プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

タイトル通り。

A 回答 (9件)

はい。


ご近所で助け合わないと暮らしていけない時代でした。
    • good
    • 0

隣近所、両向かいという言葉があるように人とのつながりは濃厚でした。


塩が足りない、しょうゆが足りない。隣で借りよう。当たり前でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんでみんなそんなに詳しいのですか?

お礼日時:2022/09/19 20:00

相互監視も含めた相互扶助のための「五人組」などの制度が隅々まで行き渡っていましたからね。

今よりも繋がりは深かったと思います。
    • good
    • 0

ハイ。



例えば、町内で、みなしごなどが
出れば、町全体で面倒をみることに
なっていました。

子が犯罪を侵せば親も連帯責任。
そのため勘当という制度があったほど
です。


現代でも、途上国では人間関係は
濃いです。
濃厚にしておかないと、生活出来ません。

引っ越ししたい。
そのためには車が必要なので、
知人を通して、車のある人間と渡りを
つける必要がある。

日本ならお金があれば、そんな人間関係は
必要ありません。

かくて、先進国になると、人間関係が
希薄になるのです。
    • good
    • 0

電話もねぇ~、テレビもねぇ~、たまに見るのは掲示板。



面等向かって話をしなければ、何も伝わらない時代ですからね。
    • good
    • 0

トントントンカラリッと隣組


廻してちゃうだい回覧板
教えられたり
教えたり〜♪

相互牽制組織でも在りました。
    • good
    • 2

狭い範囲では繋がりは深かったでしょう。


が、少し離れれば繋がりは薄れます。
今と違って距離が繋がりの要でしたから。
    • good
    • 0

庶民は長屋住まいでしたから、隣人同士、長屋の住民同士で繋がりがありました。

    • good
    • 0

江戸時代から昭和50年までは今より遥かに繋がりあったね、

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング