ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

ふるさと納税の仕組みをお消えてください!分かりやすく!(• ▽ •;)

A 回答 (3件)

その年の年度末までにある一定額を各自治体へ寄付をするとその自治体から返礼品を頂き、その一定額から2000円を引いた金額が翌年度の住民税から控除されるというシステムです。

一定額とはその年の給与総所得から算出される額ですので人それぞれ一定額はまちまちです。例えば、その年の年間総所得が2,600,000円前後だと仮定するとおおよそ一定額は22,000円位になりますが、この年にその22,000円を自分の希望する自治体に寄付をすれば、(22,000円-2,000円=20,000円)というように20,000円が翌年度の住民税より控除されるということです。もう少し分かりやすく説明するとその年の給与総所得が低かったり、高かったりして一定額の大小がそれぞれあったとしても、実質の個人負担額は一律2,000円ということです。手続きに関しては翌年、自ら確定申告する方法、もしくは1年間の寄付先が5自治体まででしたら、ワンストップ特例制度といって自治体から後日、郵送されてくる寄付金税額控除に係る申告特例申請書に沿って必要事項を記載し、自治体へ返送すれば完了です。ですから、なるべくは色々各ふるさと納税サイトで比較しあって返礼品の高価なものを選んだほうが良いと思いますし、各サイトによってはポイント制度などお得なサイトも多々ありますので、じっくり選択することをおすすめします。
    • good
    • 0

地方は人が少ないから、お金がない。


けどお金がほしい!
じゃあ、県外の人から貰おう!
そこで、本来なら自分の住んでいる県に納めるはずの税金を、(例えば東京の人が秋田に)
県外に納めます。
その見返りは美味しいお肉だったり野菜です。
いつもなら納税してもなんにも貰えないけど、ふるさと納税なら貰えちゃう!
こんな感じだったと思う
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング