年俸制の会社に勤めています。先日、入院をしたのですが、「病欠だと給料から日数分引かれるから有給扱いにする?」と言われました。日給月給の契約であれば、それも理解できるのですが、年俸制でも、病欠や忌引きで休んだ場合、給料から引かれてしまうのでしょうか?
お教えください。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 本来の意味での年棒制であれば、年棒契約時に確認すべき事項です。


>病欠だと給料から日数分引かれるから有給扱いにする?
 といわれたのなら、「病休時は減給」「病休を有給に後から振り替えても良い」という、契約内容なのだと思われます。
 もし違ったとしても、契約時に確認して無いので自己責任ということでしょう。
 
 しかし、契約時にこういうことを聞いたら、そういう細かい規定が無くて説明に右往左往する会社も多いでしょうね。

 こういう最低限の説明すらせず(休暇の取り扱いの規定すらつくっていない場合もある!)に安易に年棒制を導入する企業が多数ある現状に、腹を立てている一人です。
 #身勝手な経営者が多すぎると思います#
    • good
    • 0

#1です。



多分「年俸制」というところでひっかかってるのですよね。ちなみに私の場合、以前勤めていた会社は完全な「裁量労働」でしたので、時間の制約は一切ありませんでした。自分の都合で働けるわけですので、休みだから引かれる・・・等は問題外でした。

ただ時間の勤務簿はきちんとつけておりました。もちろん成果で次年度オファーがあるわけですが、勤務簿もその際使われたりしました。

参考になるかどうか・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
sa-ponさんが以前お勤めになっておられた会社と同様です。年俸制ですし、裁量労働制で時間も一切関係なしです。出勤義務もないですし(現状それはきまづくてできませんが)自由出勤です。

お礼日時:2005/04/14 12:02

>年俸制でも、病欠や忌引きで休んだ場合、給料から引かれてしまうのでしょうか?


一般論ですが、病欠と忌引きとは全く正確が違うものです。忌引きは、会社が社員に与える特別休暇的なもので、減給の対象にはなりません。
しかし、病欠は特別な休暇の制度の適用はありません。よって、日数分、全額では無いかもしてませんが、減給対象になると思います。
それを、有休扱いで休むと、まさしく有給休暇となるので、減給はありません。

―以上、一般論です。―

こういう規定は、会社によって違うと思いますので、#1さんの言う通り、規定を調べてみては如何でしょうか?
    • good
    • 0

 会社に所定休日数に関する規程はありませんか?


 病欠によって休暇の取得日数が会社所定の休日数を超えた場合には、欠勤扱いにするか有給休暇を取得するかのどちらかになります。
 欠勤の場合給料が病欠の日数分引かれることになりますが、有給休暇の取得の場合は、引かれることはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>会社に所定休日数に関する規程はありませんか?
あまり大きな会社ではなく、しっかりとした契約書というのがないのです。また、詳しい人間もあまりいないものですから… また、担当者に詳しく聞いてみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/14 11:56

会社によって様々ですが、通常は規程に則って公平に扱われているはずです。

給与規程、休暇規程あたりをまずはご覧になってみてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一般的に市販されているような業務契約書の内容だったような気がしてきました。そちらを少し調べてみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/14 11:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法学部の労働法のついて

将来社労士になるために法学部で労働法を習いたいです
大体法学部にはどこにも労働法があるんですが内容は一緒なのでしょうか?
後労働法I、II(恐らく、共に2年時から)がある学校と労働法、社会保障法(共に3,4年次)
ならどっちの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

大学の講義は資格試験のための講義ではありません。
内容は講師によって変わりますが、だから試験に影響が出るという事はありません。
もとから関係ないからです。
あと、社労士になるために必要なのは労働法だけじゃありません。
法律というのは単独で成り立つ物ではなく、
上位法から順に理解していく必要があります。

要するに高校の勉強とは全然違うので、
細かいことは気にせず、
自分の受験できる一番レベルの高い大学の法学科を選択するのがベストだと思います。

Q日給・日給月給の算定基礎届での支払基礎日数

算定基礎届での支払基礎日数に関する質問です。

1日の単価に出勤日数を掛けて給料を計算するような人のことは、日給者というのでしょうか?
今まで日給月給者と言うのだと思っていたのですが、どうなのでしょうか?

