プロが教えるわが家の防犯対策術!

存在の定義がなされていませんねえ

哲学でも科学でも成されていないのでしょうか?

特に哲学においてはそれが定義されてないとしたら大問題です

おそらく各々の哲学者が定義してると思うのですが

私も定義してみました

存在と言うからには 在るのだろう。何があるかと言えばエネルギーと物質と性質だろう。

物質はその質量がエネルギーと等価という事なので(E=mc^2)

物質もエネルギーの一種だろうと考えます。

エネルギーも物質の一種だという人も居ましたが

物理学ではどうなっているのでしょうか?

私の考えでは 存在というのは 人間の概念とか「我」というものも性質の一種だと思います

人間の脳で性質が働いているのだと思います。

ですから 存在は エネルギーと性質で出来ている と成ります。

言い方を変えると「存在は皆性質を持ったエネルギー」であると思っています

間違っているでしょうか?

性質の存在というのが分かりにくいと思うのですが そう考えると「我」や「心」が説明できます。

エネルギー(物質も)の持つ性質が脳で神経単位ニューロンを神経伝達物質が伝わり

脳波(微弱な電磁波)や脳内物質 ホルモンや脳内モルヒネ 或いは以下の様な伝達物質

アミン類
アスパラギン酸
グルタミン酸 (Glu)
γ-アミノ酪酸 (GABA)
グリシン (Gly)
アセチルコリン
アセチルコリン (ACh)
モノアミン類
詳細は「モノアミン神経伝達物質」を参照
モノアミン類は次より合成。

フェニルアラニン、チロシンより合成(合成経路でカテコールアミンを経由)
ドーパミン (DA)
ノルアドレナリン(NAd)
アドレナリン(Ad)
オクトパミン
チラミン
フェネチルアミン (PEA)
フェニルエタノールアミン (PEOH)
トリプトファンより合成
セロトニン (5-hydroxytryptamine, 5-HT)
メラトニン (Mel) (セロトニンより導かれるが、モノアミンではない)
ヒスチジンより合成
ヒスタミン (H)
ポリペプチド類(神経ペプチド類)
ペプチドホルモンと共通するものが含まれる。

ボンベジン
ガストリン放出ペプチド (GRP)
ニューロテンシン
ガラニン
カルシトニン遺伝子関連ペプチド (CGRP)
ガストリン類
ガストリン
コレシストキニン (CCK)
Neurohypophyseal類
バソプレッシン
オキシトシン
ニューロフィジンI
ニューロフィジンII
神経ペプチドY
N-アセチルアスパラチルグルタミン酸(NAAG) (英)
神経ペプチドY (NY)
膵ペプチド (PP)
ペプチドYY (PYY)
オピオイド
副腎皮質刺激ホルモン
ベータリポトロピン
ダイノルフィン
エンドルフィン
エンケファリン
ロイモルフィン
セクレチン類
セクレチン
モチリン
グルカゴン
血管作動性腸管ペプチド (VIP)
下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ペプチド (PACAP)
成長ホルモン放出因子 (GRF)
ソマトスタチン
ソマトスタチン
タキキニン類
ニューロキニンA
ニューロキニンB
ニューロペプチドA
ガンマニューロペプチド
P物質
その他
一酸化窒素 (NO)
一酸化炭素 (CO)
アグマチン
アナンダミド
ジメチルトリプタミン
アデノシン
アデノシン三リン酸 (ATP)
アデノシン二リン酸 (ADP)
マグネシウム
タウリン[注釈 1][1]。(Wikipedia)

これらの性質が精神を主体化しているのだと思います。

勿論視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚などを通して外の世界からの情報が入って来ます。

こう言う事ではないでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • アドレナリン、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン、GABAの4つの神経伝達物質は有名です。

      補足日時:2022/06/09 20:19
  • うれしい

    この様な物質やエネルギーが「ハード」であり 性質や精神が「ソフト」なのです。

    唯物論(ハード)は客観的に見た世界を説き 唯心論(ソフト)は主観的に見た世界を説きます。

    パソコンやスマホにもハードとソフトがある様に 現実にもハードの世界とソフトの世界が在るのです。

    分かりやすく言うと 物質がハードで 心(精神)等がソフトなのです。

      補足日時:2022/06/10 19:17
  • 質問者不調のためにお礼が遅くなります。

      補足日時:2022/06/20 22:25

A 回答 (24件中1~10件)

自分語りは気持ちいいよね。


自分で思ったこと、自分で考えたことを、自分の言葉で語ればいいだけだから。知った風なことを口が動くに任せて言うのも楽でいい。理解のための必要な分の苦労は、自分の話に耳を傾けてくれる他の人に押し付ければ済むんだから。

一方で、他人が思った事、他人が考えたことを理解し、他人に通じる言葉で語るのは努力が必要だ。自分の枠を超えなければならないから。
でもそれが出来て当たり前なのが人間。一人で生きてるのではないから、意味や意義が生まれるし、言葉にも価値と魂が宿る。生きる世界も広がる。

