代用表記1 C^ G^ H^ J^ S^ U^
代用表記2 Ch Gh Hh Jh Sh U
代用表記3 Cx Gx Hx Jx Sx Ux
のように3通りありますが、どれにしようか迷っています。2のほうは、Ghが英語ではふつう、ghetto のように /g/という音を表すので、混乱してしまいます。
1と2ではどっちがいいでしょうか? それぞれどのようなプラスとマイナスがあるのか、どっちを選んだほうがいいという理由も教えてください。

A 回答 (2件)

> 第1正書法は試したことはあるのですが、たしか、スカイプやメールなどでは相手


> に表示されないのではなかったのでは?

スカイプではクライアントソフトの仕様次第ですね。

メールならば、UTF-8でエンコードすれば、日本語の文字と字上符付きの文字を問
題なく混在させることができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カナダマルチリンガルを入れてみました。スカイプなどで試してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2017/11/18 19:21

英語は別の言語なんですから、英語の都合はエスペラント語では無視すべきでしょ


う。例えば、イタリア語では"che"は[ke]ですが、イタリア語を使っているときに英
語の綴りと発音の関係を気にする必要はありません。

その3つのうちだと、2番のみが第2正書法として公式に認められるものとなってい
ます。しかし、第2正書法には欠点があります。"h"が第1正書法で既に使われている
文字であることです。そのため、"flughaveno"で2つの正書法の衝突が起こります。

やはり、第1正書法を使うのが一番です。スマートフォン向けにはエスペラント語キー
ボードKlavaroが出ていますし、Windowsではカナダマルチリンガルという強力な
キーボード設定があります。この設定にした後、日本語キーボードからは次のよう
に目的の文字を入力できます。

ĉ ~ ŝ ... @ に続けて字上符の下の文字を打つ。

ŭ ... ctrl + shift + ] に続けて u を打つ。

カナダマルチリンガルを使えば、フランス語、ドイツ語、スペイン語も簡単に入力
できます。慣れておいて損はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。Ch Gh Hh Jh Sh Uにそのような欠点があることは知りませんでした。第1正書法は試したことはあるのですが、たしか、スカイプやメールなどでは相手に表示されないのではなかったのでは?

お礼日時:2017/11/15 16:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング