遺産相続について、妻と子でそれぞれ相続するばあい、相続税は妻と子それぞれ別別にかかるのでしょうか?

A 回答 (7件)

相続税の計算というのは、一般には理解しにくいでしょうが以下のようになります。



まずは、遺産の総額から基礎控除(法定相続人の数による)を行い、仮に法定相続人が法定相続分で分けたものと仮定して、各法定相続人の相続税を計算し、その相続税の総額を求めます。

これを、実際に相続した遺産の割合に応じて、実際に相続した相続人の相続税を計算するのです。そこで、配偶者は、実際に相続した遺産の金額1億6000万円までに対する相続税については、配偶者控除として控除されるということになります。
相続税は、課税される金額の大小により税率が変わります。

このようなことから、相続税の申告は基本的に共同で申告を行い、納税は相続人個々で納付することとなります。
配偶者控除は、相続税の対策に一応なるということとなります。
しかし、先送りしていることはお分かりになるかと思います。
ですので、遺産が1億6000万円まで無税だからと安易に配偶者にめいいっぱい相続させますと、被相続人の配偶者が次に亡くなった際にまるまる相続税が生じることとなります。ある程度子の世代へ相続させることで、次の相続税の計算で税率を下げることができることも視野に入れないといけないと思います。

以前私の祖父母が亡くなった際には、まず不動産でこの世代が使っている・同居しているようなものは、この世代に相続させる形にしましたね。
預貯金は、通常相続は老衰等がメインと考えますから、亡くなられた方の配偶者はそれなりに高齢であり、施設入所等も考えられるため、その資金を配偶者名義にするのです。
子が預貯金の大部分を相続してしまいますと、施設費用等を扶養の範囲で出すこととなり、税金の優遇もないですからね。
ただ、子が不動産ばかりだけですと相続税の納税にも困りますでしょうから、それ相応の預貯金の相続も考えましたね。
およその余命と見込みん施設費用がある程度分かる場合には、それ相応の預貯金だけ配偶者にすることもできます。そこに配偶者控除の優遇があれば、不動産の一部を配偶者にすることでもよいでしょう。

あとは、相続で争いになりやすい遺産について先送りするという点で、争いとなりやすい遺産のみ配偶者へとすることもよいと思います。
だって、通常親は二人ですが、2回も遺産の争いをしたくはないでしょう。争いとなれば親も争いに巻き込むこととなります。争いを親に見せたくもないでしょう。先送りすることで、争いの回数を減らし、争いを親に見せ時に進めることもできるのです。

色々な観点から税負担と遺産分割協議のスムーズに進めることなど、あとは、実態をよく見て納得できる形を考えましょう。

極論を言えば、1回目の遺産が基礎控除を多少超えているぐらいであれば、2回目の相続で基礎控除の範囲内となるぐらいになるような遺産分割を行うという考え方もあるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しく、かつわかりやすいご説明、ありがとうございました。
具体的な事も盛りだくさん教えていただきとても感謝しております。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2017/05/17 21:45

№4です。



>ということは、一つの家族(妻と子)で一億六千万円までを相続する場合、妻が全部相続した方が税金がかからずにすむ。ということですね
お見込みのとおりです。
ただ、その場合は、二次相続(妻から子)の際には控除額も減り、遺産額が同じだとした場合、課税遺産総額が増えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
よくわかりました。たすかりました。

お礼日時:2017/05/17 21:46

№4です。



追加です。

なお、妻には「配偶者控除」という控除があるので、1億6千万円までなら相続税かかりません。
その場合、子が相続する分(按分した分)だけにかかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ということは、一つの家族(妻と子)で一億六千万円までを相続する場合、妻が全部相続した方が税金がかからずに
すむ。ということですね?