人から生まれても、人間に成る気のないやつは、成らないまま終わる。
短い人生を、独りよがりで過ごし空しく老いる。

そんな奴になるなよ。ダサいぞ。

貴方の良い所は素直になれる所だ。
ダメなところは、賢いフリをしようとするところ。

なんだか俺に似てるな(笑)

心配要らない。そんな振りしなくても、誰一人あなたを認めないなんてことは無いよ。
空論は捨てて、一から出直せば道も開ける。心を開いて空(そら)を吸い込むんだ。気持ちいいよ。それで、先ずは人の話に耳を傾けることから始めるんだ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

これはどうも ありがとうございます。

しかしながら・・・・・僕がこの結論に達するのに30年かかりました

全く正しいとは思っていません

しかし何かの叩き台を出さない事には 話は始まらないんじゃないでしょうか?

僕は理系の大学を中退し 本当にやりたかった哲学を独学で20年やり

病気をしたり労働をしたりしながら考えたのです

その結論の一部が「存在」の定義付けです。

この宇宙にはエネルギーと性質しかない と言う事と思っています

他に何が在るでしょうか?

物理や生物 熱エネルギーの法則や進化論などを考えた結果 こう思ったのです。

勿論哲学は参考にしました。唯物論や唯心論 我思う故に我ありから来る

実存主義など参考書を5冊くらい読みました。

間違ってるかもしれませんが これが僕の今のところの考えです。

お礼日時:2022/06/10 17:56

存在の中でも、際立って分からないのが、生命の存在です


何らかの手が加わった とか 極小物質にエイリアンがいる
(ホーキンス)とか ありのままを受け入れるしかない とか
この不思議さを解明できる確率は 限りなくゼロなのです

全ての存在は「神が作った」の方が納得し易い程です

軽々に結論を出す人や、解る、と言う人は
詐欺師と間違えられますので注意しましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ああ 結論だと書いたので皆さんそう思うのですね

僕の考えです。今時点での考えです。

それを結論は と書いたのです。

神が作ったのなら 神は何が作ったのかとか

神が作ったにしては滅茶苦茶じゃないか とか

思う人も多いですよね。

神も仏もあるものかと思う人は多いです。

神は何をしようとして我々を作ったのでしょうねえ?

ただ作ってみたら大変だった 上手く出来なかった と言う事でしょうか?

結論と書いたのが間違えでした。僕の我流の哲学です。

お礼日時:2022/06/10 18:02

ハルさんなりに


知識として定義してるのは理解してるのはわかるけど

実際に人間として人生を歩んできた経験哲学からしたら

物質やエネルギーと言われても( ̄~ ̄;)美味しいの?


とはとは思うよ

存在とはなんぞや
自分自身が他者や他人
回りの環境を認識出来る行為としか
言えないかなぁ~

認識できなきゃ、認識されない

存在とはそんな感じかなぁ~

幽霊とか魂とかとか
非科学的な話でも

認識できる人は認識してて

認識出来ない人は認識できない

てな感じだもんね

自分自身の意識の存在なんてのも
認識してるようで認識してなくて

自分自身の意識の存在があやふやだからこそ

他人や他者の意識の存在を通して
理解してるもんね


回答になってなかったら
ごめんねm(._.)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

人間は完全ではないのです 全然。

人間の認識だけでは宇宙の事は分かり切れません

分からない事だらけです

勿論「我れ」や唯心論も考えますが 客観的に考えなければ

真実・真理は分からないのです。

主観と客観両方考えないと真理は分かりません。

霊とか古い言葉ですが 他の言葉も皆古いです

それの意味するところを考えて理解に役立てるしかありません。

哲学に科学用語は馴染まないかもしれませんが

巷の人は科学は知ってても哲学はほとんど知りません。

科学の言葉の方が説得力があるのです。?

何とか巷の人に分かって貰わなければなりません。

お礼日時:2022/06/10 18:39

神経伝達物質をズラズラと並べるよりも


「これらの性質が精神を主体化」の具体例を挙げる方が伝わりやすいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

これらの物質以外に精神の正体は何か?

何が在るのでしょうか?

私が書いた 外界の環境・宇宙まで認識できるだけして

それ以外に何が在るのかと思うのです。

僕は向精神薬を飲んでいます。飲むと精神の状態が変わるのです

極端に言えば意識を止める事も出来ます。

眠ってしまうとか 死んでしまうとか出来るのです

幻聴を抑えたり妄想を抑えたりします

精神をコントロールできます

性質以外に何が精神を成して主体化していると言えるでしょうか?

