マークシートにボールペンが使えないままの時代進化で止まってるのは日本だけですか?

マークシートのOCRは鉛筆の鉄粉を認識して処理するより、黒い部分を認識していった方が高速に処理出来るのでは?

なんでボールペンだと認識出来ないという都市伝説をいつまでも信じて試験用紙に記載されていて、みんな鉛筆と消しゴムで記入しているのでしょう。

確定してたらボールペンで書いた方が認識率は高くなるのでは?

ボールペンでも実際のところ認識しますよね?

A 回答 (2件)

間違ったらどうするの?



競馬場なんかではマークシートをマジックで塗ってますよ。ひと筆で行けますからね
間違えても捨てて別の用紙に書くだけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 16:29

鉛筆に鉄粉が入っているのだろうか・・・



光の反射率の相違で判定しているので『黒い部分を認識していった方が高速に処理出来る』
のが今の処理である

鉛筆の場合は、反射率が一定範囲に収まるので、誤識別はないが
ボールペンの場合、メーカー毎に反射率が異なり変なペンを使えば得点無しという可能性もある

四択でマークし終わってから、誤りに気づいてもマーク位置の訂正もできないボールペンじゃ困るだろうなぁ

結果オーライで認識することも多いだろうが
それが、何か決定的な意味を持つのか疑問ありあり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/06/18 16:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモータでこんなことがあるのでしょうか

モータで重量物を上昇と下降をさせております
10年以上正常に上昇と下降を行っておりました

先日、上昇は正常なのに下降は速度が早いと連絡がありました
報告からモータに何らかの不具合が発生したのではと思います
原因はどのようなことが考えられるでしょうか

Aベストアンサー

規定より重い荷物を載せている場合は下降速度が速くなります。
その他いろいろ考えられます。
昇降装置はどのようなの構造なのでしょうか?
昇降装置の構造図やモータをどのように制御しているのかなど
のシステム構成などの図や説明を追加して補足しますと、原因
を推定できる可能性があります。
これらが不可の場合は、製作したメーカーに相談することを
お勧めします。

Q顕微鏡なしでプリント基盤の半田付け(0603、1005、1608など)をする会社って、まともじゃない

顕微鏡なしでプリント基盤の半田付け(0603、1005、1608など)をする会社って、まともじゃないですよね?
1608ぐらいまでならルーペで対応できますけど、
1005以下は顕微鏡が現実的ですよね?
何でうちの会社は顕微鏡買ってくれないんだ(泣)
頼むから買ってくれ(泣)

Aベストアンサー

小さな町工場でしょうか。ISO 9001の認証を取っているまともな会社なら、実態顕微鏡なしにそんな細かい作業はさせないんですけれどね。その会社の取引先(顧客)や親会社などが工程監査などで見に来たときに、それとなく訴えなさい。作業品質に問題が出かねない状態で作業をさせられている、と。

Q挿入の仕組みについて教えて下さい。ATMのカード挿入の入り口はぴかぴか光っています。

ある一定の所までカードを入れると、のみこまれますが、
あれば何か赤外線などで、カードを読んでいて、
銀行のカードだ、と判断したら、のみこむのでしょうか?

Aベストアンサー

挿入されたカードは、機会がカードを読み込むため無条件に呑み込みます
「磁気データ」が「対象外」、「読み込み不可」の場合、吐き出します

Q初期の電動機に使用されていた“エナメル線”について質問です。

1.1800年代から作られた初期の電動機、つまり動力機構や発電装置として開発・使用されていた電動機を構成していた素材の一つ、“エナメル線”には、絶縁ワニスが塗りつけられていたのでしょうか?

2.1の問いで、もし初期の電動機にあった“エナメル線”に、絶縁ワニスが塗りつけられていたら、どんな素材の絶縁ワニスだったのでしょうか?
詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

https://www.jstage.jst.go.jp/article/ieiej/29/12/29_1024/_pdf
これが参考になりそう

Q曲線にあてがってRをはかるものか、他の手段は何かありますか?

専門的な知識が無いので、言葉使いがおかしい部分はご容赦ください。

画像の曲線は、手の平サイズのプラ板の一部分です。

製図ソフトで、コマンドの「円弧」で描いた円弧A・B。

データがなく、Rの値がわかりません。

プラ板を測ってRを出すにはどうしたらいいですか?

今は、スマホのアプリで、画面の上にプラ板をあてがって図っています。

Rの値は、30~100位です。(製図ソフトでR30と出ます)

自由自在に曲線にあてがってRが出る文具(器具)はないですかね?

Aベストアンサー

実物があるときは、円弧ゲージか、3次元測定器を使います。普通の人には、高価な道具ですが、機器を置いてあるワークショップがあると思います。

Q斜辺を進む光は光速を超える

光速で進む物体から垂直に光を点滅させると、
直角三角形の斜辺が光の進んだ距離になります。
底辺を進む光より長い斜辺を進む光は超光速ですか?