日給月給の支払基礎日数を調べると「毎月の支給額が決まっているが、欠勤控除などがされる人のことを月給者と区別して日給月給者とすることがあります。基本的には、暦の日数から欠勤日数を差し引いたものが支払基礎日数になります。」となっており、
日給の支払基礎日数を調べると「毎日の支給額が決まっている人。支払基礎日数は、実際に出勤した日数に有給休暇の取得日数を加算したもの。」となっているため、
1日の単価に出勤日数を掛けて給料を計算するような人の支払基礎日数は、実際の出勤日数になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

給与の支払いをした日数が支払基礎日数になります。
出勤日数+有給日数

Q労働法とは?

労働法って漠然としてますが、これこそ労働法って言うのは何でしょう?
色々な分野で固まってますが、一番大きい法とは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

「労働法」とは労働問題に関する法律を総称しての呼び方で、労働法という名の法律があるわけではありません。

一番大きな法律は、労働条件について最低基準を定めた「労働基準法」でしょう。

主なものに、下記のような法律があります。

「労働条件に関する法律」
労働基準法
労働時間の短縮の促進に関する臨時措置法(時短促進法)
最低賃金法
賃金の支払の確保等に関する法律
家内労働法
短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)
育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(育児・介護休業法)

「 雇用の確保関連の法律 」
雇用対策法
職業安定法
労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律(派遣法)
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高齢者法)
障害者の雇用の促進等に関する法律(障害法)
中小企業における労働力の確保及び良好な雇用の機会の創出のための雇用管理の改善の促進に関する法律(労確法)

「 労働保険に関する法律」
労働者災害補償保険法
雇用保険法
健康保険法
厚生年金保険法

「労働者福祉の増進に関する法律」
中小企業退職金共済法
勤労者財産形成促進法
勤労青少年福祉法

「その他」
労働組合法
労働関係調整法
労働安全衛生法
雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)
職業能力開発促進法

「労働法」とは労働問題に関する法律を総称しての呼び方で、労働法という名の法律があるわけではありません。

一番大きな法律は、労働条件について最低基準を定めた「労働基準法」でしょう。

主なものに、下記のような法律があります。

「労働条件に関する法律」
労働基準法
労働時間の短縮の促進に関する臨時措置法(時短促進法)
最低賃金法
賃金の支払の確保等に関する法律
家内労働法
短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)
育児休業、介護休業等育児又は家...続きを読む

Q月給制から日給制に変更

こんにちは。建設業で事務全般をしております。
私の勤める会社は10人程度の有限会社で身内や知り合いなどの社員で構成されています。
不況の波におされ今は借入借入でかなり資金繰りが厳しいい状態です。
今まで車両を売ったり交際費を削ったり役員報酬を変更したりと出来る範囲で経費削減をしてきましたが、やはりそれでも月々の支払は苦しく、今回社員の給料を月給制から日給制に変更することにしました。
その際、社長より口頭にて社員に報告がありました。今後、事務として文書にて雇用契約の変更を通知しようと思っていますが、その他必要な文書はあるのでしょうか?
会社の状況を察してか社員の皆さんは納得していたようですが同意書も作成すべきですか?
ご意見お願いします。

Aベストアンサー

作成する書類
1.雇用契約変更通知及びお詫び
2.新雇用契約書(正、副)
3.同意書
を作成して全社員に期日を決めて送付、配布して下さい。
新雇用契約書(正)には、社員の署名捺印させ会社側で保管
新雇用契約書(副)は、社員の署名捺印させ社員の保管となります。
勿論両方に会社印は、忘れずに捺印しましょう。
特に同意書、承諾書の類は、後々のトラブルの為に必要となります。
ご参考まで

