【美大生が登場】色のユニバーサルデザインとは? >>

小学校算数のついてです。
0+0=0の計算の教え方を考えています。
0という概念は非常に難しいものです。それを足し算も覚えたばかりの小学生にどのように指導するか、何か良い教え方があれば教えてください!

A 回答 (4件)

以前に子供に教えた時は、プラスチックチップのお金と折り紙でつくった物(手裏剣とか)を使いました。


2人一組にして一人10円持たせます。
折り紙は一つ10円だけど、一つだけ20円の物があります。(確か金銀で作ったもの)
どうしたら買えるか考えさせると、2人のお金を合わせれば変えると気づく子がいます。
一組の一人に1個10円の折り紙を一つ買い物をさせます。2人のお金を合わせると10円。
もう一人にも買い物させるとお金はなくなります。
折り紙を最後に1つ残るようにしておいて、誰かに買わないか聞きます。
でも買えないと言うと思います。理由を聞くと、お金がないと答えると思います。
二人のお金を合わせてごらんと言っても同じです。
その何もないというのが0だと教えました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解決しました

素晴らしい回答ありがとうございます!
お金を見立てて友達と一緒に買い物をさせ、なにもない0を理解させる、とてもわかりやすくおもしろい指導方法です。
こちらを参考に指導案を考えていきたいと思います!

お礼日時:2017/07/03 19:30

教える相手によるでしょう。


小学生に教えるなら、
りんご1つとみかん1で、合わせて2つになります。
りんご0ケとみかん0時で、合わせていくつになりますか?0ケですよね!
と教えてはダメなの?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます
小学生(足し算問題なので恐らく1年生)の子に0を問うと"なにかふわふわしているもの"と答える子もいるそうです。想像力が豊かな彼らにとって真っ向から(回答者様のご指導で)理解する児童とそうではない児童もいます。これが0の難しいところですね、しかし、貴方様の考えも一理あります!ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/01 13:59

凄く難しい質問で、回答を考えるのが楽しかったです。



やはり視覚でわかるようにですかね。
例えばザルと果物を用意して、最初は簡単な足し算から初めて、0+0=0へと進めていくのがいいのかな?
と思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

助かりました

そのように答えてくださるのはとても嬉しいです!
やはり、発達段階の児童には視覚などの感覚から入るのが一番わかりやすいですね!
ザルとは果物を入れるバスケットのようなものでしょうか?2+4=6、3+0=3、0+4=4、0+0=0と順を踏めばいいということですね!ありがとうございます!

お礼日時:2017/07/01 14:02

マイナス数字を知る事だと 思います・・



小学生なら 小遣いで 出来そうですね・・

小遣いが0の場合と マイナス数の場合で・・

けれど 小学生に借金の意味を教えるとなると これも大変かも?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、マイナス数字ですね!
新しい回答で考えさせられます
確かに絶対値である0を探求するならばマイナスも必然的に出てきますね!
お小遣いはわかりやすい例だと思います!
ありがとうございます

お礼日時:2017/07/01 14:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弧度法で弧の長さと面積をだす公式が腑に落ちません

弧度法で弧の長さと面積をだす公式が腑に落ちません

弧の長さは、半径 x 中心角(ラジアン)

面積は、半径 x この長さ x 1/2


とのことですが、なぜ上記の公式で、弧の長さと、面積を求めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

π:円周率

中心角(ラジアン) =2π × 中心角(°) /360°
ということを知っていれば、

弧の長さ:半径 × 中心角(ラジアン) =半径 × 2π × 中心角(°) /360°
     =直径 × π × 中心角(°) /360°
この式から、弧の長さは
「直径 × 円周率」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

そして、
扇形の面積:半径 × 弧の長さ × 1/2 =半径 × 半径 × 2π × 中心角(°) /360° × 1/2
      =π × 半径 × 半径 × 中心角(°) /360°
と計算式を変形すれば、ここから
「円周率 × 半径 × 半径」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

よって、このようにすると
「直径 × 円周率」が円の円周の長さ、
「円周率 × 半径 × 半径」が円の面積であることはすでに習っているはずなので
計算式上で理解しやすいはずです。


