「教えて!ピックアップ」リリース!

と思うのですが、いかがですか?

三浦つとむによると、「は」は普遍性、または特殊性の認識を表わし、「が」が表すのは個別性の認識だと言う。

  [ 1-アーc. (海に住んではいるが)鯨は哺乳類だ。](単純な主題提示)
これは三浦つとむの「普遍性」の認識に該当するだろう。

  [ 1-アーa.(新幹線の車窓から眺めて)富士山はいつ見ても美しい。](単純な主題提示)
  [ 1ーイーa.(鳥海山は国定公園だが、)富士山は国立公園だ。](対比)
  [ 1-ウーa. 富士山は日本一の山だ。](同定文)
などは「特殊性」の認識である。

  [ 2-ウーa. 富士山が日本一の山だ。]
これについては「個別性」の認識だと言う。

たしかに、客体はすべて普遍性の側面と特殊性の側面を持っている。シチュエーション次第で変化するのであり、客体それのみを取り上げてどちらと言うことはできない。
  [ 1ーイーa.(鳥海山は国定公園だが、)富士山は国立公園だ。]
の場合も、特殊性であるが普遍性の側面が消滅しているわけではない。
対比して主題提示したいので [ 結果的に ] 特殊性について述べる形になっている。特殊性がクローズアップされているだけである。
「富士山」という客体は、常に普遍性と特殊性を内包しているということだが、そうした普遍性と特殊性の両者を含む「富士山」として立ち上がっているのが、
  [ 2-ウーa. 富士山が日本一の山だ。]
という場合で、これが個別性の認識だ。
なぜ後者の場合だけ《普遍性と特殊性の両者を秘めている「富士山」として立ち上がる》ことができるのかというと、主題提示と主格指定という両者の意義の違いが大きく関係している。
後者の場合、単に主題を提示する、つまり話題を振るのではなく、「日本一の山だ」という述部の主格として「富士山」を明確に指定しなければならない。
普遍性なのか特殊性なのかという詮索が入り込むゆとりは無いのである。
判断文ではなく現象文と言われるのも、このためだ。

たしかに、個別性は普遍性と特殊性の両側面を秘めた状態で認識される。
ただ、これは、あくまで、

[ 2-イーe. 友人が遊びに来た。]
のような中立叙述の場合であり、《A 以外を意識せずに A を主格指定したい場合》だろう。

[ 2ーアーd. (僕ではなく)友人がこのケーキを作った。]
といった総記の場合は、
《A 以外を意識しながら A を主格指定したい場合》である。
この友人に対して、《普遍性と特殊性の両側面》を秘めているという認識が果たして妥当と言えるであろうか。
[ 1ーイーg. (みんなは賛成したが、)僕は反対した。]
と比べてみるとよい。
これは特殊性の認識だ。
《A 以外を意識しながら A を主題提示したい場合》である。

三浦は、
[ 1ーイーg. (みんなは賛成したが、)僕は反対した。]
は普遍性ではなく特殊性の認識だが、
[ 2ーアーd. (僕ではなく、)友人がこのケーキを作った。]
は《普遍性と特殊性の両側面》を秘めている個別性の認識だ、と三浦は言っていることになるが、これはさすがに無理筋だろう。

普遍性の認識は
《A 以外を意識せずに A を主題提示したい場合》
であり単純な主題提示で表現することができる。
  [ 1-アーc. (海に住んではいるが)鯨は哺乳類だ。]
下記のように、普遍性と言うと誤解を招きやすく一般性と呼ぶ方が妥当な場合もある。
  [ 1-アーb. (自己紹介などで)私は社長だ。]

特殊性の認識は、
《A 以外を意識しながら A を主題提示したい場合》
であり、対比(限定)のための主題提示で表現することができる。
  [ 1ーイーc.(鮫は魚類だが)鯨は哺乳類だ。]

個別性の認識は、
《A 以外を意識しながら A を主格指定したい場合》
であり排他の主格指定。
  [ 2-ア-b. (鳥海山ではなく)富士山が世界文化遺産だ。]
及び、
《A 以外を意識せずに A を主格指定したい場合》
であり単純な述懐のための主格指定、いわゆる中立叙述である。
  [ 2-イ-a. 富士山が噴火した。 ]
と捉えればよい。