お礼日時:2022/06/10 18:47

仮想通貨のように存在しないものが現実世界で価値を保つ場合もあるので、物理的な存在の意義はそれほど重要ではないと思います


メタバースが進めば、現実の存在より電子的・仮想的な存在の方が重要にような気もします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

そうですね

つまり私の書いたのがハードで ソフトが精神なのです。

物質(エネルギー)がハードで 性質がソフトなのです。

裏と表はないと思いますが

唯物論(ハード)と唯心論(ソフト)の世界が在るのです。

お礼日時:2022/06/10 19:00

物理学の話なら物理学カテで質問しなさいよ。


ロクに学ばずに浅学のままツギハギの我流を重ねているからいつまで経っても自分の誤りにも気付かず根無し草のままなんでしょうに。

まさに、下手な考え休むに似たり。

存在する、とは、ある、ということ。
これで説明は終わってるし。

この説明で分からないのなら、もはやあなたの言っている存在とは我々が使っている存在という言葉とは違う言葉です。

ほんともういい加減次の段階に成長したほうがいいですよ?
    • good
    • 0

「主体化」という言葉に違和感があるんですよ。


向精神薬は私ものんだことがあるから知ってます。
でも、精神がクスリに操作されてる感じはしないけどなー
だって、クスリによる高揚感や多幸感って、全然主体的なものではないでしょう?
逆にクスリが切れた時の落ち込み方はひどい。
わたしだけ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

薬が切れたら薬を飲む前の状態になっていしまいます。

好奇心で飲んだのでなければ 飲む前は何か違和感が在ったのでしょうねえ。

薬は続けないとまた病気になります。

薬によってはほわ~~っといい気分になるものもあります。

鬱剤とかもそうかも。

「主体化」に違和感があると仰いましたが 主体化していませんか?あなた御自身は?主体化した証拠です。生まれた時にはなかったのですから あなたが。

お礼日時:2022/06/11 17:21

>しかしながら・・・・・僕がこの結論に達するのに30年かかりました



みんなそうだよ。生きた年月分、みんな頑張ってる。そして、それだけの結論を皆それぞれに、持ってる。ハルさんだけではないよ。
ただ、それでも、自己完結して終わるか、他者と通じ合えるかどうかの違いはある。
他者と通じ合えるためにはどうすれば良いのかを考えるべき時が来ているのではないでしょうか。

自分だけではないのだ、と、思えるかどうかがカギになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

確かに僕は当たり前のことを言ってるつもりで

そうじゃなくて 高校これこれと言うのが真実だ と言う話も聞いてみたいです

哲学の世界は 当たり前のことを考えすぎて訳が分からなくなってる感があります

私の論は普通だと思っています。

もう結論が出て20数年なんで当たり前の事だと思っています。

みなさんも唯物論と唯心論はどういう関係にあるのか 考えてもらいたいと思います。

今の現実では 唯物論のロシアが唯心論のヨーロッパに喧嘩を売っていると

思う事も出来ます。

お礼日時:2022/06/11 19:22

なら問う



完全なにそれ美味しいの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

完全なドリンクは美味しいし 完全な人口食物は美味しい

美味しいように作る事が出来るからです。

人間にとって完全なら それは美味しいです。^^

お礼日時:2022/06/11 19:26

>「主体化」に違和感があると仰いましたが 主体化していませんか?あなた御自身は?主体化した証拠です。

生まれた時にはなかったのですから あなたが。<

あなたは「これらの性質が精神を主体化」と書かれています。だから、性質がどういうメカニズムで精神を主体化してるの?ってな疑問が湧いてくるのは当然でしょ?
でも、そんなのわかるわけがないですよね。
いろいろこじつけて「主体化した証拠」としか言えない。
だから、結局は水掛け論。

しかも、「性質」については「辞書が追いついていない」とまで言って、自分の拡大解釈を正当化。
私は以前、それは宗教だと言いましたけど、宗教どころじゃない、もうオカルトの域かもよ。

わたしだって自分の凸凹アタマがどうなっているのか、自閉症のメカニズムを知りたくていろいろ本を読んでますけど、メカニズムについてはまだまだ謎です。脳科学でも心理学でも。根拠の乏しい対症療法的なものは多いけど、気休めにしかならないですよ。健康食品やダイエット本みたいなもので。

発達障害にはセロトニン異常があるらしいことまではわかっていますが、その先はまだよくわかっていない。だったら「わからない」としておくのが誠実な学究態度だと思います。
要するにあなたは、「仮説」だと言いながら延々と水掛け論をやって自説に執着し、それを他人に押し付けてるんですよね。それを親切に指摘してくれる人がいても、聞いちゃいないもんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どう思う?

聞いてはいますよ。私が確信しているだけで あなたがそう思わないのは自由ですよ。

でも「性質」が存在すると多くの事に説明がつくのです。

仮説と言わなければガイ基地扱いされますから

そう思わないならそれ以上押し付けることはないですよ

読まなければいいだけです。

思想信条の自由と言う訳です。

だからと言って私を非難したら 何か法律が変わったようですが

謂れのない非難は違法になりますので 悪しからず。

お礼日時:2022/06/13 22:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!