さて、ではなぜラジアンを使うのでしょうかという問いですが、
実は半径1の円において、円周の長さが2π(ラジアン)であることに関係しています。
半径1の円の弧の長さ
=円周の長さ × 中心角の割合 =2π × 中心角の割合
=中心角(ラジアン)
ここから、弧の長さ=半径×中心角(ラジアン)が導かれるのです。
きちんと理解ができていれば、ラジアンを使ったほうが簡単だったというだけですね。


扇形の面積に関しては、計算式から求めても構わないのですが、
直感的には、No.4のかたの言うように、三角形に細分化したものを考えます。

同じ扇形を二つ用意して、これを小さな扇形にカットしたものを想像してください。
そしてそれを交互に組み合わせていきます。
 ~~~~
/    /
~~~~
カットの仕方が大きいと上の図のようになりますが、
より微細にカットしたものを使うことによって、
| ̄ ̄ ̄|
|   |
  ̄ ̄ ̄
というように、だんだん長方形に近づいていきます。
このとき、底辺が弧の長さ、高さが半径に近づいていきます。
こうすることによって、
扇形の面積(の2個分)は弧の長さ × 半径 と表されるのです。
すなわち、
扇形の面積=弧の長さ × 半径 ÷2
という式が導かれるわけです。

この作業をしているのが積分なのですが、それは割愛します。

π:円周率

中心角(ラジアン) =2π × 中心角(°) /360°
ということを知っていれば、

弧の長さ:半径 × 中心角(ラジアン) =半径 × 2π × 中心角(°) /360°
     =直径 × π × 中心角(°) /360°
この式から、弧の長さは
「直径 × 円周率」に中心角の割合を掛け合わせたものだとわかります。

そして、
扇形の面積:半径 × 弧の長さ × 1/2 =半径 × 半径 × 2π × 中心角(°) /360° × 1/2
      =π × 半径 × 半径 × 中心角(°) /360°
と計算式を変形すれば、ここから
「円周率 × 半径 × 半径」に中心角...続きを読む

Q【数学・三角比】「3対4だと斜辺は5になる」ってなんでですか? 1対2対√3も1対1対√2も該当しま

【数学・三角比】「3対4だと斜辺は5になる」ってなんでですか?

1対2対√3も1対1対√2も該当しませんよね?

どういうことですか?

Aベストアンサー

3² + 4² = 5²
(9 + 16 = 25)

ピタゴラスの定理とか三平方の定理とか言う。

直角三角形の斜辺の長さの2乗は他の辺の2乗の和に等しい。

この逆も成立する。

5:12:13でも直角三角形になるよ。
5²+12²=13² になるからね。
(25 + 144 = 169)

Q-3分の2(-3/2)は、有理数ですか?

-3分の2(-3/2)は、有理数ですか?

Aベストアンサー

>>マイナスは関係ないんですね?!
無いですよ。-1/2も1/2も、-1も1も有理数。
有理って言うのは、分数で書けるって言う意味だからね。

整数の3も3/1、と、分数で書けるから有理数。

Q九九を覚えずにかけ算をする方法と 本に書いてあったのです。 6✖8 =6✖(10➖2) =6✖10➖

九九を覚えずにかけ算をする方法と
本に書いてあったのです。
6✖8
=6✖(10➖2)
=6✖10➖6✖2
=60➖12
=48

もしくは
8✖6
=8✖(5➕1)
=8✖(10➗2➕1)
=8✖10➗2➕8✖1
=40➕8
=48

さらに二桁も
23✖16
=23✖(10➕6)
=23✖(10➕10➗2➕1)
=23✖10➕23✖10➗2➕23
=230➕115➕23
=368

という計算方法らしいです。
さっぱり分かりませんでした。
誰か砕けて教えて下さい。
面倒でしたら一問でもいいのでよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

インド式計算方法でしょうが、また、
文字が、中学になると、方程式をたてる時に出てきますが、
式の展開で、
(a+b)c=a・c+b・c …(1)
a(b+c)=a・b+a・c …(2)
を組み合わせた
(a+b)(c+d)=(a+b)c+(a+b)d または
=a(c+d)+b(c+d) どちらでも
=ac+ad+bc+bd より

8・6 でしたら、(2)で、a=8,b=5,c=1 とおいて計算してください!
10進法なので、10や5がわかりやすいですね!