Aベストアンサー

同じです。

>理由は?

時間がゆっくり進むから。

というか、「光速度は不変」という原理の上で論じているから、
それに合わせて「時間」の方を変える。
もしくは「距離が縮む」と考える。

Q核のエネルギーはどこから? 原子核からエネルギーを取り出す手法に「核分裂」と「核融合」がありますね。

核のエネルギーはどこから?

原子核からエネルギーを取り出す手法に「核分裂」と「核融合」がありますね。でもそもそもなぜそれにより莫大なエネルギーが発生するのでしょう?E=mc2に代表されるように、質量とエネルギーが等価で、核エネルギーも質量のエネルギー変換だとすれば「核分裂」や「核融合」の際に変換される(失われる)質量とはなんですか?また前者より後者のほうが強力なのは何故でしょうか

Aベストアンサー

>>変換される(失われる)質量とはなんですか?

原子核内部の核子の結合エネルギー。
人類はこの結合エネルギーを「質量」として観測してるという事です。

もっとマクロな世界では、人類は、慣性を「質量」として観測してます。

>>「核分裂」より「核融合」の方が強力??

多種多様ですので、一概には比べられません。

水爆の方が原爆より強力だから、「核分裂」より「核融合」の方が強力だと思ってません??

これは、核分裂と核融合の差ではなく、水爆の方が、際限なく強力な爆弾を作れるという事です。

ウラン・プルトニウムには、臨界質量が存在します。
臨界質量を超えてウラン(プルトニウム)塊が存在すると、外部からそれを起爆させなくとも、自然と核分裂の連鎖反応が発生します。

ウラン235の場合は約20kg、プルトニウムの場合は約5kg。
これが限界であって、これを大きく越える爆弾は原理的に作ることが出来ません。

水爆は原理的には制限を持ちません。
燃料塊を大きくして、それを熱核融合下にすれば、いくらでも強力な爆弾を作ることが出来ます。

QLED電球は発光ダイオードを使っているってことは直流ですよね? でもコンセントから取れる家庭用の電力

LED電球は発光ダイオードを使っているってことは直流ですよね?

でもコンセントから取れる家庭用の電力は交流で電力会社から送られてきてコンセントまで交流なので効率が悪いのでは?

LED自体の寿命は4何時間でも交流を直流にするインバータ?の方が先に壊れるのでは?

Aベストアンサー

>交流を直流にするインバータ?の方が先に壊れるのでは?

そうですよ

でもまあ、機械のほうは許容量がありますから長持ちするように作られています
LED電球のほうが先に壊れます、

Qダイアモンドは人口的に作れるそうですが。 炭素を圧縮して極度の熱を加える。 今では ダイアモンドより

ダイアモンドは人口的に作れるそうですが。
炭素を圧縮して極度の熱を加える。
今では ダイアモンドより 凄い スーパーダイヤモンドを作れ。
【天然ダイヤも人口的ダイアモンドも 全て 一緒】
ならば 天然ダイヤモンドの価値は?
天然ダイヤです…という 何かを付けなければならない?
どうなんでしょう?

Aベストアンサー

私が勉めていた会社では人造ダイヤモンドを作っていました。炭素を高温・高圧で(その数値は忘れました)圧縮するわけですが、天然のモノと混同しないように僅かに色を付けていると聞きました。用途は工業用で、宝飾品ではありませんから。

天然のモノと混ぜてしまいそれらしき鑑定書も付けると、見分けがつかないかもね。あとは企業倫理の問題です。相当な技術と設備投資がないと作れず、どうしても信用のある企業になるでしょうから、偽物は出さないでしょう。

Q【工具】工具のモンキーレンチはクルクル回して開く方を下にして回すのはなぜですか? どういう利点がある

【工具】工具のモンキーレンチはクルクル回して開く方を下にして回すのはなぜですか?

どういう利点があるのですか?

クルクル回る方を上にして回すと何が問題になるのでしょうか?

Aベストアンサー

「支点」と「作用点」の問題です。

「クルクル回して開く方」を支点にして、固定の「腕」を作用点にした「てこ」で回します。
逆方向(「クルクル回して開く方」を上)に回転させると、固定の「腕」が支点、「クルクル回して開く方」が作用点になり、構造的に弱い「クルクル回る部分」を破損する可能性があります。

「モンキーレンチの柄」に人間が力をかけたときに、モンキーレンチがどのように動いて、どこにどのような力がかかるのかを考えてみてください。回す方向で、力のかかり方が変わるのが分かるはずです。力のベクトルが向かう「柄」と「腕」のなす「角」が「支点」になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報