Q一般人向けの労働法の解説本

労働法について興味があります。
一般人向けに労働法を解説した良書を教えてください。

Aベストアンサー

興味の内容にもよりますが、大体誰でも最初は一般人ですから、普通の教科書であれば、菅野和夫先生の教科書、最近では、少し記述の詳しさでは不満がありますがわかりやすく考えさせる水町勇一郎先生の教科書、などは面白いかも知れません。

実務上の参考にしているのは、安西弁護士の本などですね、私は。

Q年俸制と月給制の違い

月給制と年俸制の違いがピンと来ません。
よく業績(個人、会社含めて)反映色が強く増減含めて改定するのが年俸制であると聞きますが、月給制でも同様のしくみは可能です。

「年俸制ではこういった運用をしている」という傾向以外で両者の違いはあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

制度設計についての月給制と年俸制との本質的な相違点は、予め定める給与の額を月単位とするか年単位とするか、というものであり、その程度の相違に過ぎないでしょうね。

ただ、その制度的本質的相違点から、例えば年俸制のほうが給与の減額をしやすいなどの、心理的相違・実質的相違が生じてくるのではないでしょうか。

※ 年俸制については、賞与分も含めて16分割・18分割するなどの制度設計もあります。

Q平成15年の派遣労働法が成立していなければ、現況は変わっていたか?

平成15年の派遣労働法で、専門職でない職種や業種でも派遣労働が認められるようになりました。
当時就職活動をしていて「新卒派遣」という言葉に違和感を覚えていました。現在も、新卒派遣が続いていると思いますが、もし、この法が成立していなければ、晩婚化、少子化、自殺、鬱などの問題はまだましだったでしょうか。

私は、あの派遣労働法が、現在の様々な社会現象の原因で、分かれ道だったような気がします。
あの派遣労働法がなければ、どうなっていたでしょうか?

Aベストアンサー

派遣が特定業種のみに限定されていたときはスキルを活かした仕事をしたい人が派遣という勤務形態を自ら選んでいました。
それが小泉さんの派遣労働法改正以降、スキルがないので派遣以外の選択肢がなく、仕方なく派遣で働くという状況ができてしまいました。

そのため派遣全てが軽い存在として扱われ、安い賃金、劣悪な労働環境、安易な契約破棄などが行われるようになったのだと思います。
雇用する側は法律で使い捨てOKとお墨付きをもらっている派遣を使ったほうが、一度雇ってしまったらどんなに出来が悪くても首が切れない正社員よりずっとお得でしょう。

それに物として扱われれば、派遣社員のほうもその企業のために自分の能力のできるかぎりで報いようなどとは思わなくなるのも当然です。
使い捨てしている雇用者は消費者でもあることになぜ企業は気がつかないのでしょうね。

戦後どん底の日本をこれだけの経済大国に育て上げた勤勉な日本人はもう存在できない国になってしまったようです。

私は派遣労働法の改正は完全な改悪だし、日本の企業、個人のモラルを低下させた大きな原因のひとつだと思っています。

派遣が特定業種のみに限定されていたときはスキルを活かした仕事をしたい人が派遣という勤務形態を自ら選んでいました。
それが小泉さんの派遣労働法改正以降、スキルがないので派遣以外の選択肢がなく、仕方なく派遣で働くという状況ができてしまいました。

そのため派遣全てが軽い存在として扱われ、安い賃金、劣悪な労働環境、安易な契約破棄などが行われるようになったのだと思います。
雇用する側は法律で使い捨てOKとお墨付きをもらっている派遣を使ったほうが、一度雇ってしまったらどんなに出来が悪...続きを読む

