあくまでも目安ですし、固定資産税のための評価は、固定資産税課税などのためのものでしかありませんからね。

相続対策(財産を分けやすくなど)と相続税対策(合法的に節税を目指すなど)は話が異なります。専門家も変わってきます。
不動産の権利や賃貸の権利関係・法人の登記などの分野は司法書士が専門家となります。相続税などの各種税金の問題は税理士が専門家となります。
司法書士と税理士では試験の範囲などが大きく違いますので、両方の資格を持った人は少ないかもしれません。その代わり、共同事務所や総合事務所として、複数の資格者が協力し合っている事務所もありますので、そのようあん事務所で相談されるとよいかもしれません。片一方の専門家ですと、もう片方の専門家の紹介などをしてくれると思いますが、それぞれの専門家に説明が必要となったり、それぞれに基本料的な報酬が必要となってしまうことでしょう。一つの事務所で総合的に相談されたほうがスムーズであり安価になりやすいと思います。

素人では、良いところだけ、悪いところを調査しきれずに進めてしまうリスクがあります。せっかく将来を見据えた計画なのに、その結果逆にトラブルや争いの原因になってもいけませんからね。

法人化もよいですが、単純ではありません。
相続開始前に法人化したのであれば、株式などの相続としてわかりやすく分割もできることでしょう。

しかし質問ではお父様がすでに亡くなっているとのことですので、まずは、あなた方が一度不動産を相続することとなります。誰か代表者が相続のあと法人化する際に株式で按分するなどとすると、相続手続き後に贈与手卯月となってしまい、相続税を取られ、贈与税を取られるなどと言う流れにもなりかねません。

できることは、法定相続分かお母様が中心に相続し、その相続...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報