しかし、肝心なのは、
  [ 1ーイーc.(鮫は魚類だが)鯨は哺乳類だ。]を個別性と呼んで何ら差支えはないのであり、
  [ 2-ア-b. (鳥海山ではなく)富士山が世界文化遺産だ。](総記・排他)
  [ 2-イ-a. 富士山が噴火した。 ](中立叙述)
を特殊性と呼んでも論理的に何の矛盾も生じない、ということだ。
三浦はこの点を見落としている。

用語自体に固執しすぎて日本語理解を妨げるなら本末転倒である。
これ(普遍・特殊・個別という概念)を「は」と「が」の使い分けに持ち込んだのは三浦の勇み足と捉えざるを得ない。


ヘーゲルの「普遍―特殊―個別」論理 ――『法の哲学』の自由論 
山内 清
https://www.tsuruoka-nct.ac.jp/wp-content/upload …
からご参考までに関連個所を引用しておきます。

②普遍 「普遍」はまず始元性、直接性であり、ついで反省 性として規定性=特殊性をもって現れる。しかし普遍 が普遍として現象することはない。
上記のようにかな らず特殊や個別で現象する。
普遍は自己同一性を保つように 同時に否定的に規定され、現象し、段階化するのであ る。

③特殊 「特殊」は普遍の自己否定性であり、普遍の対立概 念である。しかし、普遍の否定で特殊にいたっても、 特殊は普遍の要素をまったくもたないということでは ない。
だから特殊ではむし ろ「普遍が濁りなく自己同一性を保っている」のであ り、特殊として存在する普遍である。「普遍は特殊にお いて他者のもとにあるのではなく、まったく自分自身 のもとにある」(大論理、下、45 頁)。特
特殊が普遍と区 別される点は、特殊は一つとは限らず多数存在するこ とである。そうした特殊の多面な可能性が現実に一つ に絞り込まれたものが個別である。
特殊は普遍と個別 を結合する環である。

④個別 「個別」は普遍と特殊という対立物の統一であるが、 それ自体自立した具体的なものである。
「個別の契機に なってはじめて、概念の諸契機が区別として定立され る」(165 節)。
すなわち個別に至ってはじめて普遍や 特殊が意味をもつのであり、逆に言えば個別のものを 分析することで普遍や特殊がわかる。
概念の三契機は もともと不可分なものだが、普遍や特殊をみた際に、 すでに個別が見通されている。
普遍の自己否定的な産 出が種々の特殊であり、諸特殊の一つの特殊への固定 化、諸可能性を一つの現実に絞り込むこと、すなわち 否定すること、
総括的には普遍の否定の否定的産出が 個別である。

質問者からの補足コメント

  • ちょっと追加で。

    >三浦が「が」は排他だとは述べている箇所は見つけられませんでしたが。

    そもそもですが、みんなが嫌がっている仕事について、

    私がやります。

    と言う場合に排他の意図が働いているのは、いくら三浦でも否定はしないと思う。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/11/18 16:29
  • 大事な点なので再掲

    これは個人的な感覚としてですが、たとえば富士山は最初から富士山として存在したわけではないと思います。
    何回かの火山活動によって地面から盛り上がった形状が生まれたのだと思いますが、そのようなものとして形作られた形状として普遍性を持つと言えるんじゃないですかね、たぶんですが。

    後に富士山という名称がつくわけですが、これを他の山々と対比的に捉える認識が特殊性の認識でしょう。
    しかし、この場合でも《火山活動によって地面から盛り上がった形状》という属性が失われているわけじゃない。

    No.44の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/11/18 18:39
  • 狭い範囲を示すのが個別で、広い範囲を示すのが普遍。
    他と違うものとして示すのが特殊。
    だいたい、このような捉え方をなさっているということですかね?

    しかし、

    ・象が鼻は長い

    の場合は適用できないですよね?

    No.49の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/11/18 23:11
  • 2.
    事物をこのように認識するのは、それなりの価値があり、その点で三浦は間違っていたわけではない。
    しかし、落としたカバンが車にひかれ、
    「(ボールペンはセーフだったが)万年筆は壊れた」
    「(ボールペンはセーフだったが)万年筆が壊れた」
    という文において、前者は特殊性、後者は個別性としたことが勇み足だった。
    「前者は個別性、後者は特殊性」と言って何がおかしいんじゃい!
    という極めて当然、且つ論理的な疑念を払しょくすることはできないからです。

    No.56の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/11/18 23:59
  • ⤴の表現が気に入らないので以下のように訂正します。