Q日給月給制の残業手当の計算の仕方について

日給月給制の残業手当の計算の仕方について教えてください。
私の勤務する会社には、日給月給制の方がおられます。
この方たちの残業手当の計算方法は、
残業手当=基本日額÷7.5時間×残業時間
としていましたが、最近どうも違っているような気がしています。
前月1ヶ月間の給与支給額がつぎのようだったとしたら残業手当の計算は
どのようになるのでしょうか?
基本日額=10,000(円/日)
出勤日数=24(日)
班長手当=5,000(円/月)
皆勤手当=10,000(月)
有給手当=20,000(円/月)
残業手当=35,000(円/月)
公休手当=13,500(円/月)
通勤手当=500(円/日)
よろしくお願いします。
時間があれば、有給手当や公休手当の計算方法もお教えください。

Aベストアンサー

#2です

基本は

http://labor.tank.jp/jikan/zangyo_keisan.html

http://labor.tank.jp/jikan/zangyo_keisan.html#月の計算式

貴方の会社の就業規則の書き方で基準時間給が変化するでしょう

「有休手当」「公休手当」については依然として意味不明...有給休暇は休むだけの事ですから手当には無関係

Q労働法を勉強したいのですが。

労働組合へ加入している者です。

労働法をきちんと勉強したいのですが、適切な書籍をご紹介願います。

私は、大学時代は法学部に所属しており、司法試験もめざした経緯がありますが、残念ながら、労働法はほとんど真剣に勉強しませんでした。この度、組合員の人権を守るために、ある程度きちんとした基礎知識を身につけたいと考えています。

できれば、条文や判例などもきちんと記載された書籍を希望します。

どうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もう、伊藤真(受験書)でいいのでは?

Q月額変更届(月給から日給へ変わった場合)

社会保険料の月額変更届についてお尋ねします。
3月まで月給制であった人が、4月から日給制に変更になりました。
 3月まで 月給額:30万円 → 4月から 日給額:1万円
 3月まで 標準報酬月額:30万円、健康保険:17,265円、厚生年金:26,742円、合計:44,007円
給料の計算は、毎月20日締めで末日支給です。

4月の給料は、3月21日~末日の月給制分として10万円、4月1日~20日の出勤日14日分として14万円の合計24万円
5月の給料は、4月21日~5月20日の出勤日18日分として18万円
6月の給料は、5月21日~6月20日の出勤日22日分として22万円 でした。
固定給が2等級以上変動したため、7月より月額変更届をすることになると思います。

それで計算の仕方なのですが、
(24万 + 18万 + 22万) ÷ 3 = 213,333 で
標準報酬月額:22万円、健康保険:12,661円、厚生年金:19,611円、合計:32,272円
となるのでしょうか? (A案)

それとも、各月を1日~末日までとして計算して、
4月は21日で21万円、5月は18日で18万円、6月は22日で22万円となり、
(21万 + 18万 + 22万) ÷ 3 = 203,333 で
標準報酬月額:20万円、健康保険:11,510円、厚生年金:17,828円、合計:29,338円
とするのでしょうか? (B案)

それともどちらとも違うでしょうか?
この例では月に3千円ほど、年で3.5万円ほど違ってしまいます。
実態はBなのに、Aだとかなり損をしてしまうように思うのですが・・・

年金機構のページや社労士のブログなどを見たのですがよく理解できなかったので質問させていただきました。
わかりやすく回答いただけたらありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

社会保険料の月額変更届についてお尋ねします。
3月まで月給制であった人が、4月から日給制に変更になりました。
 3月まで 月給額:30万円 → 4月から 日給額:1万円
 3月まで 標準報酬月額:30万円、健康保険:17,265円、厚生年金:26,742円、合計:44,007円
給料の計算は、毎月20日締めで末日支給です。

4月の給料は、3月21日~末日の月給制分として10万円、4月1日~20日の出勤日14日分として14万円の合計24万円
5月の給料は、4月21日~5月20日の出勤日18日分として18万円
6月の給料は、5...続きを読む

Aベストアンサー

別に途中で給与形態が変わっても、支給金額を分ける必要はないです。
あくまでも、この場合4月~6月に「支給」した給与全額で計算します。
これが、給与形態の変更ではなく単純に基本給が変わったと考えるとわかりやすくなるかと思います。

ですから、A案ということですね。

念のため管轄の年金事務所で電話などで確認されては如何でしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報