お礼日時:2017/05/16 08:20

ファイナンシャルプランニング技能士です。



お見込みのとおりです。

税額の計算方法は、まず、妻と子が法定相続分どおりに相続したものとして、それぞれに税額を計算します(遺産総額全体から計算するのではありません)。
それらの税額を合計し、今度は、その税額を実際に相続する割合で按分します。

参考
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
専門家の方からご回答いただきたすかりました。

お礼日時:2017/05/16 08:18

別別です。



一つの相続について、相続税総額を計算して、その総額を「実際に相続した額」で按分して、各人の納税すべき相続税額が決まります。

配偶者には「配偶者の税額軽減」があります。簡単に言えば、配偶者が相続した財産評価額が1億6千万円以下ですと、配偶者の納税すべき相続税はゼロとなります。

ただし税務署に申告した額が、妻0、子A200、子B300となっていても、相続税納付書で納税する際に妻が「私が全部払う」としても税務署では「誰がどのように負担したか」は関知しません。

ご質問が短いので、真にお知りになりたい事がいまいち不明ですが、いかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく説明してくださり、ありがとうございました。
おかげ様でよく理解することができました。

お礼日時:2017/05/16 08:17

遺産の総金額と、それを何人で相続するかによって税額が決まり


その税額を払ったあとの残りを、各人の相続割合で分けます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかりました。

お礼日時:2017/05/16 08:16

簡単に言うと相続税は、まず相続財産全体から税額を算出し、それを一人一人が相続した割合に比例配分して納めるものです。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
貼り付けも助かりました。

お礼日時:2017/05/16 08:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旦那の2億円の遺産。妻が相続したら相続税無料?

相続税について調べていたら疑問が出ましたので例を挙げて質問します。
例)
旦那が宝くじを当て2億円の貯金を残したまま亡くなりました。
相続税は妻なら1億6000万円まで相続税がかからないとどこかのHPで見ました。
で、基礎控除?で5000万円を遺産から引いて計算できるみたいなので。
2億円(遺産)-5000万円(基礎控除)-1億6000万円=-1000万円
で税金を払わなくてよいのでしょうか?
息子が10人いても、息子には1円も渡さず、妻が総取りすれば無税になるのですか?

Aベストアンサー

相続税の計算方法は、ちょっと特殊で、
順番どおりに計算しないといけません。

相続税の計算方法は……
(1)法定相続どおりに相続した場合の税金の金額を計算する
(2)それを実際に相続した金額に応じて分ける
という計算をします。
なぜ、こんな計算をするかというと、
誰がいくら相続しようが、相続税の総額は同じにするためです。

質問者様の設定は、
夫、妻、子10人です
夫が死亡して、総額2億円の財産を残したとします。

まず、(1)の計算をします。
相続税の基礎控除は……
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
となります。
法定相続人が、妻、子10人の計11人ならば、
5000万円+1000万円×11人=1億6000万円
までは、非課税となります。
2億円-1臆6000万円=4000万円
法定相続どおりとなると……
妻が2分の1の2000万円
子供が2分の1の2000万円
子供は10人なので、一人当たり、200万円
というのが法定相続です。
妻の2000万円に対する相続税は、
2000万円×15%-50万円=250万円
200万円(子供1人分)に対する相続税は、
200万円×10%=20万円
相続税は累進課税なので、相続金額が高くなると
相続税率も上がります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4155.htm

なので、相続税の総額は、
250万円+20万円×10人=450万円
となります。

(2)の計算をします。
法定相続どおり……
つまり、
妻が2分の1の1億円(50%)
子供がそれぞれ20分の1の1000万円(10%)ずつを受け取れば、
税額は
妻、450万円×50%=225万円
子供 450万円×5%=22.5万円
(10人で225万円)
という計算になります。
ここで、配偶者特別控除が出てきます。
配偶者は、総額の半額または1億6000万円までは非課税
なので、妻の受け取りは1億円なので、225万円の課税は
チャラになるのです。
という計算をします。

今回の場合、妻が2億円全額を受け取るならば、
450万円が課税金額です。
しかし、1億6000万円までは非課税なので、
450万円×(1臆6000万円/2億円)=360万円までは
配偶者特別控除となり、
450万円-360万円=90万円
が相続税となります。

相続税の計算方法は、ちょっと特殊で、
順番どおりに計算しないといけません。

相続税の計算方法は……
(1)法定相続どおりに相続した場合の税金の金額を計算する
(2)それを実際に相続した金額に応じて分ける
という計算をします。
なぜ、こんな計算をするかというと、
誰がいくら相続しようが、相続税の総額は同じにするためです。

質問者様の設定は、
夫、妻、子10人です
夫が死亡して、総額2億円の財産を残したとします。

まず、(1)の計算をします。
相続税の基礎控除は……
5000万円+1000...続きを読む

Q【遺産相続の脱税について質問です】遺産相続が1億円ぐらい貰えそうですがこの1億円を2人が相続すること

【遺産相続の脱税について質問です】遺産相続が1億円ぐらい貰えそうですがこの1億円を2人が相続することになりそうです。

ということで1人5000万円を相続してそれぞれが5000万円に対する相続税を支払うことになるわけですが各自が5000万円の相続税を支払うのと、

1人が遺産相続放棄して1人で1億円を受け取って相続税を払って、国に黙って5000万円を渡す脱税をやった場合の相続税の差ってどれくらいあるのか教えてください。

今後の相続税の脱税の参考にします。

Aベストアンサー

質問の意味が分かりませんが、
実際に相続する人が2人でも1人でも
法定相続人が2人なら相続税の総額は
変わりません。

相続を放棄しても、
相続税の基礎控除は
3000万+600万×法定相続人数2人
=4200万
となります。

1億-4200万=5800万を
法定相続の1/2にした金額が
課税対象額となります。
5800万×1/2=2900万
2900万×税率15%-50万=385万
この2人分385万×2人分=770万
が相続税の総額となります。

これを相続の分割割合で納税します。
1/2ずつなら、385万ずつ。
1人で全部なら、770万
となります。

例えば、不動産が1億で分けられないから、
ひとりで相続し、もう一人には5000万の
現金を渡す。というのも相続上ありです。
その場合は385万ずつ、納税するという
ことです。

それが相続時に分割協議書で明言せず、
あとで5000万渡すと
贈与になり、
5000万×55%-400万=2350万もの
贈与税がかかってきます。
とても愚かしいことになります。
相続税の脱税の余地はないです。

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

質問の意味が分かりませんが、
実際に相続する人が2人でも1人でも
法定相続人が2人なら相続税の総額は
変わりません。

相続を放棄しても、
相続税の基礎控除は
3000万+600万×法定相続人数2人
=4200万
となります。

1億-4200万=5800万を
法定相続の1/2にした金額が
課税対象額となります。
5800万×1/2=2900万
2900万×税率15%-50万=385万
この2人分385万×2人分=770万
が相続税の総額となります。

これを相続の分割割合で納税します。
1/2ずつなら、385万ずつ。
1人で全部なら、770万
となります。

例えば、不動...続きを読む

Q基礎控除額以内なら、子が全額相続しても相続税はかからない?

初歩的な質問かもしれませんが教えてください。例えば7000万円の財産を配偶者と子1人が相続する場合、基礎控除の額が7000万円(5000万円+1000万円×2人)なので、通常は相続税はかからないと思うのですが、法定相続分を無視して、子だけが7000万円すべてを相続しても相続税はかかりませんか?

Aベストアンサー

現在の相続税の計算では、課税されません。
しかし、平成21年度の税制改正で相続税制度を見直すこととなっています。
この改正により、相続した人ごとに相続税を計算するように改正が予定されています。
したがって、今後とも課税されないというわけではありません。

Q【法律】18歳未満が親の遺産を相続した場合、相続税、所得税が掛からないって本当ですか?自分の息子

【法律】18歳未満が親の遺産を相続した場合、相続税、所得税が掛からないって本当ですか?

自分の息子が17歳のとき土地、家屋の不動産を息子名義に書き換えると相続税、所得税は0円ってこと?

どんなに大きい資産価値があるビルでもタダで相続出来るの?

あと相続時に掛かる税金は相続税と所得税の2重取りになるの?

相続税払ったら所得税は相続税に込み?