わかりにくければ、( )の中身を他の文字、例えば、t とおいてもらったらわかりやすい!

Qy=x^nの導関数はy'=nx^(n-1) (nは自然数)とか書かれてましたがnか実数なら成り立ちま

y=x^nの導関数はy'=nx^(n-1) (nは自然数)とか書かれてましたがnか実数なら成り立ちますよね?

Aベストアンサー

成り立つ。
証明には対数微分を使い、最後に指数法則を適用して完了。

Qxのy乗ってどんな名前?

「xのy乗」のxは、底でy乗が指数、べき指数と呼びます。ところで「xのy乗」や「xの-y乗」という形そのものについては、名称は、付いているのでしょうか。
もし仮に特に決まった名称がない場合、「xのy乗」と「xの-y乗」に名称を付けるとしたらなんと付けますか。

Aベストアンサー

そのような書き方は「べき乗」あるいは「指数表示」。

Q3個のボールが入った袋に2個のボールを入れると全部で5個になるのは経験則ですよね。 だからこの操作は

3個のボールが入った袋に2個のボールを入れると全部で5個になるのは経験則ですよね。
だからこの操作は科学といえますか?

Aベストアンサー

経験から法則を作り、事実と照らし合わせる行為は科学そのものです。

Q数学 式による説明

数学の式による説明の分野が全くわかりません・・・

詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

「数学の式による説明の分野が全くわかりません」などという、極めて抽象的な個人的感想
を言われても、対応できる人はいないと思うが...。

Qなんで対数の計算をした後に、分子が2次式になってるんですか?

なんで対数の計算をした後に、分子が2次式になってるんですか?

Aベストアンサー

絶対値があるとややこしいから、無かったとして。
x=(x²)¹/²

両辺の対数をとると、logx=1/2・logx²
係数を1/2に揃えている訳。

1/2・logx² - 1/2・log(x²+1)=1/2・{logx² - log(x²+1)}=
1/2・log{x²/(x²+1)}

と出来る

Q数学の実数の問題です。

こんばんは、ただいま数学の先生からの難題に頭を抱えています。
その答えを見つけるにあたり下記の解、またその証明方法が知りたいです。
中学生でもわかる証明法だといいです。

[2,3]と[2,10]において、どちらの区間がより多い実数を有しているか。

どちらも無限に続くので参っています。
ヒントだけでもよろしいので教えて下さいませんか。

*自分なりに一応考えてみました。
[2,3]の実数をx(∞)とする(仮定)       ・・・①
[2,10]の実数は[2,3]の8倍なので8x      ・・・②
①と②より、  x<8x
故に [2,3]<[2,10]
はじめはこれが正解だと思っていたのですが、見直したところ、どうにも安直な証明法なのでここに質問することにしました。

Aベストアンサー

濃度という意味で言えば同じですね。

小数点以下の桁数が限られていればあなたが考えた通りなのですが、
実際には桁数も無限なので、無限の実数を含むことになります。
無限なのだから当然個数で比較することはできません。
ですので、別の考え方が必要でしょう。


区間 [2,3] から、実数xを一つ取ります。
ここで変換式 8(x-2)+2 を適用すると
どんなxに対しても区間 [2,10] の実数になります。

逆に、区間 [2,10] から、実数yを一つ取り
変換式 (1/8)(y-2)+2 を適用すると
どんなyに対しても区間 [2,3] の実数になります。

つまり、二つの区間内の実数が一対一で変換できるので、
個数は同じだけある。
というのが答えになります。

大学数学ではこれを濃度が同じとしています。
イメージとしては「長さが違ったとしても同じ一本の線(の区間)」
なので一対一に対応できるのは当たり前、といったところでしょうか。


人気Q&Aランキング