    「前者は個別性、後者は特殊性」と言って何がおかしいんじゃい!
    という極めて当然、且つ論理的な疑念を払しょくすることはできないからです。


    前者が特殊性の認識で、後者が個別性の認識であること自体に何ら問題はない。
    しかし、
    《「は」を使うと個別性の認識であり、「が」を使うと特殊性の認識である。》
    と言ったとしても、車にひかれた万年筆の状況に何ら変わりはないのであるから、ハ・ガの使い分けとして特殊性や個別性を持ち出すのは筋が違う、ということです。

      補足日時:2022/11/19 00:21
  • ・これは最新型です。(あれは最新型ではない。)特殊
    ・これが最新型です。(あれは最新型ではない。)排他

    どちらも正しいのであって【この点で】三浦が間違っているわけではない。
    当方は、そこを突いているわけじゃない。

    しかし、どちらも(あれは最新型ではない)という観念的な前提が存在するシチュエーションである点では何ら変わらないのだから、それをハ・ガの使い分けに活用しようとしたのは勇み足だった、と申し上げている次第。

    伝わりませんかねえ・・・。(笑)

      補足日時:2022/11/19 16:00
  • > さて本題に関しては雑音と関わりたくないのでリンクにします。

    お気持ちはよくわかります。(笑)

    No.127の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2022/11/20 23:30

A 回答 (139件中1~10件)

No.139



三浦が言ってることを理解できたようだな。
    • good
    • 0

>>・これは最新型です。

(あれは最新型ではない。)特殊
・これが最新型です。(あれは最新型ではない。)排他
どちらも正しいのであって【この点で】三浦が間違っているわけではない。

こんなことは三浦は言っていません。

・これは最新型です。(他との比較・対照を前提)特殊性の判断
・これが最新型です。(他との比較の認識はない)個別性の判断

ということです。■
    • good
    • 0

これまでの議論を振り返ると、



No.14
回答者: 八丁堀の旦那 回答日時:2022/11/18 09:43

富士山のどこに普遍的側面があるのやら。//


回答者: 八丁堀の旦那 回答日時:2022/11/18 13:14

富士山は山だ。
の「は」は普遍性を表しているとされるのでしょうが、「富士山」が普遍になるのではありません。

「富士山」はあくまで個別のものです。//

と言われているように、

④個別 「個別」は普遍と特殊という対立物の統一であるが、 それ自体自立した具体的なものである。
「個別の契機に なってはじめて、概念の諸契機が区別として定立され る」(165 節)。

という「対立物の統一」という矛盾の存在が全く理解できていない粗雑、素朴な形而上学的、唯物(ただもの)実体観しかない所に三浦の指摘が理解できない根本的な原因があります。

その結果、話者の認識ではなく主格、主題、総記、排他などという結果としての機能と語の意義を取り違える他なく混乱、混迷した議論が展開されています。

先ずは、何度も指摘しているように言語表現に於ける矛盾の存在を正しく理解しましょう。

言語はどんな矛盾を含んでいるか  【1】 言語の二重性
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2748&id=9939 …

三浦つとむ『認識と言語の理論 第一部』(勁草書房) p.13~

認識論をそして言語学を個別科学として確立するために、どのような研究方法が必要かといえば、それは対象の考察に際してつねに矛盾の存在に心をくばり、矛盾の発展を忠実にたぐっていくという態度である。しかしこういわれても、読者特に言語学の書物だけに親しんで来た人びとには納得がいかないかも知れない。かつては言語を、それ自身として成長し変遷する存在と考え有機体と解釈する、言語有機体説がひろく説かれていたこともある。この説はあやまりであるが、それにはそれだけの根拠が存在したのであって、有機体の持つ論理と共通するものが言語にも存在することに気づいたからである。有機体の持つ論理が言語の研究にも役立つと考えるのではなく、同じ論理をもっているから言語も有機体だと結論したところに、あやまりが生まれたのである。それでは有機体の持つ論理とは何かといえば、これがほかならぬ矛盾なのである。//

この理解無しに、

>>普遍・特殊・個別をハガの違いに適用しようとするのは無理筋

というのは全くの無理筋だということです。■
「普遍・特殊・個別をハガの違いに適用しよう」の回答画像138
    • good
    • 0

No.127でコメントした者です。

「その2」に入れたコメントが、質問ごと消えてしまいました。
 バックアップを入れておきます。
 雑音と関わりたくないのでリンクにします。
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1983769446&owne …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

どこかのボンクラがマヌケな判断しかできないせいで、何かとご迷惑おかけいたしております。m(_ _)m
サポートセンターは退化しておりますな。
嘆かわしいことです。