Aベストアンサー

全く話にならないデマなので
下記でもじっくり読んでください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/souzo32.htm
特にこれ
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4164.htm

>自分の息子が17歳のとき土地、家屋の不動産を息子名義に
>書き換えると相続税、所得税は0円ってこと?
いいえ違います。
所得税はそもそもかかりません。

>どんなに大きい資産価値があるビルでもタダで相続出来るの?
タダで相続できません。
相続税に限らず、かかる税金はあります。

>あと相続時に掛かる税金は相続税と所得税の2重取りになるの?
なりません。所得税はかかりません。

みなさん回答ありがとうございます。

Q複雑な遺産相続です。贈与税がかかるのか教えて頂けませんでしょうか。

ちょっと複雑な遺産相続に直面しています。

昨年早々に、まず母が他界しました。
母の死後、母名義の銀行口座に大金の預金があったので、
父の希望で、その大金はそのまま父の口座に振り込みました。

母はずっと専業主婦だったので、このお金は全て父が稼いだ金ですが、
財産の分散管理と生前分与の意味で、母名義の口座に入れていたみたいです。
銀行には、まだ母の死去は伝えておらず、口座は凍結されていません。

このような状況で、今度は最近、父も他界しました。
以前、母口座にあった大金は、現在は父口座にある状態です。
父口座も、やはりまだ凍結されていません。

この段階で、初めて「遺産相続」という実作業に入る事になりました。
私は、以下の点に不安を感じております。


Q.母死後に母口座から父口座へ大金を移動したのは、
  「遺産相続」になるのではないだろうか?


ただし、母は結婚以来専業主婦で通しており、
実質上、このお金は全て父が稼いだお金です。

遡れば過去に、父口座→母口座の大金振り込みが行われたはずで、
この時に、贈与税は払っていないはずです(そのような意識自体がないはず)。
そう考えれば、「そもそも父のお金を母口座に預けていただけ」
と考える事もできると思うのですが。

※ 先に、関連質問もいくつかしており、
  お詳しい同じ方にまた教えて頂く事になるのかもしれません。
  その節は、ご面倒おかけしますが、どうかご容赦下さい。m(_ _)m

ちょっと複雑な遺産相続に直面しています。

昨年早々に、まず母が他界しました。
母の死後、母名義の銀行口座に大金の預金があったので、
父の希望で、その大金はそのまま父の口座に振り込みました。

母はずっと専業主婦だったので、このお金は全て父が稼いだ金ですが、
財産の分散管理と生前分与の意味で、母名義の口座に入れていたみたいです。
銀行には、まだ母の死去は伝えておらず、口座は凍結されていません。

このような状況で、今度は最近、父も他界しました。
以前、母口座にあった大金は...続きを読む

Aベストアンサー

銀行口座の取引履歴は通帳以外に窓口で確認が出来ます。
相続人であることの証明さえすれば、確認が出来ると思います。
取引履歴でお父様の口座→お母様の納座→お父様の口座を証明できれば、お母様の口座に会ったお金は、お母様の名義を借りたお父様のお金だと思います。このように考えることで、お父様からお母様への贈与税、お母様からお父様の相続税はかからないかもしれません。

立証が出来なければ、お父様からお母様への贈与税、お母様からお父様の相続税も申告や納付義務が発生するかもしれません。

また、お父様からあなた方への相続については、相続税の申告が必要かもしれません。

お母様の口座からお父様の口座へ移した金額はいくらぐらいなのでしょうか?そしてそれ以外に財産はなかったのでしょうか?そしてその財産の評価と口座のお金の合計は基礎控除を超えるものなのでしょうか?基礎控除は1000万円×法定相続人の数+5000万円となります。この範囲内であれば、相続税はかかりません。

金額が大きいのであれば、税理士へ依頼の上、税額が0でも申告したほうが良いと思います。隠し財産などが後から見つかって申告義務が発生した場合に修正申告で行う事が出来、特例計算なども有効にすることも可能かもしれません。

財産の流れや相続人の調査をしつつ、資料も整理してから専門家へ依頼することで、専門家への費用を少なくすることも可能だと思います。

銀行口座の取引履歴は通帳以外に窓口で確認が出来ます。
相続人であることの証明さえすれば、確認が出来ると思います。
取引履歴でお父様の口座→お母様の納座→お父様の口座を証明できれば、お母様の口座に会ったお金は、お母様の名義を借りたお父様のお金だと思います。このように考えることで、お父様からお母様への贈与税、お母様からお父様の相続税はかからないかもしれません。

立証が出来なければ、お父様からお母様への贈与税、お母様からお父様の相続税も申告や納付義務が発生するかもしれません。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報