多彩な考察、大変興味深く拝見しました。

>〈ただ、これは普遍性・特殊性・個別性という概念自体を否定するものではない〉は当然だろう

おっしゃるとおり。
当然のことを、しかも、わざわざ断っていても、それでも理解できない方が約1名おられまして。(笑)

>その是非を問うのは哲学者の仕事

いえいえ、彼らの専売特許ではありませんよ。
誰もが自分なりにアプローチできる領域です。

>実際にはほぼ相手にされていないって事実を無視してもらっては困る。

これは頭の柔らかさにも関係しそうです。
コペルニクスも当初は《ほぼ相手に》されなかった。

>いずれも「そういう考え方ができることがある」というレベルだと思う。

それが実に多いですな。
そこを指摘しつつ、「ことがある」を排除したものを提示したいと思う次第。

>その場合は無意識に……それは言葉の問題ではなく心理学の話だろう。

まったくそのとおりでして、だからこそ面白いかと。

>とりあえず「主題」かもしれないが、「対比」の気配が濃厚。

この点についてはですね、対比でない主題提示は存在するが、主題提示ではない対比は存在しない、という事実にぜひ着目していただきたいです。
「は」は、《主題提示》これだけで済むのです。後は補足説明にすぎない。

> 「(ほかのものは知らないけど)レバーだけガ食べられない」
「(ほかはokだけど)レバーだけハ食べられない」
 だったらほとんど同じじゃないかな。

まさにそのとおり。
要点を突いてますね。

>「2’.」のほうがやや自然かな。

同感。本多説には同意しかねる。
〇 2’.月にウサギはいたがカメはいなかった
△ 4’.ウサギは月にいたがカメはいなかった

(宇宙へ逃げたウサギを探しに地球捜索隊がロケットで地球を出発した、というシチュエーションなら)

〇 2’.ウサギは月にいた。
△ 4’.月にウサギはいた。

お礼日時:2022/11/25 16:29

No.134 に応えて



>>ソシュールを理解してるから引用できちゃう!

はい。

ソシュールを理解し、その誤りを指摘しておりますので、朝飯前のお茶の子さいさいです。

中学生向きの日本大百科全書の紹介しかできない 八丁堀の旦那とはレベルがダンチですが???
「普遍・特殊・個別をハガの違いに適用しよう」の回答画像136
    • good
    • 0

2022/11/12の質問では


https://oshiete.goo.ne.jp/qa/13226635.html?pg=3& …

現在のソシュールパラダイム下の発想では、以前に指摘した通り、ラングが、文でパロールに変化し意味を表わとしか考えられず、ラングである語の意義とパロールである文における意味との媒介の構造を捉えることができない。したがって、語の意義と文での意味を混同することになるしかない。
https://mixi.jp/view_bbs.pl?comment_count=8&comm …

と盛大にやらかしても、ソシュールを理解してるから引用できちゃう!
とっても前向きなツチノコ君でした。
    • good
    • 0

粗忽長屋の住人の皆さま!!



とても皆さんのレベルで

>>普遍・特殊・個別をハガの違いに適用しようとするのは無理筋

などと途方も無い議論をするのは全くの無理筋であることを理解いただけましたか????

1906年に、それまでジュネーブ大学で言語学の教授であったヴェルトハイマーが退官すると、ソシュールは一般言語学の講義を任される[38]。この一般言語学の講義は3回あり、これらの講義をまとめたものが、一般言語学講義として後に出版された。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

この、『一般言語学講義』一冊、手にしたこともない方々が雁首を揃えて妄想を語ってどうするのですか???

言っている意味が理解できますか??

まあ、無理筋でしょうね!!
「普遍・特殊・個別をハガの違いに適用しよう」の回答画像133
    • good
    • 0

No.131 に応えて



>>確かに理解力のレベルが違う!

漸く現実、事の真実が理解出来てきたようで慶賀に堪えません。
    • good
    • 0

No.130



mixiスレをソースに辞書を否定。
論文と比較して辞書を馬鹿にする。
自説と反対の論文をなぜか提示。
mixiスレをソースに論文を否定。

確かに理解力のレベルが違う!
    • good
    • 0

No.129 の補足です。



八丁堀の旦那方や質問者、回答者の軟(やわ)な理解力のレベルで三浦言語論(言語過程説)を云々するのは全くの無理筋であることを先ず理解しましょう。

理解力のレベルが異なります。■
「普遍・特殊・個別をハガの違いに適用しよう」の回答画像130
    • good
    • 0
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング